geiwai のすべての投稿

羽田空港第2ターミナルに「BEER CAFE+」新規オープンの編

2017/11/19
羽田空港第2ターミナル(ANA側)にて。
HND-2017NOVK-079-R
おっ。
開店おめでとうございます。

ここは第2ターミナルの3Fの飲食店が集まっているエリア。
HND-2017NOVK-077-R
以前は「West Park Cafe Express」というお店があった場所です。
ターミナルビルの中央部にあるため、人通りが多くて儲かりそうな場所。

先代のお店が2017/10/31をもって閉店してから・・・。
HND-2017nov1-024-R
暫くの間、リニューアル工事が行われていた区画です。

ここに先日(2017/11/17)新店舗がオープン。
HND-2017NOVK-075-R
新しく出来たのは「BEER CAFE+」というお店。

お店の名前の通り・・・。
HND-2017NOVK-093-R
ショウウインドウの冷蔵庫には、日本各地のクラフトビールが色々あり。
「ハイネケン」や「バドワイザー」もありますが「COEDO」「京都麦酒」など国内の地ビールのほうが種類が多いです。
もちろん羽田の地ビール「羽田スカイエール」もあり。

お店のカウンターには・・・。
image
「TOKYO隅田川ブルーイング」のビールサーバーがあり。
生ビールが頂けるとは!
うう、激しく地ビールが飲みたくなってきた (^p^)

お店のメニューによると・・・
HND-2017NOVK-078-R
ビールの他、軽食類も販売している模様。

  • “千駄木腰塚”コンビーフのカスクート 580円(税別)
  • プロシュートとルッコラのカスクート 580円(税別)
  • ベーコンとアボカドエッグのカスクート 580円(税別)

その他、”千駄木腰塚”のソーセージとサラミの盛り合わせなどなど、オツマミ類もありました。

ここで素朴な疑問が。

カスクートって何ですか?
(´Д`)  基本的・・・。

メニューのお写真から察するに・・・。
image
ホットドック的なもののように見えます。

ウィキペディア様 ”軽食” によると・・・

フランスにはカスクート(カスクルート、casse-croûte)という言葉があり、軽食またはサンドイッチ類を指す。
もともとはパンの皮(croûte)を割った(casse)ものという意味であり、割ったパンにチーズやシャルキュトリ(豚肉加工品)などを挟んで食べる文化がある

とのこと。

ふーむ、フランス語なんですね。
ベトナムでいうところの「バインミー」みたいなものでしょうか(余計わからん)。
普通に「サンドイッチ」と名乗るよりも、お高い価格に設定できるということなのでしょう(と推測)。

お店の看板メニューのようなので、この「カスクート」と隅田川の地ビールを頂くことに。
HND-2017NOVK-081-R
購入した飲食物は、店内にあるカウンター席か、お店の前にあるテーブル席で頂くことができます。
このあたりは、先代の「ウエストパークカフェ・エクスプレス」と同様。

まずは「隅田川ブルーイング 3種飲み比べセット」1200円(税別)
HND-2017NOVK-087-R
左から順に・・・

  • ヴァイツェン(小麦から作った「白ビール」)
  • ケルシュスタイル(「ケルシュ」はドイツ・ケルンの地ビール)
  • スタウト(黒ビール)

とのこと。

いずれも私の大好物の上面発酵のビールです。

「ヴァイツェン」は酵母のまろやかな香りがたまりません。
「ケルシュスタイル」はバナナのような香りがしてフルーティ。
「スタウト」は樽の香りと上品な苦みがあり。

と、それぞれ特徴のあるビールを楽しめます。
フルーティな「ケルシュスタイル」が特に美味しかった・・・。
テイクアウトして展望デッキで頂くのも良いかもしれません。

で、こちらが「“千駄木腰塚”コンビーフのカスクート 」580円(税別)
HND-2017NOVK-091-R
パンは焼かれていて、ホカホカの状態で出てきました。

「“千駄木腰塚”のコンビーフ」の塩加減が程よく肉の旨味を引き出しています。
隅田川ビールとの相性が抜群でメチャうま。
カスクートかじる→地ビール飲む→カスクートかじる・・・の無限ループとなりました。

ここで素朴な疑問が。

”千駄木腰塚”って何ですか?
(´Д`) また・・・。

Google先生で調べたところによると、東京都文京区千駄木にある国産和牛・自家製ハムソーセージの専門店とのこと。
中でも自家製のコンビーフが有名なお店なのだとか(公式サイトはこちら
国産牛から作られた贅沢なコンビーフだったわけです。
どうりで美味しいわけだ・・・。

というわけで、第2ターミナルにオープンしたばかりの新店舗「BEER CAFE+」のご紹介でした。
出発前に、美味しい東京の地ビールの生ビールと名店のコンビーフを堪能してみたい方は是非どうぞ。

羽田空港国際線の空弁「天ぷらたかはし・天丼 花」

2017/11/18
今回ご紹介する羽田空港の空弁は、国際線ターミナルの新店舗の空弁です。

やってきたのは国際線4F おこのみ横丁。
HND-2017nov2a-101-R
2017/11/13(月)にオープンしたばかりの「天ぷら たかはし」様です。
色々な種類の天丼や天むすを販売中。

お店のレポートは前回のこちらの記事をどうぞ。
羽田空港国際線・おこのみ横丁にテイクアウト専門の天丼店「天ぷら たかはし」オープンの編

「天丼 花」680円を購入。
HND-2017nov2a-005-R
製造元は株式会社東邦事業・天ぷらたかはし様。
店内の厨房で揚げたばかりの、作り立てホカホカの天丼です。
天丼弁当の他に、お茶100円 しじみ汁150円も販売していました。

では、早速いただきまーす。
HND-2017nov2a-010-R
天ぷらは、半熟卵、えび、鶏むね肉、かぼちゃ、いか、茄子の6品。
ホクホクのサクサクに揚がっています。
サクサクの衣に甘辛いタレが染み込んで、一緒にご飯をガツガツと頂くことが可能。
えびはやや小さめですが、半熟卵の内部がトロッとしていて美味しかったです。
あの「ドクターフライ」で揚げたものなのかどうかは不明。

お値段は680円と、空港内としてはリーズナブルなお値段の割に、ボリュウムもそこそこあって食べ応えあり。
コストパフォーマンスが良いのでお勧めです。
出発前の腹ごしらえに是非どうぞ。
天丼の他にも、天むすなどいくつか種類があるので、順次試してみたいと思います。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港国際線・おこのみ横丁にテイクアウト専門の天丼店「天ぷら たかはし」オープンの編

2017/11/15
羽田空港国際線ターミナルの新しい冬のイルミネーションを見学した後は・・・。
HND-2017nov2a-050-R
腹減った \( ‘¬’)/
まだ晩御飯を食べていないので。

やってきたのは、はねだ日本橋の下(4F)の「おこのみ横丁」。
HND-2017nov2a-023-R
お目当ては2017/11/13(月)にオープンしたばかりの新店舗「天ぷら・たかはし」。
あの「とんかつ和幸」グループが経営する天丼のテイクアウト専門店とのこと。

この区画は、去る2017/7/31に先代のお店「銀座木村屋」が閉店してから、ずっとシャッターが閉まっていた場所です。
今回の新規オープンを心待ちにしておりました。
開業おめでとうございまする。

各種天丼を販売中。
HND-2017nov2a-103-R
でも、お高いんでしょう?
(¬_¬) ←誰?

いえいえ奥さん。
主なメニューとお値段は以下のとおりです。(すべて税込み価格)

  • 天丼「花」680円
  • 天丼「月」880円
  • 天丼「雪」1180円
  • 天むす弁当 630円
  • 天丼弁当 630円
  • 天むすセットしじみ汁付き 480円
  • 天むす各種 130円

空港ターミナル内あるお店でありながら、比較的リーズナボーな価格設定なのがウレシイですね。
江戸小路のお店は混んでるし高いし・・・という方には、まさにうってつけのお店。

テイクアウト専門店ではあるものの・・・。
HND-2017nov2a-017-R
最近になって、お店の周りにテーブルと椅子が設置されました。
空いていれば、その場で飲食が可能となってきます。
混んでいる場合は、吉野家周辺のテーブル席を物色してみましょう。

では激しく購入。
HND-2017nov2a-003-R
「天丼・花 680円」に「しじみ汁 150円」と「ペットボトルのお茶 100円」を獲得しました。
空港内の自販機のお茶が160円なのに対して「お茶100円」というのは、さりげなく価格破壊レベルです。

で、天丼のお味は・・・。
甘辛いタレにサクサクの天ぷらが美味。
そこそこボリュウムがあって食べ応えがあります。
680円でこの内容は、かなりコスパが良いように感じました。
お弁当の詳細はまた後日「羽田空港の空弁」コーナーにて。

というわけで・・・。
HND-2017nov2a-028-R
羽田空港国際線ターミナル4F おこのみ横丁にオープンした新店舗「天ぷら・たかはし」のご紹介でした。
空港内にありながら、リーズナブルなお値段なのが有り難い天丼屋さんです。
海外へのご出発前に、ささっと美味しい天丼でお腹を満たしたい!という方にお勧めです。

羽田空港国際線・冬のイルミネーション始まるの編2017

2017/11/14
いよいよ本日より羽田空港国際線ターミナルの冬のイルミネーションが始まったとのことで、会社帰りに早速見に行って参りました。

3F出発ロビーに到着すると・・・。
HND-2017nov2a-042-R
おー、やってますね。
モノレールと京急のほうから出発カウンターに向かう途中のエリアの両脇に電飾ツリーが輝いています。
この場所にツリーが配置されるのは初めてかもです。

ツリーが設置されても、ベンチは撤去されず。
HND-2017nov2a-059-R
一気に冬らしくなりました。

さてさて、今年(2017年)の最大の見どころはこちら。
HND-2017nov2a-037-R
出発ロビーの床と天井に何やら繊細な模様が投影されています。
お~~。
幻想的な感じでいいですねえ。
これは去年までは無かった、今回初お目見えの装飾です。

天井に投影された模様をじーっと眺めてみると・・・。
HND-2017nov2a-041-R
笹の葉・・・のような?
遠くから見ると氷の結晶のようにも見えます。

投影されっぱなしではなく、フワフワとゆっくりと明るくなったり暗くなったりを繰り返しています。
写真を撮ろうとした瞬間に、フッと消えたりして罪作りな奴。

この天井の模様は・・・。
HND-2017nov2a-053-R
各航空会社の搭乗カウンターの天井に取り付けられた投光器によって投影されています。
時々、手前から奥に向かって順番に投影されていったり。
おそらくはコンピューター制御により、色々なパターンで明暗を繰り返しているのでしょう。

そして床にも・・・。
HND-2017nov2a-031-R
天井と同様に、笹の葉・・・のような?模様を絶賛投影中。

これらの床の模様は・・・。
HND-2017nov2a-084-R
ターミナルの天井のキャットウォークに取り付けられた投光器から投影されています。
うーむ、天井にまで仕掛けがあったとは、今まで気が付かなかった・・・。

ターミナルの天井全体は・・・。
HND-2017nov2a-075-R
これまた搭乗カウンターの天井に取り付けられた投光器によって、様々な色に照らし出されます。
これは例年通りの演出。

緑色バージョン。
HND-2017nov2a-074-R
奥の方はまだ青色になっています。

水色バージョン。
HND-2017nov2a-073-R
冬をイメージしているためか、寒色系の色が多いです。

そして、4F中央の広小路にはメインイベントの「電飾ツリー」が登場。
HND-2017nov2a-071-R
昨年(2016年)は「電飾ロープ」でしたが、今年は「電飾ツリー」が復活しました。
やっぱりツリーのほうが画になりますねえ。
道行く多くの人々が記念撮影中。

電飾LEDにズームイン。
HND-2017nov2a-048-R
水色、白色、黄色の3色のLEDがそれぞれ明暗を繰り返し、複雑な発光パターンを作り出しています。
これも以前の電飾ツリーと同様。

4Fのおこのみ横丁方面から眺めてみる。
HND-2017nov2a-020-R
中央保安検査場入口の丁度真上にツリーが輝いている様子が見えます。
この角度からも、中国人観光客の方々が何度も記念撮影しておられました。

電飾ツリーは上記のように

  • 4F広小路の両脇
  • 3F出発ロビーと京急・モノレールの間のエリアの両脇

の2か所のみの設置でした。

思い起こすと、電飾ツリーのLED個数は、2015年のイルミネーションがピークでした。
当時は、ターミナルのお外の街路樹まで電飾LEDが溢れていましたからねえ。
おそらく2015年は国際線ターミナル開館5周年記念だったのでゴージャスたったのでしょう(たぶん)。
2016年以降は控えめな感じになっています。

江戸舞台の上の電飾も健在。
HND-2017nov2a-046-R
この装飾は例年どおりです。
点灯式の倉木麻衣さんのライブはとっくに終わったようで既に撤収済・・・。
見たかったな~。

こちらは4Fの吉野家広場(←勝手に命名)
HND-2017nov2a-097-R
いつも牛丼のかぐわしい香りが立ち込めています。
こちらは天井にブルーの投光器が設置されたのみ。
電飾ツリーは無く地味な感じでした。

こちらは2F到着階からバス乗り場に向かう通路。
HND-2017nov2a-043-R
こちらも昨年同様、ブルーにライトアップされています。

というわけで・・・。
HND-2017nov2a-057-R
今年は天井・床への笹の葉・・・?投影で、さらに幻想的なイルミネーションとなった羽田空港国際線でした。

この羽田空港国際線ターミナルの冬のイルミネーション「羽田 Sky illumination ~誰も見たことのない光~」は2018年2月14日まで。
毎日16:00~25:00の間点灯予定とのこと。

去年(2016年)のイルミネーションの様子はこちら。
羽田空港国際線・2016年冬のイルミネーション始まるの編

2020年東京オリンピック・パラリンピックまであと984日・徐々に盛り上がりつつある羽田空港

2017/11/12
久しぶりに良いお天気に恵まれた週末の羽田空港国際線・展望デッキ。
HND-2017nov3-029-R
うむ?
なんかちょっと賑やかになった感じが。

ボーディングブリッジ(搭乗橋)にオリンピックの看板が登場しました。
image
提供は東京五輪オフィシャルパートナーのみずほ銀行様。
国内線のみならず、国際線のボーディングブリッジにも何かを掲示せずにはいられない(?)ということのようです。

こちらは国際線の出発ロビー左手側。
HND-2017nov3-034-R
JAL様ご提供によるポスター「FLY to 2020」と階段装飾が登場しました。

こちらは同じ国際線出発ロビーの右手側。
HND-2017nov3-031-R
ANA様ご提供によるポスター「1000 days to Go!」と階段装飾が登場。
東京オリンピックの開会式まで、あと1000日を切っているとのこと。
え、もうそんなに近いの?という感じです。

***

お次は羽田空港第2ターミナル(ANA側)へ。
20171105_092925
こちらの出発階2Fには「1000 Days to Go!」のフォトスポットが登場。
結構お金がかかっていそうな感じです。

こちらは卓球のフォトスポット。
HND-2017nov3-053-R
卓球台の横に立っている女性は・・・?

卓球の福原愛選手(の人形)です。
HND-EXINN2-2017-083-R
かなーりリアル。
ちょっと怖いです(笑)。
実際近くで見てみると、思ったより小柄なんですね・・・。
人妻になっても、こんな形でいじられることになるとは。

ちなみに先月の10/28(土)と10/29(日)には・・・。
HND-EXINN4-2017-072-R
「東京五輪開幕まであと1000日を切った!」的な記念イベントが行われました。
上記でご紹介したオブジェは、この時に使用されたもの、というわけです。。
第2ターミナルでは、これらのオブジェと一緒に写真を撮影した方に、先着順で特製のバゲージ・タグをプレゼントするというイベントをやっていました。

こちらがその戦利品。
HND-2017oct7-048-R
今まで使っていた荷物タグが、先日の旅行で引きちぎられてしまったので・・・。
ありがたく使用させて頂きます。

***

一方こちらは第1ターミナル(JAL側)
HND-EXINN4-2017-078-R
こちらも出発ロビーに「1000 days to GO!」の巨大な横断幕が登場。

ロビーのあちこちに、新しいトリックアートが出現しました。
HND-2017oct7-009-R
地味ですが、うまく写真が撮れると面白いです。

こちらでも、10/28,10/29に同様なイベント行われました。
HND-2017oct7-011-R
CA様と記念撮影すると、色々なJALグッズが当たる抽選会に参加できるという趣向。
コカ・コーラ様との共同開催ということで、コーラを無料で大量に配っていました。
そのおかげか、こちらも大盛況。

オリンピックに向けて、日本の空の玄関口の1つとして重要な役割を担うことになる羽田空港。
今後の施設拡充による利便性の向上と、さらなる盛り上がりに期待したいと思います。

羽田空港第2ターミナル「広東家菜」跡地に「のっけご飯と中華そば95」オープンの編

2017/11/10
いきなり新店舗オープン!
HND-2017nov1-013-R
こちらは羽田空港第2ターミナル(ANA側)の3F。
出発ロビーを見下ろせる場所にある飲食店の一角です。

以前は、タンタン麺などを提供していた「譚料理長の広東家菜」だった場所ですが・・・。
hnd2017aut081-R
2017/9/30をもって閉店し、工事中となっていました。
結局、このお店には一度も行くことなく閉店してしまった(涙)。

そして今回、リニューアル工事が完了し・・・。
HND-2017nov1-070-R
晴れて「のっけご飯と中華そば95」新装開店と相成ったわけです。
開店おめでとうございます。
なぜ故に「95」なのかは不明・・・。

お店の入口にはタッチパネル式の食券販売機があり。
HND-2017nov1-003-R
写真つきでわかりやすいです。
英語や中国語表示にも切り替えられるので、訪日外国人客対応も万全。
先にここで食券を買って、店員さんに渡してお食事を待つシステムです。

主力メニューは「中華そば」と「のっけご飯」のセットのようです。
ラーメンはチャーシュー麺やワンタン麺など、トッピングの種類によってお値段が異なります。
そのお値段が軒並み1000円を超えてしまうのは、空港価格だから致し方のないところ。

お店に入って左側には・・・。
HND-2017nov1-004-R
カウンター席があり。
お一人様客でも気兼ねなく利用できます。

お店に入って右側奥にはテーブル席。
HND-2017nov1-006-R
ファミリー客でも4人掛けのテーブルで一緒に頂くことが可能となっています。
なかなか広い店内(全50席)。

中華そば(醤油)+炙りチャーシューご飯 1240円。
HND-2017nov1-012-R
ラーメンは、高級な感じの大きなどんぶりに盛られてきました。
鶏ベースの醤油味のスープが、コシのある細めの麺とよく絡みます。
昔ながらの懐かしいお味の中華そばでありながら、上品で洗練されたお味でした。

炙りチャーシューは、ホカホカで香ばしくてかなり美味。
厨房でバーナーをゴーゴーやる音がしたので、炙りたてなのでしょう。
このチャーシュー丼をメインでガッツリ食べたくなりました。

他にも塩ラーメンやおつまみのシュウマイなどもあり。
出発前に、洗練された中華そばとチャーシューご飯を頂きたい方は是非どうぞ。
営業時間は9:00-20:30 (ラストオーダー20:00)とのこと (2017/11/10現在)

***

おまけ情報。

ここ羽田空港第2ターミナル3Fの飲食店ストリートでは、最近になって店舗の入れ替え工事が活発化しています。
HND-2017nov1-024-R
以前はホットドックやサンドイッチ、ビールを売っていた「ウエストパーク・エクスプレス」が2017/10/31をもって閉店しました。
第2ターミナル中央の目立つ場所にあるので、利用されたことのある方も多いはず。

この場所にやってくる新店舗の案内もあり。
HND-2017nov1-022-R
「2017/11/17から新しいスタイルのスタンドカフェ」がオープンするとのこと。
一体どんなお店に生まれ変わるのか、楽しみです。

さらにさらに。
HND-2017nov1-019-R
その奥にある「ウエストパーク・カフェ」も2017/10/31をもって閉店してしまいました。
ボリュウミーでアメリカンな美味しいハンバーガーが食べられるお店でした。
私も何度か頂いたことがあるだけに、ちょっと残念。
展望デッキにあった「ウエストパークカフェ」の売店も先日「空ガーデン」に変わってしまいましたので、これで羽田空港の「ウエストパーク」店舗シリーズはすべて閉店したことになります。

こちらには・・・。
HND-2017nov1-017-R
2017/12/1から「GGG CAFE」なるお店がオープンするとのこと。
お店の写真によると「GGG」は「Good Green Garden」 の略のようです。
お野菜がメインのお店なのだろーか。
こちらも、どんなお店が出来るのか楽しみに待つことにしましょう。

というわけで・・・。
HND-2017nov1-027-R
着々と飲食店のリニューアルが進みつつある羽田空港第2ターミナル3F南側でした。

2020年の東京オリンピックを見据えての動きなのかどうかは不明ですが、最近になってお店の入れ替わりが増えてきた印象です。
第1ターミナル側にもリニューアル工事中のエリアがありますので、また後日レポートしたいと思います。

羽田空港の空弁「なすび亭・お結び弁当(秋)2017」

2017/11/08
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルで入手したこちらの秋限定空弁です

「なすび亭・お結び弁当(秋)2017」1188円(税込)
HND-2017oct7-044-R
製造元は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
「日本エアポートデリカ様製造」ということは、基本的には羽田空港でしか売っていない空弁、ということになります。
空弁売り場には、羽田空港以外でも売っているお弁当(東京駅の駅弁やデパ地下のお弁当など)もありますので、必ず製造元をチェックしましょう(って私だけ?)。

ちなみにこのお弁当は、以前にレポートした「なすび亭・お結び弁当・春」の秋バージョンになります。
羽田空港の空弁「なすび亭おむすび弁当・春(2017)」

パッケージのデザインは春バージョンとほぼ同じですが「紅葉」や「赤とんぼ」が描かれているところが若干異なっています。

パッケージ側面には春バージョンと同様に「なすび亭」の説明があり。
HND-2017oct7-046-R
東京・恵比寿の人気の和食屋さんとのことで、今まで何度も説明しているので詳細は省略。

まずは2段重ね構成の下段から。
HND-2017oct7-002-R
一口サイズのおにぎりは5個。
春バージョンとは具材がすべて異なっていました。
中心にあるのがキノコのおにぎり。
シソと鮭のおにぎりが2つずつその周囲を取り囲んでいます。
ご飯はただの白ご飯ではなくて、栗ご飯だったり、バター醤油風味ご飯だったりと、非常に手が混んでいます。
しっかりと味がついているので、ついついおにぎりだけを食べ進んでしまい、おかずが取り残されそうになりました。

こちらが上段のおかずの部。
HND-2017oct7-004-R
こちらも春バージョンと内容が大きく異なります。
紅葉の形にあしらわれた麩漬けが秋の到来を感じさせてくれます。
煮物類や卵焼き、右下の「海老芋の海老はさみ揚げ」がサクっとした食感で、ほんのり柚子の香りが漂う海老の風味で美味。
わらび餅、茄子の和菓子も上品な甘さで美味しゅうございました。

というわけで、2段式になって秋バージョンに切り替わった「なすび亭・お結び弁当」のご紹介でした。
HND-2017oct7-008-R
一品一品、手が込んでいて色々な味が楽しめるお勧めの空弁です。
羽田空港ならではの美味しい空弁を頂きたい方は是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

2017年11月の羽田空港いろいろ

2017/11/5
今年も残すところあと2か月を切ってしまいました。
時が経つのは早いものですね・・・。
2017年11月の羽田空港に関する細かいネタを3本まとめてお送りします。

トランプ大統領来日と羽田空港

さてこの週末のビッグニュースと言えばこちら。
HND-2017nov1-031-R
トランプ大統領の初来日です。
都内は警察官だらけでしたね・・・。
川越で安倍総理とゴルフをすることになったので、到着は羽田空港ではなく横田基地になりました。

なので、大統領専用機が横田基地に到着した11/5午前10:30ごろの羽田空港は・・・。
HND-2017nov1-029-R
特に何もなく平和でした(笑)
5日午前現在、VIPスポットに随伴機の姿は見当たらず。

しかしゴミ箱とコインロッカーは特別警戒のため封鎖中。
HND-2017nov1-028-R
お弁当がらを捨てる場所がないので、今日は空弁は我慢・・・。
ターミナル内は、いつもより多めのおまわり様が警戒にあたっておられました。
ご苦労様です。

第2ターミナル到着階のテレビでは・・・。
HND-2017nov1-032-R
NHKが放映されており、トランプ大統領搭乗のエアフォース・ワンが横田基地に着陸する様子をテレビで見ることができました。

この後、トランプ大統領は7日火曜日に日本を出発し韓国へ向かう予定とのこと。

国際線ターミナル出発階3Fの謎工事が完了?

2017年6月中旬ごろから、工事の仮囲いで囲まれていた国際線ターミナル出発階3F中央付近。
hnd2017aut058-R
工事中の期間中にあった貼り紙によると「手荷物搬送設備の増設工事」とのことでした。

そして10月下旬に工事が完了。
HND-2017nov2-013-R
エスカレータ下に、なにやら白い構造物ができたのみ・・・。
きっとこの中に「手荷物搬送設備」ができたものと思われますが、外見からはよく分かりません。

2016年12月に増設された「Eカウンター」は・・・。
HND-EXINN3-2017-036-R
依然として、機内預け荷物用のベルトコンベアはないままでした。
うーむ。
ここから機内預け荷物を搬送できるようにする工事かと思っていたのですが、違ったかな・・・。

国際線で冬のイルミネーション準備進行中

国際線ターミナル4Fには、電飾ツリーが登場。
HND-2017nov2-004-R
去年(2016年)は、電飾ツリーではなくて「電飾ロープ」でした。
あまり「インスタ映え」しなかった?せいか、今年は電飾ツリーが復活するようです。

去年の冬のイルミネーションの様子はこちら。
羽田空港国際線・2016年冬のイルミネーション始まるの編

出発階3F中央の案内カウンターの両脇にも・・・。
HND-EXINN3-2017-009-R
こちらにも電飾ツリーが登場しました。
11/5現在は、4F江戸小路中央と3Fのこのエリアのみの設置でした。

3F出発階中央の案内カウンターの裏には・・・。
HND-EXINN3-2017-012-R
天井をライトアップする投光器と、設置台になる櫓(やぐら)が出現。
この櫓は毎年設置されているものですが、上に載っている投光器が去年のものと若干異なるような気がしなくもない。
今年はターミナルの天井にどんなライトアップがされるのか注目です。

2017年の冬のイルミネーション点灯式は11/14(火) 18:00からとのこと。
毎年平日に行われるので、仕事で見に行けない点灯式。
羽田国際線の公式サイトの情報によると、今年は歌手の倉木麻衣さんがライブをされるそうです。
果たして今年はどのようなイルミネーションになるのか、楽しみです。

羽田空港の空弁「皇居外苑・江戸かおりづめ」

2017/11/04
本日ご紹介する羽田空港空弁は第1ターミナル到着階1FのBLUE SKY様で偶然発見した、こちらのレア系空弁です。

「皇居外苑・江戸かおりづめ」1890円(税込み)
2017HND10a1006_R
製造元は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
落ち着いた感じの化粧箱です。
出発階の空弁売り場では見かけなかったため、流通量の少ないレア系空弁と思われます。

なにやらチラシが入っていました。
2017HND10a1018_R
国民公園協会・皇居外苑と東京ガスによる「EDO ECO」プロジェクトの一環なのだとか。

説明によると・・・

江戸城のあったこの地で「江戸」に焦点を当て、創意工夫で編み出された江戸庶民の味をエコ・クッキングを通じて再現し、食育及び環境教育に貢献することを目的としています。

とのこと。
この空弁が「エコ・クッキング」によって作られたものなのかはよく分かりませんが、まあ、そういうことのようです。

同梱されているお箸。
2017HND10a1012_R
割り箸ではなく、菊のご紋入りのしっかりとしたお箸です。
持ち帰って再利用しましょうとのこと。

では、蓋をオープン。
2017HND10a1024_R
3つの区画に隔てらえた色とりどりのおかずが顔をのぞかせます。
お値段の割に量は少なめの印象。

左から順に・・・

  • 牛肉・鶏肉・鯛のすき焼きご飯
  • 炊き合わせ、卵焼き、お漬物
  • 海老・穴子・こはだのこけら寿司

という構成。

左の牛肉・鶏肉・鯛のすき焼きは甘辛いタレとお肉の風味の組み合わせでご飯が進みます。
中央の煮物ははダシのお味がしっかり染みていて美味。
卵焼きも甘くて濃厚です。
一番右のちらし寿司は、酢飯のお酢の味がやや強めですが、穴子と錦糸卵との組み合わせがよいです。
お値段の割にはボリュウム感はないものの、色々な種類の江戸の美味しい具材が少しずつ楽しめる空弁でした。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

京急EXイン羽田・宿泊体験記その4 羽田空港国際線のサテライト棟側が見える風景

2017/11/1
10/25に開業したばかりの羽田空港に一番近い(空港内にあるホテルを除く)ホテル「京急EXイン羽田」。
HND-EXINN2-2017-119-R
運良く羽田空港がよく見えるお部屋に泊まることができました。
その窓から見ることのできた風景の特集です。

前回までの記事はこちら
京急EXイン羽田・宿泊体験記その1 チェックインするの編
京急EXイン羽田・宿泊体験記その2 ホテル内施設とご近所をウロウロするの編
京急EXイン羽田・宿泊体験記その3 ホテルの朝食と無料シャトルバス体験の編

お部屋にチェックイン時(午後4時前後)の国際線サテライトの様子。
HND-EXINN2-2017-100-R
午後の国際線サテライト側は、アメリカ系の航空会社で賑わっています。
2016年10月からアメリカ路線による羽田空港国際線の昼間枠の利用が始まったことによるものです。

一番端の148番スポットにいるのは・・。
HND-EXINN2-2017-094-R
アメリカン航空のロサンゼルス行きのボーイング787-8。
2016年10月から深夜枠から昼間枠へ移行しました。

デルタ航空と中国南方航空が駐機している様子も見れます。
HND-EXINN2-2017-099-R
ユナイテッド航空のサンフランシスコ行きがプッシュバックしているところでした。
国際線の展望デッキからは死角になって見ることができない貴重な光景。
月の裏側が見られるような感じがするのは私だけ?

キャセイとベトナム航空のお姿も。
HND-EXINN2-2017-098-R
少し前までキャセイは本館側に駐機していましたが、最近はサテライト側に行ってしまいました。

遥か彼方には・・・。
HND-EXINN2-2017-093-R
コントロールタワーと第1ターミナルが見えます。
この日は北風運用だったため、A滑走路に着陸してきた機体がちょこっとだけ見えました。

旧整備場付近の様子も見えます。
HND-EXINN2-2017-113-R
かつてあった古い建物が取り壊されて空き地になっている様子が分かります。

B滑走路脇の駐機場(Nエリア)には・・・。
HND-EXINN2-2017-091-R
カンタス航空のボーイング747がお昼寝しています。
朝6時台にシドニーから羽田に到着し、夜10時台の出発まで毎日ここでお休み中・・・。

東京モノレールが元気に走る姿も見えます。
HND-EXINN2-2017-116-R
整備場駅を出発した車両が、天空橋駅に向かって地下に潜る瞬間を見ることができます。
モノレールマニヤにはたまりません。

こちらは天空橋駅の出入口方面。
HND-EXINN2-2017-112-R
天空橋駅出口の奥に広がる工事中の区画が「羽田空港跡地第1ゾーン」と呼ばれている再開発区域。
大田区が主導して「産業交流施設」や「クールジャパン発信拠点施設」を建設するのだとか。
是非ともここに、飛行機がよく見える展望台を作ってほしい・・・。

ホテルのすぐそばには多摩川の支流「海老取川」が流れています。
HND-EXINN-2017-062-R
漁船が停泊していて、昔の羽田の風情が少しだけ今に残っています。

だんだんと日が落ちて参りました。
HND-EXINN2-2017-125-R
国際線サテライト棟に明かりがともります。
夕方の時間帯は国際線の発着便数が少ないため、飛行機の姿も少ないです。

とっぷりと日が暮れると・・・。
HND-EXINN2-2017-146-R
サテライト棟が煌々と輝き始めます。
誘導路のブルーの灯りが点灯して幻想的な雰囲気に包まれました。

駐機場には・・・。
HND-EXINN2-2017-154-R
深夜の出発ラッシュに向けて、ハワイアン航空などの深夜発の便が集まり始めました。

ずっとお昼寝していたカンタス航空の747も・・・。
HND-EXINN4-2017-080-R
サテライト棟にトーイングされてお仕事開始。
お客さんを乗せてシドニーへと旅立っていきました。

サテライト棟の右横には・・・。
HND-EXINN2-2017-133-R
国際線ターミナル本館と、立体駐車場が煌々と光り輝いています。

国際線ターミナルはガラス張りなので・・・。
HND-EXINN4-2017-093-R
最大望遠で頑張ると、建物の中で小さくうごめく旅行者の姿も見えました。
24時間稼働している羽田空港国際線ターミナルは、深夜でも光り輝いて見えました。
まさに眠らない空港です。

夜が更けていくにつれて・・・。
HND-EXINN2-2017-130-R
ホテルの前を走る環八通りの交通量が減ってきました。
そろそろ睡眠の時間ですが、興奮して(←おかしな人)なかなか寝つけません。

深夜2時ごろ。
HND-EXINN4-2017-130-R
深夜の出発ラッシュが終わって閑散としているサテライト棟に、ぽつーんと「奥凱航空」の姿があり。
奥凱航空(OK Air)は中国の航空会社で、2015年11月から天津 – 羽田の深夜便を運行しています。
羽田では深夜にしか見ることができないというレアな?航空会社の一つです。

さらに夜が更けるにつれて・・・。
HND-EXINN4-2017-138-R
B滑走路脇のNエリアに、お泊りの機材達が集まってきました。
私もこのあたりでようやく就寝・・・。

そして明くる朝。
HND-EXINN4-2017-020-R
Nエリアの機材達と共に目を覚まします。
おお~、これは壮観。
ANAやJALの機材の他、キャセイの777-300も宿泊常連組です。
未明に到着したばかりのカンタス航空の747はこれからお昼寝開始。

サテライト側の沖止めスポットには・・・。
HND-EXINN4-2017-019-R
こちらも常連客のアシアナ航空とエバー航空の機材がご宿泊。
同じくお泊り組の大韓航空は既にお仕事を開始していました。

朝の出発ラッシュの時間が近づくにつれて・・・。
HND-EXINN4-2017-014-R
お泊りの機材達が次々とトーイングカーに連れ去られていきます。
羽田空港国際線の1日の始まりです。

147番スポットには・・・。
HND-EXINN4-2017-015-R
早朝に到着したばかりのブリティッシュ・エアウェイズの姿があり。
サテライト棟が出来てから、本館側で駐機している様子が見れなくなった機体の一つです。

朝の環八通りは・・・。
HND-EXINN4-2017-154-R
空港に向かうバスやタクシーの量が増えてきました。

皆様が目指す先にあるのは、国際線ターミナル。
HND-EXINN4-2017-016-R
朝の出発ラッシュの時間帯なので、さぞ沢山のお客さんで賑わっていることでしょう。
私もそろそろホテルをチェックアウトして国際線ターミナルを見学しに出発・・・。

というわけで、2017年10月25日にオープンした羽田空港ウォッチング新スポット?「京急EXイン羽田」からの眺望のご紹介でした。

ちなみにホテルの窓は開けられません。
雨の日は水滴がついたりして飛行機撮影の妨げになったりしますのでご注意を。

今回は始終北風運用だったため、目の前のB滑走路への着陸シーンは見ることはできませんでした。
また南風の季節に泊まりに来ようかな?などと画策しております。

あと、お部屋の予約時には、羽田空港側なのかどうかがよく分からない(2017年10月現在)のが悩ましいところ。
お部屋が宿泊客で埋まってしまう前の、早めの時間にホテルにチェックインしたほうが、何かと有利(何が?)かと思います。
飛行機好きな方は是非どうぞ。

ホテルの間取り図(の概略図)は下記記事をどうぞ。
京急EXイン羽田・宿泊体験記その1 チェックインするの編

ホテルの詳細はこちら。
京急EXイン羽田 (楽天トラベル)

その他の羽田空港周辺ホテルの宿泊体験記はこちら
羽田空港周辺の宿泊施設の体験記