「羽田周辺のお宿体験記」カテゴリーアーカイブ

「京急EXイン羽田イノベーションシティ」にて朝の散歩と朝食の編

2020/09/06
今月オープンしたばかりの「京急EXイン羽田イノベーションシティ」に宿泊中。
HICTWTWS326R
一夜明けて、朝がやってきました。
朝日に照らし出される多摩川がキレイでした。

HICityのまわりは何もないので・・・。
HICTWTWS333R
都内とは思えない開放感があります。

朝ご飯の前に・・・。
HICTWTWS339R
ホテルのまわりを散歩。
朝は涼しくて気持ちがよいです。
同様に、早朝ウォーキングしている地元の方々の姿もあり。

HICity内にある広場「アーティストビレッジ」。
HICTWTWS343R
小さなイベントが開催できそうなスペースです。
早くコロナが落ち着いて、人々で賑わうとよいなー。

この辺りの道路には・・・。
HICTWTWS346R
自転車専用レーンもあり。
多摩川沿いにサイクリングするのも気持ち良さそうです。

この横断歩道を渡った先は・・・。
HICTWTWS350R
以前にご紹介した「ソラムナード羽田緑地」になっています。
気候がよければ、この先を散策してみるのもよいかも。

再びHICityに戻り、足湯スカイデッキへ。
HICTWTWS353R
朝早いので人がほとんどいません。

駐機場には、お泊りの飛行機が大量に。
HICTWTWS355R
朝の空港の景色もキレイでした。

朝のお散歩でお腹を空かせた後は、ホテルの朝食を頂きます。
HICTWTWS373R
朝食会場は、ホテルと同じ建物に併設されているカフェ「Creadisce(クレアディスケ)」にて。
朝食営業時間は、5:00AM~10:00AMとのこと。

この日のメニューは

  • 2種のエッグベネディクトプレート(1500円)
  • 和彩プレート (1500円)

の2種類から選択。

朝ご飯は和食派なので「和彩プレート 」を選択。
HICTWTWS385R
「手作りあったか豆腐」や焼き魚、煮物類など、どれも美味しゅうございました。
ご飯とお味噌汁はお代わり自由とのことなので、ご飯をお替り。
バイキング形式だと、取りに行くのが面倒&食べ過ぎてしまうので、個人的にはこういう一膳もののほうが良かったりします。

朝食会場は広々。
HICTWTWS380R
オシャレな感じの落ち着いた空間でした。
この日の朝は宿泊客が少なかったせいか、お客さんは私1人のみの貸し切り状態でした。

窓の外には・・・。
HICTWTWS381R
空き地の向こうに多摩川が見えました。
冬の天気がよい朝には、富士山も眺められることでしょう。

多摩川と海老取川の合流地点付近に・・・。
atorii
天空橋名物の、かの有名な「旧穴守稲荷の鳥居」が見えました。

戦前にこのあたりにあった旧穴守稲荷神社の鳥居です。
戦後になって鳥居を撤去しようとしたものの、工事中にロープが切れてけが人が出たり、工事の責任者が病死したりして作業が中止に。
「穴守様の祟り」という都市伝説が流布されたのだとか(Wikipediaより)
その後1999年になって、羽田沖展開事業の邪魔にならない現在の位置に「移設」されたという伝説の鳥居です。

で。

店内には、旅行関連の書籍が沢山あって、閲覧できるようになっています。
海外の色々な観光地の解説本を眺めて、旅行気分に浸ることができました。

朝食の後は、ホットコーヒーを自室にお持ち帰りして・・・。
HICTWTWS390R
テレビを見ながらダラダラするという至福の時間を過ごしました。

というわけで・・・。
HICTWTWS336R
2020/09/01に天空橋にオープンした「京急EXイン 羽田イノベーションシティ」の宿泊体験記でした。
市街地からはやや離れているものの、都会の喧騒から離れてのんびりと滞在したい方は是非どうぞ。

ホテルの詳細はこちら(楽天トラベル)
京急EXイン 羽田イノベーションシティ

京急EXイン公式サイト
京急EXイン羽田イノベーションシティ


京急EXイン羽田イノベーションシティの近所をウロウロするの編

2020/09/05
9/1にオープンしたばかりの「京急EXイン 羽田イノベーションシティ」に宿泊中。
HICTWTWS398R

今回は、ホテル周辺の状況についてお伝えしたいと思います。

羽田イノベーションシティの稼働状況(2020/09/05)

2020/09/05当時は、まだオープンしているお店が少ない状況でした。
HICTWTWS190R
が、今後、各店舗の営業が順次始まって、色々と便利になってくると思われます。

フードコート「羽田昔ばなし横丁」もまだお休み中(2020/09/05当時)。
HICTWTWS058R
ここがメインのお食事処になると思われるので、営業開始が待ち遠しいです。

タピオカミルクティのお店「春茶」は営業していました。
HICTWTWS065R
タピりたい方はどうぞ。

この他、飲食店関連では・・・。

  • 中華料理店「春香園」
  • さとむすび
  • HANEDA SKY BREWING (羽田バル)
  • とんかつ檍
  • Creadisce(ホテル併設のカフェ。ホテルの朝食会場でもある)

が営業していました(2020/09/05当時)。

2020/09/18から本格稼働するとのこと!
最新情報はこちらをどうぞ。
羽田イノベーションシティ公式サイト

羽田イノベーションシティのメインイベントである「足湯スカイデッキ」へ。
HICTWTWS068R
足湯しながら飛行機が眺められるという素晴らしいスポットです。
この日は暑くてキビシイ気候でしたが、涼しくなれば人々で賑わう事でしょう。

最寄りのコンビニへの旅

羽田イノベーションシティ敷地内唯一のコンビニ「デイリーヤマザキ」。
HICTWTWS010R
まだプレオープン中のため、平日の昼間のみの営業とのこと・・・。
早くオープンしてほしい~。

最寄りのコンビニへは・・・。
HICTWTWS195R
川を渡った先にある、穴守稲荷の市街地へと出なければなりません。
徒歩10分ぐらいです。
京急で1駅だけ移動するという手もあり。

海老取川を渡って・・・。
HICTWTWS215R
左手に見えるのが「京急EXイン羽田」という同系列の別ホテル。
市街地に近いほうがいい場合は、こちらに宿泊した方がいいかも。

最寄りのコンビニ(2020/09/05当時)のファミマに到着。
HICTWTWS216R
外が蒸し暑くて、汗だくになってしまった・・・。
部屋飲み用のビール、ペットボトル水、おつまみを購入。
ここまで買いに来るのは面倒なので、ホテル内の自販機で買うのがよいかと。

最近リニューアルされた穴守稲荷神社へ参拝

ここまで来たついでに・・・。
HICTWTWS222R
コンビニのお隣にある穴守稲荷神社へ参拝。
最近、リニューアルされたっぽいです。

おお?
HICTWTWS219R
こんなようなアトラクション的なものが境内に出来ていました。
高いところには登らずにはいられない性格なので、登ってみます。

てっぺんには「上社」があり。
HICTWTWS224R
早くコロナが落ち着きますように、パンパン。

再び歩いてホテルに戻ります。
HICTWTWS233R
帰りは「天空橋」を渡って、天空橋駅の地下道経由でHICityへと戻りました。
こちらも徒歩10分ぐらいかかって、さらに汗だくに。

「春香園」で大田区名物「羽根つき餃子」

ホテルの自室でシャワーを浴びてスッキリした後は・・・。
HICTWTWS245R
HICity内にある中華料理屋「春香園」様にてディナー。

大田区名物の羽根つき餃子で乾杯~。
HICTWTWS285R
クー、たまらん!。

そして「サンマーメン」
HICTWTWS284R
神奈川県~京浜エリアの地味なご当時フードです。
サンマが入っているわけではなく、モヤシと鶏肉のあんかけラーメン。
野菜たっぷりで美味しゅうございました。

足湯スカイデッキからの夜景は必見

お食事の後は、夜のHICity内をウロウロ。
HICTWTWS318R
ホテルの窓が暗い・・・。
オープンしたて&コロナ影響で、宿泊者はまだほとんどいないみたいです。
今後、お客さんが増えて来ることに期待ましょう。

夜の足湯スカイデッキへ。
HICTWTWS297R
にわか雨が降ったおかげで涼しい~。
オープン時間は、5:30~23:30とのこと。

航空灯火が宝石のように輝いていました。
HICTWTWS298R
ここからの夜景は必見。

第3ターミナルも煌々と輝いていました。
HICTWTWS300R
併設のロイヤルパークホテルの稼働率は低そうでしたが・・・。

再びホテルのお部屋に戻り・・・。
HICTWTWS323R
コンビニで買ってきた枝豆とビールで飲み直し(笑)。

次回、ホテルで朝食の編に続きます。

ホテルの詳細はこちら(楽天トラベル)
京急EXイン 羽田イノベーションシティ

京急EXイン公式サイト
京急EXイン羽田イノベーションシティ


天空橋に「京急EXイン羽田イノベーションシティ」がオープンしたので早速宿泊してみたの編

2020/09/05
この日やってきたのは・・・。
HICTWTWS003R
京急空港線の天空橋駅。
羽田空港第3ターミナルのお隣の駅です。

お目当ては、2020/9/1に「羽田イノベーションシティ」内に開業した新ホテル「京急EXイン羽田イノベーションシティ」。
特に飛行機に乗る予定はないですが、いつもの如く早速宿泊してみました。

ちなみに・・・
KQEXINNMAP
羽田空港周辺には「京急EXイン」は3棟もあります。

  • 京急EXイン羽田 イノベーションシティ」(天空橋駅直結。2020/09/01開業)
  • 京急EXイン羽田」(天空橋から徒歩3分ぐらい。2017/10開業)
  • 京急EXイン羽田 穴守稲荷駅前」(穴守稲荷駅から徒歩3分ぐらい。2019/8/3 旧タマディアホテルをリブランドオープン)

今回レポートするのは「京急EXイン羽田イノベーションシティ」ですので、お間違えのないように。

「羽田イノベーションシティ(HICity)」は、オープンしているお店がまだ少なかったです(2020/09/05当時)。
ホテルそのものは新しくて快適でした。

天空橋駅からは・・・。
HICTWTWS006R
「HICity口」から出ると、屋根の下を通って、雨の日でもほぼ濡れずにホテルに到着することができます。
エレベータもあるので、大きな荷物を持っていても安心。
別の出口に出てしまうと、かなり遠回りになってしまうのでご注意ください。

ちなみに、駅構内のアナウンスによると「HICity」は「ハイシティ」ではなく「エイチ・アイ・シティ」と読むようです(どーでもいい)。

で、ホテルのフロントに到着。
HICTWTWS027R
チェックインは15:00から。
開業したてなので、新しくてピカピカです。
新築ホテルのかほりがしてワクワク。

今回は「EXセミダブルType-B」という2番目にお安いお部屋に宿泊。
1泊素泊まりで10100円でした。
早めに予約すれば、もう少しお安いかも。
朝食がついていなかったので1500円で追加しました。

なお、当時(2020/09/05)はコロナ対策のため・・・

  • 5Fの大浴場は閉鎖中
  • 朝食はバイキングではなく、定食スタイルでの提供
  • シャトルバスは、羽田空港→ホテル方面の夜便のみ運行
  • HICity内のコンビニ「デイリーヤマザキ」は平日の11:30~13:30 のみ営業(2020年冬グランドオープン予定)。最寄りのコンビニまで徒歩10~15分。

という状況でした。
最新情報は、ホテルの公式サイトをご確認ください。

大浴場の閉鎖は残念・・・。
稼働したら、また泊まりに来たいと思います。

アメニティ類は自分で取る方式。
HICTWTWS082R
シェーバーとヘアブラシを取得しました。
おじさんには縁のないシャワーキャップは取らず。
エコな感じです。

読売新聞のサービスもあり。
HICTWTWS085R
折角なので、一部頂いておきます。

無料コーヒーサービスもあり。
HICTWTWS084R
これもありがたいです。
朝食後のモーニングコーヒーは至福でした。
カードキーとアメニティ類と新聞とコーヒーを持つと、両手がふさがってしまいますが。

では、エレベータに乗って客室へと向かいまーす。
HICTWTWS086R
エレベーターは3基もあってストレスなし。
6階建てで259室という中ぐらいのホテルです。

5Fの平面図を発見。
HICTWTWS319R
残念ながら、空港がよく見える側にはお部屋はありません。
(お部屋があったとしても、DE〇SOの建物に視界を遮られます)
「中庭ビュー」か「多摩川ビュー」か「羽田市街地ビュー」になります。

5Fの大浴場は閉鎖中のため・・・。
HICTWTWS091R
併設の「お休み処」も閉鎖でした。
残念無念。

そして自室へ。
HICTWTWS093R
今回宿泊したお部屋は「スタンダードセミダブルType-B」。
14平米とのことですが、広く感じました。
床にやや大きめのスーツケースを展開するスペースもあります。

入口から入ってすぐのところに・・・。
HICTWTWS100R
スーツケース台とスリッパがあり。
靴を脱いでリラックスできるのはアリガタイです。

ベッドも広くて快適。
HICTWTWS102R
最近のホテルの標準仕様になりつつあるシモンズ社製のベッドとのこと。

お約束の枕元コンセントチェック。
HICTWTWS106R
すぐ近くにACコンセントがあって、ごろ寝しながらスマホ充電可でした。
すばらしい。

部屋着もあり。
HICTWTWS104R
浴衣ではなく、上下セパレートタイプのもの。
だらしなくはだけたりしないので、実用的です。
おかげで、寝巻を家から持参しなくて済みました。
これもすばらしき。

テレビはシャープ製。
HICTWTWS110R
50インチの大画面です。
最近、大画面テレビもだいぶお安くなりましたからねえ。

テレビの電源をつけると・・・。
HICTWTWS144R
ホテル独自のメニュー画面が現れるという、最近流行りのシステムです。
お部屋のWi-Fiパスワードもここに表示されて便利。

大浴場の案内ページを開くと・・・。
HICTWTWS147R
営業中止しております、とのこと。
大浴場入りたかったなぁ。

羽田空港送迎バスの時刻表も参照可能。
HICTWTWS150R
空港発ホテル行きのみ運行。
早くコロナが収束することを祈ります。

モーニングコールの予約機能もあり。
HICTWTWS151R
ここから設定できるのは便利かもです。
使わなかったですが・・・。

窓の外の景色は・・・。
HICTWTWS154R
「多摩川ビュー」でした。
建設中の「羽田連絡道路」の橋が良く見えます。
眺めのよいお部屋で良かったです。
しかも、サッシが「2重窓」になっていて、防音・断熱性能が高いのも素晴らしいです。

遠くのほうに・・・。
HICTWTWS143R
RWY34L(A滑走路)に着陸する飛行機の姿を見ることができました。
少しでも飛行機が見えるとウレシイです。
新ルートの南風運用時は、B滑走路の離陸時にすぐ近くを飛行機が飛ぶことになりますが、この日はずっと北風運用だったので、騒音はほとんど感じられず。

さらに室内には・・・。
HICTWTWS135R
サイドテーブルと椅子があり。
椅子は衣服を脱ぎ散らかすのに便利です。

その奥にはデスクがあり。
HICTWTWS140R
ノートPCを広げるのには十分な広さです。

そして今回は・・・。
HICTWTWS164R
家からノートPCとHDMIケーブルを持参して、PCの映像をテレビに表示。
2画面で使えて便利でした。
フルHD対応の50型テレビなので、大画面でマインクラフトで遊べました。
ただ、この配置だと画面が近すぎて首が痛い・・・。

なので・・・。
HICTWTWS324R
こんな感じで、テレビの手前にサイドテーブルを移動して使っていました。
ちょっとサイドテーブルが低くて肩が凝るけど、これなら2画面でテレワーク出来るかも?
ここまで出来るホテルはなかなかないです。

では水回りへ。
HICTWTWS123R
湯舟はなくシャワーブースのみ。
洗面台が独立していて使いやすかったです。

お部屋にあるアメニティは・・・
HICTWTWS125R
歯ブラシセットとボディタオルのみでした。
これ以外で必要なものは、フロント横から持っていきましょう。

冷蔵庫の中身チェック。
HICTWTWS175R
空っぽでした。
飲み物やビールは近所のコンビニで・・と言いたいところですが。
近くに営業しているコンビニがありません(2020/09現在)。
HICityの敷地内に「デイリーヤマザキ」はあるのですが、プレオープン中のため、平日の昼間のみの営業とのこと(2020/09/06現在)。
最寄りのコンビニまでは、海老取川を渡って10分ぐらい歩くことになります。
デイリーヤマザキの正式オープンはよ!

というわけで、次回は最寄りのコンビニを求めて、ホテルの近所をウロウロするの編。

宿泊体験記の続きはこちら。
京急EXイン羽田イノベーションシティの近所をウロウロするの編
「京急EXイン羽田イノベーションシティ」にて朝の散歩と朝食の編

京急EXイン 羽田イノベーションシティの場所はこちら。

京急空港線/東京モノレール 天空橋駅直結です。

ホテルの詳細はこちら(楽天トラベル)
京急EXイン 羽田イノベーションシティ

京急EXイン公式サイト
京急EXイン羽田イノベーションシティ

羽田イノベーションシティの最新情報はこちら。
羽田イノベーションシティ公式サイト




「京急EXイン羽田・穴守稲荷駅前(旧タマディアホテル)」に宿泊してみたの編

2019/08初旬のこと。
HND2019AUGA064R
やってきたのは、羽田空港にほど近い京急空港線穴守稲荷駅。

踏切を渡ってすぐのところに・・・。
HND2019AUGA066R
ホテルがあり。
実はこのホテル、以前は「タマディアホテル羽田」でした。

関連記事:
タマディアホテル羽田・宿泊体験記その1 チェックインの編

そのタマディアホテルが・・・。
HND2019AUGA068R
2019/08/03より「京急EXイン羽田・穴守稲荷駅前」としてリブランドオープンしたのでした。

タマディアホテル時代から、何が変わったのかを確認すべく(←物好きな人)今回宿泊してみることにしたのでした。

なお、羽田空港が一望できる「京急EXイン羽田」に近いですが、別のホテルですのでお間違えのないように。

ホテルに止めてあった空港への送迎バスは・・・。
HND2019AUGA067R
おっと、塗装が変わって、水色の京急EXインカラーになりましたね。
そりゃそうか。

リブランドオープンして間もないということで・・・。
HND2019AUGC016R
フロントロビーには、胡蝶蘭がズラリと並んでいて綺麗でした。
リブランドオープン、おめでとうございます。

フロントでチェックインを済ませて、カードキーを獲得。
HND2019AUGA091R
カードキーもEXイン仕様のものに変わっていました。
そりゃそうか。
非接触タイプのカードキーなので、ドアのセンサー部にタッチするだけ。
磁気読み取り式のものよりも使いやすいです。

ではお部屋へ。
HND2019AUGA071R
室内の設備は、タマディアホテル時代とほぼ同じでした。

ベッドも同じ。
HND2019AUGA078R
枕の種類も同じっぽいです。
「リブランドオープン」ってこういうことなのか・・・。

部屋着は・・・。
HND2019AUGA087R
タマディアホテルの「TH」のロゴのない新しいデザインのものに変わっていました。
相変わらずワンピースタイプのもののため、下半身がスースーします。
スウェットのようなパンツ類を持参してきたほうが良さそうです。

今回のお部屋は、道路に面した側でした。
HND2019AUGA109R
窓からは、民家やマンションが見えました。
閑静な住宅地です。

やや小ぶりな荷物台もあり。
HND2019AUGA075R
これもタマディア時代のものをそのまま利用。
小さめなスーツケースなら展開可能です。

デスクもやや狭めではありますが。
HND2019AUGA114R
ギリギリノートPCを置くことができました。

テレビはSHARP製。
HND2019AUGA085R
メニューは、京急EXイン仕様のものに変わっていました。
写真はホテルの近所にある穴守稲荷神社と思われる。

4Fのランドリーの利用状況もリアルタイムで確認できます。
HND2019AUGA086R
このあたりのシステムは「京急EXイン羽田」と同じ感じになった印象。

冷蔵庫の中身はからっぽ。
HND2019AUGA117R
ホテルの向かいに激安スーパー「まいばすけっと」がある他、駅近くのコンビニも近くて便利でした。

水回りに突入。
HND2019AUGA095R
トイレ・洗面台・湯舟の3点ユニットバス。
これもタマディア時代と変わらず。
シャワーの勢いがメチャ強くて素晴らしかったです。

豊富なアメニティ類も・・・。
HND2019AUGA100R
タマディア時代と同様?
歯ブラシセット、シェーバーなど至れり尽くせりで問題なしです。

てな感じで、全体的に設備は、新しくてキレイで快適だったタマディアホテル時代とほとんど変わらず。
タマディアホテルのロゴなどが書かれたアメニティやテレビのメニューなど、最低限のものだけ京急EXイン仕様のものに置き換わった、という感じでした。

翌朝、1Fの朝食バイキング会場へ。
HND2019AUGB008R
テーブルなどの調度品も、お食事内容も、タマディアホテル時代と変わらない印象。

近所にある「京急EXイン羽田」は、バイキング形式ではなくて、2種類から選ぶ方式でした。
朝ご飯については、こちらの「京急EXイン羽田・穴守稲荷」のほうが充実している感じです。

バイキングのメニューは豊富で・・・。
HND2019AUGB001R
サラダバーもあり、充分満足です。
食べ過ぎてしまった・・・。

チェックアウトした後は、新塗装の送迎バスで羽田空港へ。
HND2019AUGB011R
雨の日でも濡れずに乗車可能と思われる。
バスの車体には「京急EXイン羽田穴守稲荷駅前」と書かれています。
20人ぐらいの小さなバスです。
羽田から乗る時は「京急EXイン羽田」のバスと間違えないようにしましょう。

ちなみにバスの車体には・・・。
HND2019AUGB010R
京急のマスコットキャラクター「けいきゅん」が描かれていて、かわいらしいです。
同じ塗装のバスが2台運行されているようでした。

羽田空港への送迎バスは、最初に国際線ターミナルに寄ってから、国内線(第1・第2ターミナル)へと向かいます。

国際線へはおよそ10分少々で到着。
HND2019AUGB030R
やはり、ホテルから直接空港に辿り着けるのは、非常に便利ですねえ。

というわけで、2019/08/03に「タマディアホテル」からリブランドオープンした「京急EXイン羽田穴守稲荷駅前」の宿泊体験記でした。
タマディアホテル時代の快適さをそのまま継承しつつ、便利な羽田空港へ送迎バスも継続。
羽田空港利用時の前泊・後泊に便利な快適ホテルでした。

・飛行機が見えるお部屋に泊まりたい(飛行機が見えないお部屋になる場合あり)
・空港への送迎バスに確実に乗りたい(送迎バスがでっかいので)
なら、空港に近い「京急EXイン羽田」

・朝食が充実していてほしい
・少しでも駅に近い方が良い
なら、今回ご紹介した「京急EXイン羽田穴守稲荷駅前」

という感じでしょうか。

ホテルの詳細はこちら。
京急EXイン 羽田・穴守稲荷駅前(2019年8月3日リブランドオープン)(旧 タマディアホテル羽田)




リニューアルオープンした「天然温泉平和島」から早朝の羽田空港へ行ってみた2019

2019/03/30
新元号が「令和」に決まった2日前のこと・・・。
あの「天然温泉平和島」が、全面リニューアルオープンしたとの情報をキャッチ。
HND2012MAYA446R
2019/01/15~2019/03/27の間、全館を閉店して大規模な改装工事を行っていたとのこと。

リニューアルされるかなり前に利用したことがあります。
天然温泉平和島から早朝の羽田空港へ行ってみた2014

羽田空港への送迎バスを運行していて、羽田空港の深夜・早朝便の利用時に便利な天然温泉施設です。
今回のリニューアルによって、どう快適になったのか。
その様子を探るべく、(羽田には用はないけど)オープンして間もない最初の週末に訪れてみました。

この日の夕方にやってきたのは・・・。
HND2012MAYA431R
京浜急行「平和島駅」の平和島オートレース場(ビッグファン平和島)行きののりば。
ここから、ほぼ10分おきに平和島温泉行きの100円バスが出ています。
(JR大森駅からもシャトルバスがあり。詳細は公式サイトをご参照のこと)

バス停の場所はこちら。
HND2012MAYA421R
改札を出てから左、高架の大通りが見える方に出てすぐです。

乗るときに100円を投入して車内へ。
HND2012MAYA432R
ボートレースのオヤジと共に、スーツケースを携えた外国人女性旅行者2名も乗車。
では出発~。

直行バスに乗ること4分ほどで・・・。
HND2012MAYA435R
「ビッグファン平和島」の近くに到着。
競艇おやじは「平和島劇場」なる外向販売所へ。
私とスーツケース女子は「ビッグファン平和島」の2階の「天然温泉平和島」を目指します。

そして到達!
HND2012MAYA441R
おお~。
入口も、和モダンな感じに変わましたね。
新装開店の花輪が沢山あって華やかでした。
この日(3/30土)は、リニューアルオープン後の最初の週末ということで、ご近所のファミリー客中心に賑わっていました。

前回(2014年)は無かった設備その1。
HND2012MAYA450R
大量のスーツケースロッカーが登場。
預け入れるのに100円が必要ですが、取り出すときに戻ってくるとのことなので、実質0円。
館内にスーツケースの持ち込みは不可とのことなので、受付の前に預けましょう。

この日は、羽田空港への送りバスつきの「Flightコース 3:00AM発」を公式サイトから事前に予約しておきました(羽田空港には用はないけど・・・)。
滞在は18:00から可能で、料金は3700円。
入館料や深夜料金、羽田空港へのバス代も含まれています。
ホテルに宿泊するよりも、お安く一夜を過ごすことができます。

では、順に施設内を見ていきましょう。
(施設内は撮影自粛のため、以下パンプレットの写真を引用)

受付

まずは受付で「Flightコース」を予約している旨を告げます。
料金は後払い。
追加料金を払えば、岩盤浴やプレミアムラウンジ(後述)の利用も可能。
歯ブラシセットとシェーバーを貰えます。
バーコードと鍵付きのリストバンドをもらい、館内へ。
自動改札を抜けた後にも受付があり、そこで館内着とタオルの入ったバッグをもらいます。

ロッカールーム

館内着をゲットした後は、男女別のロッカールームへ。
ここもリニューアルされたのか、明るくキレイになってました。
ドライヤーもあり。
濡れた小さいタオルは交換してもらえるらしい。

お風呂場

メインの浴槽は改装前とほぼ同様でした。
onsen
実物はもう少し年季が入っています(笑)。
ドライサウナは新しくなった印象。
天然温泉の泉質は、以前と同様に「含ヨウ素-ナトリウム-塩化物強塩温泉(高張性・弱アルカリ性・温泉)」。
やや茶褐色のしょっぱいお湯です。
溶存物質総量22.89グラム/リットルの濃ゆいお湯で、よく温まります。

リラックスラウンジ(無料)

リニューアルされて、以前よりも広く、新しくなった印象。
relax
各リクライニングチェアにテレビあり。
無料Wi-Fiも使えます。
「いびきスペース」や「女性専用スペース」もありました。
土曜の夜は、ほぼ満席に近かったですが・・・。

マンガがいっぱい

通路やリクライニングスペースの本棚には漫画がいっぱいありました。
およそ10000冊ものコミックや雑誌をご用意とのこと。
マンガ好きな方にはウレシイですねえ。

岩盤浴ラウンジ(有料)

今回のリニューアルで新設された目玉のエリア。
ganban
ただし、入場するには追加料金500円が必要です。
(2019/4/26まではお試し価格で350円)

通常の館内着とは別に、岩盤浴用の茶色いウェアが貸し出されます。
岩盤浴エリア以外では、通常の館内着に着替えてくださいとのこと。
汗だくになるので、確かにそうしたほうが衛生的かもです。

温かい飲み物(コーヒー、紅茶など)が無料で頂ける他、横になれるベッドや、フニャフニャのビーズクッション等が設置されていて寛げます。
あちこちにコンセントがあって充電できるのもウレシイです。
女性専用エリアもあり。
岩盤浴の営業は10:00~22:00まで。
それ以降は、ラウンジスペースのみ無料エリアとして開放されます。

ロウリュウもあるよ

ロウリュウ(フィンランド式高温蒸気浴)は、1日4回(11:00/14:00/16:00/20:00)実施。
岩盤浴エリア内で行われますので、参加するには別途岩盤浴料金が必要です。

ロウリュウのサウナルームは、40人ぐらいが入れる大きな円形のサウナ室でした。
loyly
若者2人組が、大きなうちわを使って、一生懸命熱波を作っていました。
かなりハードなお仕事です。
眼球が曇るほどの強烈さはないものの、しっかりと発汗できました。
ミントのアロマの香りで、喉がスースーして気持ち良かったです。
たっぷり汗をかいて、美味しいビールを頂きましょう。

プレミアムラウンジ(有料)

以前からある有料のラウンジ。
premium
3時間500円、深夜フリータイム(20:00~10:00) 1500円の追加料金がかかりますが座席を占有できます。
女性専用ルームもあり。
ラウンジ内は思ったよりも薄暗いですが、各席に読書灯があり。
もちろん各席にコンセントも完備。
必ず「いびき」をかく人がいるので、耳栓を用意してくることをオススメします。

レストラン「ゆらり」

改装前と場所は同じですが、内装はリニューアルされた印象。
yurari
タブレットで注文する方式になりました。
注文確定時に、リストバンドのバーコードをかざすのですが、読み取らせるのにやや苦労しました。

生中ジョッキ(アサヒスーパードライ)は650円より。
ロウリュウでたっぷり汗をかいた後のビールは格別です。
夜ごはんに「中落ち漬け重」800円を頂きました。
ミニサイズのおそばやうどん(450円)もあり、ついつい注文してしまいました・・・。

営業時間は11:00~23:00 (食べ物のラストオーダーは22:00、ドリンクラストオーダーは22:30)
朝食は7:00-9:00。

3:00AM発の羽田空港国際線行きバスに乗車

「プレミアムラウンジ」にて数時間ほど仮眠して、午前2時半ごろ起床。
お会計を済ませると・・・。
HWJ2012MAYC009R
お店の前の道路に3:00AM発のバスが待っていました。
ね、ねむい・・・。

羽田空港への送迎バスの時刻表は、公式サイトをご確認のこと。

20人ぐらいが乗れる小型のバスでした。
HWJ2012MAYC010R
大きな荷物は車内前方のスペースに置きます。

お客さんは8人ぐらいで、5人は中華系のお客さんでした。
HWJ2012MAYC011R
3:00AM発ですが、2:52AMごろに全員揃ったようで、早めに出発。

産業道路、環八経由で国際線ターミナルへと向かいます。
深夜なので交通量も少なく、大田区内をスムーズに疾走。

およそ15分ほどで・・・。
HWJ2012MAYC036R
国際線ターミナル1Fの玄関?に到着。
全員ここで降ります。

深夜3:10ごろの国際線ターミナルは・・・。
HWJ2012MAYC045R
夜明かしの人々で一杯でした。

そして3:15AMごろ。
HWJ2012MAYC052R
無事、出発ロビーに到着しました。

この時間に到着できれば、

  • タイガーエア台湾・台北桃園行き IT217便 (5:25発)
  • ピーチ・台北桃園行き MM859便 (5:55発)

といった、朝5時台のLCC便にも余裕で間に合います。

午前3時台に羽田空港国際線に到着したい方にとっての有力な選択肢の一つになるかと思います。

感想などまとめ

以前、リニューアル前に利用したときは、正直なところ、施設の古さが目立ちましたが、今回のリニューアルでかなり快適になりました。
これはリピートしても良いかも。
夜10時以降は、岩盤浴のラウンジエリアも開放されるため、横になれるスペースが増えたのもポイントが高いです。
女性専用エリアがあちこちにあったのも印象的でした。
あと、他人のイビキが気になる方は「耳栓」を用意してくることをオススメします。
羽田空港の深夜・早朝便利用時の前泊・後泊に是非どうぞ。

天然温泉平和島の場所はこちら。

JR大森駅と京急平和島駅から100円バス(ビッグファン平和島行き)が出ています。

詳細はこちら
天然温泉平和島公式サイト

その他の羽田空港国際線早朝便の利用方法はこちら
始発より前に羽田空港国際線に到着する方法まとめ




ホテルマイステイズプレミア大森の朝食バイキングと羽田空港シャトルバスの編

2019/02某日
飛行機に乗る予定はないけど、羽田空港への無料シャトルバスもある「ホテルマイステイズプレミア大森」に宿泊中。
今回は、朝食バイキングと羽田空港へのシャトルバスについてのレポートです。

一夜明けて、朝7時前のこと。
HND2019FEBG184R
お楽しみの朝ごはんを頂くべく、1Fのレストラン会場へ。
ホテルの朝食は何だかワクワクしますねえ。

朝食バイキングの営業時間は・・・。
HND2019FEBG186R
7:00~10:00とのこと。
開始時間まで、やや時間があります。

ホテルのロビーには・・・。
HND2019FEBG197R
スーツケースを携えた中国人旅客様で一杯でした。
この後、空港に向かうものと思われます。
ホテルの前にいたバンやマイクロバスに乗って、出発していきました。

さて・・・。
HND2019FEBG198R
7:00を過ぎたので、朝食会場へ。
かなり品揃えが豊富です!

充実のサラダバー。
HND2019FEBG018R
普段不足しがちな食物繊維を補給できるチャンス。
お野菜の種類が多く、オクラが豊富にあるのがウレシイです。
たっぷりといただくことにします。

サラダバーの近くには但し書きあり。
HND2019FEBG019R
「食べる分だけお取りください」とのこと。
英語と中国語でも書かれています。
まあ、食べきれないぐらいの量を取って、残してしまう人たちがいますからねえ・・・。

欧米風朝食コーナーその1
HND2019FEBG015R
フライドポテトの他、コロッケもあり。
「コロッケ」は、地味ではありますが、世界に誇れる日本のソウルフードだと思います。

欧米風朝食その2
HND2019FEBG016R
ミニなロールキャベツとパスタもあり。
ひと口サイズなおかげで、他の色々な品々をいただくことができるわけです。
なーるほど。

ホットミール各種。
HND2019FEBG005R
左から鯖の塩焼き、ソーセージ、カリカリベーコン、卵焼きというラインナップ。
各品を少しずつお皿に取っていきます。
美味しそうだからといって、たくさん取り過ぎないようにしましょう。

納豆、切干大根、レンコンのきんぴらなどのご飯のお供もあり。
HND2019FEBG020R
一段上の小さな器はポテトサラダ類。
これも少しずつ頂きます。

うどんと味噌汁類。
HND2019FEBG021R
「うどん茹で器」もあり。
自分で茹でて、自分で「湯切り」するのが結構楽しいです。

もちろん安心と信頼の白いご飯もあり。
HND2019FEBG023R
和食派には欠かせません。
右の金属の器の中には、カレーもありました。

パン食派の方にも・・・。
HND2019FEBG008R
各種パン類とトースターがあり。
ちなみに、この日の朝食会場は日本人だらけで、欧米人の姿はありませんでした。

中華粥もあり。
HND2019FEBG017R
本場のお粥ほどトロトロにはなっていませんでしたが。
パクチーなど、薬味の種類が充実しています。

では、各種メニューを少しずつ取得して、頂きまーす。
HND2019FEBG025R
サラダがたっぷりと食べられて良かったです。
その他のおかず類も美味。
「切干大根」のような家庭の味まであるのもウレシイです。
カレーも美味しゅうございました。

中華粥とパン食にもトライ。
HND2019FEBG027R
お粥にパクチーをトッピングしたらメチャ美味しかったです。
久しぶりに「牛乳」も頂いて、健康になった気分。

そういえば飲み物コーナーは・・・。
HND2019FEBG011R
やたら種類が豊富でした。
常温水、冷たい水、お茶類、各種ジュース類などなど。
すごい・・・。

ぶどうジュース、ホットコーヒーと共に・・・。
HND2019FEBG028R
フルーツポンチ、オレンジ、バナナ、パイナップルを頂きました。
デザート類は普通な感じです。
いろいろ食べすぎて、お腹が一杯に・・・。

お部屋にお持ち帰り用のコーヒーもあり。
HND2019FEBG029R
地味に嬉しいサービスです。

そのコーヒーを持って自室に戻り・・・。
HND2019FEBG038R
「がっちりマンデー」を見ながら、部屋でダラダラと過ごしました。
おいしい朝ごはんを一杯食べて、部屋で寛ぐという至福の時間。
いや~幸せ。

***

で。

チェックアウト時間の午前11時ギリギリまで滞在した後は・・・。
HND2019FEBG044R
羽田空港行きのシャトルバスに実際に乗車してみることにします。
「ホテルマイステイズプレミア大森」のバスは白色です。
「ホテルマイステイズ羽田」のバスは青色ですので、間違えないようにしましょう。

羽田空港シャトルバスの時刻表は、ホテルの公式サイトの「アクセス」の「時刻表」からどうぞ。

シャトルバスの収容人数は19人ぐらい。
HND2019FEBG045R
遅い時間のバスなので、乗客は数名でした。
予約制ではなく先着順とのこと。

では出発~。
HND2019FEBG051R
マニアックな裏道?をクルクルと走り抜けて、一路羽田空港を目指します。

ホテルを出発して、およそ25分後。
HND2019FEBG055R
羽田空港第2ターミナルに到着しました。
大森から電車やバスで羽田空港に行こうとすると、途中乗り換えなければならないので、ダイレクトに空港に辿り着けるのは、やはり便利です。

この時は、私を含む全員が第2ターミナルで下車。
各ターミナルで降りるお客さんがいる場合、終点の国際線ターミナルまでは、もう少し時間がかかるかもしれません。

というわけで、羽田空港への無料シャトルバスが便利な「ホテルマイステイズプレミア大森」の宿泊・朝食・送迎バス体験記でした。

前回のお部屋レポートはこちら。
羽田空港への送迎バスあり。ホテルマイステイズプレミア大森に宿泊してみたの編

以下感想まとめ

  • お部屋が広くて快適
  • 羽田空港へのシャトルバスが便利
  • ホテルの近所は閑静な住宅地で静か。大森駅前まで歩けば賑やか
  • すぐ近くにコンビニがあり便利
  • 朝食は種類が豊富で満足

ホテルの場所はこちら。

JR大森駅から徒歩7分ぐらい。
京急の大森海岸駅からも徒歩7分ぐらいです。

ホテルの口コミ・予約はこちら(楽天トラベル)
ホテルマイステイズプレミア大森(旧アートホテルズ大森)

その他の羽田空港周辺ホテルの宿泊体験記はこちら
羽田空港周辺の宿泊施設の体験記




羽田空港への送迎バスあり。ホテルマイステイズプレミア大森に宿泊してみたの編

2019/02某日
この日やってきたのは、JR京浜東北線・大森駅。
OMY2019FEBD003R
かの「大森貝塚」で有名な「日本考古学発祥の地」です。

お目当ての場所はこちらの「ホテルマイステイズプレミア大森」。
OMY2019FEBD013R
大森駅から徒歩7分ほどのところにある、立派なホテルです。

以前は「アートホテルズ大森」だったのが、2016年10月にリブランドオープンしたのだとか。
羽田空港からは、やや離れているものの、空港への無料送迎バスを運行しているとのことで、(飛行機に乗る予定はないけど)今回宿泊してみることにしました。

さっそく受付を済ませてカードキーを受領。
OMY2019FEBD026R
バブルの頃のかほりがするフロントロビーは、大理石調でゴージャスな感じです。

羽田空港へのシャトルバスの時刻表もいただきました。
OMY2019FEBD058R
予約制ではなく、先着順とのこと。
始発は4:20AM発。
始発電車が動くよりも早く空港に到達可能。

空港への所要時間は、

  • 第2ターミナル 約30分
  • 第1ターミナル 約40分
  • 国際線ターミナル 約50分

とのこと。
やや空港から離れているので、時間が多めに見積もられているようです。
今回利用した時の実際の所要時間は、第2ターミナルまで約20分ほどでした。
時刻表はホテルの公式サイトをご参照ください。

いい匂いがするエレベータで客室階へ。
OMY2019FEBD028R
客室区画は吹き抜けになっていました。
まるでマンションのような感じです。

では自室へ突入。
OMY2019FEBD032R
おお~。
木製の引き戸が和風な感じです。

広々としたスーツケース台と・・・。
OMY2019FEBD049R
スリッパがやたら潤沢にありました。

入ってすぐのところには・・・。
OMY2019FEBD034R
金庫と電気ポット、冷蔵庫があり。
冷蔵庫の中身は空なので、買いだしたものを冷却できます。

では居室へ。
OMY2019FEBD037R
おお~、結構広いです。
板場の上に分厚いマットが敷かれており、和な雰囲気。
最近リノベーションしたものなのか、内装は新しいです。

今回宿泊したのは「コンフォート・キング」というお部屋。
広さは28.5平米で、1泊1万円台(予約の混雑具合による)でした。
大人2人+小学生1人添い寝宿泊可能とのこと。

ベッドの上には・・・。
OMY2019FEBD044R
マットと低反発な枕が心地よく、快適に眠れました。
この寝具、自宅に欲しい・・・。
部屋着は上下セパレートタイプで実用的でした。

枕元には・・・。
OMY2019FEBD047R
ACコンセントとUSBポートがあり。
ベッドの上でスマホやノートPCを充電できて便利です。

窓の外には・・・。
OMY2019FEBD046R
道路を挟んでオフィスビルが見えました。
周囲は住宅地で静かです。

テレビはわが国のシャープ製。
OMY2019FEBD051R
CCTV大富(中国語)、KBS WORLD(韓国語)、CNN(英語)の放送も受信可能でした。
訪日客対応も万全です。

テレビはホテル専用にカスタマイズされていて・・・。
OMY2019FEBD066R
ホテル内の情報や、Wi-Fiパスワードなどを表示できます。

ごろ寝できる大きなソファーもあり。
OMY2019FEBD038R
ここで寝ることも可能。

テーブルの上にはノートPCを展開可能。
OMY2019FEBD093R
テレビを見ながらブログを執筆。
コンセントが遠いのがやや難点でしたが、至福のダラダラタイムでした。

水回りへと進出。
OMY2019FEBD068R
洗面台にあるピンク色のボトルは、フェイス&ハンドソープ「POLA AROMA ESS GOLD」。
紅茶のようないい香りがして、泡立ちもよく、非常に気持ちのよいハンドソープでした。
これ、家にも欲しい・・・。

アメニティ類も充実。
OMY2019FEBD070R
歯ブラシセット、ヘアブラシの他、シェーバーもあり。
持参して来なくてもよいので助かります。

湯舟もあり。
OMY2019FEBD074R
お湯の出具合も全く問題なしです。
さすが日本のホテル、水回りの強さは完璧です。

今回宿泊したのは6階。
OMY2019FEBD076R
平面図によると、1フロアに同じ広さの20部屋を配置。
そんなに騒がしい客はおらず、お部屋も広々でキレイ。
快適に一夜を過ごすことができました。

ホテルの対面には、ローソンがあり。
OMY2019FEBD079R
ホテルの近くにコンビニがあると何かと便利ですねえ。

ただしローソンへの横断歩道は・・・。
OMY2019FEBD096R
夜間は「押しボタン式」です。
中国人客の皆様は、この仕組みが理解できず、信号がずっと青にならなくてイライラしていました。

ホテルの周囲は閑静な住宅地。
所々に隠れ家的なお店が点在しています。
大森駅近くまで歩くと、賑やかな繁華街があります。

この日、夕食を頂いたお店はこちら。
OMY2019FEBD010R
ホテルの裏手にある「とんかつ鉄」。
階段を下りた地下にある、隠れ家的なとんかつ屋さんです。
できるだけ地元のお店に経済貢献させて頂きます。

特上ひれカツ定食 2000円
OMY2019FEBD085R
衣はサクサク、お肉がメッチャ柔らかく、美味しゅうございました。

ソースも美味しいですが・・・。
OMY2019FEBD089R
「アンデスの岩塩」でシンプルな塩味で頂くのも美味しいです。

トンカツのみならず、豚汁も美味。
おいしいトンカツディナーを頂きたい方にお勧めです。

というわけで、大森駅徒歩圏内の閑静な住宅地にあるハイグレードなホテル「ホテルマイステイズプレミア大森」の滞在レポートでした。
次回は、引き続き朝食バイキングと空港への送迎バスに乗ってみるの編。

ホテルの場所はこちら。

ホテルの口コミ・予約はこちら(楽天トラベル)
ホテルマイステイズプレミア大森(旧アートホテルズ大森)

その他の羽田空港周辺ホテルの宿泊体験記はこちら
羽田空港周辺の宿泊施設の体験記




「変なホテル東京羽田」のご近所と朝食バイキングと羽田空港送迎バスの編

2018/10/9
羽田空港からほど近い大鳥居にオープンした「変なホテル東京羽田」のレポートの後編です。

前編はこちら。
羽田空港への無料送迎バスあり。「変なホテル東京羽田」が大鳥居に出来たので早速宿泊してみたの編

後編では、ホテルの館内設備、ご近所の銭湯やお店、朝食バイキング、空港への無料送迎バスの様子についてお伝えします。

「変なホテル東京羽田」にチェックインした後は、ホテル1Fのロビーを探索。
HND2018OCTC299R
フロントの恐竜と女性のロボットは、24時間休みなく働き続けていました。
お疲れ様です。
チェックインするお客さんが少ない時間帯になると、人間スタッフは居なくなるようです。

案内板には・・・。
HND2018OCTC265R
羽田空港の発着便の情報を表示できるモニターもあるものの、まだ調整中でした。

タクシーを呼んでくれるタブレット端末もあり。
hen-taxi
徹底して省力化が図られています。

自販機コーナー。
HND2018OCTC262R
ソフトドリンクの他、日用品の自販機もありました。

自販機近くにはテーブルやカウンター席があり。
HND2018OCTC263R
座って寛ぐことができます。
朝になると朝食バイキング会場になり、垂れ幕の奥のエリアも開放されます。

エレベータの奥にある区画へと潜入。
HND2018OCTC254R
こちらにはお酒やカップラーメンの自販機の他、コインランドリー、製氷機があり。
特に「変な」点はなく、普通のホテルって感じです。

ホテルの周りは閑静な住宅街

では、ホテルのご近所をウロウロ。
HND2018OCTC303R
ホテルの周りは閑静な住宅地です。

耳に聞こえてきたご近所様同士の会話でも・・・

「ねえねえ、恐竜みた? ヒソヒソ・・・」

みたいな感じで、ホテルのことで話題は持ち切りのようでした。

ホテルのすぐお隣には・・・。
HND2018OCTC277R
産業道路沿いに「ニトリ大田大鳥居店」があります。
沢山のお客さんで賑わっていました。
営業時間は10:00~21:00(2018/10当時)。
でも、ホテルに泊まる時に家具は買わないか・・・。

最寄りのコンビニは・・・。
HND2018OCTC296R
産業道路を挟んで、ニトリの対面にあるファミリーマート。
ホテルからも近くて便利です。

レトロ銭湯「宝湯」へ

ホテルから徒歩2分ぐらいのところに・・・。
HND2018OCTC304R
銭湯「宝湯」を発見 (*゚∀゚)=3
昔ながらの風情があってイイですねえ。

折角なので、ここでひとっ風呂浴びていくことにします。

大人1名460円を先に払って中へ。
手ぶらで来てしまったので、タオルとシャンプーとボディソープがセットになった「お風呂セット」(100円)も購入しました。
番台のおば様はニコニコで癒されます。

脱衣所や浴室は、掃除が行き届いていてキレイでした。
男湯には、赤富士の見事なタイル画があり。
昔ながらの銭湯の雰囲気を堪能できます。

お湯はやや熱め。
ほんのりとハーブの香りがして、いいお湯でした。
ドライヤーは3分20円ですので、小銭を用意しておきましょう。

更衣室を出たところに、小さな休憩所があり、テレビや雑誌を見て寛げます。
昭和の頃にタイムスリップしたような体験ができて楽しかったです。
銭湯好きな方はぜひどうぞ。

ホテル近くの地元の和食屋さんへ

銭湯を満喫した後は、晩御飯の場所を求めてウロウロ。
HND2018OCTH011R
ホテルの周りには、小さなお店が点在しています。
夜遅くまでやっている飲み屋も数件あり。

大通り沿いに出れば・・・。
HND2018OCTL082R
24時間営業の牛丼屋など色々あるので、深夜でも食事には困らないでしょう。
でも折角だから、できるだけ地元のお店でお食事して、大田区を満喫したい。

ホテルから歩いてすぐの場所に・・・。
HND2018OCTH014R
「五十郎」といういい感じの和食屋さんを発見。
コース料理の他に、一品料理もあります、とのこと。

メニューの中に「さんま」の文字を発見したので即決。
秋は和食屋さんでさんまを食べるに限る!
(*゚∀゚)=3

さんまの焼き物とご飯セットと日本酒を頂きました(全部で2500円ぐらい)。
HND2018OCTH021R
やっぱり秋のさんまは脂がのっていてウマいなあ(涙)。
土鍋で炊いたご飯もメチャ美味しい。
一緒に頂いた日本酒も、お料理を引き立ててくれます。
日本に生まれて良かった、と思える瞬間です。

私「ホテルが出来て、お客さん増えました?」
お店の方「いやあ、あんま変わんないっすねー(笑)」

お店の方も気さくな方で、楽しくお食事ができました。
やや高級なお店ではありますが、ゆっくりとラグジュアリーな和食を頂きたい、という方にお勧めです。
お店の場所や営業時間はお店のサイトをご覧ください。

充実の朝食バイキングへ

明くる朝。
HND2018OCTL085R
日の出の光が部屋に差し込んできて、目が覚めました。
新しい朝が来た♪

お楽しみの1Fの朝食ビュッフェへ。
HND2018OCTL020R
朝5:30からの営業とのこと。
朝早い飛行機を利用するお客さんへの配慮からか、開始時間が早いです。
昼~夜は営業しておらず、朝食のみの営業。

入口の人間スタッフ様に部屋番号を告げて中へ。
HND2018OCTL004R
結構広いです。
最初は人が少なかったですが、8時を過ぎるとどんどんお客さんがやってきて、賑わっていました。
早朝発の便に乗って海外へ出発する人が多いのかと思いきや、意外と朝おそくまでガッツリ滞在する日本人が多くでビックリしました。

では早速、お食事コーナーへ。
HND2018OCTL086R
色々なお野菜がたっぷりと頂けてウレシイです。
お野菜もフレッシュで美味しゅうございました。

欧米式の朝食も各種あり。
HND2018OCTL003R
アングロサクソンなお客様御用達のスクランブルエッグ、豆料理、ベーコン、ポテトなどもあり。
器に少しずつ取って、全種類をいただきます。

パニーニが自作できるプレートもあり。
HND2018OCTL018R
パンにハムやチーズなどを挟み、機械でプレスして焼き上げればできあがり。
朝はご飯派のため使わずでしたが・・・。
自分で作れるのは楽しいかも。

日本食コーナーもあり。
HND2018OCTL012R
「ひじきの煮つけ」「おから」「きんぴらごぼう」など、一人暮らしではなかなか食べられない家庭料理があってウレシイです。

辛子明太子やたくあんなどもあり。
HND2018OCTL013R
明太子が美味しくて、朝から白ご飯を何杯もお代わりしてしまいました。

白いご飯は・・・。
HND2018OCTL011R
炊飯ジャーが2台あり、万全の体制です。
ご飯切れだけは絶対に起こさない、という気合が感じられます。
真ん中にある円筒の容器は、味噌汁が入っています。

一通り、おかずとご飯を獲得して、朝ごはん開始。
HND2018OCTL007R
朝から野菜を沢山食べられて良かったです。
洋食・和食のおかずたちがご飯の消費を加速してくれました。
まさに充実の朝食。

さらに、2種類のカレーもあり。
HND2018OCTL009R
「北インドカレー」「南インドカレー」とのこと。
なんのこっちゃ。

試しに「スパイシー味」という北インドカレーを食してみました。
HND2018OCTL014R
カレールーは液状でスープのようにサラサラです。
スパイシーとは言っても、そんなに辛くはなく、優しい味でした。
メニューが豊富で、充実の朝食バイキングでした。

羽田空港への無料送迎バスが便利

朝ご飯のあとは、身なりを整えてチェックアウト。
チェックアウトの手続きは、マシーンにカードを差し込んで返却するだけです。
恐竜ロボットの出番がなかったのが寂しい・・・。

電車で家に帰るのは寂しいので・・・。
HND2018OCTL025R
ホテルの無料送迎バスに乗って、羽田空港に寄って行くことに。
自動運転車・・・ではなくて、人間が運転します。
ホテル前の屋根付きの車寄せから乗れますので、雨の日も安心。

朝の空港行きのバスは、ホテル発3:45AMから10:45AMの間、60分間隔で運行していました(2018/10現在)。
最新の時刻表と空港のバス乗り場は、ホテルの公式サイトをご確認ください。

座席数は17席ぐらい。
HND2018OCTL027R
車体後部に荷物台もあります。
そんなに大きなバスではありません。
先着順のようですので、お早めに。

9:45AMホテル発の遅めのバスでしたが、意外にもほぼ満席でした。
送迎バス、大人気ですねえ。
乗客のほとんどは日本人ファミリー客。
会話を聞いていると、この後は羽田空港国内線ターミナルからバスに乗ってディスニーランドに行くようでした。
なーるほど、羽田近くのホテルって、そういう使われ方もあるのか・・・。

途中、環八を経由して、一路羽田空港へ。
HND2018OCTL028R
右手には、ライバルの「東横イン羽田空港1と2」が見えました。
大鳥居界隈も、ホテルが増えてきましたねえ。

車内のアナウンスは、ペッパー君のような音声合成でした。
細かいところに「ロボット感」が感じられます。

送迎バスは、

  1. 国際線ターミナル
  2. 第2ターミナル(ANA側)
  3. 第1ターミナル南(JAL・西日本方面側)
  4. 第1ターミナル北(JAL・東日本方面、スカイマーク側)

の順に止まり、お客さんを降ろしていきます。

「第1ターミナル北」で下車し、送迎バスを見送りました。
HND2018OCTL039R
送迎バスありがとー。
この後は引き続き、第1ターミナル内で空弁を物色・・・。

というわけで、2018/10/3に開業したばかりの「変なホテル東京羽田」の宿泊体験記でした。
以下、まとめ。

  • フロントに恐竜と女性のロボットが居ること以外は、特に変ではない
  • テーマパークみたいな雰囲気で盛り上がる(チェックインのときだけ)
  • 空港への無料送迎バスが便利
  • ホテルの周り(大鳥居駅界隈)は、各種飲食店や銭湯、コンビニもあって便利
  • 設備が新しくてキレイで快適
  • 「LGスタイラー(衣服の自動シワ取り機)」は使わなかった・・・

羽田空港利用時の前泊・後泊に是非どうぞ。

変なホテル周辺のお役立ち地図はこちら。
hnh_map

ホテルの詳細はこちら。

変なホテル東京 羽田(2018年10月3日オープン)(楽天トラベル)

変なホテル東京羽田(公式サイト)

 

その他の羽田空港周辺ホテルの宿泊体験記はこちら
羽田空港周辺の宿泊施設の体験記




羽田空港への無料送迎バスあり。「変なホテル東京羽田」が大鳥居に出来たので早速宿泊してみたの編

2018/10/08
やってきたのは、羽田空港にほど近くにある京急空港線「大鳥居駅」
HND2018OCTC160R
羽田空港国際線から3駅のところにある町です。
最近の羽田空港再国際化による利用者増を受けて、ホテルの開業が相次いでいるホットなゾーンです。

そんな大鳥居から徒歩6分の場所に・・・
HND2018OCTC178R
2018/10/3にオープンしたのが「変なホテル東京 羽田」。
建物そのものは、名前以外は特に変な感じはしません。

「変なホテル」は、かの有名なハウステンボスの澤田社長が考案した、世界初のロボットホテル。
既に日本各地に支店を展開しており、今回、ついに羽田空港支店が開業したというわけです。
一体どこが「変」なのかを是非体験してみたく(飛行機に乗るわけではないけど)宿泊してみることにしました。

場所はこちら。

京急空港線の大鳥居駅(地下にあります)の東口から出たほうが、若干距離は近いです。
ホテルへは、産業道路(南北に走る大通り)と環八(東西に走る大通り)が交わる大きな交差点を「ガスト」のある区画へと横断し、北へ向かいます。
産業道路沿いの「ニトリ」の裏手にあります。

ホテルの前には・・・。
HND2018OCTC179R
羽田空港への無料送迎バスの黄色い車両があり。
(*゚∀゚)=3

以前に、まだ建設中だったホテルをご紹介した当時は、ホテルの公式サイトに送迎バスの情報はありませんでしたが、その後、情報が追加されたようですね。
送迎バスがあると、電車が動いていない深夜・早朝時間帯でも空港へ行けるので、非常に便利です。
時刻表や乗り場の案内は、公式サイトの「アクセス」をご参照ください。
(乗車体験記は次回の記事にて)

では早速、ホテルのロビーへ・・・。
HND2018OCTC187R
オープンして間もないということで、お祝いの胡蝶蘭がズラリ。
開業おめでとうございまする。

そして、出た!
HND2018OCTC268R
ホテルフロントには、従業員の恐竜や女性のロボットが。
これは変だ。
(*゚∀゚)=3

ジャングルのような装飾もあり。
テーマパークのような雰囲気です。

恐竜は怖いので・・・。
HND2018OCTC188R
恐る恐る女性ロボットのカウンターへ。
瞬きしていて非常にリアルです。
こっちも地味に怖い・・・。

音声案内に従って、タッチパネルで言語を選択。
名前を入力(音声入力も可)して、タッチパネルに指でサインします。

お隣の機械から・・・。
HND2018OCTC189R
ルームカードキーと、部屋番号が書かれたレシートが発行されて、手続き完了。
2分ほどで手続きが終わりました。
簡単です。
周りには、人間スタッフ様が遠目から見守っておられますので、困ったときは助けて頂けます。

ただ、タッチパッドの表示に従って手続きしただけなので、女性ロボットの存在感があまり無かった印象。
ルームカードキーを手渡しして欲しかったけど、さすがにそれは無理か。

フロントロビー内には・・・。

ウェルカム・ドリンクとして、無料の「変なドリンク」があり。
抹茶ココアなど。
丁度喉が渇いていたので、アリガタイです。
離れたところにある製氷機まで氷を取りにいかなければならないこと以外は、特に変ではなかったです。

では、ジャングルの先のエレベーターに乗って・・・。
HND2018OCTC186R
客室へと向かいます。

ホテルは6階建ての全200室。
HND2018OCTC197R
ルームカードキーをセンサーにかざさないと、目的の階まで上がれないようになっています。
セキュリティも万全。

客室エリアへ。
HND2018OCTC198R
ロボットが歩いていて声を掛けて来たりすることはなく、普通にキレイなホテルです。

では自室へと突撃。
HND2018OCTC203R
今回予約したお部屋は「LGスタイラールーム・セミダブル 14平米」。
楽天トラベルで予約して、1泊1万円台でした。
宿泊費は、混雑具合によって大きく変動する模様。
そんなに広いお部屋ではないですが、日本のビジネスホテルとしては普通の広さです。

避難経路図を確認。
HND2018OCTC201R
2つの建物が接続されてL字型になっているんですね。

入ってすぐのところに・・・。
HND2018OCTC205R
スリッパがあり。

まずは靴を脱いでスリッパに履き替え。
HND2018OCTC234R
ややモコモコ感があって、いい感じです。

こんな感じで床が広いので・・・。
HND2018OCTC202R
大きなスーツケースも展開できるようになっています。
この時の荷物はカバン1個だったので、台の上で事足りましたが。

広い床面積を確保できるように・・・。
HND2018OCTC206R
椅子が壁にめりこむように収納されています。
おお、これは初めて見る仕掛け。

こんなように・・・。
HND2018OCTC228R
デスクも収納式になっています。
やや窮屈ですが、ノートPCを展開できるぐらいの広さがあります。
もちろんコンセントもあるし、無料Wi-Fiも問題なく繋がりました。

で、クローゼット・・・?
HND2018OCTC208R
いえ、これは「LGスタイラー」なるハイテクマシーンとのこと。
韓国のLG社製の、自動衣服お手入れマシーンらしい。

恐る恐る開けてみると・・・
HND2018OCTC212R
普通にクローゼットな感じです。

前面はタッチセンサーになっていて・・・。
HND2018OCTC210R
高温スチームで服のシワを伸ばしたり、除菌したりできるらしい。
1Fのコインランドリーと併用すると便利そうです。
色々あるんですねえ。

しかしこの日は着替えを持参して来なかったため、使う場面はなし(なんのこっちゃ)。
何か洗濯物を持ってくればよかったかも(笑)。

ダブルサイズのベッドは広々。
HND2018OCTC216R
富士山の画があり。
外国人のお客さんに喜ばれそうな感じです。
ベッドの柔らかさも丁度いい具合で、快適に眠れました。

枕元には・・・。
HND2018OCTC217R
室内照明スイッチがの他に、充電コンセント、USBコネクタもあり。

寝巻もあり。
HND2018OCTC227R
ワンピースタイプなので、足元がややスースーしますが。

窓からの眺め。
HND2018OCTC215R
ホテルの周りは閑静な住宅地です。
上のほうの階にして頂けたおかげで、視界が開けていて良好な眺めでした。

テレビも韓国LG製。
HND2018OCTC207R
先ほどの「LGスタイラー」と抱き合わせで、テレビもLG製を導入するに至ったものと思われます。

無料スマホもあり。
HND2018OCTC219R
自分のスマホがあるので、使いませんでしたが、外国人客には便利かもです。

客室内の設備をコントロールできるタブレットもあり。
HND2018OCTC221R
テレビや照明の他、エアコンの温度設定もできます。
1階のレストランの混雑状況も表示されていました。
テクノロジーを駆使した最新ホテルって感じがします。

タッチパッドの他にも・・・。
HND2018OCTC229R
従来型のリモコンもあり。
こちらを使ってしまうので、タブレットの出番はありませんでした。

冷蔵庫の中身は空っぽ。
HND2018OCTC247R
ミニバーはありませんが、歩いてすぐの大通り沿いにコンビニがあるので、不自由はありません。

ポットやティッシュなどもあり。
HND2018OCTC248R
「変なホテル」のロゴ入りカップがオシャレです。

水回りへ突入。
HND2018OCTC236R
3点ユニットバスは明るくてキレイでした。
最近の新しいホテルのトイレはことごとくシャワートイレですね・・・。

湯舟もあります。
HND2018OCTC237R
お部屋の面積が限られていても、お風呂は欠かせないというのは日本のホテルならではです。

もちろんシャワーもあり。
HND2018OCTC238R
お湯の勢いは十分強く完璧です。
日本のホテルの水回りの強さは素晴らしい。
もし「水回りの強さオリンピック」があったら、金メダル間違いなしでしょう。

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープの三兄弟も完備。
HND2018OCTC240R
やや字が小さくて、老眼だと辛いですが。

アメニティ類も充実。
HND2018OCTC243R
歯磨きセット、髭剃りセットの他に綿棒などもあり。
持参してこなくてもよいので非常に助かります。

ドライヤーもあり。
HND2018OCTC245R
これも便利でした。

というわけで、長くなってしまったので・・・

  • ホテルの周りにはコンビニや、夜遅くまでやっている飲食店がいろいろ
  • 充実の朝食バイキング
  • 羽田空港への送迎バスも快適

な点は、次回の記事へと続きます。
「変なホテル東京羽田」のご近所と朝食バイキングと羽田空港送迎バスの編

ホテルの詳細はこちら。

変なホテル東京 羽田(2018年10月3日オープン)(楽天トラベル)

変なホテル東京羽田(公式サイト)

その他の羽田空港周辺ホテルの宿泊体験記はこちら
羽田空港周辺の宿泊施設の体験記




羽田空港利用時の前泊・後泊に便利な「ナインアワーズ蒲田」がオープンしたので宿泊してみたの編

2018/07/28
またまた羽田近くの宿泊施設シリーズです。
今回は、2018/07/27に羽田空港からほど近い蒲田に新しいカプセルホテル「ナインアワーズ蒲田」がオープンしたとの情報をキャッチ。
(飛行機には乗らないけど)早速宿泊しに行ってみました。

JR蒲田駅・京急蒲田駅から徒歩圏内

「ナインアワーズ蒲田」の場所はこちら。

JR蒲田駅の東口から徒歩5分ぐらい。
京急蒲田駅からも徒歩5分ぐらいとのこと。

ブックオフの対面に・・・。
HND2018JULY030R
「ナインアワーズ蒲田」の入口があります。
開業記念の花輪がありました。

「ナインアワーズ蒲田」へ突入

では早速「ナインアワーズ蒲田」にチェックイン。
HND2018JULY041R
今回は、事前にネットで予約しておきました。
通常価格は1泊4900円とのことですが、楽天トラベルのオープン記念セールで1泊3200円でした。
なかなかリーズナブルなお値段です。

ただし・・・

  • カプセル内では飲食不可。ホテル内に自販機などは一切なし
  • おしゃべりは周りの迷惑になるので控えましょう
  • 一時外出可能

です。

つまり「シャワーを浴びて寝る」だけに特化した施設。
寝る前に何か食べたい場合は、ロッカーに荷物を置いて、外に食べに行くのがよいでしょう。

フロントのある1Fには・・・。
HND2018JULY042R
コンセント付きのデスクが20席以上ありました。
ノートPCを広げて作業が出来てアリガタイです。
このビジネスデスクのみの利用もできるとのこと(1時間300円, 24時間営業)。
もちろん無料Wi-Fiも使えます。

男女がフロアごとに分かれているホテル内

チェックインを済ませた後は・・・。
HND2018JULX012R
男性用・女性用に分かれているエレベータでロッカールームへ。

カプセルホテル内は・・・。

  • 2F~3F : 女性専用ロッカールーム
  • 4F : 男性専用ロッカールーム
  • 5F~7F : 男性専用カプセル(全63室)
  • 8F~11F : 女性専用カプセル(全84室)

というように、フロアごとに男女に分かれています。

女性用エレベータは女性用フロア(2,3,8,9,10,11F)に。
男性用エレベータは男性用フロア(4,5,6,7F)にのみ停まります。

男女が完全に分離されているので女性も安心というわけです。
(間違えて男性用エレベータに乗っている女性がいましたが)
そのせいか、女性のお客さんも沢山みかけました。

そこそこ大きなロッカー

では4F男性ロッカーに潜入。
HND2018JULX017R
椅子が無いのが、ちょっとつらいところ。
成田空港の「ナインアワーズ」には椅子があったけど・・・。

ロッカーのカギは・・・。
HND2018JULX021R
こんなような薄いカードです。
ペラペラなので、無くしたり、ロッカーの中にしまい込んだりしないようにお気をつけください。
一時外出時は、このカードを持って、そのまま外に出てOKとのこと。

ロッカーをオープン。
HND2018JULX027R
中には部屋着とタオルが入ったバッグがあり。
その下にはスーツケースが入るぐらいのスペースがあります。
このロッカーの大きさは、成田空港の「ナインアワーズ」と同様な感じです。

ホテル内用のスリッパもあり。
HND2018JULX028R
ペラペラですが、特に問題なし。

こちらが部屋着。
HND2018JULX030R
黒色でちょっとカッコイイ感じ。
サイズの指定はありませんでしたが、特に問題なし。

タオル類。
HND2018JULX031R
普通のタオルとバスタオルの2種類。
モコモコして気持ちよいです。

キレイな洗面所とシャワー室

では、部屋着に着替えてロッカールームの奥にあるスペースへ。
HND2018JULX032R
オープンして間もないこともあって、洗面所はキレイです。
ドライヤーもありました。
歯磨きセットや髭剃りはなかったので自前で。

シャワー室は4部屋ほどあり。
HND2018JULX033R
深夜1時半ごろだと、あまり混んでいませんでした。

シャワー室内部へ。
HND2018JULX042R
「頭上シャワー」もありますので「頭上から冷や水」の不意打ちを食らわないようにご注意ください。
シャワールームそのものはキレイで快適でした。
この時だけかもしれませんが、換気扇が動いておらず、湿気が気になりましたが。

ボディーソープ、コンディショナー、シャンプーあり。
HND2018JULX040R
字が小さく、どれがどれか分からなかったので(老眼)、3つ全部をブレンドして頭を洗いました。

シャワールーム内には・・・。
HND2018JULX036R
小さな棚があり。
タオルやスマホなどの所持品を置いておけます。
忘れ物をしないように気を付けましょう。

カプセルルームへ

シャワーを浴びてサッパリしたあとは自分のカプセルのある5Fへ。
トイレと洗面所は、ロッカールームのみならず各階にあります。

しーん、と静まり返ったカプセルルームへ。
HND2018JULY043R
出入口の扉(というか引き戸)も、開閉音が出ないように工夫されていました。
深夜1時半で、ほぼ満室のように見えます。

ではカプセル内へ。
HND2018JULY047R
当方は身長170センチぐらいですが、丁度おさまる感じです。

物音を立てるのがはばかられるぐらいに静かです。
ロッカールームが別室にあるおかげで、羽田空港の「FIRST CABIN」のように「荷物のガサゴソ音」に悩まされることがないのが良いです。

ただシャワーを浴びた直後ということもあってか暑い・・・。
体を冷ましてからカプセルに入ったほうが良さそうです。

カプセル内には、コンセント、USB充電ポート、照明ツマミがあり。
HND2018JULY045R
スマホやノートPCを持ち込んで充電ができるのがアリガタイです。
コンセントに充電器を差すときに、ズボッ!と音を立ててしまうのにも罪悪感を感じてしまいます。

そして、そのまま就寝・・・。
暑くてなかなか寝付けませんでしたが。
耳栓を持ってきていたおかげで、他人のイビキは気になりませんでした。

朝5時ごろになると、周りの人々が起床し始める物音で目が覚めます。
幸いにも、スマホのアラームを大音量で鳴らす人は居ませんでした。

チェックアウト時刻は午前10時ですが、朝7時ごろで半分ぐらいいなくなっていました。
カプセルしかないから、あまり長居する気分になれないですからねえ。

お隣のジョナサンで優雅な朝食

そして朝7時ごろ。
HND2018JULY052R
「ナインアワーズ蒲田」をチェックアウト。
外は雨でした。

朝ごはんを頂くべく、すぐお隣の「ジョナサン」へ。
HND2018JULY053R
すぐ隣なので、傘を差さずに駆け込みます。

スクランブル・モーニングセット599円(税別)。
HND2018JULY057R
優雅な朝食のひと時を過ごして、家路につきました。
あまり熟睡できなかったので、自宅で二度寝・・・。

羽田空港国際線から深夜バス利用で行く方法

終電が終わった深夜の羽田空港国際線から、「ナインアワーズ蒲田」のあるJR蒲田駅に移動する方法をご紹介。
HND2018JULX069R
ホテルにチェックインした後に、深夜の国際線到着ロビーまで行って蒲田に戻ってみました。

では、いつもの如く・・・。
HND2018JULY002R
わざと終電をやり過ごして、空港に取り残されます。
海外から羽田に戻ってきたけど、終電終わっちゃったよ~という状況からスタート。

でもJR蒲田駅へは、まだ深夜バスがあるので大丈夫。
HND2018JULY011R
深夜0時以降のJR蒲田駅行きの深夜バスは3本あります(2018/07現在)

  1. 0:30発 日ノ出町経由・JR蒲田駅行き
  2. 1:40発 蒲田駅・川崎駅行き
  3. 2:15発 蒲田駅・川崎駅行き

1.は普通の路線バスなので、途中色々なバス停に停まります(乗降客がいなければ通過)。
2.と3.は「シャトルバス」なので、大鳥居駅・JR蒲田駅・川崎駅にしか停まりません。
また、2.と3.は2019年3月まで実証運行中の深夜バスです。
と言っても、毎年運行期間が延長されていますが。
深夜2時台までバスがあるのは心強いですね。

今回は1. に乗ってJR蒲田駅まで行くことに。
HND2018JULY014R
深夜バスの運賃は、通常運賃(280円)の2倍の560円です。
(ICカードで払えば552円)
深夜にタクシーで蒲田まで行くと3000円近くかかるのに比べれば、深夜バスのほうが断然お安いです。

深夜タクシーで蒲田まで行ってみたときの体験記はこちら。
2017年1月タクシー運賃改訂後、羽田空港国際線からJR蒲田駅まで深夜タクシーで行ってみたの編

あと、蒲田方面行きのバスは、事前にバスチケットを購入する方式ではありません。
車内で運賃箱に直接お金を払います(交通系ICカードも利用可)。

では出発。
HND2018JULY017R
深夜なのでお客さんは少ないです。
途中、いくつかのバス停で停車して、地元の方々が降りていきました。

国際線から所要25分ほどで、JR蒲田駅バス停に到着。
HND2018JULY021R
以前に宿泊したことのある「カプセルイン蒲田」のすぐ目の前のバス停で降ろされました。

深夜のJR蒲田駅周辺は飲食店が充実

深夜の蒲田の繁華街を歩いて「ナインアワーズ蒲田」へ向かいます。
HND2018JULY024R
夜遅くまでやっているお店が沢山あり。
途中「マッサージ?」のお声がけがあったりして、治安はあまり良くありません(笑)。
バス停から「ナインアワーズ蒲田」へは、徒歩5分ほどで辿り着けました。
ふわぁ、眠い。

でもまだ晩御飯を食べておらず、腹ペコなので・・・。
HND2018JULY031R
「ナインアワーズ蒲田」にほど近いつけ麺屋「三田製麺所」にて夜食を。

前述のように、カプセル内では飲食できないので、夜食は外のお店で済ませましょう。

この「三田製麺所」は深夜2時まで営業。
ホテルのすぐ近くには24時間営業の「吉野家」や「日高屋」もあるので、深夜でも飲み食いには困りません。

つけ麺・並盛 760円。
HND2018JULY037R
「六厘舎」に似た濃厚魚介スープ系のつけ麺です。
ああ、うまい(涙)。
この後、ホテルでシャワーを浴びて、カプセル内で就寝・・・。

以上、蒲田にオープンした「ナインアワーズ蒲田」宿泊記でした。
お値段3000~5000円で、キレイなカプセルホテルに滞在できるのは、なかなか快適で便利でした。
羽田空港の深夜・早朝便利用時の前泊・後泊時にどうぞ。

「ナインアワーズ蒲田」の詳細はこちら。
ナインアワーズ蒲田(楽天トラベル)
ナインアワーズ蒲田(公式サイト)

その他の羽田空港周辺ホテルの宿泊体験記はこちら
羽田空港周辺の宿泊施設の体験記