羽田空港・今年の10大ニュース2017

2017/12/31
いよいよ2017年も残すところあと1日となりました。
今年も、あっという間の1年間でしたね。
羽田空港にとって、2017年はどんな年だったのかを、独断と偏見のランキング形式で振り返ってみることにします。

第1位:第2ターミナル南ピア側にて国際線施設の増設工事始まる

来る2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、国際線発着枠の増大に対応するため、第2ターミナル南側に国際線施設を増設することが決定。
2017年10月より正式に工事が始まりました。
2020年3月に完成予定とのことですが、今の国際線ターミナルと第2ターミナルの2か所に国際線施設が分かれるため、一体どんな構造になるのかが興味深いところです。

関連記事:
羽田空港・旧国際線ターミナル跡地付近で何やら工事が始まった?の編
羽田空港第2ターミナルに新設される国際線施設の完成イメージ図登場の編
羽田空港第2ターミナル国際線施設増設工事・大型クレーン車登場の編

第2位:「京急EXイン羽田」開業

2017/10 に開業した羽田空港から最も近い(空港敷地内のホテルを除く)ホテル。
無料送迎バスもあり、羽田空港の深夜・早朝便利用時の前泊・後泊に便利です。
開業後すぐに筆者も宿泊し、幸運にも飛行機がよく見えるお部屋に宿泊することができました。

関連記事:
羽田空港に一番近いホテル「京急EXイン羽田」いよいよ開業の編
京急EXイン羽田・宿泊体験記その1 チェックインするの編
京急EXイン羽田・宿泊体験記その2 ホテル内施設とご近所をウロウロするの編
京急EXイン羽田・宿泊体験記その3 ホテルの朝食と無料シャトルバス体験の編
京急EXイン羽田・宿泊体験記その4 羽田空港国際線のサテライト棟側が見える風景

第3位: 国際線ターミナルにアームレスト付きの椅子が出現

国際線・深夜滞在派にとっては悲しいお知らせ。
国際線ターミナル・出発前エリア内の椅子の半数以上が「アームレスト付き」の椅子に置き換わり、横になりにくくなりました。
羽田空港国際線で夜明かしを企てている方々へのお知らせの意味も込めて3位とさせて頂きました。
まだ少数ながら、アームレストなしの椅子も残っているところがありますので、どうしても椅子で寝たい方は早めの時間にどうぞ。

関連記事:
羽田空港国際線に「アームレスト付き」の椅子が出現の編
羽田空港国際線・深夜滞在派の方はご注意。アームレスト付きの椅子が増殖中の編

第4位:国際線ターミナル出発前エリアに「充電ポール」登場

国際線ターミナルの出発前エリアにおいても、ACコンセントと充電用USBポートを備えた「充電ポール」が一部のエリアに登場しました。
こちらは深夜滞在派にとっては嬉しいニュースです。

関連記事:
羽田空港国際線・到着階2Fに「充電ポール」現るの編
羽田空港国際線・早くも藤棚が登場して、出国前エリアの充電ポイント増殖の編

第5位: 国内線ターミナルのカードラウンジが「Power Lounge」にリニューアルされる

老朽化しつつあった国内線第1/第2ターミナル保安エリア内のカードラウンジをリニューアル。
充電コンセントを各席に備えるなどの改修が行われて、より快適・便利になりました。

関連記事:
羽田空港国内線・第2ターミナルの「POWER LOUNGE」を利用してみたの編

第6位: ニュージーランド航空・オークランド-羽田線の新規就航

既に処理能力の上限に達しつつある羽田空港国際線において、2017年唯一の新規定期便の就航でした。
これで羽田空港国際線に定期便を就航している航空会社(コードシェア便を除く)は39社に。
就航を記念して国際線ターミナルでは「ニュージーランド・フェア」が開催されました。

関連記事:
羽田空港国際線・ニュージーランド航空のオークランド-羽田便就航開始の編
羽田空港国際線・ニュージーランド・フェアとゴルゴ13の編

第7位:国際線到着階2Fに「ポケットチェンジ」設置

国際線到着階2Fに今年から新しく設置された、余った外貨を電子マネーにチャージしてくれるという画期的なマシーン。
最近、使っている人の姿をよく見かけるようになりました。

関連記事:
羽田空港国際線・到着ロビーに登場した「ポケット・チェンジ」を使ってみたの編

第8位:国際線到着階2Fの「Pista」が閉店し「タリーズコーヒー」登場

国際線到着階2F唯一の飲食店だった「Pista」が、2017年5月26日に突然閉店。
2カ月弱の改修工事の後、2017年7月21日より「タリーズコーヒー」として生まれ変わりました。
先代の「Pista」のお世話になった方も多いはず、というわけでランクイン。

関連記事:
羽田空港国際線・2F到着階の24時間営業カフェ「Pista」がいきなり閉店の編
羽田空港国際線・到着階2Fの「タリーズ・コーヒー」オープンの編

第9位:第2ターミナルに新店舗続々登場

2017年10月以降になって、第2ターミナルに新店舗が立て続けにオープン。
ハンバーガーが美味しかった「West Park Cafe」が閉店し、新店舗に切り替わりました。

関連記事:
羽田空港第2ターミナルB2Fに「カフェ地球星」オープンの編
羽田空港第2ターミナル「広東家菜」跡地に「のっけご飯と中華そば95」オープンの編
羽田空港第2ターミナルに「BEER CAFE+」新規オープンの編
羽田空港第2ターミナル3Fに充電ができて野菜が美味しい「GGG CAFE」オープンの編

第10位:国際線にA350-900型機の投入相次ぐ

最初のA350就航は2016年12月のシンガポール航空でした。
その後、ベトナム航空のハノイ-羽田線、カタール航空のドーハ-羽田線、ルフトハンザのミュンヘン-羽田線が相次いて機材をA350-900に切り替え。
低燃費・低騒音な新型機への世代交代が進みました。

関連記事:
羽田空港国際線・シンガポール航空のエアバスA350が運航開始していたの編
羽田空港国際線・ベトナム航空もA350-900を投入の編
ルフトハンザのエアバスA350-900がミュンヘン-羽田線に投入されたの編

よいお年を

というわけで、2017年は大規模な改装工事などはほとんど無かったため、比較的地味な1年でしたが、地味ながらも少しずつ利便性の向上が行われた1年でした。
2018年は、いよいよ2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けての大工事が本格的に始まる1年になりそうです。
来年も平和な1年であってほしいものです。

本ブログを見に来て頂いている皆様におかれましても、来年も良い1年になりますように。
よいお年を!

大鳥居に「リリーフプレミアム羽田空港」がオープンしたので早速宿泊してみたの編

2017/12/28
羽田空港からほど近い大鳥居にホテル「リリーフプレミアム羽田空港」が新規に開業したとの情報をキャッチ。
羽田午前発の台湾旅の前泊で、早速利用して参りました。

ざっくり感想としては・・・。

  • 木目調で落ち着いた感じの新築ホテル。やや部屋は狭いがキレイで快適。
  • 羽田空港への無料シャトルバスはあるものの、8人乗りで小さい・・・
  • 大鳥居は深夜・早朝バスの停留所があるため、始発が動くよりも前に羽田空港国際線に到達可能
  • ホテルの周りに夜遅くまでやっている飲食店やコンビニがあって便利

ということで、以下詳細。

最寄り駅は京急空港線・大鳥居駅

やってきたのは京急空港線の「大鳥居」駅。
Relief-HNDA-2017DEC-121R
羽田空港国際線からは3駅、京急蒲田からは2駅です。
「快特」は停車しませんのでご注意ください。

「リリーフプレミアム羽田空港」の場所はこちら。
Relief-HNDA-2017DEC-125R
大鳥居駅西口(現在地)から地上に出て、大通り(環八通り)を横断した先にあります。
駅から徒歩3分ぐらい。
(道路を横断するための信号待ちがほとんど)
駅に近いので、大きな荷物を持っていても楽にたどり着けます。

羽田空港から来る場合は、路線バス(蒲95シャトルバスや蒲31)が便利です。
Relief-HNDA-2017DEC-075R
「大鳥居」バス停で下車すれば、ホテルのすぐ近くで降りられます。
深夜バスも停車するので、終電後に羽田に帰ってきたときにも便利です。

ホテルは大通り(環八通り)に直接面しているわけではなく、やや奥まったところにあります。Relief-HNDA-2017DEC-001R
ホテルの最上階に「RELIEF PREMIUM」の文字が見えますので、それを目指しましょう。

で、こちらが「リリーフプレミアム羽田空港」。
Relief-HNDA-2017DEC-004R
2017/12/21に新規オープンしたばかりなのだとか。
閑静な住宅地の中にありため、静かです。
8階建て102室と、思ったよりも大きなホテルでした。

近くには強敵「東横イン羽田空港1/2」がある他、2018年にはあの「変なホテル・羽田空港」が開業予定。
大鳥居界隈も、ホテル競争が激しくなってきましたね。

木目調の温かいエントランスとレストラン

開業して間もないということで・・・。
Relief-HNDA-2017DEC-067R
エントランスの両脇には胡蝶蘭が飾られていて、華やかな雰囲気。

1Fのレストランはガラス張りになっていて開放的。
Relief-HNDA-2017DEC-070R
木目調のデザインになっていて、温かみがあります。
女性でも入りやすそうな感じです。

フロントでチェックインを済ませて、タッチ式のカードキーを受け取ります。

  • 朝食は6時から
  • 羽田空港行きの無料送りバスは8人乗り
  • 4:00AMから1時間毎に出発。
  • 出発30分前から整理券を配り、先着順。

とのこと。

送迎バスがあるのは有難いですが、8人乗りだと競争率が激しいような・・・。
このあたりは後ほど検証してみます。

今回は、朝6時にホテルを出発したため、朝食を頂けなったのが残念・・・。

カードキーを受け取ったら、これまた木目調のエレベータへ。
Relief-HNDA-2017DEC-065R
エレベータは2基あり。
カードキーをセンサーにタッチすると、呼べるようになります。
このあたりのセキュリティは万全。

ホテルの廊下は、新しくてキレイです。
Relief-HNDA-2017DEC-008R
新築のホテルの匂いがします。
やっぱり新しいホテルはいいね~。

先進的な設備を備えたキレイで快適な居室

そして自室に突入。
Relief-HNDA-2017DEC-009R
広さは13平米のダブルルーム。
やや狭さを感じるものの、日本のビジネスホテルの普通の広さです。
楽天トラベルで予約して、1泊8000円(税込)でした。

お部屋の中も木目調で落ち着いた雰囲気。
清掃が行き届いていて快適な空間です。
一泊するだけなら、少々狭くても問題ありません。

こちらがダブルのベッド。
Relief-HNDA-2017DEC-015R
お部屋のほとんどがベッドに占有される形ですが、快適に寝られれば問題なし。

ベッドの枕元には・・・。
Relief-HNDA-2017DEC-034R
読書灯とコンセントがあり。
ここにコンセントがあると、ベッドの上でスマホ充電ができるので非常にポイントが高いです。
(最近のホテルでは標準的な設備になりつつありますが)

スリッパもあり。
Relief-HNDA-2017DEC-013R
ワラのようなもので編まれていて、履き心地がよいです。
安いホテルのペラペラのスリッパではないところがポイント高いです。

クローゼットはないので・・・。
Relief-HNDA-2017DEC-011R
壁にハンガーがいくつか架かっていました。
ここに服を掛けてしまうと、そのまま忘れてしまう自信があるので使用せず。

窓からの眺望は・・・。
Relief-HNDA-2017DEC-021R
閑静な住宅地でした。
上層階ならもっと眺めがよいかもしれません。

これが空港への送迎バスと思われる。
Relief-HNDA-2017DEC-019R
小さいから、すぐに満席になってしまいそうな予感。

ベッドの横にはデスクがあり。
Relief-HNDA-2017DEC-049R
ノートPCを展開するのに十分な広さがありました。
椅子がちょっと窮屈ですが、ギリギリ普通に座れるので問題なし。
もちろん無料WI-Fiがバッチリ繋がります。

デスクの引き出しの中には・・・。
Relief-HNDA-2017DEC-046R
ドライヤーと鏡が入っていました。

ドライヤーは、またしてもパナソニックの「イオニティEH-NE18」。
東京の業務用ドライヤー業界をほぼ独占してますね・・・。

デスクの上には、こんなようなタブレット端末が常備されており・・・。
Relief-HNDA-2017DEC-027R
色々なことができるようになっています。

例えば・・・

  • 空調をコントロールして、お部屋の温度を調節できたり
  • 照明のON/OFFができたり
  • ホテル館内設備の説明が見れたり
  • アイロンなどの備品をリクエストできたり
  • レンタサイクルやヨガの受講申し込み(!)ができたり、らじばんだり

色々できます。
これは先進的。

実際のところ、ほとんど使いませんでしたが(笑)
こういう設備があるとワクワク感が高まりますねえ。
「これは最新設備のお部屋だ!」という感動があると、お部屋が狭くてもあまり気にならなくなってしまいます。

テレビの位置はやや変則的。
Relief-HNDA-2017DEC-032R
ベッドに仰向けに寝転がったときに、ちょうど足元方向に見る形になります。
なるほど、確かにこの位置のほうが見やすくて快適です。

テレビの手前には、スーツケース置き場を兼ねた台があり。
30リットルぐらいの小さめのスーツケースなら置けます。
ただ、スーツケースを開けると、テレビの下部に当たってしまいますが・・・。

ちなみにテレビはシャープ製の40インチ液晶テレビ。
Relief-HNDA-2017DEC-035R
ホテル館内の案内や、Wi-Fiのパスワードの情報があり。
羽田のフライト・インフォメーションの表示機能はありませんでした。

右側の棚の冷蔵庫の中身はからっぽ。
Relief-HNDA-2017DEC-040R
初期状態では、スイッチがOFFになっているので、使う時はONにしてね、とのこと。
音が気になって眠れない時はOFFにしましょう。

左側の棚には・・・。
Relief-HNDA-2017DEC-041R
部屋着と金庫があり。
部屋着は上下セパレートタイプになっていて実用的でした。

続いて水回りへ。
Relief-HNDA-2017DEC-054R
湯舟つきの3点ユニットバスです。
清掃が行き届いており、キレイで快適。

アメニティ類はかなり豊富にあり。
Relief-HNDA-2017DEC-057R
シャンプー、コンディショナー、リンス、歯ブラシセットや髭剃りセットはもちろん完備。
その他、おじさんにはあまり縁のないシャワーキャップや、モイスチャーなんたらなどもあり。

というわけで、先進的な設備を備えたオシャレなお部屋で、旅立ち前の一夜を快適に過ごすことができました。

ホテルのご近所にはコンビニや飲食店が色々

チェックイン後は、ホテルのご近所を探索。
Relief-HNDA-2017DEC-088R
ホテルの南側は閑静な住宅地で、ひっそりとしていますが・・・。

大鳥居の交差点方面は賑やかです。
Relief-HNDA-2017DEC-100R
夜遅くまでやっているお店やコンビニも近くにあるので、不自由はないでしょう。

産業道路を渡った先にあるローソン。
Relief-HNDA-2017DEC-079R
この他にもサンクス、ミニストップを含む3件のコンビニが、ホテルから同じぐらいの距離にあります。
深夜の買い出しに便利です。

ホテルから歩いて30秒ほどのところには「松屋」があり。
Relief-HNDA-2017DEC-074R
24時間営業(2017年12月現在)。
夜食に便利です。

大鳥居の交差点にある「ガスト」
Relief-HNDA-2017DEC-093R
こちらは深夜2時まで営業とのこと。

大鳥居駅の北側の大通り沿いには、本屋さんがあり。
Relief-HNDA-2017DEC-092R
かつては、羽田空港第1ターミナルの地下に支店を構えていた「ブックスフジ」本店があります。
平日は22時まで営業(日曜・祭日は20時まで)
買い忘れた旅行ガイドブックの調達も可能です。

その他にも、地元系の飲食店が色々あります。
Relief-HNDA-2017DEC-084R
よそ者には、ちょっと敷居が高いですが・・・。

今回、夜ごはんに立ち寄った地元系のお店はこちら。
Relief-HNDA-2017DEC-107R
「老舗の味・利久」様。
地元のおじ様方が集う飲み屋ですが、普通にお食事もできました。

生ビール・スーパドライ小 380円。
Relief-HNDA-2017DEC-109R
スパゲッティのお通しは200円でした。

やはり、スーパードライの生はウマイね!
日本のビールの最高傑作と言っていいでしょう。

メインディッシュは穴子丼 950円。
Relief-HNDA-2017DEC-116R
メニュー上の表記は「穴子丼」ですが、実際は「穴子の天ぷら丼」でした。

これがメチャうま。
大きな穴子がドーンと乗っていて、ボリュウム満点です。
かぼちゃとシソの天ぷらの他、たくわんと味噌汁つき。
サクサクで香ばしい穴子と甘辛いタレの相性がバツグンで、ごはんがドンドン進みます。
大鳥居ならではの美味しいお食事にありつけて、大満足の晩御飯となりました。

小型ながらも羽田空港への無料シャトルバスあり

翌朝の4:45ごろ。

ホテルの無料シャトルバス(というかバン)に乗って、羽田空港国際線へ向かいました。

私が宿泊した当時は「出発30分前から乗車整理券を配布。先着順で予約不可」でした。
(その後、2018/5/1より「ホテルチェックイン時に予約する方式」に変わったようです)

この時は、たまたまお客さんが少なく・・・。

9人乗りのバスに対して、乗客は私の他に2名のみでした。
無事に乗れて良かったです。

早朝バスで羽田空港国際線に到達可能

ここ大鳥居から羽田空港へは、京急空港線と京急バスを利用可能。
ホテルの送迎バスは9人乗りで小さいため、公共交通機関の利用も考えておきましょう。

羽田空港行きの大鳥居バス停(その1)は、東横インの対面近くにあります。
Relief-HNDA-2017DEC-095R
このバス停には、深夜・早朝バスも停車します。
これを使えば、始発電車よりも早く羽田空港国際線にたどり着くことができます。
冬の朝は寒いけど・・・。

上記の大鳥居バス停発・羽田空港行きの早朝バスの出発時刻は以下のとおり(2017/12/28現在)

  • 大鳥居 3:25発 → 国際線 3:38着 (深夜・早朝バス実証実験 2019/3/31まで)
  • 大鳥居 5:15発 → 国際線 5:28着 (JR蒲田駅発羽田空港行きシャトルバスの始発)

交差点のローソンの近くには、別の羽田空港行きの大鳥居バス停(その2)があり・・・

以下の早朝バス(路線バス)は、この大鳥居バス停から出発します。

  • 大鳥居 4:41発 → 国際線 4:53着 (深夜・早朝バス)
  • 大鳥居 4:43発 → 国際線 4:55着 (深夜・早朝バス)

早朝バスのダイヤの最新は京急バスの公式サイトの「路線バス」から頑張って検索してみてください。

また、京急空港線・大鳥居駅の羽田空港方面の始発は5:22です(2017/12/28現在)
朝6時を過ぎると本数が増えてくるので、電車を利用するのがよいでしょう。
京急のダイヤの最新は公式サイト(大鳥居駅)をどうぞ。

ホテルの詳細はこちら(楽天トラベル)
HOTEL RELIEF Premium 羽田空港(ホテルリリーフプレミアム)

その他の羽田空港周辺ホテルの宿泊体験記はこちら
羽田空港周辺の宿泊施設の体験記

羽田空港の空弁「京料理たん熊北店・京の雅巻」

2017/12/27
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルで入手したこちらの新作空弁です。

「京料理たん熊北店・京の雅巻(みやびまき)」870円(税込)
HND-2017DECS1-014R
製造元は安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
久々の新作空弁リリースです。
年末年始の期間限定商品なのか、レギュラー商品なのかは不明。
もともとは「京料理たん熊北店」様の商品のようです。

横から覗いてみると・・・。
HND-2017DECS1-016R
かなり厚みのある包装で、幾重にも巻かれている美味しそうな海苔巻きが顔を覗かせます。

では蓋をオープン。
HND-2017DECS1-022R
お~、大口径の海苔巻き4切れが姿を現しました。
具沢山で鮮やかな断面に心が躍ります。

では、頂きまーす。
HND-2017DECS1-027R
しっかりと押し固められているので、崩れにくく食べやすいです。

むあっと一口かぶりつくと、まずはキュウリのシャキシャキした食感。
その後に、明太子の粒粒感と穴子の香りがやってきます。
玉子焼きや海苔の香りなどなど、色々な風味のバランスがよいです。
付属のお醤油を垂らさなくても、十分美味しく頂けました。

お正月の雰囲気にぴったりの空弁です。
この年末年始に、羽田から帰省される際に是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港のクリスマス2017

2017/12/24
この週末の羽田空港はクリスマス・ムード。
HND-2017DECL-002-R
JAL国際線のチェックインカウンターには、JAL色の巨大なクリスマスツリーが登場。
サンタ氏へのお手紙が出せるポストも設置されていました。

こちらはANA国際線のチェックインカウンター。
HND-2017DECL-050-R
こちらのツリーは、JALのに比べると小さめです。
ANA陣営なので、青と白のカラーリング。

国際線で最もゴージャスなツリーは・・・。
HND-2017DECL-040-R
国際線ターミナル併設のホテル「ロイヤルパークホテル・ザ羽田」の巨大ツリー。
大きさもさることながら、煌びやかな装飾が見事です。
ホテル儲かってそうですね~。

4F江戸舞台では、例年どおり様々なイベントを実施。
HND-2017DECZ-021AnkerUSB-C-
副操縦士様グループによる「浪漫飛行」の合唱の後、JALベルスター様によるハンドベル演奏がありました。
「恋ダンス」を踊りながら演奏するという、難易度高めなパフォーマンスもあり。

お祭り広場には、フィンランドからやってきたというサンタ様が出現。
HND-2017DECY-030AnkerUSB-C-
羽田とフィンランドの間に直行便はないので、成田経由で来た?
いやいや、トナカイのソリに乗って来たはずだから、成田とか関係ないか。

続いて国内線第2ターミナル(ANA側)へ。
HND-2017DECY-086AnkerUSB-C-
ツリーの前では、サンタ様や航空会社のCA様と記念撮影可能。
クリスマスイベント目当てのお客さんで賑わっていました。

サンタ様一味と大道芸人様による練り歩きがあり。
HND-2017DECY-104AnkerUSB-C-
サンタの帽子のプレゼントもありました。
ANA側なので、サンタの帽子は「青色」となっております。

第2ターミナルのメイン会場は、5Fのフライトデッキ・トーキョー。
HND-2017DECZ-088AnkerUSB-C-
こちらも毎年恒例のJALの合唱団様によるコンサートあり。
毎年これを聴かないと年が越せません。

第1ターミナル(JAL側)のメイン会場は、出発階2F 中央のマーケットプレイス。
HND-2017DECY-064AnkerUSB-C-
12/24午後には、ANA Team Haneda オーケストラ様による恒例のクリスマスコンサートがあり。
今年は音響調整バッチリで、例年にも増して素晴らしい演奏でした。
毎年レベルアップして、もはやプロの域に達しています。
演奏開始の1時間ほど前から待っている人々の姿もあり、大盛況でした。
来年もこの演奏を聴きに来れますように。

というわけで、色々なイベント盛りだくさんでクリスマスムードに包まれた羽田空港でした。

羽田空港クリスマス・イベント「HANEDA WINTER WONDER AIRPORT」は12/25(月)まで。

去年(2016年)の様子はこちら
羽田空港でクリスマスイベントいろいろの編2016

羽田空港第2ターミナル「eggcellent BITES」にてX’mas 限定ソフトクリームを頂くの編

2017/12/22
早いもので今年も残るところあと10日を切りました。
HND-2017DECX-037-R
「スターウォーズ・最後のジェダイ」が先週から封切りされたのを記念して、羽田空港国際線にてANAの R2-D2ジェット(ボーイング787-9 登録記号 JA873A )を撮影。
まだ映画見てないけど・・・。

それはさておき・・・。
HND-2017DECX-047-R
羽田空港国内線側の各店舗では「クリスマス・フェア」を開催中。
毎年この時期になると、クリスマス期間限定の特別メニューやクリスマス・セールが行われます。

そんな中、目に止まったのはこちら。
HND-2017DECX-046-R
エッグタルトで有名な「eggcellent BITES」で「クリスマスツリーソフト」なるものを期間限定で販売中とのこと。
しかもソフトクリームなのに「756円」という破格のお値段。
国際線の「茶寮・伊藤園」のプレミアムソフトクリーム「クレミア」ですら「600円」なので、おそらく羽田空港史上最高額のソフトクリームと思われます(当社調べ)。

一体どんなソフトクリームなのか、気になって夜も眠れないので・・・。
HND-egg-2017-017-R
羽田空港第2ターミナルB1Fの「eggcellent BITES」様へ急行して実際に購入してみることにします。
こういうのは、勢いでやっつけないとね。

私「えと、クリスマスツリーソフト、ください」
店員さん「はーい。お飲み物はいかがですか?」
私「ではホットコーヒーで・・・」

カップに入れるか、クロワッサンのコーンに入れるかを選べましたが、ここはクロワッサンで行くしかないでしょう。

そして待つこと5分少々・・・。

「抹茶とWベリーのクリスマスツリーソフト」756円(税込)+ホットコーヒー(セット価格216円)登場。
HND-2017DECX-055-R
おお~メリー・クリスマス (*゚∀゚)=3
抹茶ソースの緑色とWベリーのピンク色で、見事にクリスマスツリー感を演出しています。
クリスマス気分が一人で盛り上がって参りました。

お味のほうは・・・。
ソフトクリームそのものに濃厚なミルク風味が感じられて美味。
抹茶ソースの香りと苦みにWベリーソースの甘みが加わって飽きさせません。

あと、何気に下層のクロワッサンも香ばしくて美味しいです。
クロワッサン内部にはナッツとカスタードクリームがたっぷり入っていて、これまた濃厚な味わい。
さすが羽田空港史上最高額ソフトクリームなだけのことはあります。

見た目のインパクトのみならず、お味のほうもゴージャスかつボリュウム(とカロリー)満点で、かなりお腹いっぱいになりました。
この週末(12/23,12/24)は、羽田空港では色々なクリスマス・イベントが行われる予定ですので、それらと合わせて是非どうぞ。

羽田空港の空弁「ANA FESTA限定・築地おにぎり弁当」

2017/12/20
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルの「ANA FESTA」にて購入した、こちらの新作空弁です。

「築地おにぎり弁当」842円(税込)
HND-2017DECO-082-R
製造元は、大田区のグローバルサンドカンパニー様。
「一般社団法人おにぎり協会」監修のお弁当とのこと。
ANA FESTA限定販売とのことなので、第1ターミナル(JAL側)では買えないものと思われます。

ANA FESTAの売り場に書かれていた説明書きによると・・・。
HND-2017DECO-076-R
「築地場外市場の老舗8店舗が目利きした、厳選・こだわり食材がきゅっと詰まったお弁当」とのこと。

各食材のご担当は以下の通り。

  • 梅干担当:吉岡屋
  • あさり佃煮担当:築地江戸一
  • 玉子焼担当:松露
  • たたきごぼう担当:つきぢ味幸堂
  • 塩昆布担当:吹田商店
  • 鮭担当:昭和食品
  • からあげ担当:鳥藤
  • 牛すじ煮担当:近江屋

玉子焼担当の「松露」様は、ソロで「松露サンド」という卵焼きサンドを羽田で発売していたりします。

なにはともあれ、蓋をオープン。
HND-2017DECO-086-R
おにぎり3個とおかず入りです。
おにぎりは昆布、梅干し、ごはんのみの3種類。
おかずとご飯を楽しめるように、あえてごはんのみのおにぎりを用意したのだとか。
玉子焼きが甘くてジューシーで特に美味しかったです。
鮭、唐揚げ、あさりの佃煮などその他のおかず類も味付けがしっかりしていて、ご飯がどんどん進みます。
第2ターミナルご利用時に、東京ならではのおにぎり弁当を頂きたいときは是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港国際線で一番お安い朝ごはん?吉野家のベーコンエッグ朝食350円の編

2017/12/17
羽田空港国際線の朝ごはんシリーズです。
今回は、羽田空港国際線(出発前エリア)で最もお安い朝ごはん(モーニングセット)は一体どこだろう?と思い立ち、探ってみました。

いきなりの結論はこちら。
HND-2017DECL-029-R
国際線ターミナル4F「はねだ日本橋」の奥の端っこにある24時間営業の吉野家です。
いつも外国人旅行者や空港職員の皆様で賑わっています。

ちなみに羽田空港国際線の出国前エリアでモーニングセットメニューをやっているお店は以下でした(2017/12/16現在。筆者調べ)

  • 3F タリーズコーヒー (朝メニュー11:30まで)
  • 4F 吉野家 (朝メニュー4:00-11:00)
  • 4F モスカフェ (朝メニュー10:30まで)
  • 4F 和カフェテリアDining 24 羽田食堂 (朝メニュー4:00-10:00まで)
  • 4F江戸小路・PORT-SIDE KITCHEN by グリル満天星麻布十番 (朝メニュー9:00-10:30)
  • 4F江戸小路・神楽坂グラタン食堂「ボン・グゥ」(朝メニュー9:00-11:00)
  • 4F江戸小路・エッセ ドゥエ イル ビナーリオ(朝メニュー8:00-11:00)
  • 5F Expasa Cafe 羽田 (朝メニュー8:00-10:00)
  • 5F PLANETARIUM Starry Cafe PRONTO (朝メニュー7:00-10:00)

4F江戸小路のお店のモーニングセットメニューは1000円前後のものが多く、総じてお高めでした。
そんな中、断トツのコストパフォーマンスを誇っていたのが、この吉野家の朝メニューなのでした。

国際線の吉野家の朝メニュー提供時間は午前4時~午前11時まで。
HND-2017DECL-030-R
最近になって通常の吉野家と同様に「辛子明太子定食 390円」「しらすおろし定食 390円」などが追加されました。
牛丼以外にもメニューが色々選べるのがウレシイところ。

こちらで見つけた国際線最安の朝食メニューはこちら。
image
ハムエッグ定食 350円。
しかも税コミ。
空港内にありながらも、街中の吉野家と同じお値段なのが良心的です。

では早速実食。
HND-2017DECL-032-R
アツアツのハムエッグの鉄板がジュージュー言いながら出てきました。
たったの350円で鉄板ジュージューが体験できるとは!
ただしヤケドしないように注意しましょう。

ハムエッグの鉄板には、キャベツとコーンのサラダもあり。
味噌汁と味付け海苔(5枚)にサラダ用のマヨネーズがついてくるという構成。
ごはんがたっぷりのため、350円でもかなり満腹になれます。

アツアツのハムエッグのお味は、まあ普通。
ハムエッグが唯一のおかずですので、ご飯が余ります(笑)。
おかずがこれでは物足りない、という方には「ハムエッグ納豆定食 430円」「ハムエッグ牛小鉢定食 490円」などもあります。
出発前にササッとお安く朝食を済ませたい、という方は是非どうぞ。

羽田空港国際線で500円以下で朝食セットが頂ける、その他のお店の記事はこちら。

羽田空港第2ターミナルに「ふくしま名産」自販機登場の編

2017/12/16
羽田空港第2ターミナル(ANA側)2F出発ロビーにて。
HND-2017DECA-052-R
おっ。
新型自販機が登場しましたね!

今回は「福島県」の自販機。
HND-2017DECA-061-R
富山県」「福岡県」「熊本県」に次ぐ、全国ご当地自販機シリーズ(と勝手に命名)の第4弾です。

では順に商品ラインナップをチェックしてみましょう。
HND-2017DECA-054-R
まずは上段から。

  1. ひょっとこ半面 2500円
  2. おきあがり小法師 900円
  3. 赤べこ 1500円
  4. あいくー 2500円
  5. 若桃の甘露煮 600円
  6. うつくしまゼリー(桃)500円

2500円の高額商品「あいくー」は会津木綿で作ったテディベアとのこと。
お値段は全体的にお高めな印象。

次は中段。
HND-2017DECA-055-R
中段以下は食べ物系で占められています。

  1. 喜多方ラーメン醤油 180円
  2. 喜多方ラーメン味噌 180円
  3. 長久保のしそ巻き 540円
  4. ウルトラマンさくさく焼きショコラ 750円
  5. 十種ミックスうまい豆 300円
  6. アイス落花生塩ゆでうまピー 300円

やはり福島県なので、喜多方ラーメンは外せません。
豆のお菓子も有名なんですね。

最下段は・・・。
HND-2017DECA-056-R
調味料とお米でした。

  1. うまくて生姜ねぇ650円
  2. 天然醸造醤油200mlボトル500円
  3. 真空パックお米 450円

「うまくて生姜ねぇ」は猪苗代町の吾妻食品様の商品で、ご飯にのっけて食べる「食卓の名脇役」とのこと。
色々な特産品があるんですねぇ。

この「ふくしま名産」自販機は・・・。
HND-2017DECA-059-R
第2ターミナル2F出発階の「出発口C」付近にて絶賛稼働中。
お隣には「りんごの自販機」や「インスタントラーメン自販機」もあります。
自販機マニヤな方は是非どうぞ。

羽田空港国際線の空弁「天ぷらたかはし・天むすしじみ汁セット」

2017/12/13
今回ご紹介する羽田空港空弁は、国際線ターミナルで入手したこちらの空弁です。

「天むす・しじみ汁セット」480円(税込)
HND-2017NOVK-016-R
先日(2017/11/13)オープンしたばかりのテイクアウト天丼店「天ぷら たかはし」様にて購入。
空港の店舗販売系の空弁です。
天むす3個としじみ汁がついて、480円とリーズナブルなお値段となっています。

では蓋を開けて頂きます。
HND-2017NOVK-018-R
3個とも海老の天むすですが、それぞれご飯の部分の仕様が異なります。

  • 白飯
  • 赤しそ飯
  • 青菜飯

と、それぞれ風味が異なるので、飽きずに食べられます。
甘辛いタレと香ばしい海老の風味がご飯とよく絡んで美味。
特に「赤しそ」はサッパリ感があって良かったです。
ただ1個1個が小ぶりですので、そんなにボリュウム感がありません。
機内食までの間の少しの間だけ空腹を満たしておきたい、という方にお勧めです。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港第2ターミナル国際線施設増設工事・大型クレーン車登場の編

2017/12/11
こちらは羽田空港第2ターミナルの南側の工事エリア(羽田空港行きリムジンバスの車窓より)。
HND-2017DECJ-003-R
現在は国内線のみの第2ターミナル(ANA側)に、2020年3月に向けて国際線施設を増築するための工事が行われているエリアです。
先月ぐらいから、大型のクレーン車が数台運び込まれ、太いパイプのようなものが建てられ始めました。

前回の記事はこちら。
羽田空港第2ターミナルに新設される国際線施設の完成イメージ図登場の編

第2ターミナル・南ピア付近の様子。
HND-2017DECJ-005-R
この辺りはまだ太いパイプが地面に転がっているのみ。

旧国際線ターミナルがあった区画。
HND-2017DECJ-008-R
こちらは、ショベルカーたちがひたすら穴を掘っています。
ここから国際線ターミナルまでつながる地下トンネルを掘ろうとしているものと思われます。

2017年12月上旬時点では、まだ国際線施設の形状すらも分からない状況でした。
徐々に建物が形作られていくのを楽しみに待つことにしましょう。