カテゴリー別アーカイブ: 羽田空港・関連情報

羽田空港最寄りの新ホテル「京急EXイン羽田」の宿泊予約受付開始の編

2017/07/08
以前の記事でもご紹介した、羽田空港のお隣の天空橋に絶賛建設中の新ホテル「京急EXイン羽田」。
HND2017JUN-035_R1
3カ月後のオープンに先駆けて、このほど公式サイトがオープンしました。
京急EXイン羽田

公式サイトによると・・・。

  • ホテル名称は「京急EXイン羽田」でファイナルアンサー
  • 今年(2017年)の10月25日オープン
  • 深夜・早朝の無料シャトルバスを運行
  • 客室数313室
  • 無料朝食は朝5時から10時まで。和食と洋食を選択可

とのこと。
既に7/1から予約受付を開始しているとのことですが、開業日が10/25なので、もちろんそれ以降の予約しかできません。

深夜・早朝の無料送迎バスの正確な時刻表はまだ見つからずですが、公式サイトの予約ページの文言によると・・・。

  • 羽田国際線ターミナル発・ホテル行き 22:30~23:50 計5便
  • 羽田国内線第2ターミナル発・ホテル行き 18:20~23:40 計11便
  • 羽田国内線第1ターミナル発・ホテル行き 18:25~23:45 計11便
  • ホテル発・羽田国際線ターミナル行き 4:00~9:30 計15便
  • ホテル発・羽田国内線第1/第2ターミナル行き 5:00~9:30 計13便

とのこと(2017/07/08現在の情報)。
国際線からホテルへのバスの最終が23:50なのは、ちょっと早めな印象です。
これよりも遅い時間に羽田に到着する便を利用する場合は、タクシー利用(深夜料金で1300円ぐらい)になりそうです。

お部屋の種類と広さは下記(楽天トラベルより)。

  • 「スタンダードセミダブルType-A/Type-B」 14平米
  • 「EXセミダブルType-A/Type-B」 14平米
  • 「スタンダード・ダブル」 21平米
  • 「EXダブル」 24平米
  • 「スタンダード・ツイン」 27平米
  • 「EX・ツイン」 36平米

どれが羽田空港が見えるお部屋なのかは、よく分かりません・・・。
「スタンダードセミダブル」と「EXセミダブル」の違いも不明。
あと朝食は無料なので、すべての宿泊プランが朝食付きになっています。

公式サイトによると、宿泊料金は閑散期の最もお安いお部屋(スタンダードセミダブル)の「早割60」で7800円より。
概ね10000~15000円前後のようですが、混雑具合によって変動幅が大きいですので、ご予約はお早目にどうぞ。

というわけで、2017/10/25の開業が待ち遠しい「京急EXイン羽田」情報でした。

楽天トラベルでも予約受付中のようです。
京急EXイン羽田(楽天)


天空橋付近に建設中の京急EXイン羽田(仮称)の構造体がほぼ完成の編

2017/06/26
ここは羽田空港からほど近い、天空橋駅から徒歩4,5分の京急バスの駐車場があった場所。
HND2017JUN-032_R1
ここで「京急EXイン羽田空港(仮)」なる全313室(予定)のホテルの建設が進められているのは、過去記事でご紹介したとおり。
久しぶりに様子を見に行ってみたところ、まだ建物全体が幕のようなもので覆われている状況でした。

しかし裏手に回り込んでみると・・・。
HND2017JUN-035_R1
ほぼホテルの構造体が出来上がっているように見えます。
竣工予定は2017/09/30とのこと。
完成すれば、「ホテルマイステイズ羽田」を抜いて「羽田空港に最も近いホテル(空港内にあるホテルを除く)」第1位に躍り出ます。
立地から推測するに、空港に面したお部屋の窓からは、B滑走路と国際線ターミナルのサテライト側を遠くに見ることができるものと思われます。
ホテルの完成と営業開始を楽しみに待つことにしましょう。


羽田空港国内線に「りんごの自販機」登場の編

2017/04/30
こちらは羽田空港国際線第1ターミナル(JAL側)。
HND-2017APR-038_R28
4番時計台付近にやってきました。
スカイマークのチェックインカウンター付近です。

この辺りに、さりげなく置かれている自販機。
HND-2017APR-040_R28
うっかり、そのまま通り過ぎるところでしたが・・・。

実はこの自販機が「りんごの自販機」。
HND-2017APR-021_R28
こんなの今まで無かったような・・・。
「カットリンゴが自販機で買えちゃいます」とのこと。
へぇ~、こんなのあるんだ。
そういえば以前に「カットリンゴが茶色く変色しない技術が開発された」的なのをテレビで見たことがあります。

ラインナップは・・・。
HND-2017APR-024_R28
カットされたリンゴは袋詰めされたもののようです。
一見、どれも同じ品物に見えますが、よ~く見るといくつか種類があることが分かります。

  • 青森県産りんご(皮つき)200円
  • 青森県産りんご(皮なし)200円
  • とろ~りはちみつ&りんご 240円
  • とろ~りキャラメル&りんご 240円
  • ファミリーパック(5袋入り)400円

「はちみつ」とか「キャラメル」とか、何モノ?
という気持ちは抑えて、まずはオーソドックスな「皮つき」 200円を購入してみます。

お金を入れて、数字キーで購入したい商品の番号を入力。
HND-2017APR-029_R28
表示が日本語だけなので、外国人の方にはキビシイかも。

台のようなものがせりあがって、商品を取り出し口へと運搬します。
HND-2017APR-028_R28
さすが、よく出来てるなあ。

というわけで、「皮つき 200円」をゲット。
HND-2017APR-030_R28
製造元は、株式会社MVM様。

では、早速イタダキマース。
HND-2017APR-031_R28
食べやすい大きさにカットされているので、スナック菓子感覚で、歩きながら手軽につまめます。
お味の方は・・・。
フレッシュで甘くて美味しい!
自販機内に取り置かれているものなので、もっとフニャフニャした感じなのかと思いきや、しっかりと鮮度が保たれています。
はぁ~、これは恐れ入りました。

一方、こちらは第2ターミナル(ANA側)の保安検査場C付近。
HND-2017APR-046_R28
実は第2ターミナル側にも、同じりんごの自販機が設置されているとのこと。

発見!
HND-2017APR-044_R28
一番右の赤いのが、今回新たに設置された「りんごの自販機」。
インスタントラーメン自販機(一番左)、レトルトカレー自販機(左から2番目)、写真が撮れる自販機(右から2番目)と並んでいます。
この一角、キワモノ自販機パラダイスになりつつありますね・・・。

公式サイトによると、この「りんごの自販機」、羽田空港には2017年4月27日に設置されたとのこと。
伊丹空港や、都営浅草線の日本橋駅には以前から設置されているらしい。

第2ターミナルの自販機では「とろ~りキャラメル&りんご 240円」を購入。
HND-2017APR-048_R28
やっぱり「とろ~りキャラメル」がどうなっているのか気になって仕方がないので買ってみます。

説明書きによると・・・。
HND-2017APR-049_R28
キャラメルソースが小袋に入っていて、それをリンゴにかけて頂くというシステムらしい。
ははあ、なるほど。
「キャラメルソースをかける」というオペレーションが必要なので、付近のPC用デスクに座って頂くことにします。

開封して、キャラメルソースをかけてみました。
HND-2017APR-051_R28
りんごはトレイに入っていて、一口サイズにカットされています。
全8切れ入り。
小袋に入ったキャラメルソースはリンゴの味付けがされていて、ソースだけでも甘くてうまい。
思ったほど「キャラメル感」は感じませんでしたが、リンゴそのものの甘さに加えて、キャラメルソースの濃厚な甘味が加わっていい感じです。
これはこれで、なかなか画期的な食品。
個人的には、普通に「皮つき」「皮なし」のカットリンゴそのままでも、十分に美味しいと思います。

というわけで、羽田空港発の「りんごの自販機」体験レポートでした。
出発前の空弁のお供に、フレッシュな青森のリンゴを食べてみたい~という方は是非どうぞ。




天空橋駅付近の京急バス車庫の跡地に「京急EXイン羽田(仮称)」の鉄骨が組みあがるの編

2017/01/21
久しぶりに天空橋から穴守稲荷駅に向かって歩いていたところ・・・。
HND_2017JAN-006_R06
おお~、いつの間にかビルの鉄骨ができている!
最近の建物は、工事が進むのが速いですねえ。

この場所は、天空橋駅から穴守橋を渡ってすぐの、京急バスの寂れた車庫があった土地(A)です。
羽田ホテル
A : 京急EXイン羽田(仮)建設予定地
H : 羽田空港国際線ターミナル

京急はここに「京急EXイン羽田(仮)」なる新ホテルを建設して、一儲けしちゃおうという計画とのこと(プレスリリースはこちら)。
完成後は、他のホテルを抜いて「羽田空港に最も近いホテル(空港内にあるホテルを除く)」となります。

工事現場の掲示物によると・・・

  • 鉄骨造 地上10階・地下1階建て
  • 用途は「ホテル・飲食店・バス操車場およびバス停車場」
  • 2017年9月30日に工事完了予定

とのこと。
総客室数は313室(予定)で、ホテルJALシティ羽田本館(308室)と同じぐらいの規模の客室数。
この界隈のホテルとしては、結構デカい方の部類に入ります。
元々バスの車庫だったので「バス操車場およびバス停車場」も付帯できてしまうのがズルいところです。
なので、もちろん空港への無料送迎バスも運行される予定とのこと。

昨年(2016年)も、この穴守稲荷界隈に

が開業しました。
さらに、東京オリンピックが開催される2020年までには、国際線ターミナルに隣接する土地(第2ゾーン)に、巨大なホテル3棟を開業させる計画もあり、競争が激しくなりつつあります。
ホテルの供給過剰にならないように気を付けましょう(誰が?)。

最近は、羽田空港の深夜・早朝便の増加に伴って、羽田近辺の前泊・後泊需要が高まっています。
国際線ターミナルビル内で夜明かしする人も沢山いますが、最近は仮眠をとるための椅子を確保するのが困難になりつつあります。
今秋のホテル完成で、深夜の空港の混雑が少しでも緩和されると良いですね(あまり影響ないかもですが)。

ホテルの工事が始まる前の様子はこちらの過去記事をどうぞ。
羽田空港周辺のホテル建設計画いろいろ




羽田空港発南大沢行き・京王リムジンバス「サンリオピューロランド号」に乗ってみたの編

2016/12月某日のこと。
去年(2016年)記事にし忘れていたネタです。
聞くところによると、京王バスが運行する羽田空港リムジンバスに、「サンリオピューロランド号」が登場したとのこと。
当方は特にハローキティ・ファンというわけではありませんが、なんとなく面白そうだったので乗ってみることに。

というわけで、14:15ごろの羽田空港国際線ターミナル・3番バス乗り場へ。
HND_2016DEC_024_R109
ピンク色の車体の「サンリオピューロランド号」が颯爽と登場です。

ハローキティの他にも、様々なサンリオ・キャラが描かれていてかわいいです。
HND_2016DEC_026_R109
とは言っても、私は「ハローキティ」と「マイメロディ」ぐらいしか知らないけど・・・。
外国人観光客の皆様からも、シャッター音の洗礼を浴びていました。

このバスは、羽田空港国際線14:25発、聖蹟桜ヶ丘・京王多摩センター経由の南大沢駅行き。
HND_2016DEC_029_R109
行き先表示の電光表示板にも、ハローキティが描かれています。
こ、こまかい・・・。
今回は、サンリオピューロランドのある京王多摩センターまでのチケットを購入(1540円)。
実際に搭乗してみることにします。

バスに乗り込んですぐの運賃箱には・・・。
HND_2016DEC_031_R109
早速、ハローキティの一味によるお出迎えです。
単に車体の塗装がサンリオ仕様なだけでなく、内装の様々なところにサンリオ・キャラが仕込まれているのが見所となっています。

車内のシートもメルヘンチックなピンク色となっています。
HND_2016DEC_033_R109
この日のお客さんは10名前後。
皆さん物珍しげに写真を撮っていました。

シートのヘッドレストのカバーにもサンリオキャラが。
HND_2016DEC_032_R109
しかも、席によって描かれているキャラが異なるという凝りよう。

天井の照明に目をやると・・・。
HND_2016DEC_034_R109
ここにもキティちゃんがおわします。

通路の床にも・・・。
HND_2016DEC_042_R109
キティちゃんリボンがあり。
細かいところも油断できませんねえ。

窓枠には・・・。
HND_2016DEC_037_R109
お姫様の馬車のごとくヒダヒダがあり。
もうサンリオ・ワールドに舞い込んだ気分です。

シートポケットには、サンリオピューロランド号のクリアファイル的なものあり。
HND_2016DEC_039_R109
持って帰っていいものなのかよく分からず、そのままにしておきました。

車両前方の行き先案内表示。
hello-display
この画面にも背景にサンリオ・キャラが散りばめられているという凝りようです。

出発してしばらくすると、車内アナウンスが流れます。

「毎度ご乗車、ありがとうございましゅっ♪ このバしゅは・・・♪」

なんと、車内アナウンスまでハローキティちゃんの甘ったるい声。
思わず笑みがこぼれてしまいました。
ただ、ハローキティ氏が担当するのは日本語アナウンスのみで、英語・中国語・韓国語アナウンスは、通常の業務用の音声でした。

やがてバスは首都高、中央道を抜けて、多摩川の上流を渡ります。
HND_2016DEC_184_R109
羽田空港から結構時間かかりますね。

羽田を出発して、1時間半後・・・。
HND_2016DEC_050_R109
京王多摩センターに到着。
ここで降ります。
降車した後も、バスの車体を撮影しまくりつつ、終着の南大沢へ出発するバスを見送りました。

さて・・・。
HND_2016DEC_053_R109
初めて来た多摩ニュータウン。
あちこちにハローキティがお出迎えです。
京王多摩センター駅の名誉駅長も務めているらしい。
とりあえず駅の方に歩いていきます。

駅前に案内地図があり。
HND_2016DEC_058_R109
えーと、サンリオピューロランドへはどう行くのかな。

多摩センター駅の近くのバス停から、サンリオピューロランドまでは徒歩約15分ぐらいでした。
HND_2016DEC_071_R109
沢山の人々で賑わっています。
儲かってますなー。
でも当方は中年男子一名につき、入場は自粛とさせて頂きます。

サンリオ以外にも・・・。
HND_2016DEC_077_R109
縄文時代の「竪穴式住居」を復元した「縄文の村」なるシブい施設もあり。

中国進出で株価が急上昇したスーパー銭湯「極楽湯」もあり。
HND_2016DEC_072_R109
サンリオ以外にも、色々と楽しめそうです。

この時は、多摩センター駅前の冬のイルミネーションがキレイでした。
HND_2016DEC_087_R109
というわけで、羽田空港から「サンリオピューロランド号」で行くリムジンバス旅でした。

ハローキティ・フリークの皆様におかれましては、例えば・・・

  • サンリオピューロランドで遊んで
  • 今回ご紹介の「サンリオピューロランド号」で羽田空港へ向かい
  • 羽田空港国際線5Fの「HELLO KITTY JAPAN」でハローキティ・グッズをお買い上げ。
  • (翌朝の)エバー航空の「ハローキティ・ジェット」で台湾へ!

HND_2016DEC_198_R109
・・・という、ハローキティ三昧な台湾旅行を是非どうぞ。




羽田空港でクリスマスイベントいろいろの編2016

2016/12/26
クリスマス3連休の羽田空港の各ターミナルでは・・・。
HND_2016DEC_007_R135
今年も様々なイベントが盛りだくさん。
ついこの前、クリスマスイベントをやったばかりのような・・・。
月日が経つのは本当に早いものです。

羽田空港の各ターミナルを、サンタクロースの御一行様が練り歩き。
HND_2016DEC_035_R134
一緒に記念撮影ができたり、プレゼントのクッキーを頂けたりで、特にご家族連れにご好評の様子。

羽田空港国際線4F江戸舞台では・・・。
HND_2016DEC_026_R049
毎年お馴染みのJALベルスター様によるハンドベル演奏が行われました。
今年はハンドベル演奏に加えて、ステップを踏むなどの振り付けもありでした。
後ろで見ていた外国人のお客さんも「Amazing!」って言っておられました。

同じく国際線ターミナルの5Fでは・・・。
HND_2016DEC_035_R133
記念撮影ができるクリスマスの装飾が登場(12/25まで)。

第2ターミナル5Fでは・・・。
HND_2016DEC_007_R049
ANAのオーケストラの皆さまによる演奏で盛り上がりました。
例年以上にお客さんの数がすごいことになっています。
センターを務めるバイオリニストの方が、去年までの眼鏡のお兄さんから大美人の女性にバトンタッチ。
エレガントな演奏で素晴らしかったです。
「情熱大陸のテーマ」が毎年盛り上がりますねえ。

この他にも、国内線の各航空会社と空港のスタッフ様合同の「ALL HANEDA」によるクリスマス・ソング合唱などなど・・・。
去年以上に色々な催しが盛りだくさんでした。

というわけで・・・。
HND_2016DEC_022_R049
今年も存分にクリスマス気分を楽しめた羽田空港でした。

そして、年明けの1/1~1/3は・・・。
HND_2016DEC_011_R109
今年も「新春はねだ江戸まつり」開催とのこと。
お正月も羽田空港へ是非どうぞ。




日露首脳会談が終わって、羽田空港からプーチン大統領御一行様撤収の編

2016/12/17
山口と東京で行われた日露首脳会談から、一夜明けた羽田空港。
プーチン大統領は、昨晩のうちに羽田からロシアへとお帰りになったのだとか。
お忙しいですねえ。

で、12/17(土)の朝の羽田空港には・・・。
HND_2016DEC_007_R106
随伴機のロシアの機体が、まだいらっしゃいました。
展望デッキからは見えない駐機場なので、この写真を撮るために、羽田エクセルホテル東急のレストランでお食事してしまいました。
ロシアやアメリカのような大国の場合、大統領御大を乗せた機体以外にも、予備機やお連れの者(?)を乗せた機体が何機か飛来します。
その随伴機の1機が、まだ羽田に残っていたというわけです。

その後、第2ターミナルの展望デッキに行ってみると・・・。
HND_2016DEC_014_R106
丁度、さっきの随伴機がお帰りになる場面に遭遇。
お~、ラッキーです。

メチャいい天気の中、離陸。
HND_20161217_RA-96018s
機材はIL-96-300PU(RA-96018)。
旧ソ連のイリューシン設計局が設計した4発エンジンの機体です。
日本では滅多に見ることができないレア機材。
飛行機マニヤにはたまりません。

冬晴れの青空に向かって離陸していきました。
HND_2016DEC_034_R106
思ったよりもエンジン音は静かでした。
また来てやー。

というわけで、ロシア訪日団の撤収完了。
将来、日本からロシアへもビザなしで気軽に行けるようになるといいですね。




羽田空港・第2ターミナルの一部を国際線に転用することを検討中らしいの編

2016/11/27
こちらは、羽田空港国内線・第2ターミナル(ANA側)の端っこの「出発口D」付近。
HND_2016NOV_036_R05
学生さんの団体が集合中の様子。
修学旅行シーズンですねえ。
このあたりは普段は空きスペースになっているため、時々イベント会場に使われたりしています。

実はこのエリア、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、国際線の発着ができるように改修が検討されているエリアなのだとか。
現在のところ羽田空港の第2ターミナルは、ANA陣営の国内線専用のターミナルなわけですが、増え続ける外国人旅客に対応するため、ここにも国際線を発着させちゃおう、という目論見のようです。
は~、そう来ましたか!
結構ビックリです。

この計画は、2016/9月ぐらいに報道され始め・・・。
羽田第2ターミナル 国際線活用へ協議(東京新聞)

最近の情報では、2020年3月までに運用を開始したい考えとのこと。
羽田第2ターミナルの国際線転用、20年3月までに実施 TIATが運用 (Aviation Wire)

現状の国際線ターミナルとの位置関係はこちら。
image
一番上にある緑の建物が、現在の国際線ターミナル。
左下の黄色で囲った部分が、第2ターミナルで国際線への転用が予定されている部分です。
国際線と第2ターミナルの間は、歩いて移動は(物理的には可能らしいですが)現実的には無理ゲーなので、無料バスかモノレールか京急線かタクシーでの移動になります。

国際線ターミナルの周辺は有効な空き地が無いため、この場所に増設せざるをえないのだとか。
お客さんにとって、どれだけ分かり易くできるかがポイントになるでしょう・・・。

この「第2ターミナルの国際線」を利用する航空会社については、まだ未定のようですが、普通に考えたらANAですよねえ。
そうすると、国際線のANAラウンジも移転?などと、色々と妄想してしまいます。

***

では、工事が始まってしまう前に、現在の様子を記録しておきましょう。

第2ターミナルの端っこのガラス張りのところから、外を眺めてみると・・・。
HND_2016NOV_038_R05
事務所?みたいな建物と街路樹が見えます。
まだ検討中の事案なので、工事は始まっていません。
このあたりにイミグレとか作っちゃうのでしょうかね?
ちょっとまだ想像できません。

以前、おしゃれな喫茶店があった空き区画。
HND_2016NOV_040_R05
数年前に撤退してから、ずっと空きのままです。
最近になって、工事の仮囲いができて、少し雰囲気が変わりました。
一体ここに何ができるのかは不明・・・。

旧国際線ターミナルは、現在の国際線ターミナルが開港したのと同時に跡形もなく取り壊されて、現在は原っぱになっています。
HND_2016NOV_016_R06
ひょっとして、あのプレハブ小屋の暫定ターミナル復活?
んなわけないか。
・・・というわけで、2020年に向けて、さらに目が離せなくなりそうな羽田空港でした。




羽田空港のクリスマス装飾2016の編

2016/11/20
早いもので、今年も残るところあと1カ月余。
HND_2016NOV_015_R12
羽田空港国際線・第2ターミナル(ANA側)の中央吹き抜け部分では、今年もANA色の巨大クリスマス・ツリー登場。
今年は例年よりも白っぽい感じの飾りつけになっています。

3Fの手すり部分にもクリスマス装飾が登場。
HND_2016NOV_011_R12
「HANEDA Christmas Airport」とのこと。

5FのSKY DECK TOKYOでも・・・。
HND_2016NOV_006_R12
例年通り、ツリーと青いLEDの装飾が登場。
ANA側なのでJAL色の「赤」は使用しないようになっております。

2F出発ロビーでは・・・。
HND_2016NOV_013_R12
ドイツ的クリスマス・マーケットが登場。
これは赤くてもよい模様。

シースルーエレベータ部分にも、クリスマス装飾登場。
HND_2016NOV_017_R12
一番上の飛行機から、白い雪の結晶が噴射されています。
もう冬なんですねえ。

この飛行機は・・・。
HND_2016NOV_019_R12
機材は不明。
エンジンがないので、グライダーなのかも?です。

一通り見て回った後は、第1ターミナルへ移動。

***

所変わって、こちらは国内線第1ターミナル(JAL側)
HND_2016NOV_020_R12
こちらは、JAL色の「赤」が多めになっています。

エスカレータの手すり部分にも・・・。
HND_2016NOV_024_R12
「HANEDA Christmas Airport」の装飾ありです。

ターミナル中央のマーケットプレイスには・・・
HND_2016NOV_035_R12
例年通り、煌びやかな巨大ツリーが登場。
記念撮影する人々で沢山です。

さらにその巨大ツリーの上空には・・・。
HND_2016NOV_033_R12
第2ターミナルと同じ飛行機が、雪の結晶を散布中。
こちらは立体的な感じの展示になっています。

先頭の飛行機。
HND_2016NOV_039_R12
登録記号は無く、こちらも機材は不明。
沢山のワイヤーでマニヤックにつるされています。
設置するのに結構手間がかかっている感じです。

***

最後にやってきたのは、羽田空港国際線ターミナル。
HND_2016NOV_017_R13
1Fの無料循環バスの乗降場所の出入り口に、クリスマスツリーが登場しました。

3F出発カウンターの端っこにも・・・。
HND_2016NOV_018_R13
ささやかながらクリスマスツリー登場です。
この部分、なにげに季節によってこまめに装飾の内容が変わっていますので要チェックです。

というわけで・・・。
HND_2016NOV_011_R13
羽田空港の3つのターミナルすべてにクリスマス装飾が出そろい、一足早くクリスマスムードが漂い始めた羽田空港でした。
クリスマス装飾は12/25まで。

2016年冬の国際線のイルミネーションの様子は下記の記事をどうぞ
羽田空港国際線・2016年冬のイルミネーション始まるの編




羽田空港国内線でもハロウィン・パーティの編2016

2016/10/29
羽田空港国内線第2ターミナル(ANA側)の「南国酒家」にて。
HND_2016OCT_059_R9
おや、中華料理屋さんでもハロウィンですか。

いつから日本人がこんなにハロウィン好きになったのかよく分かりませんが・・・。
HND_2016OCT_010_R9
羽田空港国内線の第1・第2ターミナルでは「HANEDA HALLOWEEN PARTY」を絶賛開催中。
第2ターミナル(ANA側)の出発ロビー中央には、記念撮影スポットが出現。
美人な魔女様と記念撮影をすると、羽田空港オリジナル・マシュマロが頂けるという趣向となっております。

こちらがその魔女様。
image
スターウォーズに出て来そうなカンジのコスチュームでカッコイイです。

第1ターミナル(JAL側)の出発階マーケットプレイスでも・・・
image
同様な趣向でイベントが実施されていました。
なにげにこの背景画、羽田空港の新・旧の管制塔が描かれていますね・・・。
ハロウィン風にデフォルメされていて面白いです。

コントロール・タワーにも魔女が!
image
(((((( ;゚Д゚))))))

その他、ターミナル内の物販店でも・・・。
HND_2016OCT_014_R9
各種ハロウィン・グッズを販売。
ちょっとコワいです。

空港の案内所でも・・・。
HND_2016OCT_036_R9
ハロウィンの飾りつけがありました。
空港のそこかしこがオレンジ色に染まっています。

第1ターミナル出発階のジャイアンツ・ショップでも・・・。
HND_2016OCT_035_R9
ハロウィン一色・・・いやいや、ここは年中オレンジ色でした。
しょーもないボケですみません。

空港リムジンバスの券売機も・・・。
HND_2016OCT_038_R9
ハロウィンとは関係なく、年中オレンジ色です。

そういえばこの券売機、最近新型にアップグレードされまして・・・。

  • クレジットカード払いに対応
  • 英語に加えて中国語・韓国語に対応

となり、訪日外国人様にとっても、かなり便利になったようです。

というわけで、話がそれてしまいましたが・・・。
HND_2016OCT_064_R9
「羽田ハロウィン・パーティ」は10/30まで。
屋内なので雨天でも元気に実施中です。