geiwai のすべての投稿

羽田空港の空弁「日本ばし大増・季節折詰~なつ~(2019)」

2019/06/19
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルの空弁工房様で入手した、こちらの季節限定空弁です。

「日本ばし大増・季節折詰」1404円
HND2019JUNE049R
製造元は、東京都荒川区の日本ばし大増様。
清涼感のある夏らしい包装。
日本ばし大増様のお弁当は、羽田空港ではあまり流通量は多くなく、出発前エリアでは、第2ターミナルの空弁工房様でしか見た事がありません(当ブログ調べ)。

では蓋をオープン。
HND2019JUNE054R
2段式なところに高級感があります。
お弁当の蓋を開けるときのワクワク感も2倍。

「お品書き」もあり。
HND2019JUNE001R
これもワクワク感。
お弁当に使われている食材が何かが分かるので、ブログを書くときに非常に助かります。

まずは「壱の重(上段)」から。
HND2019JUNE005R
煮物類の他、サーモントラウト味噌煮焼や、ホタテ風フライなど。
やさしい味付けの煮物類は素材の味が生かされていて美味。
昆布巻やサーモン焼きも一品一品丁寧に作られていて美味しゅうございました。

続いて「弐の重(下段)」
HND2019JUNE003R
こちらは錦糸卵といくらとカニのちらし寿司。
お寿司ばかり夢中で食べて、おかずが余らないように気を付けましょう。
美味しいのはもちろんのこと、見た目も鮮やかで夏らしく、日本のお弁当技術の素晴らしさを感じることができます。

というわけで・・・。
HND2019JUNE002R
美味しいだけでなく、見た目も芸術的な日本ばし大増様の期間限定空弁でした。
高級感のある空弁を頂いてみたい方は是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港第2ターミナル国際線施設増設工事・白い屋根を取り付け中の編

2019/06/16
こちらは羽田空港第2ターミナル(ANA側)の国際線施設増設工事現場。
HND2019JUNEF043R
久しぶりにこの部分の現在の状況についてお送りいたします。

前回のレポートはこちら。
羽田空港第2ターミナル国際線施設増築工事・何やら白いものに覆われ始めるの編

最近は、この・・・。
HND2019JUNEF054R
5つある「X型」の骨組みのうちの4つに、白い屋根のようなものが取り付けられました。
一通り鉄骨が組みあがってしまったため、それ以外は外見上の変化は特にありません。

この白い屋根の部分は・・・。
HND2019JUNEF051R
風が吹くと、ひらひらとひらめいているので、柔らかい布のようなもののようです。
これが最終的な屋根になるのかどうか不明。

一番奥の「X」には・・・。
HND2019JUNEF060R
まだ白い屋根が取り付けられていない様子が分かります。
そのうち、ここにも白いものが取り付けられることでしょう。

さらにその奥のL字型に曲がっている部分。
HND2019JUNEF069R
最後まで組み立て中だったつなぎ目の部分の骨組みも、ついに一通り完成したようです。
大型クレーンに変わって小型のクレーンが活躍中。

そして、この部分は・・・。
T2-2020-v
以前は暫定国際線ターミナルがあった場所の現在の様子は・・・。

すっぽりとカバーに隠れてしまいました。
HND2019JUNEF067R
カバーの奥では、外壁や内装の工事が行われているものと思われます。

今度は建物の内側から、工事部分を眺めてみます。
HND2019JUNC039R
工事に面している部分は、依然として工事の仮囲いとスクリーンに覆われています。
この壁が取り払われる日がくるのが待ち遠しいです。

3Fのフードコート「UPPER DECK TOKYO」へ。
HND2019JUNE008R
工事現場に近い側にあるお店が閉店し、工事の仮囲いに覆われたまま。
イートインスペースは自由に使えるように開放されています。

そしてこの日。
HND2019JUNE011R
ついに「元祖寿司」が、工事中になっているのを発見。
公式サイトの情報によると、2019/6/10から7月下旬まで改装工事のため休業とのこと。
この「元祖寿司」は、第2ターミナル唯一の貴重な回転寿司屋さん。
完全閉店ではなく、リニューアル工事とのことで良かったです。

続いて、第2ターミナルの到着階1Fへ。
HND2019JUNC082R
一番南端(工事現場寄り)のところにあった「Tokyo Airport Kitchen」が、地味に閉店していました。
かなり前に、ここで「刀削麺」を頂いた記憶があり。
到着便がやってくる時間になると、お客さんでよく賑わっていた印象。

貼り紙によると・・・。
20190608_124103
「2019/3/31をもって閉店しました」とのこと。
こちらは、リニューアル工事ではなく完全閉店のようです。
お疲れ様でした・・・。

2020年に向けての工事の影響で、工事現場に近いお店の閉店やリニューアル工事が行われている羽田空港第2ターミナルでした。
最新情報は、羽田空港国内線の公式サイトの情報をご確認くださいませ。

2019年夏、羽田空港第1ターミナルB1Fに「リンガーハット・東京プレミアム」登場予告の編

2019/06/15
こちらは羽田空港第1ターミナル。
HND2019JUNE041R
1階到着階と地下の一部において、地味ながらリニューアル工事が進められています。

以前「エディアール」だった、地下のフードコート右側の区画も・・・。
HND2019JUNE039R
工事の仮囲いに覆われたままの状況となっています。

が、今回、その工事現場をチェックしてみたところ・・・。
HND2019JUNE035R
おっ。
何やらポスターが貼られています。
次にこの区画に登場する新店舗の情報と思われますので、こういう貼り紙関係は、必ずチェックしなければなりません。

そのポスターによると・・・
HND2019JUNE038R
なんと「プレミアムなリンガーハットが羽田に登場します」とのこと。

皆様ご存知のように「リンガーハット」は長崎ちゃんぽんの有名チェーン店。
野菜をたっぷり補給できるので、普段から私もよく利用させて頂いております。

「2019 Summer OPEN」とのことですが、具体的な日付の情報はありませんでした。
予定通り開業すれば、羽田空港史上初?のリンガーハット登場ということになります。
果たして「プレミアムなリンガーハット」とはどんなお店になるのか、この夏の開店を楽しみに待ちましょう。

羽田空港の空弁「日本ばし大増・30品目バランス弁当」

2019/06/12
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナル1FのANA FESTA様で入手した、こちらの空弁です。

30品目バランス弁当 950円
HND2019MAYK007R
製造元は、東京都荒川区の日本ばし大増様。
何年も前からANA FESTAで販売しているロングラン空弁の一つです。

お弁当のフタの左上隅には・・・。
HND2019MAYK013R
「ファベックス・惣菜べんとうグランプリ2018」の駅弁・空弁部門で優秀賞を獲得したとのこと。
おめでとうございまする。

さらに右上隅には・・・。
HND2019MAYK014R
「駅弁」のロゴがあり。
ということは、羽田空港のみならず、駅弁としても販売されているものと思われます。

では、蓋をオープン。
HND2019MAYK020R
6区画に分けられていて、ご飯とおかずがギッシリと詰まっています。
「ひじき梅ごはん」と「青菜ごはん」が、そのうちの2区画を占めているという構成。
メインは中央下の焼き魚や、煮物などで、ヘルシー系のお弁当です。
煮物類はしっかりと味が染みていて美味。
お魚や鶏肉などなど、「30品目」なだけに、色々な具材のお味が楽しめます。

上フタの裏には・・・。
HND2019MAYK019R
「30品目」のお品書きが書かれています。
1品目ずつ確かめながら、お味を楽しむのもよし。
「バランス」しているかどうかは不明ですが、確かに30品目入っていそうでした。
1つのお弁当で、色々なお味を楽しみたいという方におすすめの空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

2019年6月の羽田空港国際線いろいろの編

2019/06/09
いよいよ令和最初の梅雨入りとなった羽田空港。
HND2019JUNC182R
今回は、2019年6月の国際線の様子について、非常に細かい話題をお送りします。

展望デッキのあちらこちらを地味に改修中

こちらは展望デッキの中央部分。
HND2019JUNC193R
今まで囲いに覆われていた展望デッキ中央付近の工事が終わっていました。

どこが新しくなったのかというと・・・。
HND2019JUNC179R
・・・?
う~ん、よく分かりません。

工事の貼り紙には「床デッキ更新および足元灯増設」みたいなことが書かれていたので・・・。
HND2019JUNC197R
この足元灯の数が増えたとか?

さすがに私をもってしても、そこまでマニヤックな記録はないので、正確なことはよく分かりませぬ。
<(_ _)>

いずれにしても、そんなに大規模なリニューアル工事ではないように見えます。
こういう地味なメンテナンスも大事ですよね。

こちらは「EXPASA CAFE羽田」付近。
HND2019JUNC181R
お次は、このあたりが囲いに覆われて改修工事中となっていました。
お店の中から外が見えない状態となっています。
工事完了までの間、しばらく我慢。

反対側のプラネタリウム付近も・・・。
HND2019JUNC196R
地味に囲われていました。
結構広い面積が囲われています。
こちらも補修レベルの改修工事?なのだろーか。

2010年10月のオープンからおよそ8年半が経過し、メンテナンスが必要な時期になってきたっぽい羽田空港国際線の展望デッキなのでした。

4F江戸小路の「EDO食賓館(名産館)」が閉店

こちらは4F江戸小路のお土産物屋さんの「EDO食賓館(名産館)」。
HND2019JUNC201R
あれ、閉店?

と言っても、江戸小路のお土産屋さんの全てが閉店したわけではなくて・・・。
HND2019JUNC204R
江戸舞台に向かって右側半分の店舗(名産館)のみの閉店のようです。
残る左側半分は絶賛営業中。

「EDO食賓館」の文字も撤去されて・・・。
HND2019JUNC202R
お約束の貼り紙がありました。

貼り紙によると「誠に勝手ながら、EDO食賓館(名産館)は、2019年5月12日をもって閉店いたしました」とのこと。
閉店したほうの区画は「名産館」という名前だったんですね!(そっちかい)
次にどんなお店がやってくるのか、楽しみに待つことにしましょう。

元の場所の団体バス乗り場が稼働開始

以前にお伝えしましたように・・・。
HND2019JUNC127R
国際線の団体バスのりばが、元の場所に帰ってきました。
無事の復活おめでとうございます。
巷ではほとんど話題になっていませんが。

こんなような感じで・・・。
HND2019JUNC131R
第2ゾーンとを結ぶ通路の一部「白い三角の建物」に、上空を覆われる形になりました。
3Dな構造になりましたねえ。

先週まで使われていた、仮設の団体バスのりばはどうなったのかというと・・・。
HND2019JUNC102R
速攻で取り壊されていました。早っ(笑)。
今後の工事の展開を楽しみに見守ることにしましょう。

というわけで、2019/06の羽田空港国際線の話題いろいろでした。

羽田空港跡地第1ゾーンから羽田空港国際線まで歩いてみたの編

2019/06/08
やや曇りがちのこの日。
HND2019JUNB026R
羽田空港のお隣(というか空港敷地内?)の「天空橋駅」にやってきました。

今回は、ここ天空橋駅から・・・。
map-sanpo
国際線ターミナルまでお散歩してみよう、という企画です。

お散歩コースの道中にて・・・。

  • 羽田空港跡地・第1ゾーン(建設中)
  • ソラムナード羽田緑地
  • 羽田連絡道路(建設中)
  • 羽田空港跡地・第2ゾーン(建設中)

と、今一番ホットな工事中エリアを見学できるコースとなっております。

まずは、天空橋駅付近の「第1ゾーン」からスタート。
HND2019JUNB027R
広大な平地の中に、ポツンと鉄骨の構造物が出来ているのを発見。

近寄ってみると・・・。
HND2019JUNB032R
B滑走路がよく眺められそうな場所に、3階部分まで鉄骨が組まれています。
ようやく地上部分の建設が始まったようです。
どんな風に完成するのか楽しみです。

さらに多摩川沿いを歩いていくと・・・。
HND2019JUNB040R
2019/04にオープンしたばかりの「ソラムナード羽田緑地」に到着。

B滑走路を眺められる高台には・・・。
HND2019JUND011R
超望遠レンズをお持ちの方が2,3名ほどおられました。
徐々にマニヤの方にも知られつつあるようです。

この日は南風運用だったため・・・。
HND2019JUND003R
高台からは、B滑走路にひっきりなしに降りて来る飛行機を眺めることができました。
ただ、いかんせん遠いので、かなりの望遠(35mm換算で250mm以上?)が必要です。

この高台からは・・・。
HND2019JUND006R
ゴール地点の国際線ターミナルを眺めることができます。
増築部分も、かなり出来上がってきましたねえ。

さらに、ソラムナードを多摩川沿いに進撃。
HND2019JUND009R
前方に「羽田空港跡地・第2ゾーン」の工事現場が見えてきました。

多摩川側から、絶賛建設中の巨大ホテル群を眺めてみると・・・。
HND2019JUNB071R
見た感じ、かなり出来上がってきているように見えます。
まるで巨大な豪華客船のような。

工事現場にある看板もリニューアルされていました。
HND2019JUNB074R
説明書きによると・・・。

  • ホテル1700室
  • バスターミナル
  • 天然温泉
  • イベントホール
  • 物販・飲食70店舗

ができるとのこと。

「ホテル1700室」て、凄いですね・・・。
今の羽田空港国際線併設のホテル「ザ・ロイヤルパーク東京羽田」が「313室」ですので、その5倍以上の規模のホテルが誕生することになります。
2020年に完成した暁には、一体どんなことになるのか、完成が待ち遠しいです。

多摩川方面を眺めてみると・・・。
HND2019JUNB073R
対岸の川崎市と橋で結ぶ「羽田連絡道路」の工事の様子を見ることができます。
ついに橋げたが姿を現していました。
この橋のことが知れ渡ったら、対岸の川崎市殿町地区の地価が上がるかも?

そして、ゴール地点の羽田空港国際線に到着。
HND2019JUNB079R
天空橋駅から、未来の羽田空港を妄想しながら、およそ40分ほどのお散歩でした。
物好きな方は、お天気のよい日に是非どうぞ。

その他の羽田空港拡張工事の情報は以下をどうぞ。
2020年に向けての羽田空港拡張工事の様子を改めてまとめてみた

羽田空港の空弁「崎陽軒・38th横浜開港祭 シュウマイ弁当2019」

2019/06/05
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルのANA FESTA様で購入した、こちらの限定版空弁です。

「崎陽軒・38th横浜開港祭 シュウマイ弁当2019」860円
HND2019JUNA022R
製造元は、崎陽軒横浜工場様。
おなじみの崎陽軒シュウマイ弁当の横浜開港祭記念特別バージョンです。
毎年、横浜の開港記念日(6月2日)に近付くと発売される記念弁当。
今年も運よく発見することができたので、思わずコレクション買いしてしまいました。

去年(2018年)バージョンはこちら。
羽田空港の空弁「崎陽軒・37th横浜開港祭 シュウマイ弁当2018」

では早速フタをオープン。
HND2019JUNA028R
美味しそうなお弁当の香りが立ち込めて、毎回テンションが上がります。
ここから先は、通常のシュウマイ弁当と同様(笑)。

付属のお醤油と辛子をシウマイにちょちょいとつけて・・・。
HND2019JUNA030R
完璧に準備が整いました♪

では、頂きまーす。
HND2019JUNA032R
シウマイから最初に頂く派です。
好きな物から先に頂く主義ですので。
昔から変わらない安定の美味しさ。
横浜駅などでも売られている崎陽軒シウマイ弁当は、羽田空港でも大量に販売されています。
最近は1000円以上する空弁が多い中、860円というお値打ち価格でのご提供。
コスパ重視な方にお勧めの空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港国際線の団体バス乗り場が元の位置に戻って来るの編

2019/06/02
こちらは羽田空港国際線ターミナルの・・・。
HND2019JUNA044R
現在絶賛工事中の空中歩道の工事現場です。
この白い三角屋根の建物は、その空中歩道の一部の建物なのですが、まだ工事中のため、建物内に入ることはできません。

将来的には・・・。
HND2019JUNA045R
この黄色い矢印の方向に、空中歩道橋を伸ばして、お隣の「第2ゾーン」に建設中のホテル群に接続する計画となっています。

しかしながら、この矢印の延長線上には・・・
HND2019JUNA051R
2018/08/31に移設した「暫定団体バスのりば」があるため、まだ工事に着手できていません。

この暫定団体バスのりばは、先ほどの白い三角屋根の建物を建設するために移設したものです。
団体バスの他、羽田空港周辺のホテルの送迎バスの発着にも使われているので、利用したことがある方も少なくないはず。
しかし「白い三角屋根」が完成した今となっては、逆に工事の邪魔になってしまっている状況です。

そんな中・・・。
HND2019JUNA074R
先ほどの三角屋根の下に、バスの駐車場らしきスペースが地味に完成しているのを発見。
いよいよか?(なにが?)

というわけで、元の団体バスのりばへ行ってみると・・・。
HND2019JUNB098R
おお!
バスのりばが復活している。
(*゚∀゚)=3 ←地味に興奮

以前は、工事の仮囲いに覆われていたのが、取り払われてフェンスになっていました。
その向こうには、真新しいアスファルト上にフレッシュな白線が引かれ、大型バス8台分の駐車スぺースが出来上がっています。
いつの間にやら、今すぐにでも運用可能な状態になっていました。

そして「お知らせ」の貼り紙を発見。
HND2019JUNB101R
貼り紙によると「令和元年(2019年)6月3日(月)午前10時より、暫定バス乗り場への移設が解除され、元の団体バス乗り場が利用可能になります」とのこと。
こんなに早いタイミングで戻ってくるとは予想外。

「案内図」を使って図解。
danda-bus-noribe
現在、少し離れた場所にある「暫定団体バスのりば」が、約9か月ぶりに「元の団体バスのりば」に戻ってくることになります。
2F到着階に近い場所になるので、利用者にとっては元の便利な状態に戻る形になります。

折角なので・・・。
HND2019JUNB104R
最後の暫定団体バスのりばを見に行ってみることに(←物好きな人)。

後ろを振り返ると・・・。
HND2019JUNB002R
三角屋根の建物の端っこに、ぽっかりと四角い穴が開いていて、空中歩道が延長されるのを待っている姿を見ることができました。

この先に空中歩道を作って・・・。
HND2019JUNB009R
あの建設中の巨大ホテルに接続する計画になっているわけです。
どんな感じで繋がるのか、楽しみですねえ。

その工事のために・・・。
HND2019JUNB007R
こちらの暫定団体バス乗り場は、約9か月の役目を終えたのでした。
ご苦労様でした。

団体バスのりばが、今までよりも近い場所に戻るだけなので、そんなに迷うことはないかと思われますが、ホテル送迎バスご利用の際は、各ホテルのウェブサイトの案内をよく確認しましょう。

羽田空港国際線「AIRLINE & AIRPLANE」からニュージーランド航空がいなくなるの編

2019/06/01
こちらは羽田空港国際線5F・TIAT SKY ROADの「AIRLINE & AIRPLANE」コーナー。
HND2019MAYV196R
羽田空港国際線に就航している航空各社のモデルプレーンが展示されています。

先週(2019/5/25)通りがかったところ・・・。
HND2019MAYV197R
むむっ。
いつも先頭を飛んでいた「エアアジアX」の位置が違うッ

総機数をカウントしてみると、今まで38機だったのが、37機に減っています。
このところ、ずっと変化が無かったので、油断しておりました。
うーむ、一体どの航空会社が密かに脱落したのだろうか・・・。
追加された場合はすぐ分かるのですが、「何が減ったか」を割り出すのには時間がかかります。

5分ほど考えて、ようやく消滅した航空会社が判明。
HND2019MAYV202R
以前は赤丸のポジションにいた「AIR NEWZEALAND(ニュージーランド航空)」がいなくなったようです。

確かに、ゴールデンウィーク明けまで運休だったはずが、休みを明けても運航を再開しないので、気になっていたところです。
モデルプレーンが撤去された、ということは、ついに羽田から撤退したということなんでしょうかねえ。
このモデルプレーンコーナーから撤退した航空会社は、台湾の「V-Air」、中国の「山東航空」に次いで3社目になります。

で、ここでひとつ気になることが。

以前は・・・

  1. AIR ASIA X (上段)
  2. AIR CANADA (下段)
  3. AIR CHINA (上段)
  4. AIR FRANCE(下段)
  5. AIR NEWZEALAND(上段)
  6. ANA(下段)

と、キレイに英語の航空会社名のアルファベット順に並んでいましたが。
今回「AIR NEWZEALAND」を撤去し、上段の「AIR ASIA X」と「AIR CHINA」を一つずつ後ろにずらしてしまった結果・・・

  1. AIR CANADA(下段)
  2. AIR ASIA X(上段)
  3. AIR FRANCE(下段)
  4. AIR CHINA(上段)
  5. ANA(下段)

と、順番が乱れてしまいましたね。
(¬_¬)  ←細かい人

でもまあ、私以外にこんなことに気付く人はいないと思われるので、問題ないでしょう(笑)。

というわけで、37機体制となった国際線5Fの「AIRLINE & AIRPLANE」コーナーでした。

羽田空港国際線の空弁・期間限定?「江戸前佃煮海苔弁当【まぐろ角煮】」

2019/05/29
こちらは羽田空港国際線4F・お好み横丁の「だし場日本橋」様。
HND2019MAYK133R
地味にリニューアルされて、お弁当売り場のような棚が出来ていました。
今回ご紹介する羽田空港空弁は、そんなテイクアウト専門店の「だし場日本橋」で入手したこちらの空弁です。

江戸前佃煮海苔弁当【まぐろ角煮】 600円(税込)
HND2019MAYK148R
製造元は、川崎市の株式会社にんべん神奈川キッチン様。
空弁でありながら、600円という価格破壊級のお値段が画期的です。
TIAT SKY HALLでイベントがあるときは、売り切れるほど大繁盛しています。

早速蓋をオープン。
HND2019MAYK154R
マグロの角煮(左)の他、煮物類、そぼろたまご、きんぴらごぼうなど。
どれも味がよく染みていて、安定の美味しさです。
特に、マグロの角煮は甘辛くしっかりとした味付けで、ご飯が進みました。

具材の下には、もちろんご飯が敷き詰められています。
HND2019MAYK156R
上げ底か?と思いきや、しっかりとご飯が詰まっていました。

お弁当の近くに「リニューアルOPEN記念限定販売」と書かれていたので、今はもう売っていないかもしれません。
レギュラー空弁の「日本橋だし場二段弁当」や「彩りだし御膳」もリーズナブルでオススメです。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)