「羽田空港・第3ターミナル」カテゴリーアーカイブ

羽田空港第3ターミナルの「DINING 24 羽田食堂」が営業再開していたの編

2022/10/30
1か月ほど前のお話ですが・・・。
この日やってきたのは羽田空港第3ターミナルの4階。
HNDOCE82U026R
ここしばらくの間、休業していた「DINIING 24 羽田食堂」が営業を再開していました。
復活おめでとうございます\(^o^)/

メニューはコロナ前よりも少ない印象。
HNDOCE82U028R
ですが、カツカレーやラーメンの他、唐揚げ、トンカツ、焼き魚の定食もあり。
ガッツリ系のメニューとなっています。
第3ターミナルは営業している飲食店が少ないので助かります。

営業再開を祝して、この日はここでお食事することに。
HNDOCE82U031R
お久しぶりの羽田食堂の店内です。
お冷はセルフサービス。
いやあ、懐かしいですねえ(涙)。

焼き魚定食(鯖文化干し)1200円。
HNDOCE82U034R
小鉢は「ひじき」でした。
焼き鯖は大きくて食べ応えあり。
脂が乗っていて美味しゅうございました。
他のお客さんがお召しあがりになっていた「カツカレー」や「唐揚げ定食」もボリュウミーで美味しそうでした。
第3ターミナルでガッツリお食事をしたい方にオススメの食堂です。


羽田空港第3ターミナル「AIRLINE & AIRPLANE」にフィンエアーのモデルプレーンが展示されていたの編

2022/11/12
こちらは羽田空港第3ターミナル5階の「AIRLINE & AIRPLANE」コーナー。
HND8UI90W058R
今まで羽田空港の国際線に定期便を運航したことのある航空会社のモデルプレーンが展示されています。
最近になって、新たにフィンエアーとITAエアウェイズが新規に就航したので、その後の状況をチェック。

フィンエアーのA350が展示されていました。
HND8UI90W047R
前回の記事のときに既に展示されていたようです。
私としたことが、見逃しておりました・・・。

ITAエアウェイズは・・・?
HND8UI90W057R
まだ設置されておらず(2022/11/12当時)。
航空会社名のアルファベット順に並べられているので、きっと「HK EXPRESS」と「JAL」の間に展示されるはず。
今後の状況を見守りたいと思います。

***

おまけ情報。
20221030_135310
コロナ禍で、開業が延び延びになっていた「羽田エアポートガーデン」について。

第3ターミナル2階の連絡通路入口のシャッターを見てみると。
HND8UI90W030R
おっ。
ついにOPENの日程が決まったようで。

  • 羽田エアポートガーデン 2023/01 OPEN
  • ホテルヴィラフォンテーヌ 泉天空の湯 2022/12/21 OPEN

とのこと。
温浴施設だけ一足先に開業するんですねえ。

ただし泉天空の湯(羽田)の公式サイトによると、大人1名の入館料金は「4800円」とのこと!
(ホテル宿泊者は1600円)
気軽に立ち寄れるお値段ではないようですが、およそ1か月後の開業が楽しみです。


羽田空港第3ターミナル・ITAエアウェイズとフィンエアーが新規就航の編

2022/11/06
この日の羽田空港第3ターミナルは爽やかな秋晴れ。
HNDTWN89A118R
いいお天気ということもありますが、いつもよりギャラリーが多めの印象です。
例によって、何か珍しい飛行機がやってきているに違いない。

113番スポットを見てみると・・・。
HNDTWN89A025R
おお!
(*°∀°)=3
なにやら見慣れない青色の機体が。

これは、イタリアの航空会社「ITAエアウェイズ」の機体。
HNDTWN89A018R
アリタリア航空が破綻して、その資産を引き継いだイタリア国営の航空会社なのだそうな。
2レターコードもアリタリア航空の「AZ」を引き継いでいますが、3レターコードは「ITY」とのこと。

この日は、まさに羽田-ローマ便(AZ793便)の初便の就航日でした。
HNDTWN89A180R
午後1時35分、ほぼ定刻通りにプッシュバックを開始。
機材はエアバスA350-900 (EI-IFE)。
垂直尾翼にイタリア国旗の3色があしらわれています。
コロナ影響で就航が遅れに遅れ、ようやくこの日に初便が就航したとのこと。
おめでとうございまする。
当面は週3便(羽田発・水金日)での運航とのこと。

エンジン部分にも・・・。
ITAEngine
イタリア色のマークがついていました。
若干アリタリア感あり。

この日は北風運用ということで・・・。
HNDTWN89A230R
離陸滑走路であるC滑走路(RWY34R)へと向かっていきました。
鮮やかな青い機体がひと際目立っていました。

ちなみに・・・。
azfr24
フライトレーダーによると、ローマへはロシア上空は通過せず。
中国上空経由の「南周り航路」でのフライトのようでした。
余分に時間と燃料代がかかってしまいますね・・・。

***

さらに、同じ日の午後3時前。
HNDTWN89A253R
RWY34Lのファイナルに、純白の機体が姿を現しました。

こちらはフィンエアーのA350-900 (OH-LWI)。
HNDTWN89A259R
フィンランドの首都ヘルシンキからのAY61便のご到着です。
私が羽田でフィンエアーの機体を見るのはこれが初めて。

胴体に「FINNAIR」の大きな文字。
HNDTWN89A272R
白地に紺色のシンプルなデザインがカッコイイです。
こちらもロシア領空を避けて南周り航路でやってきたため、南方面からの到着機が使うRWY34Lへの着陸でした。

本来は2020年3月に就航開始予定だったのがコロナ影響で延び延びに。
HNDTWN89A302R
2022年10月31日にようやく初便が羽田に就航したとのこと。
羽田への新規就航おめでとうございます。
うう、またフィンランド行ってサウナ入ってロンケロ飲みたい。

ちなみに、第3ターミナル5階のモデルプレーン展示コーナーは・・・。
HNDTWN89A031R
まだ特に変化なし。
以前は新しい航空会社が就航するたびに、新しいモデルプレーンが追加されたものですが。
気長に待つことにしましょう。
というわけで、少しずつ色々な海外の航空会社が見られるようになってきた羽田空港第3ターミナルでした。




羽田空港第3ターミナル・特別塗装機いろいろの編

2022/10/23
この日の羽田空港第3ターミナルは、秋晴れのよいお天気でした。
HNDOC89Q6024R
展望デッキにはギャラリーの皆様が沢山。
かなりの人だかりです。
これは何か特別な飛行機がいるに違いない。

案の定・・・。
HNDOC89Q7011R
エバー航空のサンリオキャラクタージェットがいました。
機材はエアバスA330-300(B-16332)。
羽田でエバー航空を見かけるのは、かなりお久しぶりな感じです。

と、そこに・・・。
HNDOC89Q7032R
中華航空のポケモンジェットが到着。
機材はエアバスA321neo (B-18101)。
これを見るのは初めてです。
パステルカラーな感じの紫色がイイですねえ。

その近くには、ANAのSTAR WARSもいて・・・
HNDOC89Q7042R
3機の特別塗装機のそろい踏みを眺めることができました。
貴重なシーンに立ち会うことができて良かったです。

さらに141番スポットには・・・。
HNDOC89Q7072R
カンタス航空のエアバスA330-300(VH-QPD)が駐機していました。
こちらも羽田でお見かけするのは、かなりお久しぶりです。

というわけで・・・。
HNDOC89Q6042R
・・・と、ムムッ!
ちょっと待って。

T3の展望デッキにあった、タッチパネル式のサイネージが・・・。
HNDOC89Q6045R
表面にフィルムのようなものが貼られて、駐機場の案内図になっていました。
最近はずっとタッチパネルや液晶画面が壊れたままになって「調整中」になってましたからねえ。
確かに壊れたままの状態よりも、こうやって駐機場のスポット番号が分かったほうがアリガタイかもです。

もう一種類あり。
HNDOC89Q6047R
こちらは羽田空港の全体図。
4本ある滑走路の場所等が分かるようになっています。
これも、羽田に初めて来た方々にとってはアリガタイ情報と思われます。

というわけで・・・。
HNDOC89Q6063R
少しずつ海外のエアラインが戻ってきて、活気を取り戻しつつある羽田空港第3ターミナルでした。




2022年9月の羽田空港第3ターミナルいろいろ

2022年9月。
暑さが和らいできて、秋の訪れが感じられるようになった今日この頃。
HNDTWTTSPY2Z045R
今回は、2022年9月の羽田空港第3ターミナルに関する雑多な話題をお送りいたします。
お天気のよい日の第3ターミナル展望デッキは、見学に来る方々で賑わっていました。
あと、9月初旬に入国前PCR検査が緩和された影響なのか、欧米人パッセンジャー様の姿も目立つようになってきました。

展望デッキに面している「EXPASA Cafe羽田」。
HNDWTB9AYW051R
第3ターミナル5階で唯一営業している飲食店です。
こちらも店内満席で、見学の人々で賑わっていました。

以前は「ハローキティ・ジャパン」があった区画。
HNDWTB9AYW052R
ハローキティ・ジャパンが撤退した後も、空き区画のままです。
果たして、この後に新しいお店ができるのかどうか注目されます。

その近くのおもちゃ屋さんの「博品館」。
HND8UIT32020R
ミニカーのレーシングコースがあるお店。
こちらは少し前から営業を再開しています。
手品のおじさんはいなかったけど・・・。

5階の反対側の「COOL ZONE」へ。
HNDWTB9AYW053R
プラネタリウムのある「スターリーカフェ」のあるゾーンです。
んが「スターリーカフェ」を含むすべてのお店が閉店中・・・。
(自販機・プリクラコーナーは稼働中)

あれ?
HND8UIT32027R
そういえば、このあたりにいたスターリー君はどこへ?

入口の裏手の目立たないところにいらっしゃいました・・・。
HNDWTB9AYW054R
コロナ後もご活躍を期待しております。

では一つ下に降りて4階へ。
HNDTWTTSPY2Z035R
だいぶ人々の賑わいが戻りつつある印象です。
コロナ前の30~40%ぐらい?
ただし、コロナ前にやっていた「朝顔」や「紅葉」などの季節の装飾はありません・・・。
華やかだったあの頃がなつかしひ(遠い目)。

江戸小路へ。
HNDWTB9AYW048R
少しずつ営業しているお店が増えつつありますが、まだ多くのお店が閉店中。
お客さんが増えている割には、営業しているお店が少ないので、土日のお昼はお店に行列ができていました。

4階の「おこのみ横丁」へ。
HNDWTB9AYW068R
コロナ前はテイクアウトのお店が賑わっていましたが。
2022年9月時点では、うなぎの宮川様のみ営業中。
コロナ禍でも休まずに営業し続けた宮川様には脱帽です。
ただ最近は、だんだん営業時間が短くなってきていてちょっと心配。

2階到着ロビーへ。
HNDTWTTSPY2Z020R
こちらも、お出迎えの人々が少しずつ増えてきました。
スーツケースを転がす欧米系旅客様の姿も増えてきた印象。
京急の切符の買い方が分からず、スタッフさんとやりとりをする外国人客様の姿を見るのはかなり久しぶりでした。

しかしながら、2階のシャワールームは・・・。
HNDTWTTSPY2Z029R
依然として休業中(ANNEXも同様)。
あの、やたら水の勢いが強いシャワーをもう1度浴びてみたい。
果たして営業を再開するときがやって来るのか、注目です。

国内線乗り継ぎカウンター。
HNDTWTTSPY2Z026R
こちらは再開し始めたようです。
ただし終日利用可能なわけではなく、一部の時間帯のみ。
ANAとJALで稼働時間が異なるようですので、公式サイト等をご確認ください。

というわけで・・・。
HNDTWTTSPY2Z002R
少しずつ再起動しつつある羽田空港第3ターミナルの状況でした。
10月上旬からは、さらに水際対策が緩和されるとのこと。
いよいよコロナ前の賑わいが戻って来る時がやってくるのでしょうか。
「人が少ない第3ターミナル」を見ておきたい方は今のうちにどうぞ(?)。




羽田空港第3ターミナル・江戸小路の「焼肉チャンピオン」が営業再開したので「焼肉御膳」を頂くの編

2022年8月上旬のこと。
ついに夏休みシーズン到来。
HND8UIT32017R
またまた羽田空港第3ターミナル展望デッキにやってきました。
やはり夏休みということで、かなりの数のファミリー客で賑わっていました。
これだけの人で賑わうのは、コロナ禍に入ってから初めてかも。
曇りがちのお天気ですが、日差しが遮られてやや涼しめでした。

さてさて、いつものごとく第3ターミナルの営業店舗チェック。
HND8UIT32052R
おっ。
2022年8月に入ってから、今度は「焼肉チャンピオン」様が営業を再開したようです。
少しずつ営業店舗が増えてくるのは喜ばしい限り。

では早速、4F江戸小路の焼肉チャンピオン様へ。
HND8UIT32053R
お~、確かに営業再開しています。
お祝いの花輪もあり。
営業再開おめでとうございます(勝手に祝福)。

では、今回も営業再開を祝して入店!
HND8UIT32057R
カウンター席が満席だったため、テーブル席を案内されました。
お1人様でも快く引き受けて頂いて感謝。
この日は休日ということもあってか、店内はかなり賑わっていました。

もっともポピュラーなメニューと思われる「焼肉御膳」2400円を発注。
HND8UIT32060R
サラダ付きです。
レタスがフレッシュでパリパリしていて美味しゅうございました。
ボリュウムもあって、なかなか良いです。

そしてお肉のセットが到着。
HND8UIT32002R
スープもついてきます。
キムチが思っていたよりもボリュウミー。
結構満足度高いです。

そして、このお肉\(^o^)/
HND8UIT32003R
こ、これはいいお肉に違いない。
脂身の入りかたが美しいです。
こういう高級な焼肉のお店でも、お肉の量が思ったよりも多かったのがウレシイです。

では早速、焼き工程へ。
HND8UIT32010R
1切れずつ、丁寧にじっくりと焼いていきましょう。
ロースター内に強力な吸気口があるので、服に焼肉の匂いがほとんどつきません。

こんがりと焼けところで・・。
HND8UIT32011R
専用の焼肉タレにつけて・・・。

OTR (On The Rice) して頂きます。
HND8UIT32012R
めっちゃウマ\(^o^)/
上品な脂身が、お口の中でサッと溶けてなくなりました。
これ以上の幸せがあるだろうか。
お肉は、ややレアめに焼いたほうが美味しかったです。

じっくりと、夢中で高級焼肉を堪能させていただきました。
サラダやキムチもたっぷりなので、2400円でこの内容は、なかなかコスパがよいように感じました。
羽田空港第3ターミナルで、高級焼肉を堪能したい方は是非どうぞ。




羽田空港第3ターミナル・江戸小路の「かつ仙」が営業再開したので「ひれかつ膳・竹」を頂くの編

2022年7月のこと。
この日やってきましたのは、羽田空港第3ターミナル(国際線)。
HND8USTW050R
少しずつですが、お客さんが増えてきて、若干ザワザワした感じになってきた印象。
国内線はほぼコロナ前の賑わいに戻った感がありますが、国際線はまだ全盛期の15%ぐらい?な感じです。

第3ターミナル内で営業しているお店の一覧 (2022/07)。
HND8USTW016R
おっ。
最近になって、江戸小路の「かつ仙」様が営業を再開したようです。

では再開を祝して早速入店!
HND8USTW043R
まだ準備中だったので、少し待ってから入店します。
いやあ、メチャメチャお久しぶりです。
前回ここの店内でお食事をしたのは、2010年の第3ターミナル(当時は国際線ターミナル)開館直後だったような。
もしそうだとすると、約12年ぶりの訪問ということになります。

「ひれかつ膳・竹」1900円
HND8USTW084R
ご飯はお代わりできますとのこと、だったと思います(うろ覚え)。

テーブルにあるゴマドレッシングとソースを投入。
HND8USTW094R
千切りキャベツがフワフワで、スッと胃袋に吸収されました。

ひれかつはサックサク。
HND8USTW092R
ヒレ肉はサッパリジューシーで、大変美味しゅうございました。
日本が世界に誇るジャパニーズ・トンカツは最高ですね。
早くコロナが収まって、また世界中の旅行者様に味わって頂きたいものです。

美味しいトンカツでお腹を満たした後は・・・。
HND8USTW041R
江戸小路をウロウロ。
「かつ仙」様が営業を再開したとは言え、まだほとんどのお店は休業中です。
果たしてこの先どうなることやら。

というわけで・・・。
HND8USTW102R
少しずつスーツケースを転がす人の姿が増えつつある羽田空港第3ターミナルでした。




羽田空港第3ターミナルにタイ航空、大韓航空、アシアナ航空、中華航空が戻ってきたの編

2022年7月。
この日やってきたのは、羽田空港第3ターミナル展望デッキ。
HND8USTW018R
午前中から30℃越えで暑い~。
すっかり夏の気候になって参りました。

展望デッキ左手には・・・。
HND8USTW025R
JALのボーイング777-300ERが並んでいました。
そういえば、コロナ前はいつも777-300ER祭りだったな~。
お久しぶりな光景です。

右手方向にはANAのボーイング777-300ERと787たち。
HND8USTW028R
少し前まで閑散としていた第3ターミナルの駐機場も、徐々に飛行機が増えてきました。
少しずつコロナ前の景色が戻りつつあります。

そんな中・・・。
HND8USTW171R
タイ航空のボーイング787-8がバンコクへ向けて出発。
羽田でタイ航空を見るのはかなり久しぶりです。
おかえりなさいませ。

ほぼ同時に・・・。
HND8USTW158R
アシアナ航空のエアバスA330-300も到着。
こちらもお久しぶりです。

アシアナ航空は、110番スポットのANA機の出発が遅れたため・・・。
HND8USTW178R
駐機場に入れず、しばらく待たされていました。

そうこうしている間に、お久しぶりの大韓航空のエアバス機も到着。
HND8USTW194R
こちらが駐機予定の109番スポットのANA機もまだ出発していません。
ややカオスな状況となって参りました。

で、どーなるかと思いましたが・・・。
HND8USTW211R
ここで109と110番スポットのANA機がプッシュバック開始。
空いたスポットに、奥で待たされていたアシアナと大韓航空がササーッと滑り込みました。
なんかカッコイイ。

というわけで・・・。
HND8USTW227R
韓国の飛行機が横並びで無事到着。
お疲れ様でした。

さらに・・・。
HND8USTW263R
台湾のチャイナエアラインも復活していました。
こちらもお久しぶりです。
チャイナエアラインのA321neo(B-18106)を見るのは初めてかもです。

コロナ禍になってからは、昼間やってくる外国の飛行機といえば、デルタ、ガルーダインドネシア、ルフトハンザ+α ぐらいでしたが。
お久しぶりの航空会社が戻ってくると、なんだかウレシイです。
コロナ前に比べるとまだまだですが、少しずつコロナ前の光景が戻りつつある羽田空港第3ターミナル展望デッキでした。




羽田空港のカレーその10 カフェカーディナル・チキンカレーセット@T3

2022/04/17
久々に「羽田空港のカレー」シリーズ・第10弾をお送りします。
この日やってきたのは、第3ターミナル4階のカフェ・カーディナル様。
HNDT3APTWTT3W006R
最近はお休みの日が多かった印象。
コロナ前は24時間営業のお店だったのですが・・・。

この日の営業時間は・・・。
HNDT3APTWTT3W007R
午前中(8:00-12:00)のみの営業でした。
最新の営業時間は、羽田空港の公式サイトをご確認ください。
営業時間以外でも、椅子とテーブルは開放されているので、自由に利用可。

で、このお店の看板メニューといえば・・・。
HNDT3APTWTT3W011R
こちらのチキンカレーセット。
まさに羽田空港第3ターミナルを代表するカレーと言ってよいでしょう。

というわけで、久しぶりにチキンカレーセット(1200円)を獲得。
HNDT3APTWTT3W013R
カレー本体は1000円。
プラス200円でドリンクセットにできます。
大きなナンはホカホカのアツアツ。
一見、量がありそうに見えますが、そんなに生地が分厚くないのでほどよい分量。
ライスもありますが、この日はライス売り切れでした。

こちらがカレールー。
HNDT3APTWTT3W017R
ピリ辛くてやや甘口。
ガツンと濃厚な風味でナンがどんどん無くなっていきます。
柔らかいチキンが入っていて、美味しゅうございました。
ビーフやポークではなくチキンカレーなのは、色々な国籍や宗教のお客さんに対応できるからなのでしょうかねえ。
久しぶりにカーディナルのカレーを頂くことが出来て良かったです。
第3ターミナルにお越しの際は是非どうぞ。




羽田空港第3ターミナルのいろいろ2022年4月

2022/04/27
この日、久しぶりにやってきたのは羽田空港第3ターミナル。
HNDT3APTWTT3W003R
ついにコロナ禍3年目に突入した第3ターミナルの雑多な話題についてお届けいたします。

そういえば・・・。
2020年3月14日に「国際線ターミナル」から「第3ターミナル」に改称されてから、もう2年が経過したことになります。
「3タミ」と呼ぶことにも、だんだん違和感が無くなってきました。

そんな「3タミ」4階の広小路へ。
HNDT3APTWTT3W002R
このあたりは、コロナ前は藤棚やアジサイで彩られていたこのエリア。
「3タミ」に名称変更されて以来、何も装飾がない状況が続いております。

第3ターミナルの営業中店舗は相変わらず少ないです。
HNDT3APTWTT3W005R
が、少しずつ営業時間が長くなってきている印象。
そんな中「つきじ宮川本廛」様は、コロナ禍中もほとんどお休みすることなく営業を続けていてスゴイです。

4Fの「カフェ・カーディナル」様。
HNDT3APTWTT3W006R
長らくの間休業していましたが、最近になって営業を再開した模様。
コロナ前は24時間営業でしたが、このときは短縮営業でした。
羽田空港内の飲食店や店舗の営業状況の最新情報は、羽田空港公式サイトの「トピックス」をご確認ください。

***

5Fの展望デッキへ。
HNDT3APTWTT3W029R
この日はまあまあ良い天気。
写真には写っておりませんが、飛行機を見に来ている人々も結構多いです。

駐機場には・・・。
HNDT3APTWTT3W032R
少しだけ運行されているANAとJALの国際線機材が見られました。
早くコロナ前のように、色々な国の航空会社の機体が見られるようになると良いですねえ。

同じく5階にあるフライトシミュレータのコーナー。
HNDT3APTWTT3W034R
こちらもずっと営業休止中です。
営業再開が待ち遠しいところ。

久しぶりに登場のモデルプレーン展示コーナー「AIRLINES & AIRPLANES」。
HNDT3APTWTT3W021R
コロナ前は、海外の航空会社が新たに定期便を就航開始するたびに、新しいモデルプレーンが追加されて盛り上がっていました。
何もかも皆懐かしい。
最近はずっと、コロナ前の37機体制(だったかな)のままとなっております。

***

2階の到着階へ。
HNDT3APTWTT3W045R
東京オリパラ前の改装工事で、このあたりのサイネージ類がデジタル化されました。
天井からぶら下がっている案内表示は、以前は普通の看板だったのが、複数の言語の案内が変わるがわる表示されるシステムになっています。
このあたり、地味に進化していますねえ。

その2階から駐車場へ向かう通路の途中には・・・。
HNDT3APTWTT3W053R
住友不動産様の巨大複合施設「羽田エアポートガーデン」への入口があります。
が、開業延期中のため、まだ一度もこのシャッターが開いたのを見たことがありません。
多摩川と飛行機が見えるらしい「泉天空の湯」の露天風呂に早く入ってみたいです。

というわけで・・・。
国内線側(第1第2ターミナル)は賑わいが戻りつつあるものの、まだまだ静かな状態が続いている第3ターミナルでした。
今年度こそは、コロナが落ち着いて「第3ターミナル」に賑わいがやってきますことをお祈りいたします。