「羽田空港・2タミ」カテゴリーアーカイブ

羽田空港第2ターミナル・PCや液体物を取り出さなくても検査できる保安検査場「スマートレーン」が快適だったの編

2022年6月某日
この日やってきたのは、羽田空港第2ターミナル(ANA側)の保安検査場B。
HTKS785QT963R
ANA便に乗って、国内某所に旅に出るためにやってきました。

そういえば・・・。

2年ほど前(2020年)に、羽田空港T2の保安検査場「A」と「B」に「スマートレーン」なるものが導入されていたのを思い出しました。
HTKS785QT967R
検査場入口にある解説動画によると「パソコンやペットボトルの液体物をカバンから取り出さなくても検査可能です」とのこと。
検査にかかる時間を短縮して、検査場の混雑を少しでも緩和しようという取り組みの一環なのだそうな。

たしかに、荷物検査のときに毎回ノートPCやペットボトルを取り出すのは面倒です。
そんなに混雑していなかったので、今回はこの「スマートレーン」を通過してみることにしました。

検査場内は撮影禁止のため・・・。
smartlane
超適当に描いたイメージ図を恥ずかしげもなく公開。

左が従来のX線の検査機で、右がスマートレーンの検査機です。
第2ターミナルのスマートレーンの検査機は、従来のものより大きくて、丸みをおびた形をしています。
検査機は場所を食いますが、そのかわり、荷物の中にPCやペットボトルを入れたままでも検査ができるというスグレモノです。

やはり、ノートPCを取り出さなくてよいのは楽ちんでした。
混んでいなければ、上級会員専用の検査場よりも、こちらのほうが快適です(笑)。
ただ周囲を見回すと、今まで通り律儀にPCを取り出しておられる方もチラホラ・・・。

トレイが自動で流れていくのもスマートな感じです。
ただし上着を脱いだり、ポケット内のスマホや金属類を取り出す必要があるのは従来と同様。
(人間用の検査機は従来と同じなので)

羽田空港第2ターミナル国内線で、このスマートレーンが導入されているのは、検査場AとBのみです(2022年6月現在)。
それ以外の検査場は従来の検査機のままなので、PCを取り出さなければなりません。
上級会員専用の保安検査場も従来の検査機なので、是非スマートレーンにして欲しいところですが、マシーンがデカいのでスペース的にキビシイのかもしれません。

次回からは、特に混雑していなければスマートレーンを通過するようにしたいと思います。

ANA「スマートレーン」のご案内サイト
羽田空港(国内線)A・B検査場のスマートレーンのご案内


羽田空港第2ターミナルで「世界の機内食」を販売していたので実際に購入してみたの編

2022年4月のこと。
この日やってきたのは、羽田空港第2ターミナル(ANA側)の「空弁工房」様。
HNDT2J4TWTT3022R
お客さんが増えてくるにつれて、空弁の品揃えもだんだん回復してまいりました。
新作空弁のリリースが楽しみです。

そんな空弁工房様のお店の傍らに・・・。
HNDT2J4TWTT3020R
冷凍の機内食弁当の販売コーナーが急に出現。
こ、これは・・・。
以前に、羽田空港のオンラインショップで販売していた、コスモ企業様の機内食と同じ品物のようです。

↓の過去記事を参照。
羽田空港のオンラインショップで機内食を購入して自宅で海外旅行気分に浸ってみたの編

コロナ禍で国際線に乗ることができなくなり、機内食を頂くことができなかった2021年。
自宅に居ながらにして国際線のエコノミークラス気分に浸れるということで、ANAや羽田空港のオンラインショップで冷凍機内食が販売され、大ヒットしました。
オンラインショップだと「12食」とか「6食」単位での販売でしたが、ここだと1食単位で購入できるとのこと。
これはお1人様にはアリガタイです。

というわけで、早速ご購入。
HNDT2J4TWTT3047R
新メニュー(?)らしい「コック・オー・ヴァン(鶏肉の赤ワイン煮)」にしてみました。
冷凍ものなので、保温バッグに入れての販売になります。
保冷剤も入って1食980円也。

中身をオープン。
HNDT2J4TWTT3052R
カッチカチに凍っています。
ひとまずは自宅の冷凍庫へ。

「お召し上がり方」の取説を熟読します。
HNDT2J4TWTT3054R
袋の一部をハサミで切り、電子レンジで加熱してくださいとのこと。

相変わらず、自宅に電子レンジがない人なので・・・(おい)。
後日、会社の電子レンジでチンさせて頂き、自宅に持ち帰って頂きます。

というわけで、頂きまーす。
HNDKNF3006R
鶏肉の下にあるのは、ご飯ではなくて、きしめんのようなパスタでした。
お味のほうは・・・美味しい!
鶏肉は柔らかく、ほんのりとワインの香りがして上品なお味。
エコノミーの機内食らしからぬ(失礼)美味しさでした。
ちょっと美味しすぎるのが想定外でしたが、国際線に乗った気分に浸ることができて良かったです。

そしてそして!
vmknsk
2022年6月上旬には、第2ターミナル1階に「世界の機内食自販機」が登場。
これで「空弁工房」様が閉店していても、こちらの自販機で機内食を購入することが可能となりました。

というわけで、飛行機に乗らなくても「機内食」が買えるようになった羽田空港第2ターミナルなのでした。


羽田空港第2ターミナル到着階(1階)に個性的な自販機が増殖中の編

2022年4月某日。
この日やってきたのは、羽田空港第2ターミナル(ANA側)の1階。
HNDT2J4TWTT3005R
1階部分は、国内線の到着エリアになっています。

以前から、2階(出発側)に「全国ご当地自販機」が設置されて、テレビ等で話題になっていますね。
これで味をしめたのか(?)、最近は1階にも珍しい自販機が増えてきましたので、そのご紹介です。

まずは1階の北側の端っこへ。
HNDT2J4TWTT3055R
ここには、知る人ぞ知る24時間営業の「自販機レストラン」コーナーがあります。

その「自販機レストラン」内に・・・。
HNDT2J4TWTT3058R
2022年3月ぐらいから、YO-KAIという自販機が登場。

なんとこちらは、ラーメンを自動調理してくれる自販機。
インスタントではなくて、通常のアツアツのラーメンが作れるのだそうな。

残念ながら、訪問当時はちょうどメンテナンス中で体験することはできず・・・。
テレビ等でも紹介されていたせいか、私以外にもこの自販機を見に来た方?が何名かおられました。
もう少し落ち着いた頃に、また来たいと思います。

***

では引き続き、第2ターミナル1階の中央の吹き抜け付近へ移動。
HNDT2J4TWTT3064R
こちらにも、最近になって見慣れない自販機が2台。

  • 左側:冷凍ラーメン自販機(←勝手に命名)
  • 右側:冷凍レストラングルメ自販機

の2台。
両方とも、冷凍食品の自販機。

まずは右側のレストラングルメ自販機に注目。
HNDT2J4TWTT3067R
品揃えは以下の4種類。

  • うちのめんたい切子込(明太子) 1000円
  • ハングリータイガー ハンバーグセット (110g x 2枚 ソテーオニオン&ハンバーグソース付き) 1500円
  • らるきい監修 ぺぺたま。パスタソース 1人前 980円
  • 博多もつ鍋【あごたし醤油味】1人前 1500円

自宅で名店のお味が楽しめるというコンセプトのようです。
保冷剤も含んでいる(たぶん)ので、お値段はやや高めな印象ですが。

左側の冷凍ラーメン自販機。
HNDT2J4TWTT3068R
こちらは以下の5種類。

  • 一風堂 赤丸新味 1人前 1200円
  • 喜多方ラーメン 1人前 1000円
  • 金猫餃子 21個たれ付き 900円
  • いち豚 ガッツリ豚ラーメン 1人前1000円
  • 地鶏とハマグリ 塩のキラメキ 1人前1000円

唯一の餃子メニューの「金猫餃子」は、東京都大田区の大森駅前にある餃子の名店とのこと。
ラーメンは、一体どんな感じでパッケージングされているのか気になります。
いつか購入して試してみたいと思います。

冷凍食品自販機の近くの出入口付近にも、新型自販機があり。
HNDT2J4TWTT3041R
「おはなの自販機、はじめました」
とのこと。
「冷やし中華はじめました」的な。

品揃えを覗いてみると・・・。
HNDT2J4TWTT3011R
生のお花ではなくて、造花の自販機のようでした。
綺麗なお花がコンパクトにまとまっていて美しいです。
いろいろ考えますねえ。

というわけで、羽田空港第2ターミナル1階の個性派自販機たちのご紹介でした。
自販機マニヤの方は是非どうぞ。
果たして、再びブレイクすることになるのか、要注目です。




羽田空港のカレーその9 GGG Cafe・ほうれん草と豆のキーマカレープレート

2022年3月上旬
この日やってきたのは羽田空港第2ターミナル。
HDDHICMFR23W005R
冬休みと春休みの狭間ということで、人はやや少な目な印象でした。
こういう閑散期は、空弁の種類も少ないので、この日のお食事はカレーを頂くことに。

で、今回ご紹介する羽田空港のカレーは、上の写真の左側の一段上になっているエリアにあるお店から。

「GGG Cafe」というお店。
HDDHICMFR23W019R
2017年12月にオープンした、新鮮な野菜を使ったサラダプレートのお店です。
ここに「ほうれん草と豆のキーマカレープレート(1300円)」なるカレーメニューを発見。

早速注文してみました。
HDDHICMFR23W010R
キーマカレーは、思ったよりもしっかりとピリ辛くて美味。
ご飯と野菜が進みます。
見ての通り、カレーはサイドメニュー的な存在で、メインはたっぷり野菜のサラダです。

テーブルには塩・胡椒・オイルがあり。
HDDHICMFR23W012R
まずはこれらと一緒にサラダを頂くと、お野菜本来の甘みと旨味が感じられます。
相変わらず新鮮な野菜で美味しゅうございました。

カウンター席にはコンセントもあり。
HDDHICMFR23W018R
スマホやPCを充電できて便利でした。

というわけで、羽田空港第2ターミナル3階の「GGG Cafe」のカレーのご紹介でした。
カレーも食べたいけど、野菜もたっぷりと食べたいという方にオススメのお店です。




いつの間にやら羽田空港第2ターミナルにもストリートピアノが設置されていたの編

2022/02/14
そういえば、今年の1月に羽田空港第2ターミナルをウロウロしていた時のこと。
HNDTWTTGS6Z083R
♪♪~♪~~

ん?
吹き抜けの下の方から、なにやらピアノの音が聞こえてきました。
このあたりにピアノなんかあったっけ?

中央の吹き抜けの下のほうを覗いてみると・・・。
HNDTWTTGS6Z087R
ななんと。
T2地下1階の「メルセデス・ミー」のドーナツ屋さんの近くに、自由に演奏できるストリートピアノが設置されていました。
いつの間に・・・。

早速、ピアノの近くに駆け寄ってみます。
HNDTWTTGS6Z089R
結構新しい感じ?に見える立派なグランドピアノでした。
最近、ストリートピアノが流行ってますよねえ。
駅や街角などでよく見かけます。
こちらのピアノの演奏時間は、9:00~19:00で「連弾や他の楽器、歌との合同演奏はお控えください」とのこと。

ただし・・・。
HNDTWTTGS6Z094R
結構人通りが多い場所なので、演奏するには勇気が要りそうです。
京急やモノレールの改札口から、2階の出発ロビーに上がる、人が多いエスカレータの近くにあります。
きっとそのうち、有名な方がお弾きになって人気の場所になることでしょう。

***

ちなみに、羽田空港にはもう1台ストリートピアノがあります。
HNDT1TKT268R
こちらは、第1ターミナル5階の「THE HANEDA HOUSE」エリア内にあるストリートピアノ。
結構前から設置されています。
第2ターミナルのものよりは人が少ないエリアにあるので、こちらのほうが気軽に弾けそうな感じでした。
こちらの演奏時間は15:00~18:00と短く、音量も抑え目な感じでした。
ご興味のある方は是非どうぞ。




羽田空港第2ターミナルにて話題の「鬼滅じぇっと 壱」を目撃の編

2022/02/05
この日やってきたのは、羽田空港第2ターミナルの展望デッキ。
HNDFBTWTTU3002R
少し雲はあるものの、よいお天気でした。
そんな中、いつもより人が多めの展望デッキです。

皆さまの目的は、こちらの「鬼滅じぇっと 壱」。
HNDFBTWTTU3006R
かの大人気アニメ「鬼滅の刃」とANAがコラボした特別塗装機です。
機材はボーイング767-300ER (JA616A)。

機体の窓付近には・・・。
HNDFBTWTTU4004R
「鬼滅」のキャラクターたちが描かれています。
私は「鬼滅の刃」は、主人公が薬を売りに行ったところまでしが読んでいない(つまり最初の数ページのみ)ので、よく分かりませんが。
大きなカメラを携えたマニアな方のみならず、普通に鬼滅ファンと思われる方々の姿も多く見受けられました。
大人気ですねえ。

というわけで・・・。
HNDFBTWTTU3035R
閑散期に入って旅客数が減っても「鬼滅じぇっと」で賑わう羽田空港第2ターミナルなのでした。




羽田空港のアイスその4 羽田空港最高級?「Made in ピエール・エルメ」の高級ソフトクリーム@T2

2021/09/19
羽田空港で頂けるソフトクリームをご紹介するシリーズ第4弾。
今回は、羽田空港第2ターミナル3階の中央エスカレータ付近のお土産物エリア「FOOD PLAZA」にやってきました。
HNDTWTOSTW3021R
以前は、キハチのソフトクリーム屋さんだったエリアが、知らない間に改装されて、新しいお店になっていました。
ピエール・エルメ」というフランス・パリのお店とのこと。
マカロンでとても有名なお店で、日本でも10店舗以上展開しているのだそうな。

羽田空港のお店では、マカロンだけではなく・・・。
macmenu
4種類のソフトクリームも販売。
(やや狭いですが)店内のカウンター席で頂くことができますし、テイクアウトも可能です。
それにしても、825円(テイクアウトなら810円)とは・・・。
2021年10月現在、羽田空港で入手できる一番お高いソフトクリームと思われます(本ブログ調べ)。
でも、新しいお店が出来たからには試してみなければ。

というわけで、まずはシンプルに「バニラ」を選択。
HNDTWTOSTW3027R
高級感のある木材に乗せられて出てきました(高級感のない表現で失礼)。
結構ボリュウムがあります。
たっぷりのソフトクリームはかなり濃厚で上品な甘さ。
これはかなりのヒット!
薄いチョコはややビターな味わいで、よいアクセントになっていました。

さらに半分にカットされたマカロンが、いくつかトッピングされており・・・。
HNDTWTOSTW3030R
これも後味が残らない上品な甘さ。
サクサクした食感なのが、口の中でサッと溶けてなくなります。
思わず、その場でマカロンを買って帰りたくなりました・・・。

そして後日。
HNDTWTONVX096R
バニラがヒットしたので、チョコレート味も試してみました。
ベルギーチョコレートのような濃厚で上品な味わい。
このチョコレート味もまた素晴らしかったです。
他の2種類も後日試してみたいと思います。

というわけで、ややお高いですが、お値段に見合った満足感が味わえる(と思う)ピエール・エルメの高級ソフトクリームでした。
羽田空港第2ターミナルでアイスを食べたくなった際には、是非どうぞ。




2021年9月の羽田空港第2ターミナルいろいろ

2021/09/19
涼しくなってきた今日この頃。
HNDTWTOSTW3005R
台風一過で素晴らしい晴天に恵まれた羽田空港第2ターミナル(ANA側)にやってきました。
絶好の行楽日和ということで、展望デッキにはファミリーがたくさん。

空気が澄んでいるので・・・。
HNDTWTOSTW3012R
はるか対岸の木更津の煙突までクッキリと見えました。
気温も23℃前後で、非常に快適な気候です。

この日の東京湾の海の色は・・・。
HNDTWTOSTW3020R
濃いブルーに染まってキレイでした。
いつもはこんなに鮮やかな色ではなかったような。
今日は皆さんいい写真が撮れそうです。

第2ターミナルの出発階2Fへ。
HNDTWTOSTW3063R
東京オリパラと夏休みが終わって、やや落着いた雰囲気。
でもシルバーウィークが始まるため、若干お客さんは多めな印象。

ターミナル2の国際線施設は・・・。
HNDTWTOSTW3053R
依然としてシャッターが下りたままです。
ここが運用再開するのは果たしていつになることやら。
シャッターの手前には、半年ぐらい前から金色のラッパのようなオブジェが展示されています。

出発ロビー中央の吹き抜け付近。
HNDTWTOSTW3033R
黄色いポケモン自販機(ポケモンスタンド)が、この場所(2F中央)に戻ってきていました。
ここでイベントが行われるときは、1階のANA FESTA前など、別の場所に移動するという流浪の自販機。

地下1階へ。
HNDTWTOSTW3043R
一見、なんの変哲もないように見えるこちらのANA FESTA。

実は、左半分の区画が「無人決済店舗(ANA FESTA GO)」に改装されました。
HNDTWTOSTW3044R
羽田空港初の無人決済店舗のANA FESTAということで、テレビのニュースでも取り上げられていました。
ただし、右半分の区画には有人店舗が残っていますので、完全に無人というわけではありません。

出入口にはこんなようなゲートがあり。
HNDTWTOSTW3046R
中に入って品物をレジに持っていくと、天井についているセンサーが自動的に品物を認識して、お会計するというシステム。
ただし、商品の種類は限られていて、キチンと梱包されたお菓子などのお土産系が多かったです。
日本各地のご当地ラーメンなど、魅力的なナマ物系の商品は有人店舗側で販売。
今のところ、画像認識しやすい商品に限られている感じです。

こちらが出口のゲート。
HNDTWTOSTW3045R
タッチパネルを自分で操作してお会計するようです。
何も買わなかった場合は、タッチパネルで「何も買わない」(だったかな)を選択するとゲートが開いて外に出られます。
どんどん少人力化が進んでいきますねえ。

最後に、第2ターミナル北側の旧VIPスポット付近の様子を観察。
HNDTWTOSTW3069R
V1/V2スポット付近にあった貴賓室は、跡形もなく取り壊されました。
新しいVIPスポット(VA/VB)は、遠いところにあるので見えません。

旧貴賓室の跡地は・・・。
HNDTWTOSTW3070R
周囲に囲いが出来たままになっていて、なにやら工事中。
奥に見える建物が、第2ターミナルのサテライトです。
今は離れ小島になっていてバス移動が必要ですが、将来的には第2ターミナル本館側と通路でつながることになるとの噂。
東京オリパラが終わっても変化し続ける羽田空港なのでした。




羽田空港第2ターミナル「北海道自販機(LET’S FEEL HOKKAIDO)」登場の編

2021/05/05
こちらは、羽田空港第2ターミナル出発ロビー。
HNDTWTOT2MT020R
この日はGW最終日ということでしたが、そんなにお客さんは多くない印象です。

空弁の聖地「空弁工房」様の様子。
HNDTWTOT2MT035R
コロナ前によく見かけた「ブルーインパルス弁当」が復活していてうれしかったです。
GW期間中だけだと思われますが。

では本題へ。

久しぶりに、T2の「日本全国ご当地自販機天国」(←勝手に命名)を激しくチェックします。
HNDTWTOT2MT034R
最近よくテレビ番組やネットニュースで取り上げられていますね。

そこに今回、新機種(?)を発見いたしました!
HNDTWTOT2MT023R
「LET’S FEEL HOKKAIDO」
北海道のご当地自販機が新たに仲間入りしたようです。

ここは、以前は「たこ焼き」や「焼きおにぎり」を販売していたニチレイののホットスナック自販機があった場所。
あの、昔ながらのニチレイの自販機が引退してしまったのは名残り惜しいところではありますが、その空きスペースに「北海道」が進出してきた形になります。

では商品ラインナップを見ていきましょう。
HNDTWTOT2MT027R
まずは上段の6品。

  1. 北海道の深煎り珈琲 870円
  2. タイガーカレーのチキンスープカレー 820円
  3. 北海道の深煎りコーヒードリップタイプ 1190円
  4. EZO COFFEE 760円
  5. 札幌スープカリー木多郎ハンバーグ 720円
  6. EZO COFFE ドリップタイプ 1080円

コーヒーとカレーが多いですね。
それでいて、結構強気な価格設定です(笑)。

続いて、下段の9品。
HNDTWTOT2MT029R
こちらもカレーが多いです。

  1. 白いカレー 440円
  2. 骨付きチキンのスープカレー 870円
  3. 帯広豚丼 600円
  4. 北海道名産たらばがにカレー 650円
  5. 北海道味噌スープカレー 870円
  6. 海祭り大量カレー 650円
  7. 地元で人気 小樽キーマカレー 440円
  8. 北海道のカスタードプリン 300円

9と14 以外はすべてカレーでした。
スープカレーの他に、海鮮具材を使ったカレーがあるのが、北海道らしいところです。

今回、北海道自販機が加入したことにより・・・

の9台体制になった、羽田空港第2ターミナル出発ロビー「日本全国ご当地自販機天国(勝手に命名)」の最新情報でした。
カレーをメインに販売している「岡山県総社市自販機」に、強力なライバル出現です(笑)
第2ターミナルから出発の際にはぜひどうぞ。




羽田空港第2ターミナルB1F の Mercedes Me に「Minatoya Lounge」オープンの編

2021/05/05
この日、お昼ご飯を頂きにやってきたのは、羽田空港第2ターミナル(ANA側)。
HNDTWTOT2MT020R
朝の混雑時の後ということもあってか、出発ロビーはそれほど混雑しておらず。

で、今回の注目ポイントは・・・。
HNDTWTOT2MT049R
B1Fの中央にある Mercedes Me (メルセデス・ミー) というエリア。
メルセデスのお高い車が展示されており、飲食店が2店舗あります。
そのお店の一つであるエッグタルトの名店「エッグセレント・バイツ」が、2021/03末に閉店してしまったのは、以前にお伝えした通り。
それ以来、しばらくの間リニューアル工事が行われていました。

で今回、その跡地に、新しいお店が出来ていました!
HNDTWTOT2MT059R
「Minayoya Lounge (港屋ラウンジ)」とのこと。
ななんと、かつて虎ノ門にあった肉そばの名店「港屋」とのことで、2021/04/27にオープンしたばかりとのこと。
虎ノ門のお店は2019年2月に閉店してしまったものの、大手町の「港屋2」、六本木の「港屋3」に次ぐ、延べ4店目の店舗になのだそうな。

メニューを確認。
HNDTWTOT2MO002R
看板メニューは、

  • 冷たい肉そば
  • 温かい肉そば

で、さらに、

  • 金太郎メンチカツカレー
  • 金太郎メンチカツ
  • からあげ

もありました。
今(2021年5月)は休止中でしたが、ビールやハイボール等のお酒類も販売予定とのこと。

店内の様子。
HNDTWTOT2MT056R
黒を基調としたデザインで、まさにラウンジのような落ち着いた雰囲気になっています。
お蕎麦屋さんとは思えない、オシャレな感じです。

中央のカウンター席は、先代の「エッグセレント・バイツ」で使われていたものを黒色に塗り替えた感じで、コンセントが使えます。
外に面していたカウンター席はなくなって、テーブル席に変わっていました。

店内の片隅には・・・。
HNDTWTOT2MT060R
メルセデス・ミーな展示物があり。
格調高い感じです。

お水はセルフサービスです。
HNDTWTOT2MT061R
先にオーダーして番号札を受け取り、お料理の到着を待つシステム。

そして冷たい肉そば 950円 到着。
HNDTWTOT2MT004R
刻み海苔、ゴマ、ネギがたっぷりです。
濃厚なつゆにラー油が入っているのが特徴。

それでは・・・。
HNDTWTOT2MT009R
底のほうから、お蕎麦をほじくり出します。
ゴマがたっぷりで美味しそう。

では、おつゆにつけて頂きます。
HNDTWTOT2MT011R
うまっ!
濃厚な甘辛いおつゆとお蕎麦の相性が抜群です。
お肉もたっぷりで食べ応えあり。
味濃いめなので、お酒のお供にも良さそうです。

半熟たまごも付属。
HNDTWTOT2MT001R
おつゆにぶっこむと、マイルドな感じに変化します。
途中から投入すると、2種類のお味が楽しめます。

というわけで、羽田空港第2ターミナルの地下「メルセデス・ミー」に新規オープンした「Minatoya Lounge」のご紹介でした。
次回はカレーも頂きに来たいと思います。
「港屋」に思い入れのある方は是非どうぞ。