「羽田空港・国際線ターミナル」カテゴリーアーカイブ

羽田空港国際線再増築工事・出発ロビーの端っこに工事の足場が組まれ始めるの編

2018/06/23
いよいよ梅雨本番となり、あいにくの雨模様だったこの日。
羽田空港国際線3F・出発ロビー端っこのLカウンター付近に・・・。
HND2018JUND034R
ムムッ!(楽天カードマン風に)
ついに、国際線出発ロビーにも工事の手が及んで参りました。

ちなみに、こちらは2週間ほど前の様子。
HNDJUNA044R
窓の外に足場が組まれ始めた時期です。
ガラス窓沿いのスペースが、まだ物置きになっています。

1週間前の様子。
HND2018JUNV053R - コピー
窓際にあった備品たちは、別の場所に移動されました。
いよいよ作業が始まる予感。
写真内の→のように、写真右手方向に向かって出発ロビーを拡張し、チェックインカウンターの数を増やしたいわけです。

そして今週。
HND2018JUND031R
ドーン、と工事の足場が登場しました。
思ったよりも幅がありますねえ。

というわけで、国際線・出発ロビー内にもついに・・・。
HND2018JUND028R
「増築工事やってる感」が漂い始めました。

今後は、このガラス面全体を仮囲いが覆う形になるものと思われます。
工事期間中、ホテルへの通路をどう確保するのだろうか?など、興味深いところ。
今後の工事の進展を見守りたいと思います。


羽田空港国際線・ボン・グゥの特別メニュー「山形牛ミートソースとポテトのグラタン」の編

2018/06/23
この日の羽田空港国際線5F・お祭り広場では・・・。
HND2018JUND060R
「にっぽんは楽しいぞ!」イベントを開催中。
日本の様々な地域の魅力を、全世界に発信していこうというイベントです。
最近は、ほぼ毎月のように開催されている気が。

今回は「山形」のご紹介でした。
HND2018JUND023R
スキーはしないけど、蔵王温泉がお気に入りで、何度か温泉をリピートした記憶あり。
山形は魅力的な温泉や郷土料理が色々あっていいところです。

山形の地酒の試飲コーナーもあり。
sake
(*´﹃`*)
この手のイベントに、地酒の試飲コーナーは欠かせませんねえ。

で。

遅めの朝ごはんを頂きにやってきたのは・・・。
HND2018JUND003R
同じく国際線ターミナル4F江戸小路にある「神楽坂グラタン食堂・ボングゥ」様。
「ボン・グゥ(Bon Goût)」はフランス語で「良いお味」の意味。
2015年11月に羽田空港国際線4Fにオープンしたグラタン専門店です。
本店は神楽坂にあるらしい。

お目当ては、こちらの特別メニュー。
HND2018JUND002R
先ほどのイベントと連動して「山形産食材フェア」を開催中。
山形牛をふんだんに使用した「山形牛ミートソースとポテトのグラタン」や「山形産セルリーのピクルス」を提供しているとのこと。
山形牛のグラタン食べたい!

というわけで、久しぶりに入店。
HND2018JUND016R
土曜ということもあってか、お昼前でも、かなり賑わっていました。
お店を出る頃には、入店待ちのお客さんができるほどの人気店です。

そして「山形牛ミートソースとポテトのグラタン」1680円(税別)登場。
HND2018JUND009R
こんがりと表面を焼かれたグラタンソースの美味しそうな香りが立ち込めます。

湯気が出ていないので、あまり熱くないように見えますが、グラタンの容器がメチャ熱いです。
ヤケドしないようにしましょう。

表面はポテトとグラタンソースで覆われていて、山形牛御大の姿は見えませんが・・・。
HND2018JUND014R
スプーンでポテトを掘っていくと、山形牛のミンチを発掘することができました。
「ポテトのグラタン」なので、マカロニは入っていません。

で、お味のほうは・・・。
メチャメチャ美味しい(涙)。

山形牛そのものの旨味とワインのような上品な香りが、お口の中にほわーんと広がります。
やや甘めのお肉と、香ばしいポテトとグラタンソースの相性が抜群で感動的。
表面の端っこに配置されているニンニクチップの香りも食欲をそそります。
これは満足感が半端ないです!

ちなみにこの日は・・・。
HND2018JUND006R
山形の地酒「霞城寿 純米 出羽の里」「男山 つららぎ本生」もお取り扱い中。
グラタンに日本酒という組み合わせも興味深いところ。

しかしこの日は・・・
HND2018JUND018R
コーヒーを頂きました (´・ω・`)
昼間から酔っぱらうわけにいかなかったもので。

というわけで、国際線4F江戸小路のグラタン専門店「ボン・グゥ」の特別メニュー「山形牛ミートソースとポテトのグラタン」のご紹介でした。

この特別メニュー、いつまでのご提供かはよく分かりませんが・・・。
HND2018JUND021R
定番のグラタンメニュー「エビマカロニグラタン(1300円)」も美味しいです。
海外へのご出発前に是非どうぞ。


使い道は色々?羽田空港国際線・到着階2Fの売店「SKY MARKET」の編

2018/06/23
こちらは羽田空港国際線・到着階2Fにある「SKY MARKET」なるお店。
HNDJUNA070R
最近出来たお店というワケではなくて、ずっと前からあるお店です。
一見、何の変哲もない売店に見えますが、さにあらず。

その店内には・・・
HNDJUNA069R
海外のお土産物がズラリと並んでいます。

お馴染みのマカダミアナッツやクッキー系が多いですが、

  • 台湾のパイナップルケーキ
  • カナダのメープルシロップ
  • ドイツのフランクフルト・ソーセージ
  • マレーシアのエッグ・プロウン・ロール
  • 韓国の何だか分からないお菓子

などなど、魅力的な海外お土産の数々を絶賛販売中。
色々な国のお土産を見ているだけで、世界中を旅したような気分に浸れて楽しいです。
しかも、週末は1割引きとのことでお買い得。
(平日でも、こちらのクーポンを使うと1割引きみたい)

この手のお店の主な用途としては・・・。

  • 海外旅行先や出張先でお土産を買い忘れてしまった場合に
  • 昔行ったことのある国のお土産を買って、自分ひとりで思い出に浸りたい場合に
  • 実はタイに遊びに行ったけど、仕事で台湾に出張に行ったふりをするために(アリバイ作りは自己責任で)

などなど、使い道はイロイロ。

台湾のパイナップルケーキこと「ふぉんりーすー(鳳梨酥)」を購入してみました。
HNDJUNA073R
単純に美味しいので、あくまでも自分で食べる用として購入。

お店の人「1296円の10%引きで、1166円になりまーす」
私「♪」

「週末10%引き」が適用されて、得した気分になれました。

お店の人「お土産用でお渡しする場合でも、輸入用のシールがキレイにはがせますヨ(ニヤリ)」
私「!?」

どういうことかというと・・・。
HNDJUNA075R
こんなように箱の裏に「輸入者:〇〇〇」と書かれているシールが貼ってあるのです。
これだと、現地で買ったものでないことがバレてしまいます。
これはヤバい。

こういうのが都合が悪い場合は・・・。
HNDJUNA076R
こんなように、跡が残らないようにキレイにシールが剥がせるようになっているというわけです。
素晴らしい。

蓋を開けてみると・・・。
HNDJUNA078R
パイナップルケーキは9個入りでした。
乾燥剤が入っていて、完全密封されています。

では、おひとつ頂きまーす。
HNDJUNA082R
濃厚なパイナップルの香り。
まさに台湾のパイナップルケーキそのものです。
甘いお菓子なので、コーヒーや紅茶と一緒にいただくと、さらに美味しいです。
また台湾に行きたいな~。

というわけで、海外に行かなくても、海外に行ったことにできる行った気になれる売店「SKY MARKET」のご紹介でした。
こういうお店があるのは国際空港ならでは。
海外お土産の他にも、普通の飲み物やお菓子類、旅行グッズ類も販売しています。

到着口から出て、右手方向(国内線乗り継ぎカウンター方面)に進むと見つかります。
ご利用は自己責任(?)で。




羽田空港国際線・FIFA W杯日本vsコロンビア戦のパブリックビューイングのチケット完売の編

2018/06/19
いよいよ本日(6/19)に迫ったFIFAワールドカップ・ロシア大会・日本vsコロンビア戦。
HND2018MAYF040R
先日の羽田空港では、JAL様による「SAMURAI BLUE 2018 応援JET・1号機」を見ることができました。
機材は、国内線機材のボーイング777-200 (JA8979)。
「2号機」は国際線機材のボーイング787-8で成田にいるらしい。

羽田空港国際線ターミナル4Fの「TIAT SKY HALL」では・・・。
HND2018JUNV048R
このサッカー日本代表ワールドカップ初戦のパブリックビューイングを実施するとのこと。
21:00時キックオフなので、会社帰りにも見に行けそうな時間帯です。

前回のロシアW杯アジア最終予選「日本 vs オーストラリア」のパブリックビューイングは入場無料だったのに対し、今回は入場料1000円(税込・1ドリンク付き)でチケット前売り制とのこと。
試合開始前には、鈴木正治さんによるトークショーもあるとのことで、かなり気合が入ったイベントのようです。

ローソンチケットで、チケットの販売状況を確認してみると・・・。
image
すでに「予定枚数終了」とのこと(2018/06/17当時)。
残念ながら私は所用で参加できませんが、サッカー日本代表の健闘をお祈りしたいと思います。

2018/06/19追記:
サッカー日本代表、強豪コロンビア相手に半端ない勝利おめでとうございます!




2018年6月の羽田空港国際線いろいろ

2018/06/09
今日は暑かった・・・。
HNDJUNA054R
羽田空港国際線ターミナルの展望デッキにも、強い日差しが降り注いでいました。
東京都心では今年初めて真夏日となり、最高気温は32℃まで上がったのだとか。
そんな6月の羽田空港国際線の細かいネタ色々をご紹介します。

国際線ターミナル本館再増築工事・工事の足場が登場

こちらは羽田空港国際線ターミナル本館北側。
HNDJUNA037R
以前の記事でもご紹介したとおり、2020年に向けてターミナル本館の再増築工事が行われています。
外はあっついわ・・・。

「国際線」の文字の下のあたりに・・・。
HNDJUNA038R
工事の足場が組まれ始めました。
いよいよ、このガラス張りの壁に手を付けようということなのでしょうか。

国際線ターミナル出発ロビーの内側から見てみると・・・。
HNDJUNA042R
さっきの工事の足場が、途中まで積み上がっている様子を見ることができました。
おそらくは、近いうちに前回の増築工事と同様、ガラスの壁全体が工事の仮囲いに覆われることでしょう。
今後、どのような形で工事が行われるのか注目です。

「AIRLINE & AIRPLANE」にルフトハンザの新塗装ボーイング747-8登場

こちらは国際線ターミナル4Fの「AIRLINE & AIRPLANE」コーナー。
HNDJUNA060R
羽田空港国際線に就航している航空会社のモデルプレーンが展示されているコーナーです。
2018/06/09現在、全39社39機を展示中。
果たして、ベトナムのLCC「ベトジェットエア」が40社目の就航となるかどうか注目されます。

で、今回初めて目撃したモデルプレーンがこちら。
HNDJUNA050R
ルフトハンザのボーイング747-8 (D-ABYA)。
新塗装バージョンです。
紺色の垂直尾翼がカッコイイです。

ちなみにこの日のルフトハンザのフランクフルト/羽田便(LH716/LH717)は・・・。
HNDJUNA127R
旧塗装の747-8 (D-ABYH)でした。
今後、徐々に新塗装の機体に置き換わっていくことでしょう。

新塗装の実物はこちら。
羽田空港国際線・ルフトハンザの新塗装ボーイング747-8を目撃したの編

引き続き生花の紫陽花(あじさい)展示中

4Fの広小路では・・・。
HNDJUNA064R
引き続き、色とりどりの紫陽花(あじさい)を展示中。
外は快晴ですが、館内は梅雨ムード満開です。

出発ロビー中央の大型サイネージでも・・・。
HNDJUNA065R
紫陽花の映像が流れていました。
季節によって、こまめにコンテンツを入れ替えているようです。
細かいですねえ。

モノレールの車内広告でも、紫陽花装飾の紹介がありました。
HNDJUNA084R
紫陽花の展示期間は2018/5/26(土)~2018/6/24(日)とのこと。

また例年同様、最終日には展示に使われた紫陽花を配布するとのこと(数量限定)。
詳細は羽田空港国際線の公式Facebookページの情報を待ちましょう。
立派な紫陽花をゲットしたい方は是非どうぞ。




羽田空港国際線5Fに「ポケモンスタンド」なる自販機がいきなり登場の編

2018/06/02
最近、自販機ネタが多いと感じる今日この頃。
今回は、羽田空港国際線の5Fをウロウロしていると・・・。
HNDODMJ038R
ムムッ!(←久しぶりに出た)

プラネタリウムのある「スターリーカフェ」の近くに・・・。
HNDODMJ007R
ポケモングッズの自動販売機が出現しました。
かなり巨大です。
中央の大きなモニターでは、ピカチュウが愛想を振りまいておられます。

最近は第2ターミナルに、キワモノ系自販機が多数設置されて(本ブログでは)話題になっていますが、ついに国際線にも謎自販機がやってきました。

大きなタッチパネルには、商品のラインナップが表示されています。
HNDODMJ008R
各種ポケモン・グッズ全10品(2018/06/02現在)を絶賛発売中の模様。

パイロットやCA様仕様のピカチュウも販売チュウ。
pokemon_limitedHND
か、かわええ・・・。
こちらは羽田空港限定グッズなのだそうな。

ポケモン公式ツイッターによると、今後はアクアシティお台場、海老名SA(上り)、足柄SA(下り)にも、この「ポケモンスタンド」が順次登場する予定とのこと。

ちなみに、かつて浜松町に「ポケモンセンタートウキョー」があった頃は・・・
63b2ffeb
モノレールに乗って、ピカチュウが羽田空港に遊びに来てくれるイベントがありました。
上の写真は、今の国際線ターミナルがオープンして間もない頃のイベントで、モノレールの改札を横向きになって通り抜けるピカチュウ氏。

しかし、2014年12月にそのポケモンセンターが池袋に移転してしまってからは、ポケモンとのご縁が遠くなってしまっていたのでした。
海外でも大人気のポケモンなので、再び国際線に進出ということなのでしょうかねえ。

ちなみに、国際線ターミナル内各所にあるサイネージにも・・・。
HNDODMJ003R
「ポケモンスタンド」が大々的に宣伝されていました。
出国前エリア(一般エリア)に設置されていますので、飛行機に乗らない方でも利用できます。

ポケモン好きな方は是非どうぞ。




羽田空港国際線到着階に「京急トラベルSIM」の自販機登場の編

2018/06/02
こちらは羽田空港国際線2F到着階の京急のインフォメーションカウンター付近。
HND2018MAYG075R
1か月ほど前から、写真左側の新しい自販機が登場しました。
ちなみに右側の緑色の機械は、外貨を電子マネーにチャージできる「ポケットチェンジ」です。

以前はKADOKAWAのSIMカード自販機だったのですが・・・。
HND2018MAYG074R
「京急トラベルSIM(KEIKYU TRAVEL SIM)」の自販機に変わりました。

この「京急トラベルSIM」は、2018年2月7日から京急が 格安SIM業者の「IIJ mio」とコラボして販売を始めたプリペイドSIMカード。
3Fのセブンイレブンでも取り扱っているとのこと。
主に訪日外国人客向けですが、日本人でも使えるようです。

お値段は・・・。
simvening
「2GB/3か月」が4200円、「1GB/30日」が2700円。
この自販機では、それぞれのNano SIM版とMicro SIM版の計4種類を販売していました。

ただし、同じ2階にある「AIR BIC CAMERA」では、IIJ mio Japan Travel SIM フルMVNO版「1.5G/30日」が1850円で売っていたりするので、やや割高な印象です。

  • 「AIR BIC CAMERA」の営業時間である7:00~22:00以外の時間帯に、どうしてもプリペイドSIMカードが欲しい場合
  • AIR BIC CAMERAまで買いに戻るのが面倒な場合

には、選択肢の1つに入るかもしれません。
(ただしこの自販機が設置されているエリアも、京急の終電~始発の深夜早朝時間帯は閉鎖されますが)

プリペイドSIMカードマニヤな方は是非どうぞ。




羽田空港国際線・紫陽花の季節がやってきたの編2018

2018/05/27
こちらは羽田空港国際線4Fの広小路。
HND2018MAYG019R
今年も紫陽花(あじさい)の季節がやって参りました。
※この紫陽花の展示は2018/6/24(日)まで。

「茶寮・伊藤園」の入口も・・・。
HND2018MAYG026R
色とりどりの紫陽花が飾られています。
これらの紫陽花は造花ではなく、すべて鉢植えに植えられた生の紫陽花。
例年どおり、一足早く梅雨入りしたかのような雰囲気になっています。

去年(2017年)の様子はこちら。
羽田空港国際線・紫陽花(あじさい)登場の編2017

こちらは4Fの江戸小路。
HND2018MAYG035R
「江戸小路」の看板まわりが、紫陽花のデコレーションに変わりました。
これも例年通り。

江戸小路の道端にも・・・。
HND2018MAYG031R
立派な紫陽花の鉢植えが設置されています。

江戸舞台にも紫陽花の展示。
HND2018MAYG036R
今年は、鮮やかな和傘とのコラボレーションとなっています。
細かい装飾については、去年とやや異なっている部分があります。

4Fおこのみ横丁にも、紫陽花の鉢植えが登場。
HND2018MAYG037R
紫陽花を鑑賞しながら、お店で買ってきたお弁当を頂くことも可能です。

はねだ日本橋の登り口。
HND2018MAYG051R
両脇がガッチリと紫陽花で固められています。

この日は、4Fのイベントホール「TIAT SKY HALL」で何やらライブがあるらしく・・・。
HND2018MAYG053R
たくさんの入場待ちの人々で賑わっていました。
お隣のモスカフェや吉野家、羽田食堂にもかなりの経済効果をもたらしている様子。

はねだ日本橋を上った先の5F「お祭り広場」でも・・・。
HND2018MAYG059R
紫陽花+雨傘の装飾がありました。
記念写真を撮っている外国人観光客の皆様も多数。

この日の「お祭り広場」では・・・。
HND2018MAYG057R
「にっぽんは楽しいぞ!」なる国内の観光イベントが行われていました(5/27まで)。

鹿児島と奄美大島の焼酎の試飲コーナーもあり。
(*´﹃`*)

こういうイベントに遭遇すると、何か得した気になれます。

同じくお祭り広場の「木札自動販売機」。
HND2018MAYG063R
左の自販機で購入した木札に、願い事を書いて右のロープにお供えできるという、以前からあるコーナーです。

自販機が設置されたときの様子はこちら。
羽田空港国際線・お祭り広場に「願い事かなえ機」登場?

1か月ほど前は、こんなように大量の木札がたわわに実っていました。
HND2018APL0109R
かなり売り上げましたねえ。

これ以上新しい木札を結びつけるところが無くなってきたので・・・。
HND2018MAYG056R
このたび下の3本のロープがリセットされました。
元の木札たちは、きっとご利益のあるどこかの場所に奉納されたのでしょう。
3年前に私が結び付けておいた木札は、とうの昔にどこかへ行ってしまいました・・・。

というわけで、紫陽花が満開を迎えて一足先に梅雨入り?の羽田空港国際線でした。

※紫陽花の展示は2018/6/24(日)まで。




羽田空港国際線5F「Expasa Cafe羽田」の深夜特別営業に遭遇の編

2018/04/28
ゴールデンウィーク休みに、早朝便を利用すべく羽田空港国際線に徹夜滞在したときのこと。
HND2018APL0035R
夜23時を過ぎると、4Fの江戸小路は閑散。
24時間営業のお店もありますが、多くのお店が閉店していまいます。

そんな深夜の国際線をウロウロしていると、4F江戸舞台の近くにこんなような立て看板を発見(クリックで拡大可)
HND2018APL0069R
なんと、展望デッキのある5Fの「Expasa Cafe羽田」が、本日深夜特別営業を行っているとのこと。
これは珍しい。
いつもは22:00に閉店してしまうのですが。

深夜の24:30頃、早速行ってみました。
HND2018APL0079R
おお!
確かにまだ営業しています。
これはありがたい!

店頭の表示によりますと・・・。
expasa-night
2:20~3:40は清掃整備の為閉店するものの、それ以外の時間はオープンしているようです。
店員さん(店長さん?)によると、ゴールデンウィーク期間中などの繁忙期のみの特別営業とのこと。

最近の深夜・早朝時間帯の羽田空港国際線ターミナルは、お客さんが増えてきたことにより、朝まで居られる場所が少なくなりつつあります。
数少ない24時間営業のカフェ「タリーズ」や「モスカフェ」も、深夜になると夜明かしの人で一杯になってしまうこともしばしば。
なので、繁忙期だけでも深夜営業のお店が増えてくれるのは、利用者としては非常にありがたいところです。

ただし深夜なのでメニューは限られています。
HND2018APL1071R
カレーやサンドイッチの他にも、おつまみ類などもありました。
もちろん各種ソフトドリンクやお酒もあるので、夜食メニューとしては十分に充実しています。

この時は、たまたまなのか、そんなに混んでいませんでした。
HND2018APL0082R
羽田空港の夜景が見えるカウンター席がお勧めです。

6:35発のキャセイドラゴン香港行き KA397便のチェックインが始まるのは朝の4:00ごろ。
それまでずっとここに滞在することはできませんが、閉店時間まで居ることにしました。

先にお会計を済ませてカウンター席へ。
HND2018APL1075R
百人一首の飾りつけなどがあって楽しい雰囲気。
外国人の方も楽しめそうです。

ミックスサンドとアイスティーのセット850円。
HND2018APL1076R
サンドイッチはややひんやりとしていましたが、美味しく頂きました。
深夜の空港で頂く夜食は格別です。

窓の外には・・・。
HND2018APL1074R
展望デッキごしに、深夜の羽田空港のA滑走路と誘導路の夜景を眺めることができます。
窓に店内の照明が反射して見にくいですが。

羽田の夜景を堪能したい方は・・・。
HND2018APL1349R
お外のテーブル席でどうぞ。
この日はやや寒かったですが、夏場なら気持ちが良さそうです。

というわけで、普段は体験できない羽田空港国際線5F「Expasa Cafe羽田」のレアな深夜特別営業体験記でした。

夏のお盆の繁忙期も営業してくれるとよいな~(店員さんは大変でしょうけど)。
繁忙期に羽田空港国際線の深夜・早朝便をご利用の方は、是非チェックしてみてくださいませ。




羽田空港国際線2F到着階のシャワールームを久しぶりに利用するの編2018

2018/GW
大型連休中のこの日。
翌朝6:35AM発のキャセイドラゴン便に搭乗すべく、深夜の羽田空港国際線にお泊りしました。

その際に、2F到着階の「シャワールーム」を3年ぶりに利用してみましたので、そのレポートです。
HND2018APL0144R
こちらがそのシャワールーム。
24時間営業です。

2F到着階の出国前エリアにあるので、飛行機に乗らない人でも誰でも利用可能。
もちろん海外への出発前に利用することも可能です。
お値段は30分1030円。

ちなみに前回利用時(2015年)のレポートはこちらをどうぞ。
羽田空港国際線・到着階のシャワールームを利用してみるの編2015

最近になって、入口にデジタル表示板が登場。
HND2018APL0145R
シャワールームの混雑具合が一目で分かるようになりました。
14人待ちの満室で50分待ちとのこと。
今までは手書きの紙が貼ってあったりしたのですが、便利になりましたね。
日本語・英語・中国語・ハングルの多言語表記になって外国人の方にも分かりやすくなりました。

夜12時前に入店してみたところ・・・。
HND2018APL0148R
0:30までにお越しくださいとのこと。
夜10~11時台は到着便が多いため、いつも混んでいる印象。

順番を待つ場合は、上の写真のような紙を貰って、記載されている利用開始時刻までにシャワールームに戻ってくる方式になりました。
自分の順番になったら、入口のデジタル表示板に自分の番号が表示されます。
利用開始時刻(上の写真の場合0:30)に15分以上遅れた場合はキャンセルになるとのこと。

以前は、順番が来たら自分の携帯電話に電話してもらう方式でした。
今の方式のほうが、電話番号を持っていない外国人の方も利用しやすいことでしょう。

では時刻になったので・・・。
HND2018APL1024R
受付で料金を支払って鍵を受け取り、中へと進みます。

お部屋はAからNの全14部屋。
HND2018APL1023R
鍵に書かれているアルファベットの部屋に向かいます。

シャワールーム内に突入。
HND2018APL1038R
清掃が行き届いており、キレイで快適。
ちゃんと「椅子」もあります。
部屋はそこそこ広いですが、大き目のスーツケースを広げるにはやや窮屈です。

靴はこの上に置きましょう。
HND2018APL1026R
土足禁止なのは日本ならでは。

タオルとドライヤーも完備。
HND2018APL1033R
以前は白いドライヤーだったのが黒い製品(STYLE UP TESCOM BI14)に変わりました。
あまりパワーは強くないです。

タオルはバスタオルとフェイスタオルの2種類をご用意。
シャワーを浴びるのに必要な最低限のものは揃っているので、手ぶらで来ても問題ありません。
ただし歯ブラシ、カミソリ、洗顔セット(メイク落とし、洗顔料、化粧品、乳液)は有料とのこと。

ハンガーもあり。
HND2018APL1036R
上着を掛けることができますが、忘れないようにご注意。

ではシャワーブース内へ。
HND2018APL1027R
お湯の勢いは十分強いです。
フルパワーだと、シャワーヘッドが後ろに持っていかれるぐらい勢いがあります。
もちろんちゃんとお湯が出るし、排水も問題なし。
日本のシャワールームの水回りの強さは世界一と言ってよいでしょう。

シャンプー、リンス、ボディソープ三兄弟もあり。
HND2018APL1028R
今回は資生堂の製品「uminela」でした。
シャンプー、ボディソープ共にメチャ泡立ちが良くて、これまた超快適。

シャワーブースの出入口の足元は・・・。
HND2018APL1041R
シャワーブース側(下側)が一段低くなっていて、お湯が外に漏れださないようになっています。
日本では当たり前の構造ですが、海外だとテキトーに作られている場合があるので。

室内には時計もありますので・・・。
HND2018APL1044R
時間内に出るようにしましょう。
時間をオーバーした場合には延長料金が課せられますので、お気を付けください。

シャワーを浴びた後は・・・。
HND2018APL1046R
待合室で休憩も可能。
同行者を待つのにも使えます。

あと、ドリンクサービスが健在でした。
shower-drink
以下の3つから選択可能とのこと。

  • タリーズ200円OFFクーポン
  • 自動販売機 水1本
  • 自動販売機 お茶1本

以前、今のタリーズの場所に「Cafe Pista」があったときにもソフトドリンク無料サービスをやっていました。
その後「Cafe Pista」が閉店し、今のタリーズコーヒーに変わったので、ドリンクサービスはなくなったのかと思いこんでおりました。
まだ引き続き続けていたんですね・・・。

ちなみに「自動販売機の水」と「お茶」は・・・。
HND2018APL1052R
新しく備え付けられた「お金を入れなくてもよい自販機」で受け取ることができます。
ちょっとウレシイです。

今回はお茶をゲット。
HND2018APL1050R
「なだ万・日本茶」とのこと。
ありがたく頂きました。

というわけで、3年ぶりの国際線2F到着階シャワールームの体験レポートでした。
基本的には3年前と同様な感じですが、順番待ちのシステムやドリンクサービスなどの細かい部分が改善されました。
お値段は30分1030円とややお高いですが、その分、シャワールームのクオリティが高く快適です。
海外への出発前や、海外からの到着後にサッパリしたい方は是非どうぞ。

その他の羽田空港内のシャワー設備については、こちらをどうぞ。
羽田空港でシャワーを浴びることができる場所