「羽田空港のカレー」カテゴリーアーカイブ

羽田空港のカレーその12 つきじ亭・ミニカレー丼セット@T2

2022年4月某日。
羽田空港のカレーシリーズ。
この日やってきたのは、第2ターミナル地下1階の「つきじ亭」様。
HNDCT2SB024R
立ち食いもできるお蕎麦屋さんです。
T2地下1階の端っこのあまり目立たないところにあり。
空港内にありながら、比較的リーズナブルな価格でお蕎麦が頂けるという貴重なお店です。

立て看板のメニューをチェックしていると・・・。
tkjmenu
おっ。
「カレー丼」なるメニューを発見。
羽田空港内のカレー全制覇を目論む(そうなの?)本ブログとしましては、これを見すごすわけには参りません。

食券券売機に単品の「カレー丼」が見つからなかったので・・・。
HNDCT2SB030R
ミニカレー丼セット(760円)を発注。
お店の奥のテーブル席に着席して頂きます。
お蕎麦は安定の美味しさでした。

では今回の目的である「ミニカレー丼」に着手。
HNDCT2SB031R
辛さは全くなくマイルド。
まさに「お蕎麦屋さんのカレー」の王道を行く、ノーマルなカレーでした。
こういうシンプルなカレーも落ち着きますねえ。
お手軽にお蕎麦とカレーを頂きたいときにオススメです。


羽田空港のカレーその11 黄金色の豚・黒豚のカツカレー@T1

2022年4月某日。
羽田空港のカレーシリーズ。
HCKGB287031R
今回は第1ターミナル(JAL側)4階の「黄金色の豚」様にやってきました。
「ロイヤルホスト」のロイヤル様が運営するトンカツ屋さんです。
2018年11月にオープンした比較的新しいお店。
福岡空港の国内線ターミナルにもありますね。

A滑走路側の飛行機が見えるお店ですが・・・。
HCKGB287035R
晴れた日の午後は日光が差してくるので、ブラインドが降りていました。
飛行機を見ながらお食事するなら、お昼前の早い時間がオススメです。

この日は特別メニュー(?)のカツカレーがありました。
HCKGB287032R
「黒豚のかつカレー 2450円(税込)」
2000円超えですか・・・(汗)。
おそらくは2022年5月現在の羽田空港において、最高額のカレーなのではないかと思われます(たぶん)。
ロイヤル70周年記念メニューのひとつなのだそうな。

レギュラーメニューのカツカレーとしては、

  • SPF霧島純粋豚のカツカレー 1680円(税込)
  • 四元豚のカツカレー 1380円(税込)

もあります。
「四元豚のカツカレー」は、2018年11月のオープン当時は、1080円(税別)でしたが。
どんどん値上げされていきますね・・・。
ややお高いですが、私の中では、お気に入りの羽田空港カレーの一つです。

それでも奮発して、黒豚のかつカレー 2450円を発注。
HCKGB287039R
高級感のある漆黒のお皿に盛られてきました。
ご飯の大盛り無料とのことですが、普通盛りを選択。
それでも結構満腹になりました。
さらに、キャベツはお代わり自由とのこと\(^o^)/

黒豚トンカツの断面にズームイン。
HCKGB287041R
衣はサクサク、お肉は柔らかくてメチャうまでした。
上質な脂が感じられて、高級感のあるお味。

カレーはやや甘めでコクがあり、結構ガツンときます。
それでいてトンカツの風味を邪魔しない素晴らしいカレーでした。

当然のことながら、キャベツをお替わりします。
HCKGB287042R
メチャメチャ細かく千切りされていてフワフワでした。
こちらも美味。

キャベツ用のドレッシング(右)もあり。
HCKGB287044R
とうもろこしのドレッシングとのこと。
そんなにとうもろこし感が感じられなかったものの、ほどよい酸味と旨味があり。
虫のようにキャベツをバリバリ頂きました。

というわけで「黄金色の豚」様の(おそらく)期間限定メニュー「黒豚のカツカレー」のご紹介でした。
通常メニューのカツカレーやトンカツ定食も美味しいですので、オススメのお店です。


羽田空港のカレーその10 カフェカーディナル・チキンカレーセット@T3

2022/04/17
久々に「羽田空港のカレー」シリーズ・第10弾をお送りします。
この日やってきたのは、第3ターミナル4階のカフェ・カーディナル様。
HNDT3APTWTT3W006R
最近はお休みの日が多かった印象。
コロナ前は24時間営業のお店だったのですが・・・。

この日の営業時間は・・・。
HNDT3APTWTT3W007R
午前中(8:00-12:00)のみの営業でした。
最新の営業時間は、羽田空港の公式サイトをご確認ください。
営業時間以外でも、椅子とテーブルは開放されているので、自由に利用可。

で、このお店の看板メニューといえば・・・。
HNDT3APTWTT3W011R
こちらのチキンカレーセット。
まさに羽田空港第3ターミナルを代表するカレーと言ってよいでしょう。

というわけで、久しぶりにチキンカレーセット(1200円)を獲得。
HNDT3APTWTT3W013R
カレー本体は1000円。
プラス200円でドリンクセットにできます。
大きなナンはホカホカのアツアツ。
一見、量がありそうに見えますが、そんなに生地が分厚くないのでほどよい分量。
ライスもありますが、この日はライス売り切れでした。

こちらがカレールー。
HNDT3APTWTT3W017R
ピリ辛くてやや甘口。
ガツンと濃厚な風味でナンがどんどん無くなっていきます。
柔らかいチキンが入っていて、美味しゅうございました。
ビーフやポークではなくチキンカレーなのは、色々な国籍や宗教のお客さんに対応できるからなのでしょうかねえ。
久しぶりにカーディナルのカレーを頂くことが出来て良かったです。
第3ターミナルにお越しの際は是非どうぞ。




羽田空港のカレーその9 GGG Cafe・ほうれん草と豆のキーマカレープレート

2022年3月上旬
この日やってきたのは羽田空港第2ターミナル。
HDDHICMFR23W005R
冬休みと春休みの狭間ということで、人はやや少な目な印象でした。
こういう閑散期は、空弁の種類も少ないので、この日のお食事はカレーを頂くことに。

で、今回ご紹介する羽田空港のカレーは、上の写真の左側の一段上になっているエリアにあるお店から。

「GGG Cafe」というお店。
HDDHICMFR23W019R
2017年12月にオープンした、新鮮な野菜を使ったサラダプレートのお店です。
ここに「ほうれん草と豆のキーマカレープレート(1300円)」なるカレーメニューを発見。

早速注文してみました。
HDDHICMFR23W010R
キーマカレーは、思ったよりもしっかりとピリ辛くて美味。
ご飯と野菜が進みます。
見ての通り、カレーはサイドメニュー的な存在で、メインはたっぷり野菜のサラダです。

テーブルには塩・胡椒・オイルがあり。
HDDHICMFR23W012R
まずはこれらと一緒にサラダを頂くと、お野菜本来の甘みと旨味が感じられます。
相変わらず新鮮な野菜で美味しゅうございました。

カウンター席にはコンセントもあり。
HDDHICMFR23W018R
スマホやPCを充電できて便利でした。

というわけで、羽田空港第2ターミナル3階の「GGG Cafe」のカレーのご紹介でした。
カレーも食べたいけど、野菜もたっぷりと食べたいという方にオススメのお店です。




羽田空港のカレーその8 TOKYO CHEF’S KITCHEN 浅草ヨシカミのポークカレー@T1

2022/2/26
久しぶりに羽田空港のカレーシリーズです。
HNDFBTWTTU3008R
こちらは羽田空港第1ターミナルB1Fにある「TOKYO CHEF’S KITCHEN」。
和食や洋食、中華など色々なジャンルの飲食店が集まっているフードコートです。
かなり前からあるので、今までご利用になったことがある方も多いかと思います。

その中に・・・。
HNDFBTWTTU3009R
カレーメニューを発見。
このフードコート内にある「浅草・洋食ヨシカミ」様のメニューです。
羽田空港のカレーの制覇を目論む当ブログ(そうなの?)としては見過ごせません。

  • ポークカレー 880円
  • カツカレー 1110円
  • ビーフステーキカレー  1380円

の3種類がある模様。

フードコート形式なので・・・。
HNDFBTWTTU3018R
お店の窓口でお会計を先に済ませて、席で待ちます。
飲食スペースは結構広く。
お水はセルフサービスとなっております。

今回はポークカレー880円を頂きました。
HNDFBTWTTU3017R
マイルドなカレールーに豚肉がゴロゴロ。
具沢山で美味しゅうございました。
羽田空港内にありながら、1000円以下で頂ける貴重なカレーです。
羽田空港T1でお腹が空いたときに是非どうぞ。




羽田空港のカレーその7 三本珈琲店のビーフカレー@T1

2021/11/03
この日やってきたのは、羽田空港第1ターミナル。
HNDTWTOIGGT001R
緊急事態宣言が解除されて1か月余りが経過し、少しづつ元の賑わいを取り戻しつつあります。
多くのお店が営業を再開した一方で、閉店したままのお店もチラホラと・・・。

スターフライヤー側(北ウイング)の端っこへ。
HNDTWTOIGGT007R
写真左のエスカレータから、一つ上の3階に上がることができます。
ターミナルの端っこなので、あまり人が多くない穴場エリア。

知らない間に、このエリアに新しいお店がオープンしていました。
HNDTWTOIGGT008R
「三本珈琲店」とのこと。
羽田空港公式サイトによりますと、2021年7月27日にオープンしたとのこと。
あまりここまでは足を延ばさないので、今まで気が付きませんでした・・・。

エスカレータを上がって左側にお店がありました。
HNDTWTOIGGT010R
確か以前は、お蕎麦屋さんだった区画と、その奥にあった「横濱珈琲館(だったかな)」の区画の両方を占有。
そういえば、お蕎麦屋さんのエリアは、工事の囲いに覆われていたのを思い出しました。
「横濱珈琲館(だったかな)」も閉店してしまったのですね・・・。

お店の入口のメニューをチェック。
HNDTWTOIGGT011R
サンドイッチ類の他、ドリアやパスタやカレーなどのお食事もあるようです。
お腹が空いていたのと、「羽田空港のカレー」の情報収集のため「三木珈琲のビーフカレー」を頂くことにします。

店内の様子。
HNDTWTOIGGT017R
お店の造りからして、先にカウンターでオーダーするシステムなのかと思いきや、さにあらず。
着席してから、店員さんがオーダーを取りに来てくれました。

窓際にカウンター席が7席ほどあり。
HNDTWTOIGGT013R
壁に充電できるコンセントがありました。
ここにまた一つ、羽田空港で充電できる場所が増えました。
ウレシイですねえ。

窓から右前方を見ると・・・。
HNDTWTOIGGT033R
やや遠目ではありますが、C滑走路方面を見渡すことができます。
A滑走路側からタキシングしていく飛行機の姿も少しだけ見ることができました。
辛うじて飛行機が眺められる穴場スポットです。

テーブル席もいくつかあり。
HNDTWTOIGGT018R
こちらにはコンセントは無い模様。
充電できるのは、カウンター席だけのようです。

まずはホットコーヒー。
HNDTWTOIGGT020R
陶器のカップで出てきました。
お食事をオーダーした場合、250円で追加できます。
お替わり自由とのこと\(^o^)/

そして「三本珈琲のビーフカレー」1280円の登場。
HNDTWTOIGGT023R
ターメリックライスにお野菜がトッピングされていて鮮やか。
ビーフもしっかりと入っています。
カレーはそんなに辛さはなく普通な感じ。
お野菜が入っているのがイイですね。

というわけで・・・。
HNDTWTOIGGT027R
カウンター席で、C滑走路やD滑走路に離着陸する飛行機を眺めなら、お食事を頂ける穴場のカフェでした。
ターミナルの端っこにあるので、辿り着くのが大変ですが、スターフライヤーご利用の際には是非どうぞ。




羽田空港のカレーその6「LDH KITCHEN」の TOKYO BEEF CURRY@T1

2021/08/01
前回の記事でご紹介した羽田空港第1ターミナル5階の「LDH KITCHEN」。
HNDAUTWOKR057R
最近になって、新業態での営業を再開したのは前回ご紹介したとおり。

で、今回は・・・。
HNDAUTWOKR059R
お食事メニューに「カレー」を発見したので、久々に「羽田空港のカレー」シリーズをお送りすることにします。

注文を済ませて、お食事が出来るまでの間は・・・。
HNDAUTWOKR081R
窓の外の飛行機を眺めながら、オールフリー(600円)を頂きます。
まるで航空会社のラウンジのような優雅な時間。
やはり飛行機が見えるレストランはいいですねえ。

そして、TOKYO BEEF CURRY 1300円 登場。
HNDAUTWOKR098R
福神漬けやフライドオニオンがトッピングされていて、やや高級感があります。
カレールーに辛さはあまりなくやや甘め。それでいてまろやか。
やわらかいビーフがたっぷりと入っていて、美味しゅうございました。

というわけで・・・。
HNDAUTWOKR062R
飛行機を眺めながら頂ける貴重なカレー「LDH KITCHENのTOKYO BEEF CURRY」のご紹介でした。
第1ターミナルご利用の際には是非どうぞ。




羽田空港のカレーその5 「Minatoya Lounge」の金太郎メンチカツカレー@T2

2021/05/16
この日やってきたのは、羽田空港第2ターミナルの地下1階中央「メルセデス・ミー」エリア。
HNDMNTYCC033s
白い「Terminal 2」の看板が天井からぶら下がっていることに、最近気づいたのでした。

以前の記事でもお伝えした通り・・・。
HNDMNTYCC034s
2021/04/27より、肉そばの名店「港屋」の4号店「Minatoya Lounge」がオープンしております。

前回は、看板メニューの「冷たい肉そば」を頂いたので・・・。
mncm
今回は「金太郎メンチカツカレー 850円」を頂くことにします。
ここに新たな「羽田空港のカレー」が誕生したのでした。

2022年6月追記:
この「金太郎メンチカツカレー 」はメニューから無くなってしまったようです。残念・・・。

注文してから待つこと20分少々。
HNDMNTYCC039s
ようやく「金太郎メンチカツカレー」が登場。
メンチカツを揚げるのにお時間がかかるようです。
高級感のある大きな食器に盛り付けられて出てきました!
羽田空港において、このクオリティで850円というのは破格です。
値上げされる前に頂きましょう!

カレールーはセパレート(分離)式でのご提供。
HNDMNTYCC040s
カレーの表面には、肉そばのつけ汁にも使われていた、ご自慢のラー油がトッピングされています。
なんという新発想。

そしてご飯の上には・・・。
HNDMNTYCC042s
巨大な「金太郎メンチカツ」が豪快にOTR (On The Rice) されています。
結構ボリュウムあります。

カレールーをドバッとご飯にかけてから頂くのか。
それとも、その都度ご飯をカレールーにつけて頂くのか。
悩ましいところです。

ビジュアル的によさげな後者を選択。
HNDMNTYCC010s
おお!うま!
深いコクのある濃厚なカレーは、高級感が感じられるお味。
それにラー油の香りとピリ辛味が加わって、独特の美味しさでした。
カレーにラー油ってアリなんですねー。
まさに「港屋」のカレーです。

「金太郎メンチカツ」も頂きます。
20210516_122716
さくさくの衣でありながら、スプーンで切れるという絶妙の柔らかさ。
揚げたてのアツアツなので、歯の裏の歯茎をヤケドしてしまいました。
肉汁がジューシーで、こちらもメチャうまです。
中にニンニクが入っているのか、ラーメン二郎のような香りがしたのが特徴的でした。

肉そばと同様、温泉卵もついてきますので・・・。
HNDMNTYCC043s
途中でカレーに投入すると、マイルドなお味に味変可能。
色々なお味を楽しむことができます。

というわけで、羽田空港第2ターミナルに新たにオープンした「Minatoya Lounge」のカレーのご紹介でした。
「あの港屋のカレーとは一体どんなものなのか?」と興味をお持ちの方は是非どうぞ。




羽田空港のカレーその4 「AIRPORT グリル&バール」の特製スパイシービーフカレー@T2

2020/02/14
羽田空港のカレーをご紹介するシリーズの第4弾です。
今回は羽田空港第2ターミナル(ANA側)4階の「AIRPORT グリル&バール」様にて。
HNDJNOSVPS053R
この日は、コロナ影響で午前11時からの営業でした。
しばらく待ちます・・・。

ショウウインドウにカレーの見本があります。
HNDJNOSVPS055R
カレーのメニューは・・・。

  • 特製スパイシービーフカレー1100円
  • ボリューム満点サクサクポークカツカレー 1280円

の2種類がある模様。

このお店のご自慢は、窓からの眺望。
HNDGECTWTOA043R
窓際席からは、第2ターミナルのANA機を眺めながらお食事ができます。
テレビ番組でもよく紹介されていますね。
コロナ前は、お昼時になると待ち行列ができる人気店でした。

ドリンクセット(+280円)にして・・・。
HNDGECTWTOA050R
飛行機たちを眺めながらコーヒーを頂くという至福のひととき。

ちなみに、羽田空港の出発前エリアで飛行機が見えるお店は・・・。

  • 第1ターミナルは 5階 THE HANEDA HOUSE のスターバックス
  • 第2ターミナルは 4階の AIRPORT グリル&バール(このお店)
  • 第3ターミナルは 5階の「Expasa Cafe羽田」

がおすすめです。

そしていよいよ「特製スパイシービーフカレー」登場。
HNDGECTWTOA055R
大きなお皿で高級感のある盛り付けです。
らっきょうと福神漬けつき。
それほど「スパイシー」さはなく、マイルドなカレーでした。
ビーフもしっかりと入っていて、美味しゅうございました。

窓の外の飛行機を眺めながら・・・。
HNDGECTWTOA053R
美味しいカレーが頂けるというお勧めのお店です。
羽田空港第2ターミナルご利用の際にはぜひどうぞ。




羽田空港のカレーその3 「Expasa Cafe 羽田」のハンバーグカレー@T3

2021/01/31
羽田空港のカレーシリーズ第3弾は、羽田空港第3ターミナル5F「Expasa Cafe 羽田」様のカレーをご紹介。
HNDJNOSVPS087R
第3ターミナルの出発前エリアで唯一、展望デッキ側に面している飲食店です。

では早速、カレーメニューをチェック。
HNDJNOSVPS085R
追加できるトッピングの種類が多いのが特徴です。

この日は、

  • チキン +150円
  • 揚げ野菜 +150円
  • チーズ +150円
  • カニクリームコロッケ(2個) +350円
  • ビーフハンバーグ +400円
  • ロースカツ +450円

の追加トッピングが選べました。

以前には、冬期間限定で「カキフライ」があったこともあり。
時期によってトッピングの内容が変わることもあるようです。

今回はハンバーグカレー(680円+400円)を頂きます。
HNDJNOSVPS101R
大きめのお皿で提供されるので、いろいろなトッピングに対応可能。
お味は中辛とのことですが、そんなに辛さはありません。
ハンバーグはボリュウム感あり。
やや濃いめのお味で美味しゅうございました。

店内の窓からは・・・。
HNDJNOSVPS088R
A滑走路に離着陸する飛行機を眺めながらカレーを頂くことができます。
眺めのよい窓際のカウンター席がお勧めです。
お天気のよい日は、展望デッキのテーブルでお食事するのもいいですね。
飛行機を眺めながらカレーを食べたい!という方にお勧めのお店です。