「羽田空港・国際線ターミナル」カテゴリーアーカイブ

羽田空港国際線・Gカウンターの改修工事が始まるの編

2020/01/11
年末年始の繁忙期が終わり、落ち着きを取り戻しつつある羽田空港国際線。
HND2020JANB078R
3F出発階は、まるで増築工事など無かったかのように、増築エリアが普通に稼働していました。

新造された「Nカウンター」も大絶賛稼働中。
HND2020JANB067R
この時は、中国東方航空のカウンターになっていました。
入口から遠いですが。

・・・と。
HND2020JANB042R
むむむ!
Gカウンターが改修工事に入ったようです。

この「Gカウンター」は、JALや中国東方航空が使用していたカウンター。
だから中国東方航空は「Nカウンター」に移動していたんですね・・・。

で、改修工事については、貼り紙を確認するのがお約束。
HND2020JANB062R
なんと「自動手荷物預け機」の設置工事を行っているとのこと。
お~、ついに国際線にも導入ですか~。

国内線では、既に4年ほど前にANA様が第2ターミナルにて導入済。

ここGカウンターはJAL様の縄張り?なので、おそらくは、JAL国際線用の荷物自動預け機になるものと思われます。

増築工事が終わっても、まだまだ改修工事は続くのですね。
一体どんな風に出来上がるのか、完成予定日の2020/2月末を楽しみに待つことにしましょう。


羽田空港国際線の「コート一時預かり」が便利だったの編

2020/01/04
去年(2019年)の11月に台湾へ旅したときのこと。
TSA2019NOVG008R
この時期、東京は寒いので、羽田空港国際線まではコートを着てました。

でも台湾は気温20度前後とのこと。
コートは不要な気候です。
羽田空港から先は、ほぼ寒いところを通らないから、コートはただのお荷物になります。
スーツケースに押し込んでもいいけど・・・。

そんな時!
TSA2019NOVG009R
出発階3Fに「コート預かり」なるサービスを発見。
以前からやっていたのは知っておりましたが(笑)。

コート1着を24時間200円で預かってもらえます。
今回は2泊3日だったので、200円×3 = 600円。
後払いです。

コートを預けてみると簡単な説明があり。
いつ取りにくる予定か?も聞かれます。
コートと引き換えに「引換証」をもらうので、決して無くさないようにしましょう。

帰りも羽田便だったので、引換証を渡して無事にコートを取り戻しました。
旅行中、スーツケースにかさばる荷物がなくて、非常に助かりました。

ただし、いくつか注意事項。

  • 引換証を無くさないこと(どこに仕舞っておいたか忘れます)
  • 帰りも羽田着であること(帰りが成田着の場合は羽田までわざわざ取りに行くことに・・・)
  • そもそもコートを預けていたこと自体を忘れないこと(羽田に帰ってきて疲れていると、そのまま電車に乗ってしまい、車内で気付くパターン)

アタリマエの事ですが、結構ハマりがちですのでご注意ください。
記憶力に自信のない方は、やめておいたほうがよいです(笑)。

この「コート一時預かり」サービスは・・・。
TSA2019NOVG014R
3F出発階、J, Kカウンター付近の「手荷物一時預かり」と「JAL ABC」の両方でやっていました。
今回は「手荷物一時預かり」のほうで預けました。
2F到着階でもやっているようです。

この冬、南のほうへ海外旅行しようとしている方で、少しでもスーツケースに余裕を持たせたい方のご参考になればと思います。


羽田空港国際線・サテライトの搭乗ゲート番号が変わったの編

2019/11/24
こちらは羽田空港国際線ターミナル・展望デッキ。
HND2019NOVD076R
昨日までの寒さが和らぎ、雨もあがって幾分過ごしやすい陽気でした。

国際線のサテライトに絶賛増築中の新しい搭乗ゲートは・・・。
HND2019NOVD022R
工事の足場が撤去され、外観上はほぼ完成したように見えます。
(内部はまだ工事中みたい)
増築の増築ではありますが、なかなかカッコイイ建物。

以前は、沖止めの駐機場だった115, 116番スポットが、PBB(Passenger Boarding Bridge 旅客搭乗橋)つきの搭乗ゲートに改修されつつあります。
国際線ターミナル本館の増築エリアと同様、2019/12末ぐらいに供用開始予定?と思われます。

その一方で。

国際線ターミナル公式サイトによると「11月中旬から国際線の搭乗ゲートの番号が変わります」とのこと。

どう変わったのかというと・・・。
gateold
↑は変更前の搭乗ゲート番号の割り当て。
左のサテライト側は、上から順に141~148番が割り振られていました。

で、こちらが変更後(2019/11/24現在)のゲート番号割り当て。
gate201911neo
左のサテライト側は、上から順に142~149番に変更されました。

何故に番号を変更したのか。
もうお分かりですね。

冒頭にご紹介した2つのPBBがもうすぐ増えるから、と思われます。
gate201911neo3
新しいPBBには、140番と141番が割り当てられるものと予想されます。
どっちが140でどっちが141かは不明。

これによって「140番台の搭乗口はサテライトの法則」が守られるわけです。
115番、116番を割り当てるよりも、140番台に揃えたほうが分かりやすいね、ということなのでしょう(たぶん)。
なるほど~。

出発案内板を見てみると・・・。
HND2019NOVD082R
早速「149番」(旧148番)が使われていました。

搭乗ゲートの番号と位置を覚えている方は少ないと思われるので、戸惑う方はほとんどいないと思われますが。
空港の紙パンフレットなど、表記がまだ古いままのところがありますので、お気を付けくださいませ。




羽田空港国際線・ベトジェットエアの羽田-ダナン線が就航していたの編

2019/11/02
久しぶりに深夜の羽田空港国際線。
HND2019NOVA227R
「岘港」と書いて「ダナン」らしいです。

ベトナムのLCC・ベトジェットエアの羽田-ダナン便が、2019/10/30ぐらいから深夜便の就航を開始したとのこと。
久しぶりに、その様子を見に行ってみることに。
飛行機に乗るわけではなくて、見るだけです。

ダイヤは下記。
VJ936 ダナン18:10 → 羽田 1:00 +1
VJ937 羽田 2:30 → ダナン 6:40

VJ936は羽田1:00AM着なので、終電には間に合いません・・・。
定刻通り到着すれば、2:00AM台の深夜バスなら間に合いそうです。

深夜23:30ごろには・・・
HND2019NOVA219R
既にLカウンターにて、搭乗手続きが始まっていました。
旅慣れた感じの日本人のお客さんが多い印象。

Lカウンターの表示板にも・・・。
HND2019NOVA220R
ベトジェットエア・ドットコムのロゴが表示されました。
新規就航おめでとうございます。

では、しばらくの間・・・。
HND2019NOVA230R
1Fのローソンにて、焼き鳥とスーパードライを購入し、飛行機の到着を待ちます。
うう、酔っぱらうと眠気が・・・。

AM1:00ごろ。
HND2019NOVA254R
ベトジェットエアがA滑走路(34L)のアプローチに姿を現しました。

着陸~。
vetjet_arrival
羽田で初めてみるベトジェットエアのA321型機です。
暗くて登録記号は判読できず・・・。
1型コンデジだとこれぐらいが限界でした。
やっぱり、ミラーレス一眼を持ってくるべきだったか。

駐機スポットは141番。
間近に機体を見ることはできず、サテライトの裏側へと隠れてしまいました。

では・・・。
HND2019NOVA186R
出発までの間、国際線の展望デッキにあるタッチパネルの尾翼解説コーナーをチェックしてみましょう。

ええと・・・?
HND2019NOVA188R
おお!

4列目に「ベトジェットエア」が追加されていました。
HND2019NOVA189R
さすが仕事が早いですね。
素晴らしい。

しかし、モデルプレーン展示コーナーには・・・。
HND2019NOVA193R
まだベトジェットのモデルプレーンはいませんでした。
そのうち追加されることに期待。

メチャメチャ眠いけど・・・。
HND2019NOVA160R
イルミネーションの試験点灯を眺めたりしながら、どうにか睡魔に対抗します。

そして、3:00AM前。
HND2019NOVA137R
定刻より、およそ25分ほど遅れて折り返しのダナン行きVJ937便が出発。
ゆっくりとD滑走路へ向かう途中の姿を、何とかとらまえることができました。
いってらっしゃーい。
いつかはベトナム・ダナンにも行ってみたいものです。
この後は、猛烈な睡魔に襲われ、始発電車で帰宅・・・。




羽田空港国際線・早くも冬のイルミネーション準備が始まってラグビーW杯で盛り上がるの編2019/10

2019/10/14
こちらは、台風が去って秋が深まってきた羽田空港国際線。
KYH2019OCTC329R
3F出発ロビーには、国際線の冬の風物詩(?)「ご案内やぐら」が現れました。

この構造物の屋根の上には・・・・。
yagura_hnd
冬のイルミネーションで天井を照らし出す投光器が備え付けられています。

もうイルミネーションの準備が始まりましたか・・・。
1年が経つのも、あっという間ですねえ。

チェックインカウンターの屋根の上にも・・・。
KYH2019OCTC345R
投光器がスタンバイ。
投光器の種類や配置は去年と同様な感じです。
今年はどんな模様が天井に描かれるのか、点灯式の日を楽しみに待ちましょう。

では、国際線に関するその他の雑多な話題をいくつか。

こちらは、国際線4Fの吉野家・TIAT SKY HALL付近の様子。
KYH2019OCTC342R
先週までは、工事の囲いに覆われていた吉野家前広場(←勝手に命名)が、ついに復活しました。
床が茶色くなっているエリアがソレです。
しかし、まだテーブルと椅子達は、はねだ日本橋の下に移転したままの状況。

またここにテーブルと椅子が戻ってくるのか。
それとも、はねだ日本橋に移動したままになって戻って来ないのか。
はたまた、こことはねだ日本橋の二か所になるのか。

今後の展開に注目です。

この広場に面している「羽田食堂」では・・・。
HND2019SEPG001R
巨大なラグビーボールが設置されています。
日本代表の快進撃で、大いに盛り上がっているラグビーW杯関連のキャンペーン中らしい。
ハイネケンを購入すると、その場でW杯関連の景品(キーホルダーなど)が貰えるのだとか。

しかーし、この日(10/14)は・・・。
KYH2019OCTC337R
「ご好評につき景品プレゼントは終了しました」とのこと。
やっぱり大人気ですね~。

江戸小路にある「HANEDA SPORTS」では・・・。
KYH2019OCTC349R
ラグビーW杯関連グッズはかなり品薄状態に見えました。
その代わり「侍JAPANグッズ」は潤沢な品揃え。

この後は、空弁を頂きに第1ターミナルへ移動。
するとなんと、移動中のラグビー・アイルランド代表チームに遭遇!
\( ^o^)/
本物の選手を見ることができて嬉しかったです。
偶然居合わせた人々からも、歓声が上がっていました。
決勝トーナメントのご健闘をお祈りいたします。




羽田空港国際線「Mカウンター」の看板が登場の編

2019/09/22
こちらは羽田空港国際線3F 出発ロビーのLカウンター付近。
HND2019SEPC032R
むっ。
「L・M・L」?
ポテトのサイズではありません。

別角度から。
HND2019SEPC030R
一番右の「M」と真ん中の「L」が、今回新しく出来た表示板です。
今まで工事の囲いに覆われていたのが、今回、地味にお披露目(?)されました。
完成おめでとうございます。

羽田空港国際線では、2020年に向けてチェックインカウンターを増やすための増築工事が行われています。
今までのA~Lカウンターに加えて、新たに「Mカウンター」が増えるため、その看板部分が一足先に完成したという状況。

上の写真の一番左の「L」は仮設の表示板。
新しく出来た「L」と「M」はまだ稼働していないため、9/21現在は、まだ仮設の「L」が暫定的に運用されていました。

このへんの工事の様子を眺めるため、はねだ日本橋に上ってみましょう。
HND2019SEPC037R
Lカウンターの裏側(写真右側)に、新しく「Mカウンター」を作っている様子が分かります。
壁の向こう側では、ターミナル増築工事が絶賛進行中。
2019年末完成予定の増築工事が終われば、この壁が取り払われて「Mカウンター」の運用が始まると思われます。
この壁の先に、さらに「Nカウンター」があるかどうかは、完成してからのお楽しみ・・・。
いよいよ、増築工事の完成が近づいてキター感が盛り上がって参りました。

ちなみに、この日の「はねだ日本橋」では・・・。
HND2019SEPC038R
ARアプリを使った「徳川綱吉を探せ!」的なイベントをやっていました。

その場でお借りしたタブレットを通してみると、江戸の町の模型が登場したり、江戸図屏風の絵が動いたり。
ARのグラフィックスが、結構画面にフィットしていて、完成度高かったです。
タブレットが重くて手が疲れたけど、なかなか面白かったです。

博物館とかで、訪日外国人向けに、外国語の説明を追加したりするのに使おうとしているのだそうな。
なーるほど~。
色々な言語に対応できるとイイかもです。

というわけで、2020年に向けての準備が着々と進行中の羽田空港国際線でした。




羽田空港国際線「歴博」と中央保安検査場リニューアルの編

2019/09/14
ようやく涼しくなってきた今日この頃。
HND2019SEPB199R
こちらは羽田空港国際線5Fの広小路に、今年も「羽田歴博」がやってきました。

羽田空港国際線と国立歴史民俗博物館(千葉県佐原市)のコラボイベントです。

去年(2018年)の様子はこちら。
羽田空港国際線・花火と歴博とガラポン抽選会の編2018

今年は「洛中洛外図屏風」の複製が登場。
HND2019SEPB010R
昔の京都の街並みが描かれていて非常に興味深いです。
毎年恒例の「江戸図屏風」の展示もあり。

昔の衣装の展示もあり。
HND2019SEPB008R
映画「旗本退屈男」で使われた衣装なのだとか。
芸術の秋って感じがしますねえ。

江戸舞台では・・・。
HND2019SEPB014R
今年も和な感じのオブジェが登場。
灯篭にほんのりと投影された模様がキレイです。
舞台を背景に記念撮影している外国人観光客の姿もありました。
9/28(土)には空の日イベントもあるし、秋の色々なイベントが楽しみです。

3Fの出発ロビーをウロウロしていると・・・。
HND2019SEPB043R
むっ。
いつの間にか、中央出国検査場の入口がリニューアルされていました。
ペットボトルなどのごみ箱が設置されています。

その他にも・・・。
HND2019SEPB042R
案内ディスプレイが登場。
もう1か所の「北出発保安検査場」の混雑状況も、ここに表示されるようになりました。

それに伴って・・・
HND2019SEPB005R
以前の「プロジェクターによる検査場の混雑状況表示」は廃止されていました・・・。

確かに、以前のプロジェクター表示は、スクリーンが上の方にあったので、検査場に並んでいる人々の目につきにくかった感があります。

あと、保安検査場の手前で先に搭乗券チェックを受けてから、各検査レーンに並び、手荷物を検査する流れになったようです。
(以前は、手荷物を機械に通すのと同時に、搭乗券をチェックしていた)

というわけで、2020年の国際線増便に向けて、少しずつ機能強化が行われている羽田空港国際線でした。




羽田空港国際線に紅葉が訪れるの編2019

2019/09/08
こちらは羽田空港国際線3F出発ロビー中央付近。
HND2019SEPA009R
先週ぐらいから、早くも紅葉の装飾(造花)が始まっていました。
(本記事は9/1当時の状況)
まだまだ蒸し暑い日が続きますが・・・。
国際線ターミナル内の季節は、1か月ぐらい前倒しで進行します。

装飾の中央には・・・。
HND2019SEPA008R
「HANEDA TOKYO INTERNATIONAL AIRPORT」の文字があり。
これは今年初登場の装飾。
今年の季節の装飾は「HANEDA」の文字が入るように意識している感じです。

3Fチェックインカウンターの端っこにも。
HND2019SEPA072R
紅葉の装飾が登場。
4Fの江戸小路を見て回る時間の無い方でも、3Fで秋を感じることができます。

続いて、4F 江戸小路へ。
HND2019SEPA074R
広小路には装飾はなく、広々。

屋根の軒先にも・・・。
HND2019SEPA079R
びっしりと紅葉が登場。
これは例年通りの装飾です。

同じく4Fの江戸小路へ。
HND2019SEPA081R
こちらも、江戸小路の看板の装飾が紅葉に変わっています。
日本の秋。

5Fお祭り広場へ。
HND2019SEPA087R
やぐらの下に、紅葉のフォトスポットが登場していました。
こちらも「TOKYO HANEDA」の文字が。
「HANEDA」の名前が世界に広まるといいですね。

こちらは、4Fおこのみ横丁の通路。
HND2019SEPA092R
こちらも、例年通り紅葉が列をなして登場。
写真を撮っている人も沢山いました。

ちなみにこちらは・・・。
HND2019SEPA095R
国際線ターミナル増築工事の現場に近い、端っこのLカウンターの様子。
白いやぐらのような構造物が2つあるのが見えます。
おそらくは、ここに「L」の文字と「M」の文字の表示板が登場するものと思われます。

というわけで・・・。
HND2019SEPA099R
秋の訪れと並行して、拡張工事も進みつつある羽田空港国際線ターミナルでした。

去年の様子はこちら。
羽田空港国際線で一足先に紅葉が始まって、ターミナル増築工事進行中の編2018




羽田空港国際線・フィンランドフェア2019の編

2019/07/28
この日は、羽田空港国際線にて・・・。
HND2019JUNW014R
「フィンランドフェア」が開催されました(2019/7/26~7/28)。

2019年7月現在、羽田からフィンランドへの直行便はありませんが、今年は日本とフィンランドの国交樹立100周年記念、ということなのだそうな。

実は、今年(2019年)のゴールデンウィーク中に、羽田発・香港マカオ経由でフィンランドへ行ってきたばかりでして (^^ゞ。
行ったことがある国のイベントがあると、ついつい足を運んでしまいますね。

で、4階広小路の一角には・・・。
HND2019JUNW017R
サウナ装備品一式の展示があり。
トークショーでのお話によると、フィンランド大使館にあるものを、わざわざここまで運んできたのだそうな。
ご苦労様です・・・。
サウナストーブやバケットとラドル(桶と柄杓)の他、ヴィヒタ(白樺の木の枝)もあり。
フィンランド気分が盛り上がります。

さらにその奥の江戸小路では・・・。
HND2019JUNW023R
「フィンランド市(いち)」がささやかに行われ、各種ムーミングッズや、フィンランドのポテトチップスやベリージュースなどが販売されていました。

フィンランドの写真展もあり。
HND2019JUNW024R
美しいフィンランドの自然や、北欧デザインの建物の写真を見ていると、ジワジワとフィンランドに行きたくなってきます。

4F江戸舞台では・・・。
HND2019JUNW079R
フィンランドに関するトークショーや演奏、エアギター(!)等が披露されました。

フィンランド食についてのトークショーでは・・・。
fazer
フィンランド名物「フェッツェル(FAZER)のチョコレート」の配給あり。
このチョコレートが、かなり美味しいんですよ・・・。

行きのフィンランド航空の機内食で配られて感動。
ヘルシンキで自分へのお土産用に大量購入したのですが、日本に帰るまでの道中にて全部食べてしまいました。

5FのE>DO HALL(エドホールではなくて、イードゥ・ホール)では・・・。
HND2019JUNW084R
お馴染みの各種ワークショップの他、フィンランド旅行の各種パンフレットを配布。
フィンランドの地図を見ていると、これまたジワジワとフィンランドに行きたくなってきます。

TIAT SKY HALLや、5Fお祭り広場は別のイベントが行われていたため、フィンランドフェアそのものの規模はあまり大きくはなく。
ささやかではありますが、フィンランドへ行ったときの思い出に浸ることが出来て良かったです。
フィンランド、また行きたいなあ。

2019年GWのフィンランド旅の旅行記は、2019年9月~10月ぐらいに「地滑小心な旅行ブログ」にて掲載予定ですので、お楽しみに。




羽田空港国際線に「朝顔」と「ひまわり」の装飾登場の編2019

2019/07/20
こちらは、夏休みに入ってファミリーが増えてきた羽田空港国際線。
HND2019JUNV083R
先週ぐらいから「ひまわりと朝顔」の装飾となりました。
去年(2018年)までは「ほうずきと朝顔」だったので、「ひまわり」の登場は今年が初です。

去年(2018年)の様子はこちら。
羽田空港国際線・今年も「ほおずき」と「朝顔」が登場して山東航空さようならの編2018

3F出発階のチェックインカウンター端っこの装飾も・・・。
HND2019JUNV086R
小型のひまわり(造花)の装飾となっています。

4f広小路へ。
HND2019JUNV087R
こちらの両サイドには、本物の「ひまわり」が登場。
植物のオーガニックな香りが漂っています。

ひまわりの種類は1種類ではなく・・・。
HND2019JUNV093R
何種類かあるようです。
ひまわりの種ができるかどうかは不明。

ひまわりの根元に注目すると・・・。
HND2019JUNV090R
鉢植えになっていました。
4F広小路のひまわりは、全て生のひまわりであるように思われます。
造花のひまわりも非常に精巧に作られているので、ぱっと見では造花か生花か分かりません。

こんなような撮影スポットもあり。
HND2019JUNV102R
記念撮影するファミリーで賑わっていました。

同じ4Fの江戸小路へ。
HND2019JUNV107R
こちらは去年と同様な「朝顔」の装飾となりました。
夏らしくなりましたねえ。

お店の軒先にも・・・。
HND2019JUNV110R
朝顔と風鈴が登場。
日本の夏って感じです。

江戸舞台の檀上は・・・。
HND2019JUNV108R
こちらにも沢山の「ひまわり」が登場しました。

4Fおこのみ横丁へ。
HND2019JUNV114R
こちらには朝顔と風鈴のついたてが登場。
これは例年どおりです。

はねだ日本橋の登り口。
HND2019JUNV123R
こちらは、ターミナル増築工事の真っ最中のため、装飾はナシ。
来年に期待しましょう。

5Fおまつり広場へ。
HND2019JUNV131R
こちらも朝顔の装飾になっていました。
和傘との組み合わせがいい感じです。

櫓の下には・・・。
HND2019JUNV129R
朝顔と金魚の装飾がありました。
色々考えますねえ。

ようやくリフレッシュ工事が終わった展望デッキへ。
HND2019JUNV135R
相変わらずの曇り空。
梅雨明けが待ち遠しいです。

今日のルフトハンザLH717便フランクフルト行きは・・・。
HND2019JUNV148R
レトロハンザ特別塗装のボーイング747-8 (D-ABYT)でした。
羽田には何度も飛来しているので、既に物珍しさもなくなり。
ギャラリーの数は少な目でした。

そして、展望デッキの中央部分に注目。
HND2019JUNV143R
緑豊かな「TOKYO HANEDA」プランターが登場!

朝顔を育てているようです。
HND2019JUNV142R
小学校の頃の夏休みの宿題を思ひ出す・・・(遠い目)。

つぼみの段階のものが多く、花が咲いているのはまだ少数でした。
展望デッキに本物の朝顔が登場するのは、羽田空港国際線史上初(?)です。
沢山花が咲いてくれると良いですねえ。

というわけで、一足先に夏の装いとなった羽田空港国際線でした。