geiwai のすべての投稿

羽田空港国内線第2ターミナル地下に当面の間の工事区画登場の編

2018/04/21
こちらは羽田空港国内線第2ターミナルの地下1階。
HND2018AMRT052R
地下の端っこの目立たない場所にあるにも関わらず、いつも賑わっている「丸亀製麺」の奥の区画。
その区画には、牛タン屋さんとひつまぶし屋さんがあります。
でも、以前よりもちょっと空間が狭くなったような・・・。

よーく見ると・・・。
HND2018AMRT053R
あっ。
ここ、工事の仮囲いが出来ていますね。

こういう時は、工事の貼り紙をチェックするのが定石。
HND2018AMRT050R
2018年2月から工事が始まったようです。
既に2カ月が経過。
何ができるのかは不明ですが、周りの状況からして、ここも飲食店かしら?

工事期間は・・・。
image
「当面の間」とのこと。
なんかアバウトな感じがイイですねえ(笑)

一体ここに何が出来上がるのか、当面の間、楽しみに待つことにしましょう。

羽田空港国際線の空弁「ありそ鮨・天然本まぐろ鉄火丼」

2017/04/18
今回ご紹介する羽田空港空弁は、2018/2/1に国際線ターミナルの「おこのみ横丁」にオープンしたばかりのこちらのお店にて購入。

「天然本まぐろ・ありそ鮨」
HND2018APLA109R
カウンター席で握りたてのお寿司が頂けるお店です。

オープンして間もない頃の記事はこちら
羽田空港国際線・立ち食いなのかカウンター形式なのか?おこのみ横丁に「ありそ鮨し2号店」オープンの編

お寿司のみならず「どんぶりMENU」もあり(クリックで拡大)。
HND2018APLA103R
「TAKE OUT OK」とのこと。
いうことは、これは「空弁」というものは・・・。
空弁マニヤとしては見過ごすわけにはいきません。

それにしても、一番お高い「特上うにいくら丼 5480円」ってスゴいお値段ですね・・・。
一番お安い「天然本まぐろ鉄火丼」は、18:00までのサービスメニューとのこと。
それでも1800円(税別)もしますが・・・。

では、早速「天然本まぐろ鉄火丼 1944円(税込)」を購入。
HND2018APLA110R
おしぼりとお箸の他、わさび醤油を合成するための小さな器が付いてきます。
注文してから作るので、出来上がるまで10分ぐらい待ちました。

では蓋を開けて、いただきまーす。
HND2018APLA112R
まぐろの赤身は、なかなか新鮮。
わさび醤油と一緒にいただくと、ご飯がどんどん進みます。
すだちを絞るとサッパリした感じになりました。
甘くてジューシーな卵焼きも美味しゅうございました。
お天気の良い日に、展望デッキで海鮮丼パーティをしたい方(っているのな)にお勧めの空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港国際線・今年も五月人形と藤棚と鯉のぼり登場の編2018

2018/04/14
4月中旬の羽田空港国際線出発ロビー。
HND2018AD054R
ゴールデンウィーク前の閑散期・・・かと思いきや、お昼前の出発ロビーのG,Hカウンターは中国人客の皆様で一杯。
清明節のお休みが終わっても、中国東方航空・中国南方航空のカウンターは、午後便のお客さんで混みあっています。

そして、今年も登場。
HND2018AD039R
出発ロビー中央では、例年通り「人形の久月~♪」様ご提供の立派な五月人形が登場。

4F江戸舞台にも・・・。
HND2018AD046R
立派な五月人形が設置されました。
記念撮影する外国人の方が沢山。
日本文化を世界にどんどん広めて頂きましょう。

去年(2017年)の模様はこちら。
羽田空港国際線・早くも藤棚が登場して、出国前エリアの充電ポイント増殖の編

今年も、屋根より低い鯉のぼりが登場しました。
HND2018AD043R
「WE ARE TOKYO」も健在です。
外国人の方に地味に人気があったりします。

空港関係者になれる顔ハメパネルも健在でした。
20180407_112830
こちらは家族連れに地味に人気。

鯉のぼりの総数は50匹。
HND2018APLA079R
室内は風がないのでペッタンコではありますが、天井に向かって泳いでいるかのような躍動感のある展示になっています。
外国人の方が「フィッシュ!フィッシュ!」て言いながら写真を撮っておられました。
なんで魚が空を飛んでいるのか不思議でしょうねえ。

江戸小路のお店の軒先には・・・。
HND2018APLA080R
例年通り「藤」の装飾が登場。
造花ではありますが、かなり精巧に出来ているので、まるで本物のようです。
掛け軸も、藤が描かれたものに変わりましたね。

江戸小路の看板も・・・。
HND2018APLA081R
「藤」によってデコレーションされました。
鮮やかな紫色が映えます。

天ぷらのいい匂いが漂うおこのみ横丁にも。
HND2018AD050R
藤棚を見ながら、お食事をテイクアウトして頂くことも可能です。

はねだ日本橋への昇降口も・・・。
HND2018APLA097R
藤棚が脇を固めます。

5Fお祭り広場では・・・。
HND2018APLA087R
小松市の観光プロモーション・イベントが行われていました(4/15まで)。
歌舞伎で使われる傘などの小道具と共に記念撮影ができます。
最近は、お昼の時間でも海外のお客さんが増えてきたので、こういうイベントもPR効果がありそうです。

というわけで・・・。
HND2018AD049R
桜のシーズンが終わっても、季節感満載の羽田空港国際線でした。

超難しい「ナゾトキラリー」は引き続き絶賛開催中(4/27まで)。
HND2018APLA082R
ナゾトキ用紙を持ってウロウロしているお客さんも沢山いました。
私はいつも途中でギブアップ・・・。
謎解きマニヤな方は是非どうぞ。

羽田空港の空弁「行楽姫弁当」

2018/04/11
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第1ターミナルで入手したこちらの新作空弁です。

「行楽姫弁当」800円(税込)
HND2018APLA030R
製造元は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
3月下旬ぐらいに、「羽田穴守・行楽おこわ弁当」と同時に登場したと思われる新作空弁です。
羽田空港空弁専業?業者の日本エアポートデリカ様の空弁ですので、第1ターミナルのみならず、第2ターミナルでも販売されており、入手性は高いです。

「羽田穴守・行楽おこわ弁当」よりもボリュウムは少な目。
その分、お値段も800円(税込)と若干お安くなっています(行楽おこわ弁当は1080円(税込))。

では、蓋をオープン。
HND2018APLA036R
桜おこわと赤飯栗おこわがメイン。
おかずとして、赤魚塩焼、鶏の黒酢和え、山菜ミックス、卵焼き、金平ゴボウなどが添えられています。
まさに「行楽姫」という感じの色あいで、見た目もキレイです。

桜おこわは、爽やかな桜の葉の香りがして、春の到来を感じさせてくれました。
鶏の黒酢和えは、程よく甘酸っぱいタレが鶏とよく絡まった濃い味付けで、ご飯が進みます。
一方の赤魚塩焼きはサッパリとした塩味で、うまくバランスが取れています。
全体としてはヘルシーで優しいお味に仕上がった空弁でした。

特にこれからのシーズンは、お天気の良い日に展望デッキで飛行機を見ながら頂くのもよろしいかと思います。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港第2ターミナル・今度は「山形名産」自販機登場の編

2018/4/8
こちらは羽田空港第2ターミナル(ANA側)。HND2018APLA060R
4月の上旬は閑散期ということで、いつもよりお客さん少な目です。

出発ロビーの搭乗口AとBの間をウロウロしていたところ・・・。HND2018APLA051R
むむっ、新型自販機を発見。

今回発見したのは「山形名産」の自動販売機。HND2018APLA054R
今まで気が付かなかった・・・。
一体いつから設置されていたのだろうか。

羽田空港第2ターミナルには、これまで日本全国のご当地自販機?が代わる代わる設置されています。

羽田空港第2ターミナルに「ふくしま名産」自販機登場の編
羽田空港第2ターミナル・2F出発階に全国ご当地自販機第3弾「熊本県くまモン自販機」登場の編
羽田空港第2ターミナルに「福岡名産」自販機が登場の編
羽田空港国内線第2ターミナルに謎の自販機が増殖中の編(富山県・今はありません)

今回の「山形名産」自販機の商品ラインナップは・・・。HND2018APLA055R
上段から順に・・・。

  1. 庄内産干し海老 540円
  2. さいしょのお米プレーム 180円
  3. 省内浜紅海老クランチ 510円
  4. 鮭山漬寒風干 540円
  5. ラ・フランスキャルメル 300円
  6. いも煮カレー 600円

「いも煮カレー」が気になりますが、いいお値段ですね・・・

続いて下半分。
HND2018APLA057R
左上から順に・・・

  1. まめうさランチトート 1600円
  2. さくらんぼキャラメル 300円
  3. さくらんぼカレー 600円
  4. まめうさ小銭入れ 860円
  5. まめうさボールチェーン 670円
  6. まめうさシート米庄内産つや姫2合 410円
  7. FRESH青汁 220円
  8. FRESH濃厚抹茶 160円
  9. ごはんにかける生姜焼き 980円

「まめうさ」は庄内空港ビルのマスコットキャラクターで、

Wikipedia「まめうさ」によると・・・

ゆるキャラグランプリでは年々ランキングが下降しており、山形県内のゆるキャラの中でも低位にある。

などと書かれていたりして、ややお気の毒な感じです。
今後のランクアップに期待しましょう。

ちなみに、この自販機付近(搭乗口AとBの間)には・・・。
HND2018APLA058R
「山形名産自販機」の他にも・・・

などがあり、まさに「珍しい自販機コーナー」と化しつつあります。

さらにこちらは搭乗口CとDの間の自販機コーナー。
HND2018APLA063R
こちらには・・・

などがあり、こちらも特殊な?自販機が充実。
そのうち、SNSやマスコミなどで話題になることでしょう?

レアな自販機マニヤ(っているのかな)の方は、羽田空港第2ターミナル出発ロビーへ是非どうぞ

羽田空港国際線の保安エリア内にて羽田空港最高額カレー記録更新の編

2018/04/07
今年のお正月休みに羽田国際線を利用したときに、記事にし忘れていた羽田空港のカレーネタです。

去年(2017年)「羽田空港で一番お高いカレーはどこのカレーか?」という記事を書きました。
羽田空港最高額カレーはどこのお店?TOP4を実食してみたの編

当時は保安エリア内に入れなかったので、第2ターミナルの羽田エクセルホテル東急のレストラン「FLYER’S TABLE」の「ビーフカレー」1950円(税込)が最高額カレーであるという調査結果でした。

ところがこの日の羽田空港国際線の保安エリアにて・・・。
SGN-2018JAN-037R
えっ、マジ?

ハラル・カレー 「2200円(税込)」を発見。
image
羽田空港最高額カレーの記録更新です(当ブログ調べ)。
うーむ、国際線の保安エリアに、こんなお高いカレーがあったとは・・・。

このカレーを提供しているお店は・・・。
SGN-2018JAN-047R
国際線保安エリア内の24時間営業のフードコート内にある「ドンピエール・ジェット」というお店。
銀座に本店を構えるフレンチのお店「レストラン・ドンピエール」の羽田空港支店とのこと。

ハラルカレーの他にも・・・

  • トンカツカレー 1200円(当時の特別価格っぽい)
  • チキンティッカ・スパイシーカレー 1000円
  • スペシャル・ビーフカレー 1900円
  • ベジタブルカレー 1520円

など、色々なカレーを提供していました。

しかし「ハラルカレー2200円」を見つけてしまった今となっては、これを体験しないわけにはいきません。

というわけで、エイヤとハラルカレー(バターチキン&マトン)2200円を購入!
SGN-2018JAN-044R
アツアツのナンとご飯付き。
このナンが香ばしくてウマイです。

こちらがバターチキンカレー。
SGN-2018JAN-045R
野菜の甘みが感じられる、マイルドで深みのあるお味でした。
チキンも美味しく頂きました。

こちらはマトンカレー。
SGN-2018JAN-046R
マトンはほとんど臭みが無く、柔らかかったです。
こちらのほうがややスパイシーで、ほんのりとショウガの香りがしました。

両カレーとも、ホカホカのマトンとの相性は抜群で、あっという間に完食。
で、2200円分の高級感が感じられるのかというと、正直やや微妙な感じではあります(笑)。
おそらくは空港の保安検査内でハラル食材を使用、ということで、高めのお値段設定なのだと思われます。

ともあれ、今度こそ羽田空港の最高額カレー(たぶん)を体験できて満足のディナーとなりました。
保安エリア内にあるお店のため、これから海外に出発するお客さんしか利用ができませんのでご注意ください。
羽田空港は国際線のみならず、国内線側にも色々なカレーのお店がありますので、カレーマニヤな方は是非どうぞ。

羽田空港の空弁「崎陽軒・おべんとう春」

2018/04/04
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナル地下1階の「ANA FESTA」様で入手した、こちらの期間限定空弁です。

「崎陽軒・おべんとう春」700円(税込)
HND2018AMRT054R
製造元は、江東区の株式会社崎陽軒東京工場様。
以前にご紹介した「おべんとう冬」「おべんとう秋」「おべんとう初夏」と同じシリーズと思われます。
お値段が税込みで700円と、羽田空港のお弁当の中では、比較的お値打ち価格なのがポイント高いです。

まずは化粧紙を除去すると・・・。
HND2018AMRT059R
ご飯の蒸気でフニャフニャになったと思われるフタが姿を現します。
同時にお弁当のいい匂いがあたりに立ち込めて、気分が盛り上がります。

では蓋をオープン。
HND2018AMRT061R
春らしくメインはタケノコご飯。
お得意のシュウマイ2個の他、煮物類や豆腐しんじょ煮など。
桜色の和菓子が春の色合いを添えます。
全体的にサッパリ風味で、美味しくいただきました。
横浜の崎陽軒のお弁当ですので、羽田空港以外でも入手できますが、コストパフォーマンスが高いお勧めのお弁当の一つです。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港国際線3F・出発ロビーに大型のデジタル看板完成の編

2018/03/31
こちらは羽田空港国際線・到着階3F中央のEカウンター拡張部付近。
HKG2017NOVE011R
ついに完成。

え?何が完成したの?
(¬_¬)

という方はこちら。

Eカウンター拡張部の後ろの櫓のようなところの上部に、デジタル看板が完成したのでした。

このデジタル看板は、今年の2月ぐらい?から工事が行われていたものです。
工事中の時の記事はこちら。
羽田空港国際線・3F出発階のEカウンタ拡張部付近でまたまた工事中の編

で、このデジタル看板には・・・。
HKG2017NOVE019R
空港内のイベントの情報が映し出されたり。

空港そのものの紹介映像が流れたり。
HKG2017NOVE017R
静止画のみならず動画も表示できます。

こんなような季節を感じさせる空港内の景色が映し出されたり。
HKG2017NOVE015R
2つの面を使って1つの横長映像を表示することも可能なようです。
なかなかやりますねえ。

今後どのように活用されていくのか、じっくりと見守ることにしましょう。

羽田空港国際線で旅行博「もっと海外へ!羽田から世界へ」開催中の編

2018/03/31
羽田空港国際線では3/30(金)から4/1(日)にかけて・・・。
HKG2017NOVE054R
「もっと海外へ!羽田から世界へ」と題して、日本からの海外旅行促進イベントを開催中。
世界各地23の国や地域、39の航空会社や政府機関などがブースを構えるという、国際線初の大規模な旅行イベントとのこと。

去年(2017年)までも、この時期には「羽田フェア」という同様なコンセプトのイベントを地味に開催していました。
羽田空港国際線・今年も羽田フェア2017に行ってみたの編
羽田空港国際線・羽田フェア2016~世界とつながる2日間~体験記の編

今回は、旅行博的なイベントとして装いを新たに開催してみた、ということのようです。

4Fの広小路は、北米・中南米ゾーン。
HKG2017NOVE048R
キューバ、パラグアイ、ペルーなどのブースもあり。
国際線でこういうイベントをやると、旅行気分が盛り上がりますねえ。

結構お客さんの入りが良かった印象。
HKG2017NOVE111R
デルタ航空のブースは記念撮影の人々で賑わっていました。

4Fのメインステージ江戸舞台では・・・。
HKG2017NOVE026R
この時はドイツ音楽のショーが行われていました。
オクトーバーフェストでお馴染みの楽曲を披露。
ああ、ドイツビール飲みたい。

今回のメイン会場的存在の TIAT SKY HALLへ。
HKG2017NOVE074R
ここでは・・・

  • 世界のグルメマーケット
  • 東アジアの国と地域・航空会社のブース
  • イベントステージ

が行われています。

まずは「世界のグルメマーケット」から。
HKG2017NOVE076R
ハラヘッタので、ここで遅めの朝ごはんを頂くことにします。

メニューはこちら(クリックで拡大)
HKG2017NOVE055R
今年のラインナップは以下の通り。

  • イギリスBOX 600円
  • ドイツBOX 600円
  • フランスBOX 600円
  • シンガポールチキンライス 800円
  • 中華風ニラおやき500円
  • モモまんじゅう 500円

イギリスBOX・ドイツBOX・フランスBOXは、去年の羽田フェアでは800円だったのを600円に値下げ。
やはり去年はちょっと高かった。
去年と同様に電子レンジがあり加熱可能。
生ビールもあって、お食事と共にホール内のテーブルで頂くことができます。

そしてなんと・・・。
HKG2017NOVE077R
チキンライス800円は、午前11時ごろにして既に完売。
まだ始まって1時間少々しか経っていないのに、大人気ですねえ。
チキンライス、食べたかった・・・。

イギリスBOX 600円を購入。
HKG2017NOVE080R
エコノミークラスの機内食のような。
魚フライにハム類など美味しゅうございました。

TIAT SKY HALL内では・・・。
HKG2017NOVE103R
中国、韓国、台湾、マカオに関連する観光局や航空会社のブースがあり。
人が多くて賑やかでした。
ブースの方からパンフレットを頂いて、各地の旅情報をアレコレと収集。

台湾のマスコットキャラクター「喔熊(オウシオン)」もウロウロしてました。

台湾ツキノワグマがモデルになっているとのこと。
くまモンではありません。

で、TIAT SKY HALLのステージでは・・・。
HKG2017NOVE003R
14:30から中国雑技のステージがありました。
天井近くまで椅子を積み上げてのバランス芸。
凄っ。
ハラハラドキドキで、見ている方が疲れました・・・。

5Fお祭り広場会場へ。
HKG2017NOVE066R
ここは、トルコ、インドネシア、フィリピン、パラオなどの東南アジア・オセアニア諸国と日本ゾーン。
こちらは人が少なくてやや寂しい雰囲気です。

ANAのブースには・・・。
HKG2017NOVE069R
2019年春から、成田-ホノルル線で運航開始予定のエアバスA380「FLYING HONU」の模型の展示があり。
一度は乗ってみたいものです。

ANAのお隣にあるのが、胴元?の羽田空港国際線ターミナルのブース。
HKG2017NOVE068R
「WE ARE TOKYO」と、空港関係者顔ハメパネルはこちらに移動されていました。

そして5Fの展望デッキ付近は・・・。
HKG2017NOVE061R
ヨーロッパ諸国ゾーンになっており、イギリス、ドイツ、チェコ、スイス、スペイン、イタリアなどのブースが出展。
マケドニアやブルガリアといった、ややマイナー国も出展していて興味深かったです。

ルフトハンザのブースでは、ルフトハンザのトートバッグがあたるスクラッチカード・ゲームがあり。

残念ながらハズレてしまったものの・・・。
HKG2017NOVE096R
新塗装のルフトハンザのボーイング747のステッカーを頂きました。
カッコイイ (*゚∀゚)=3

そして3F出発階のTIAT待合室「富士」では・・・。
HKG2017NOVE021R
海外旅行セミナーを地味に開催していました。
そういえば、この「TIAT待合室」にはまだ一度も入ったことがない。

今回、マカオの回のセミナーに申し込んで・・・。
HKG2017NOVE030R
初めて内部に潜入することに成功しました。
ほほう、こんな感じの空間だったのかー。
思ったほど広くは無かったですね・・・。
マカオのセミナーでは、建設中の港珠澳大橋がいよいよ2018年内に開通する(本当か?)など、マカオの最新情報を知ることができました。

その他にも・・・。
HND2018MARC001R
毎年恒例のめっちゃ難しい「ナゾトキラリー」やスタンプラリーもあって、イベント盛り沢山でした。

というわけで、飛行機に乗らなくても、羽田空港に居ながらにして海外へ行った気になれるイベント「もっと海外へ!羽田から世界へ」は、4/1(日)まで。

詳細はこちら。
もっと海外へ!2018  羽田から世界へ 公式サイト

羽田空港深夜早朝アクセスバス・2018年度も運行決定の編

2018/03/29
ようやく告知が来ました!
image
2014年から実証運行が始まった、羽田空港の深夜早朝アクセスバス。
終電が終わった後の都市部へ移動手段として、活用された方もいらっしゃるかと思います。

「4月1日から翌年の3月31日までの期間限定運行」としながらも、毎年延長され続け、かれこれ4年間運行され続けています。

毎年この季節になると、国土交通省様のページを激しくチェックする毎日。image
そして今日(2018/3/29)、ようやく深夜早朝バスの運行期間延長が高らかに発表されたのでした。

例年はもう少し早く(3/24ごろ)発表されるのですが、今年はやや遅い発表でした。

まあ、いきなり運行を取りやめるわけにもいかないので、余程のことがない限り継続するのでしょうけど。

運行路線は変更なし

今年度(2018年度)も、前年度と同様、以下の7路線を運行するとのこと。
image
ざっと前年度と今年度の時刻表を見比べてみたところ、運行時刻も本数も料金も前年度と変わっていませんでした。
「一部ダイヤ改正」とのことですので、最新の時刻表は各バス会社のwebサイトなどをご確認ください。

(1)浅草・秋葉原・東京駅・銀座方面
(2)池袋・新宿方面
(7)一之江・火災・東陽町・豊洲・お台場・有明方面
は、東京空港交通(株)のWebサイトをご参照のこと。http://www.limousinebus.co.jp/guide/accessbus.html

(3)二子玉川・渋谷・六本木方面
(4)新橋・品川・大井町方面
(5)みなとみらい・桜木町・横浜駅(YCAT)方面
(6)川崎・蒲田・大鳥居方面
は、京浜急行バス(株)のWebサイトをご参照のこと。
http://www.keikyu-bus.co.jp/night-morning/

2018年度からはバス事業者の自主運行に

国交省の報道発表資料によると・・・

これまで講じてきた様々な運行拡充方策により利用者数が各路線とも増加していることを踏まえ、平成30年度からはバス事業者の自主運行により、深夜早朝アクセスバスの運行を継続します。

確かに最近は深夜バスに乗るお客さんが増えてきているように思います。
特に、繁忙期の新宿行きの深夜バスは、3便とも訪日外国人様等で満席になっていたのを見たことがあります。
そろそろ1年間の期間限定ではなくて、永続的な運行にしてしまってもいいような (毎年ドキドキするので)。

深夜早朝アクセスバスのさらなる利用促進のため、これまで行ってきたチラシ配布やポスター等の掲出に加え、WEB広報の強化に取り組みます。

本ブログにも、羽田空港深夜早朝アクセスバスの解説ページがあります。
バス路線そのもののご紹介に加えて、バス停の近くで宿泊できるスーパー銭湯の利用体験記などもありますので、ご参考にどうぞ。
羽田空港・深夜早朝アクセスバスの活用方法

国土交通省様のプレスリリースはこちら
国土交通省様による深夜バスの時刻表の資料はプレスリリースの「別添(pdfファイル)」にあります。