久しぶりに「羽田イノベーションシティ」に行ってみたの編

2021/1/11
この日、やってきたのは天空橋の「羽田イノベーションシティ」。
HNDTWTOS169_R
羽田空港のB滑走路周辺を一望できる穴場スポットです。
お散歩がてらやって参りました。

駐機場には・・・。
HNDTWTOS173_R
コロナ運休中の機材たちがお休みしています。
またお休み機材が増えてきた印象。

この日は北風だったので・・・。
HNDTWTOS135_R
目の前のB滑走路からの飛行機の離着陸はなし。
それでも、足湯に来る人々で若干賑わっていました。

多摩川のほうを見ると・・・。
HNDTWTOS131_R
対岸の川崎市とを結ぶ「羽田連絡道路」の工事がだいぶ出来上がっていました。
2021年度内の完成を目指しているこのこと。
早くここを自転車で渡ってみたい。

水素ステーションでは・・・。
HNDTWTOS183_R
燃料電池バスが充電?していました。
ここで充電していたのかー。
クリーンなエネルギーがもっと普及するとよいですねえ。

こちらは、自動運転バスの乗り場。
HNDTWTOS166_R
自動運転を実施中とのことでしたが、時間が合わず。
時刻表に従って運行していて、本数が少なかったです。
自動なんだから、人が来たら迎えにきてほしいけど(笑)。
また後日、乗りに来ようと思います。

こちらは屋外の広場「アーティストビレッジ」。
HNDTWTOS186_R
広場の近くにピザ屋さんのキッチンカーが来ていました。
今回は寒かったのでパスしましたが、暖かくなってきたら、ここでピザ食べてビール飲みたいです。

1F部分には、タリーズができていました。
HNDTWTOS116_R
ピカピカの店内は広々としていました。
最近は、タリーズの羽田進出が目立ちますね。

2Fのホテル近くには・・・。
HNDTWTOS124_R
「HiCity Square」というカフェ兼バーが新しくオープンしていました。
2020年11月ぐらいから、徐々にNEW店舗が営業を開始しているものの、今は短縮営業中とのこと。

ちょうとランチメニューをやっていたので・・・。
HNDTWTOS125_R
ここでお昼ご飯を頂くことにします。
ランチメニューは「ガバオライス」と「ナポリタン」の2種類。

店内はおしゃれな感じで、広々としていました。
HNDTWTOS152_R
休日でもお客さんは少なく・・・。
のんびりとお食事できました。

ナポリタンのランチセット(ドリンクはホットコーヒー) 1000円を獲得。
HNDTWTOS158_R
写真ではわかりにくいですが、結構ボリュウムがあり!
満腹です。
昔ながらのナポリタンで美味しゅうございました。
ドリンクもついてきて良かったです。

というわけで、地味に見どころ満載の「羽田イノベーションシティ」なのでした。
早くコロナが落ち着いて、多くの人々で賑わいますことをお祈りいたします。


羽田空港の空弁「金沢押し寿し・笹寿しプレミアム」

2020/12/31
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第1ターミナルにて入手した、こちらの新発売の空弁です。

金沢押し寿し・笹寿しプレミアム 1280円(税込)
HNDSBPHS010R
製造元は石川県金沢市の(株)芝寿し様。
かなり前にご紹介した「本ずわいがに棒寿し」や「穴子棒寿司」と同じお店のお弁当です。
最近になって、空港ターミナル系の空弁販売コーナーで見かけるようになりました。

では蓋をオープン。
HNDSBPHS016R
5種類の笹寿司がひとつずつ入っています。
どれから頂こうか迷う~。

説明書も同梱。
HNDSBPHS013R
ひとつひとつ丁寧に作られています、とのこと(かなりざっくりと要約)。

まずはど真ん中にある「国産穴子」から.。
HNDSBPHS022R
ひとつひとつが笹に包まれていて、さらにパッキングされているので、ちょっと面倒。
飛行機の待ち時間にササッと食べるというよりは、家にお持ち帰りする用かと。

笹を展開して、頂きまーす。
HNDSBPHS023R
甘辛いタレがよく染みていて美味。
酢飯のお酢がちょうどいい具合で、素材のお味を引き立てます。
さすが「プレミアム」なだけあって、手間がかかっている感じがします。

その他の4種類も頂きました。
Psasazushi
中でも「炙り鰤(ぶり)」は柚子のさわやかな香りがして、特に美味しかったです。
ひとつひとつ味に個性があって、5種類の違ったお味が楽しめました。
素材にこだわった高級笹寿司を体験してみたいという、笹寿司マニア(っているのかな)な方にお勧めの空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)


羽田空港第1ターミナルの「りんご自販機」で焼き芋を購入してみたの編

2021/01/11
今回は羽田空港第1ターミナルの小ネタで。
こちらは第1ターミナル出発階2Fの一般エリアにある「りんご自販機」。
HNDTWTOS032_R
スカイマークのカウンター方面に設置されているのは、4年ほど前にご紹介したとおりです。
第2ターミナル側の「りんご自販機」は稼働停止中(2021/01現在)。

「りんご自販機」と銘打っておきながら・・・。
HNDTWTOS033_R
最近は「干柿」や「焼芋」も販売している様子。
秋には「柿」や「梨」も売っていたりします。
りんごだけじゃなくて、いろいろ買えるのは良いかもー。

試しに今回は・・・。
HNDTWTOS107_R
焼芋こと「食べきりおいも」350円を激しく購入してみました。
ラベル表示によると、茨城県産のサツマイモとのこと。

まずは袋を除去。
HNDTWTOS113_R
しっとりタイプの小ぶりのお芋が出てきました。
冷蔵されていたので、ひんやりと冷たいです。

では頂きまーす。
HNDTWTOS115_R
お、うま!
しっとりしたお芋がメチャ甘ーいです。
皮の部分は柔らかくなっているので、剥かずに皮ごと食べられました。
量は少なめではありますが、結構お腹にたまります。
やや手が汚れますが、出発前に手軽に頂けるのはよいかもです。
もしかすると季節限定商品かもしれませんので、この「りんご自販機」の今後の動向にも注目したいと思います。




羽田空港のカレーその2「第1ターミナルのAVION・クラッシックビーフカレー」

2020/11/29(実食日)
羽田空港のカレーを紹介してみるシリーズです。
と言っても、今回でやっと2回目ですが・・・。

今回ご紹介する羽田空港のカレーは・・・。
2020NTHND032R
第1ターミナル地下1階にある「AVION」様にて。
旧ターミナルビル時代から続いているという老舗のカレー屋さんです。
第2ターミナルの出発階(2F)にも出店していますね。

代表メニューのひとつ「クラッシックビーフカレー」1600円(税込)。
2020NTHND034R
カレールーはセパレート(分離)で提供されます。
高級感がありますね~。

ご飯は白米の他、サフランライス、十六穀米から選択可能。
大盛無料でしたが、白米普通盛りにしました。
250円追加で「ナン」にも変更できます。

カレールーにズームイン。
2020NTHND037R
銀色に輝く器が美しいですね~。
古き良き時代の高級カレーです。

つけあわせもあり。
2020NTHND038R
福伸漬、らっきょうと、あと一つは何だったか失念(失礼)。
味に色々な変化がつけられます。

ではカレールーを投入して、いただきまーす。
2020NTHND039R
大きな牛肉がゴロゴロ。
じっくりと煮込まれていて柔らかいです。
辛さはほとんど無く、色々な具材やスパイスが溶け込んでいてコクうまです!
さすがは老舗の高級カレーといった感じでした。

店内には・・・。
2020NTHND043R
旧ターミナル時代の白黒写真があり。
子供の頃、親に連れられて羽田の旧ターミナルに来たことがあるはずなのですが、全く覚えていないですね・・・。
羽田空港の伝統のカレーを味わうことができて良かったです。




羽田空港の空弁「アジアンクック・ミックスサンドBOX」

2021/1/7
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナル1階のANA FESTA様で入手した、こちらの空弁です。

「アジアンクック・ミックスサンドBOX」620円(税込)
HNDTGHT1001R
製造元は、東京都大田区のクローバルサンドカンパニー様。
一見、何の変哲もないサンドイッチセットに見えます。

では早速、蓋をオープン。
HNDTGHT1009R
やはり普通のサンドイッチセットでした(笑)。

ハムサンド、玉子サンド、ポテサラトマトサンド、ツナサンドの4種類。
地味な存在ではありますが、こういう定番のサンドイッチをライナップすることも大事ですね。
空港バスの車内などで、ササッとつまめるのがイイです。
お手軽にお腹を満たしたい時にお勧めの空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)




羽田空港第2ターミナル・羽田エクセルホテル東急の「滑走路ケーキ」を実食してみたの編

2021/01/03
新年あけましておめでとうございます。
HNDDECTHKX014R
2021年最初の記事は、羽田空港第2ターミナル直結の「羽田エクセルホテル東急」併設レストラン「FLYER’S TABLE」様のお正月の飾りから。

と・・・。
HNDDECTHKX013R
ホテルの開業16周年記念で「滑走路ケーキ」なるものを販売してますよーというチラシを発見。
滑走路がケーキに?
むむー、これは気になる!

早速、第2ターミナル2階 出発ロビー・時計1番近くの東京食賓館へ。
HNDDECTHKX016R
店頭の目立つところに売り場を発見しました。
ショーウインドウにも、滑走路ケーキの見本が展示されています。
冷凍した状態でのご提供とのこと。

早速購入!
HNDDECTHKX020R
1個2000円(税込)でした。
ササーッとおうちに持ち帰って、ゆっくりと頂きます。

そして開封~。
HNDDECTHKX021R
おお~、これはいい感じ!
下地は、FLYER’S TABLE名物の「ベイクトチーズケーキ」で出来ています。
滑走路には、しっかりと「34R」「16R」という滑走路番号(滑走路の方位を表す)が記載されていて、マニヤ心をくすぐります。

飛行機にズームイン。
HNDDECTHKX032R
シュークリーム生地で作られたミニ飛行機は、ホワイトチョコでコーティングされています。
垂直尾翼もホワイトチョコで再現。
操縦席部分の窓がかわいいですね~。

木更津方面からの着陸態勢(ILS Z RWY34L Approach, 北風運用)の視点で眺めてみます。
HNDDECTHKX027R
左の「16R」は A滑走路。右の「34R」は C滑走路。
右側が東京湾になります。
横風用のB滑走路とD滑走路は大胆に省略。
逆方向の16Rに機体がいるということは、きっと北風運用と南風運用の切り替わり目を描写したものなのでしょう!

と、写真を撮っている間に、いい感じに解凍されました。

お味のほうは・・・。
しっとりとしたチーズケーキがメチャウマです。
さすがは信頼と実績の FLYER’S TABLE のチーズケーキ。
ひとりだとやや多めなので、滑走路を1本ずつ2回に分けて美味しく頂きました。

というわけで・・・。
HNDDECTHKX034R
羽田エクセルホテル東急のレストラン「FLYER’S TABLE」の滑走路ケーキのご紹介でした。
まさに羽田空港ならではの素晴らしいケーキです。

[2021/01/12更新]
当初、出店期間は2021/1/31(日)までとのことでしたが、既に販売終了してしまったようです・・・。




大晦日の羽田空港2020

2020/12/31
大晦日のこの日。
今回は、年の瀬が迫る羽田空港の様子をお伝えします。

第1ターミナル

まずは第1ターミナル(JAL側)から。
HNDDECTHKZ032R
B1Fのエレベータ付近には「門松」が設置されていました。
既に年越しの準備が整っているようです。
あっという間にお正月ですねえ。

この日の展望デッキは快晴。
HNDDECOTW110R
空気は冷たいものの、雲ひとつ無いよい天気でした。

T1の展望デッキからは・・・。
HNDDECOTX031R
やや雲がかかった富士山が見えました。
羽田空港の冬の風物詩ですね。

今日はやたら女性のギャラリーが多いと思ったら・・・。
HNDDECOTX033R
JAL様の「嵐ジェット」がお目当てのようでした。
そうか、嵐の活動休止と共にこれも見納めなんですね・・・。

第2ターミナル

続いて第2ターミナル(ANA側)へ。
HNDDECOTW010R
例年には及ばないものの、こちらもそこそこ賑わっていました。

T2の出発ロビーにも・・・。
HNDDECOTW008R
T1と同様に「門松」を設置。

売店の前には・・・。
HNDDECTHKX017R
「獅子舞」もおられました。
一足お先に、お正月感が漂っています。

そして第2ターミナル5階「FLIGHT DECK TOKYO」では・・。
HNDDECTHKX038R
「恐竜空港」なるイベントを開催していました(当初2021/1/18まで開催予定でしたが、緊急事態宣言を受けて中止になりました)。
福井の恐竜博物館とのタイアップ企画のようです。
色々な恐竜の模型が展示されていて迫力があり。

「恐竜博士」もおられました。
HNDDECTHKX055R
以前に福井へ行ったときに、小松空港や福井駅のベンチにお座りになっているお姿を見かけた事があります。
遠路はるばるご苦労様です。

第3ターミナル

最後は第3ターミナル(国際線)へ。
HNDDECOTW033R
国際線のほとんどが運休中のため、こちらは閑散・・・。

3Fの出発ロビー中央には・・・。
HNDDECOTW074R
年末年始の飾りつけがありました。
おそらくは、空港関係者様による手作りの作品と思われます。
ご苦労様です。

ターミナル3の4階の江戸舞台には・・・。
HNDDECOTW041R
絵馬師永崎ひまるさんによるコロナ早期終息祈願の大絵馬が飾られていました。
また以前のように、自由に飛べる翼を取り戻せますように、との願いが込められているとのこと。
2020年は、世界中がコロナに翻弄された一年でしたね。

というわけで・・・。
HNDDECOTW048R
2020年の大晦日の羽田空港でした。
来年の今頃こそは、ここから海外へと旅立てるようになりますことをお祈りいたします。
皆様良いお年を。




羽田空港第1ターミナルにも「ディズニー自販機」現るの編

2020/12/20
こちらは羽田空港第1ターミナル2F出発ロビー。
TWDECT3HD101R
保安検査場近くには、JAL様独自のクリスマスツリーがありました(2020/12/20当時)。

出発口BとCの間の「時計台2」付近に・・・。
TWDECT3HD091R
おっ。
今回新しく、赤い「ディズニー自販機」を発見。
お隣の「マスク自販機」と仲良く並んで設置されていました。

自販機の上部から・・・。
TWDECT3HD093R
ミッキーマウス様がこちらを覗き込んでいるのがかわええです。
T2だけでなく、T1側も変わりダネ自販機が増えてきましたね。

品揃えは・・・。
TWDECT3HD092R
一番左上のミッキーマウス様が1540円。
その他のディズニーなキャラクターグッズも各種取り揃えてございます。
(詳しくないのでよく分からない)

以前にお伝えしましたように、同じディズニー自販機は第2ターミナル(ANA側)にもあります。
202012T2I2020R
またちょっと場所が変わったけど(笑)。
T2では、以前から出発ロビー2F中央付近に、サンリオ自販機と一緒に設置されています(2020/12/20現在)。
T1とT2に1台ずつの合計2台に増えたんですねえ。
ディズニー好きな方は是非どうぞ。




羽田空港第3ターミナルに「ガルーダ・マスク」現るの編

2020/12/13
この日やってきたのは、羽田空港第3ターミナル展望デッキ。
TWDECT3HD045R
気温は低いものの、いいお天気に恵まれました。

それもしても・・・。
いつもよりギャラリーが多めな感じです。
何かレア機体がいるのかな?

駐機場を眺めてみると・・・。
GM
106番スポットにガルーダがいますねー。
どうやら皆様、これの出発を待っているご様子。

そして11:35AMごろ。
TWGDMK002R
ガルーダ・インドネシア航空 GA875便 ジャカルタ行きがプッシュバック開始。
機材はエアバスA330-300 (PK-GHC)です。

そしてやはり!
TWGDMK030R
マスクしてました。
初めて見るガルーダ・マスク塗装機です。
ネット情報によると、ガルーダのマスク塗装機は全部で5機いるとのこと。

反対側も激写。
TWGDMK009R
この「PK-GHC」のマスクは、インドネシアの植物の多様性を表す10種類の花をデザインしたものとのこと。
ついに飛行機もマスクする時代に・・。
私もしっかりとマスクを着用して、感染予防に努めたいと思います。




年末特別企画・羽田空港第2ターミナルの国際線施設出発ロビーを特別に見学させて頂きましたの編

2020/12某日のこと。
こちらは2020年3月に完成したばかりの羽田空港第2ターミナル国際線施設。
202012T2I2003R
2020/12現在、羽田の国際線発着はターミナル3に集約されている状況のため、残念ながら使用されていません。

なので国際線施設の入口は・・・。
202012T2I2001R
このようにシャッターが下りていて入れない状況となっております。

それが今回。
ななんと空港ターミナル広報様のご厚意により、
この国際線施設を見学に来ませんか、もしよろしければブログ掲載もOKですよ。
とのお誘いがありました。

「えっ!? それは是非是非是非是非、お願いしま&!%”$&!!(*゚∀゚)=3」

というわけで・・・。

今回特別な許可を頂きまして、普段は入れない羽田空港ターミナル2の国際線エリアを、広報様と共に見学させて頂けることとなりました。

空港広報様も弊ブログを楽しみに見て下さっているとのこと。
ありがたいことです。
拙いブログではありますが、今まで続けてきて良かった(涙)。

広報様と待ち合わせして、秘密の通路(?)経由でT2国際線出発ロビーへ。
202012T2I002R
おおー!!
(*゚∀゚)=3
天井が高くて開放的。

今年(2020年)の春に完成したばかりの最新施設なのでピッカピカ✨です。
かなり余裕をもったレイアウトになっていて、広々としていますね~。
わざわざ照明まで点けて下さってありがとうございます。

最近では、あのドラマ「半沢直樹」の撮影にも使われたとのこと。
通常稼働はしていないものの、ロケ地として活躍(?)しているようです。

T2国際線出発ロビーの見取り図(クリックで拡大)
202012T2I040RB
下側から入って、上側が保安検査場になります。
左上が駐機場側で、ガラス越しに飛行機が見えます(*゚∀゚)=3。
さすがに保安検査場の先は入れないとのことですので、今回は出発ロビーの3Fと4F部分を見学させて頂きました。

自動荷物預け機対応の「P」「Q」カウンター

出発ロビー中央には、メインの「P」と「Q」のカウンターがあり。
202012T2I003R
両方とも自動荷物預け機が設置されていて、最新式な感じです。
事実上ANA様専用のカウンターとなっています。

第3ターミナルには・・・

  • 出発階(3F)に「A~N」「Y~Z(団体用)」
  • エントランスプラザ(1F)に「S(団体用)」

のカウンターがありますので、これらとかぶらないように「P」と「Q」が割り当てられているものと思われます。
「O(オー)」は「0(ゼロ)」と間違えやすいので欠番なのかも?

自動荷物預け機の裏側は・・・。
202012T2I012R
こんなような、ぼってりとした形の大きなカバーに覆われています。
この中で、預けた荷物が床下の搬送装置へと運ばれていくようです。

床面をよーく見ると・・・。
202012T2I009R
途中から模様付きのデザインになっているのが分かります。

これは、後でチェックインカウンターのレイアウトを変更しやすいように、模様付きの部分だけ加工しやすい素材にしているのだそうな。
なるほど~。

この四角い構造物は・・・。
202012T2I008R
「エアブリーズタワー」という空調設備。
人がいる近くに空調のエアーを放出することによって、冷暖房効果を高めているとのこと。
第3ターミナルのものは円筒形のデザインですが、こちら側のは四角柱なデザインです。

窓際には・・・。
202012T2I011R
寝心地が良さそうな椅子があり。
他のターミナルでは見た事のない、新しいデザインの椅子です。

窓の外には・・・。
202012T2I053R
駐機中の飛行機たちが見えますが、夜間は屋内の光が反射して見づらいです。
昼間だと良い眺めになることでしょう。

出発ロビーの隅っこには・・・。
202012T2I013R
航空会社の上級会員様用のチェックインカウンター(Rカウンター)があり。
内部には、有人カウンターと預け荷物搬送用のコンベアがありました。
一般のエコノミーな方は、先ほどの自動荷物預け機のカウンターへ。
これからは、生身の人間にお相手して頂くのにもお金がかかる時代に・・・。

反対側の端っこには・・・。
202012T2I034R
「祈祷室」が2部屋ありました。
第3ターミナルにもありますね。
これからの国際空港の標準的な設備になりつつあります。

「ベビールーム」もあり。
202012T2I036R
おむつ交換台の他、流し台等もあって、設備が充実していました。
小さなお子様連れにも便利な施設となっています。
トイレも広くてキレイでした。

ひとつ上の階のスタバ付近のカウンター席からの眺めが素晴らしい

エスカレータからひとつ上の階(4F)に上がると・・・。
202012T2I016R
スターバックスやTSUTAYA書店(いずれも閉店中)などがあり。
有料の待合室もここにあるらしいです。

お店の目の前には・・・。
202012T2I019R
自由に座れるコンセント付きのカウンター席がありました。
これは(・∀・)イイ!

このカウンター席からは・・・。
202012T2I020R
出発ロビーを一望することができます。
お昼なら、ガラス越しに外の飛行機たちを眺めることも可能。
まさに空港にキター!というワクワク感が感じられるスポットです。
ここのスタバだけでも営業して欲しいです(笑)。

このあたりの天井部分は・・・。
202012T2I017R
なにやら凝った感じのデザインになっていました。
実際はイルミネーションになっていて様々な色に変化するのだとか。
早く実際に稼働している様子を見てみたいものです。

カウンター席の他にも・・・。
202012T2I015R
こんなような感じの高そうな椅子もありました。
まるでラウンジのような雰囲気です。

国際線到着は国内線出発と同じ2Fに

最後に、T2国内線部分との接続について。
202012T2I040RD
出発ロビー(3F)から黄色い矢印方向を眺めてみます。

吹き抜けになっていて、冒頭のシャッターの裏側を眺めることができました。
202012T2I038R
茶色い床の部分は一つ下の階(2階)になっていて、ANAの国内線出発と同じ高さになっています。
写真右下のシャッターが降りた場所には、観光案内所的なもの(閉鎖中)があるとのこと。

この2階部分に、国際線の到着があります。
202012T2I026R
この奥に国際線の荷物を受けとるターンテーブルや税関があるとのこと。
ANAで海外からT2側に帰ってきた場合は、ここに出て来ることになりますので、お間違えのないように。
ANAの国内線に乗り継ぐときは便利そうです。
早くコロナが落ち着いて、ここで海外の方をお迎えできるようになるとよいですねえ。

というわけで・・・。
202012T2I050R
小一時間ほどじっくりと見させて頂き、T2国際線を後にしました。
照明を落とした出発ロビー内も綺麗でした。

というわけで、今回、このような貴重な機会を与えて下さった空港広報様に大感謝です。
ありがとうございました。
いつかこの場所から、海外に旅立てる日が来ることを楽しみにしております。




羽田空港に関するお役立ち情報、ラウンジ情報、空弁実食情報、深夜の過ごし方など