羽田空港国際線にてサッカー日本代表・ロシアW杯出場決定の編

2017/08/31
サッカー日本代表、ロシアワールドカップ出場決定!
image
ヤッター!\(^o^)/
おめでとうございまする。

で。
それが羽田空港国際線と何の関係があるのかというと・・・。

8/31(木)の夜の羽田空港国際線4F「TIAT SKY HALL」では・・・。
HND2017AUG-055_R31
サッカー日本代表のロシアW杯アジア最終予選「日本 vs オーストラリア」のパブリックビューイングを実施。
しかも飲食物の持ち込み可能。
なんて素敵な企画なんでしょう。
この試合に勝てば、ロシアW杯本戦への出場が決まるという重要な1戦です。
これは是非とも見に行かねば!ということで、仕事をそっちのけで羽田空港国際線までやってきたのでした。

TIAT SKY HALLに到着したのは、午後8時前。
もうすでに前半戦が始まっています。
HND2017AUG-008_R31
え?立ち見の人がいるの?
入れるかな・・・。

なんと会場内は満員御礼。
HND2017AUG-010_R31
国際線の公式Facebookなどで事前に告知していたせいか、予想以上に賑わっています。
勤務を終えた空港関係者の皆さまの他、スーツケースを携えた旅行者の方やご近所の方々(推測)で一杯です。
スコアはまだ0-0。
皆さん食い入るように試合に見入っています。

マス・コミュニケーションの皆様もいらっしゃいました。
HND2017AUG-011_R31
実際にスポーツニュースで採用されるかどうかは、お客さんのリアクションの取れ高次第です。

会場の後方では・・・。
HND2017AUG-023_R31
なんと冷たい缶ビール、チューハイ、ソフトドリンクの販売コーナーがあり。
細かく稼ぎにきましたねえ。
前方の椅子に座って見ている人々にも、売り子さんが売り歩いていたりと、まるで野球場のような状態。
やはりお酒が買えるとなると、いやがおうにも盛り上がります。

・・・と、前半41分。
HND2017AUG-013_R31
長友のクロスに浅野があわせて先制ゴール!
大人しかった会場が、一気にヒートアップして大盛り上がりです。
やっぱり大勢で見ると楽しい♪

前半は1-0で日本リードのまま終了し、ハーフタイム。
HND2017AUG-019_R31
TIAT SKY HALL近くの吉野家で晩御飯。
ご飯を食べずに空港に来たのでお腹がペコペコです。
ここならグラスの生ビールが280円で飲めます♪

観客の皆さまには、応援グッズを配布。
HND2017AUG-048_R31
みずほ銀行様ご提供のW杯うちわです。
記念に持ち帰ろう。

ほろ酔い気分の後半37分。
HND2017AUG-027_R31
井手口のミドルシュートで追加点!
この時も大いに盛り上がりました。
これで2-0となり、日本のリードは2点に広がりました。
これで勝利はほぼ間違いないね。

ロスタイムは3分。
image
ワクワクしながら、その時を待ちます。

そして2-0のまま試合終了。
HND2017AUG-033_R31
勝利の喜びに沸く会場。
アジア予選グループBのトップでロシアW杯出場を決めました。
実に気持ちの良い勝ち試合を見ることができて、めでたしめでたし。

というわけで・・・
HND2017AUG-047_R31
日本代表の気持ちの良い快勝で、パブリックビューイングは終了。
仕事をほったらかして、はるばる空港まで見に来た甲斐がありました。
記念すべき勝利の喜びを、沢山の人と分かち合えて楽しかったです。
24時間オープンの羽田空港国際線なら、どんなに時差がある試合でもパブリックビューイングできそうですね。
今後のTIAT SKY HALLでのイベントにも期待したいと思います。


羽田空港の空弁「ANAのおいしいコレクション・スモークサーモンとクリームチーズのクロワッサンサンド」

2017/08/30
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナル到着階1Fの「ANA FESTA」で購入した、こちらの空弁です。

「ANAのおいしいコレクション・スモークサーモンとクリームチーズのクロワッサンサンド」 648円(税込)
soraben2017-001_R1
製造元は、ANAの機内食の製造を行っているANAケータリングサービス様。
商品名がやたらと長いです。
以前にご紹介した「タンドリーチキンのフォカッチャサンド」「ソフトサラミとタマゴサラダのフォカッチャサンド」と同じシリーズです。
これでようやく「ANAのおいしいコレクション」全3種類を制覇。

では蓋をオープン。
soraben2017-004_R1
前回までの2種類はいずれも「フォカッチャサンド」だったのに対し、本商品のみ「クロワッサンサンド」となっています。
箱の横幅が、他のものに比べてやや広めなので、ちょっとお買い得な感じです。

クロワッサンを少し広げてみると・・・。
soraben2017-005_R1
挟まっているのは、スモークサーモンのみではなく、クリームチーズも挟まっているのが分かります。
お味のほうは・・・。
クロワッサンがしっとりとしていて、冷えていても香ばしくて上品なお味。
スモークサーモンもよく味が染みていて美味です。
クリームチーズとの味のバランスもよく、どんどん食べられました。
「ANAのおいしいコレクション」シリーズ3部作の中で、一番のヒット作でした。
トースター等で温めてから頂けば、まさに「ファーストクラス」の味を再現できるかもしれません。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)


羽田空港国際線・羽田×歴博 夏休みイベント2017の編

2017/08/27
夏休み最後の週末の羽田空港国際線は・・・。
HND2017JUL-024_R31
国立歴史民俗博物館との合同イベント「羽田×歴博 Time Travel with REKIHAKU」を開催。
開催期間は8/25(金)~8/27(日)の3日間。
アカデミックな感じで来ましたね。

国際線4Fの広小路には、なにやら大掛かりなセットが出現。
HND2017JUL-030_R31
結構お金がかかっていそうです。

残念ながら、今回は江戸の町人の皆さんはタイムスリップして来ていません。
例年ならこの時期は「夏だ!はねだ江戸祭り」が開催されていたわけですが、今回は趣向を変えて来たということのようです。

んで、入口の右手にあるのが、屏風型の巨大LEDパネル。
HND2017JUL-026_R31
パネル間のつなぎ目がメチャ細く、屏風としての一体感がありました。
これは高そうだ。

左手にあるのは「障子行燈型影絵」。
HND2017JUL-033_R31
歴史博物館的な雰囲気を醸し出しています。
こちらもかなり大がかりな仕掛けです。
この「障子行燈型影絵」と「LED屏風」は、10/11まで展示されるとのこと。
さすがにこれらを3日間だけで撤収してしまうのはモッタイナイですからねえ。

4F江戸舞台では・・・。
HND2017JUL-059_R31
おめでと~ございます~。
って、染之助・染太郎ではなく「江戸太神楽」の曲芸パフォーマンスをやっていました。
「江戸太神楽」は何気に面白いので、ついつい見入ってしまいます。

何故か「名古屋おもてなし武将隊」のパフォーマンスもあり。
HND2017JUL-088_R31
織田信長、豊臣秀吉、織田信長のお三方(と足軽x2)が登場。
歴女?の方が沢山来ていて、手拍子したり「エイエイオー!」したりと、かなり一体感がある会場でした。
武将の皆さんは(1人を除いて?)イケメン揃いなので、女性に人気がある様子。
パフォーマンスの後は「からくり機(カメラ)」による記念撮影コーナーもありました。

5Fお祭り広場には「江戸図屏風(複製)」を展示。
HND2017JUL-065_R31
歴史民俗博物館の方による生解説を聞くこともできるという趣向となっています。

近くにはタッチパネル式の液晶モニタがあり・・・。
HND2017JUL-067_R31
江戸図屏風を自由に拡大・縮小が可能。
さらに、見ている部分の解説も表示されるというスグレモノです。
うーむハイテクじゃ。

4Fはねだ日本橋の下には・・・。
HND2017JUL-049_R31
「土蜘蛛草子」の絵巻物(複製)を実寸大で展示。
主人公の「源頼光」が土蜘蛛を退治して、河原に晒しものにしたというストーリー(かなり大胆に省略)。
オドロオドロしい巨大な土蜘蛛が、かなりリアルに描かれていました。
何故このような物語が生まれたのか、興味深いところです。

この手のイベントに欠かせない「スタンプラリー」もあり。
HND2017JUL-069_R31
「歴博クイズ」もあるよ。
スマホ使って調べればすぐに答えは見つかります(反則?)。

「スタンプラリー」と「歴博クイズ」を見事クリアーして・・・。
HND2017JUL-085_R31
縁日参加券と国立歴史民俗博物館(千葉県佐原市)の招待券をペアでゲット!。
でも果たして「国立歴史民俗博物館」に行く時はやって来るのだろうか?

縁日参加券を使って「千本釣り」をプレイ。
HND2017JUL-043_R31
この他に「輪投げ」と「射的」もあります。
でも「千本釣り」ならハズレが無く、何かしら貰えるのでオススメです。
ちなみに縁日参加券はターミナル内でお買い物することでも貰えます(500円で1枚)。

「千本釣り」でお菓子セットをゲット!
HND2017JUL-005_R32
久々に「うまい棒」を食べたかったところ。
大当たり(おもちゃがもらえる)よりも、こっちのほうがウレシイです。

TIAT SKY HALLでもイベントを開催中。
HND2017JUL-047_R31
内部が開放されていて、自由に出入り可となっていました。

その入口付近では・・・。
HND2017JUL-074_R31
1合瓶の日本酒専門店の「ICHIGOU」や秋田の特産品の販売コーナーなどがあり。

高知の特別純米酒「酔鯨(すいげい)」500円を購入。
HND2017JUL-008_R32
辛口でありながら、フルーティな香りのするよいお酒でした。

おまけで、アサリの佃煮を頂きました。
HND2017JUL-009_R32
おお~、これはアリガタイです。

ちょうどこの日のTIAT SKY HALLでは・・・。
HND2017JUL-006_R32
歴博イベントの一巻で、大曲の花火大会の生中継のパブリックビューイングがあるとのこと。
大曲では大会前日に大雨が降り、会場が水没したりしたものの、懸命の復旧作業により、予定通りの開催にこぎつけたとのこと。

アサリの佃煮を肴に日本酒をラッパ飲みしながら鑑賞しました。
HND2017JUL-013_R32
BSプレミアムで放映しているものを巨大スクリーンに投影。
なかなか迫力があり、お客さんも結構沢山来ていました。
きっと現地で見れば、もっと色鮮やかに見えるんだろうな~と想像。
8/28(日)は、長岡の花火大会(録画)の模様も放映するとのこと。
というわけで、この「羽田×歴博 Time Travel with REKIHAKU」は8/27(日)まで。




羽田空港国際線・ずんだ茶寮の夏季限定メニュー「ずんだかき氷」を食するの編

2017/08/26
連日、まことに暑い日が続きます今日この頃。
20170819_164703
年中涼しい羽田空港国際線ターミナル4F おこのみ横丁の「ずんだ茶寮」にて・・・。

夏のおすすめメニュー「ずんだかき氷 550円(税込)」を発見。
image
おそらく夏季限定の商品と思われます。
これは是非とも試してみなければ!(←限定されると弱いタイプ)

早速、激しく購入。
20170819_165146
上から順に・・・

  • ずんだホイップクリーム
  • ずんだペースト
  • かき氷+みぞれシロップ?
  • すんだペースト
  • かき氷+みぞれシロップ?
  • すんだペースト

といった層構成となっております。
「ずんだ」と「かき氷」の相性ってどーなのよ?と最初は思いましたが、意外とよく合います。
濃厚なずんだペーストに、爽やかな甘みのシロップのかかった「かき氷」がうまく溶け合っていました。
かなり手の込んだ一品なので、出来上がりまで3-4分ほどかかります。
「ずんだ」で、この暑い夏を乗り切ろう!という方は是非どうぞ。




羽田空港の空弁「羽田桶弁・たこめし」

2017/08/23
本日ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルで購入したこちらの新作空弁です。

「羽田桶弁・たこめし」 1080円(税込)
HND2017AUG-052_R3
製造元は安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
以前にご紹介した「羽田桶弁・深川めし」「羽田桶弁・黒べこめし」と同じ「羽田桶弁シリーズ」に新作が追加された形になります。
この「羽田桶弁シリーズ」、果たして今後どれだけ種類が増えていくのか、楽しみです。

早速蓋をオープン。
HND2017AUG-055_R3
炊き込みご飯の上に、ぶつ切りのタコがゴロゴロと。
タコは歯ごたえがあり、タコの香りが香ばしく食べ応えがあります。
炊き込みご飯は、ダシの味が良く染みていて、優しい味わい。
その上に、玉子焼きやゴボウ、しめじやシイタケなどの色々な具材が乗っかっていて、色々な風味を楽しむことができます。
まさに日本エアポートデリカ様お得意の?ヘルシー系空弁なのでした。
お肉などの脂っこいものが苦手な方にお勧めの空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)




羽田空港第2ターミナル・展望デッキの「ソラガーデン」にてフードメニューの提供が始まったの編

2017/08/21
こちらは、羽田空港国内線第2ターミナル(ANA側)5F・北側の展望デッキ。
HND2017AUG-059_R3
少し前から、やおら「ドイツビール」や「マンゴーかき氷」を販売し始めたのは、以前の以下の記事でお伝えしたとおり。
羽田空港国内線第2ターミナル・展望デッキにてプチ・オクトーバーフェスト?の編

先日、その後の様子を探りに行ってみたところ・・・。
HND2017AUG-058_R3
メニューを発見!(クリックで拡大できると思う)
以前は「ウエストパーク・カフェ スカイファウンテン」だったのですが、公式サイトによると2017/07/10をもって閉店したとのこと(涙)。
その後「ソラガーデン」という今のお店に変わったようです。
メニューはドイツビールとかき氷だけではなく、ソーセージなどのフードメニューも追加されていました。
前回訪問したときは、まだお店の準備が整っていなかったのですね。
先走った記事を書いてしまって、すみませんでした。

というわけで、再度「ソラガーデン」へ。
HND2017AUG-060_R3
曇り空でやや蒸し暑いものの、お外で飲み食いするにはちょうど良い気候です。
数名のお客さんが並んでいるのは、人気があるから、というよりは、店員さんが一人しかいなかったから・・・。

店頭には・・・。
HND2017AUG-061_R3
おお~、オツマミメニューがそこそこ充実。

  • 農家のベーコン 700円
  • ドイツフランク 500円
  • 本場スモーク・ターキーレッグ 900円
  • 生ハム盛り合わせ 500円

などなど。

「枝豆」などもあります。
HND2017AUG-063_R3
なかなかいい感じではないですか。

「光る電球ソーダ」もあり。
image
最近、お祭りの屋台等でもよく見かけますけど、流行ってるんですかね?

カウンターには・・・。
HND2017AUG-062_R3
「ラーデベルガー」のサーバーがありました。
この「ラーデベルガー」と「レーベンブロイ」は、生ビールで頂くことができるとのこと。
それ以外のドイツビールは、瓶でのご提供ですのでご注意ください。

「光る電球ソーダ」の見本もありました。
image
うーん、おじさんにはあまり魅力が感じられない・・・。

というわけで「ラーデベルガー(生)」 700円をゲット。
HND2017AUG-002_R3
生ビールではあるものの、本物のグラスではなくて、なぜかアサヒのプラスチック・カップに注がれてきました。
(アサヒビールは売ってないような?)
やや苦みがありつつも、スッキリとフルーティな香りがするピルスナーでした。
結構好きな味かも。

そして、おつまみは「ドイツフランク 500円」
HND2017AUG-007_R3
マスタード、ケチャップつき。
なぜか「UPPER DECK TOKYO」のお箸がついてきます。
あまり酸っぱくないザウアークラウトもついてくるのがウレシイです。
で、ソーセージはドイツの駅の売店でもよく見かける白い焼きソーセージですね。
以前にドイツに旅行したときに良く食べてました。
「パンに挟んで(mit Brot)」オプションはありませんので悪しからず。
ただレンジでチンしたせいか、焼きたてのパリッと感はなく、しっとりした感じです。
でもお味のほうは、アツアツ・ジューシーで美味しゅうございました。
ビールのオツマミにピッタリです。

C滑走路を眺めながら、カンパーイ。
HND2017AUG-003_R3
昼間っから、飛行機を見ながら飲むビールは最高。
ちょっと蒸し暑いですが。

ちょうどその時・・・。
HND2017AUG-008_R3
C滑走路から、ルフトハンザのボーイング747-8 フランクフルト行きが離陸する様子が見られました。
くぅ~、アレに乗って本場のドイツビールを飲みに行きたいな~。

というわけで、この第2ターミナル展望デッキに新規オープンした「ソラガーデン」の営業時間は・・・。
image
午前10時から午後8時までとのこと(展望デッキそのものは午前6時半から午後10時まで)。
以前の「ウエストパークカフェ スカイファウンテン」よりも、夜遅くまで営業するようになったのがウレシイです。
夜風に当たりながら、空港の夜景を眺めながらドイツビール、というのも良いかもしれません。
ドイツビール好きな方は是非どうぞ。




羽田空港国際線・京急線のインフォメーションカウンターがリニューアルオープンするの編

2017/08/19
こちらは、羽田空港国際線2F到着階にある京急の切符売り場付近。
HND2017AUG-023_R3
今まで工事の仮囲いで囲まれていたインフォメーション・カウンターの改修工事が終わったようです。

工事が始まった頃の様子はこちら
羽田空港国際線・2F到着階の京急線のインフォメーション・カウンターの改修工事が始まるの編

パッと見た感じ、大きく変わった感じはしないものの・・・。
HND2017AUG-025_R3
横から回り込んでみると、カウンターが奥方向(写真の右手方向)に拡張されたようです。
到着のお客さんが多い時間帯になると、今までは訪日外国人客の行列が出来てしまうこともしばしば。
今回、カウンターが広くなったおかげで、少しでも待ち行列が解消されると良いですね。

さらに、インフォメーションカウンターの奥には・・・。
HND2017AUG-024_R3
Travelexの両替所が新しく出来ました。
電車の切符を買う時になって、日本円の現金が必要になったお客さんにとっては確かに便利かも、です。
(今までは到着口近くの両替所まで戻らなければならなかった)
2020年の東京オリンピックに向けて、少しずつ訪日外国人向けの機能の拡充を図っている羽田空港国際線でした。

***

おまけで、訪日外国人様ご案内体験シリーズです。

少し前に、国際線の京急線のプラットホームにて帰りの電車を待っていた時のこと・・・。
HND2017-008_R6
東南アジア系の女性の方から、英語とスマホを駆使して「東銀座に行きたいのだけど、次の列車に乗ればよいのか?」と訊かれました。

ええと、次の電車は・・・。
HND2017AUG-001_R4
エアポート快特青砥行き。
これは手ごわい。
コイツは東銀座を通過してしまいます。
でもそんなの初めて日本に来た外国人が分かる訳がナイわけです。
うーん、なかなか説明がムズカシイな・・・。
ちゅうか、京急の路線て、都営浅草線への乗り入れ具合が色々あって複雑すぎるんですよ~。
横浜方面に行ってしまう電車もあるし。

私 「ユーキャン・テイク・ネクストトレイン・トゥー・ゴートゥー東銀座」
アジア女性 「OK」
私 「ハウエバー、ユーニードトゥ・ゲットオフ・アット・新橋ステーション。アンド、テイク・ネクストトレイン(汗)」
アジア女性 「???」

都営浅草線の「東銀座」は「新橋」の次の駅なわけですが、次のエアポート快特は東銀座を通過してしまいます。
なので一旦「新橋」で降りて、各駅停車に乗り換えなければならんわけですが、「通過する」とかを説明する語彙がパッと思いつかず・・・。
女性が持っていた路線図を指さしながら、身振り手振りでなんとかご説明いたしました。

アジア女性 「Thank you~」

京急の切符売り場横の案内所のみならず、地下のプラットホームにも、外国語が出来るご案内の方がいてあげた方がよいのでは・・・と思う今日この頃なのでした。




羽田空港国際線・4Fおこのみ横丁に「テーブル」登場。そして木村屋閉店の編

2017/08/18
羽田空港国際線は、朝顔の装飾で夏の装いです。
HND2017JUL2-397_HF2
今年も去年と同様、4F江戸小路を中心に朝顔(造花)が沢山飾られました。
「風鈴」も飾られていて、涼し気な音色がチリンチリンと響き渡っています。

涼し気な音色・・・?
HND2017JUL2-399_HF2
屋内だから、風は吹いていないけど。
一体どこから聞こえてくるのだろう?

あった!
HND2017JUL2-400_HF2
なんと、朝顔の下に隠されたスピーカーとプレーヤーから「チリン、チリン♪」という音を奏でていたのでした。
去年は送風機を使って、風鈴に風を当てて鳴らしていましたが、今年は電子的な手法で来ましたね。
こちらのほうが、風鈴を傷めずに済む?ということなのだろーか。

こちらは同じく国際線4Fのおこのみ横丁。
HND2017JUL2-417_HF2
ここも朝顔と風鈴の装飾が多数配備されており、華やかで涼しげな雰囲気となっております。

で、ここ「おこのみ横丁」には・・・。
HND2017JUL-037_FR1
2017年7月下旬ごろから、待望の「テーブル」が設置されました。
このおかげで、近くのテイクアウトのお店で買ったものを「テーブル」の上に置いて落ち着いて頂くことができます。
これはアリガタイです。
今までは赤い椅子しか無く、体をよじるようにして「だし場日本橋」のお味噌汁を頂いたりしていましたからねえ。

ただし、訪日外国人客の皆様におかれましては・・・。
HND2017JUL-035_FR1
食べ終わった器を処分するという習慣がないのが課題です。
定期的に誰かがテーブルの上をキレイにしてあげなければなりませぬ。
ちなみにこの椅子の赤い布は、定期的に取り換えて洗濯しているのだとか(って交換係?のおじさんが言っていた)。

おこのみ横丁の端っこにも・・・。
HND2017JUL2-414_HF2
立ち食い用の小型テーブルが設置されました。
テーブルがあるだけでも助かります。
これで、少しでもお店の売り上げが延びることを期待しましょう。

しかしながら・・・。
HND2017JUL-033_FR1
おこのみ横丁の店舗の一つ「木村屋」さんにシャッターが。
なんということでしょう。

こういう時は、シャッターの貼り紙をチェックするのが鉄則。
HND2017JUL-032_FR1
貼り紙によりますと・・・

「銀座木村屋」閉店のお知らせ
「銀座木村屋」は、勝手ながら平成29年7月31日を以って閉店いたしました。
長らくご愛顧賜りまして、誠にありがとうございました。
出国エリア内「OKASHIKOBO」では、引き続き「銀座木村屋」のパンを販売しております。
今後ともご高配賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます

とのこと(涙)。

「木村屋」は銀座に本店を構える、「あんぱん」が有名な老舗のパン屋さん。
ホイップクリームの入ったあんぱんが美味しかったのですが・・・。
ともあれ、次はどんなお店が入店するのか、楽しみに待つことにしましょう。




羽田空港の空弁「銘店コラボ・おにぎらずし」

2017/08/16
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第1ターミナルの「Smile Tokyo」で発見した、こちらの空弁です。

「銘店コラボ・おにぎらずし」 810円(税込)
HND2017JUL-044_RNZ
製造元は株式会社若寅・葛飾工場様。
以前にご紹介した「おにぎらずし5種」「おにぎらずし 鮭ハラス・煮穴子」と同じシリーズになります。
「空弁工房」などのメインの空弁売り場ではあまり見かけない、流通量少な目のマイナー系空弁?です。

  • ふっくら穴子の「若寅」
  • 高級玉子焼きの「つきじ丸武」
  • 佃煮の「羽田大谷」

の3社がコラボした商品とのこと。
なかなか力が入っていますねえ。

外側のパッケージを取り外してみると・・・。
HND2017JUL-047_RNZ
3種類の「おにぎらずし」が姿を現しました。
写真では分かりにくいですが、外側のパッケージに対して、内側の容器は2周りぐらい小さめです。
なので思ったよりも量が少ない印象・・・。

では、いただきます。
HND2017JUL-053_RNZ
おにぎりではなくて、ゴハンをプレスするようにしてサンドしたものなので、少し変わった形状となっています。
酢飯のお味がやや濃いめ。
ご飯がしっかりと詰まっているので、思ったよりもお腹に貯まります。
香ばしい穴子や、上品な甘みの玉子焼き、濃厚な旨味が凝縮された佃煮、と、色々な味が楽しめました。
お箸を使わないので、出発前に気軽につまめるのが良いかもです。
日本酒にも合いそうな感じですので、お酒のお供に是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)




羽田空港国際線・2017年春リニューアル工事後の本館側SKY LOUNGEに潜入の編

2017/08/13
7月の某日に、羽田空港国際線から海外出張する機会がありました。
今年(2017)の2月から3月にかけてリニューアル工事が行われたという、本館側の「SKY LOUNGE」に潜入して参りましたので、そのレポートです。

中央保安検査場のイミグレを抜けると・・・。
HKG2017AUG-031_R1
ドーンと、上りエスカレータが登場。
旅行ならここでワクワク感が盛り上がるわけですが、今回はお仕事なのであまりワクワク感はなし。

このエスカレータを上った先に「TIAT LOUNGE」と「SKY LOUNGE」があり。
HKG2017AUG-030_R1
「TIAT LOUNGE」は、ANA・JAL以外のいくつか航空会社とマニヤックなカード会社のラウンジなので、普通は入れません。

今回は、会社から支給された某カードで無料で入れる「SKY LOUNGE」へ。
HKG2017AUG-009_R1
所定のカードをもっていなくても、1030円を支払えば誰でも利用できます。
24時間営業なので、深夜・早朝のLCCに乗るときにも利用できて便利です。
ラウンジへの入場条件の詳細は、こちらの公式サイトをどうぞ。

まずは入って左側にある受付へ。
HKG2017AUG-037_R1
(別の日の夜に行ったときの写真)
チケットと所定のカードを見せるか、1030円を支払いましょう。

右手の「SKY LOUNGE」へと促されます。
HKG2017AUG-008_R1
受付しないで、いきなり中に入ろうとすると、不審者扱いされますのでご注意ください。

ラウンジ見取り図を激しくチェック。
HKG2017AUG-026_R1
うーむ、リフレッシュ工事前と広さはあまり変わらないような・・・。
リフレッシュ工事後も、この本館側のSKY LOUNGEにはシャワーはないままでした。
シャワー(有料)を使いたい方は、別館側の「SKY LOUNGE ANNEX」へどうぞ。

ちなみにリフレッシュ工事前(2014年11月当時)の本ラウンジの様子はこちら。
羽田空港国際線・改修後の「SKY LOUNGE」(本館)に入ってみたの編
見比べながらお楽しみください。

ではラウンジ内へ。
HKG2017AUG-025_R1
広さは変わりませんが、椅子の種類と配置が変わりました。
過去の写真と見比べないと違いが良く分かりませんが・・・。

窓際のカウンター席は・・・。
HKG2017AUG-028_R1
テーブルの高さが低くなって、座りやすくなりました。
以前はもっと高い椅子だったはず。

窓の外には、A滑走路を離着陸する機体が見えます。
HKG2017AUG-024_R1
展望デッキの飛び出している部分の下の階にあるので、見晴らしはなかなか良いです。

新聞・雑誌類も各種あり。
HKG2017AUG-017_R1
ラウンジでダラーッとしながら新聞を広げるオヤジも多数。

こちらは、別の日の夜の様子。
HKG2017AUG-036_R1
夜7時前後だと、まだ出発便が少ないため、お客さんは少ないです。

ラウンジの隅っこの天井2箇所にテレビがあり。
HKG2017AUG-025_R1
ビートたけし師匠の「反撃だ」人形は健在でした。

各座席には、サイドテーブルと充電コンセントあり。
HKG2017AUG-030_R1
以前はどうだったか記憶にないですが・・・。
やはり充電コンセントがあると、ワクワク感がアップしますね。

部屋の奥の方にあったカウンター席はなくなり・・・。
HKG2017AUG-035_R1
こちらもソファー席になりました。
静かで落ち着いた雰囲気です。

飲み物コーナー。
HKG2017AUG-023_R1
各種ソフトドリンク、グレープフルーツ、トマト、オレンジ、アップルジュースは以前と変わらず。
手前のアイスコーヒーとミルクは初登場のような。

ホットコーヒーメーカーもあり。
HKG2017AUG-026_R1
薫り高いコーヒーを頂くことができます。

残念ながら酒類は有料です。
HKG2017AUG-020_R1
生ビールは500円より。
赤・白ワイングラスは450円とのこと。

食べ物も有料。
HKG2017AUG-021_R1
おにぎり2個+味噌汁セットが500円とのこと。
実際に注文している人は見かけませんでしたが・・・。

ラウンジ奥の通路を進むと・・・。
HKG2017AUG-022_R1
お楽しみの(?)リラグゼーション・コーナーがあります。

足置き台付きのソファが4脚あり。
HKG2017AUG-019_R1
工事前は、昔からあったネズミ色の四角いソファでしたが、新しいものに変わったようです。
運良くゲットできれば仮眠することも可能。
でも4席しかないので、競争率は高そうです。

さらにその奥には・・・。
HKG2017AUG-021_R1
喫煙室がありました。
ここも以前からあったものなのかどうかは不明・・・。

というわけで、2017年2-3月のリフレッシュ工事後の本館側SKY LOUNGEの潜入記でした。
シャワールームでも増設されたのかと思いきや、そういうわけでもなく、思ったよりも地味なリフレッシュ工事だったようです。
ただ、この本館側「SKY LOUNBE」は、リニューアルされたとは言え、別館側にある「SKY LOUNGE ANNEX」よりもかなり狭いです。
「ANNEX」が開いている時間帯(7:00-25:00)は、そちらに行かれることをお勧めします(少し遠いですが)。




羽田空港に関するお役立ち情報、ラウンジ情報、空弁実食情報、深夜の過ごし方など