「羽田空港・国際線ターミナル」カテゴリーアーカイブ

羽田空港国際線・中国東方航空の特別塗装機「上海ディズニーリゾート」飛来の編

2018/01/13
この日の羽田空港国際線展望デッキは、かなり寒いものの快晴。
HND-2018JAN-066R
おっ。
いつもよりギャラリーの方が沢山いますね・・・。
何か珍しい飛行機がいる模様。

皆様のお目当てはこちら。
HND-2018JAN-069R
国際線の110番スポットに駐機中の鮮やかなブルーの機体。
はじめて見る機体です。

これは中国東方航空のエアバスA330-300 特別塗装機(登録記号 B-6507)
HND-2018JAN-005R
2:30PMにプッシュバックが始まると、カメラのシャッター音が沢山鳴り響きました。

機首部分には・・・。
image
ミニーマウス氏とミッキーマウス氏の両名が描かれています。

機体の後部には・・・。
image
シンデレラ城と「上海迪士尼度暇区(上海ディズニーリゾート)」の文字が。
なるほど、上海ディズニーランドのPRのための特別塗装機なのですね。

右舷側も同様な塗装でした。
HND-2018JAN-014R
機内もディズニーな感じになっているのかどうかは不明・・・。
ディズニー好きな方は、是非搭乗してみてくださいませ。


羽田空港国際線の朝ごはん・スターリーカフェ PRONTO 野菜たっぷりチーズオムレツセット

2018/01/06
羽田空港内にありながらも、500円以下でモーニングセットが頂けるお店シリーズです。

今回やってきたのは、国際線ターミナル5Fの「スターリーカフェ」併設の「PRONTO」。
HND-2017DECL-018-R
プラネタリウムが人気のカフェですが、プラネタリウムに入らなくても、外のテーブルで普通にお食事が可能。

お目当ては、朝7:00~10:00の間に提供されているモーニングセット。
HND-2017DECL-010-R
モーニングセットメニューは5種類あり・・・

  • ビタミンサラダ&チーズオムレツセット 490円(税込)
  • トーストセット 390円(税込)
  • ハムチーズトーストセット 450円(税込)
  • ソーセージエッグマフィンセット 420円(税込)
  • あさのラテ クロワッサンセット 390円(税込)

どれも500円でお釣りがくるという、リーズナブルな価格設定となっています。
4F江戸小路のお食事がお高くて・・・という方にお勧めの穴場カフェなのです。

店内の様子。
HND-2017DECL-019-R
朝は比較的お客さんが少な目です。
空港関係者っぽい方がお食事をされているのを時々見かけます。
空港の無料Wi-Fiは使えますが、電源コンセントはありませんので悪しからず。

ビタミンサラダ&チーズオムレツセット 490円(税込)
HND-2017DECL-022-R
野菜たっぷりなのが素晴らしい。
チーズオムレツはコクがあって、ホカホカのトーストとよく合います。
これにホットコーヒーもついて490円というのは、かなりコストパフォーマンスが良いと感じました。
海外への出発前に、お安く野菜たっぷりの朝食で腹ごしらえしたいーという方は是非どうぞ。

羽田空港国際線で500円以下で朝食セットが頂ける、その他のお店の記事はこちら。


お雑煮もあり。羽田空港国際線のお正月2018

2018/01/02
あけましておめでとうございます。
2年ぶりに、お正月の羽田空港国際線ターミナルの様子を見に行って参りました。
HND-2018NY-050R
国際線4Fの広小路には立派な鏡餅が登場。
日本のお正月の雰囲気が漂っております。

江戸小路の中央には・・・。
HND-2018NY-032R
昨年と同様、凧が上がっていました。
「迎春」の凧もあり、すっかりお正月ムードになっています。

江戸舞台では、はねだの町~♪
HND-2018NY-064R
こちらも恒例の江戸の町人の方による人情喜劇やもちつき大会などなど。
今回の人情喜劇の主役は相撲取りの雷電・・・ではなくて徳川綱吉様でした。
ほぼ30分毎になにかしらイベントが行われていて盛りだくさんです。
マス・コミュニケーションの方々の姿もあり。

こちらは国際線4Fおこのみ横丁の「だし場日本橋」。
HND-2018NY-015R
自慢のお出汁を使ったスープやお弁当類を販売しているテイクアウト専門店です。

こちらでは、はねだ江戸翼祭りメニューを絶賛発売中。
HND-2018NY-013R
だし飯稲荷(360円税込)と、あおさと鶏肉のお雑煮(420円税込)。
期間のみならず数量も限定されているとのことなので、これは買わざるを得ません。

早速購入。
HND-2018NY-017R
お雑煮は出汁の味がよく染みていておいしゅうございました。
お稲荷さんも安定した美味しさで、満足の2018年初ごはんとなりました。

5Fのお祭り広場では「新春楽市」を開催準備中。
HND-2018NY-072R
国際線ターミナルで500円お買い上げする毎に縁日の参加券がもらえるのは例年どおり。
し、しまった、さっきのレシートを捨ててしまった・・・。
レシートは大事に取っておきましょう。

縁日の恒例・段ボール紙相撲コーナー。
HND-2018NY-067R
今年は戌年ということで、お犬様の関取になっていました。
ん、これは犬・・・でいいのかな?
2018年もよい一年になりますように。

というわけで・・・。
HND-2018NY-009R
お正月は、初詣ついでにイベント盛りだくさんの羽田空港にも是非どうぞ。
この「羽田江戸翼まつり」は1/3(水)まで。
詳細は羽田江戸まつり公式サイトをご参照のこと。




羽田空港国際線で一番お安い朝ごはん?吉野家のベーコンエッグ朝食350円の編

2017/12/17
羽田空港国際線の朝ごはんシリーズです。
今回は、羽田空港国際線(出発前エリア)で最もお安い朝ごはん(モーニングセット)は一体どこだろう?と思い立ち、探ってみました。

いきなりの結論はこちら。
HND-2017DECL-029-R
国際線ターミナル4F「はねだ日本橋」の奥の端っこにある24時間営業の吉野家です。
いつも外国人旅行者や空港職員の皆様で賑わっています。

ちなみに羽田空港国際線の出国前エリアでモーニングセットメニューをやっているお店は以下でした(2017/12/16現在。筆者調べ)

  • 3F タリーズコーヒー (朝メニュー11:30まで)
  • 4F 吉野家 (朝メニュー4:00-11:00)
  • 4F モスカフェ (朝メニュー10:30まで)
  • 4F 和カフェテリアDining 24 羽田食堂 (朝メニュー4:00-10:00まで)
  • 4F江戸小路・PORT-SIDE KITCHEN by グリル満天星麻布十番 (朝メニュー9:00-10:30)
  • 4F江戸小路・神楽坂グラタン食堂「ボン・グゥ」(朝メニュー9:00-11:00)
  • 4F江戸小路・エッセ ドゥエ イル ビナーリオ(朝メニュー8:00-11:00)
  • 5F Expasa Cafe 羽田 (朝メニュー8:00-10:00)
  • 5F PLANETARIUM Starry Cafe PRONTO (朝メニュー7:00-10:00)

4F江戸小路のお店のモーニングセットメニューは1000円前後のものが多く、総じてお高めでした。
そんな中、断トツのコストパフォーマンスを誇っていたのが、この吉野家の朝メニューなのでした。

国際線の吉野家の朝メニュー提供時間は午前4時~午前11時まで。
HND-2017DECL-030-R
最近になって通常の吉野家と同様に「辛子明太子定食 390円」「しらすおろし定食 390円」などが追加されました。
牛丼以外にもメニューが色々選べるのがウレシイところ。

こちらで見つけた国際線最安の朝食メニューはこちら。
image
ハムエッグ定食 350円。
しかも税コミ。
空港内にありながらも、街中の吉野家と同じお値段なのが良心的です。

では早速実食。
HND-2017DECL-032-R
アツアツのハムエッグの鉄板がジュージュー言いながら出てきました。
たったの350円で鉄板ジュージューが体験できるとは!
ただしヤケドしないように注意しましょう。

ハムエッグの鉄板には、キャベツとコーンのサラダもあり。
味噌汁と味付け海苔(5枚)にサラダ用のマヨネーズがついてくるという構成。
ごはんがたっぷりのため、350円でもかなり満腹になれます。

アツアツのハムエッグのお味は、まあ普通。
ハムエッグが唯一のおかずですので、ご飯が余ります(笑)。
おかずがこれでは物足りない、という方には「ハムエッグ納豆定食 430円」「ハムエッグ牛小鉢定食 490円」などもあります。
出発前にササッとお安く朝食を済ませたい、という方は是非どうぞ。

羽田空港国際線で500円以下で朝食セットが頂ける、その他のお店の記事はこちら。




「羽田空港国際線ターミナル等再増築工事」の準備工事?の編

2017/12/10
今日も良いお天気の羽田空港国際線ターミナル。
HND-2017DECK-014-R
国際線併設の「ロイヤルパークホテル・ザ羽田」寄りのエリアからは多摩川方面を望むことができます。
空気が澄んだ日には富士山まで見渡すことができますが、今日はそこまでは見えず。

ん?ちょっと待った。
HND-2017DECK-016-R
ホテル前の駐車場の車道よりの区画が、なにやら工事中の様子。
何事かありけん?

早速、現場へ急行。
HND-2017DECK-009-R
今まで街路樹があった区画が、整地されて小型のショベルカーが搬入されています。
うーむ、いつの間に。
駐輪場か何か作るのかしら?

こういう時は・・・。
HND-2017DECK-007-R
工事の「お触書」を探すのが鉄則です。

「お触書」によると・・・。
image

  • 東京国際空港国際線ターミナル等再増改築工事(Ⅰ工区)準備工事
  • 期間:2017/11/1~2018/1/31
  • 本工事着工:2018/2/1

とのこと。

「国際線ターミナル等増改築工事」

駐輪場ではなく「再増改築工事」と来ましたか。

羽田空港国際線では、去る2013年~2014年にかけて、サテライト棟(141~148番搭乗口)の新設と国際線ターミナル本館を増築するという大規模な増改築工事を行いました。
2020年に向けて予定されている国際線発着枠の増加に向けて再度増築を行うということなのだろーか。

「本工事着工 2018/2/1」とあるので、おそらく来年の2月から本格的な増改築工事が始まる、ということなのでしょう。

ちなみに工事区画は・・・
HND-2017DECK-008-R
ホテルのフロント付近の延長線上にまで伸びています。

すると・・・。
HND-2017DECK-011-R
3Fの出発ロビー端っこの「Lカウンター」の先が、さらに延伸される?
今後の動向に注目していきたいと思います。

以前(2013-2014年)に行われた国際線ターミナル本館増築工事の様子はこちら。
羽田空港国際線拡張工事総集編その2 本館増床工事




羽田空港国際線・AIRLINE & AIRPLANEに別の特別塗装機登場の編

2017/11/25
こちらは羽田空港国際線5F TIAT SKY ROADにある「AIRLINE & AIRPLANE」コーナー。
HND-2017nov3-027-R
羽田空港国際線に定期便を就航している全39社のモデルプレーンが展示されています。

前回のご紹介記事はこちら。
羽田空港国際線「AIRLINE & AIRPLANE」に特別塗装機が続々登場の編

前回の記事にて複数の特別塗装機が導入されたかと思いきや、通常塗装のものに変わったりと、最近は入れ替わりが激しく翻弄されています(誰が?)。

今回初お目見えの機体はこちら。
HND-2017nov3-018-R
ルフトハンザのエアバスA340-600「バイエルン・ミュンヘン」特別塗装機 (D-AIHK)。
以前はボーイング747-8の通常塗装機でした。

機種が変わったので・・・。
HND-2017nov3-015-R
プレートも変更されました。
ちゃんと「A340-600 FC Bayern livery」と書かれています

ちなみに本物はこちら。
HND-2017nov1-062-R
11/5にトランプ大統領が横田基地に到着したのと同時刻に羽田に飛来。
偶然とらまえることができてラッキーでした。

新参者2機目はこちら。
HND-2017nov3-020-R
ANAのボーイング777-300ER「STAR WARS BB-8」特別塗装機 (JA789A)。
以前はボーイング787-9通常塗装機でした。
その前はR2-D2だったこともあり。
いろいろなモデルプレーンを在庫しているようです。

ネームプレートも抜かりなく交換。
HND-2017nov3-025-R
「STAR WARS ”BB-8” ANA JET」と記載されています。

新参者3機目はこちら。
HND-2017nov3-022-R
エバー航空のA330-300 “Sanrio Characters Joyful Dream Jet” (B-16332)。
以前は通常塗装のA330でした。
その前は「サンリオ・ファミリージェット」だったこともあり。
どれも「キティちゃんジェット」に見えますが、微妙にそれぞれ異なっているんですねえ。

というわけで、2017/11/19ごろの「AIRLINE & AIRPLANE」コーナーの展示状況でした。
この記事が公開された頃には、また別の特別塗装機が登場しているかも?です。
飛行機マニヤな方は、毎回チェックしてみてくださいませ。




羽田空港国際線・おこのみ横丁にテイクアウト専門の天丼店「天ぷら たかはし」オープンの編

2017/11/15
羽田空港国際線ターミナルの新しい冬のイルミネーションを見学した後は・・・。
HND-2017nov2a-050-R
腹減った \( ‘¬’)/
まだ晩御飯を食べていないので。

やってきたのは、はねだ日本橋の下(4F)の「おこのみ横丁」。
HND-2017nov2a-023-R
お目当ては2017/11/13(月)にオープンしたばかりの新店舗「天ぷら・たかはし」。
あの「とんかつ和幸」グループが経営する天丼のテイクアウト専門店とのこと。

この区画は、去る2017/7/31に先代のお店「銀座木村屋」が閉店してから、ずっとシャッターが閉まっていた場所です。
今回の新規オープンを心待ちにしておりました。
開業おめでとうございまする。

各種天丼を販売中。
HND-2017nov2a-103-R
でも、お高いんでしょう?
(¬_¬) ←誰?

いえいえ奥さん。
主なメニューとお値段は以下のとおりです。(すべて税込み価格)

  • 天丼「花」680円
  • 天丼「月」880円
  • 天丼「雪」1180円
  • 天むす弁当 630円
  • 天丼弁当 630円
  • 天むすセットしじみ汁付き 480円
  • 天むす各種 130円

空港ターミナル内あるお店でありながら、比較的リーズナボーな価格設定なのがウレシイですね。
江戸小路のお店は混んでるし高いし・・・という方には、まさにうってつけのお店。

テイクアウト専門店ではあるものの・・・。
HND-2017nov2a-017-R
最近になって、お店の周りにテーブルと椅子が設置されました。
空いていれば、その場で飲食が可能となってきます。
混んでいる場合は、吉野家周辺のテーブル席を物色してみましょう。

では激しく購入。
HND-2017nov2a-003-R
「天丼・花 680円」に「しじみ汁 150円」と「ペットボトルのお茶 100円」を獲得しました。
空港内の自販機のお茶が160円なのに対して「お茶100円」というのは、さりげなく価格破壊レベルです。

で、天丼のお味は・・・。
甘辛いタレにサクサクの天ぷらが美味。
そこそこボリュウムがあって食べ応えがあります。
680円でこの内容は、かなりコスパが良いように感じました。
お弁当の詳細はまた後日「羽田空港の空弁」コーナーにて。

というわけで・・・。
HND-2017nov2a-028-R
羽田空港国際線ターミナル4F おこのみ横丁にオープンした新店舗「天ぷら・たかはし」のご紹介でした。
空港内にありながら、リーズナブルなお値段なのが有り難い天丼屋さんです。
海外へのご出発前に、ささっと美味しい天丼でお腹を満たしたい!という方にお勧めです。




羽田空港国際線・冬のイルミネーション始まるの編2017

2017/11/14
いよいよ本日より羽田空港国際線ターミナルの冬のイルミネーションが始まったとのことで、会社帰りに早速見に行って参りました。

3F出発ロビーに到着すると・・・。
HND-2017nov2a-042-R
おー、やってますね。
モノレールと京急のほうから出発カウンターに向かう途中のエリアの両脇に電飾ツリーが輝いています。
この場所にツリーが配置されるのは初めてかもです。

ツリーが設置されても、ベンチは撤去されず。
HND-2017nov2a-059-R
一気に冬らしくなりました。

さてさて、今年(2017年)の最大の見どころはこちら。
HND-2017nov2a-037-R
出発ロビーの床と天井に何やら繊細な模様が投影されています。
お~~。
幻想的な感じでいいですねえ。
これは去年までは無かった、今回初お目見えの装飾です。

天井に投影された模様をじーっと眺めてみると・・・。
HND-2017nov2a-041-R
笹の葉・・・のような?
遠くから見ると氷の結晶のようにも見えます。

投影されっぱなしではなく、フワフワとゆっくりと明るくなったり暗くなったりを繰り返しています。
写真を撮ろうとした瞬間に、フッと消えたりして罪作りな奴。

この天井の模様は・・・。
HND-2017nov2a-053-R
各航空会社の搭乗カウンターの天井に取り付けられた投光器によって投影されています。
時々、手前から奥に向かって順番に投影されていったり。
おそらくはコンピューター制御により、色々なパターンで明暗を繰り返しているのでしょう。

そして床にも・・・。
HND-2017nov2a-031-R
天井と同様に、笹の葉・・・のような?模様を絶賛投影中。

これらの床の模様は・・・。
HND-2017nov2a-084-R
ターミナルの天井のキャットウォークに取り付けられた投光器から投影されています。
うーむ、天井にまで仕掛けがあったとは、今まで気が付かなかった・・・。

ターミナルの天井全体は・・・。
HND-2017nov2a-075-R
これまた搭乗カウンターの天井に取り付けられた投光器によって、様々な色に照らし出されます。
これは例年通りの演出。

緑色バージョン。
HND-2017nov2a-074-R
奥の方はまだ青色になっています。

水色バージョン。
HND-2017nov2a-073-R
冬をイメージしているためか、寒色系の色が多いです。

そして、4F中央の広小路にはメインイベントの「電飾ツリー」が登場。
HND-2017nov2a-071-R
昨年(2016年)は「電飾ロープ」でしたが、今年は「電飾ツリー」が復活しました。
やっぱりツリーのほうが画になりますねえ。
道行く多くの人々が記念撮影中。

電飾LEDにズームイン。
HND-2017nov2a-048-R
水色、白色、黄色の3色のLEDがそれぞれ明暗を繰り返し、複雑な発光パターンを作り出しています。
これも以前の電飾ツリーと同様。

4Fのおこのみ横丁方面から眺めてみる。
HND-2017nov2a-020-R
中央保安検査場入口の丁度真上にツリーが輝いている様子が見えます。
この角度からも、中国人観光客の方々が何度も記念撮影しておられました。

電飾ツリーは上記のように

  • 4F広小路の両脇
  • 3F出発ロビーと京急・モノレールの間のエリアの両脇

の2か所のみの設置でした。

思い起こすと、電飾ツリーのLED個数は、2015年のイルミネーションがピークでした。
当時は、ターミナルのお外の街路樹まで電飾LEDが溢れていましたからねえ。
おそらく2015年は国際線ターミナル開館5周年記念だったのでゴージャスたったのでしょう(たぶん)。
2016年以降は控えめな感じになっています。

江戸舞台の上の電飾も健在。
HND-2017nov2a-046-R
この装飾は例年どおりです。
点灯式の倉木麻衣さんのライブはとっくに終わったようで既に撤収済・・・。
見たかったな~。

こちらは4Fの吉野家広場(←勝手に命名)
HND-2017nov2a-097-R
いつも牛丼のかぐわしい香りが立ち込めています。
こちらは天井にブルーの投光器が設置されたのみ。
電飾ツリーは無く地味な感じでした。

こちらは2F到着階からバス乗り場に向かう通路。
HND-2017nov2a-043-R
こちらも昨年同様、ブルーにライトアップされています。

というわけで・・・。
HND-2017nov2a-057-R
今年は天井・床への笹の葉・・・?投影で、さらに幻想的なイルミネーションとなった羽田空港国際線でした。

この羽田空港国際線ターミナルの冬のイルミネーション「羽田 Sky illumination ~誰も見たことのない光~」は2018年2月14日まで。
毎日16:00~25:00の間点灯予定とのこと。

去年(2016年)のイルミネーションの様子はこちら。
羽田空港国際線・2016年冬のイルミネーション始まるの編




羽田空港国際線「AIRLINE & AIRPLANE」に特別塗装機が続々登場の編

2017/10/13
続々と登場。
TEX_SEPJ-101_R1
チャイナエアラインのA330-300 (B-18355) “Time For Taiwan Express” 特別塗装機。

こちらは羽田空港国際線5Fの「AIRLINE & AIRPLANE」コーナー。
TEX_SEPJ-106_R1
羽田国際線に就航している航空会社39社39機の機体が展示されています。
先月(2017年9月)の中旬ぐらいから動きが活発化し、一部の機体が通常塗装のものから特別塗装のものに激しく置き換わっています。
油断をしてはいけません(何を?)。

2017/10/15追記:
本記事でご紹介した特別塗装機のモデルプレーンは、通常塗装のものに戻りました。
期間限定だった?

こちらも初登場。
TEX_SEPJ-102_R1
エバー航空のボーイング777-300ER (B-16703)「サンリオ・ファミリージェット」特別塗装機。

欧州勢も更新。
TEX_SEPJ-103_R1
ルフトハンザのボーイング747-8 (D-ABYT) ルフトハンザドイツ航空60周年記念のレトロな特別塗装機。
実物の写真はこちらの過去記事をどうぞ。

ANAも置き換わりました。
TEX_SEPJ-104_R1
ボーイング787-9 (JA873A) “STAR WARS R2-D2 JET”
以前の記事では、異例の通常塗装機との2ショット展示状態でしたが、特別塗装機1機のみになったようです。

オセアニア勢。
HND_SEPG-030_R1
ニュージーランド航空のボーイング787-9 オールブラックス特別塗装機。
こちらも既に以前の記事でご紹介済です。

そういえば、2017/10/29をもって羽田の深夜便を運休するキャセイドラゴン航空ですが、2018/3/1より早朝便で復活するとのこと(キャセイのプレスリリースより)。
なので当分の間は39機体制を維持できそうですね。

というわけで、特別塗装機の充実でさらに見どころが増えた「AIRLINE & AIRPLANE」コーナーでした。
地味に機体が増えたり(減ったり)入れ替わったりしていますので、マニヤな方は要チェックです。




羽田空港国際線 タイ・マレーシアフェア2017と給湯器の編

2017/10/07
羽田空港国際線では10/7(土)から10/8(日)の2日間にかけて「タイ・マレーシアフェア」を開催中。
HND-OCT-017_R
今年(2017年)は「日本・タイ修好130周年記念」かつ「日本・マレーシア外交樹立60周年記念」とのこと。
旅行好きなので、こういうイベント結構好きなんですよ。
タイにはまだ行ったことがないので、参考にしたいと思います。

羽田空港国際線では、羽田からの直行便が就航している国の紹介イベントが度々行われています。
羽田空港国際線・ニュージーランド・フェアとゴルゴ13の編(2017)
羽田空港国際線・アメリカ線増便記念「アメリカフェア」開催の編(2016)
羽田空港国際線・羽田に居ながらにしてフィリピンを体験。フィリピンフェア2016
羽田空港国際線「オーストラリアフェア」開催の編(2015)
ベトナムフェア2014 in 羽田空港国際線

4Fの広小路には、タイの「トゥクトゥク」を展示。
HND-OCT2-033_R
えらいカラフルでタイって感じがします。
解説によると、日本の「ミゼット」をタイの職人たちがタイ風に改修したものなのだとか。
ジャカルタにも似たようなのが沢山走っていたのを思い出しました。
尾張小牧ナンバーのプレートが付いていたような気がするのは、たぶん気のせいでしょう。

タイ航空の展示ブースもあり。
HND-OCT2-029_R
羽田からはバンコク行きを1日2便運航中。
ANAとJALもそれぞれ2便を毎日運航していますので、合計するとなんと毎日6便が羽田-バンコク間を往復していることになります。
皆さんタイが大好きなんですねえ。

こちらはマレーシアの影絵芝居「ワヤン・クリ」の展示。
HND-OCT-022_R
かなり細部まで作りこまれています。
影絵は黒一色ではなく、ちゃんと色がついているのにも驚きです。

マレーシアのエアアジアのブースもあり。
HND-OCT2-030_R
羽田からはクアラルンプール行きの深夜便を毎日運航しています。
ANAもさりげなく去年(2016年)の10月末から羽田~クアラルンプール線の深夜便の運航を始めています。
なので合計すると1日2便が羽田-クアラルンプール間を往復していることになります。
赤いユニフォームを来たエアアジアのCA様も来られていて、華やかな雰囲気でした。

江戸舞台では・・・。
HND-OCT2-037_R
タイとマレーシアの民族舞踊などを披露。
タイとマレーシアの食に関するトークショーもあり、興味深いお話を聞けました。

5Fにはタイとマレーシアの観光パンフレットやガイドブックの展示があり。
HND-OCT-039_R
「地球の歩き方」もありました。
タイで発行されている現地のフリーペーパーのご紹介もあり。
パンフレットなどを見ていると、だんだん現地に行きたくなってくる・・・。

5Fのおまつり広場には、マッサージルームが登場。
massage
結構大掛かりな設備。
2000円以上お買い物をした方を対象に、無料でタイ古式が受けられるコーナーとのこと。
ただし先着30名様までとのことでした。

物販コーナーもあり。
HND-OCT-031_R
タイやマレーシアの工芸品やカップラーメン、スナック菓子などなど。

試しにマレーシアのカップ麵を購入してみました(150円)。
HND-OCT2-044_R
「MAMEE」なるメーカーのトムヤムクン・ヌードル。
ネットで調べたところによると、「MAMEE」はマレーシアの国民的お菓子メーカーなのだとか。

お腹が空いたので今すぐ食べたい・・・。
でも、お湯がないから無理でしょう?
(¬_¬) ←誰?

いえいえ奥さん。
HND-OCT2-004_R
実は国際線の2Fと3Fの一部のトイレの近くに給湯器が常備されています。
素晴らしい。さすがは5つ星エアポート。
今回初めて、ありがたく利用させて頂くことにします。

空港内のコンビニでサラダを買って、割り箸を獲得。
HND-OCT2-008_R
給湯器のお湯は熱湯ではないので、麺がほぐれるまでやや時間が掛かったのの、何とか食べられそうです。
具は入ってないですが、パクチーの効いたピリ辛風味で美味しゅうございました。

というわけで、羽田にいながらにしてタイやマレーシアを体験できる「タイ・マレーシアフェア」は、10/8(日)まで開催中。