「羽田空港・2タミ」カテゴリーアーカイブ

羽田空港第2ターミナル3F・元祖寿司リニューアルオープンの編

2019/08/04
こちらは羽田空港第2ターミナル。
HND2019AUGA029R
夏休み期間中ということで、ファミリーで賑わっていました。
「東京オリンピックまであと1年」の横断幕が掲げられています。

そんな中・・・。
HND2019AUGA037R
最近工事中だった、3F UPEER DECK TOKYOの回転寿司屋「元祖寿司」様のリニューアルが完了。
店内の基本的なレイアウトは変わらないものの、店内のデザインが変わって新しくなりました。

久しぶりに実食。
HND2019AUGA033R
次々と美味しそうなお寿司が流れてきます。
新しく棚ができて、ややオーダーしにくくなったかも。

サーモン3種、えんがわ等をゲット。
HND2019AUGA034R
サーモンが美味しい・・・。
羽田空港の出発前エリアにある回転寿司は、ここと国際線の「ありそ鮨」の2か所。
「元祖寿司」は、お値段が比較的リーズナブルなのがイイですね。

というわけで・・・。
HND2019AUGA039R
第2ターミナル3F UPPER DECK TOKYOのお店は、6店舗体制に復帰。
2020年に向けての拡張工事で、今後どのように変わっていくのか楽しみです。


羽田空港第2ターミナルに「秋田犬」自販機登場の編

2019/07/26
こちらは、羽田空港第2ターミナル出発階2Fの搭乗口AとBの間付近。
HND2019JUNV163R
日本全国のご当地自販機が勢ぞろいしているコーナーがあります。
離れた場所にあった「福岡名産」自販機も、こちらに合流した模様。

今回、新たに発見したのは、こちら。
HND2019JUNV002R
「秋田犬」自販機です。
今度は「秋田県」が進出してきましたかー。

もちろん、自販機で秋田犬そのものが買えるわけではなく。
HND2019JUNV005R
秋田犬のグッズ類やお菓子などの自販機となっています。

  • バンダナ CHUKEN AKITA 2000円
  • 缶バッジ2個セット AKITA FUJI 860円
  • バンダナ AKITA FUJI 2000円
  • ランチトートバッグ白 1910円
  • 秋田犬ぬいぐるみ 1500円
  • ランチトートバッグ黒 1900円
  • モフモフブレンド 5パック入り 1260円
  • 秋田犬ぬいぐるみ(バンダナ)1500円
  • AKITA RUSK ハチパッケージ2個セット 720円

下段のラインナップ。
HND2019JUNV006R
下段は食べものが多めです。

  • もふどら(粒あん) 300円
  • 秋田犬ぬいぐるみ(バンダナ) 1500円
  • もふどら(マーガリン+粒あん)300円
  • ハチ公ラーメン 290円
  • 秋田犬あられんこ 700円
  • 秋田犬ポストカード10枚入り 1460円

「もふどら」が気になりますねえ(買わなかったけど)。

自販機の取り出し口付近には・・・。
HND2019JUNV003R
「この商品の売り上げの一部は、秋田犬の保存・保護のために寄付されます」との表示がありました。
秋田犬ファンな方は是非どうぞ。

ちなみにこのご当地自販機コーナーには・・・。
HND2019JUNV163R
2019/07現在「インスタントラーメン自販機」を含む、全部で8台のご当地自販機が稼働中。
だんだん盛り上がって参りました。


羽田空港にトランプ大統領のエアフォースワン到着の編2019/05

2019/05/25
本日の羽田空港は・・・。
HND2019MAYV091R
トランプ大統領が初めて羽田に降り立つということで、ターミナル内のごみ箱をことごとく封印中。
その代わりに、ゴミを回収するスタッフさんが巡回していました。
その様子をカメラに収めるマスコミ様や、いつもより多めの警視庁の皆様などで緊張した雰囲気です。

国際線のごみ箱も・・・。
HND2019MAYV218R
密封されていて、かつゴミ箱が反対側を向いています。
第1/第2ターミナルとは密封の仕方が異なるところに独自性(?)を感じます。

コインロッカーも閉鎖。
HND2019MAYV222R
一連の特別警戒は、5/28(火)のトランプ大統領帰国まで続くとのこと。

そして、この日の15:10より・・・。
HND2019MAYV230R
第2ターミナル展望デッキが閉鎖されました。
2010年にオバマ大統領がAPECで来たときと同様な措置です。
羽田空港・APEC特別警戒編

そのため、ガラス越しにC滑走路が見える第2ターミナル5Fの「FLIGHT DECK TOKYO」は満員御礼。
HND2019MAYV224R
エアフォース・ワンを見たい人に残された最後のフロンティアとなっていました。
航空ファンのみならず、そうでない感じの皆様も沢山集まっていました。
その様子を取材する、マス・コミュニケーションの皆様も多数。

そして16:55ごろ。
HND2019MAYV267R
「見えたよ!」
「え!?どこどこどこ??」

俄然、盛り上がって参りました。

やがて、トランプ大統領搭乗のエアフォース・ワンを視認。
HND2019MAYV279R
D滑走路(RWY23)への着陸のため、かなり遠目でした。
お天気が良かったおかげで、しっかりと肉眼でも見ることができました。

「お~見えたー」
「カッコイイ!」
「生きててよかった!」

あちらこちらから色々な歓声が上がります。

16:58ごろ。
HND2019MAYV287R
D滑走路に着陸。
長旅ご苦労様でした。

D滑走路着陸から、第2ターミナルの前に姿を現すまでの間・・・。
HND2019MAYV290R
ギャラリーの興奮は最高潮に達します。
はやく来ないかな~。

17:05ごろ。
HND2019MAYV310R
第2ターミナル前の誘導路を通過。
今回のエアフォース・ワンの機材は、VC-25A (92-9000)でした。
久しぶりに見る大統領専用機に興奮↑↑↑
カシャシャシャシャシャ!!!
おびただしい数のシャッター音が鳴り響きます。

皆さん、手を上に上げて写真を撮りまくるため・・・。
HND2019MAYV317R
真横からの写真は撮影することができず。
でもまあ、それなりに取れ高を得たのでよしとしよう。

エアフォース・ワンを生で見るのはこれで2回目ですが、あのアメリカ大統領様が実際に乗っているとなると、やはり興奮してしまいます。

第2ターミナルからはVIPスポットは見えないので・・・。
HND2019MAYV018R
Abema TVでトランプ大統領の登場の様子を見ていたら、後ろから警視庁の方も一緒に見てました(笑)。

トランプ大統領が黒塗りの車で羽田空港を去った直後。
HND2019MAYV047R
随伴機のC-32A(90015)もご到着。
このとき、展望デッキの入場規制が解除され、皆さま外へとなだれ込みます。

というわけで・・・。
HND2019MAYV065R
久しぶりの羽田空港に飛来したエアフォース・ワンの到着レポートでした。
トランプ大統領来日に伴う一連の特別警備は2019/5/28(火)まで。




羽田空港第2ターミナルに「ブルボン・キズナアイ自販機」出現の編

2019/04/27
こちらは羽田空港第2ターミナル出発ロビーの「出発口D」付近。
HND2019APLJ029R
出発ロビーの壁際に、第2ターミナル名物の「変わり種自販機コーナー(←勝手に命名)」があります。

今回新たに登場したのがこちらの「ブルボン・キズナアイ自販機」
HND2019APLJ034R
「キズナアイ」とは、日本のバーチャルYouTuberとのこと。
この分野にはあまり詳しくありませんが。

その「キズナアイ」とお菓子メーカーのブルボンがコラボした自販機のようです。
空きスペースが少なくなってきたせいか、他の自販機よりも横幅がスリムでした。

商品ラインナップを見てみると・・・。
HND2019APLJ039R
メイン商品は、ブルボンのチーズおかきです。

  • ミニチーズおかき「なめらかチーズクリーム」130円
  • ミニチーズおかき「カマンベールチーズ」130円

の2種類を販売。
見た感じ、「キズナアイ」がプリントされているわけでもない通常商品のようです。

下段に注目。
HND2019APLJ038R
下2段にてキズナアイのスマホケース(3800円)を販売していました。
2種類あります。
自販機に「3800円」もの大金を投入する勇気はないですが・・・。

取り出し口にもキズナアイ様が描かれています。
HND2019APLJ033R
「ブルボン・チーズおかき」35周年を記念した自販機なんですね。
なぜ故に羽田空港に設置しようと思ったのかは不明ですが。

ちなみに、第2ターミナル「出発口D」付近は・・・。
HND2019APLJ032R
これで合計5種類の変わり種自販機が揃いました(笑)。
そのうち、マスコミやウェブメディアなどでも話題になることでしょう。
ちなみに、「岡山県総社市自販機」などがあるご当地自販機コーナーは「出発口A」と「出発口B」の間の、別の場所にあります。
ご興味のある方は是非どうぞ。




羽田空港第2ターミナルでPCやスマホを充電できる場所まとめ

2019/01/25
羽田空港第2ターミナル(ANA側)で充電ができる場所について、まとめてみました。
地下1階に充電できるお店が多いです。

国際線ターミナルはこちら。
羽田空港国際線でPCやスマホを充電できる場所まとめ

第1ターミナル(JAL側)はこちら。
羽田空港第1ターミナルでPCやスマホを充電できる場所まとめ

第2ターミナル出発前エリアの充電ポイント

充電デスクたち(出発前エリア・B1F/1F/2F各所)

誰でも自由に使える、みんなのパソコンデスク。
HND2019CHG011R
数はあまり多くないですが、B1F/1F/2Fの壁際に地味に設置されています。

デスクの上にはこんな感じで・・・。
HND2019CHG012R
ACコンセントとUSB-Aポートがあり充電が可能。
地下1階のデスクが穴場です。

eggcellent BITES (出発前エリア・B1F)

第2ターミナルの地下1階中央にあるメルセデス・ベンツのショールームの一角に。
HND2019CHG013R
絶品エッグタルトが名物のカフェ「eggcellent BITES エッグセレント・バイツ」があります。

このお店のカウンター席には・・・。
HND2019CHH013R
外向けのカウンター席と、中央のカウンター席にACコンセントがあります。
ショールームのメルセデスベンツを眺めながら充電できます。

Krispy Kreme Doughnuts(出発前エリア・B1F)

同じく地下1Fの「メルセデス・ミー」エリア内の「Krispy Kreme Doughnuts」。
HND2019CHG015R
かつて一世を風靡したドーナツ屋さんです。
ここ羽田空港のお店は元気に営業中。

店内のカウンター席の足元に・・・。
KKD_charge
席数は少ないものの電源コンセントがあります。
存在に気付いていない人も多い印象。

マクドナルド(出発前エリア・B1F)

第2ターミナル地下のモノレール改札付近にあるマクドナルド。
HND2019CHG010R
いつも多くのお客さんで賑わっています。

カウンター席に充電できるUSB-Aポートがあり。
HND2019CHG016R
コンセントはなくて、USBのみという珍しいパターンです。
ただし羽田空港の無料Wi-Fi(Haneda Free Wi-Fi)の電波がやや弱いのが難点。

BECK’S(出発前エリア・B1F)

地下1階のモノレール改札の近くにあるカフェ。
HND2019CHG007R
羽田空港のみならず、JRの主要駅でよく見かけますね。
ホカホカのサンドイッチ類が地味に美味しいです。

小さな店内のカウンター席に・・・。
HND2019CHG008R
電源コンセントがあります。
禁煙スペースに7席ありますが、ややたばこ臭いです。

特筆すべき点は、喫煙スペース内のカウンター席にもコンセントが完備されている点。
羽田空港の出発前エリア内では、ここだけかもです。
喫煙者の方にとって、重要な充電カフェとなっています。

カフェ地球星(出発前エリア・B2F)

地下2階の京急の改札付近にあるカフェ「地球星」
HND2019CHG005R
2017/10/22にオープンしたばかりの新しいお店です。

このお店のカウンター席にも・・・。
cafe-t2b2
電源コンセントがあり。
結構穴場です。

GGG Cafe (出発前エリア・3F)

こちらは、出発ロビー2Fの1つ上の階にある「GGG Cafe」
HND2019CHG001R
かつて「West Park Cafe」だった区画に、2017/12にオープンした新しいお店です。

ここのカウンター席にも・・・。
HND2019CHG002R
充電コンセントがあり。
美味しいお野菜を頂きながら充電ができます。

第2ターミナル・保安エリアの充電ポイント

充電ポールたち

第2ターミナル・保安エリア内のベンチには・・・。
HND2010DECK121R
充電できる白いポールが潤沢にあります。
ラウンジやお店に入らなくても、そこかしこで充電が可能。

ちなみにこの充電ポールは・・・。
HND2010DECK097R
以前は国際線ターミナルのみにありましたが、最近になって国内線側にも増殖しはじめました。
アリガタイですねえ。

充電デスクたち

以前からあるデスクにも充電コンセントがあります。
HND2010DECK126R
数は少ないですが、パソコンを広げたい方はこちらもどうぞ。

Power Lounge North

こちらは、第2ターミナル保安エリアの「Power Lounge North」
HND2010DECK154R
航空会社の上級会員でなくても、誰でも利用できる有料(大人1名 1080円)のラウンジです。
特定のクレジットカードを持っている人は無料で利用可能。
保安検査場を抜けて、左に進んだ先にあるバームクーヘン屋のエスカレータを上った所にあります。

こちらは2017年にリニューアルオープンしたばかりのラウンジですので・・・。
HND2010DECK164R
あちらこちらにコンセントとUSB-A端子があります。
さすが「Power」ラウンジ。
広々とした空間でのんびりと出発までの時間を過ごすことができます。

***

第1ターミナルの充電場所はこちら
羽田空港第1ターミナルでPCやスマホを充電できる場所まとめ

国際線ターミナルの充電場所はこちら
羽田空港国際線でPCやスマホを充電できる場所まとめ




羽田空港第2ターミナル3Fに自由が丘バーガーとミセス・イスタンブールが復活して新店舗登場の編

2018/12/29
こちらは平成最後の帰省ラッシュで混雑中の羽田空港第2ターミナル(ANA側)。
HND2018DECQ046R
ANA様ご自慢の自動荷物預け機にも、長蛇の列が出来ていました。
年の瀬感が漂っています。

羽田を出発する国内線の便は殆んどが満席。
HND2018DECQ071R
日本海側~北日本方面は、大雪や強風のために一部遅延・欠航している便もありました。
詳しくは各航空会社のウェブサイトをご確認くださいませ。

そんな第2ターミナルの3Fのフードコート「UPPER DECK TOKYO」では・・・。
HND2018DECQ052R
今まで改装中だった「ミセス・イスタンブール」の区画が新装オープン。
開店祝いの花輪が並んでいました。

トルコ料理の「ミセス・イスタンブール」は装いも新しく新装開店。
HND2018DECQ063R
お馴染みのケバブサンドの他、「ピラフプレート」などもあり、メニューもリニューアルされた印象です。
年末年始の書き入れ時に間に合って良かったですねえ。

そして、なんと同じ区画に「自由が丘バーガー」が復活。
HND2018DECQ065R
第2ターミナル拡張工事で場所を追われた「自由が丘バーガー」が「ミセス・イスタンブール」の店舗の一角を間借りしているような感じです。

そしてさらに・・・。
HND2018DECQ048R
ミセス・イスタンブールのお隣の区画に「Healthy TOKYO」なる新店舗が登場。
今までイタリアンのお店「Cafe cocco」だった区画です。

「Healthy Tokyo」は、100%植物由来の健康メニューを提供するお店とのこと。
ベジタリアンやヴィーガン(より厳格な菜食主義)な方に対応。

朝の時間はモーニングメニューもあり。
HND2018DECQ053R
サンドイッチとコーヒーのセットで1000円とのこと。
ちとお高いですが。

店員さんは、皆さん欧米の方ですが、日本語が堪能でいらっしゃいます。
タマゴサンドのタマゴは、実は豆腐で出来てるんですよ~、など丁寧に説明をしていただきました。

コーヒーに入れるミルクも・・・・。
HND2018DECQ056R
豆乳(Soy Milk)でした。

タマゴサンドとコーヒーの朝セット(1000円)を購入。
HND2018DECQ059R
タマゴサンドは、トルコ風な(?)香りがしました。
コーヒーも香り高くて美味しゅうございました。

回転寿司屋よりも奥の区画は・・・。
HND2018DECQ061R
拡張工事のため、閉店状態となっています。
韓国料理屋さん、中華料理屋さん、ベトナム料理屋さんも、数カ月前に閉店してしまい、今は工事の囲いに覆われています。
テーブルや椅子は自由に利用可能です。

というわけで、12月のリニューアル工事が一通り終わり・・・。
HND2018DECQ068R
6店舗体制(ミセスイスタンブールと自由が丘バーガーは同居)となった第2ターミナル3Fの「UPPER DECK TOKYO」でした。
第2ターミナルから出発前のお食事にどうぞ。




羽田空港第2ターミナル・サテライトチャレンジ第2回は未遂に終わるの編

2018/12/19
先週のとある夜のこと。

ANAの羽田発大分行きの航空券をネットで予約。
oita
うわあ5万円越えか・・・。
支払いはまだやめておこう。

羽田空港第2ターミナル北側に新しくできたピカピカの搭乗棟「サテライト」に行くだけのために、ANA国内線に乗ってみる「2タミ・サテライトチャレンジ」。
「第2ターミナルの46~48番搭乗口を出発するお客さんしか入れない」という非常に難易度の高い競技(?)です。

前回(第1回)は、羽田行き小松行きNH751便の航空券を購入して挑みました。
しかし、勝利を目前にしながら「小松行きNH751便の搭乗口変更」という不測の事態に襲われ、敗北に終わったのでした・・・。
羽田空港第2ターミナルの「サテライト」に行ってみたくて小松行きNH751便に乗ってみた結果

しかし、まだ諦めたわけではありません!
(↑無駄なことに燃えるタイプ)。

あの「小松の悲劇」後も、サテライト(46~48番搭乗口)の使用状況をしつこく解析し続けておりました。

2018/12/17までのデータでは「定刻8:05 羽田発 大分行きNH791便」がサテライトにアサインされていることが多く、かなり手堅い印象。

そこで冒頭のように、今度は「12/23(日) 8:05 羽田発 大分行きNH791便」の予約だけしてみたのでした。
まだお金は払っていないので、キャンセル可能な状況です。
いつもながら、大分には特に用はないのだけれど・・・。

しかしながら。

2018/12/18のサテライト使用状況は以下の通り。
1218
あれ?
今まで手堅かった「大分行きNH791便」が脱落している?

翌2018/12/19も「岩国行き」や「鹿児島行き」などの新参者が台頭してきました。
うーむ、規則性が崩れてきたか・・・。

脳内作戦会議の結果、このまま「大分行きNH791便」に乗っても、サテライトにアサインされる可能性は低いだろうということで、予約はキャンセルすることに。
「第2回サテライトチャレンジ」は「未遂」に終わったのでした。

なかなか難しいですね。
こりゃもう諦めるしかないかな・・・。

諦める?
諦めたらそこで試合終了ですよ。
(¬_¬)(←安西先生?)

というわけで(?)「第3回サテライトチャレンジ」へと続く。




羽田空港のりんご自販機で期間限定「柿スイーツ」を売っていたの編

2018/12/15
こちらは羽田空港第2ターミナル(ANA側)2F出発ロビー。
HND2018DECC016R
出発口CとDの間ぐらいに「りんご自販機」と「インスタントラーメン自販機」が設置されています。

「りんご自販機」の一番下の段に・・・。
kaki-sweet
りんご自販機なのに「柿スイーツ(400円)」なるものを発見!
期間限定販売のようです。
むむむぅ~。

そういえば、秋の期間限定で「和梨」を売っていた記憶があり。
「冬は柿」ということなのでしょう。

早速購入。
HND2018DECC038R
種が入っているかもしれないから気を付けてね、とのことですが、幸運にも種は入っていませんでしら。

袋を開封すると・・・。
HND2018DECC045R
2切れずつ入った小袋が5袋入っています。
合計10切れ入り。
複数人で分け合って頂けます。

では、いただきまーす。
HND2018DECC046R
おおっ!
みずみずしくて、甘くて美味しい。
りんごと同様に、しっかりと鮮度をキープしています。
皮が剥かれてカットされていて、そのままスナック菓子感覚でつまめるのがイイですね。

この冬季限定「柿スイーツ」、第1ターミナル2F出発階の「りんご自販機」でも売っていました。
気になる方は、羽田空港国内線からのご出発時に是非探してみてくださいませ。




羽田空港第2ターミナル・出発階2Fにスーツケースの整理に便利な「パッキングエリア」出現の編

2018/12/01
こちらは羽田空港第2ターミナル(ANA側)の出発ロビー。
HND2019NOVG060R
「5番」の時計台付近に、新しい設備を発見いたしました。

それがコレ。
HND2019NOVG116R
パッキングエリアー♪(ドラえもん風に)。

かなり堅牢な金属の台で、お隣との仕切り板もあります。
HND2019NOVG095R
この上でスーツケースを広げてゴソゴソできるという、地味に便利なスグレモノです。
地べたに広げると腰が痛いのよ~、という方には朗報。

早速、ご利用になっているお客さんがいました。
HND2019NOVG061R
なかなかご好評の様子(推測)。

搭乗前のカウンターで、荷物を預ける直前になって・・・

「しまった!モバイルバッテリーをスーツケースに入れたままだった!」

とか、

「上着が邪魔だからスーツケースに仕舞いたい!」

みたいな感じで、無性にスーツケースをゴソゴソしたくなる時がありますよね。

そんな時に、地べたにスーツケースを広げてしまうと・・・
HND2019NOVG099R
こんな感じで。

  • 腰が痛いし
  • 周りの人々に荷物の中身をジロジロ見られるし

ということで、こういう設備があるといいのにな~と思っていたところなのでした。

是非、国際線の出発階にも設置してほしいところですが、あっちは空きスぺースが少ないから厳しいかも・・・。

ちなみに、第2ターミナルの出発ロビー2Fには・・・
repack-area
黄色い★印の5か所に「パッキングエリア」の存在を確認しました。

館内の案内板にも・・・。
repack-icon
こんなようなピクトグラムで、パッキングエリアの場所が地味に示されています。
よーくチェックしましょう。

そういえば、第1ターミナル(JAL側)にも・・・
HND2018OCTT108R
スターフライヤーの出発カウンター近くに、少し前(10月ぐらい?)から、仮設っぽいパッキングエリアが設置されていましたね。
成田空港にはもっと前からありましたが。

ご出発の直前に荷物をゴソゴソしがちな方は、出発カウンターの周りを探してみましょう。




羽田空港第2ターミナル北側の謎の白い建物は「サテライト施設」だったの編

2018/11/21
こちらは羽田空港第2ターミナル(ANA側)の北側のエリア。
HND2018NOVG009R
以前の記事でもお伝えした「謎の白い巨大な建物」の正体が、ついに判明いたしました。

日本空港ビルデング様の発表(pdfファイル注意)によりますと、この建物は、ボーディングブリッジ3基を備えた「サテライト搭乗施設」で、2018/12/10より供用が開始されるとのこと。

今までは普通の沖止めスポットだった場所です。
従来の沖止めスポットは、風雨に晒されるし、小さなお子様やお年寄りや車椅子の方が飛行機に乗るのが大変だったわけですが、今回のサテライト施設の完成により、より利便性が高まることになります。

なるほど~。

このサテライト施設へは、第2ターミナルの保安エリアの専用バス乗り場からバスで行けるのだそうな。
内部には、まるでラウンジのようなロビーや、売店があるらしい。

これは是非行ってみたい!

・・・と思ったものの、
「46番~48番スポットから出発するお客様のみが利用可能」とのこと。
(´Д`;)

意図的にこのサテライトにお邪魔させて頂くには「どの便がこのスポットを使うか」を事前に予測し(って出来るのか不明)、その飛行機に乗らなければなりません。
なんという難易度の高さ。
どこ行きの便に乗ればいいんだろう・・・。

ちなみにこの建物の場所は・・・。
HND2018MARY007R
今年(2018年)の始めぐらいから、鉄骨が組まれ始めていました。
その当時から気になって夜も眠れなかったものの、何だかよく分からなかったので、その存在を忘れていたのでした(なんのこっちゃ)。

さらに、このサテライト施設とは別に・・・。
HND2018NOVG018R
以前は、ただの沖止めスポットだった場所に「沖止めボーディングブリッジ」が出来上がっています。
こちらは、少し前から既に供用が開始されているようです。
いろいろ新しいものが出来上がってますねえ。

というわけで、2018/12/10以降に第2ターミナルから飛行機に乗るご予定の方は、出来立てホヤホヤの「サテライト」からの出発かどうかにも、是非ご注目くださいませ。