「羽田周辺のお宿体験記」カテゴリーアーカイブ

お台場・大江戸温泉物語から早朝の羽田空港国際線へ行ってみるの編

2013/03/30
羽田空港国際線を早朝6:00台発の便がありますが、一体どうやって空港まで行けばよいのか?
迷っている方も多いことでしょう。
私もいつかは朝6:35発のシンガポール行きに乗ってみたいと思っておりまして、いろいろとその方法を調査しております。

前回は、「天然温泉 平和島」からの羽田への早朝無料バスを試してみました。
関連記事:天然温泉・平和島から早朝の羽田空港国際線に行ってみたの編

今回は、お台場の「大江戸温泉物語」から羽田への早朝無料バスを、(旅行に行くわけでもないのに)試してみることにします。

18:00ごろ。
東京臨海高速鉄道りんかい線の東京テレポート駅にやってきました。
IMAG4127.jpg
もうすぐ4月だというのに、寒いっす。

路線バスとかも来ているロータリーに、大江戸温泉物語の送迎バス乗り場があります。
IMAG4129.jpg
若者グループが多数バスを待っている様子。
混むのかな?

ほどなくして、無料送迎バス到着。
IMAG4130.jpg
小型のバスですが、なんとか全員乗れました。

ここでひとつ気になる点が。
スーツケースとか持ち込めるスペースがなさそうです。
(この日は下見でスーツケースを持っていないため、問題はないのですが)
スーツケースのために、一席占有してしまう形になりそうです。
その点が気になる場合は、ゆりかもめで大江戸温泉の最寄り駅「テレコムセンター」から徒歩で行くのがよいかもしれません。

5分ほどで、大江戸温泉に到着。
IMAG4131.jpg
いやーなんかワクワクしますね。
温泉であたたまるぞー

しかーし、中に入るとご覧のような長蛇の列。
IMAG4132.jpg
受付待ちの列です。

なんでこんなに混んでるの?
・土曜の夜
・春休み期間中
・18:00以降入場料がお安くなる
ということで、混雑しているようです。
前に来たときはこんなに混んでなかったのになー。
ここで諦めて家に帰ってもしょうがないので、靴を下駄箱に入れて列にならびます。

あと、下駄箱の横に、スーツケース用のロッカーがあります。
IMAG4147.jpg
料金は200円とのこと。
待ち行列は長いですが、グループ毎に受付を済ませていくので、回転は速いです。
20分ほどで受付へ。

私  「明日の朝、羽田に向かいたいのですけど」
従業員「予約はされてますでしょうか?」
私  「いえ・・・」(筆者注:満席だと乗れないので、3日前までに公式ページから予約しましょう)
従業員「少々お待ちくださいませ」

「羽田空港早朝便フライト前泊プラン」は、午前11時から滞在可能で、2800円とのこと。
しばらくすると「旅行お申込書」のような申し込み用紙がやってきます。
そこに、住所・氏名・青年月日・電話番号などを記入します。
バスはAM3:50発なので、AM3:40までには精算を済ませてロビーに集合、とのことです。
また、館内放送はないので、時間管理はお客様自己責任でとのことです、
寝坊しないようにせねば。

このあとは、ロッカーキーをもらって、中へ。
まずは、浴衣の種類を選んで男子のロッカーへ。
自分のロッカーの前で、浴衣に着替えます。
他のスパ施設とは違って、ロッカールームとお風呂場は直結していません。
一度、公共のスペース(おみやげ物屋とかお食事処)を経由して、浴室へと行く構造になっています。
素っ裸で公共スペースに出てしまわないように気をつけましょう(笑)

施設の中は大混雑でした・・・。
IMAG4133.jpg
桜(人工のもの)が春らしくていいですね。

客層は、春休みということもあってか、若者グループが多いです。
あと、欧米系の観光客や、中国や台湾、香港からの観光客も多いです。
足湯に行くと、香港から来ていると思われるファミリーが「ヤッ、イー、サーン(1,2,3の広東語)」と写真を撮っていました。
外国人観光客にも大人気のようです。

お風呂場(男湯)は、結構広いです。
温泉の浴槽もあって、ナトリウム-塩化物泉で温まります。
露天風呂もありましたが、若者グループが多数いて芋洗い状態だったため、諦めます。
サウナ風呂と、屋内の浴槽で温まりました。
しばらくすると、みるみる浴室内が混雑してきたので、脱出します。

風呂上りに、館内をウロウロしていると、居酒屋のようなカウンターを発見。
IMAG4135.jpg
テレビでプロ野球のオープン戦、巨人vs広島をやっていました。

ここは生ビールを飲まざるをえません。
IMAG4137.jpg
風呂上りに、プロ野球見ながら生ビール・プレミアムモルツ(600円)、うひひひ。

おつまみには、焼きそば 580円。
IMAG4139.jpg
ちょっと量が少ないですが、味はなかなかです。

その後、館内をウロウロしたり、リクライニングチェアでテレビを見たりしてダラダラとすごします。
それでも、混んでいるので、リクライニングチェアも満席でなかなか空きませんでした。
あと、リクライニングチェア備え付けのブランケットが、使いまわしなのがちょっと衛生面が気になりました。

夜11時ぐらいになると、今までお食事をとるところだった大広間が男性専用仮眠処となります。
IMAG4142.jpg
広間には多くのマットが敷かれ、多くの人々が横になることができます。

別の広間は同様に女性専用の仮眠処になっていました。
ここで仮眠してもよいですし、リクライニングチェアで寝てもよいです。
あと、追加料金(3680円、深夜料金含む)を払えば「黒船キャビン」というカプセルホテル(男性専用)に宿泊できるようです。

夜12:00ごろ。
マットが空いているうちに、大広間で就寝することにします。
大広間でたくさんのオヤジが寝ているわけですので、当然あちこちからイビキが聞こえてきます。
また、大広間の外では、若者たちが騒いでいますので、音が気になる人はなかなか寝付けないかもです。

夜3:20ごろ。
寝坊してはいけない、という警戒心もあってなかなか寝れませんでした。
が、自力でなんとか浅い眠りから目を覚まし、起床。
IMAG4144.jpg
テーブルがあるところでは、寝床にあぶれた人々、若者たちが談笑しています。
イスとかの上に横になって寝ている人々もいます。

混雑時は、横になるスペースが不足してしまうようなので、早めに寝床を確保するのがよいでしょう。
また、確保した寝床もトイレに立った隙に奪われてしまうこともあるので、トイレに行ってから寝床を確保するようにしましょう。
(荷物を置いて占領するのは禁止とのことです)

眠い目をこすりながら、ロッカールームで私服に着替え、お会計を済ませます。
私の他にも、羽田行きの早朝無料バスを待っている女の人が数名いました。

午前3:40ごろ。
建物の外にバスがやってきました。
IMAG4148.jpg
バスは、大江戸温泉の送迎バスではなく、他の観光会社のバスをチャーターしたもののようでした。
結構大きなバス(28席ほど)で、スーツケースなど大きな荷物を収納するトランクを備えています。

運転手さんに、受付のときにもらった乗車票を渡して乗り込みます。
IMAG4150.jpg
お客さんは、私以外に女性が5名のみでした。
羽田早朝発の韓国・仁川行きの飛行機に乗る韓流な人々と推測されます。

時刻通りAM3:50に出発し、早朝の湾岸線を疾走。
AM4:10ごろ、羽田空港国際線に到着しました。
IMAG4153.jpg
出発ロビーは、朝6時台発の便のお客さんで少しずつ賑わい始めていました。
この時間に到着できれば、朝6:10発のアシアナ航空の仁川空港行きにも余裕で間に合いますね。

ただし、みやげ物などのお店はほとんど空いていませんのでご注意ください。
IMAG4158.jpg
閑散としている江戸小路(AM4:30ごろ)
さー、家に帰るか・・・、と言っても、まだ始発電車が動いていません。

腹が減ったので、4つある24時間営業の飲食店のうちのひとつ、カフェ・カーディナルへ。
IMAG4169b.jpg
早朝便の出発待ちのお客さんで賑わっています。

サルサチーズ・ドッグセット。
IMAG4168.jpg
アツアツで出てきました。
意外にも、結構ウマいです。
いいお値段ではありますが、軽い朝食をとるならお勧めのメニューです。

朝食をとると猛烈に眠くなってきたので、空港のベンチで横になって就寝。
目が覚めると、外は明るくなっていました。
そのまま帰宅・・・。
以上、大江戸温泉から早朝羽田に向かうレポートでした。

気づいた点・まとめ
・大江戸温泉施設内は、良くも悪くも賑やか。
・エンタテイメント施設なので、観光気分が味わえて楽しい。
・その反面、おちついてゆっくり本を読むような場所は、ほとんどない。
・平和島はオッサン客が多かったが、大江戸温泉は若者グループや外国人観光客が多い。
・今回のように混雑していると、寝床を早めに確保しないと寝るところがなくなってしまうのが難。
・大きな荷物を持って、お台場までいく気力があるかどうか。
・大江戸温泉から空港までは、しっかりとした大きなバスでターミナルの目の前につけてくれるので楽ちん&安心。
・羽田の国内線には寄らないのでご注意を (2013/03/31現在)

その他の羽田空港国際線早朝便の利用方法はこちら
始発より前に羽田空港国際線に到着する方法まとめ


天然温泉・平和島から早朝の羽田空港国際線に行ってみたの編

2013/03/23
本記事は2013年3月当時のものですので、料金など一部情報が古いです。

2018/01/28追記:
施設リニューアル工事のため、2019/01/15~4月上旬まで閉館中とのこと。
ご注意ください。
詳しくは公式ウェブサイトへ。

2014年の新しいレポートはこちら
天然温泉平和島から早朝の羽田空港へ行ってみた2014

24時間空港となった羽田空港国際線。
しかし、まだ始発も動いてないような早朝時間帯に出発する便も多いので、「そんな時間にどうやって羽田に行けばいいのよ?」と困っている方も多いのではないでしょうか。
普通に近隣のホテルに前泊する、というブルジョワな手もありますが、朝早くにチェックアウトしてしまうので何かもったいない・・・。
そこで今回は、羽田の近くの平和島にあるスパ施設「天然温泉・平和島」に宿泊し、羽田への無料バスを利用するプランを(特に旅行するわけでもなく)利用してみることにしました。

まず、前日(2013/03/23・土曜)の夕方6時ごろ。JR大森駅にやってきました。
IMAG4046.jpg
大森駅に出口は2つありますが、東側の大きなバスターミナルがある方に出ます。

バスターミナルの6番乗り場から、平和島競艇場への直行バスが出ています。
IMAG4048.jpg
運賃は100円です。

が、バスの運賃箱の横にこのような券が置いてあります。
IMAG4050.jpg
これをゲットしておけば、あとで100円が返ってきます。
所要10分ぐらい。
直行バスなので、終点で下車します。

平和島競艇場のすぐ近くの「BIG FUN 平和島](ドンキホーテが入ったビル)の2Fに向かいます。
この日は平和島競艇の開催日ではなかったので、人は少なかったです。
ここにあるのが「天然温泉・平和島」の入り口。
IMAG4053.jpg
いわゆるスパ施設なわけですが、24時間営業で宿泊可能。
早朝には、羽田空港への無料バスも運行されている、ということなので、これを利用してみようというわけです。
公式webサイトはこちら

まず、入口から入って右手にある下駄箱に靴を入れて、鍵をフロントへ持って行きます。
フロントで料金ブランなどの説明がありますので、明日の早朝に羽田に行きたい旨を伝えます。
すると、「予約していますか?」と聞かれました。
このときは予約していなかったので「いいえ」と答えました。

webページによると、羽田への早朝無料バスを利用するには、前々日の2日前の18:00までに予約してください、とのこと。
今回はたまたま予約が少なかったので当日でも受け付けてもらえましたが、確実に乗りたい場合は予約しておくことをお勧めします。

通常コースは、7時間までの利用で平日1500円(土日祝日は1700円)で、1時間ごとに200円追加とのこと。
深夜0時から5時に滞在する場合は、上記に加えて深夜料金1000円がかかります(通常コースの場合)。
早朝に羽田に向かう場合は、通常ブランではなく「深夜パック・Flightコース 2900円」という特別コースを選べばOKです。(前日の18:00~早朝バス時間までの滞在)

羽田への早朝バスは、AM4:00発とAM4:50発の2便があり、どちらに乗りますか?と聞かれましたので、AM4:00のでお願いしました。

さらに、名簿のような紙に携帯番号と名前を記入します。
寝坊しそうになったら起こしてくれるのかな?
2900円は先払いです。
館内のお食事処などで飲み食いした追加代金は、チェックアウト時に精算します。
館内着・タオル・バスタオルの入ったカバンと、ロッカーキーを受け取ります。
あと、スーツケースなどの荷物も預かってもらえるようですが、預ける前に宿泊に必要なものは予め取り出しておきましょう。

あとは、ロッカーキーとカバンを持って、男女別のロッカー室へと向かい服を脱ぎ、ロッカーへ収納。
まずはお風呂で温まるもよし、館内着に着替えてダラダラするもよしです。

館内にはお風呂のほかにも、お食事処やTVつきのリクライニングチェアがたくさんある部屋、畳のごろ寝部屋など色々あります。
浴室には、ヘブラシやドライヤーはもちろん、歯ブラシセットとかヒゲそりおあります。

この日の私は、お風呂で温まったあと、お食事処で豚しょうが焼き定食 (880円・ご飯大盛り無料) と生ビールジョッキ435ml(580円)を頂きました。

夜の10時ごろ、リラクゼーションルームのリクライニングチェアは、土曜日というせいもあってか、9割ぐらい埋まっていました。
ビールで酔っ払ってなんとか寝ようとしましたが、いかんせんオッサンのいびきが気になってなかなか寝付けません。
まあ、この展開はある程度予想どおりでしたので、持参してきた耳栓などを駆使してどうにか寝付きます。
それでも、時々変なオッサンの寝言などで起こされましたので、あまりグッスリは寝られませんでした・・・。

早朝の3時30ごろ。
浅い眠りから覚めて、のそのそと起きだし、着替えてフロントでチェックアウトします。
(4:00発のバスに乗る場合は、3:50までにフロント前に集合とのこと)

「お待たせしました」

お店を出て、お店のおじさんについていきます。
建物の前には、温泉付属の専用ミニバスが停車していました。
IMAG4072.jpg

深夜4:00。
私一人を乗せて、バスは出発。
客、俺一人っすか・・・。
バスの座席数は約14。
車内はスーツケースなどを固定するための専用の台が備え付けられているという専用仕様でした。

深夜4時15分。
特に渋滞もなく平和島から約15分ほどで羽田空港国際線に到着。
IMAG4080.jpg
到着ロビーでは、ソファで寝て始発の電車を待つ人々が多数滞在中です。

出発案内板。
IMAG4081.jpg

本日(2013/03/24)の朝6時台の羽田出発便は下記の5便。
6:10発 アシアナ航空 OZ177 ソウル仁川行き
6:25発 ブリティッシュ・エアウェイズ BA8 ロンドン行き(この日は9:30発に遅延)
6:25発 大韓航空 KE720 ソウル仁川行き
6;35発 シンガポール航空 SQ635 シンガポール行き
6:50発 アメリカン航空 AA134 ニューヨーク(JFK)行き

4:15に羽田に到着できれば、上記の便にも余裕で間に合いますね。

始発電車が動く前でも、到着ロビーは多くの人々がいました。
IMAG4082.jpg
皆さんどうやってここまで来たんでしょうかね・・・。

シーンと静まり返った展望デッキも24時間開いています。
IMAG4096.jpg
外はまだ暗いです・・・。

腹が減ったので、到着階にあるカフェ・ピスタへ。
IMAG4102.jpg
24時間営業で、比較的空いています。

深夜4時半ごろ。
お店イチオシメニューらしい「豚肉うどん」650円
IMAG4101.jpg
深夜に食べるうどんは格別です。
あたたまるわー。
このあと、もの凄い睡魔に襲われてロビーのイスで夜明けまで就寝・・・。

気づいた点を以下にまとめます。
・前日に温泉やサウナでリラックスできるのがGOOD
・個室で寝られないので、いびき等が気になる人は寝られないかも
・でもお値段相応なので仕方なし
・ターミナルビルの目の前まで送ってくれるので、空港までの移動は楽チン。
・でも平和島まで行くのはちょっと面倒かも
といった感じでしょうか。
・とにかくコストを抑えた旅行にしたい人
・1人旅の人
・同性同士とか気の合う仲間同士でワイルドな状況に耐えられる人
向けでしょうかね。

温泉・サウナはいいのですが、ぐっすりと寝られる環境ではないので、カップルとかファミリーにはあまり向いていないのではないかと思います・・・。

羽田近辺のちゃんとしたホテルに宿泊したい方はこちら。
羽田空港周辺の宿泊施設の体験記

というわけでレポートは終了です。
よいご旅行を!

その他の羽田空港国際線早朝便の利用方法はこちら
始発より前に羽田空港国際線に到着する方法まとめ