カテゴリー別アーカイブ: 羽田空港・1タミ・ラウンジ

羽田空港国内線・JALサクララウンジでジンジャーハイボールの編

2016/06/04
前回の記事の続きです。
朝のJAL国内線・サクララウンジでダラダラ中。
HND_KIX_2016JUN_007_S1
たまにはビール以外のお酒でも・・・。

ウイスキーもあります。
HND_KIX_2016JUN_004_S1
「サントリー・ROYAL」
朝からウイスキーいっとく?
いやー、ちょっとヘビーですね・・・。

こちらはソフトドリンク・サーバー。
HND_KIX_2016JUN_005_S1
ラインナップは・・・

  • リンゴジュース
  • オレンジジュース
  • 綾鷹(緑茶)
  • コカコーラ
  • コカコーラ・ゼロ
  • ジンジャーエール
  • リアルゴールド
  • 炭酸水
  • アイスコーヒー

とのこと。
これ以外にも、冷蔵庫に牛乳やミネラルウォーターもあります。

このとき、ふと「ひらめいた!」(暴れはっちゃく風)
ウイスキーとジンジャーエールを混合すれば「ジンジャーハイボール」が飲めるではないか。
「炭酸水」と混合すれば、通常の「ハイボール」なわけです。
その気になれば、「リアルゴールド・ハイボール」も可能です(試さないけど)
うーん今まで気が付かなかった・・・。

グラスの1/4ほどウイスキーを注ぎ、ジンジャーエールを注入。
HND_JUN_182_S3
おつまみのおかきと一緒に頂きます。
爽やかな炭酸の甘味とウイスキーの香りがたまりません。
アルコール濃度を自分で自由に調整できるのも楽しいです。
濃い目にしたい場合は、グラスの1/3ぐらいウイスキーにしてしまいましょう。
ただし、飲みすぎにはくれぐれもご注意ください。

というわけで、(既にご存知な方も多いとは思いますが)ラウンジでふと気が付いた小ワザでした。


羽田空港国内線サクララウンジで朝から飲酒しながら朝食の編2016

2016/06/04
羽田空港国内線第1ターミナル(JAL側)潜入記の「その2」です。
12:45発の関空行きに対して、現在時刻はまだ午前8:30ごろ。
朝ごはんを求めて、第1ターミナルの制限エリア内をウロウロ中。

お、空弁コーナー。
HND_JUN_079_S3
おいしそうな空弁が沢山。
既にどれも実食済みなので、制限エリア内ならではの朝ごはんを探すことにします。

第1ターミナル制限エリアの中央には「CAPTAINS’ TOKYO」なる賑やかなエリアがあり
HND_JUN_086_S3
お寿司屋さんや、お蕎麦屋さんが何軒かあります。
朝はメニューが限定されているものの、選択肢は色々あります。

一応JGC会員の端くれですので、ここはラウンジで朝食を食べながら、ビールでウヒヒ、といきたいところです。

前回の記事で限定品のソフトクリームを頂いた「Rose Bakery」へ。
HND_JUN_096_S3
ここで、同じ店員さんから、朝ごはんのサンドイッチとキッシュを購入。

それを持って、国内線のJALサクララウンジに突入。
HND_JUN_099_S3
ここに来るのも、約2年ぶりです。

広いラウンジ内は、前回来たときと同様な感じです。
HND_JUN_101_S3
旅行シーズンではない6月のせいか、お客さんは少ない模様。

では、早速生ビール自動注入器で・・・。
HND_JUN_159_S3
飲み放題ビールをグイーンといってみます。

ちなみに、この生ビール注入器は3台あり。
HND_JUN_157_S3
左から順に

  • サントリー・モルツ
  • キリン・一番搾り
  • アサヒ・スーパードライ

と、日本3大ビールメーカー揃い踏みとなっております。
でも、どれを飲んだかは失念・・・。

で、先ほどのお店で購入したキッシュと一緒に頂きまーす。
HND_JUN_161_S3
キッシュは冷めてはいるものの、具沢山でなかなか美味。
高密度な食品なので、見た目以上にお腹にたまります。
ビールが促進されます。

飛行機を眺めながら、ラウンジでひとり朝ビールしてダメ人間になります。
HND_JUN_111_S3
お天気も良く、サイコーです。

次回は、国内線サクララウンジの小ワザ(?)をご紹介の編


羽田空港国内線第1ターミナル・エアポートラウンジの編2014

2014/06/22
ゴールデンウィークに羽田からJAL利用で札幌へ行った際に、第1ターミナル制限エリア内にある、カード会社のラウンジ「AIRPORT LOUNGE」にも行っていました。
いまさらではありますが、当時のレポートです。

舞台は、2014/5/3 ゴールデンウィーク後半初日のお昼頃の羽田空港国内線第1ターミナルです。
IMG_20140503_083048.jpg
保安検査場を抜けて、制限エリア内のエアポートラウンジへと向かいます。

その入口がこちら。
IMG_20140503_090512.jpg
「NORTH」とあるように、同様なラウンジが南側にもう1箇所あります。

入口にある電子看板。
IMG_20140503_085142.jpg
大人1030円、子供520円で誰でも入場できます。
看板の説明にあるクレジットカードを持っている人は無料で入場可能。
○○ゴールドカードのように、年会費1万円ぐらいするカード所有者が対象です。
私はダイナースカードで入場させていただきます・・・。

受付で対象のカードと、搭乗が分かるものを提示して内部へ。
IMG_20140503_090641.jpg
中はそこそこ広いですが、JALの国内線サクララウンジほど広くはありません。
午前の出発便ラッシュが終わった後の時間帯だったせいか、そんなに混雑はしていませんでした。

テレビを見るスペースがあります。
IMG_20140503_090654.jpg
そういえば、JALの国内線ラウンジにはテレビを見る場所がなかったような・・・

A滑走路側に面していますので、窓の外にはヒコーキが眺められます。
IMG_20140503_090724.jpg
A滑走路の向こうには、拡張された国際線ターミナルも眺めることができて楽しいです。

壁で仕切られたプライベートなブースもあります。
IMG_20140503_090753.jpg
お仕事とか秘密の作業をしたい方も安心です。

ソフトドリンクコーナーへ。
IMG_20140503_090913.jpg
各種ジュース類やコーヒーを頂くことができます。

酒類は有料です。
IMG_20140503_091130.jpg
ビール各種(350ml) とウイスキーは税込で310円。
ワイン(赤:アベルネシーヴィニヨン、白:シャルドネ)は187mlで360円とのこと。
カマンベールチーズ鱈は150円。
(2014年5月3日時点の情報です)

無料のパンがありました。
IMG_20140503_090932.jpg
「ーお願いー 個数に限りがありますので、お一人様2個まででお願い致します」
とのこと。

ルールに従って、パン2つを頂きました。
IMG_20140503_091204.jpg
暖かいコーヒーと共に頂きます。
普通のパンでした。
パンだけでも無料の食べ物サービスがあるのはありがたいです。

マッサージチェアを1台発見。
IMG_20140503_091413.jpg
有料(100円)です。

ファミリーとかグループでくつろげそうなテーブル&ソファスペースもあります。
IMG_20140503_091450.jpg
空いているかどうかを受付で確認してから入るという作戦もあります。

ニュースは紙媒体派という皆様のために、各種新聞もあります。
IMG_20140503_091532.jpg
「持って帰ってはいけません」的な注意書きあり。
パンは2個まで、の注意書きといい、そんなにマナーの悪い人が多いのでしょうかね。
マナーは守りましょう。

窓際のビジネスデスクには、コンセント、有線LANケーブルがありました。
IMG_20140503_091711.jpg
パソコンやスマホの充電ができて便利です。
特に最近はスマホやタブレットが普及してきたので、ラウンジのコンセントは必須ですね。
以上、羽田空港第1ターミナルのカードラウンジ「AIRPORT LOUNGE」の様子でした。

同様に「AIRPORT LOUNGE SOUTH」もありました。
IMG_20140503_093643.jpg
ちょっと中を覗いてみましたが、同様な感じだったので中には入らず・・・。




羽田空港国内線のJALサクララウンジを利用してみたの編

2014/05/03
やっとやってきましたゴールデンウィーク。
仕事の関係で、休めるかどうか微妙でしたが、カレンダー通り休めることになりました。
ただ、前もって海外の航空券を買えなかったため、JAL利用で札幌に小旅行することに。

てなわけで、2014年のゴールデンウィーク後半初日の羽田空港国内線第1ターミナル(JAL側)にやってきました。

JALの国内線に乗るのは何年ぶりだろうか。
一応、JMBサファイア会員の端くれですので、混み合っている一般の保安検査場を尻目に、専用の保安検査場を通過できます。

専用の保安検査場は空いていて、すぐに保安エリアへ。

久しぶりだなあ、JAL国内線。
ところどころリニューアルされて新しくなっていました。

ターミナル保安エリアの中央部に、Captain’s Tableというエリアが出来ていました。

立食い寿司屋、ホットサンド屋、蕎麦とかいろいろ売ってる食べ物屋や、本屋、土産物屋などが集まっています。

その中のホットサンド屋で、朝食を購入します。

国内線のラウンジには食べ物があまりないですからねえ。

では、早速JAL国内線ラウンジ(南側)に突入します。

入口から入ってエスカレーターを上ります。
受付で搭乗券が入っているJALカードを読み取り機にかざすと、サクララウンジに促されます。
(超上級会員向けのダイアモンドプレミアラウンジも併設されています)

ラウンジ内の様子。

かなり広いです。
ゴールデンウィーク後半初日で空港は混み合っていますが、このラウンジは広くてゆったり、空いています。
しかもこれと同じ規模のラウンジが北側にもう一箇所あるので、繁忙期でも満席になることはなさそうです。

そこかしこにコンセントがあって便利です。

最近改装されたばかりのようなので、設備は新しいです。

ビールサーバーあり。

冷蔵庫の中のグラスを置いてボタンを押すと、自動的に注いでくれます。
このあたりの設備はANA国内線と同様です。

コーヒーサーバーとか、ソフトドリンクサーバーもあります。

冷蔵庫には牛乳や野菜ジュースもありました。

先ほど外のホットサンド屋で購入したBLTサンドをビールと共に頂きます。

朝からビール、最高です。
ホットサンドも出来たてのアツアツでおいしゅうございました。

窓の外には飛行機と、A滑走路の離陸機が眺められました。

さらに滑走路の向こうには、拡張された国際線ターミナルがみえます。

唯一の?食料・スナック菓子。

ビールのおつまみにどうぞ。
ガッツリと食べたい方は、外の売店で空弁を買ってくるのが良いと思います。

ラウンジの端っこに、「キッズラウンジ」を発見。

中は、絵本とか子供向けのアニメが上映されていたりとか、マットが敷いてあって遊べるようになっていたりとか。
丁度小さなお子さんが中で元気よくはしゃいでいました。
小さなお子様連れのかたには便利な施設です。

あとは、JALラウンジ名物のマッサージチェア(無料)とか。

南側ラウンジに2台、北側には6台ありました。

個室になって仮眠が取れそうなスペースもありました。

ちょっと暗くてわかりにくいですが、ソファーと足置き台があります。
コンセントもあって便利です。

あと、受付を通らずに直接搭乗口に出られる下りエスカレーターあり。

このエスカレーターを逆走すれば、ラウンジに侵入できるぜ!などとズルを考えてはいけません。
(そもそも自動ドアが開かないので外からは入れないようになっています)
一旦このエスカレーターからラウンジの外に出て、今度は北側のラウンジにいってみましょう。
まあ、同じような設備だとおもいますが。

その前に、今度は立ち食い寿司屋でお持ち帰りの太巻きを購入。

いや、ちょっと腹が減ってしまって・・・。
ラウンジに持ち帰っていただきます。

先程と同じように、北側のラウンジに通じるエスカレーターをのぼり、受付を済ませます。

受付に行くまでまのわくわく感がたまりません。

ラウンジ内はさっきの南側と殆どかわりません。

微妙にバーのレイアウトがちがいますが、サービスの内容は同じです。
ただ、マッサージチェアや寝られる個人ブースの数は北側のほうが多かったです。

まだ時間があったのでシャワー室を利用してみます。

受付でJALカードを渡して、搭乗時刻をチェックされたあと、シャワールームのカードキーを手渡されます。
そのカードキーを所定の場所に差し込むと部屋の中の灯りがつく仕組。
ホテルとかとおなじ要領です。

シャワーはホースノズルと、上からノズルがあります。

下側にレバーをひねると普通にシャワーノズルからお湯が出ます。
間違えて上側にひねると、いきなり上のノズルから冷や水が降ってきますので気をつけましょう。

シャンプー、リンス、ボデイソープは備え付けられています。

身体ふきタオル、バスタオルももちろん提供されます。
ただ、歯磨きセットやクシ、ひげ剃りはありませんので悪しからず。
あと、イスがないのもちょっと不便でした。

出力が弱そうなドライヤーもあり。

髪を洗っても乾かせます。
髪が長い女性は時間がかかるかもしれません。

シャワーを浴びてサッパリしたところで、先程購入した太巻きを、ビールと共にいただきます。

おいしゅうございました。
が、一切れがデカくて一口で食べきれず、中身の具材がぽろぽろ溢れて食べにくかったです。

そうこうしている間に、私が乗る千歳行きのボーイング777-300が到着です。

羽田空港、この日の外はとてもいい天気でした。
というわけで、初めてのJAL国内線ラウンジ体験でした。
改装して間もないこともあって、混雑なしで広々としていて快適でした。