「羽田空港・2タミ・国際線増設工事」カテゴリーアーカイブ

羽田空港第2ターミナル・国際線施設増築工事の総集編の編

2020/02/29
古い写真を掘りおこして、2020年に向けての羽田空港改造工事を振り返ってみるシリーズ。
第2弾の今回は、第2ターミナル南側の国際線施設増築工事です。

2018/02/10
T2CONST022R
工事の兆候が見えたのは、2018年の年明けから。
写真では隠れて見えませんが、まずは地面を掘り起こすところから始まりました。

2018/07/29
T2CONST030R
半年近く経過して、ようやく鉄骨が見えるようになってきました。

2018/08/04
T2CONST037R
どんどん鉄骨が組まれていき・・・。

2018/10/14
T2CONST073R
2019年10月中旬になると、かなりの部分の鉄骨が組みあがりました。

2018/10/27
T2CONST093R
2019年10月末には、1つ目の「X」が登場。

2018/11/23
T2CONST168R
その1か月後は「XX」になり・・・。

2018/12/29
T2CONST263R
2018年の年末は「XXX」で年越し。

2019/02/27
T2CONST455R
2019年2月末には「XXXXX」まで完成しました。

2019/06/16
T2CONST784R
さらに足場が組まれて、天井の一部が白いもので覆われて・・・。

2019/11/09
T2CONST978R
2019年の冬がやってきた頃には、複雑なデザインの外壁が出来上がってきました。

2020/01/26
T2CONST1064R
工事開始から、およそ2年の歳月を経て、外観上はほぼ完成状態となりました。
まだ2階のひさしの部分の工事が残っています。

2020/03/16 [UPDATE]
HND202003B099R
外観上は完成!

この第2ターミナル国際線施設は、2020/03/29から運用開始予定とのこと。
ANA国際線の一部がこちらから発着するとのことなので、気を付けましょう。

新型コロナウイルス感染拡大による就航便数の減少により、2020/4/11 0:00AMから、羽田の国際線の発着は第3ターミナルに集約されるとのこと。
最新の運用情報は羽田空港公式サイトをご確認ください。

ANA国際線のどの便が第2 or 第3?なのかは下記のANA様の公式サイトをどうぞ。
2020年3月29日以降に羽田空港をご利用の際はターミナルをご確認ください

覚えるのが難しいですね・・・。
台北の松山行きと愛媛の松山行きを間違えないようにしないと。
(そんな間違え方をする人はいないと思われる)

何よりもまずは、新型コロナが早期に収束しますことをお祈りいたします。

その他の詳細はこちら。
羽田空港国際線大増便公式サイト


羽田空港国際線・本館再増築工事の総集編の編

2020/02/03
昨年(2019)の年末から、増築部分の供用が始まった羽田空港国際線ターミナル本館。
古い写真データを掘り起こして、2017/12月~2019年12月の2年間に渡って行われた工事の過程をまとめてみました。

2017/12/10
HNDEXT2020004R
工事の兆候が現れたのは2年前から。
駐車場だったところが、更地になりました。

2018/02/10
HNDEXT2020022R
2018年2月ぐらいに、工事の仮囲いの壁が登場。
工事が本格化します。

2018/10/27
HNDEXT2020168R
約半年以上の間、基礎工事?が行われ。
2018年10月ごろから、ようやく鉄骨が組まれ始めました。

2018/11/23
HNDEXT2020325R
鉄骨はどんどん組みあがっていき・・・。

2018/12/29
HNDEXT2020382R
12月末には、天井を支えるためのマニヤックな形状の足場が登場。

2019/03/02
HNDEXT2020421R
そのマニヤックな足場の上に、曲線状の屋根がクレーンで乗せられていきます。

2019/04/13
HNDEXT2020452R
ほぼ屋根が出来上がると、マニヤック足場は撤去されました。

2019/05/06
HNDEXT2020472R
外壁部分の枠などが組み上げられていき・・・。

2019/06/01
HNDEXT2020486R
ガラスをはめ込んでいきます。

2019/07/06
HNDEXT2020506R
去年(2019年)の7月ごろには、ガラスがはめ終わってほぼ完成。
歩道部分の屋根も延伸されました。

2019/12/30
HNDEXT2020546R
そして2019年12月末。
当初の予定どおり、増築部分の供用が始まったのでした。
まるで増築など無かったかのように、キレイに出来上がりましたね。

あとは、ビルのガラスの壁面に・・・。
kabna
「Terminal 3」の文字が掲げられるのを楽しみに待ちたいと思います。


羽田空港第2ターミナル国際線施設増築工事・かなり完成に近づいてきたの編

2020/01/26
こちらは羽田空港第2ターミナル(ANA側)の国際線施設増築工事の状況。
HND2020JANV016R
工事の足場が撤去されつつあり。
建物の下半分が見えるようになってきました。
骨組みが露出していた部分にはカバーが取り付けられ「かなり完成が近づいてきた感」が漂ってきました。

前回の記事はこちら。
羽田空港第2ターミナル国際線施設増設工事の一部で工事の足場が取り除かれ始めるの編

現在残っているのは・・・。
HND2020JANV021R
歩道にせり出した、波状の屋根の継ぎ足し工事。
おしゃれなデザインをそのまま引き継ぐ形で、骨組みが組まれていました。

さらにその先の部分は・・・。
HND2020JANV036R
外観上は、ほぼ工事が終わっているように見えます。

広角モードで撮ると・・・。
HND2020JANV028R
5つの「X」が並んでいる様子が分かります。
完成まであと一息。

さらに先端の部分。
HND2020JANV033R
こちらは事務所チックなデザイン。
既に2019年末の時点で、外観上はほぼ完成していました。

工事エリアの内側の状況は・・・。
HND2020JANV042R
以前と変わらず、工事の仮囲いで塞がれています。

謎スクリーンも健在で・・・。

  • 毎時00分:羽田空港の歴史
  • 毎時20分,50分:Haneda Sky Illuminationの動画
  • 毎時30分:拡張工事の概要

という感じで動画が放映されていました。

その近くのフードコート「UPPER DECK TOKYO」では・・・。
HND2020JANV049R
2019年末ぐらいから、中華料理店「チャイナタウンデリ」と韓国料理店「Miss Korea」が営業を再開。
無事の復活おめでとうございます。

その結果・・・。
HND2020JANV048R
UPPER DECK TOKYOは、★の2店舗が増えて、8店舗体制に回復しました。

  • World Wine Bar(ワインバー)
  • Healthy TOKYO(ベジタリアン料理)
  • 自由が丘バーガー(ハンバーガー)
  • Mrs.Istanbul(トルコ・ハラル料理)
  • 般若林(讃岐うどん)
  • 元祖寿司(回転寿司)
  • チャイナタウンデリ(中華料理)★
  • Miss Korea(韓国料理)★

ベトナム料理屋さんは復活しないのかな・・・。
まだ工事中のエリアが残っているので、今後の展開に期待です。

さらに、同じく第2ターミナルの地下1階へ。
HND2020JANV078R
マクドナルドの隣の「丸亀製麺」が改装工事中になりました。
あらら?
お昼時は、入店待ちの行列が出来るほどの人気店だったのですが。

貼り紙によると・・・。
HND2020JANV077R
2020/3/28まで改修工事のため休業とのこと。
ターミナル拡張工事と関係があるのかどうかは不明。
果たしてどんなような感じで復活するのか、こちらも楽しみに待ちたいと思います。




羽田空港第2ターミナル国際線施設増設工事の一部で工事の足場が取り除かれ始めるの編

2019/10/19
こちらは羽田空港第2ターミナル南側。
HND2019OCTH067R
以前からお伝えしています通り、来る2020年3月に向けて、国際線施設の増設工事が行われています。
鉄骨が一通り組みあがってからは、足場に囲われていて、外見からは大きな変化が見られなくなりました。

増設部分の国際線施設の建物は・・・。
HND2019OCTH075R
白い「X」型の骨組みで構成されているのが特徴的です。

増設部分の先端部分(旧国際線暫定ターミナル跡地)は・・・。
HND2019OCTH078R
ついに工事の足場が取り除かれ始めました。
この部分は普通の建物で、既に外壁が完成しているように見えます。
全体としても、だいぶ完成が近づいてきたようですねえ。

第2ターミナル内部の工事部分へ。
HND2019OCTH062R
こちらは相変わらずスクリーンが設置されていて変化なし。

増築エリアに近い、3FのUPPER DECK TOKYOも・・・。
HND2019OCTH063R
以前として、半分ぐらいの区画が工事の仮囲いに覆われています。
このあたりも、フードコートして復活するのか、別のものになるのか注目です。

2Fの出発ロビーをウロウロしていたところ・・・。
HND2019OCTH087R
むむっ!
とある変化点を発見。
さて、どこでしょう?

正解はこちら。
HND2019OCTH087R2
黄色で囲われた部分の館内案内板。

こんなような、デジタルな案内板に変わりました。
HND2019OCTH052R
タッチパネル式のディスプレイで、お店の名前をタッチすると、地図上に場所を示してくれます。
英語・中国語・韓国語表示にも対応。
これは便利です。

以前から、第1ターミナルの「ステーキ宮」近くに1台だけお試しで?設置されていたのが、ついに第2ターミナル出発階に出現、ということのようです。

左側のディスプレイには・・・。
HND2019OCTH058R
トイレや両替所、たばこ部屋などの場所も表示できます。
ピクトグラムが使われていて、言葉が分からなくても分かりやすい表示になっていました。

ちょうどイスラム系の方が「空弁工房」の場所を探すのに使っておられました。
「ハラル空弁」買いに行くのかな?
英語モードに切り替えて、無事所在地を見つけられたようで、良かったです。
ハラルやベジタリアン対応のお店の場所も表示できるとよいかもです。

じゃあ、第1ターミナル側も置き換わったのかな?と思って見に行ってみる。
HND2019OCTH109R
こちらは、まだ従来の案内板のままのところが残っていました。
そのうちこちらも、デジタル式のものに置き換わっていくことでしょう(たぶん)。

そして、こちらは第2ターミナルの地下1階。
HND2019OCTH099R
メルセデス・ミーのお隣の区画が工事中になっています。
以前は、コカ・コーラ推しのホットドッグ屋さん「HOT DOG EXPRESS」があった場所です。

「HOT DOG EXPRESS」は、2019/7/31をもって閉店。
囲いに「千疋屋」が描かれているということは、お隣の千疋屋が店舗を広げるということなのかしら?
一体何ができるのか、楽しみに待ちましょう。

ちなみに、この工事の囲いには・・・。
HND2019OCTH100R
羽田空港ターミナル2(T2)のシンボルマーク的なものが描かれていました。

本記事冒頭の国際線施設の外観をモチーフにしたもののようですね。

というわけで、2020年に向けて着々と改良工事が行われている羽田空港第2ターミナルでした。




羽田空港第2ターミナル国際線施設増築工事・おにぎり型の窓枠のようなものが登場の編

2019/08/25
この日の羽田空港第2ターミナル(ANA側)は快晴。
HND2019AUGQ018R
雲一つ無い、良いお天気です。
\( ^o^)/
ビールを飲みたくなるけど、ここはじっと我慢じゃ。

第2ターミナル出発ロビーには・・・。
HND2019AUGQ025R
出発口案内の垂れ幕に、ラグビーワールドカップ日本大会のPRを絶賛掲示中。
いよいよ9月20日の初戦が迫ってきましたね。
日本代表の活躍に期待しましょう。

で、本題へ。
HND2019AUGQ028R
第2ターミナル南側の国際線施設増築工事の様子。
一通り骨組みが組みあがってからは、外見からはあまり大きな変化が見られません。
内部構造や裏側など、ここから見えないところの工事が進められているものと思われます。

ただ、よーく見てみると・・・。
HND2019AUGQ033R
両脇の白い屋根の間に、おにぎり型の窓枠?のようなものが出来ていました。
特徴的なデザインです。

建物の先っちょの旧国際線暫定ターミナルがあった方面。
HND2019AUGQ036R
こちらは、照れ隠しカバーが無くなり、建物の外壁と窓が出来上がっているのが見えました。
外見上は、もう出来上がった感じに見えますが、内部はまだ工事中と思われます、たぶん。

というわけで、次第に完成形に近づきつつある羽田空港第2ターミナル国際線施設でした。
2020年春の完成が楽しみです。

その他の2020年に向けての羽田空港拡張工事の内容については、こちらの記事をどうぞ。
2020年に向けての羽田空港拡張工事の様子を改めてまとめてみた




羽田空港第2ターミナル国際線施設増設工事・白い屋根を取り付け中の編

2019/06/16
こちらは羽田空港第2ターミナル(ANA側)の国際線施設増設工事現場。
HND2019JUNEF043R
久しぶりにこの部分の現在の状況についてお送りいたします。

前回のレポートはこちら。
羽田空港第2ターミナル国際線施設増築工事・何やら白いものに覆われ始めるの編

最近は、この・・・。
HND2019JUNEF054R
5つある「X型」の骨組みのうちの4つに、白い屋根のようなものが取り付けられました。
一通り鉄骨が組みあがってしまったため、それ以外は外見上の変化は特にありません。

この白い屋根の部分は・・・。
HND2019JUNEF051R
風が吹くと、ひらひらとひらめいているので、柔らかい布のようなもののようです。
これが最終的な屋根になるのかどうか不明。

一番奥の「X」には・・・。
HND2019JUNEF060R
まだ白い屋根が取り付けられていない様子が分かります。
そのうち、ここにも白いものが取り付けられることでしょう。

さらにその奥のL字型に曲がっている部分。
HND2019JUNEF069R
最後まで組み立て中だったつなぎ目の部分の骨組みも、ついに一通り完成したようです。
大型クレーンに変わって小型のクレーンが活躍中。

そして、この部分は・・・。
T2-2020-v
以前は暫定国際線ターミナルがあった場所の現在の様子は・・・。

すっぽりとカバーに隠れてしまいました。
HND2019JUNEF067R
カバーの奥では、外壁や内装の工事が行われているものと思われます。

今度は建物の内側から、工事部分を眺めてみます。
HND2019JUNC039R
工事に面している部分は、依然として工事の仮囲いとスクリーンに覆われています。
この壁が取り払われる日がくるのが待ち遠しいです。

3Fのフードコート「UPPER DECK TOKYO」へ。
HND2019JUNE008R
工事現場に近い側にあるお店が閉店し、工事の仮囲いに覆われたまま。
イートインスペースは自由に使えるように開放されています。

そしてこの日。
HND2019JUNE011R
ついに「元祖寿司」が、工事中になっているのを発見。
公式サイトの情報によると、2019/6/10から7月下旬まで改装工事のため休業とのこと。
この「元祖寿司」は、第2ターミナル唯一の貴重な回転寿司屋さん。
完全閉店ではなく、リニューアル工事とのことで良かったです。

続いて、第2ターミナルの到着階1Fへ。
HND2019JUNC082R
一番南端(工事現場寄り)のところにあった「Tokyo Airport Kitchen」が、地味に閉店していました。
かなり前に、ここで「刀削麺」を頂いた記憶があり。
到着便がやってくる時間になると、お客さんでよく賑わっていた印象。

貼り紙によると・・・。
20190608_124103
「2019/3/31をもって閉店しました」とのこと。
こちらは、リニューアル工事ではなく完全閉店のようです。
お疲れ様でした・・・。

2020年に向けての工事の影響で、工事現場に近いお店の閉店やリニューアル工事が行われている羽田空港第2ターミナルでした。
最新情報は、羽田空港国内線の公式サイトの情報をご確認くださいませ。




羽田空港第2ターミナル国際線施設増築工事・何やら白いものに覆われ始めるの編

2019/04/20
こちらは2020年に向けて絶賛拡張工事中の羽田空港第2ターミナル南側。
HND2019APLJ172R
国際線施設の増築工事が進んでいます。

既に「X型」の骨組み5つが完成し「XXXXX」になったのは、前回の記事でお伝えした通り。
羽田空港第2ターミナル国際線施設増築工事・ついに鉄骨が「XXXXX」まで完成の編

ここまで来ると、だんだん前回との差分がよく分からなくなってきますが。

一番左の「X」の天井部分には・・・。
HND2019APLJ179R
なにやら白いシートのようなもの?で覆われていました。
ガムテープ?のようなものがくっついているように見えます。
この白いものが仮設のものなのか、最終的なものなのかは不明・・・。

次は、この繫ぎ目の部分。
T2-2020-con
クレーンを立てる場所を確保するため、今まで鉄骨の組み立てが後回しになっていた部分です。

この部分も・・・。
HND2019APLJ193R
奥の方から順番に鉄骨の組み立てが進んでいました。
でもまだ完成には至っていない様子。
ここを組み立ててしまうと、クレーンを立てる場所が殆んどなくなってしまうので、慎重に作業を進めているように見えます。

最後はこの先っちょの部分。
T2-end
旧暫定国際線ターミナルがあった区画です。

ここの鉄骨の組み立てはほぼ終わっており・・・。
HND2019APLJ187R
カバーが掛けられて、工事の様子がよく分からなくなりました。
いよいよ、鉄骨の組み立て工程が終盤に差し掛かろうとしているように見えました。
この後は、外壁や内部構造の工事等が行われていくものと思われます。

***

続いて第2ターミナル工事部分を内部から。
HND2019APLJ004R
南側の壁が工事の仮囲いで激しく覆われているのは、前回と同様。

2019/03下旬より。
HND2019MAYS223R
暫く改装工事で休業していた「讃岐うどん般若林」がリニューアルオープンしました。
イートインスペースのカウンター席が、ナウい(死語)感じになりましたね。

2019年3月には既に「WORLD WINE BAR」も新装開店済なので・・・。
HND2019MAYS220R
第2ターミナル3Fの「UPPER DECK TOKYO」は全6店舗体制にまで復活しました。
ただし、元禄寿司よりも奥の区画は、おそらくずっと工事中。
令和2年(2020年)3月の工事の完成を楽しみに待つことにしましょう。




2020年に向けての羽田空港拡張工事の様子を改めてまとめてみた

2019/03/08
来る2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、羽田空港のあちらこちらで機能強化のための工事が行われています。
そんな羽田空港大改造工事の様子をまとめてみました。

2019年3月現在、以下の「4大工事エリア(←勝手に命名)」にて大規模な工事が行われています。

  1. 第2ターミナル国際線施設増設工事
  2. 国際線ターミナル増築工事
  3. 国際線ターミナル隣接地(羽田空港跡地・第2ゾーン)開発工事
  4. 天空橋駅周辺(羽田空港跡地・第1ゾーン)開発工事

では、順に見ていきましょう。

(1) 第2ターミナル国際線施設増設工事

こちらは現在ANAの国内線がメインで使用している第2ターミナルの南側。
HND2019FEBJ076R
大型クレーン車により、マニヤックな形状の白い鉄骨が組まれています(2019/03/02当時)。
羽田空港国際線の便数増に対応するため、第2ターミナルにも国際線施設を作ってしまおう、という大工事。
2020年3月頃供用開始予定とのこと。

本ブログの関連記事は以下をどうぞ。
羽田空港第2ターミナル国際線施設増築工事・ついに鉄骨が「XXXXX」まで完成の編
羽田空港第2ターミナルに新設される国際線施設の完成イメージ図登場の編

日本空港ビルデング様のサイト:
日本空港ビルデング・株主投資家情報の「2018(平成30)年3月期決算説明会」

(2) 国際線ターミナル増築工事

こちらは、国際線ターミナル。
HND2019MARA213R
ターミナル本館の増築工事が行われています(2019/03/02当時の様子)。
今後の利用者増に対応すべく、チェックインカウンターの数を増やすのが主目的とのことで、2019年12月末完成予定。
さらに、2020年3月からは「国際線ターミナル」から「第3ターミナル」に名称が変わる予定になっています。
完成後がどうなるのか楽しみです。

関連記事:
羽田空港国際線再増築工事・屋根が組みあがってきたの編

さらにさらに、国際線のサテライト棟では・・・。
HND2019MARA036R
PBB (Passenger Boarding Bridge 旅客搭乗橋)を2基増設する工事が行われています。
「サテライトのサテライト」的なスペースが出来そうな雰囲気です。

関連記事:
羽田空港国際線再増築工事・一般道を跨ぐ搭乗橋を建設中の編

(3) 国際線ターミナル隣接地(羽田空港跡地第2ゾーン)開発工事

こちらは国際線ターミナルのお隣の「第2ゾーン」。
HND2019FEBJ144R
多摩川に近いエリアに、巨大な建造物を建設中。
ホテル3棟(合計約1700室)の他、商業施設、会議場、天然温泉の温浴施設、バスターミナルなどが出来て、国際線(第3)ターミナルと直結されるのだそうな。
こちらの工事の主体は、日本空港ビルデング様ではなくて住友不動産様。
このホテルや温泉が完成すれば、羽田の深夜早朝便利用時の前泊・後泊に便利になりそうです。

関連記事:
羽田空港国際線の団体バス乗り場が移設。羽田に天然温泉?国際線隣接地の未来をアレコレ調べてみた

住友不動産のサイト:
「羽田空港プロジェクト」のwebサイト

さらに多摩川には・・・。
HND2019MARA246R
対岸の川崎市とを結ぶ「羽田連絡道路」なる橋を架ける工事が行われています。
この橋ができれば、今はのどかな川崎市殿町エリアからも、羽田空港へのアクセスが容易になります。

本ブログの関連記事:
多摩川に架かる「羽田連絡道路」の完成予想図を見つけたの編

川崎市のサイト:
羽田連絡道路整備事業について

(4) 天空橋駅周辺(羽田空港跡地第1ゾーン)開発工事

こちらは天空橋駅付近の空き地。
HND2019MARA010R
「羽田イノベーションシティ」と名付けられたとのこと。
「先端産業拠点」「クールジャパン発信拠点」の他、イベントホール「ZEPP HANEDA」、ホテル「京急EXイン 羽田イノベーションシティ」など色々できるようです。

本ブログの関連記事
天空橋付近の「羽田空港跡地第1ゾーン」に何ができる?の編

大田区のページ:
「羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業)の整備・運営事業者による情報発信について」

鹿島建設のページ
鹿島の開発事業(下の方にスクロールすると、第1ゾーン開発計画の動画が見れます)

羽田イノベーションシティ公式サイト
Haneda Innovation City

2020年に向けての羽田国際線大増便関連の公式サイトは下記。

羽田空港広報協議会
「羽田国際線大増便!」特設サイト

というわけで、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、羽田空港がどのように変わっていくのか、今後も要注目です。




羽田空港第2ターミナル国際線施設増築工事・ついに鉄骨が「XXXXX」まで完成の編

2019/03/02
こちらは羽田空港第2ターミナル南側。
HND2019MARA085R
2020年に向けて、国際線施設の増築工事が行われています。

前回の記事はこちら。
羽田空港第2ターミナル・国際線施設増築工事「XXX」まで完成の編

「X型」の鉄骨の組み立てがかなり進捗し・・・。
HND2019MARA091R
奥の方まで「X」が増えている!

ということで・・・。
HND2019MARA097R
ついに「XXXXX」まで完成しました。
5つの「X」がカメラの画角に収まらないため、パノラマ撮影。

完成予想図でいうところの・・・。
T2-2020xxxxx
この部分の骨組みがほぼ完成したことになります。
かなり完成に近くなってキター感があります。

ただし、これで骨組みが全て完成したわけではなく・・・。
HND2019MARA106R
まだ組み立て中の部分もあります。

残された未完成部分は、完成予想図でいうところのこの部分。
T2-2020-con
雲のような建物と、右に飛び出てる部分の建物とのつなぎ目の部分です。
2つの建物を最後につなぎ合わせて完成、ということなのでしょう。

「右に飛び出てる部分」の建物。
HND2019MARA099R
こちらは既に骨組みがほぼ完成しているように見えます。
ここまで完成すると、外見からは変化が分からなくなってきます。

第2ターミナルの展望デッキへ。
HND2019MARA135R
ここからも、工事中の屋根の部分が少しだけ見えます。
ただしいつも逆光のため、写真が撮りにくい・・・。

この第2ターミナルの展望デッキには・・・。
HND2019MARA140R
「第2ターミナル国際線施設」の大きな完成予想図の壁画があり、参考になります。

この壁画をよーく見てみると・・・。
HND2019MARA143R
道路の標識まで細かく描かれています。
CGなのでしょうけど、かなりリアルです。

で、この道路標識をよーく見てみると・・・。
HND2019MARA142R
「国際ターミナル」と書かれているような感じが・・・。
工事か完成する頃には、今の「国際線ターミナル」は「第3ターミナル」に名称が変更される予定です。
この絵が描かれたときには、まだ決まっていなかったことなので、細かいことは気にしないことにしましょう。

で、今度は第2ターミナルの内側から見た工事部分の様子。
HND2019MARA117R
工事の囲いに覆われていて、謎のスクリーンが設営されています。

以前の記事でもお伝えしたとおり、この謎スクリーンでは、この工事の完成後のCG映像を見ることができます。
羽田空港第2ターミナル・国際線施設拡張部の完成後のCG映像を密かに上映?の編

最近は、毎時30分になると・・・。
HND2019MARA162R
第2ターミナル国際線施設の完成後のCG映像を見ることができます。
(館内には何の案内もないですが)

2019/03/02時点では、下記の内容で30分毎の上映でした。

  • XX:00 羽田空港の歴史の紹介映像
  • XX:30 第2ターミナル国際線施設の完成後のCG映像

ご興味のある方はどうぞ。
(上映スケジュールは、今後変わるかもしれません)

こちらは、第2ターミナル3F南側のフードコート「UPPER DECK TOKYO」。
HND2019MARA127R
「ミセス・イスタンブール」や「自由が丘バーガー」がリニューアル開店したのは、以前の記事でもお伝えしたとおりです。

しかしながら・・・。
HND2019MARA125R
最近になって、讃岐うどん「般若林」と「ワールドワインバー by ピーロート 」が改装工事中となりました。

羽田空港国内線の公式サイトの情報によると、

  • 讃岐うどん「般若林」は2019年3月下旬ごろからリニューアルオープン
  • 「ワールドワインバー by ピーロート 」は2019年3月上旬ごろからリニューアルオープン

とのこと。

その結果、2019/03/02現在のUPPER DECK TOKYOは・・・。
HND2019MARA132R
元祖寿司、HEALTHY TOKYO、自由が丘バーガー、ミセス・イスタンブールの 4店舗のみの営業となっております。
現在改装工事中の2店舗のリニューアルオープンが待ち遠しいです。

最後に、第2ターミナル北側の謎工事のご紹介。
HND2019MARA148R
上の写真の褐色の建物は、第2ターミナル直結の「羽田エクセルホテル東急」様の建物。

その北側の駐車場だったエリアに・・・。
HND2019FEBJ055R
以前から、謎の建物の建設工事が行われています。
第2ターミナルの出発後エリアが拡張されるのか、それとも単なる事務所なのか。
結構大きな建物ですが、一体何なのかは不明。
気になって夜も眠れません(本当か?)。

2019/03/03追記:
日本空港ビルデング様のページの「2018(平成30)年3月期決算説明会」資料によると「第2ターミナル事務室増床」とのことでした・・・。

今後の動向に注目したいと思います。




羽田空港第2ターミナル・国際線施設増築工事「XXX」まで完成の編

2019/01/13
こちらは、昨年度から絶賛工事中の羽田空港第2ターミナル南側。
HND2019JUNC052R
かなり骨組みが出来上がってきました。
現在はANA国内線がメインの第2ターミナルに、国際線施設を作ってしまおうという大工事の現在の状況です(2019/01/13)。

前回の記事はこちら。
羽田空港第2ターミナル・国際線施設拡張工事「XX」な骨格を組み立て中の編

完成予想図でいうところのこのあたりに・・・
T2-2020-xxx
「X型」の骨組みを組む作業が行われています。

2019/01/13現在では・・・。
HND2019JUNC058R
「XXX」まで完成していました。
着々と工事が進んでいるようです。

最終的には「XXXXX」になりますので、骨組みの完成度は60%?
ただし、見えない部分はどれぐらい出来上がっているかは分かりませんが。

さらにその奥の部分。
T2-xxxnn
残る2つの「X」が出来る部分はどうなっているのかというと・・・。

まだ直方体の鉄骨があるのみです。
HND2019JUNC078R
もうじき、この場所にも白い「XX」が登場することでしょう。

続いて、工事の端っこの部分へ。
T2-end
旧国際線暫定ターミナルがあった場所です。

このあたりも、最近になって急速に骨組みが出来上がってきました。
HND2019JUNC068R
ほぼ骨組みが組みあがった感があります。
4階建てになるっぽいです。
実物を目にしてみると、思ったよりも巨大な建物になる印象。

最後におまけ。

2018/12の「2タミ・サテライトチャレンジ」で小松空港から帰ってきた時に・・・。
T2-bus-1
沖止めの駐機場から乗ったバスから、裏側の工事の様子を見ることができました。

その当時の駐機場側から見た工事状況がこちら(2018/12/16)。
HND2018DECM075R
駐機場側には「X型」の白い骨組みは見当たらず。
なんと、非対称形の建物だったんですね。

一体どのような感じに出来上がるのか、2020年春の完成を楽しみに待つことにしましょう。