「羽田空港・深夜の過ごし方」カテゴリーアーカイブ

羽田空港・深夜の過ごし方2018 早朝6:35発のキャセイドラゴンKA397便に搭乗するの編

2018/04/28
ゴールデンウィークに羽田早朝6:25発のキャセイドラゴン便を利用した際、久しぶりに深夜の羽田空港国際線に徹夜滞在しました。
羽田空港国際線の深夜滞在レポートの2018年版をお送りします。

羽田空港・深夜滞在の基礎知識

  • 羽田空港国際線ターミナルそのものは24時間オープンしていて徹夜滞在可(第1/第2ターミナルは深夜は閉館するため、基本的には徹夜滞在不可)
  • ただし大部分のお店は閉店しており、オープンしているのは一部のお店のみ
  • 1Fに24時間営業のローソンがあり深夜でも食料など調達可
  • 椅子は各所にあるものの、徹夜滞在を目論む人の方が多いため、繁忙期は満席状態である場合が多い
  • 2016年末ごろから「アームレスト付きの椅子」が増えてきており、横になれる椅子の数が減っている
  • 充電できる椅子もあるが、数が少ないため競争率が高い

夜10時半ごろの羽田空港国際線に到着

羽田空港国際線ターミナルにやってきたのは、ゴールデンウィーク初日前夜の10時半頃。
HND2018APL0002R
羽田発の深夜便で海外へ出発する人々で賑わっています。

出発案内板によると・・・。
HND2018APL0004R
深夜の0時~1時台の出発する便が多くあるのが分かります。
昼間は国内線の便の発着がメインであるため、国際線は深夜発と午前発が多いのが羽田の特徴です。

2016年の年末ぐらいから登場したのが、こちらの「アームレスト付きの椅子」。
HND2018APL0011R
アームレストが邪魔で横になりにくいという強敵です。

ターミナル内の黒い椅子のうち、半分以上がこのタイプのものに置き換わりました。
やや残念ではありますが、深夜のお客さんの数が増えてきて、椅子が足りない状況になっている現在となっては、致し方がないことかもしれません。

では、このアームレスト付き椅子の配置状況を含めて、1Fから順に深夜の様子を見ていきましょう。

静かでコンビニがあり人気の1Fだが・・・

1Fには24時間営業のローソンあり。
HND2018APL0159R
食料や飲み物がお安く手に入るため、旅客のみならず空港関係者の方々でいつも賑わっています。

この日は夜11時時点で・・・。
HND2018APL0162R
既に1Fの椅子は9割ぐらい満席の状態でした。

1Fの椅子はすべてアームレスト付きのものになってしまいました。
それでも器用な体勢で強引に横になっている人もいますが・・・。

参考記事
羽田空港国際線に「アームレスト付き」の椅子が出現の編

シャワールームのある2Fへ

深夜の到着便で賑わう到着階2F。
HND2018APL0137R
終電ギリギリの夜11時台でも多くの便が到着するため、その出迎えの人々等でごったがえしています。

夜11時台の到着ロビーは・・・。
HND2018APL0160R
この日はまだ若干空き席がある模様。
ちなみに、このシャワールーム付近の椅子は今のところ(2018/05現在)、アームレストなしタイプの椅子です。
2Fは半分ぐらいアームレストありの椅子になってしまいましたが、まだアームレストなし椅子が残っています。

終電がなくなる深夜0時ごろになると、ほぼ席が埋まっていました。
ただし、その日の混雑具合は、繁忙期がどうかや遅延便の有無などによって変わるので、あくまでも参考程度ですが。

一応ガードマンや警察の方が一晩中巡回していて、治安は保たれていますが、荷物はくれぐれもお気をつけください。
気になる方は、コインロッカーに預けるか、24時間営業の荷物預け窓口へどうぞ。

この2F到着階の南端にあるのが「シャワールーム」。
HND2018APL0143R
24時間営業ですので、徹夜滞在派にはウレシイ施設です。
ただし1時間1030円とお高いです。

この日はここでシャワーを浴びてサッパリしました。
海外への出発前にリフレッシュできるのはありがたいです。

体験記はこちら。
羽田空港国際線2F到着階のシャワールームを久しぶりに利用するの編2018

シャワールームのお隣にあるタリーズコーヒーも24時間営業。
HND2018APL0141R
カウンター席に電源があり充電できます。
電源席は人気が高いため、こちらもすぐに満席になってしまいます。

意外とオススメの穴場は、バスのりばへ降りる前の2F通路付近の椅子。
HND2018APL1013R
このあたりの黒い椅子には、白い棒のようなものがついています。

これがいわゆる「充電ポール」。
HND2018APL1018R
USBポートとACコンセントがついており、ケーブルや充電器があればノートPCやスマホの充電ができます。
2017年から設置された非常にアリガタイ設備です。
しかしここも競争率が高い・・・

深夜の3F出発ロビーはいつも混雑

そして出発ロビーのある3Fへ。
HND2018APL0009R
こちらは主にチェックイン待ちの人々でいつも満席状態。
やはりこれから出発する人にとっては、アナウンスが聞こえやすい出発ロビーで待ちたいというのが心情。

3Fの一部の椅子にも・・・
3fcs
「充電ポール」があるものの、数が少ないです(10本ぐらい?)
今後の増加に期待しましょう。

3Fのセブンイレブンは深夜23:30まで。
HND2018APL0128R
深夜・早朝時間帯は1Fのローソンをご利用ください。

3Fに限った話ではありませんが・・・。
HND2018APL0127R
「深夜清掃」の案内板が随所にあります。
清掃の際には「ゴォー」という音がしますのでご注意。

同じく出発階3Fは・・・。
HND2018APL0013R
羽田空港国際線ターミナルに併設されている「ロイヤルパークホテル・ザ羽田」のフロント(4F)に直結しています。
宿泊費はかなりお高い(だいたい2万円以上)ですが、かなり稼働率が高いらしい。
ブルジョワな方はどうぞ。

ホテル完成直後に大枚をはたいて宿泊してみた体験記はこちら
羽田空港国際線・ロイヤルパークホテル・ザ羽田の飛行機が見えるプレミアムフロア宿泊体験記

4F江戸小路へ

1F~3Fを見て回って、居場所がなかった場合は4F、5Fを見て回りましょう。
HND2018APL0062R
広々とはしているものの、椅子の数はあまり多くありません。

夜11時を過ぎると江戸小路は閑散。
HND2018APL0034R
江戸小路の殆んどの飲食店は23時ぐらいには閉まります。

ただし最近になって・・・。
HND2018APL0124R
「らーめん・せたが屋」が24時間営業になったようです。
深夜でも外国人の人々で賑わっていました。
ラーメンは世界的に人気のようですねえ。

江戸小路のお土産物屋は・・・。
HND2018APL0067R
22:00でクローズしてしまいます。
他の階にある土産物屋も、23:00で閉まるところが多いです。

4F江戸小路にある赤い長椅子。
HND2018APL0038R
非常に固くて寝にくいので、あまり人気がありません。
どうしようもない時はここで寝るしかないです。

こちらも24時間営業の「カフェ・カーディナル」
HND2018APL0042R
夜でもカレーを頂くことが可能。

かつては店内の一角にフカフカの「ソファ」があり、一部の徹夜滞在マニヤ(?)に人気があったのですが・・・。
HND2018APL0043R
最近になって「椅子とテーブル」に変わり「ソファ」は無くなりましたので悪しからず。
無くなったものはしょうがない。

「カフェ・カーディナル」の近くにある椅子。
HND2018APL0044R
横にはなれますが、石で出来ているのでメチャクチャ硬くて冷たいです。
人通りが多い場所にあるので、ここで寝るのはちと恥ずかしい。

こちらは、柔らかめの椅子。
HND2018APL0048R
幅も広いし、最も快適に寝られるオススメの椅子です。
しかしこのタイプの椅子は数が少なく競争率が高い・・・。

こちらも24時間営業の「茶寮・伊藤園」
HND2018APL0053R
和な感じのテーブル席があり、24時間利用可能。

「ご案内」によると・・・。
HND2018APL0052R
「カフェの利用がなくても、自由にご利用いただけます」
「お年寄りやお体の不自由な方に席をお譲りください」
とのこと。

4Fのおこのみ横丁とはねだ日本橋へ

続いて、2014年8月に拡張オープンした「おこのみ横丁」へ。
HND2018APL0027R
こちらも、赤い固い椅子がちょこちょこあります。
ここも繁忙期の深夜になると満席になってしまいますが。

はねだ日本橋の下にも・・・。
HND2018APL0025R
赤い固い椅子がいくつかあり。
まるで昔の人のように「橋の下で寝る」体験が可能。

こちらの椅子も、泣きたいぐらいに表面が固いものの・・・。
HND2018APL0026R
横幅が広くて寝やすいので、意外と人気があります。
3F到着階が見渡せる場所なので館内アナウンスも聞こえます。
ただし、近くを歩く人々のスーツケースのガーガー音が耳障りかも。

さらにその奥には・・・。
HND2018APL0022R
24時間営業の吉野家があり。
テイクアウトも可能。
深夜の牛丼の誘惑に負けてしまいそうになります。

お隣には24時間営業のモスカフェ。
HND2018APL0015R
中央のカウンター席には電源があり、競争率が高いです。

さらに24時間営業の「羽田食堂」もあり。
HND2018APL0019R
こちらも店内のカウンター席とボックス席に電源あります。
ボックス席付近にはテレビもあり。

以上の「24時間営業店舗3兄弟」の前には・・・。
HND2018APL0018R
テーブル席があり、24時間自由に着席できるようになっています。
横になれる場所はありませんが、ここも穴場的な滞在場所。
いつも牛丼のいい匂いが漂っています(笑)

昼間は賑わっている「はねだ日本橋」も・・・。
HND2018APL0116R
深夜になると閑散。
記念写真を撮り放題です。

橋の上からは・・・。
HND2018APL0119R
ひっそりと静まり返った深夜の出発ロビー全体を見渡すことができました。

「はねだ日本橋」を登った先にも・・・。
HND2018APL0115R
幅広の赤い固い椅子があり。
ここも、深夜になると人で埋まっていました。

展望デッキのある5Fへ

国際線の5Fの展望デッキは24時間オープンしています。
HND2018APL0086R
展望デッキが24時間開いているというのは、世界的にも珍しいと思う。
この日はまだ寒く、さすがに屋外で寝ている強者はいませんでした。

深夜の出発を待つ飛行機たちが見えました。
HND2018APL0092R
このあと深夜2時ごろになると、ほとんどの飛行機が出発していまい、閑散とすることになります。

同じく5Fの中央部には・・・。
HND2018APL0071R
黒い椅子が多少あります。
2018/04現在、アームレストがついていないタイプの椅子なので、人気が高いです。

5Fの窓際には、円弧状の固い椅子があり。
HND2018APL0072R
23時半ごろは、まだ若干座れる余地があったものの・・・。

夜2時を過ぎるとほぼ満席になりました。
HND2018APL1070R
幅が狭くて寝にくい固い椅子ですが、強引に横になっている方もおられます。

5Fの物販店ゾーン付近。
HND2018APL0103R
こんなような丸い椅子があるものの、横になると足が飛び出してしまいます。

この日はたまたま5Fの「Expasa Cafe羽田」が深夜特別営業中でした。
HND2018APL0079R
いつもは22:00に閉店するのですが、ゴールデンウィークなどの繁忙期だけ深夜も営業してみているとのこと。
(ただし2:20~3:40は清掃のため閉店)
夜の滑走路の眺められるカウンター席もあるので、要チェックです。

関連記事:
羽田空港国際線5F「Expasa Cafe羽田」の深夜特別営業に遭遇の編

朝4時ごろにキャセイドラゴンの搭乗手続き開始

一通り深夜の館内を偵察し終わった後は・・・

  • 2Fのシャワールームでシャワーを浴びる (1:00ごろまで)
  • 5Fの「Expasa Cafe羽田」で夜食 (2:00ごろまで)
  • 4Fの吉野家前のテーブルに座ってPCを広げる (4:00ごろまで)

と過ごしている間に、あっという間に朝4時となりました。

夜って意外と短いのね・・・。

で、キャセイドラゴンKA397便の出発時刻6:35に対して2時間半前の4:05。
HND2018APL1377R
ようやく搭乗手続きが始まりました。
ついにスーツケースを預けて身軽に!

3Fの中央保安検査場は、ほぼ24時間稼働しているようでした。
HND2018APL1386R
最近は、ピーチやタイガーエア台湾が「2:45AM発」や「5:00AM発」という弾丸深夜便を運航し始めたため、クローズしている時間がほどんどなくなりました。

ただし深夜はお客さんは少ないので、稼働している検査ゲートは2か所のみ。
夜遅くまで勤務ご苦労様です。

この後は保安エリアに滞在後、なんとか無事に香港へと旅立つことができました。HND2018APL1067R
もうメチャクチャ眠かったです・・・。
体力のある若い人向けのプランですかね。

なお、KA397便ご利用の方で、ラウンジが使えて機内預け荷物がない身軽な方は、保安エリア内の24時間営業のラウンジ「TIATラウンジ」で夜明かしするという荒業(?)もあります。

参考記事:
羽田空港国際線・TIATラウンジ(本館)に初潜入して徹夜滞在の編

24時間営業のお店

最後に国際線の出発前エリアで24時間営業しているお店や主な施設は以下の通り(2018/05現在)。

  • 1F ローソン(コンビニ)
  • 2F シャワールーム
  • 2F タリーズコーヒー(カフェ)
  • 4F カフェ・カーディナル(カフェ)
  • 4F 茶寮伊藤園(カフェ)
  • 4F せたが屋(ラーメン屋)
  • 4F すぎのこ(飲み屋)
  • 4F 羽田食堂(レストラン)
  • 4F 吉野家(牛丼屋)
  • 4F モスカフェ(カフェ)
  • 5F 展望デッキ

結構増えましたね。

なお各店舗の営業時間の最新情報は・・・。
HND2018APL0045R
館内にあるこんなようなタッチパネル式の案内板からどうぞ。

なお、保安検査後の制限エリア内には、24時間営業のフードコートがあります。
HND2018APL1055R
あの人気のつけ麺屋「六厘舎」も24時間営業。
深夜・早朝時間帯なら並ばずに頂けます。

キャセイドラゴン航空は、羽田空港の自動チェックイン機に対応しています。
預け入れ荷物がなければ、搭乗手続きを開始が待たずして、自分で搭乗券を発券し、保安エリアに入って夜明かしすることも可能です。

参考記事:
羽田空港国際線・TIATラウンジ(本館)に初潜入して徹夜滞在の編

やっぱりちゃんとしたホテルに泊まりたい方はこちら。
羽田空港周辺の宿泊施設の体験記

羽田への深夜早朝バスを活用してみよう!という方はこちら
羽田空港・深夜早朝アクセスバスの活用方法


羽田空港・深夜の過ごし方2016 新千歳発・スカイマークSKY732深夜便で、2:00AMに羽田到着してどうしようの編

2016/08/15
お盆休み終盤の深夜1:50ごろ・・・。
羽田空港D滑走路に着陸。
image
新整備場の横を通り抜けて、第1ターミナルに向けて地上走行中。
札幌・新千歳からスカイマークの羽田行きSKY732 深夜便で羽田に戻ってきました。

このSKY732便のダイヤは、新千歳発:0:10 → 羽田着 2:00。
2016/7/2(土)~10/2(日)の夏季限定運航の夜行便です。
この便にしか空席が無かったのと、深夜2:00に羽田に到着して、どのような辱めを受けるのかを体験してみたく、敢えてこの便を選んでみました。

機内アナウンス:
「羽田空港到着・午前2時でございますが、公共交通機関の運行は終了している状況でございます。その先の交通手段はお客様ご自身で手配されますよう、お願い申し上げます」

「羽田空港国内線は24時間運用ではありません。ターミナル内には滞在できませんので、ご理解をお願いします」

という、つれないご案内。
まあ、もちろん自力で何とかしますけど・・・。

2:00AMごろ。うー眠い。
HNE_CTS_201608_001_R3
国内線・第1ターミナルに到着。
もちろん売店はすべて閉まっています。
保安エリアは、スカイマークのゲートから到着出口に向かう部分のみが稼働している状況。
それ以外のエリアに乗客が出て行かないように、ガードマン氏がしっかりと監視しています。

AM2:10。
預け荷物はないので、そのまま寝ぼけ眼で到着ロビーに出ると・・・。
HNE_CTS_201608_004_R3
左右にガードマンが配備されていて、ターミナルの外へすぐ出るようにと急かされます。
案内係のような人はいません。
ここから先は、各個人のサバイバル能力が試されます(ちょっと大袈裟か)。

第1ターミナルの外に出ると・・・。
HNE_CTS_201608_005_R3
昼間は多くの空港バスが乗り付けているバス乗り場に、多数のタクシーが押し寄せています。
無料循環バスは深夜0:00ごろで終わってしまうため、タクシーのみが唯一の移動手段なわけです。

さて、どうするか。
主な選択肢は以下。

  1. 同じく羽田空港第1ターミナル内にあるカプセルホテル「FIRST CABIN」に宿泊
  2. タクシーで24時間オープンの国際線に行き、朝までしのぐ
  3. タクシーで国際線に行き、無料送迎バスで天然温泉平和島へ。(要予約)
  4. タクシーで国際線に行き、2:15~2:20発の深夜バスで主要ターミナル駅(横浜・新宿など)へ→そこから自宅までタクシー
  5. タクシーで蒲田まで行って、スパ or ネットカフェ or カプセルホテル
  6. 金にモノを言わせて、タクシーで自宅まで帰る!

1.は事前に予約していないし周囲の人々のイビキ&物音がうるさくて寝られないので却下。
3.も予約していないので、今回の選択肢からは外れます。

2017/06/04追記 : 天然温泉平和島に、羽田空港第1ターミナル2:30AM発のお迎えプランができたとのこと!(2017/07/15から10/1まで)
詳細は、天然温泉平和島の公式サイトをご参照下さい。

6.ほどブルジョワではないし、5.は蒲田のお店が満室だったら路頭に迷うリスクあり。
すでにAM2:10ごろなので、4.もキビシイです。
というわけで、2.の「タクシーで国際線まで行って朝までしのぐ」に決定。

タクシー運ちゃん 「どちらまでー?」
私 「国際線ターミナルまでお願いします」
タクシー運ちゃん 「はーい」

で、2:12AM。
HNE_CTS_201608_007_R3
タクシーで羽田空港国際線ターミナルに到着。
1Fのローソン付近は、例によって夜明かしの人々で満員御礼。
気だるい雰囲気が漂っています。

国内線第1ターミナルから国際線までのタクシー料金は1810円でした。
うう~結構高いっす・・・。
タクシーの運ちゃん、道を間違えたのか、国際線の駐車場の向こう側まで遠回りしていました(怒)。
遠回りしなければ1200円ぐらいだったはず・・・。

と、そこに。
HNE_CTS_201608_008_R3
「天然温泉・平和島」からの巨大バスが到着。
平和島温泉で滞在後、深夜の羽田まで運んでくれる無料バスです。
これからの旅立ちに胸を躍らせる、元気なお客さんが沢山降りてきました。
これの帰りのバスに予約なしでも乗せてもらえるかどうか、一か八か聞いてみる、という荒業もあります。
スカイマーク便利用者は割引料金で宿泊可能とのこと。

国際線ターミナル1Fにある24時間営業のローソン。
HNE_CTS_201608_011_R3
夜食を買い求める旅客や空港関係者で、深夜2時でも賑わっています。
大変貴重なお店です。
ハラヘッタので、ここで私も夜食の「肉まん」と「水」を購入・・・。

国際線ターミナルそのものは24時間オープンしていますが、ターミナル内のお店は、深夜になると殆ど閉まってしまいます。
24時間営業のお店は・・・。

  • 2F Cafe Pista→タリーズコーヒーに変わりました(2017/07/21~)
  • 4F 居酒屋すぎのこ
  • 4F Cafe Cardinal
  • 4F 吉野家
  • 4F 羽田食堂(清掃のため1時間ほど閉店時間あり)
  • 4F MOS CAFE

の6店(2016/08現在)。

2F到着ロビーへ。
HNE_CTS_201608_016_R3
こちらもすでに夜明かしの人々で満席の状態。
アンニュイな雰囲気が漂っています。
うーむ。寝る場所がナイ。

ちなみにこの階には、24時間営業のシャワールームがありますので、取りあえずサッパリしたい方は、こちらの過去記事もどうぞ。
羽田空港国際線・到着階のシャワールームを利用してみるの編2015

終電はとっくに終わってますし、深夜バスも2:20AMで終了です。
HNE_CTS_201608_019_R3
ギリギリ間に合わなかった・・・。
いいえ、本当は急げば間に合ったけど、それではブログ記事にならないので、敢えて空港内に残留することにします。
今回のように飛行機が早めに到着した場合、最終の深夜バス狙いも可能ですが、乗れなかった場合の「Bプラン」を考えておくのが良さそうです。
羽田国際線発の深夜バスについては、こちらの過去記事もどうぞ
羽田空港・深夜早朝アクセスバスの活用方法

では、次の出発便を確認。
image
今日の始発便は、4:55発のタイガーエア台湾の台北桃園行きか・・・。
この便の搭乗手続きが始まれば、一部の椅子に空きが出来るはずなので、それをハイエナする作戦。

AM2:25ごろ。
HNE_CTS_201608_043_R3
そのタイガーエア台湾の搭乗手続きが開始されました。
寝静まった出発ロビーの一角に、沢山の人々が集まってきます。

じゃあ、寝る場所を確保すべく、空いた席をハイエナしよう・・・。
HNE_CTS_201608_023_R3
アレ?
それでもまだ満席です。
お盆の繁忙期なので、そもそも寝床を確保できなかった方々が沢山いた模様。
ハイエナ作戦失敗。
うーむ、本当に寝る場所が無いではないか・・・。困ったな~。

4F江戸小路。
HNE_CTS_201608_038_R1
寝苦しさMAXの赤い木の椅子ですら満席です。
寝る場所どころか、座る場所もないです。
お盆の繁忙期の深夜滞在は、かなり手ごわいですね・・・。

さらに展望デッキのある5Fへ。
HNE_CTS_201608_034_R1
同じく寝苦しい曲がった椅子も、仮眠をとる人々で満席・・・。

かくなる上は、禁断の?展望デッキへ。
HNE_CTS_201608_034_R3
屋外のテーブルも、スーツケースを携えた人々で一杯でした。
夜空の下、外の椅子で寝ているワイルドな方々も多数。
今は夏なので外で寝ることは可能ですが、冬は寒くて無理ですので気を付けましょう。
うーむ、外もダメかー。

というわけで、「寝る場所難民」になってしまいました。
\(^o^)/
HNE_CTS_201608_032_R1
朝5時の始発まで、あと3時間。
どうやって過ごそうかな~。
最終手段、「地べたで寝る」しかないか?

そんなとき、救世主発見!
HNE_CTS_201608_021_R3
現在開催中のリオ五輪のパブリック・ビューイングを、国際線ターミナル内の多目的ホール「TIAT SKY HALL」で開催中、とのこと。
始発待ちの時間つぶしに最適なナイス・イベントです。

放送予定を激しく確認。
image
なんと、深夜の2:00AMから10:30AMまで開催しているとのこと。
おお~、まさに今開催中ではないですか。
会場の椅子に座って寝られるかも、です。

早速、喜び勇んで 4F 「TIAT SKY HALL」へ。
HNE_CTS_201608_003_R1
おおー、開いている!
深夜はいつも閉まっているのに。
入場無料で、しかも「飲食物の持ち込み可能」とのこと。
なんて優しいの(涙)。

会場内へ突入。
HNE_CTS_201608_039_R1
空席が潤沢にあります。
ついに、寝る場所ゲット。
まさに神イベントです。
この後も、続々と寝る場所を求めてお客さんが入ってきました。
もういっそのこと、繁忙期だけでもこのホールを深夜開放したら良いのでは?と思ってしまいました。

コンビニで買った肉まんをモグモグしながら、男子レスリングの試合を堪能。
HNE_CTS_201608_001_R1
そして、眠りの中へ。
空調が効きすぎて、寒かったです・・・。
朝5時を過ぎると、スーツケースを持ったお客さんはいなくなり。
朝6時ごろの男子レスリング・グレコローマンスタイル59kg級の決勝戦の太田選手は、惜しくも敗退して銀メダルでした。
その後、私も眠い目をこすりながら帰宅して、爆睡。

というわけで、2016年お盆の繁忙期の羽田空港国際線・深夜滞在記でした。
繁忙期以外の時期だと、どこかしら寝床にありつけることが多いのですが、やはり繁忙期はキビシイですね。
今回は幸運にも、リオ五輪のパブリック・ビューイング・イベントに救われました。

今回のように寝る場所難民になってしまった場合は、空席のある24時間営業のお店に入るとか・・・。
こういう段差に座りこんで寝る、とかでしょうか。
HND_201607022_RR4
やっぱりちゃんとしたホテルに泊まりたい、という方は事前に羽田近辺のホテルを予約しておき、素直にタクシーで向かうのが良いでしょう。
羽田空港周辺の宿泊施設の体験記

羽田の昼間の発着枠は既に満杯なので、まだ発着枠に空きがある深夜・早朝時間帯の利便性をどれだけ上げられるかが課題の1つ。
根本的な解決は、2020年東京オリンピックに向けた国際線ターミナルの隣接地に計画されているホテル・商業施設群の完成を待つことになりそうです。


羽田国際線AM2:20発・新宿行きの深夜バス利用でテルマー湯に宿泊してみたの編2016

2016/02/12 (English site)
訪日客の増加に従って、終電が終わった後の深夜に羽田に到着する便も増えてきました。
そんな深夜の羽田空港国際線から、深夜バスで脱出してみようシリーズの第4弾です。

過去の3弾はこちら。
羽田空港国際線2:15発の深夜バスで大江戸温泉物語に移動し宿泊してみたの編
羽田空港国際線から横浜行きの深夜バス最終便に乗ってみたの編2014
羽田空港国際線・終電を逃してAM1:00発の深夜バスに乗って横浜万葉倶楽部に宿泊してみたの編

今回は、深夜バスで羽田を脱出し、新宿に2015年8月にオープンしたばかりの最新温浴施設「テルマー湯」に宿泊してみた体験レポートをお送りします。
新宿駅からは少し離れているものの、施設が大変キレイで新しく、快適に過ごすことができました。

テルマー湯の最寄りのバス停は「東新宿」

「テルマー湯」は、新宿・歌舞伎町に位置しており、最寄りのバス停は「東新宿」になります。
羽田国際線発深夜バスの「新宿・池袋方面行き」に乗って、「バスタ新宿」の次の停留所で下車すればOKです。
所要時間は約33分。
羽田国際線からの「新宿・池袋方面行き」の深夜バスは、以下の便が運行中です。

羽田国際線発 1:20 / 1:40 / 2:20 (2017/03まで)
羽田空港→東新宿のバスの時刻表はこちら

ちなみに「東新宿」に停車するのは、深夜バスのみです。
昼間の新宿・池袋行きのバスは東新宿には停車しませんので気を付けましょう。

AM1:45以降は、バスのりば近くの券売機でチケットを購入

リムジンバスのチケットは、国際線の到着口を出てすぐの左手にあります。
HND_2015NOV_DSC03177_R
到着してすぐのところにあるので、迷うことはないでしょう。

ただし、このチケットカウンターはAM1:45まで。
HND_2015NOV_DSC03176_R
それ以降は、バス乗り場近くの自動券売機のみでの販売になりますので、気を付けましょう。

AM2:20発 新宿・池袋行きの深夜バスに実際に乗ってみた

では、実際にチケットを購入。
HND_2016FEB_043_RP2
料金はジャスト2000円。
池袋まで行っても2000円です。

AM2:20発の最終バスに乗車。
HND_2016FEB_044_RP2
この日の乗客は、私の他に韓国人男性グループが4名のみ・・・。
到着便の遅れ具合によっては、混むこともあると思われます。

時間通りに出発し、最近開通したばかりの首都高・都心環状線経由で一路新宿へ。
image
大部分の景色は単調な地下トンネルなので、眠くなってきます・・・。

AM2:50ごろ。
HND_2016FEB_051_RP2
新宿駅西口に到着。
韓国人4人組はここで下車し、乗客は私ひとりのみになりました。

そして、AM2:55ごろ。
HND_2016FEB_053_RP2
地下鉄大江戸線・東新宿駅近くのバス停に到着。
「アパホテル・東新宿駅前」の目の前で降ろされました。
ここから、目的地の「テルマー湯」までは徒歩で移動です。

東新宿のバス停からテルマー湯までは、徒歩10分程度

場所はこちら。

スマホのGPS機能にお導き頂くことをお勧めします。

東新宿下車後は、バスが走ってきた方向に戻る感じで、明治通りを南下します。
HND_2016FEB_056_RP2
APAホテルを右手に見て直進。

横断歩道を渡ります。
HND_2016FEB_058_RP2
Google Mapを見ながら進むのが安心確実。

ローソンを右手に見ながら、さらに直進!
HND_2016FEB_060_RP2
このあと、「やよい軒」「松屋」を右手に見ながら直進します。

やがて「ホテル・バリ・アン・リゾート」が見えてくると、そろそろ右折準備。
HND_2016FEB_066_RP2
バリ風のホテル?
ちょっと気になりますが、本題ではないのでスルーします。

ファミマのある角を右へ。
HND_2016FEB_065_RP2
この先は、賑やかな繁華街となっています。

少し進んだ突き当りの左前方に「テルマー湯」が見えます。
HND_2016FEB_068_RP2
東新宿バス停からは徒歩10分程度。
というわけで、テルマー湯に到着したのはAM3:05ごろでした。
スーツケースなど大きな荷物があると、ちょっとしんどいかも、です。

テルマー湯の施設はキレイで広々

では、施設の中へ。
HND_2016FEB_069_RP2
営業時間はAM11:00~翌AM9:00の22時間営業なので、深夜でも入場可能です。
施設内は基本的には撮影禁止のため、以降は文章で箇条書きで。

  • 入館すると下駄箱があるので、靴をいれてカギをゲット
  • 受付で入場料金やシステムの説明を受けて、ロッカーキーをゲットします
  • 入場料は平日2364円+土日休は324円加算+深夜割増1836円 (入湯・消費税込)
  • スーツケースはカウンターで預かってもらえる模様
  • 料金はすべて後払い(カード使用可)
  • ロッカーキーは施設内のお食事処のお会計にも使えるので、無くさないようにしましょう
  • 受付後は、別にあるリネンカウンターにて、館内着とタオルの入ったバッグを受け取る
  • 同じ1Fにある男女別のロッカールームへ行って館内着に着替える
  • 館内着で2Fの浴室へ。全裸になって館内をウロウロしないように。
  • 浴室は、各種お風呂の他、サウナや中伊豆からタンクローリーで運搬してきたアルカリ単純温泉(循環ろ過)もあり。
  • 館内は新しくて非常にキレイ・快適です。
  • B1Fのお食事処は朝8時半まで営業なので、深夜でもお食事&ビール可能。
  • 寝る場所はB2F、3Fのリクライニングチェアの他に、岩盤浴(別料金)の4Fも、深夜0:00以降は寝る人用に無料で一般開放される
  • 横になれるソファなども沢山あって広いので、寝床に困ることは無さそう(たぶん)
  • ただし個室ではないので、イビキ対策の耳栓は必須
  • 朝9時閉館なので、あまり朝寝坊はできません。

精算・退館後は、近くの丸の内線or都営新宿線の新宿三丁目駅、大江戸線の東新宿駅、または少し歩いてJR新宿駅から帰宅または出勤。

長所・短所まとめ

まずは短所から。

  • 東新宿バス停から10分ほど歩く。雨の日とかはちょっと嫌かも
  • コストがそれなりにかかる。深夜バス2000円+スパ代4200~4524円で総額6000円以上。
  • 個室ではないので、他人のイビキが気になるかも
  • JR新宿駅へもやや遠い。徒歩15~20分ぐらい。荷物があると苦痛かも。

長所は下記。

  • 施設がキレイで快適で、ラグジュアリーな雰囲気を満喫できる
  • 広いお風呂に入ってリラックスできる
  • 空港に滞在するよりは、体力の消耗を軽減できる
  • 予約が無くても飛び込みで利用可(というかそもそも予約不可)

ちょっとゴージャスに旅を締めくくってみたいとか、少しでも体力を温存して翌日に臨みたい場合にお勧めの選択肢だと思います。
ではよいご旅行を!

テルマー湯の公式サイトへのリンクはこちら

更新しました↓
羽田空港・深夜早朝アクセスバスの活用方法




羽田空港・深夜の過ごし方2014 その1・早朝6:20発の香港エクスプレスに搭乗するの編

2014/07/27
毎年恒例?となりました、羽田空港深夜の過ごし方シリーズの2014年版です。

最新記事(2018年)へのリンク

2018年GWの羽田空港国際線夜明かし体験記・最新版はこちら。
羽田空港・深夜の過ごし方2018 早朝6:35発のキャセイドラゴンKA397便に搭乗するの編

本記事は2014年の羽田国際線滞在記です

2013年に就航を開始したLCC・香港エクスプレス・羽田発香港行きUO625(早朝6:20発)に搭乗するため、搭乗前日の夜から羽田空港入りし、出国前エリアのロビーにて深夜を過ごしてみることにしました。

この日(2014/07/19)は海の日の3連休を控えた金曜日。
会社をほぼ定時で退社し、自宅でシャワーを浴びて、いざ出発。

深夜の羽田国際線に到着

羽田空港国際線には、夜の11時ごろ到着しました。
IMG_20140718_230019_R
あまり人が多くありません

既に出発ロビーの混雑のピークは過ぎており、乗客の皆様もまばらの状態です。
IMG_20140718_230645_R
香港エクスプレスUO625便の出発時刻は6:20。
出発まで、まだあと7時間以上あります。

深夜0時ごろの終電が終わると、羽田空港への公共交通機関はなくなってしまうので、電車がある間に羽田空港に到着しておかなければなりません
本ブログの別記事でも取り上げたように、近隣のホテルやスパなどの送迎バスを使うという手もありますが、今回はさらなるコスト削減のため、羽田空港国際線にお泊りしてみることにしました。

お外の様子

羽田国際線の展望デッキは24時間オープンしています。

搭乗ゲートは深夜便の機体でほぼ埋まっています。
IMG_20140718_231126_R
ここからは見えませんが、モノレールから見たところ、サテライトの向こう側も飛行機でいっぱいでした。

沖止めのスポットも機体でいっぱいです。
IMG_20140718_231315_R
見ている間にも、どんどん到着便で埋まっていきます。

深夜の国際線ターミナル内

夜11時を過ぎると、4Fの江戸小路は閑散。
IMG_20140718_230822_R
出発便のピークが夜11時から深夜0時台ですので、すでに乗客の皆様の大半は出国後の保安エリアに移動したと思われます。

一方で、23:30ごろの2Fの到着ロビーは帰国&訪日のお客さんで大賑わいです。
IMG_20140718_234302_R
終電は0時10分ごろです。皆急いでー。

本日の最終便は23:26着のカタール航空の模様。
IMG_20140719_001937_R
今夜は終電後に遅延する便もないようで、平和です。
遅延便が出ると、空港内で寝る場所がなくなってしまいますので・・・。

24時間営業の飲食店

お店のほうも大半は営業終了しています。
IMG_20140718_230908_R
この日の24時間営業のレストランは、以下の3店舗のみでした。(2014/07/18現在)

・CAFE & DINING Pista (2F) -> 2017/05/26閉店しました
・日本の味 Suginoko (4F)
・カフェ・カーディナル (4F)

2FのPistaは、充電用コンセントのあるカウンター席のみ満席でした。

2015/01/09追記
2014/09/12より、4F「はねだ日本橋」上り口付近に24時間営業の「羽田食堂」「吉野家」「モスカフェ」が開業しました。

関連記事:
羽田空港国際線ターミナルに24時間営業のモスカフェ・吉野家・羽田食堂がオープンしたので早速行ってみたの編

コンビニで夜食を

4F出発階にあるセブンイレブンは6:00~23:30の営業とのこと(2014/07/15)
IMG_20140718_233913_R
2010年の国際線開業時から1時間営業時間が延長されました。

一方で、1Fのローソンは24時間営業です。
IMG_20140718_235329_R
一番安く食料や飲み物を調達できる場所ということで、旅行者だけでなく空港関係者の皆様にも愛用されている様子。

腹が減ったので、ここで夜食と発泡酒を購入。

夜食その1・ジャパニーズ・焼き鳥 (1本100円)
IMG_20140719_000243_R
レンジで温めて頂いて、ホカホカです。
無性に酒が飲みたくなります。

夜食その2・ジャパニーズ・おでん
IMG_20140719_000913_R
こちらもアツアツのおダシに浸っています。
うまい~。

そしてジャパニーズ・発泡酒。
IMG_20140719_000630_R
空港のベンチで日本が世界に誇るコンビニ・フードを堪能。
たまにはこういうのもいいかもです。

缶の発泡酒を片手に飲みながら、さらに国際線の館内を巡回します。(あやしい者ではありません)

寝る場所を求めて

2017/08/05注記:
以下は2014年当時の状況です。
2017年8月から、出発前エリアの黒いベンチに「アームレスト付き」のものが増えてきましたのでご注意ください。

2F到着階の様子
IMG_20140718_234430_R
この日(2014/07/18)は遅延便もなかったせいか、深夜0時を過ぎても若干ベンチに空きがありました。
エスカレータの近くのベンチは、「Watch your Step!」のアナウンスの声がうるさいので避けたほうがよいでしょう。

1Fの様子。
IMG_20140718_235159_R
1Fのベンチは、24時間営業のローソンが近いのと、比較的静かなので寝るのには一番よいポジションです。
そのため、いつも一番最初に満席になります。

充電コーナーは、どこの階も満席です。
IMG_20140719_000053_R
もっと充電コーナーを増やしてほしい・・・。
2Fにある充電ができるカフェ「Pista」も、コンセントがあるカウンターだけ満席でした。

3Fの出発ロビーのベンチは結構あいていました。
(あくまでも2014/07/18の深夜の場合ですので、いつもあいているかどうかはわかりません)
IMG_20140718_233648_R
香港エクスプレスのCカウンターが見える場所に陣取ることにします。

4Fの睡眠ポイント

ちなみに4F江戸小路にも、いくつか睡眠ポイントがあります。

赤い固い椅子。寝心地★
IMG_20140718_233209_R
4F江戸小路内に70脚近くあります。
ただし見てのとおり固い&幅が狭い&木製で不安定のため快眠は厳しいです。
逆に人気がないので、他のベンチが満席のときでも空いている場合があります。
どうしても横になりたいけど、どこもベンチが空いていないときの最終手段。

2015/01/12追記:
2014/08に完成した「はねだ日本橋」の橋の下の赤い椅子があります。
こちらの記事の「オマケ情報」をご参照のこと。

網目椅子。寝心地★★★
IMG_20140719_033331_R
一見固そうに見えますが、実は座る部分が網目状になっていて、弾力があります。
それなりに幅があるので結構寝心地はよいです。
ただし4Fに9脚しかないので競争率は高いです。

石の椅子。寝心地★★
IMG_20140719_033537_R
メチャクチャ固いですが、広いので木の赤い椅子よりは寝心地はよいです。
4Fの24時間営業のカフェ・カーディナルの近くに2箇所設置されています。
人通りが多いところなので、ここで寝るのはちょっと恥ずかしいかも。

5Fの睡眠ポイント

5F展望デッキ付近の腰掛け。寝心地★
IMG_20140719_033757_R
固くて幅が狭いので横になって寝るのは厳しいかもです。

5Fの円形の椅子。寝心地★★
IMG_20140719_033907_R
5Fの両端に1つずつ、合計2箇所あります。
表面も弾力があって柔らかいです。
しかし、いかんせん円形なので、横になると足とかが飛び出す形になってしまいます。
近くにトイレがあるのはいいのですが、そのトイレの音声案内がウルサイです。
音声案内は人が接近すると流れる仕組みなので、深夜になって人が少なくなるとあまり喋らなくなりますが・・・。

5Fには、以上の他にも普通のベンチも10数脚ほど置かれています。
IMG_20140718_233033_R
常に誰かに占有されていることが多いです。

深夜清掃

場所によっては、このようなパイロンが置かれているところがあります。
IMG_20140718_233424_R
深夜の床清掃作業が行われることを示す案内です。
ポリッシャーが、グウォウォォーンという音をたてて清掃作業が行われます。
結構うるさいですが、これもお仕事なので仕方がないです。

搭乗手続き開始

ベンチで深夜1時から2時間あまりを、出発ロビーのベンチで過ごしました。
タブレットPCを館内の無料WiFiに接続し、ブログの更新作業などをしていました。

AM3:20。
UO625のチェックインが開始されました。
IMG_20140719_032630_R
薄暗い出発ロビーの一角で明かりが灯り、搭乗手続きが始まりました。
私も早速チェックインを済ませ、ボーディングパスをゲットします。

保安検査場が開いていない・・・

これで、出国エリアに入れるぜー、と思いきや、保安検査場が開くのはAM4:00ごろとのこと。
IMG_20140719_035031_R
さらに30分ほど待つ必要があります。
早く開けてー
保安検査場が開く時間は、その日の始発便の時間によって変わるようです。

早朝の制限エリア内に侵入

AM4:00ごろ。
IMG_20140719_040756_R
保安検査場のオープンと同時に出国エリア内に侵入します。
無数のベンチがあり、寝る場所は無限にあります。

2014年3月末に拡張されたエリアに、24時間営業のフードコートもあります。
IMG_20140719_041042_R
朝早いので、ほぼ貸し切り状態です。

あの行列店「六厘舎」も並ばずに食べることができます。
IMG_20140719_042145_R
ゆで時間に10分ほど掛かりますが・・・

早朝からつけ麺をがっつりといただきます。
IMG_20140719_043911_R
飯を食ったら強烈に睡魔が襲ってきました・・・。

搭乗開始

AM5:40ごろ。
いよいよ搭乗開始の時間が近づいてきました。

フードコートから、一番端っこの105番搭乗口まで長~い距離を歩きます。
IMG_20140719_054653_R
この時間になると、結構お客さんが増えてきています。

一番端っこの105番ゲートに到着。
IMG_20140719_055530_R
このゲート、エアアジアXも使っていたりと、ほぼLCC専用ゲートになりつつあります。

AM6:00ごろ。
ほぼ予定通りUO625に搭乗開始。
IMG_20140719_055338_R
機内では爆睡です・・・。

というわけで、なんとか前日夜から徹夜で早朝発の便に乗ることができました。
外が明るくなってくると、急激に睡魔が襲ってきますね・・・。

まとめ

・羽田空港国際線ターミナルは24時間空いていて、徹夜滞在可能(国内線ターミナルは24時間ではありません)
・夜明かしするには、24時間営業のコンビニが近く、静かな1Fのベンチが最適だが、競争率が高い。
・充電ポイントはいつも混んでいるので、必要に応じてモバイルバッテリーを用意しておくのがよい
・ベンチが満席の場合は4F,5Fへ行ってみる

やはりちゃんとした宿泊施設に泊まりたい、という方は下記の別記事をご参照ください。
それなりにお安く宿泊できるスパとかカプセルホテルの情報などもあります。
始発より前に羽田空港国際線に到着する方法まとめ
終電より後に羽田国際線に帰国した場合まとめ




終電より後に羽田国際線に帰国した場合まとめ

2018/10/03更新 (English version)
「変なホテル羽田」の情報を追加

2010年10月に24時間空港としてオープンした羽田空港国際線ターミナル。
最近になって、国際線の便数が増えてきて益々便利になってきました。
成田よりも羽田は近くで便利な反面、国際線は深夜便が多いので、終電に間に合わなかったらどうしよう、と不安な方も多いのではないでしょうか。
本記事では、羽田に到着する帰国便が終電に間に合わない場合の対処法についてまとめてみました。

深夜バスで脱出したい方はこちらへ
羽田空港・深夜早朝アクセスバスの活用方法

深夜料金のタクシーで蒲田まで脱出したいというブルジョワな方はこちらへ
2017年1月タクシー運賃改訂後、羽田空港国際線からJR蒲田駅まで深夜タクシーで行ってみたの編

2016年・スカイマークで深夜2:00の羽田国内線に到着したときのレポートはこちら。
羽田空港・深夜の過ごし方2016 新千歳発・スカイマークSKY732深夜便で、2:00AMに羽田到着してどうしようの編

とりあえずシャワーを浴びたい方はこちらへ
羽田空港でシャワーを浴びることができる場所

航空会社や空港の係員にご相談

もし、帰国便の到着が遅れて終電に間に合わなかった場合、遅延の理由によっては到着ロビーに航空会社の係員がいて相談に乗ってくれる場合があるようです(主にANA/JALの場合)。

JAL便が機体トラブルで遅れて深夜1時半に到着したときの目撃談はこちら
羽田空港・新国際線ターミナル・深夜の過ごし方2011

また、到着階のインフォメーションカウンターには24時間、係員さんがいらっしゃいますので、交通手段や宿泊場所などをご相談してみる、という手もあります。

羽田国際線ターミナル内で始発まで夜明かし

羽田空港国際線ターミナルビルは24時間開いていますので、始発(AM5:00ごろ)までイスで寝て過ごす人も多いです。

(ちなみに国内線ターミナル(第1,第2)は24時間オープンではありませんのでご注意を)
1Fには24時間営業のローソンもありますし、下手に空港の外に出て路頭に迷うよりはよいかもしれません。
ただし、最近は空港で夜明かしできることが知れ渡ってきたので、繁忙期はベンチが満員になっていることもあります。
深夜でもガードマン氏が頻繁に巡回していますので、治安は悪くないですが、貴重品や荷物の管理にはくれぐれもお気をつけください。

2017/08/05追記:
最近「アームレスト付き」の横になりにくいタイプの椅子が増えてきました。
快適に寝たい方は、近隣のホテルやスパでの宿泊をお勧めします。

アームレスト付きの椅子に関する情報はこちら(2017/08/05)
羽田空港国際線・深夜滞在派の方はご注意。アームレスト付きの椅子が増殖中の編

過去の体験記はこちら
2010年体験レポートはこちら(姉妹ブログ:地滑小心な旅行ブログの記事へ)
2011年体験レポートはこちら(姉妹ブログ:地滑小心な旅行ブログの記事へ)

国際線ターミナル内の寝る場所情報はこちら
羽田空港・深夜の過ごし方2018 早朝6:35発のキャセイドラゴンKA397便に搭乗するの編

スマホやノートPCを充電できる場所の情報はこちら
羽田空港国際線でPCやスマホを充電できる場所まとめ

羽田付近のホテルに宿泊

定刻に羽田に着いたとしても、家に帰れないことが分かっている場合は、普通にホテルを予約しておくのがよいでしょう。
飛行機が予定外に遅れてしまって、不本意ながら宿を探したい場合は、本ページを印刷しておいてホテルなどに電話して探すという手もあります。
(長旅で疲れていると、そこまでやる元気もないですが・・・)

ホテルへの送迎バスに間に合えばよいですが、それにも間に合わなかった場合はタクシーで移動となります。
ただ、羽田近隣のホテルは、繁忙期だと早朝発の便に乗るために前泊するお客さんの予約で満室のことが多いです。
どこもここも満室な場合は、蒲田駅近辺のホテル(後述)を探すしかないかもです。

空港内に併設されているホテル

・空港内無料循環バスは5:00~24:00の間の運行
・深夜の国際線ターミナルと国内線第1ターミナル・第2ターミナル間の移動は、送迎バスまたはタクシーで(徒歩はキビシイです)

カプセルホテル FIRST CABIN

・羽田国内線第1ターミナル(JAL)到着階(1F)に併設
・次の日の朝一のJAL国内線の便で移動する方には便利
・カプセルホテルなので音が筒抜け。耳栓必須(フロントでもらえる)
・送迎バスは、国際線ターミナル0:40発, 4:54発とのこと(2014/04/30現在)

楽天トラベル FIRST CABIN(ファーストキャビン)羽田ターミナル1
公式サイト FIRST CABIN 羽田空港
TEL 03-5757-8755

羽田エクセルホテル東急

・羽田空港国内線第2ターミナル(ANA)併設
・次の日の朝一のANA国内線の便で移動する方には便利
・お値段が高めなので、ブルジョワな方向け。
・送迎バスは、国際線ターミナル0:40発とのこと(2014/04/30現在)

楽天トラベル 羽田エクセルホテル東急
公式サイト 羽田エクセルホテル東急
TEL 03-5756-6000

ロイヤルパークホテル ザ・羽田

・最近(2014/09/30)できたばかりの羽田空港国際線ターミナル併設のホテル
・国際線利用時の後泊に最適だが、宿泊費は高め
・シングルのお部屋は狭いが、新しくて高級感あり
★宿泊体験記はこちら
羽田空港国際線・ロイヤルパークホテル・ザ羽田の飛行機が見えるプレミアムフロア宿泊体験記

楽天トラベル ロイヤルパークホテル・ザ羽田
公式サイト ロイヤルパークホテル・ザ羽田
TEL 03-6830-1111

羽田空港への無料送迎バスつきのホテル

・電車やバスが動いていない深夜・早朝時間帯に羽田空港までバスで送迎してくれるホテルです。
・終電に間に合わず家に帰れないときの後泊に便利です。

京急EXイン羽田

・2017年10月25日オープン
・羽田空港に一番近いホテルです(空港敷地内のホテルを除く)
・公式サイトから「アクセス」に進むと、空港送迎バスの時刻表あり。
★宿泊体験記はこちら
京急EXイン羽田・宿泊体験記その1 チェックインするの編
京急EXイン羽田・宿泊体験記その2 ホテル内施設とご近所をウロウロするの編
京急EXイン羽田・宿泊体験記その3 ホテルの朝食と無料シャトルバス体験の編
京急EXイン羽田・宿泊体験記その4 羽田空港国際線のサテライト棟側が見える風景

楽天トラベル 京急EXイン羽田
公式サイト 京急EXイン羽田
TEL 03-5793-3311(開業準備室)

タマディアホテル羽田

・2016年3月にオープンしたばかりの最新設備を備えたキレイなホテル
・羽田空港から無料送迎バスで10分少々
・送迎バスの時刻表は、下記の公式サイト参照のこと
★宿泊体験記はこちら
タマディアホテル羽田・宿泊体験記その1 チェックインの編
タマディアホテル羽田・宿泊体験記その2 ホテル内設備とご近所をウロウロするの編
タマディアホテル羽田・宿泊体験記その3 朝食ビュッフェと空港への送迎バスの編

楽天トラベル タマディアホテル羽田
公式サイト タマディアホテル羽田
TEL 03-3741-5573

ホテルマイステイズ羽田

・2014年9月にオープンしたばかりの最新設備を備えたキレイなホテル
・羽田空港から無料送迎バスで10分少々
・空港への無料お迎えバス 24:25 国際線発が最終 (2016/9/11)
★宿泊体験記はこちら
ホテルマイステイズ羽田・宿泊体験記その1 チェックインするの編
ホテルマイステイズ羽田・宿泊体験記その2 ホテル内の施設と周辺散策の編
ホテルマイステイズ羽田・宿泊体験記その3 ホテルの送迎バスを利用してみたの編

楽天トラベル ホテルマイステイズ羽田
公式サイト ホテルマイステイズ羽田
TEL 03-6863-5539

ホテルJALシティ羽田東京

・羽田空港に近いJAL系列の結構いいホテル
・国際線からの深夜の無料送迎バスは、22:30-24:40の間に6本運行(2016/09/01現在)
・京急空港線・穴守稲荷駅から徒歩5分

楽天トラベル ホテルJALシティ羽田東京
公式サイト ホテルJALシティ羽田東京
TEL 03-5735-2525

ホテルJALシティ羽田東京ウエストウイング

・2016/09/01オープンした「ホテルJALシティ羽田東京」の新館
・国際線からの深夜の無料送迎バスは、22:30-24:40の間に6本運行(2016/09/02現在)
・京急空港線・穴守稲荷駅から徒歩8分ぐらい
★宿泊体験記はこちら
祝・新規開業「ホテルJALシティ羽田東京ウエストウイング」に宿泊してみたの編

楽天トラベル ホテルJALシティ羽田東京 WEST WING
公式サイト ホテルJALシティ羽田東京ウエストウイング
TEL 03-5735-2525

変なホテル東京 羽田

・2018/10/03オープンしたばかりの新築ホテル
・京急空港線・大鳥居駅徒歩5分ぐらい
・無料お迎えバスの時刻表はこちら
・羽田国際線発最終は 1:05AM (2018/10/03)
★宿泊体験記はこちら
羽田空港への無料送迎バスあり。「変なホテル東京羽田」が大鳥居に出来たので早速宿泊してみたの編

楽天トラベル 変なホテル東京 羽田(2018年10月3日オープン)
公式サイト 変なホテル東京羽田
TEL 050-5894-3783(10:00-18:00, 電話予約+1000円)

東横イン羽田空港1

・京急空港線・大鳥居駅徒歩すぐ
・無料お迎えバスの時刻表はこちら
・羽田国際線発最終は24:12 (2014/08/05改訂)

楽天トラベル 東横イン羽田空港1
公式サイト 東横イン羽田空港1
TEL 03-5737-1045

東横イン羽田空港2

・京急空港線・大鳥居駅徒歩すぐ
・無料お迎えバス:東横イン羽田空港1と同じ

楽天トラベル 東横イン羽田空港2
公式サイト 東横イン羽田空港2
TEL 03-5735-1045

羽田イン

・京急空港線・大鳥居駅徒歩3分
・無料お迎えバスは要電話連絡【03-5705-8116】
・無料お迎えバス:羽田国際線発 24:00, 24:40 (2014/04/30現在)

楽天トラベル 羽田イン
公式サイト 羽田イン
TEL 03-5705-8101

蒲田付近のホテルやスパに宿泊

空港のベンチが満員、羽田近辺の宿泊施設が満室の場合、蒲田までタクシーで移動して始発まで凌ぐ、という手があります。
蒲田駅周辺には、ネットカフェやホテルがたくさんありますので、羽田近辺が満室でも空いている可能性があります。
ただし、羽田国際線からJR蒲田駅東口までは、タクシーでだいたい3000円前後かかります。
JR蒲田駅行きの深夜バス最終は羽田空港国際線 2:15AM発。
また、JR蒲田駅と京急蒲田駅は徒歩15分ぐらい離れています。
京急蒲田のほうが空港に近いです。
深夜ですので、路頭に迷わないようにくれぐれもご注意ください。

ナインアワーズ蒲田

・JR蒲田駅東口徒歩5分・京急蒲田駅西口徒歩6分
・2018/7/27オープンの最新式のカプセルホテル
★宿泊体験記はこちら
羽田空港利用時の前泊・後泊に便利な「ナインアワーズ蒲田」がオープンしたので宿泊してみたの編

楽天トラベル ナインアワーズ蒲田(楽天トラベル)
公式サイト ナインアワーズ蒲田(公式サイト)
TEL 03-5713-0077

アパホテル<京急蒲田駅前>

・京急蒲田駅西口徒歩2分
・JR蒲田ではなく、京急蒲田駅が最寄駅です。

楽天トラベル アパホテル<京急蒲田駅前>
公式サイト アパホテル<京急蒲田駅前>
TEL 03-5713-3939

京急EXイン 蒲田

・京急蒲田駅西口徒歩5分・JR蒲田駅東口徒歩5分

楽天トラベル 京急EXイン 蒲田
公式サイト 京急EXイン 蒲田
TEL 03-3736-3910

東横イン蒲田東口

・JR蒲田駅東口徒歩1分

楽天トラベル 東横イン蒲田東口
公式サイト 東横イン蒲田東口
TEL 03-3736-1045

アーヴェストホテル蒲田(東口)

・JR蒲田駅東口徒歩1分

楽天トラベル アーヴェストホテル蒲田(東口)
公式サイト アーヴェストホテル蒲田(東口)
TEL 03-3739-0002

ビジネスイン和

・JR蒲田駅東口徒歩2分
・羽田行き路線バス・シャトルバス乗り場にも至近でお勧めです
・2014/12に開業したばかりのため、施設は新しく快適。
・簡単な朝食(パン、茹で卵)無料サービスあり。
★宿泊体験記はこちら★

楽天トラベル ビジネスイン和
公式サイト ビジネスイン和
TEL 03-5710-1111

SPA&HOTEL 和

・JR蒲田駅西口徒歩1分
・ホテルつきのスパ施設
・天然の黒湯温泉もあり、リクライニングチェアで睡眠をとることもできます。
・スパ施設のみ利用だと、個室ではありませんがお値段を安く抑えられます。
★宿泊体験記はこちら★

楽天トラベル SPA&HOTEL 和
公式サイト SPA&HOTEL 和
TEL 03-5710-2222

カプセルイン蒲田

・JR蒲田駅東口徒歩2分
・スパ施設(男性のみ)つきのカプセルホテル
・「SPA&HOTEL和」よりも広いが施設は古め
★宿泊体験記はこちら★

楽天トラベル カプセルイン蒲田
公式サイト カプセルイン蒲田
TEL 03-3731-0464 又は 0120-31-0604

東横イン蒲田2

・JR蒲田駅西口徒歩5分

楽天トラベル 東横イン蒲田2
公式サイト 東横イン蒲田2
TEL 03-3733-2580

東横イン蒲田1

・JR蒲田駅西口徒歩6分

楽天トラベル 東横イン蒲田1
公式サイト 東横イン蒲田1
TEL 03-3734-1045

天然温泉平和島「羽田空港(国際線)お迎えプラン」

Welcomeコース  3500円 (5:40発のみ2200円)
朝食つき。要予約。
お迎えバスは、羽田国際線 23:40発・0:40発・1:50発・3:00発・5:40発 (2018/04/26現在)
最新の送迎バス時刻表は下記公式サイトをご確認ください。
http://www.heiwajima-onsen.jp/
TEL : 03-3768-9121
東京都大田区平和島1-1-1 ビッグファン平和島2F

その他のホテル




始発より前に羽田空港国際線に到着する方法まとめ

2018/10/03更新 (English version)
変なホテル東京 羽田の情報を追加

24時間空港となった羽田空港国際線。
しかしながら、朝4時~6時台発のピーチやタイガーエア台湾などの早朝出発便に乗るのにどうすればいいのか悩ましいところです。
京急やモノレールの始発を持ってしても、羽田空港国際線着・朝5時15分前後ですので、これではギリギリ or 間に合わないです。
そもそもそんな始発電車に乗れない場所に住んでいる方も多いことでしょう。
というわけで、本記事では、始発電車が動きはじめる前に羽田空港国際線に辿り着く方法についてまとめました。

早朝バスで辿り着く場合のまとめはこちらへ
羽田空港・深夜早朝アクセスバスの活用方法

早朝にオープンした直後の第1ターミナルの様子はこちらへ
早朝の羽田空港第1ターミナル・お店とカウンターと保安検査場はいつオープンする?の編

羽田国際線ターミナルのロビーで夜明かし

・前日の夜に羽田空港入りし、国際線の建物内で夜明かしする
・国内線第1・第2とは違って、国際線は24時間オープンしています。
・(空港で寝過ごさない限り)確実に間に合うのがメリット
・ベンチが埋まっている可能性があるのがデメリット
・2017/07あたりから、アームレスト付きの椅子が増えており寝にくい場合が多いです
・あまり熟睡できないので、体力に自信がある人向け
・荷物管理にお気をつけください。

2018年4月のレポートはこちら
羽田空港・深夜の過ごし方2018 早朝6:35発のキャセイドラゴンKA397便に搭乗するの編

2017年8月現在の椅子のレポート
羽田空港国際線・深夜滞在派の方はご注意。アームレスト付きの椅子が増殖中の編

2014年体験レポートはこちら↓
羽田空港・深夜の過ごし方2014 その1・早朝6:20発の香港エクスプレスに搭乗するの編

羽田空港国際線ターミナルの出国エリアで夜を明かす

・前日の夜に羽田空港入りし、国際線の保安検査場を抜けた出国エリアで夜明かし
・保安検査場を抜けるために、インターネットチェックインまたは自動チェックイン機などで出発便の搭乗券を入手する必要あり
・飛行機への預け荷物がない場合のみ可能。
・出国エリア内にはベンチが無数にあるので、寝る場所が潤沢にあるのがメリット
・あまり熟睡できないので、体力に自信がある人向け
・荷物管理にお気をつけください

早朝6時台発のキャセイドラゴン香港行き利用時に、前の日の夜から出国エリアに入ったレポートはこちら(JGC会員ならTIATラウンジで夜明かしできます)
羽田空港国際線・TIATラウンジ(本館)に初潜入して徹夜滞在の編

2013年の体を張った体験レポートはこちら
羽田空港国際線・深夜の過ごし方2013・出国エリアに宿泊できる?前編
羽田空港国際線・深夜の過ごし方2013・出国エリアに宿泊できる?後編

空港内の宿泊施設に前泊

羽田空港内には、下記の3つの宿泊施設があります。

  • 国内線第1ターミナル(JAL側)内1Fにカプセルホテル「FIRST CABIN」
  • 国内線第2ターミナル(ANA側)に「羽田エクセルホテル東急」
  • 国際線ターミナルに「ロイヤルパークホテル・ザ羽田」

国際線ターミナルと国内線ターミナル(第1,第2)間は歩行者は通行はできるものの、かなりの距離があるので無料連絡バス、モノレール、京急、またはタクシーでの移動となります。

カプセルホテル FIRST CABIN

・羽田空港国内線第1ターミナル 1F内
・宿泊費:5000円 (Business class cabin) / 6000円 (First class cabin)
・宿泊区画は男女別になっています
・音が筒抜けであまり熟睡できないので、体力に自信がある人向け
・国際線へは、朝5時から運行開始の無料バス利用 or タクシー

★宿泊体験記はこちら
羽田空港・第1ターミナル「FIRST CABIN」宿泊体験記

楽天トラベル FIRST CABIN(ファーストキャビン)羽田ターミナル1
公式サイト FIRST CABIN 羽田空港

ロイヤルパークホテル ザ・羽田

・羽田空港国際線ターミナル併設のホテル。2014/9/30開業。
・宿泊費はやや高めなので、ブルジョワな方向け。

★宿泊体験記はこちら
羽田空港国際線・ロイヤルパークホテル・ザ羽田の飛行機が見えるプレミアムフロア宿泊体験記

楽天トラベル ロイヤルパークホテル・ザ羽田
公式サイト ロイヤルパークホテル・ザ羽田

羽田エクセルホテル東急

・羽田空港国内線第2ターミナル(ANA側)に併設
・宿泊費はやや高めなので、ブルジョワな方向け
・早朝無料バスあり
AM3:50発→第1ターミナルAM3:55発→羽田国際線AM4:00ごろ着
AM4:20発→第1ターミナルAM4:25発→羽田国際線AM4:30ごろ着

楽天トラベル 羽田エクセルホテル東急
公式サイト 羽田エクセルホテル東急

空港近隣のスパ施設に前泊

お値段がリーズナブルで、空港ターミナルまで直接送ってもらえるので便利です。
個室での宿泊ではないので、熟睡は難しいかも。

天然温泉平和島

・羽田からバスで20分ほどの平和島にあるスパ施設。
・空港への無料送迎バスつきの宿泊プランあり (3500円)。要予約。
・羽田への深夜・早朝お送りバスの本数が多い。
・運航状況により変わる場合あり。最新の時刻表は公式サイト参照のこと
22:00発→羽田国際線22:20着
23:00発→羽田国際線23:20着
02:00発→羽田国際線2:20着
03:00発→羽田国際線3:20着
04:00発→羽田国際線4:20着
04:50発→羽田国際線5:10着→国内線第2T 5:20着→国内線第1T 05:30着
06:00発→羽田国際線6:20着→国内線第2T 6:30着→国内線第1T 06:40着
07:10発→羽田国際線7:30着→国内線第2T 7:40着→国内線第1T 7:50着
・お安いですが、個室ではなく共同のリフレッシュルームでの宿泊になります
・平和島温泉へは、JR大森駅と京急平和島駅から送迎バスあり

★宿泊体験記はこちら
天然温泉・平和島から早朝の羽田空港国際線に行ってみたの編(2013)
天然温泉平和島から早朝の羽田空港へ行ってみた2014

公式サイト 天然温泉平和島

お台場・大江戸温泉物語

・お台場の人気スパ施設
・羽田空港への早朝送迎バスつきの宿泊プランあり (3480円)。要予約。
・バス時刻表は公式サイトを参照のこと
・予約しなくても「お台場経由豊洲・一之江行き」の深夜バスで辿り着くことも可能
・入場料のみの場合、個室ではなく共同のリフレッシュルームや仮眠処での宿泊になります
・繁忙期は寝床が満員で埋まっている場合もあり。自己責任で。
・りんかい線東京テレポート駅から送迎バスあり

★宿泊体験記はこちら
お台場・大江戸温泉物語から早朝の羽田空港国際線へ行ってみるの編

★深夜バスを使って大江戸温泉に行ってみた体験記はこちら
羽田空港国際線2:15発の深夜バスで大江戸温泉物語に移動し宿泊してみたの編

公式サイト 大江戸温泉物語

無料送迎バスつきの羽田近隣ホテルに宿泊

京浜急行空港線沿いには、電車が動いていない深夜・早朝時間帯でも空港への無料送迎バスを運行しているホテルがあります。
ホテルから空港まで、ドア・ツー・ドアで行けるので、スーツケースがあっても楽に移動できます。

京急EXイン羽田

・2017年10月25日オープン
・羽田空港に一番近いホテルです(空港敷地内のホテルを除く)
・公式サイトから予約画面に進むと、空港送迎バスの運行時間帯の情報あり。
★宿泊体験記はこちら
京急EXイン羽田・宿泊体験記その1 チェックインするの編
京急EXイン羽田・宿泊体験記その2 ホテル内施設とご近所をウロウロするの編
京急EXイン羽田・宿泊体験記その3 ホテルの朝食と無料シャトルバス体験の編
京急EXイン羽田・宿泊体験記その4 羽田空港国際線のサテライト棟側が見える風景

楽天トラベル 京急EXイン羽田
公式サイト 京急EXイン羽田
TEL 03-3742-3910

タマディアホテル羽田

・2016年3月にオープンしたばかりの最新設備を備えたキレイなホテル
・羽田空港から無料送迎バスで10分少々
・送迎バスの時刻表は、下記の公式サイト参照のこと
★宿泊体験記はこちら
タマディアホテル羽田・宿泊体験記その1 チェックインの編
タマディアホテル羽田・宿泊体験記その2 ホテル内設備とご近所をウロウロするの編
タマディアホテル羽田・宿泊体験記その3 朝食ビュッフェと空港への送迎バスの編

楽天トラベル タマディアホテル羽田
公式サイト タマディアホテル羽田
TEL 03-3741-5573

ホテルマイステイズ羽田

・2014/09/26オープン
・京浜急行線「穴守稲荷」駅徒歩4分
・空港への無料送迎バスあり(予約不可)
AM4:00発→羽田国際線 AM4:07
AM4:30発→羽田国際線 AM4:37
AM5:00発→羽田国際線 AM5:07→第1ターミナル AM5:15→第2ターミナル AM5:20
AM5:30発→羽田国際線 AM5:37→第1ターミナル AM5:45→第2ターミナル AM5:50
AM6:00以降のバスもあり (公式サイト参照)

★宿泊体験記はこちら
ホテルマイステイズ羽田・宿泊体験記その1 チェックインするの編
ホテルマイステイズ羽田・宿泊体験記その2 ホテル内の施設と周辺散策の編
ホテルマイステイズ羽田・宿泊体験記その3 ホテルの送迎バスを利用してみたの編

楽天トラベル ホテルマイステイズ羽田
公式サイト ホテルマイステイズ羽田

ホテルJALシティ羽田東京

・京浜急行空港線 穴守稲荷駅から徒歩3分
・無料送迎バスあり
AM4:00発→羽田国際線 AM4:07着
AM4:30発→羽田国際線 AM4:37着 など(最新情報は下記公式サイト参照)

楽天トラベル ホテルJALシティ羽田東京(本館)
公式サイト ホテルJALシティ羽田東京

ホテルJALシティ羽田東京ウエストウイング

・2016/09/01オープンした「ホテルJALシティ羽田東京」の新館
・国際線への早朝無料送迎バスは、ホテル発3:50-11:20の間に多数運行(2016/09/02現在)
・京急空港線・穴守稲荷駅から徒歩8分ぐらい
★宿泊体験記はこちら
祝・新規開業「ホテルJALシティ羽田東京ウエストウイング」に宿泊してみたの編

楽天トラベル ホテルJALシティ羽田東京 WESTWING
公式サイト ホテルJALシティ羽田東京ウエストウイング
TEL 03-5735-2525

変なホテル東京 羽田

・2018/10/03オープンしたばかりの新築ホテル
・京急空港線・大鳥居駅徒歩5分ぐらい
・無料送迎バスの時刻表はこちら
・ホテル始発は 3:45AM (2018/10/03)
★宿泊体験記はこちら
羽田空港への無料送迎バスあり。「変なホテル東京羽田」が大鳥居に出来たので早速宿泊してみたの編

楽天トラベル 変なホテル東京 羽田(2018年10月3日オープン)
公式サイト 変なホテル東京羽田
TEL 050-5894-3783(10:00-18:00, 電話予約+1000円)

東横イン羽田空港1

・京浜急行空港線 大鳥居駅東口すぐ
・早朝無料送迎バスあり
AM4:15発→羽田国際線 AM4:25着
AM4:45発→羽田国際線 AM4:55着 など(最新の時刻表は公式サイト参照

楽天トラベル 東横イン羽田空港1
公式サイト 東横イン羽田空港1

東横イン羽田空港2

・京浜急行空港線 大鳥居駅東口すぐ
・無料送迎バスあり。東横イン羽田空港1と同じ

楽天トラベル 東横イン羽田空港2
公式サイト 東横イン羽田空港2

羽田イン

・京浜急行空港線 大鳥居駅東口 徒歩4分
・無料バスあり
AM4:00発→AM4:07ごろ 羽田国際線着
AM4:20発→AM4:27ごろ 羽田国際線着
AM4:40発→AM4:47ごろ 羽田国際線着
など。(最新の時刻表は公式サイトでご確認ください)

楽天トラベル 羽田イン
公式サイト 羽田イン

ホテルリリーフプレミアム羽田空港

・2017/12/21開業の新築ホテル
・京浜急行空港線 大鳥居駅西口 徒歩1分
・羽田空港への無料バスあり(ただし8人乗り)
・大鳥居から公共の深夜・早朝バスを使えば始発よりも早く羽田空港国際線に到着できます。
★宿泊体験記
大鳥居に「リリーフプレミアム羽田空港」がオープンしたので早速宿泊してみたの編

楽天トラベル ホテルリリーフプレミアム羽田空港
公式サイト ホテルリリーフプレミアム羽田空港

ホテルマイステイズプレミア大森(旧アートホテルズ大森)

・JR大森駅東口から徒歩4分
・羽田空港への早朝送りバスあり

楽天トラベル ホテルマイステイズプレミア大森
公式サイト ホテルマイステイズプレミア大森

 

蒲田近隣のホテルに前泊

・JR蒲田駅、京急蒲田駅付近にビジネスホテルが多数あります。
・ホテル宿泊後、JR蒲田駅東口から羽田空港行きの深夜早朝バス(有料)を利用。時刻表はこちら(京急バス・深夜早朝バス)とこちら(京急バス・路線バス「蒲31,30 日の出通り経由羽田空港行き
・羽田空港行きのバス停が近いJR蒲田駅東口近くのホテルがお勧めです
★羽田空港から深夜タクシーでJR蒲田駅東口まで行ったときの体験記はこちら
2017年1月タクシー運賃改訂後、羽田空港国際線からJR蒲田駅まで深夜タクシーで行ってみたの編

ビジネスイン和

・2014年12月オープンで設備が新しい
・JR蒲田駅東口より 徒歩約1~2分
・羽田空港行きバス乗り場に至近
★宿泊体験記はこちら
羽田周辺のホテル・「ビジネスイン和」宿泊記その1・チェックイン編
羽田周辺のホテル・「ビジネスイン和」宿泊記その2・JR蒲田駅AM4:30発早朝バスを利用するの編
羽田周辺のホテル・「ビジネスイン和」宿泊記その3・朝食サービス編

楽天トラベル ビジネスイン和
公式サイト ビジネスイン和

グランパークホテル・パネックス東京

・JR蒲田駅東口徒歩1~2分。
・羽田空港行きバス乗り場に至近

楽天トラベル グランパークホテル パネックス東京
公式サイト グランパークホテル・パネックス東京

その他のホテル