羽田空港国際線・到着階のシャワールームを利用してみるの編2015

2015/08/01
以前の記事「羽田空港国際線・カンタス航空、羽田就航の編」の取材で、羽田空港国際線に深夜滞在した際、久しぶりに2F到着階のシャワールームを利用してみましたので、そのレポートです。

2013年4月27日に、現在の位置に移転した時の記事はこちら。
羽田空港国際線・シャワールームが移転されたの編

こちらが羽田空港国際線2F到着階にあるシャワールーム入口。
HND_2015AUG_012_R
24時間営業ですので、深夜でも早朝でも利用可能。
利用料金は2013年の移転・開業当時の「30分1000円」から、消費税増税の影響で「30分1030円」に値上げされました。
15分延長するごとに520円の追加料金がかかります。
他に何か変わったところがないかチェックしてみようと思います。

利用したのは8/1(土)の23時半ごろ。
HND_2015AUG_IMG_20150807_233237_R
22時台の到着便が集中している時間帯の後なので、羽田到着後にシャワーを浴びようという人々で満室の様子。
「ただいまの待ち時間の目安:30分」との貼り紙あり。
そんなことには怯むことなく受付へ突進します。

私「シャワー利用したいんですが・・・」
受付「10分ほどお待ちになりますけど、よろしいでしょうか」
私「はい、構いません」

思いのほか短い待ち時間で済みそうでよかったです。

こんなような整理券を受領。
HND_2015AUG_001_R
シャワー室が準備できたら、携帯で呼び出してくれるとのこと。

10分程度なので、SHOWER ROOM内の待合室で待つことに。
HND_2015AUG_IMG_20150807_234113_R
清潔で落ち着いた感じです。
複数人で利用した時の待ち合わせに便利です。

待合室には到着・出発案内とテレビあり。
HND_2015AUG_003_R
テレビは以前無かったような・・・?
待っている間の暇つぶしになるので有難いです。

10分後。
HND_2015AUG_005_R
順番が来たので、受付で1030円を先払いし、キーを受け取ってシャワー室へ。
お隣のカフェ「ピスタ」の無料ドリンクサービス券を貰えるのは、以前と変わらずです。

館内の見取り図。
HND_2015AUG_006_R
シャワー室はA~Nの14室あり。
トイレもあります。

シャワー室内の様子。
HND_2015AUG_009_R
設備はとくに以前と変わりません。(そりゃそうか)
もちろんタオル・ドライヤーは完備ですので、手ぶらでも利用可能です。

以前は無かった「椅子」も設置されました。
HND_2015AUG_007_R
靴置き用のトレイがあるのは以前と変わらず。

シャワーブース内の様子。
HND_2015AUG_008_R
清潔でお湯の出も問題ありません。

シャンプー、ボディーソープ、コンディショナーの銘柄が変わりました。
HND_2015AUG_IMG_20150807_234802_R
まあ、どうでもよい事ですが・・・。

入口の案内にも掲示されていますが、以下のアメニティ類のご用意はないとのこと。

  • 髭剃り
  • 歯ブラシ
  • メイク落とし
  • 洗顔フォーム
  • その他

必要な場合は、持参してくるか1Fのローソンで探してみましょう。

シャワーを浴びてサッパリした後は、お隣のカフェ「ピスタ」でサービスのドリンク券を使って冷たい飲み物を頂けます。
空港料金でややお値段は高めですが、国際線到着後あるいは出発前に汗を流してサッパリできる貴重な施設です。

その他の羽田空港内のシャワー設備については、こちらをどうぞ。
羽田空港でシャワーを浴びることができる場所

羽田空港国際線・早朝出発便の利用方法はこちら
始発より前に羽田空港国際線に到着する方法まとめ

羽田空港国際線・深夜到着便の利用方法はこちら
終電より後に羽田国際線に帰国した場合まとめ