「羽田空港・1タミ」カテゴリーアーカイブ

羽田空港第1ターミナル・1階と地下1階のあちこちを改修工事中の編

2019/01/20
こちらは羽田空港第1ターミナル1階・到着階。
HND2019JANT001R
第2ターミナルや国際線に負けじと、こちらでもリニューアル工事が絶賛進行中です。

一部、工事が終わったっぽい部分もあります。
HND2019JANT004R
おお~。
なんか白い。
あと、ほぼ全面がガラス張りになって、荷物のターンテーブルが良く見えるようになりました。

工事の境界線に立ってみると・・・。
HND2019JANT007R
右半分が工事済のエリア。
床が白くなって、明るい雰囲気です。
照明のデザインもカッコよくなりました。
イイですねえ。
現在工事中のその他のエリアも、こんな感じになるのかな。

こちらは同じく第1ターミナルの地下1階中央付近。
HND2019JUNB042R
2基あるシースルーなエレベータの片方が工事中になりました。

地下1階のその他のエリアも・・・。
HND2019JUNB053R
こんな感じであちらこちら工事中。
工事個所が多くて、何がどう変わるのかはよく分かりません。

こちらは工事が終わったぽい部分。
HND2019JUNB044R
この柱が新しくなりました!(地味)。

最近になって、やや古さを感じるようになっていた第1ターミナル。
平成の次の時代に向けて、どのようにリニューアルされるのか、完成を楽しみに待つことにしましょう。


羽田空港第1ターミナルでPCやスマホを充電できる場所まとめ

2019/01/11
飛行機に乗る前や後で、PCやスマホを充電したい方のために、羽田空港第1ターミナル(JAL)側で充電できる場所をまとめてみました。
2018/12/19にオープンした「THE HANEDA HOUSE」エリアにも対応。
第1ターミナルは、スマホが普及するよりも前に建てられたターミナルなので、昔からあるお店だと電源が無いことが多いです。

出発前エリア1F到着階

充電デスクたち

HND-T1-POW010R
到着ロビーのあちこちに、コンセントのあるカウンターがあります。
地下や2F, 3Fにもありますが、いつも誰かに使われている印象。

出発前エリア2F/3F出発階

STARBACKS (3F)

HND2018DECS005R
第1ターミナル中央部分の3階に、昔からあるスターバックス。
出発ロビーを見渡せるカウンター席(10席ほど)に電源コンセントがあります。
いつも混んでいる印象。

Caffe Lat.25° (2F)

HND-T1-POW004R
以前は「Cafe Bene」だったカフェ。
中央のカウンター席のテーブルの側面にコンセントがあります。

OCHAWAN (3F)

HND2018DECR024R
スカイマークのカウンター近くのエスカレータを上がった先にあるお店。

席数は少ないですが・・・。
ochawan-power
各席の近くにコンセントがあります。

出発前エリア5F・THE HANEDA HOUSE

飛行機が見えるSTARBACKS

HND2018DECS010R
5Fの「THE HANEDA HOUSE」エリアに2018/12/19に出来た話題のお店。

飛行機が見えるカウンター席の各席にコンセントがあります。
HND2018DECS011R
席数は10席ぐらい。
眺めがよい特等席です。

お店中央のカウンター席にもコンセントがあります。
HND2018DECS009R
こちらは20席ぐらい。
ワイヤレス充電設備もありました。

ANA Hanger Bay Cafe by PABLO

HND2018DECH061R
こちらも5Fの「THE HANEDA HOUSE」エリアに2018/12/19に出来たお店。
柔らかい椅子の座り心地がよいです。
奥のソファ席の足元や、右の壁にコンセントとUSB-Aポートがあります。
(コンセントの存在に気づいていない人が多い)
壁コンセントはやや離れているので、テーブル上のPCまでケーブルが届かないかも。

出発後・保安エリア

後日更新・・・。

羽田空港国際線ターミナルの充電スポット情報はこちら
羽田空港国際線でPCやスマホを充電できる場所まとめ


羽田空港第1ターミナル5Fに飛行機が見えるライブレストラン「LDH Kitchen」オープンの編

2018/12/22
下の写真は、2018年1月ごろの羽田空港第1ターミナル5F滑走路側にあったお店「AVION」
HND-2018JAN-049R2
旧羽田空港ターミナルにあった名店が復活、というコンセプトの高級感のあるお店でした。
しかし、この「AVION」は3か月ほどで閉店・・・。

そして、この日(2018/12/22)の同じ場所がこちら。
HND2018DECJ028R
!!!

メチャ並んでいる。
11:00AMの開店を前にして、沢山の女性のお客さんで行列ができていました。
EXILEファンな方?

こちらが、2018/12/20にオープンしたばかりの「LDH Kitchen」。
HND2018DECJ033R
かのEXILE様をプロデュースしたという芸能事務所が運営するライブ・レストランとのこと。
前回ご紹介した「THE HANEDA HOUSE」の構成店舗の一つですが、以前からあるエリアです。

お店の前には・・・。
HND2018DECJ037R
開業を記念して、各界からの花輪や胡蝶蘭が大量に飾られていました。
かの「杉良太郎」御大様の花輪もあり。

窓際席を確保。
HND2018DECJ045R
第1ターミナルに駐機中の飛行機が良く見えます。
(*゚∀゚)=3

店内はかなり広いです。
HND2018DECJ043R
入店待ちの行列が掃けても、まだ空席があり。
余裕で座れました。

ゆったりとした、落ち着いた雰囲気です。
先代の「AVION」に比べると、ガラリと店内のレイアウトが変わりましたね。
かなり大掛かりな改修工事が行われたようです。

お店の奥の方には、小さめのライブステージがあり。
この窓際の席からは、柱が邪魔でよく見えませんが。
店内の展示物に対して、女性の方がかなり食い気味に写真を撮っておられましたが、私には何だかよく分からず。

注文はタブレット端末にて。
HND2018DECJ042R
文字がやや小さくて読みにくいですが(←老化している)写真があるので何とか分かります。

メニューは・・・。
HND2018DECJ049R
ハンバーガーなどの肉肉しいものから「おじやうどん」などの和食もあり。

けんちん辛チゲおじやうどん 1500円(税別)を購入。
HND2018DECJ048R
さすがに強気なお値段設定。
しっかり辛めのスープに、確かな旨味が感じられます。
うどんがモチモチで美味しゅうございました。
底のほうにはご飯が沈んでいて、美味しいスープを最後まで楽しむことができます。

窓の外には、間近にJAL国内線の機体を眺めることができます。
HND2018DECJ050R
これはJALのボーイング767-300。
飛行機好きにはたまりませんねえ。

飛行機の機種の見分け方はこちらの過去記事をどうぞ。
羽田空港版・飛行機の機体の種類をざっくりと見分ける方法

営業時間は11:00-23:00とのことですが、この日は夕方からクリスマス・ライブイベントがあるらしく、お昼の営業後は閉店して、その後は整理券を持ったお客さんのみの入場となっていました。

ちなみに、開業後、初めての週末を迎える「THE HANEDA HOUSE」エリアは・・・。
HND2018DECJ122R
そこそこ賑わっていました。

飛行機が見えるスターバックスも、満席とまではいかないものの、窓際席を中心に、ほどよく賑わっていました。
今まで地味エリアだった「羽田空港第1ターミナル5F」の、今後の発展に期待したいと思います。




飛行機が見えるスタバも!羽田空港第1ターミナル5Fに新名所「THE HANEDA HOUSE」がオープンしたので早速行ってみたの編

2018/12/19
この日やってきたのは羽田空港第1ターミナル(JAL側)。
HND2018DECH004R
会社を早退して、はるばるやって参りました。
\(^o^)/

そのお目当てはこちら。
HND2018DECH003R
本日(2018/12/19)より、5階にオープンした新商業エリア「THE HANEDA HOUSE」です。
飛行機が見えるスターバックス等のお店が新しく出来たとのこと。
これは是非是非行ってみなければ!

「THE HANEDA HOUSE」?
何それ?家なの?
(¬_¬)

という方は、以前の記事をご覧くださいませ。
羽田空港第1ターミナル5階に「THE HANEDA HOUSE」なる商業エリアが新しく出来るらしいの編

マーケットプレイスの2Fでは・・・。
HND2018DECH010R
「THE HANEDA HOUSE」のPRスペースが設けられていました。
チラシを配ったり、マイクで呼びかけたりと、総選挙のようなPR活動が繰り広げられています。
5Fの奥まった場所にあるので、いかにしてお客さんを呼びよせるかがカギになりますね。

チラシには・・・。
HND2018DECH087R
「THE HANEDA HOUSE」店舗の割引クーポンや、かなり太っ腹な抽選会(12/19(水)~12/21(金)の3日間限定)の参加券もあり。
これはかなり重要なアイテムです。

ではでは、早速5Fへ。
HND2018DECH013R
おお~!
完成していますね。
開業おめでどうございます。
一般エリアにあるので、何か特別な「チャレンジ」などはしなくても、誰でも入れます(笑)。

「LDH Kitchen」は2018/12/20オープン

まずは「THE HANEDA HOUSE」の入口にある、このお店から。
LDH
ここは以前「AVION」(その前はRESTAURANT KIHACHI)だった場所。

ここは12/20より「LDH Kitchen」がオープン予定。
HND2018DECH011R
オープン前日ですが、既におびただしい数の花輪や胡蝶蘭が並べられていました。
お花の香りでむせ返りそうです。

「LDH」は、善玉コレステロールではなくて、EXILEをプロデュースしたという芸能事務所・エンタテイメント企業。
ライブ会場にもなるレストランとのこと。
今後様々なアーティストのライブ会場にもなるようで、下見に来ている(?)若い女性の姿もチラホラと見られました。
どんなお店になるのか楽しみです。

ファーストパティオって何?

では、LDH Kitchenの左側へ延びる通路を直進。
HND2018DECH014R
いよいよ、新しく出来たエリアへと踏み込みます。
どんな感じになっているのか非常にワクワク。
このワクワク感がたまりません。
会社をサボって早退して来て良かった。

円形の小さなスペースが現れました。
HND2018DECH090R
自由に使えるテーブルや椅子があり。

開業して間もないということで、周囲には、関係者っぽいオーラを放っているスーツ姿の方々や、マス・コミュニケーションっぽい方々が沢山いらっしゃいました。
ジロジロと見られて、ちょっと怖かったです。

地図でいうところの、このあたり。
FirstPatio
このあたりを「ファーストパティオ」というらしいです。
この呼び名が定着するかどうかは不明。

この広場には・・・。
HND2018DECH018R
メカメカしいヤドカリ?のようなオブジェがあり。
何か名前がついているのかどうかは不明。

2018/12/22追記:ペンギンでした・・・(恥)

「開業記念抽選会」が盛大に行われていました(12/21(金)まで)。
HND2018DECH015R
商品のラインナップは・・・

  • 1等:開業記念チケット10000円分 x 30本
  • 2等:開業記念チケット5000円分 x 60本
  • 3等:開業記念チケット1000円分 x 390本

の他に、THE HANEDA HOUSE各店舗ご提供の様々な豪華商品もあり。

見ている間に、開業記念チケット(THE HANEDA HOUSEの各店舗で使えるらしい)がバンバン当選しています。
いいな~。
なんという太っ腹な抽選会。
(*゚∀゚)=3

では早速、私も抽選に参加。
HND2018DECH086R
末等の参加賞(ティッシュ)でした。

ざんねん。
_| ̄|○

「THE HANEDA HOUSEチャレンジ(←勝手に命名)」も敗北に終わりました。

で、この「ファーストパティオ」周辺には・・・。
HND2018DECH079R
以前から開業しているレンタルオフィス「Regus Express」があります。
チラシのクーポンでビジネスラウンジが1時間無料で使えるとのことで、マス・コミュニケーションっぽい方々が沢山お仕事をされていました。

飛行機が見えるスターバックスへ!

ではさらに・・・。
HND2018DECH057R
迷路感が漂う通路を奥へと進みましょう。
「THE HANEDA HOUSE」は、思っていたよりも横に長くて結構広い・・・。

期待の「飛行機が見えるスターバックス」に到着。
HND2018DECH095R
天井の配管むき出しなところが逆にオシャレな感じです。
営業時間は6:30~21:00とのこと(2018/12/19現在)。

立て看板に羽田空港ならではのWelcomeメッセージあり。
HND2018DECH056R
「飛行機の離発着を見ながら、ごゆっくりお過ごしください」とのこと。
羽田空港の画にB滑走路が描かれていないとか、細かいことを気にしてはいけません。

場所はこのあたり。
starbucks
やや奥まった場所にあり。

早速コーヒーを購入して、店内へ。
HND2018DECH055R
おお~、かなり賑わっています。
初日なせいか関係者っぽい方々が多いです。

そして窓際には・・・。
HND2018DECH051R
飛行機が見えるカウンター席があり!
(*゚∀゚)=3

窓際席は16席ほど。
充電コンセントもあります。
窓際ではないけど、充電できるカウンター席も22席ほどありました。

ただし・・・。
HND2018DECH054R
晴れた日の夕方は西日が眩しいです (ノ∀`)
第1ターミナルだから致し方なし。

ブラインドのスキマからは・・・。
HND2018DECH045R
第1ターミナルに駐機しているJAL国内線の機材と、A滑走路を離発着する飛行機が見えました。
飛行機を眺めるなら、順光になる朝の滞在がお勧めです。

もし飛行機の種類が気になる方はこちらの記事もどうぞ(気にならないって?)。
羽田空港版・飛行機の機体の種類をざっくりと見分ける方法

やはり「飛行機が見える〇〇」ってイイですねえ。
まさに羽田空港ならではという感じがします。

是非、

  • 飛行機が見える理髪店
  • 飛行機が見える回転寿司屋
  • 飛行機が見えるスーパー銭湯
  • 飛行機を見ながらお酒を飲みながら充電しながらお昼寝が出来るリクライニングチェア

なども作ってほしいです(言いたい放題)。

「セカンドパティオ」へ

では、スターバックスを後にして、さらに奥へと進みます。
HND2018DECH032R
また半円形の広場があり。
ここらあたりを「セカンドパティオ」というらしい。

その「セカンドパティオ」には・・・。
HND2018DECH030R
お高そうな家具類の展示があり。
周囲には、自転車屋さんや紳士服屋など色々なショップがありました。
お店とお店の間に明確な境界がなくて、新しいカンジです。

その他のエリアをウロウロ

さらに周りをウロウロ。
HND2018DECH028R
通路のそこかしこにテーブルや椅子があり。
空弁を食べるのに便利です(私だけ?)。

第1ターミナルは、こういう「自由に使えるテーブル」が、第2ターミナルよりも少なかったので。
空弁を食べるときは、フリーなテーブルが多い第2ターミナルをよく利用していました。
これからは、第1ターミナルでも空弁を食べることにしよう。

さらに「THE HANEDA HOUSE」内をウロウロ。
HND2018DECH038R
滑走路のようなデザインの壁を発見。
空港っぽくてイイですねえ。

フィットネス・スタジオもあり。
HND2018DECH041R
内部がどうなっているかは、外からは分かりません。
いつか利用してみたい。

鍼灸マッサージ店もあり。
HND2018DECH025R
こちらもいつかは利用してみたいと思います。

一番奥の区画までしっかり見て回って、骨の髄までしゃぶり尽くします。
HND2018DECH023R
どん詰まりまで行かないと気が済まない性分なので。

一番奥には緑に包まれたトイレがあり。
まだ工事中?の空き区画があるようで、今後どんなお店が増えるのか楽しみです。

「ANA Hanger bay Cafe by PABLO」のチーズタルトがヤバいの編

最後に立ち寄ったお店はこちら。
HND2018DECH058R
「ANA Hanger bay Cafe by PABLO」

チーズタルト専門店「PABLO」様とANA様がコラボした格納庫をイメージしたカフェとのこと。
JAL様がメインの第1ターミナル内に、ANA様の飛び地(?)が出現。
ANAカード提示で、ANAマイルをいつもより多めに貯められます。

メニューは色々(クリックで拡大出来る予定)
HND2018DECH059R
看板メニューのチーズタルトの他、パスタやカレー、カレードリアもあり。
どれにしようか迷う・・・。

お店の入口のショーケースには・・・。
HND2018DECH077R
昔の航空機に搭載されていたピトー管や航空無線の受信機などの展示があり。
航空マニヤにはたまりません。

レジ近くのショウウインドウには・・・
HND2018DECH073R
カラフルなチーズタルトがズラリと沢山。
まずは基本に忠実にチーズタルトを頂くことにします。

店内の様子。
HND2018DECH061R
ゆったりと落ち着いた雰囲気で、思ったよりも広いです。

ホットコーヒー(350円・税込)と共に・・・。
HND2018DECH070R
チーズタルト・プレーン(220円・税込)と同・ティラミス(300円税込)を購入。
周囲はクッキー生地で、中身はチーズケーキのムースです。
甘すぎない濃厚で上品なお味で、メチャメチャ美味しゅうございました。
これは、第1ターミナルに新名物登場かも。

第2ターミナル名物の「eggcellent Bites」のポルトガル風なパイ生地エッグタルトに強敵出現です。
羽田空港第2ターミナルB1F 「eggcellent BITES」のエッグタルトがヤバいの編

さらに店内には・・・。
HND2018DECH062R
昔の飛行機の写真など、空港にキター感が盛り上がる展示が色々ありました。
「THE HANEDA HOUSE」お立ち寄りの際には是非どうぞ。

というわけで・・・。
HND2018DECH081R
まずはざっくりと、羽田空港第1ターミナル5Fにオープンした羽田空港新名所「THE HANEDA HOUSE」の開業速報でした。

飛行機に乗らない人も空港のワクワク感が感じられるお楽しみスポットです。

年末年始に羽田空港を利用される方も、そうでない方も是非どうぞ。

2018/12/27追記:
おまけ情報。

「THE HANEDA HOUSE」へは、第1ターミナル1Fの「航空神社」の近くに新しく出来た5Fへの直通エレベータから行くと近くて便利です。
地味に出来たので、存在に気付いている人は少ないようですが・・・。




羽田空港第1ターミナル5階に「THE HANEDA HOUSE」なる商業エリアが新しく出来るらしいの編

2018/11/23
この日の羽田空港は小春日和の快晴。
HND2019NOVJ131R
第1ターミナルの展望デッキは多くの人々で賑わっていました。
(写真では人が少ないけど)。
空気が澄んでいて、気持ちが良いです。

「ビール飲みたい指数」が90を記録したため・・・。
HND2019NOVJ137R
第1ターミナル展望デッキの「SKY STATION」にて「HANEDA SKY ALE」670円(税込)を購入。
くぅ~、たまらん。
青空の下、空港で頂くビールは格別です。

さて本題に入りまして・・・。
HND2019NOVJ147R
今回の注目ポイントは、羽田空港第1ターミナル(JAL側)の5階です。

この階は・・・。
HND2019NOVJ112R
ちょっと敷居が高い系の高級寿司店「寿司田」などがあり。
高級な飲食店舗がひっそりと佇む地味エリアです。

んが、しかし。

先日の日本空港ビルヂング様の大本営発表によりますと、2018/12/19より、このあたりに「THE HANEDA HOUSE」なる新たな商業ゾーンがグランドオープンするとのこと!
\(^o^)/

ちなみに、現在の第1ターミナルの5階は・・・。
haneda-house-1
以前は「AVION」(その前はレストラン・キハチ)だったエリアが工事中になっています。
この跡地に「LDH Kitchen the TOKYO HANEDA」なる、ライブステージがあるレストランが2018/12/20よりオープンするとのこと。
飛行機が見える場所ですので、一体、どんな感じになるのか楽しみです。

さらにその左側のエリアに・・・。
haneda-house-2
飛行機が見えるスタバなどを擁する商業エリアが出来るとのこと。
これは楽しみです。
一日中入り浸ってしまうかも・・・。

このエリアの現在の様子は下記。
HND2019NOVJ125R
レンタルオフィス「Regus Express」(右側)の周囲が、工事の仮囲いに覆われていて、まだ新しいエリアはオープンしていません。
この壁の向こうに一体なにが出来るのだろうか。

日本空港ビルデング様の資料によると、この「THE HANEDA HOUSE」に属するお店は以下の14店舗とのこと。

  1. LDH kitchen THE TOKYO HANEDA(ライブレストラン)
  2. Regus express(レンタルオフィス)
  3. スターバックス コーヒー(カフェ)
  4. adidas Brand Core Store(スポーツシューズ・ウェア)
  5. DAHON / Tern(フォールディングバイク)
  6. FAMZON(カスタムヒールシューズ)
  7. KASHIYAMA the Smart Tailor(カスタムオーダースーツ)
  8. Q’s for-rest(ドライヘッドスパ)
  9. IZONE NEW YORK(メガネ・サングラス)
  10. グローバル治療院(鍼灸マッサージ)
  11. ファイテンショップ(スポーツ・健康グッズ/サロン)
  12. b-monster(ボクシングフィットネス)
  13. ANA Hangar bay Café by PABLO(カフェ)
  14. GDO Golfers LINKS HANEDA(ゴルフラウンジ)

かなり盛り沢山です。
(*゚∀゚)=3

鍼灸マッサージや、ボクシングフィットネスまで出来るんですね・・・。

特に、飛行機が見える場所にできる 「3.スターバックスコーヒー」が楽しみです。
羽田空港の出発前エリアには、意外と「飛行機が見えるカフェ」が少ないので。

ちなみに2.のレンタルオフィス「Regus Express」は2017年にオープン済で、以前に訪れたことがあります。
羽田空港第1ターミナル5Fにレンタルオフィス「リージャスエクスプレス」が出来たので利用してみたの編

現在は、人が少ないエリアでひっそりと営業している感じですが、この「HANEDA HOUSE」がオープンすれば、多くの人々で賑わうようになるかも?です。

「GDO Golfers LINKS HANEDA」は既にオープン済

14.の「GDO Golfers LINKS HANEDA」も、2018/10初旬に従来のエリアにオープン済です。
HND2018OCTL046R
オープンして間もない頃のお店の入口には、沢山の胡蝶蘭が飾られていました。
開業おめでとうざいまする。

店内にはカフェスペースもあり。
HND2018OCTL054R
1杯700円もするコーヒーを頂きました。

店内には、お高そうなゴルフの道具が多数販売されており・・・。
HND2018OCTL050R
カフェスペースや、ゴルフの試打ができるマシーンなどがあり。
当方ゴルフはやらないので、試し打ちはせずでしたが。
(単にお店に入りたかっただけ)
ラグジュアリーな空間で、のんびりできました。

というわけで、2018/12/19に新商業エリア「THE HANEDA HOUSE」がグランドオープン予定の第1ターミナル5Fの近況でした。

特に「飛行機が見えるスターバックス」の存在が広まれば、多くの人々で賑わうことになりそうです。
今まで地味エリアだった「羽田空港第1ターミナル5F」の今後に要注目です。

2018/12/19追記
オープンしたので、早速行ってきました。
飛行機が見えるスタバも!羽田空港第1ターミナル5Fに新名所「THE HANEDA HOUSE」がオープンしたので早速行ってみたの編




羽田空港第1ターミナル4F・飛行機を眺めながらトンカツを堪能できる「黄金色の豚」オープンの編

2018/11/17
こちらは、羽田空港第1ターミナル(JAL側)中央のマーケットプレイス。
HND2018NOVM069R
早くもクリスマスムード全開となっております。

2018/11/16(金)に、ここの4階に新店舗が登場!
HND2018NOVM014R
「黄金色の豚」というトンカツのお店です。

福岡空港にもあるお店なのだそうな。

今回新しくできた羽田空港のお店は、A滑走路側に面しており、飛行機を眺めながら美味しいトンカツを堪能することが可能ということで、早速行って参りました。

もともとこのマーケットプレイス4Fの滑走路側エリアは「ロイヤルホスト」や「てんや」を手掛けるロイヤルグループ様が独占的に支配する領土(?)で、以前は・・・。

  • ロイヤル・コーヒーショップ
  • ロイヤル・デリ
  • ロイヤル・ドミニコ

の3店舗が横並びでありました。

この3店舗のうち、真ん中にあった「ロイヤル・デリ」が2018/9/30に突如閉店。

その後しばらく工事中になっていた場所が、今回、同じくロイヤルグループ様が運営するトンカツ店「黄金色の豚」としてオープンしたのでした。

両サイドの「ロイヤル・コーヒーショップ」「ロイヤル・ドミニコ」は、そのまま健在です。

10:00AMの開店と同時に店内へ突撃。
HND2018NOVM033R
内装が新しくてキレイです。

窓際席は4人テーブル3卓と、2人テーブル1卓。
競争率が高そうです。

窓から少し離れてても、外の景色が見える席であれば、充分に空港気分が味わえます。

着席後、キャベツ用のドレッシングとすりごま等が配布されます。
HND2018NOVM031R
ソースも2種類あり。
色々な味でトンカツを楽しむことができます。

A滑走路側に面しているので・・・。
HND2018NOVM041R
窓からは、A滑走路に着陸する飛行機の様子や、国際線ターミナルの駐機場を眺めることができます。
バブル期に建造された出発エリアの天窓が邪魔ですが・・・。

この日はお天気が良く・・・。
20181117_105116
国際線ターミナルの後方に、うっすらと富士山が見えました。
(写真だと見えづらい)
午後になると逆光になるので、眺望としては午前中か夕陽の時間帯がお勧めです。

お食事が来るまでの間は・・・。
HND2018NOVM039R
飛行機を眺めながら、ゴマをゴリゴリします。
パチパチとゴマが弾けて、いい香りが漂ってきました。

そして、霧島豚のロースとんかつ御膳1706円(税込)が着陸。
HND2018NOVM047R
ご飯とキャベツは、お替り自由とのこと。
ウレシイです。
日頃不足しがちな食物繊維を補給すべく、キャベツをお替わりしてしまいました。
特製のドレッシングが美味しゅうございました。

どのソースで頂こうかな・・・。
HND2018NOVM050R
大き目の壺に入った甘口ソースを試してみよう。
先ほどのすりゴマのすり鉢に投入し、ゴマソースを調合します。

では頂きまーす。
HND2018NOVM052R
サックサクの衣に、ふんわり柔らかな豚肉。
甘めのソースとの相性も抜群で、ご飯が進みます。
メチャメチャうまい(涙)。

メニューによると・・・。
HND2018NOVM027R
「かつカレー」もあるらしい。
次回は是非これも食べてみたい。

かつカレーも「御膳」と同様に、「霧島豚」と「四元豚」の2種類からお肉を選べるとのこと。
今回頂いたのは「霧島豚」。
「四元豚」のほうがお値段がお安いです。
お好みでどうぞ。

というわけで、のんびりと飛行機を眺めながら、美味しい霧島豚トンカツを堪能できる「黄金色の豚」のご紹介でした。

***

ちなみに現在、同じ第1ターミナルの1つ上の階(5F)では・・・。
HND2018NOVM059R
2018/3/31まで「AVION」だった(その前は「KIHACHI」だった)区画が絶賛工事中。
A滑走路に面した、かなり広大なエリアです。

アルバイト求人サイト「バイトル」などで「羽田空港」を検索すると・・・
2018/12月に、何やら楽しそうなお店がオープンするようで、アルバイトを大募集中とのこと(2018/11/17現在)。
開業が楽しみです。

同じ5Fには、

  • 焼肉トラジ(閉店)の跡地に、焼肉店「新宿・幸永」
  • ゴルフの試打ができるラウンジのようなカフェ「GDO Golfers LINKS -HANEDA-」

なる新店舗が最近オープンしています。

実は既に両店とも突撃済なのですが、記事にするヒマがありませんでした(汗)。

第1ターミナルの次なる展開に期待しましょう。




羽田空港第1ターミナル3Fに中華料理店「彩鳳」が復活の編

2018/08/11
こちらは羽田空港第1ターミナル(JAL側)のマーケットプレイス3F。
HND2018JULW099R
以前は「赤坂璃宮」だったスペースに、新店舗が先月(2018年7月)オープンしました。
その名も「中華料理 彩鳳」。

羽田空港国内線の公式サイトの情報によると・・・

昭和38年。東京オリンピック開催の前年、羽田空港に最高級の料理とサービスを兼ね備えたレストランが相次いで開業し、その中でも一際人気だった『中華料理 彩鳳』が復活オープンいたしました。 当時の人気メニューに加え、新時代を感じさせる新しいメニューなど、細部にまでこだわった料理長自慢の一品の数々をお楽しみ下さい。

とのこと。
「復活オープン」とのことですが、昭和38年だと、さすがに私もまだ生まれておらず。
懐かしいというよりは、昔そんなお店があったんだ・・・という感じです。

店頭には開店記念の花輪がたくさん。
HND2018JULW100R
2018年7月18日にグランドオープンしたとのこと。
おめでとうございまする。
「グランドオープン」の「グランド」って良く耳にするけど、どういう意味なんでしょうね?(どうでもいい)。

では店内に突入。
HND2018JULW098R
入口には格調高いカウンターがあり。
一般庶民の私には苦手なヤツです。

お昼時ということもあってか、数組が並んでいました。
紙に名前と人数を書いて待つこと10分。
店内へと案内されました。

入口にはガラス張りの厨房があり・・・。
HND2018JULW102R
焼売などが入ったセイロを蒸している様子などを見ることができます。
イケてる中華料理店って感じがしますね!

店内はかなり広いです。
HND2018JULW103R
店員さんはキレイなチャイナドレスを着用していました。
高級感が漂っています。

窓の外には・・・。
HND2018JULW106R
第1ターミナルの出発エリアが見えて開放的。
緑が生い茂ったフードコート席で談笑している旅行者の姿もあり。
私も飛行機乗りたい。
いいなー。

出発エリアのさらに向こう側には・・・。
HND2018JULW107R
ちょこっとだけ国際線ターミナルを眺めることができました。
始めてこのスペースのお店に入りましたが、こういう景色が見える場所だったんですね。

で。

五目冷やし焼売セット 1530円(税別)
HND2018JULW109R
夏季限定の冷やし中華のランチセットメニューです。
最近暑いから、冷やし中華がイイですね。
付属物は炒飯か焼売かを選ぶことができて、焼売を選択しました。

まずは、冷やし中華から頂きまーす。
HND2018JULW112R
醤油+お酢風味のあっさり系。
エビが入っているところに高級感を感じてしまいます。
具沢山で美味しい。
けど、まあ普通かな・・・。

続いてジャンボ焼売。
HND2018JULW114R
アツアツです。
焼売の上にエビが乗っているのは、以前に食べた空弁「彩鳳シュウマイ弁当」のシュウマイと同様です。
きっとこのエビが「彩鳳」の焼売の伝統なのでしょう。
お味は思ったよりも薄味でアッサリ系でした。

デザートの杏仁豆腐もついてきます。
HND2018JULW115R
甘すぎずさっぱりとしたお味で美味でした。

というわけで、羽田空港旧ターミナル時代の高級中華料理店「彩鳳」復活のレポートでした。
いわゆる「空港価格」なお店ではありますが、高級感のある店内で、ゆっくりとお食事を楽しみたい方にお勧めのお店です。

ちなみに同じ第1ターミナル地下一階には・・・。
HND2018JULW119R
フードコートに、以前から「羽田彩鳳」があります。
こちらはもっとカジュアルな感じのお店。
庶民派の方(?)はこちらもどーぞ。




羽田空港第1ターミナル5Fの「AVION」が閉店していたの編

2018/4/28
こちらは、羽田空港第1ターミナル(JAL側)の5F。
HND2018APLA023R
おおっと。
ついに工事区画になってしまいましたか。

この区画は・・・。
HKG2017NOVE035R
以前は「AVION」というレストランだった区画です。

3/31当時に貼られていた貼り紙によると・・・。
HKG2017NOVE034R
2018/3/31に閉店する、とのことでした。

実はこの5Fの「AVION」は、今年(2018年)の1月に「エアターミナル・グリル・キハチ」の跡地にオープンしたばかりの新しいお店でした。
開業からおよそ2か月余で閉店してしまったことになります。
(第1ターミナルの地下にあるカレー屋のAVIONは健在です)

この5Fの「AVION」がオープンして間もない頃に、カレーを頂いたレポートはこちら。
羽田空港第1ターミナル5F「KIHACHI」の跡地に「AVION」オープンの編

ややお値段はお高かったものの、飛行機を見ながら優雅にお食事ができるお店でした。
昭和の頃の「AVION」の人気メニューだった「クラッシック・ビーフカレー」が美味しかっただけに残念・・・。
(地下のカレー屋のAVIONで食べられますが)
お疲れ様でした。

ちなみにこの工事区画はかなり広く・・・。
HND2018APLA022R
A滑走路に離発着する飛行機や、国際線ターミナルの駐機場も眺められるという「かなりいい場所」が工事に入ったことになります。
この第1ターミナルの一等地に、一体何が出来るんでしょうかねえ。

  • また飛行機が見える高級レストランができる?
  • お隣のコワーキングスペース「Regus Express」が店舗拡大?
  • 展望デッキ的なものになる?

などなど、色々な妄想が膨らみます。

何はともあれ、工事の完成を楽しみに待つことにしましょう。




羽田空港第1ターミナル5F「KIHACHI」の跡地に「AVION」オープンの編

2018/01/19
新規開店シリーズです。
こちらは羽田空港第1ターミナル(JAL側)の5F。
HND-2018JAN-049R
最近になって、ここに新店舗「AVION」がオープンしました。

以前は「エアターミナルグリル・キハチ」だった場所です。
先代の「キハチ」は2017/12/31をもって閉店したとのこと。
気がつかなかった・・・。
(ソフトクリーム屋のキハチはまだ健在です)

「キハチ」の設備をほぼそのまま残す形で「AVION」に引き継がれたようです。

先代の「キハチ」時代には、第1ターミナル最高額カレー「揚げたてカツカレー」を食べに行ったことがあります。
羽田空港最高額カレーはどこのお店?TOP4を実食してみたの編

「AVION」には「揚げてカツカレー」はありませんでしたので、上記の記事を更新しなければなりませんね・・・。

で、話を元に戻しまして。

「AVION」の店頭には「昭和40年頃のアビオン」のカラー写真がいくつか展示されています。
HND-2018JAN-048R
昭和40年頃といえば、国際線も飛んでいた頃の旧羽田空港ターミナル時代。
そんな昔からある羽田空港の老舗洋食レストランなのだそうな。

第2ターミナルの出発階2Fと、第1ターミナル地下1階には、以前から「AVION」があるので、このお店が3店舗目ということになります。

店頭には「昭和のAVIONの人気メニュー」があり。
HND-2018JAN-050R
「当時のレシピ」とのこと。
メニューが色々あって迷う・・・。

では店内に突入。
HND-2018JAN-053R
「キハチ」時代と、ほぼ同じの店内。
椅子が新しいのに変わった・・・かな?

窓の外には・・・。
HND-2018JAN-052R
A滑走路と国際線ターミナルを望むことができます。
飛行機を見ながらお食事ができるという絶好のロケーション。

今回選んだのは「クラッシック・ビーフカレー」1500円。
HND-2018JAN-056R
カレーがセパレートされているところに高級感を感じます。

カレールーの中は・・・。
HND-2018JAN-057R
スプーンで探ってみると、大きな牛肉がゴロゴロと入っているのが分かります。

付け合わせの福伸漬けとらっきょうもあり。
HND-2018JAN-058R
シャキシャキしていて、スッキリとした甘さ。
こってりカレーとの相性がバツグンです。

では、カレールーをライスの上に全投入させて頂きます。
HND-2018JAN-062R
かなりドロッとしています。
湯気と一緒に美味しそうなカレーの香りがぷうんと漂ってきました。
これはタマラン。
このカレーを投入する瞬間のワクワク感が、セパレート型カレーの醍醐味ですね。

カレーはコクのある上品な甘口。
柔らかい牛肉がほろほろと口の中でほぐれて広がっていきます。
辛さはほとんどないので、小さなお子様でも安心して食べられそうです。
タマネギ等の野菜類以外にも、色々な隠し味が入ってそうな奥深~いお味のカレーでした。

お会計のあとは、同じ第1ターミナル地下1Fにある「カレーダイニング・AVION」の様子を見に行ってみました。
HND-2018JAN-064R
こちらの地下1Fのお店が5Fに移転したのかと思いきや、引き続き営業中でした。
こちらでは「クラッシック・ビーフカレー」は1540円。
何故地下の方が40円お高いのは謎・・・。

昭和の頃の羽田空港から今に伝わる「伝統のカレー」を体験してみたい方は是非どうぞ。




羽田空港第1ターミナルに「FLIGHT SHOP」新装開店の編

2017/12/02
おっ、新装開店。
HND-2017DECA-015-R
こちらは羽田空港第1ターミナル(JAL側) 1F到着階の、以前は「BLUE SKY エアラインショップ」だった区画です。
羽田空港第1ターミナル・1F到着階「BLUE SKYエアラインショップ」が改装工事中の編

2017/09/01に先代のお店が閉店した後、2か月余りの工事期間を経て、2017/11/21に「FLIGHT SHOP」としてリニューアル・オープンしたという次第。

店内は3つのエリアに分かれていて、

  • 東京お土産の販売コーナー
  • エアライン関連グッズコーナー
  • 旅行用品コーナー

という構成になっています。

まずは東京お土産コーナー。
HND-2017DECA-008-R
出発階で大量に売られている「東京ばなな」等の定番土産の姿は見当たらず、
独自の品揃えのお土産が多数あるので、いつもと違うお土産を買いたい方にお勧めです。

エアライングッズコーナーでは・・・。
HND-2017DECA-010-R
第1ターミナルはJAL側ですので、JAL機のダイキャストを多数販売。
歴代の機体も含む、JALのほぼ全機種を網羅しているように見えました。
同じボーイング777-300でも「Wi-Fiアンテナあり版」と「Wi-Fiアンテナなし版」があったりと、こまかい・・・。

通路側のショウウインドウには・・・。
HND-2017DECA-012-R
ジオラマの展示もあり。
先代のお店にあった羽田空港を模したジオラマほど大規模ではないですが。

機内食を配る「カート」も販売中(8万6千円ぐらい)。
HND-2017DECA-016-R
これを買ってどーするのかは不明。
一家に一台、是非どうぞ(笑)

旅行用品販売コーナー。
HND-2017DECA-007-R
スーツケースやパスポートケースや旅の便利グッズなどなどを絶賛販売中。
旅行グッズを見ていると、旅行に行きたくなってきた・・・。

出た!滑走路タオル。
HND-2017DECA-017-R
羽田空港を含む、日本国内の10の空港の滑走路を販売中。
このタオルをお部屋に敷くだけで、あっという間に滑走路を敷設することができます。
モデルプレーンと合わせてお楽しみください。
関西空港の滑走路のタオルを持っていますが、長細いので実際に使う機会はほとんどない・・・。

というわけで・・・。
HND-2017DECA-006-R
羽田空港第1ターミナルにリニューアル・オープンした「FLIGHT SHOP」のご紹介でした。
内装が新しくなって、さらに「羽田空港にキター」感を盛り上げてくれるお店になりました。
飛行機好きで旅行好きな方は是非どうぞ。