「羽田空港・1タミ・制限エリア」カテゴリーアーカイブ

羽田空港第1ターミナル・久しぶりに制限エリアをウロウロしてみたの編2020

2020/11/01
こちらは、早朝の羽田空港第1ターミナル2階出発階(JAL側)。
2020NOVFUKATW004R
時刻は午前5時45分頃でも、結構お客さんで賑わっていました。

文化の日の飛び石連休を利用して、羽田から国内を GO TO して参りました。
コロナ後初の都外への旅です。

ターミナル内や機内では基本マスク着用です。
私が乗った機内では、乗務員の方はもちろんのこと、お客さんもほぼ全員マスクを着けておられました。

あれ?
2020NOVFUKATW014R
JGC会員専用の入口ってここだったかな。
出発便の案内板も新しく出来ている。
2020年に向けて、色々と改修されたJALの出発ロビー。
実際に利用してみると、様々な変化に気付かされます。

入口のたて札を確認。
2020NOVFUKATW015R
JGC専用入口は、ここであっているようです。
床には足形がついていてディスタンスされていました。
検査場が混まないうちに、サッサと中へ入るのがセオリーです。

事前に座席指定予約済みなので、タッチ&ゴーで保安検査に直行・・・。
2020NOVFUKATW017R
・・・しようかと思いきや、JGC専用入口から入った中に、JGC専用の有人カウンターを発見。
前からこんなところに窓口あったっけ?

折角なので、窓際席に空席があるかどうか聞いてみたら、空席ありとのこと。
座席を変更して頂きました。ワーイ。
国内線の場合は、子供のように窓に張り付いて外の景色を眺める派です。

というわけで、実に久しぶりの第1ターミナル制限エリアへ。
2020NOVFUKATW019R
コロナ後初めて飛行機に乗ります。
どこへ行ってきたのかは、後日、旅行ブログにて旅行記を掲載予定ですので、そちらをお楽しみに。

朝6時の時点では・・・。
2020NOVFUKATW020R
まだ営業しているお店が少ないです。
コロナ影響で、時短営業しているお店も少なくありません。
朝ご飯食べたいなー。

売店の一部は既に営業しており・・・。
2020NOVFUKATW022R
空弁コーナーを発見。
新作空弁を見つけたので、品切れになる前に即買いさせて頂きました。
ふっふっふ。

では制限エリア内をウロウロ。
2020NOVFUKATW023R
中央付近のエリアの椅子が黄色っぽいのは、前回来た時と同様。
「充電ポール」も充実していますね。

中央付近以外の椅子は・・・。
2020NOVFUKATW055R
白いままでした。
だからどうということはありませんが。

時間が経つにつれて、お客さんの数が増加。
2020NOVFUKATW057R
まだ保安エリア内で開いている飲食店が少ないせいか、空弁が飛ぶように売れていきます。
先に買っておいて良かった~。

久しぶりにJAL国内線サクララウンジへ。
2020NOVFUKATW065R
座席の間に「アクリル板」が設置されていました。
あちらこちらに、コロナ影響を垣間見ることができます。

朝6時頃は、まだお客さんは少なかったものの。
6時半を過ぎると、かなり人が増えてきました。

ドリンクコーナーはもちろん健在。
2020NOVFUKATW102R
「カレーせん」がありましたが、国内線ラウンジなので「JALカレー」などのお食事はありません。

そして朝っぱらから・・。
2020NOVFUKATW079R
生ビールをギュイーンとさせて頂きます。
このマシーンを操るのもかなり久しぶりです。
嬉しい(涙)。

ではカンパーイ。
2020NOVFUKATW080R
朝っぱらからラウンジで頂くビールは最高。
カレーせんも美味しゅうございました。
一緒に頂いた空弁については、後日の空弁記事にてご紹介予定。

束の間のラウンジ滞在の後は・・・。
2020NOVFUKATW068R
こちらの最新鋭機に乗って、久しぶりの都外へと旅立つのでした。
マニヤな方なら、この情報だけでどこに行ったか分かっちゃうかも。

というわけで、久しぶりの羽田空港第1ターミナル制限エリアの滞在記でした。
時短営業しているお店があったりアクリル板が設置されていたりと、あちこちにコロナの影響が見られました。
国内線については、徐々に活気が戻りつつあるようですが、マスク着用や手指消毒などの対策は怠らないように心がけたいと思います。


羽田空港国内線サクララウンジで朝から飲酒しながら朝食の編2016

2016/06/04
羽田空港国内線第1ターミナル(JAL側)潜入記の「その2」です。
12:45発の関空行きに対して、現在時刻はまだ午前8:30ごろ。
朝ごはんを求めて、第1ターミナルの制限エリア内をウロウロ中。

お、空弁コーナー。
HND_JUN_079_S3
おいしそうな空弁が沢山。
既にどれも実食済みなので、制限エリア内ならではの朝ごはんを探すことにします。

第1ターミナル制限エリアの中央には「CAPTAINS’ TOKYO」なる賑やかなエリアがあり
HND_JUN_086_S3
お寿司屋さんや、お蕎麦屋さんが何軒かあります。
朝はメニューが限定されているものの、選択肢は色々あります。

一応JGC会員の端くれですので、ここはラウンジで朝食を食べながら、ビールでウヒヒ、といきたいところです。

前回の記事で限定品のソフトクリームを頂いた「Rose Bakery」へ。
HND_JUN_096_S3
ここで、同じ店員さんから、朝ごはんのサンドイッチとキッシュを購入。

それを持って、国内線のJALサクララウンジに突入。
HND_JUN_099_S3
ここに来るのも、約2年ぶりです。

広いラウンジ内は、前回来たときと同様な感じです。
HND_JUN_101_S3
旅行シーズンではない6月のせいか、お客さんは少ない模様。

では、早速生ビール自動注入器で・・・。
HND_JUN_159_S3
飲み放題ビールをグイーンといってみます。

ちなみに、この生ビール注入器は3台あり。
HND_JUN_157_S3
左から順に

  • サントリー・モルツ
  • キリン・一番搾り
  • アサヒ・スーパードライ

と、日本3大ビールメーカー揃い踏みとなっております。
でも、どれを飲んだかは失念・・・。

で、先ほどのお店で購入したキッシュと一緒に頂きまーす。
HND_JUN_161_S3
キッシュは冷めてはいるものの、具沢山でなかなか美味。
高密度な食品なので、見た目以上にお腹にたまります。
ビールが促進されます。

飛行機を眺めながら、ラウンジでひとり朝ビールしてダメ人間になります。
HND_JUN_111_S3
お天気も良く、サイコーです。

次回は、国内線サクララウンジの小ワザ(?)をご紹介の編


羽田空港第1ターミナル制限エリア・特別仕様のCREMIAソフトクリームを頂くの編

2016/06/04
前々回の記事:
羽田空港国際線・乗り継ぎじゃないけど国際線の乗り継ぎカウンターから国内線に乗ってみたの編
の続編です。

羽田空港国内線・第1ターミナル(JAL)の制限エリア内にやってきました。
滅多に来れない場所なので、ワクワク。

で、やってきたのは、第1ターミナルの南ウイングの「ISETAN HANEDA STORE」
HND_JUN_090_S3
以前に来たときは工事中だった区画です。

当時の記事はこちら。
羽田空港国内線第1ターミナルの制限エリアをウロウロするの編2014/05

どれどれ、どんな風に出来上がったのかな・・・。
HND_JUN_092_S3
高級感のある店内。
北ウイング側の「ISETAN HANEDA STORE」は紳士向けの品揃えなのに対し、こちらの南ウイング側は女性向けの品揃えとなっている模様。

で、その「ISETAN STORE」の端っこに、何やらハイソでオサレな感じのカフェを発見。

「Rose Bakery」
HND_JUN_096_S3
デザート類やサンドイッチなどの軽食類を販売中。

お店の立て看板を見ると・・・。
HND_JUN_094_S3
株式会社「日世」様の噂の高級ソフトクリーム「CREMIA」を500円で発売中。
最近、街中でもよく見かけます。
ちなみに、羽田国際線の「茶寮・伊藤園」では600円で販売しています。

で、注目はこちら。
image
ナッツの粉末がトッピングされている、特別仕様の「CREMIA」を発見。
Rose Bakeryオリジナル商品「ナッツ・プラリンヌ」(600円)とのこと。
お~、こんなのがあるとは、初耳です。
ここ羽田空港第1ターミナル・制限エリアでしか食べられない限定品のようです。

激しく購入。
HND_JUN_180_S3
羽田限定品となると、試してみないわけにはいきません。
香ばしいナッツの上品なしょっぱい風味が、CREMIAの濃厚な甘さを引き立ててくれます。
これはゴージャスな感じでウマし。
まあでも、トッピングのない素(す)のCREMIAでも十分美味しいですけどね・・・。

店内にはテーブル席あり。
HND_JUN_178_S3
ヒコーキを眺めながら、優雅にソフトクリームを頂くことができます。
もちろんテイクアウトも可能です。

ちなみに、北ウイング側のISETAN(紳士向け)でも、CREMIA 500円を取り扱い中。
HND_JUN_138_S3
しかし、こちらにはナッツがトッピングされた特別仕様品はナイようですのでご注意ください。

というわけで、ソフトクリーム・マニヤにはたまらない?羽田空港第1ターミナル・制限エリア・南ウイングのISETAN限定のCREMIA「ナッツ・プラリンヌ」のご紹介でした。
まさに、飛行機に乗るときにしか味わえない一品です。
羽田からJAL国内線やスカイマークをご利用の際には是非どうぞ。




羽田空港国内線第1ターミナルの制限エリアをウロウロするの編2014/05

2014/05/03
2014のゴールデンウィークに、JAL利用で札幌に行ってきました。
その際に、久しぶりに羽田空港の第1ターミナル(JAL側)の制限エリアを見て回る機会がありましたので、そのときのレポートをお送りします。

第1ターミナルの保安検査場を抜けると、いきなり白い壁が登場。

旧サクララウンジの跡地のようです。
今のサクララウンジは一つ上の階に移転しています。
この跡地が今後どうなるか楽しみです。

ターミナル中央部の吹き抜けのトロピカルな場所は健在。

この近くの一角もリニューアルされて「CAPTAINS’ TABLE」というエリアになっていました。

うどん・そば屋とか立ち食い寿司屋、土産物屋、パン屋、本屋などが集まっています。

この一角で、お腹を満たすもよし、機内の暇つぶしを買うもよしです。

ターミナルの北の方に向かって歩きます。

こういうときは、行ける場所の端から端まで見て回らないと気が済まない性質ですので・・・。

10分ほど歩いて、第1ターミナルの北端の24番スポット付近に到着。

駐機している飛行機はいませんでした。

窓の外には、旧管制塔が目の前に見ることができます。

普段は見ることはできない光景に満足。
さらに反対側のターミナル南端に向けて歩きます。

先ほどのCAPTAINS’ TABLEを抜けたあたりに、ISETAN STOREを発見。

内装が新しいので、最近できたエリアのようです。

中にはおしゃれなカフェとか、洋服屋みたいなのがありました。

結構女性客で賑わっていました。

さらにターミナルの南端に向けて歩行を続けます。

結構疲れてきました。
ハアハア

映えある1番スポットはJAL機が使用中。

岡山行きの便のようです。
1番スポットの機体は窓から見ることができず。

2番スポットはスターフライヤーが使用中でした。

窓の外には新整備場地区を見ることができます。

出発ゲート付近には、充電ができるスポットがいくつかできていました。

スマホ・タブレットが普及してきているので、こういう設備はありがたいです。

てなわけで、私の乗る千歳行きの14番ゲートにやってきました。

新千歳空港に向けて出発です。
JALの国内線ラウンジに立ち寄ったときの様子は前の記事をご参照くださいませ。