羽田空港・深夜早朝アクセスバスの活用方法

2017/06/27更新 (リンク切れを修正)
羽田空港・深夜早朝アクセスバスの活用方法についてのまとめです。
2017年度(2017/04/01~2018/3/31)も、羽田空港深夜早朝アクセスバスの運行が決まりました!
羽田空港深夜アクセスバス・2017年度も運行決定の編

以下、もくじ。

  1. 終電後の羽田に到着。深夜バスでどこへ行く?
  2. 始発前の羽田早朝出発便。どうやって羽田に行く?
  3. 羽田空港・深夜早朝バス時刻表へのリンク

終電後の羽田に到着。深夜バスでどこへ行く?

羽田空港国際線午前1時・2時台発の深夜バスで、横浜・新宿・池袋・渋谷・東京などの主要駅に向かうことはできますが、当然ながらその先の電車がありません。
なので、そこから先はタクシーで自宅に向かうのが一般的でしょう。
その他の手段としては、深夜バスの停留所の近くにあるスーパー銭湯などに泊まる、という手もあります。
以下はそれらの選択肢について。

「蒲田・川崎行き」で蒲田の「HOTEL&SPA和」へ

JR蒲田駅近くにある23時間営業のSPAです。
男女別の仮眠室がありますが、収容人数が少ないです。
満員な場合は近くのマンガ喫茶へ。

タクシーで行ってみた時の体験記はこちら
終電後に羽田国際線から蒲田のスパに移動して宿泊してみた

詳細はこちら
SPA & HOTEL和 (公式サイト)
SPA & HOTEL和 (楽天トラベル。楽天ポイント貯めたい方はこちら)

深夜バスの時刻表・運賃・バスのりばはこちら
京浜急行バスのページ

「蒲田・川崎行き」で蒲田の24時間営業のネットカフェへ

JR蒲田駅の周辺に何件かあるようです。
ただし筆者未経験・・・。

「豊洲・一之江行き」でお台場の大江戸温泉物語へ

お台場にある人気の温浴施設。朝9時まで営業。
バスを降りるときに、運転手さんから2380円で宿泊できる特別割引チケットをもらえました(2015/11/02当時)。
ただしシーズンによっては混雑していて仮眠スペースを確保できない場合もあり。
※2017/04/01からは「豊洲・一之江駅行き」にご乗車ください

体験記はこちら
羽田空港国際線2:15発の深夜バスで大江戸温泉物語に移動し宿泊してみたの編

大江戸温泉物語の詳細はこちら
大江戸温泉物語(楽天)
大江戸温泉物語・公式サイト

深夜のみ台場経由の豊洲・一之江行きの時刻表はこちら
Airport Limousineのページ

「横浜・みなとみらい行き」で横浜駅東口の「スカイスパ・ヨコハマ」へ

横浜駅東口YCATで下車してすぐの「スカイビル」にある人気の温浴施設。
駅に近いので、特に休前日は終電を逃したサラリーマン等で混みあう。
施設そのものが狭いので、混雑すると廊下で寝る人も出るほど。
歩道橋を渡った先には24時間営業のマンガ喫茶もあり。

体験記はこちら
羽田空港国際線から横浜行きの深夜バス最終便に乗ってみたの編2014

スカイスパ・ヨコハマの詳細はこちら
楽天トラベル
公式サイト

横浜行き深夜バスの時刻表・運賃・バスのりばはこちら
京浜急行バスのページ

「横浜・みなとみらい行き」で横浜みなとみらい万葉倶楽部へ

終点の「カップヌードル・ミュージアム前」で下車してすぐにある24時間営業の温浴施設。
最寄り駅はみなとみらい線のみなとみらい駅。
施設が広く、仮眠スペースが満員になることはほぼ無さそうなのが利点。
深夜料金込み・朝9時まで滞在で大人1名4100円と、ややお高いのが難点。

体験記はこちら
羽田空港国際線・終電を逃してAM1:00発の深夜バスに乗って横浜万葉倶楽部に宿泊してみたの編

横浜みなとみらい万葉倶楽部の詳細はこちら
楽天トラベル
公式サイト

横浜行き深夜バスの時刻表・運賃・バスのりばはこちら
京浜急行バスのページ

「新宿・池袋行き」で「テルマー湯」へ

「東新宿」で下車して徒歩10分ほどのところにある2015年に歌舞伎町にオープンしたばかりの温浴施設「テルマー湯」。
施設が広くてキレイです。
仮眠スペースが満員になることはほぼ無さそうなのが利点。
深夜バス代と滞在費を合わせると6000円以上と、ややお高いのが難点。

体験記はこちら
羽田国際線AM2:20発・新宿行きの深夜バス利用でテルマー湯に宿泊してみたの編2016

深夜のみ東新宿を経由する新宿・池袋行きの時刻表・運賃はこちら
Airport Limousineのページ

始発前の羽田早朝出発便。どうやって羽田に行く?

羽田早朝6時台発の香港エクスプレスや、朝5時台の台北行きのPeach利用時の羽田空港への行き方についてです。

一番のお勧めは「前日に羽田空港国際線に入って夜明かし」です。
出発時刻に十分に間に合うので安心・確実です。
参考記事はこちら。
羽田空港・深夜の過ごし方2014 その1・早朝6:20発の香港エクスプレスに搭乗するの編

その次にお勧めなのは「前日夜にJR蒲田駅近辺のホテルかマンガ喫茶かSPAに入り、AM3:20発の早朝バスで羽田空港に向かう」です。
羽田行きの早朝バスの中で、川崎・蒲田線だけがAM3:40ごろに羽田に到着できます。
京浜急行バスのページ

もしバスに乗り遅れた場合は、駅前にいるタクシーで羽田までカッ飛ばしましょう。
JR蒲田駅東口から国際線まで、深夜割増料金でだいたい3000円程度です。
他に交通手段はないので仕方ありません。

JR蒲田駅付近のおすすめ滞在先としては、以下をご参照のこと。

ビジネスイン和(なごみ)
2014年12月に開業したばかりの最新ホテル。施設が新しくてキレイです。
羽田行きのバス停まで徒歩1~2分で便利です。
羽田周辺のホテル・「ビジネスイン和」宿泊記その1・チェックイン編
羽田周辺のホテル・「ビジネスイン和」宿泊記その2・JR蒲田駅AM4:30発早朝バスを利用するの編
羽田周辺のホテル・「ビジネスイン和」宿泊記その3・朝食サービス編

SPA&HOTEL和(なごみ)
JR蒲田駅西口近くにある22時間営業(11:00-9:00)のスパ施設。
天然の黒湯温泉が楽しめます。
リクライニングチェアで仮眠も可能ですが、寝過ごし注意。
羽田行きのバス停へは、階段のある地下道でJRの線路をくぐり、JR蒲田駅東口へ。徒歩5分程度。
SPA & HOTEL和 (公式サイト)
SPA & HOTEL和 (楽天トラベル。楽天ポイント貯めたい方はこちら)

カプセルイン蒲田(男性のみ)
ちょっと設備が古い感じのカプセルホテル。
スパのみ利用でリクライニングチェアで仮眠も可能。
羽田空港近隣の宿泊施設・カプセルイン蒲田に宿泊してみたの編

お風呂の王様・大井町店

2017/4/1~2018/3/31の間、新橋発の品川・大井町経由羽田行きの深夜バスが運行を始めました。
大井町駅前にあるスーパー銭湯で深夜滞在ができますので、そこで早朝まで滞在後、4:05AM大井町発の早朝バスに乗れば、4:30AMごろに羽田空港に到着可能です。
大井町の「おふろの王様」利用後、4:05AM発の早朝バスで羽田空港国際線へ行ってみたの編

羽田空港・深夜早朝バス時刻表へのリンク

2017/04/01~2018/03/31はこちらをどうぞ。
国土交通省のページの「別添(PDF形式:2009KB)」

では、よいご旅行を!


羽田空港に関するお役立ち情報、ラウンジ情報、空弁実食情報、深夜の過ごし方など