「羽田空港・国際線拡張工事」カテゴリーアーカイブ

羽田空港国際線再増築工事・はねだ日本橋の階段の封鎖が解除されるの編

2019/10/06
こちらは、絶賛再増築工事中の羽田空港国際線。
HND2019OCTA048R
ついに工事の足場が殆んど取り外されました。
外見からは、もう「増築工事してる感」が感じられなくなりつつあります。

では国際線ターミナルの内側へ。
HND2019OCTA044R
まだ工事の仮囲いの壁が立ちはだかっており、工事の様子は見えません。
この壁の向こうでは、まだ出発ロビーの内装工事が行われているものと思われます。

そんな中・・・。
HND2019OCTA031R
今まで封鎖中だった、はねだ日本橋の上り口が開通しました!
\( ^o^)/
およそ10ケ月ぶりぐらい?

今まで、仮設の低い屋根に覆われていた吉野家前広場ですが・・・。
HND2019OCTA037R
ついに仮設の低い屋根がなくなり、増築部分の高い屋根が姿を現しました!
\( ^o^)/
天井が高くなって、元の開放的な雰囲気に。
やはり、建物の外部構造は完成していたんですね。

ただし、まだ工事の仮囲いが存在するため、テイクアウト飲食用テーブル達は、依然として日本橋の下にある状況です。

TIAT SKY HALLの出入口付近も・・・。
HND2019SEPG012R
仮設の屋根がなくなり、沢山あった工事の柱が除去されました!
\( ^o^)/
イベント待ちのお客さんの障害物がなくなって良かったですねえ。
いよいよ3か月後に迫った増築部の完成が待ち遠しいです。

一方、こちらは同じく国際線4Fの広小路。
HND2019OCTA007R
早くもハロウィンのフォトスポットが登場していました。
撮影用のスマホ置き台も設置されていて、至れり尽くせり。

こちらは「HANEDA TOKYO AIRPORT」バージョン。
HND2019OCTA015R
こちらの装飾も今年初デビューの新作です。

茶寮伊藤園の入口にも・・・。
HND2019OCTA009R
ハロウィンの装飾あり。
去年よりも、ハロウィン装飾に力が入っている印象です。

というわけで、秋の深まりと共に、増築工事の完成が近くなってきた羽田空港国際線でした。


羽田空港国際線増築工事・国内線乗り継ぎ用の保安検査場が地味に移転していたの編

2019/08/17
こちらは羽田空港国際線展望デッキ。
HND2019AUGD055R
本日の東京の最高気温は34.5℃とのこと。
灼熱です。

展望デッキの朝顔は・・・。
HND2019AUGD048R
花はすっかり無くなって、葉っぱが激しく増殖していました。
まるで甲子園球場のツタのような。
もはや朝顔なのか何なのかよく分かりませんが、緑の壁が涼し気な雰囲気を醸し出していました。

で、久しぶりに羽田空港国際線の増築工事の様子を観察。
HND2019AUGD003R
ガラスのはめ込み作業も終わり、外から見える部分はほぼ出来上がった感じがします。
まだガラス壁の部分に「国際線」の文字は掲げられていませんが。

ちなみに前回の様子はこちら。
羽田空港国際線増築工事「暫定Lカウンター」登場の編

さらにこちらは、羽田空港国際線2F到着階の国内線乗り継ぎカウンター付近。
HND2019AUGA045R
久しぶりに来てみると、アレ?
なんかいつもより奥行き感があるような。

乗り継ぎカウンターの奥へ行ってみると・・・。
HND2019AUGA043R
おおっ。
今まで工事中だった奥のエリアの一部が開放されています。
床が白っぽくなっている奥のエリアが、新しく増築された部分。
この右側の奥に、国内線乗り継ぎ用の保安検査場が移転していました。

今までは・・・。
domes_sec1
こんな感じで乗り継ぎ用保安検査場があったのが。

こんな感じに変わりました。
domes_sec2
今までの検査場は工事中になり。
新しく増築されたエリアの右奥に移転した感じです。
なるほど~。
果たして、この周りの工事中のエリアには今後何ができるのか、完成が楽しみです。

一方こちらは・・・。
HND2019AUGD012R
現在ホテルを建築中の「羽田空港跡地・第2ゾーン」と国際線ターミナルとを結ぶ連絡通路の建設現場。
白い三角屋根の建物は既に(外観上は)完成しており、さらにその先を伸ばそうとしています。

よーく見ると・・・。
HND2019AUGD013R
三角屋根の建物から、茶色い鉄骨が伸びてきている様子が分かります。
いよいよ始まりましたかー。

さらにこちらは・・・。
HND2019AUGD027R
「羽田空港跡地・第2ゾーン」に建設中の巨大ホテル。
外壁部分もほぼ出来上がりつつあります。

ただし、一番左の手前の部分は・・・。
HND2019AUGD030R
まだ外壁部分はできていないものの、だいたいホテルの大きさ感は分かってきました。
12階建てということで、思っていたよりも高い建物になりましたね。

ホテルの2階部分からは・・・。
HND2019AUGD019R
一般道を跨ぐようにして、空中歩道が作られつつある様子が分かります。
この部分と、さっきの白い三角屋根の建物とを連絡通路で接続しようとしているわけです。

その連絡通路部分は・・・。
HND2019AUGD015R
いよいよ、これから地上部分が作られようとしているように見えます。
一体どんなような感じに出来上がるのか、楽しみです。

その他の2020年に向けての羽田空港拡張工事の内容については、こちらの記事をどうぞ。
2020年に向けての羽田空港拡張工事の様子を改めてまとめてみた


羽田空港国際線・Air Bic Camera の2Fの新店舗営業開始の編

2019/07/07
こちらは羽田空港国際線の2F到着階。
HND2019JUNK022R
こちらでも、国際線ターミナル増築工事の影響で、あちらこちらが工事中になっています。

今回の注目はこちら。
HND2019JUNK024R
AIr Bic Cameraの2Fの新店舗が営業開始していました。
2019/07/02にオープンしたとのこと。

電化製品は殆んどなく、医薬品、日用品、SIMカードなどを販売。
到着便が少ない時間帯だったせいか、4Fよりはお客さんが少ない印象でした。

以前にご紹介した4Fの新店舗と合わせて、これで羽田国際線のAir Bic Cameraは2店舗体制に。
勢いがありますねえ。

一方こちらは旧店舗があった区画。
HND2019JUNK025R
工事の仮囲いに囲われつつあります。

思い起こせば、この区画は、2014年の国際線ターミナル増築工事で新しく出来た区画。

初代のテナントは「富士屋レストラン On The Toast」でした(懐かしい)。
高品質な食パンが美味しいお店でしたが、当時は人通りが少ない場所だったため、お客さんは少なかった印象。

その「富士屋レストラン On The Toast」の閉店後、しばらくの間の工事期間を経て「AIr Bic Camera」がオープンしました。

Air Bic Camera は、JALの羽田便の機内で割引券つきのチラシを配るなど、積極的な広告活動を展開。
さらに、ここ数年で国内線乗り継ぎカウンターを利用するお客さんが増えた(感じがする)のも追い風となって、最近は多くのお客さんで賑わうようになっていました。

しかし今回、2020年に向けての再増築工事の工事エリアとなったため、2Fと4Fの2か所に分離・移転することになったのでした。
HND2019JUNK027R
この「旧店舗 工事中」になったエリアに、次は一体何が出来るのか楽しみです。




羽田空港国際線・Air Bic Cameraが2店舗に分離して移転の編

2019/07/01
こちらは、羽田空港国際線到着階2F。
HND2019JUNJ144R
国際線ターミナル増築工事に伴って、ここ到着階2Fも増築されることになるため、地味にリニューアル工事が行われています。
ここ2F部分も、今後どうなるのか気になるところ。

2Fの国内線乗り継ぎカウンター付近で営業している「Air Bic Camera」。
HND2019JUNJ147R
周囲のトイレ等が、徐々に工事で閉鎖されてきているのにも関わらず、しぶとく営業を続けてきました。

で、羽田空港国際線の公式サイトでも告知があった通り・・・。
HND2019JUNJ148R
ついに、このBic Camera店舗の移転が始まりました。
簡体字で「店舗移動通知」の掲示物が登場(クリックで拡大)。
そろそろ移転しそうな雰囲気を醸し出していたのは察知していましたが、まさか2か所に分離・移転するとは、予想外の展開です。

元のお店の斜め向かいに「移転先その1」が登場。
HND2019JUNJ145R
薬、お菓子、飲料、日本のSIMカード、スーツケースなどの売り場が出来るとのこと。
こちらは2019/7/2からオープン予定。
間口は広いものの、奥行きが短いので、元の店舗よりは狭いです。

先週(6/22))時点で、既に工事の囲いが取り除かれていて、ビニールシートの奥に赤い壁がチラ見えしていました。
ここもBIC CAMERAの移転先の1つだったとは・・・。

2Fの案内図的には、こんな感じ。
HND2019JUNJ156R
拡張工事エリアに近い区画をクリアにしようとしているようです。
ただし、国内線乗り継ぎカウンターや、国内線乗り継ぎ用の保安検査場は、まだ稼働していました。
これらの施設は、今後どう移転するのかも興味深いところです。

では続いて、4F江戸小路の「移転先その2」へ。
HND2019JUNJ079R
おお!
「BIC CAMERA」の文字が。

ここは、以前「EDO食賓館」というお土産屋さんだったエリア。
2019/05/12でお土産屋さんは閉店し、ここ1か月余りの間、工事中になっていました。

参考記事:
2019年6月の羽田空港国際線いろいろの編

先週時点(6/23)で、既にスタッフ様が棚に電化製品を並べている状況になっていました。
ここにBIC CAMERAができる予感はしていたものの、ここと2Fの2か所に移転するというのは予想外の展開。

では早速店舗内へ。
HND2019JUNJ082R
こちらは、2019/6/27に既にオープン済。

まるでドンキホーテのごとく、電化製品が高密度に陳列されています。
こちらの店舗では、ドライヤー、シェーバー、カメラ、腕時計、炊飯器、スマホ充電器、魔法瓶などなど。
外国人旅客の方々が、お土産として買って帰りそうな品物がメインでした。
日本人旅客としても、スマホのケーブルやバッテリを家に忘れたときに、ここで買えるのが便利そうです。

4F江戸小路の一等地ですので、既に多く海外のお客さんで賑わっていました。
いい場所をゲットしましたねえ。

店舗の表札(?)も一新。
HND2019JUNJ081R
以前は「EDO 食賓館」だったのが「Bic Camera」になりました。
まだ慣れていないので、やや違和感がありますが、そのうち慣れることでしょう。

というわけで・・・。
HND2019JUNJ083R
国際線ターミナル増築工事に伴って、2Fと4Fの2か所に分離移転が行われている「AIr Bic Camera」の状況でした。
2Fの「Bic Camera跡地」の今後の展開にも要注目です。




羽田空港国際線増築工事「暫定Lカウンター」登場の編

2019/06/29
こちらは羽田空港国際線ターミナル。
HND2019JUNJ048R
2020年に向けて行われている、ターミナル本館の増築工事について。
ガラスの壁のはめ込み作業もほぼ終わりつつあり、外観上は、ほぼ出来上がった感が漂ってきました。

前回の記事はこちら。
羽田空港国際線再増築工事・ガラス窓の取り付け進行中の編

最近の大きな変化は・・・。
HND2019JUNJ053R
ターミナル増築部の歩道の屋根がほぼ完成。
途中から白色に変わっていて、増築部分が分かる感じになっています。
雨に濡れずに歩ける場所が増えました。

ガラスの壁面をよーく見てみると・・・。
glass_hook
留め金のようなものが取り付けられていました。
いよいよここに「国際線」の文字が復活する兆し?でしょうかねえ。
2020年3月からは「Terminal 3」に変わるので、それまでの間、ここの表示がどうなるのか注目です。

ではターミナルの内側へ。
HND2019JUNJ118R
Lカウンターの奥の部分が、白い工事の仮囲いになっているのは、以前にお伝えしたとおり。

今回の注目ポイントはこちら。
HND2019JUNJ123R
写真奥のLカウンターの端っこの部分が工事中になり。
削られた部分を補うかのように、写真手前にジャングルジムのような暫定カウンターが出現しました。

このジャングルジムのような構造物には・・・。
HND2019JUNJ195R
案内モニターや端末が設置されて、搭乗手続きができるようになっていました。
預け荷物は、近くのベルトコンベアへ手で運ぶようです。

工事中になったLカウンターの端部。
HND2019JUNJ194R
既にLカウンターの一部が取り壊されていました。
なぜ故にここを壊す必要があるのかは、よく分かりませんが。
今後のLカウンターの運命を見守りたいと思います。
以上の国際線ターミナル増築工事は、2019年12月末完成予定とのこと。

***

一方こちらは・・・。
HND2019JUNJ182R
国際線のお隣の「羽田空港跡地第2ゾーン」のホテル建設工事の様子。
骨組みがほぼ完成し、外壁のとりつけが半分ぐらいまで進んでいます。
かなりホテルっぽい感じになってきましたね。

鉄骨の総数を数えてみると・・・。
HND2019JUNJ186R
12階~13階建て?
国際線ターミナルや駐車場よりも高いです。
もしかすると、最上階からはターミナル越しにA滑走路が見えるかも?

この部分は・・・。
HND2019JUNJ188R
まだ上に鉄骨が伸びそうな雰囲気です。
完成予想図(住友不動産様のサイト)によると、この部分の最上階に露天風呂つきの天然温泉施設が出来るように見えました。
どんな感じに完成するのか、楽しみです。

こちらは、旧暫定団体バスのりば方面。
HND2019JUNJ168R
ホテルと国際線ターミナルとを結ぶ連絡通路の工事が行われています。
まだ通路の骨組みはなく、地面を掘って基礎工事が行われているように見えます。
こちらのホテル群は、2020年春に開業予定とのこと。
来年の今頃は一体どうなっていることやら。

その他の羽田空港拡張工事関連はこちらをどうぞ
2020年に向けての羽田空港拡張工事の様子を改めてまとめてみた




羽田空港国際線再増築工事・ガラス窓の取り付け進行中の編

2019/05/11
こちらは絶賛再増築工事中の羽田空港国際線ターミナル。
HND2019MAYG053R
側壁部分の骨組みが組まれ、いよいよ窓ガラスの取り付けが行われています。
写真では分かりにくいですが、既に2階部分までのガラス窓が取り付けられていました。

前回の様子はこちら。
羽田空港国際線再増築工事・屋根の天窓部分を組み立て中の編

ただし、屋根の部分は・・・。
HND2019MAYG060R
既存の屋根との繫ぎ目の部分に、まだ少しスキマがあいています。
キレイにつなげるのに時間が掛かっている様子。

1Fの歩道部分の屋根も延長工事中。
HND2019MAYG061R
既に1区画目の工事は終わっていて、2区画目の工事に取り掛かっています。

歩道部分の屋根の新旧つなぎ目部分に注目してみると・・・。
FIN2019MAYJ050R
新しく増築された部分(左半分)が、既存の部分(右半分)よりも白いことが分かります。
さすがに、5年前に作られた部分との境界が分からないように作るのは難しいようです。

別の角度から、天窓部分を観察。
HND2019MAYG068R
大型クレーンよって、天窓のガラスの取り付けが進んでいるようです。
ガラスが途中までハメ込まれている状態が、いかにも建設中って感じ。
建設途中の空港ターミナルマニヤ(っているのかな)にはたまらない状態です。

こちらは、建設中の「第2ゾーン」との連絡通路部分。
HND2019MAYG069R
白い三角屋根が完成し、壁にも大きな窓が取り付けられています。
ただの連絡通路とは思えないオシャレな構造ですね。
一体、ここに何が出来るのだろーか。

そしてこちらが「羽田空港跡地第2ゾーン」の様子。
HND2019MAYG094R
手前のホテルの躯体部分が、9階部分まで出来上がってきました。
奥の建物の様子が見えなくなってしまった・・・。

一部、外壁部分の取り付けも始まったようで。
HND2019MAYG080R
少しずつホテルっぽい感じになって参りました。

さらに手前のラグジュアリーホテル部分。
HND2019MAYG107R
こちらはまだ5階部分までしか出来上がっていないようでした。
だんだん多摩川が見えなくなってきた・・・。

というわけで、全体的に基本的な構造部分が完成しつつある羽田空港国際線施設の増築工事の近況でした。
国際線ターミナルの増築工事は2019年12月末完成予定。
「羽田空港跡地第2ゾーン」のホテル群は2020年3月頃完成予定。
各施設が予定通り、無事完成しますことをお祈りいたします。

その他の2020年に向けた羽田空港の改造工事の全体像はこちら。
2020年に向けての羽田空港拡張工事の様子を改めてまとめてみた




羽田空港国際線再増築工事・屋根の天窓部分を組み立て中の編

2019/04/07
こちらは2020年に向けて絶賛増築工事中の羽田空港国際線ターミナル。
HND2019APLD200R
イイ感じに屋根が反りあがって来ましたね~。
屋根を支えていた仮設の櫓のようなものは除去されました。

前回の様子はこちら。
羽田空港国際線再増築工事・屋根が組みあがってきたの編

よーく見ると・・・。
HND2019APLD074R
屋根の一部にスキマがあいています。
そのスキマ部分を埋めるように、三角形の天窓を取り付けているようです。

別角度から見てみると・・・。
HND2019APLD058R
巨大クレーンでもって、白い三角形の枠をまとめて乗せている様子が見えました。
この後、この枠にガラスをはめ込んでいくものと思われます。
まさに建設途中の空港ターミナルマニヤにはたまらない光景。

さらに、地上部分では・・・。
HND2019APLD076R
歩道の屋根の部分の延長工事が始まりました。
確かに、ここも伸ばさないとね。

そのため・・・。
HND2019APLD077R
お外の歩道の一部が仮設通路になっていました。
工事が完成するまでの間は、気を付けて通行しましょう。

「サテライトのサテライト」増築工事

で、一方こちらは・・・。
HND2019APLD317R
国際線サテライトに増築中の「サテライトのサテライト」。
新たに2つのPBB(旅客搭乗橋)を設置しようとしています。
こちらも、かなり形が分かるようになってきました。
果たして、これらの搭乗口から乗らない人でも入れるエリアになるのかどうか、気になるところです。

ちなみに、この羽田空港「国際線ターミナル」は・・・。

令和2年(2020年)3月から「第3ターミナル」に改称されます!
(「令和」って言ってみたかっただけ)
まだ「令和」に慣れていないので、江戸時代のような感じがしますが・・・。

第2ゾーンとの連絡通路の工事状況

で、こちらは・・・。
HND2019APLD025R
国際線ターミナルと第2ゾーンのホテル群とを接続する連絡通路部分。
以前、団体バス乗り場があった場所です。
三角屋根の構造物の鉄骨の密度が出来上がってきました。

前回の様子はこちら。
羽田空港国際線・団体バス乗り場跡地に三角屋根の鉄骨が出現の編

まだ、それに続く連絡通路の組み立ては行われていないようでした。
HND2019APLD032R
近いうちに、このあたりを左右に往来できるよう、空中に通路が作られれるものと思われます。

羽田空港跡地「第2ゾーン」開発工事

さらに多摩川寄りのエリアの「第2ゾーン」の状況はこちら。
HND2019APLD039R
かなり出来上がってきました。
奥の建物の鉄骨はほぼ完成に近くなり、手前の建物の鉄骨の組み上げが行われています。
手前のは、かなり横に長~い建物です。
全体としては、V字型の建物になるようですね。

その「V字」の頂点の部分。
HND2019APLD055R
この部分も鉄骨を組み上げて建物を建設中。
完成予想図によると、この建物の屋上に「温浴施設」ができるように見えます。
こちらも完成が楽しみです。

第2ゾーンの工事の詳細はこちらをどうぞ(住友不動産様のサイト)
「羽田空港プロジェクト」のwebサイト

ホテル3棟や温浴施設の他、飲食店、バスターミナル、イベントホールなど様々な施設ができる予定。
これが完成すれば、深夜の国際線ターミナルのベンチの混雑が、少しは緩和されるかも?

というわけで、鉄骨の組み立てが進んで、徐々に工事の全体像が見えつつある羽田空港国際線ターミナルとその近辺の工事状況のレポートでした。
令和2年3月(←まだ言ってる)の完成を楽しみに待ちたいと思います。




羽田空港国際線・団体バス乗り場跡地に三角屋根の鉄骨が出現の編

2019/03/17
羽田空港国際線ターミナルのモノレール乗り場横の窓にて。
HND2019MAYJ047R
むむっ!(久しぶりに楽天カードマン風に)。
窓の外に謎の構造物を発見。
以前、団体バス乗り場があった辺りです。

国際線のバス乗り場に下りて眺めてみると・・・。
HND2019MAYJ099R
何やら三角形の鉄骨が組まれつつあります。
い、いつの間に・・・。

この謎建物の場所はこちら。
gateway
国際線ターミナルと、現在工事中の「第2ゾーン」とを結ぶ連絡通路のつなぎ目の部分です。

別の角度から眺めてみると・・・。
HND2019MAYJ055R
なるほど、こういう感じですか。
2Fの国際線到着から、真っ直ぐ進んだ突き当りに、なにやらオシャレな形の建物を継ぎ足そうとしているようです。
さらに写真左側方向に連絡通路を伸ばして、第2ゾーンと接続するものと思われます。

それにしても・・・。
HND2019MAYJ052R
なぜゆえに三角形の屋根なのかは不明。
普通に平らな屋根のまま、連絡通路が出来るものと思っていただけに、予想外の展開です。

住友不動産様のwebページの完成予想図によりますと・・・。
dai2zone
確かに、よーく見ると、何やら白い三角形の建物が描かれています。
何だろう?
気になって夜も眠れません(←すぐに眠れなくなる人)。
一体何ができるのか、2020年の完成を楽しみに待つことにしましょう。




2020年に向けての羽田空港拡張工事の様子を改めてまとめてみた

2019/03/08
来る2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、羽田空港のあちらこちらで機能強化のための工事が行われています。
そんな羽田空港大改造工事の様子をまとめてみました。

2019年3月現在、以下の「4大工事エリア(←勝手に命名)」にて大規模な工事が行われています。

  1. 第2ターミナル国際線施設増設工事
  2. 国際線ターミナル増築工事
  3. 国際線ターミナル隣接地(羽田空港跡地・第2ゾーン)開発工事
  4. 天空橋駅周辺(羽田空港跡地・第1ゾーン)開発工事

では、順に見ていきましょう。

(1) 第2ターミナル国際線施設増設工事

こちらは現在ANAの国内線がメインで使用している第2ターミナルの南側。
HND2019FEBJ076R
大型クレーン車により、マニヤックな形状の白い鉄骨が組まれています(2019/03/02当時)。
羽田空港国際線の便数増に対応するため、第2ターミナルにも国際線施設を作ってしまおう、という大工事。
2020年3月頃供用開始予定とのこと。

本ブログの関連記事は以下をどうぞ。
羽田空港第2ターミナル国際線施設増築工事・ついに鉄骨が「XXXXX」まで完成の編
羽田空港第2ターミナルに新設される国際線施設の完成イメージ図登場の編

日本空港ビルデング様のサイト:
日本空港ビルデング・株主投資家情報の「2018(平成30)年3月期決算説明会」

(2) 国際線ターミナル増築工事

こちらは、国際線ターミナル。
HND2019MARA213R
ターミナル本館の増築工事が行われています(2019/03/02当時の様子)。
今後の利用者増に対応すべく、チェックインカウンターの数を増やすのが主目的とのことで、2019年12月末完成予定。
さらに、2020年3月からは「国際線ターミナル」から「第3ターミナル」に名称が変わる予定になっています。
完成後がどうなるのか楽しみです。

関連記事:
羽田空港国際線再増築工事・屋根が組みあがってきたの編

さらにさらに、国際線のサテライト棟では・・・。
HND2019MARA036R
PBB (Passenger Boarding Bridge 旅客搭乗橋)を2基増設する工事が行われています。
「サテライトのサテライト」的なスペースが出来そうな雰囲気です。

関連記事:
羽田空港国際線再増築工事・一般道を跨ぐ搭乗橋を建設中の編

(3) 国際線ターミナル隣接地(羽田空港跡地第2ゾーン)開発工事

こちらは国際線ターミナルのお隣の「第2ゾーン」。
HND2019FEBJ144R
多摩川に近いエリアに、巨大な建造物を建設中。
ホテル3棟(合計約1700室)の他、商業施設、会議場、天然温泉の温浴施設、バスターミナルなどが出来て、国際線(第3)ターミナルと直結されるのだそうな。
こちらの工事の主体は、日本空港ビルデング様ではなくて住友不動産様。
このホテルや温泉が完成すれば、羽田の深夜早朝便利用時の前泊・後泊に便利になりそうです。

関連記事:
羽田空港国際線の団体バス乗り場が移設。羽田に天然温泉?国際線隣接地の未来をアレコレ調べてみた

住友不動産のサイト:
「羽田空港プロジェクト」のwebサイト

さらに多摩川には・・・。
HND2019MARA246R
対岸の川崎市とを結ぶ「羽田連絡道路」なる橋を架ける工事が行われています。
この橋ができれば、今はのどかな川崎市殿町エリアからも、羽田空港へのアクセスが容易になります。

本ブログの関連記事:
多摩川に架かる「羽田連絡道路」の完成予想図を見つけたの編

川崎市のサイト:
羽田連絡道路整備事業について

(4) 天空橋駅周辺(羽田空港跡地第1ゾーン)開発工事

こちらは天空橋駅付近の空き地。
HND2019MARA010R
「先端産業拠点」「クールジャパン発信拠点」の他、イベントホール「ZEPP HANEDA」など色々できるようです。
工事現場にあった「建築計画のお知らせ」の掲示によると、2020年5月31日に工事完了予定とのこと。

本ブログの関連記事
天空橋付近の「羽田空港跡地第1ゾーン」に何ができる?の編

大田区のページ:
「羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業)の整備・運営事業者による情報発信について」

鹿島建設のページ
鹿島の開発事業(下の方にスクロールすると、第1ゾーン開発計画の動画が見れます)

というわけで、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、羽田空港がどのように変わっていくのか、今後も要注目です。




羽田空港国際線・再拡張工事後にチェックインカウンターがいくつ増えるか地味に考察してみたの編

2019/02/17
こちらは羽田空港国際線3Fの出発ロビー。
HND2019FEBH041R
2019/02現在、Lカウンター奥のガラス張りだったところが、工事の仮囲いに覆われています。

この拡張工事の主たる目的は・・・。
HND2019FEBH040R
上図のように、出発ロビーを左上に伸ばして、チェックインカウンターを増やすこと。

最近はピークの時間帯になると、チェックインカウンターは、ほぼフル稼働状態。

2020年に向けて、さらなる利用者増に対応するには、チェックインカウンターも増やさなければ!ということのようです。

そこで、1つの疑問が寄せられました。

「増築するのは分かったけどさー、カウンターはいくつ増えるの?」
(¬_¬)  ←誰?

はい、ではその疑問を晴らすべく・・・。
HND2019FEBH040R2
上図の黄色いエリアのカウンター間距離と、増築部分の長さを独自に計測。
現在「A」~「L」の12か所あるカウンターが、増築後どうなるのかを予測してみました。

ちなみに増築部分の長さの計測は・・・。
HND2019FEBH072R
怪しまれないように、床のタイルの数を数えて地味に計測しました。
(それでも十分アヤシイ)

まずは、現在(再増築工事前)の出発ロビーの状況。
2f-original
「A」~「L」カウンターまである状態です。
(A~Gカウンター部分は省略)

床のタイルの数を数えて、再増築部分の幅をざっくり測ってみたところ・・・。
2f-extend1
Lカウンターの端っこから、増築部(赤い部分)の左の端っこまではおよそ52メートルでした。
※正確な計測結果ではありません。実際はもう少し短いかも?

ここに、等間隔にカウンターを配置した場合・・・。
2f-extend2
「O」カウンターまで配置することができそうです。
この場合、カウンターが3つ増えることになります(推測)。

ちなみに、頑張って「P」カウンターまで作った場合は・・・。
2f-extend3
P~Mカウンターの間隔が、やや狭くなってしまいます。

が、現状のカウンター間隔(約23m)でギリギリな感じなので、さすがにここまでは攻めないものと思われます(推測)。

というわけで、今回の考察の結果・・・。
2f-extend2
再増築工事後、国際線のチェックインカウンターは「3つ」増えて「A」~「O」 の全12か所になる!?

という結果となりました(※あくまでも推測。団体用カウンターは除く)。

果たして正解はどーなるのか、今年末(2019年末)の工事完成を首を長くして待つことにしましょう。