羽田空港利用時の前泊・後泊に便利な「ナインアワーズ蒲田」がオープンしたので宿泊してみたの編

2018/07/28
またまた羽田近くの宿泊施設シリーズです。
今回は、2018/07/27に羽田空港からほど近い蒲田に新しいカプセルホテル「ナインアワーズ蒲田」がオープンしたとの情報をキャッチ。
(飛行機には乗らないけど)早速宿泊しに行ってみました。

JR蒲田駅・京急蒲田駅から徒歩圏内

「ナインアワーズ蒲田」の場所はこちら。

JR蒲田駅の東口から徒歩5分ぐらい。
京急蒲田駅からは徒歩7分ぐらいです。

ブックオフの対面に・・・。
HND2018JULY030R
「ナインアワーズ蒲田」の入口があります。
開業記念の花輪がありました。

「ナインアワーズ蒲田」へ突入

では早速「ナインアワーズ蒲田」にチェックイン。
HND2018JULY041R
今回は、事前にネットで予約しておきました。
通常価格は1泊4900円とのことですが、楽天トラベルのオープン記念セールで1泊3200円でした。
なかなかリーズナブルなお値段です。

ただし・・・

  • カプセル内では飲食不可。ホテル内に自販機などは一切なし
  • おしゃべりは周りの迷惑になるので控えましょう
  • 一時外出可能

です。

つまり「シャワーを浴びて寝る」だけに特化した施設。
寝る前に何か食べたい場合は、ロッカーに荷物を置いて、外に食べに行くのがよいでしょう。

フロントのある1Fには・・・。
HND2018JULY042R
コンセント付きのデスクが20席以上ありました。
ノートPCを広げて作業が出来てアリガタイです。
このビジネスデスクのみの利用もできるとのこと(1時間300円, 24時間営業)。
もちろん無料Wi-Fiも使えます。

男女がフロアごとに分かれているホテル内

チェックインを済ませた後は・・・。
HND2018JULX012R
男性用・女性用に分かれているエレベータでロッカールームへ。

カプセルホテル内は・・・。

  • 2F~3F : 女性専用ロッカールーム
  • 4F : 男性専用ロッカールーム
  • 5F~7F : 男性専用カプセル(全63室)
  • 8F~11F : 女性専用カプセル(全84室)

というように、フロアごとに男女に分かれています。

女性用エレベータは女性用フロア(2,3,8,9,10,11F)に。
男性用エレベータは男性用フロア(4,5,6,7F)にのみ停まります。

男女が完全に分離されているので女性も安心というわけです。
(間違えて男性用エレベータに乗っている女性がいましたが)
そのせいか、女性のお客さんも沢山みかけました。

そこそこ大きなロッカー

では4F男性ロッカーに潜入。
HND2018JULX017R
椅子が無いのが、ちょっとつらいところ。
成田空港の「ナインアワーズ」には椅子があったけど・・・。

ロッカーのカギは・・・。
HND2018JULX021R
こんなような薄いカードです。
ペラペラなので、無くしたり、ロッカーの中にしまい込んだりしないようにお気をつけください。
一時外出時は、このカードを持って、そのまま外に出てOKとのこと。

ロッカーをオープン。
HND2018JULX027R
中には部屋着とタオルが入ったバッグがあり。
その下にはスーツケースが入るぐらいのスペースがあります。
このロッカーの大きさは、成田空港の「ナインアワーズ」と同様な感じです。

ホテル内用のスリッパもあり。
HND2018JULX028R
ペラペラですが、特に問題なし。

こちらが部屋着。
HND2018JULX030R
黒色でちょっとカッコイイ感じ。
サイズの指定はありませんでしたが、特に問題なし。

タオル類。
HND2018JULX031R
普通のタオルとバスタオルの2種類。
モコモコして気持ちよいです。

キレイな洗面所とシャワー室

では、部屋着に着替えてロッカールームの奥にあるスペースへ。
HND2018JULX032R
オープンして間もないこともあって、洗面所はキレイです。
ドライヤーもありました。
歯磨きセットや髭剃りはなかったので自前で。

シャワー室は4部屋ほどあり。
HND2018JULX033R
深夜1時半ごろだと、あまり混んでいませんでした。

シャワー室内部へ。
HND2018JULX042R
「頭上シャワー」もありますので「頭上から冷や水」の不意打ちを食らわないようにご注意ください。
シャワールームそのものはキレイで快適でした。
この時だけかもしれませんが、換気扇が動いておらず、湿気が気になりましたが。

ボディーソープ、コンディショナー、シャンプーあり。
HND2018JULX040R
字が小さく、どれがどれか分からなかったので(老眼)、3つ全部をブレンドして頭を洗いました。

シャワールーム内には・・・。
HND2018JULX036R
小さな棚があり。
タオルやスマホなどの所持品を置いておけます。
忘れ物をしないように気を付けましょう。

カプセルルームへ

シャワーを浴びてサッパリしたあとは自分のカプセルのある5Fへ。
トイレと洗面所は、ロッカールームのみならず各階にあります。

しーん、と静まり返ったカプセルルームへ。
HND2018JULY043R
出入口の扉(というか引き戸)も、開閉音が出ないように工夫されていました。
深夜1時半で、ほぼ満室のように見えます。

ではカプセル内へ。
HND2018JULY047R
当方は身長170センチぐらいですが、丁度おさまる感じです。

物音を立てるのがはばかられるぐらいに静かです。
ロッカールームが別室にあるおかげで、羽田空港の「FIRST CABIN」のように「荷物のガサゴソ音」に悩まされることがないのが良いです。

ただシャワーを浴びた直後ということもあってか暑い・・・。
体を冷ましてからカプセルに入ったほうが良さそうです。

カプセル内には、コンセント、USB充電ポート、照明ツマミがあり。
HND2018JULY045R
スマホやノートPCを持ち込んで充電ができるのがアリガタイです。
コンセントに充電器を差すときに、ズボッ!と音を立ててしまうのにも罪悪感を感じてしまいます。

そして、そのまま就寝・・・。
暑くてなかなか寝付けませんでしたが。
耳栓を持ってきていたおかげで、他人のイビキは気になりませんでした。

朝5時ごろになると、周りの人々が起床し始める物音で目が覚めます。
幸いにも、スマホのアラームを大音量で鳴らす人は居ませんでした。

チェックアウト時刻は午前10時ですが、朝7時ごろで半分ぐらいいなくなっていました。
カプセルしかないから、あまり長居する気分になれないですからねえ。

お隣のジョナサンで優雅な朝食

そして朝7時ごろ。
HND2018JULY052R
「ナインアワーズ蒲田」をチェックアウト。
外は雨でした。

朝ごはんを頂くべく、すぐお隣の「ジョナサン」へ。
HND2018JULY053R
すぐ隣なので、傘を差さずに駆け込みます。

スクランブル・モーニングセット599円(税別)。
HND2018JULY057R
優雅な朝食のひと時を過ごして、家路につきました。
あまり熟睡できなかったので、自宅で二度寝・・・。

羽田空港国際線から深夜バス利用で行く方法

終電が終わった深夜の羽田空港国際線から、「ナインアワーズ蒲田」のあるJR蒲田駅に移動する方法をご紹介。
HND2018JULX069R
ホテルにチェックインした後に、深夜の国際線到着ロビーまで行って蒲田に戻ってみました。

では、いつもの如く・・・。
HND2018JULY002R
わざと終電をやり過ごして、空港に取り残されます。
海外から羽田に戻ってきたけど、終電終わっちゃったよ~という状況からスタート。

でもJR蒲田駅へは、まだ深夜バスがあるので大丈夫。
HND2018JULY011R
深夜0時以降のJR蒲田駅行きの深夜バスは3本あります。

  1. 0:30発 日ノ出町経由・JR蒲田駅行き
  2. 1:40発 蒲田駅・川崎駅行き
  3. 2:15発 蒲田駅・川崎駅行き

1.は普通の路線バスなので、途中色々なバス停に停まります(乗降客がいなければ通過)。
2.と3.は「シャトルバス」なので、大鳥居駅・JR蒲田駅・川崎駅にしか停まりません。
また、2.と3.は2019年3月まで実証運行中の深夜バスです。
と言っても、毎年運行期間が延長されていますが。
深夜2時台までバスがあるのは心強いですね。

今回は1. に乗ってJR蒲田駅まで行くことに。
HND2018JULY014R
深夜バスの運賃は、通常運賃(280円)の2倍の560円です。
(ICカードで払えば552円)
深夜にタクシーで蒲田まで行くと3000円近くかかるのに比べれば、深夜バスのほうが断然お安いです。

深夜タクシーで蒲田まで行ってみたときの体験記はこちら。
2017年1月タクシー運賃改訂後、羽田空港国際線からJR蒲田駅まで深夜タクシーで行ってみたの編

あと、蒲田方面行きのバスは、事前にバスチケットを購入する方式ではありません。
車内で運賃箱に直接お金を払います(交通系ICカードも利用可)。

では出発。
HND2018JULY017R
深夜なのでお客さんは少ないです。
途中、いくつかのバス停で停車して、地元の方々が降りていきました。

国際線から所用25分ほどで、JR蒲田駅バス停に到着。
HND2018JULY021R
以前に宿泊したことのある「カプセルイン蒲田」のすぐ目の前のバス停で降ろされました。

深夜のJR蒲田駅周辺は飲食店が充実

深夜の蒲田の繁華街を歩いて「ナインアワーズ蒲田」へ向かいます。
HND2018JULY024R
夜遅くまでやっているお店が沢山あり。
途中「マッサージ?」のお声がけがあったりして、治安はあまり良くありません(笑)。
バス停から「ナインアワーズ蒲田」へは、徒歩5分ほどで辿り着けました。
ふわぁ、眠い。

でもまだ晩御飯を食べておらず、腹ペコなので・・・。
HND2018JULY031R
「ナインアワーズ蒲田」にほど近いつけ麺屋「三田製麺所」にて夜食を。

前述のように、カプセル内では飲食できないので、夜食は外のお店で済ませましょう。

この「三田製麺所」は深夜2時まで営業。
ホテルのすぐ近くには24時間営業の「吉野家」や「日高屋」もあるので、深夜でも飲み食いには困りません。

つけ麺・並盛 760円。
HND2018JULY037R
「六厘舎」に似た濃厚魚介スープ系のつけ麺です。
ああ、うまい(涙)。
この後、ホテルでシャワーを浴びて、カプセル内で就寝・・・。

以上、蒲田にオープンした「ナインアワーズ蒲田」宿泊記でした。
お値段3000~5000円で、キレイなカプセルホテルに滞在できるのは、なかなか快適で便利でした。
羽田空港の深夜・早朝便利用時の前泊・後泊時にどうぞ。

「ナインアワーズ蒲田」の詳細はこちら。
ナインアワーズ蒲田(楽天トラベル)
ナインアワーズ蒲田(公式サイト)

その他の羽田空港周辺ホテルの宿泊体験記はこちら
羽田空港周辺の宿泊施設の体験記

キングスカイフロント川崎東急REIホテル宿泊記番外編・羽田空港側の眺めをタイムラプス動画にしてみたの編

2018/07/27
先日宿泊した「キングスカイフロント川崎東急REIホテル」宿泊記の番外編です。

ホテルの部屋から見た羽田空港側の眺望をタイムラプス動画にしてみました。

2分19秒の動画ですが、微速度撮影により40回以上の着陸シーンを見ることができます。
夜景のシーンもあります。
BGMはYoutubeの無料素材を利用。
初めての動画作成ですが、頑張って音楽に合わせて編集してみました。
面白い動画が出来たので、皆さまにもおすそ分けさせて頂きます。

動画の見どころご紹介

0:00-0:08
P2160993
羽田空港国際線ターミナルと管制塔の背後から昇る日の出のシーン。
この日の日出時刻は午前4時38分ごろ。
頑張って夜明け前の朝3時半に起きて、窓際にカメラをセットしました。
日の出の方角を調べられるWebサイトを参考に、朝日が昇ってくる方角を予想して撮影しました。
お天気に恵まれて良かったです。

0:16-0:21
RWY22
B滑走路(RWY22)への着陸シーン。
どんどん降りてきます!
着陸の瞬間に砂ぼこりが舞い上がるのがカッコイイです。

撮影間隔は1秒。
秒間60コマで動画を作成したので、60倍速での再生になります。
この日は一日中南風だったおかげで、ずっとB滑走路への着陸を見ることがきました。

0:30
ga
ゴーアラウンド(着陸やり直し)の瞬間がチラっと見えます。
この後、しばらく着陸機が来なくなってしまったので、ホテル2Fの大浴場のお風呂へ入りに行きました。

0:31-0:35
satellite
国際線ターミナルのサテライト棟に駐機中の飛行機たち。
アメリカ系3大航空会社(アメリカン、ユナイテッド、デルタ)揃い踏みです。
国際線の展望デッキからは、建物の陰になって見えない場所。

1:00-1:04
sunset
大師橋に沈む夕日。
朝日に比べると、夕日のタイムラプス撮影は太陽の位置が分かるので難易度は低いです。
昼間が長い7月だと、多摩川側のお部屋から朝日と夕日の両方を眺めることができます。
やや斜めになっているのが悔やまれる・・・。

1:04-1:20
magic_hour_landing
日没後の着陸シーン。
夕方の到着ラッシュでどんどん飛行機が降りてきます。
徐々に空が暗くなっていくところにご注目。
撮影時は気が付かなかったのですが、港のコンテナ積み下ろし用クレーンがリズミカルに動いているのが面白いです(笑)。
葛西臨海公園の観覧車や東京ゲートブリッジの夜景もキレイです。

1:24-1:27
exinn
対岸に見える、京急EXイン羽田ホテル付近のタイムラプス動画。
ホテルの部屋の明かりが灯っていく様子に注目。

1:32-1:35
night_terminal
夜の国際線ターミナル。
夜空には、左側のB滑走路へ向かう飛行機の光点と、右側のD滑走路に向かう光点が見えます。
モノレールが左右に移動する様子も見えます。

1:45-1:51
night
夜のB滑走路に、流れ星のように次々と降りて来る飛行機。
機体によって微妙にコースが違うのが面白いです。
画面右下では、A滑走路(RWY16R)からの離陸も行われています。

2:09-2:13
skytree
B滑走路北側のエリアでお泊りの機体。
後ろには東京スカイツリーが見えました。

2:14-2:19
last
最後のシーンは、冒頭のシーンと同じ国際線ターミナル方向。
ループ再生した時に、同じシーンから始まるようにしてみました。

撮影場所のホテルの詳細はこちら。

楽天トラベル
川崎キングスカイフロント東急REIホテル(2018年6月1日新規オープン)

公式サイト
KAWASAKI KING SKY FRONT TOKYU REI HOTEL

羽田空港の空弁「彩鳳・シュウマイ弁当」

2018/07/26
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルにて入手したこちらの空弁です。

彩鳳・シュウマイ弁当 802円(税込)
HND2018JULW049R
製造元は大田区のマコト様。
かなり以前から販売され続けている伝統的な羽田空港空弁です。
「羽田空港限定」の文字に、ついつい手が伸びてしまいます。

ちなみに「彩鳳」は、旧ターミナル時代の羽田空港にあった中華レストランの名店。
つい先日(2018/7/18)、第1ターミナルの3階に復活オープンしたとのこと。
復活した新店舗にも、そのうち訪問してみたいと思います。

羽田空港の空弁市場において、この「彩鳳シュウマイ弁当」は「崎陽軒シウマイ弁当」と人気を二分する「羽田空港2大シュウマイ弁当(←勝手に命名)」の1つです。

  • エアライン系の売店(ANA FESTAやBLUE SKYなど)では崎陽軒シウマイ弁当
  • 空港ターミナル系の売店では彩鳳シュウマイ弁当

が販売されている感じです。

では、フタをオープン。
HND2018JULW051R
シュウマイは5個いり。
小さなエビが1匹ずつ乗っているのが特徴的です。

では頂きまーす。
HND2018JULW053R
味はややこってり系。
冷えていても美味しくいただけます。
シュウマイ以外の煮物類も味がよく染みていて美味しい。
全体的に味が濃いめで、ご飯が進みます。
結構ボリュウムもあり、お腹いっぱいになれました。

羽田空港ならではのシュウマイ弁当を体験してみたい方は是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

キングスカイフロント川崎東急REIホテル宿泊記その2・ホテルの設備と羽田空港への送りタクシーの編

2018/07/24
羽田空港の対岸に2018年6月に新しくオープンした「キングスカイフロント川崎東急REIホテル」の宿泊記の続きです。

前回の記事(その1)はこちら。
直線距離なら羽田空港国際線から最寄りのホテル?キングスカイフロント川崎東急REIホテル宿泊記その1

その2では、ホテルの設備とご近所の様子、羽田空港へのタクシー送りプラン等についてレポートします。

ホテル内の施設は以下の通り。

  • 1F:
    • RIVER CAFE
    • 自転車屋
    • ライフスタイルストア
    • ビジネスラウンジ&カフェ
    • 東急REIホテルフロント
    • 卓球台
  • 2F :
    • 大浴場(男湯&女湯)
    • トレーニングジム
    • 客室
  • 3F~4F :
    • 客室
  • 5F :
    • レストラン「Captain’s Grill and Bar」
    • 客室(セキュリティエリア内)

では順に見ていきましょう。

1Fにはレストラン、カフェスペースや卓球台など

ホテルにチェックインして荷物を置いたあとは、再び1Fへ。
20180721_143155
厳密には、この東急REIホテルは「The WAREHOUSE」という複合施設に入居している一施設という扱いらしい。
ホテルの他に、カフェや自転車屋など、色々なお店が入っています。

こちらは1Fの「RIVER CAFE」。
HND2018JULT083R
カレーやサンドイッチなどお食事もあり。
このカフェはホテルの一部ではないようで、ちとややこしいです。

卓球台もあり。
HND2018JULT102R
自由に使ってよいみたいでした。

自転車屋もあり。
HND2018JULT085R
お客さんの姿はほとんど見当たらず・・・。

1Fの半分ぐらいは「ビジネスラウンジ&カフェ」になっています。
HND2018JULT103R
電源つきのテーブルがあり、自由に利用可能。
駅から離れているところにあるので、人が少ないです。
カフェ難民な方には穴場かも。
ここなら集中してブログを執筆できそうです。

お外に出てみる

ホテルの隣には・・・。
HND2018JULT093R
「殿町第二公園」があり。
多摩川を望むことができるちょっとした展望台がありました。
しかし外はめっちゃ暑い・・・。

多摩川の反対側に向かって歩いてみる。
HND2018JULT099R
ホテルの周りは産業研究施設?のようなものがあるだけで外食ができそうなお店は見当たらず。
飲み屋などの誘惑が何もないところが、かえって新鮮です。

ホテルから徒歩3分ぐらいのところにセブンイレブンあり。
HND2018JULT101R
ホテルのお高いレストランの利用を避けたい方は、こちらで食料を調達するのがよいでしょう。
外は猛暑のため、ここでビール等を購入してホテルに引き返します。

ホテル2Fの大浴場へ

外へ出て汗をかいたので、一旦ホテルの自室に戻ります。
HND2018JULT139R
タオル類を持参して、2Fの大浴場へ行ってみることに。

大浴場とは言っても、2Fのすべてがお風呂になっているわけではなく、客室のエリアを抜けた端っこの区画が浴室になっています。

こちらが男湯の入口。
HND2018JULT149R
男湯は多摩川(羽田空港)に面していました。
女湯は反対側にあるため、空港は見えませんので悪しからず。

着替え所の窓から、多摩川が見えました。
HND2018JULT144R
2Fなので街路樹などが邪魔になりますが、辛うじて空港が見える感じです。
大浴場からも同様な景色です。
やや遠目にはなるものの、羽田空港を眺めながらお風呂に入れるという貴重な施設です。

着替え所には鍵付きのロッカーもあり。
タオルはないので、お部屋のタオルを持参しましょう。
お風呂は20人ぐらいは入れそうな広さでした。

大浴場の近くには・・・。
HND2018JULT140R
トレーニングジムもあり。
あまり広くはないようです。
運動するガッツはないので、今回は利用せず。

5Fのメインレストランにてディナーを

お風呂を浴びてサッパリした後は・・・。
HND2018JULV003R
奮発して、ホテル5Fにあるメインレストラン「Captain’s Grill & Bar」にてディナーを頂くことに。

メニューを見ると・・・。
HND2018JULV001R
魚料理もあるようですが、お肉系が多いようです。
お一人様の場合は「ハーフサイズ」が適量とのこと。
メインディッシュがだいたい2000~3000円ぐらい。

特筆すべきは、窓の外に広がる夜景。
HND2018JULV006R
やや遠いですが、多摩川の向こうに羽田空港のキレイな夜景を眺めることができます。
これは素晴らしい。
この日はちょうど南風だったので、B滑走路に次々と飛行機が着陸していく様子を見ることができました。
飛行機好きにはたまらないです。

店内はそこそこ賑わっていました。
HND2018JULV004R
宿泊客以外も利用可。
外国人団体客の姿もあり賑やかでした。

取りあえず風呂上りに隅田川ブルーイングのクラフトビール(900円)を発注。
HND2018JULV005R
ぐはあ!
これはタマラン。
お風呂あがりに空港を眺めながら頂くビールは最高です。
あっという間に飲み干してしまったので、グラスワイン白(500円)を追加注文。

しばらくしてメインディッシュ「ストリップロイン・ハーフサイズ2200円」登場。
20180721_194022
お肉のソースは、数種類ある中から「ガーリックソース」を選択。
お肉はややレア気味の焼き加減で、しっかりとお肉の味を堪能することができました。

メニューには明記されてはいないものの・・・。
HND2018JULV013R
ライス(300円)を発注可能。
お肉と一緒にご飯をガッと頂くのが庶民の幸せなのであります。

開放的な夜景を見ながら、美味しいビールとワインとお肉を堪能。
店員さんの対応もよく、満足のディナーとなりました。
またここに来てみたいです。

1Fの「ビジネスラウンジ&カフェ」にてデザートを食らう

何か甘いものを食べたい気分だったので・・・。
HND2018JULV040R
ほろ酔い気分で1Fの「ビジネスラウンジ&カフェ」へ移動。

デザートの誘惑に勝てず・・・。
HND2018JULV039R
レモンパイ(650円)と紅茶(600円)を発注。
レモンパイはメチャ甘くて濃厚。
紅茶とよく合いました。

夜の多摩川沿いを散歩

デザートの後は・・・。
HND2018JULV033R
補充しすぎたカロリーを消費すべく、夜になった多摩川沿いを散策します。
まだ外は蒸し暑いですが・・・。

ホテルの周りのサイクリングロードや公園をウロウロ。
HND2018JULV048R
夜の多摩川沿いをジョギングするご近所さんの姿もあり。
眺めがよいので気持ち良さそうです(暑いけど)。

自室から夜景を堪能

再び自室に戻り、クーラーが効いた涼しいお部屋から夜景を満喫。
HND2018JULZ001R
お台場上空で左旋回してB滑走路に着陸する飛行機の様子は圧巻です。
滑走路はやや遠目なので、双眼鏡や望遠レンズつきカメラを持参すると、さらに楽しめます。
ただし北風の場合は、B滑走路での離着陸はないので寂しいかも。

国際線ターミナルのサテライト側の駐機場も見えます。
HND2018JULZ002R
Panasonicのデジカメ「TX1」の望遠をめいっぱい使えば、駐機中の飛行機の航空会社まで判別可能。
7月から運航を再開したニュージーランド航空の機体を見ることができました。

お泊りの機体が寝ているB滑走路北側のエリアも見えます。
HND2018JULU006R
さらにその奥には、東京スカイツリーも見えました。
お部屋からキレイな夜景を堪能しながら、ビールを頂いて就寝。

宿泊プラン付帯のタクシーでラクラク羽田空港へ

明くる朝の5時ごろ起床して外へ。
HND2018JULW027R
国際線ターミナルから上るキレイな日の出を堪能できました。
多摩川に朝日が反射して幻想的な雰囲気です。

朝日に照らし出される大師橋。
HND2018JULW030R
朝のジョギングに勤しむ皆様の姿もあり。
健康的でイイですねえ。

で、午前6時前にホテルをチェックアウト。
羽田へのタクシーチケット付きプランは、朝6時まで滞在可能な朝食なしのプランなので。
(朝食は7:00AM~)
本当は朝ごはんを食べてから空港に行きたかったけど、致し方なし。

チェックアウトすると・・・。
HND2018JULW014R
既にタクシーが待っていました。
今回は「羽田空港までのタクシーチケット付き!!素泊まりプラン」利用のため、タクシー代は無料。

2018/7/27追記:このタクシーチケット付きプランは無くなってしまったようです・・・

チェックアウト後は、ホテルのスタッフさんが、タクシーのドライバーさんに直接タクシーチケットを渡します。
もちろん、行先のターミナルは第1・第2・国際線のどこでも指定可能。
お迎えの時間も、チェックインするときに自由に指定できるので、運行時間が決まっている送迎バスよりも快適です。
2人以上で利用すれば、お得感がありますね。

では出発!
HND2018JULW036R
行先は羽田空港第1ターミナルにしてみました。
タクシーで空港に行くなんて、なんてブルジョワなんでしょう。

東急REIホテルから羽田空港第1ターミナルへのタクシーのルートはこちら。
FromHotelToHaneda
大師橋経由かと思いきや、首都高湾岸線経由でした。

途中、浮島の工場群を右手に見ながら走行。
HND2018JULW040R
工場マニヤにはたまらない光景です。

川崎浮島ジャンクションから首都高湾岸線へ。
HND2018JULW042R
海底トンネルで多摩川をくぐります。
途中、信号待ちが殆んどないので、速い速い。

ホテルから所用12分で第1ターミナル出発階に到着。
HND2018JULW044R
タクシーのメーターは3790円でした。
高速料金も合わせると、総額4000円以上です。

運転手「既にタクシーチケットを頂いてますので、お支払は結構ですよ~」
私「♪」

なんという素晴らしい優越感。
タクシーのトランクに荷物を入れて運べるし、これはかなり楽ちん・快適です。

2018/7/27追記:この「タクシーチケット付きプラン」は無くなってしまったようです

以上、羽田空港の対岸に2018年6月にオープンしたキングスカイフロント川崎東急REIホテルの宿泊レポートでした。

ホテルの周りには何もないけど、かえって「非日常感」を感じることができました。
今度は朝食つきのプランで、また飛行機が見えるお部屋に泊まりに行きたい、と思えるホテルでした。

キングスカイフロント川崎東京REIホテル宿泊記・まとめ

  • ホテルへの交通の便が悪いのが難点(川崎駅から無料送迎バス or 路線バス or 小島新田駅から徒歩15分)
  • ホテルの近所に飲食店はほとんどないが、近くにセブンイレブンがあって便利。
  • 多摩川(羽田空港)側のお部屋なら眺めが良好。
  • 多摩川側のお部屋でない場合でも、5Fのレストランに行けば空港側の景色を満喫できます
  • 南風ならB滑走路への着陸が見れて楽しいが、北風だと寂しいかも
  • 2Fの大浴場からも、ちょこっとだけ空港が見えてGOOD(男湯のみ)
  • 部屋の設備は新しくてキレイで快適。無料Wi-Fiあり。
  • 無料のペットボトルの水もあり。
  • 多摩川沿いの歩道・サイクリングロードが気持ちよい(お天気次第)

ホテルの詳細はこちら。

楽天トラベル
川崎キングスカイフロント東急REIホテル(2018年6月1日新規オープン)

公式サイト
KAWASAKI KING SKY FRONT TOKYU REI HOTEL

その他の羽田空港周辺ホテルの宿泊体験記はこちら
羽田空港周辺の宿泊施設の体験記

直線距離なら羽田空港国際線から最寄りのホテル?キングスカイフロント川崎東急REIホテル宿泊記その1

2018/07/22
とある週末にやってきたのはJR川崎駅。
HND2018JULT151R
お目当ては、川崎に2018年6月に新規オープンしたという、羽田空港に一番近いかもしれないホテル「キングスカイフロント川崎東急REIホテル」です。

羽田空港とは多摩川を挟んだ対岸にある、やや交通の便の悪いところにあるホテルですが「羽田空港へのタクシーチケット付きプラン」を利用すれば、快適に羽田空港へとアクセスできました。
その体験レポートです。

「キングスカイフロント川崎東急REIホテル」の立地

「キングスカイフロント川崎東急REIホテル」の場所はこちら。

Google Mapで計測したところによると、羽田空港国際線ターミナル入口からの直線距離は1.4 Km。

今までの最寄りホテルだった「京急EXイン羽田」は1.5Kmですので、直線距離だと羽田空港国際線に最も近いホテルということになります。

しかしながら、羽田空港へは大師橋または首都高湾岸線の浮島海底トンネル経由で多摩川を渡らなければならないため、道のりでは「京急EXイン羽田」の方が近いです。

しかし、しかし。
実は現在、この「キングスカイフロント川崎東急REIホテル」のある川崎市殿町エリアと羽田空港を結ぶ連絡橋の建設が進められています(2020年完成予定)。

参考記事(日経TECH)
羽田空港と川崎市を結ぶ連絡橋、9月末に起工式

この橋が完成した暁には・・・
bridge
このホテルは、名実ともに「羽田空港に一番近いホテル」に昇格することになるわけです(空港内にあるホテルを除く)。
連絡橋の完成が待ち遠しいですね。

「羽田空港へのタクシーチケットつき素泊まりプラン」が魅力的

現時点(2018/07)では、この連絡橋はないものの・・・。
rei_plan
楽天トラベルにて「羽田空港までのタクシーチケット付き!!素泊まりプラン」なるものを発見。

2018/7/27追記:このプランは無くなってしまったようです・・・

お値段は一泊10500円ぐらいから(混み具合で変動)。
これは羽田空港早朝便利用時の前泊にイイかも。

というわけで、飛行機には乗らないけど、この「タクシーチケット付き素泊まりプラン」を実際に試してみるべく、ホテルを予約したのでした。
(↑とりあえず試してみないと気が済まない性格)

交通の便はあまりよくないけど

長い前置きはこれぐらいにして・・・。
HND2018JULT004R
JR川崎駅から「キングスカイフロント川崎東急REIホテル」へは、ホテルの無料送迎バスがあります。
時刻表はホテルの公式サイトにあります
バスというよりは、13人乗りのバンですが。
羽田空港への送迎バスがないのは、やや残念なところ。

バスは京浜工業地帯を抜けて・・・。
HND2018JULT023R
一路ホテルへと向かいます。

ホテルの最寄り駅は京急大師線の終点・小島新田駅ですが、徒歩15分ぐらいかかるとのこと。
平たくいうと「陸の孤島」的な場所にありますので、送迎バスを利用するのがよいでしょう。

川崎駅から送迎バスで走ること20分少々。
HND2018JULT034R
「キングスカイフロント川崎東急REIホテル」に到着しました。

周りにあるのは、公園とオフィスビル?と住宅地と工場のみ。
ホテルの近くにセブンイレブンがありました。
ご近所に飲食店はほとんど見当たらなかったので、飲み食いはホテル内のレストランまたはコンビニを利用することになります。

ホテルの北側には多摩川が広がります。
HND2018JULT087R
サイクリングロードが整備されていて、のどかな雰囲気。

対岸には、羽田空港のB滑走路、駐機場、国際線ターミナルが見えます。
(*゚∀゚)=3

早朝便利用時の前泊のため、というよりは、都会の喧騒から離れて、空港を眺めながらのんびり過ごすために滞在するのもよいかもです。

おしゃれなカフェスペースを併設したホテルのロビー

外は猛暑なのでさっさとホテルに入ります。
HND2018JULT038R
チェックインは15:00からですが、既にお部屋の準備ができているとのことで、14:30ごろチェックインさせて頂きました。

広いフロントロビーには、オシャレなカフェスペースがあり。
HND2018JULT037R
コンセント付きのテーブルもあるし、無料Wi-Fiも使えるという快適空間。

新しくて快適な客室へ

チェックインを済ませて、お部屋へ。
HND2018JULT105R
新築のホテルのかほりがします。

自室に突入。
HND2018JULT048R
今回は、最上階5Fの羽田空港側(プレミアムクイーンダブル)のお部屋にさせて頂きました。

19平米で、1泊約14000円ぐらい。
「プレミアム~」は最上階5Fのお部屋のため、ややお値段高めです。
どのお部屋が羽田空港(多摩川)側なのかは、公式サイトの「客室」に記載があります。

ちなみに・・・

  • 「スーペリアダブル」は2~4階の公園側
  • 「スーペリアクイーン」は2~4階の羽田空港(多摩川)側

とのこと。

まずは、カーテンを開け放ちます。
HND2018JULT061R
おお~!

多摩川が広がっていて、メチャよい眺めです。
HND2018JULT070R
これは素晴らしい。
羽田空港のすぐ近くに、こんな開放的な空間があったとは・・・。
川沿いのサイクリングロードを散策するのも気持ち良さそうです(涼しくなったら)。

多摩川の対岸には・・・。
tiat_from_kawasaki
絶賛拡張工事中の羽田空港国際線ターミナルが見えました。

B滑走路も見えます。
HND2018JULU003R
ちょうど南風運用時だったので、次々と飛行機が着陸してきます。
これはたまらん。
(*゚∀゚)=3

窓際には小さなテーブルと椅子があり。
HND2018JULT069R
コンセント付きです。
無料WI-Fiも問題なく使えました。

しかしながら・・・。
HND2018JULT072R
13インチのノートPCを広げるにはやや狭いか。

ベッドの横にはコンセント、USBポートあり。
HND2018JULW005R
ベッドの上でスマホやPCの充電ができて非常に便利です。
「ベッド脇のコンセント」は最近のホテルの標準装備になりつつあります。

テレビは東芝製。
HND2018JULT049R
安心と信頼の日本メーカー製です。

テレビでは・・・。
HND2018JULT123R
ホテル内の施設の営業時間や、川崎駅へのシャトルバスの時刻表などを表示させることができます。
もちろん放送(地上波・BS)も見れます。

テレビの下の引き出しの中には・・・。
HND2018JULT114R
ペットボトルのお水2本あり。
これはありがたいです。
ポットもあり。

冷蔵庫は空っぽ。
HND2018JULT118R
近くのセブンイレブンで酒を買ってきて冷やしておくことも可能。

スリッパあり。
HND2018JULT051R
ホテル2Fの大浴場へ行く場合には、履いていってよいとのこと。
ホテル内のレストランに行くのにスリッパはNG。

部屋着もありました。
HND2018JULT135R
ワンピースタイプなので、足がスースーします。
下半身が冷えるのが嫌な場合は、スウェット等を持参してくるのがよいでしょう。

水回りへ突撃。
HND2018JULT124R
トイレはウォシュレット。
シャワーとは独立しています。

シャワーブース。
HND2018JULT129R
お湯の出具合は全く問題ありません。
湯舟はありませんが、2Fに大浴場があるので、お風呂につかりたい方はそちらへ。

特筆すべきはこちら。
HND2018JULT130R
シャンプー(S)、コンディショナー(C)、ボディーソープ(B)が大きな字で書かれています。
シャワーを浴びるときはメガネを外しているので、字が小さいと読めないんですよね・・・。
このようにデカデカと書かれていると、老眼のおじさんには非常にありがたいです。

アメニティ類も充実。
HND2018JULT126R
ヘアブラシの他、歯磨きセット、髭剃りなど。
最低限のものは揃っているので、手ぶらで来ても大丈夫。

というわけで・・・。
HND2018JULT054R
2018年6月にオープンしたばかりの新築ホテル「キングスカイフロント川崎東急REIホテル」の概要と客室のご紹介でした。

長くなったので、

  • 徒歩3分ぐらいのところにセブンイレブンあり
  • 1Fにカフェ、自転車屋、卓球台あり
  • 2Fに辛うじて羽田空港が見える大浴場(女湯は公園側)と、トレーニングジムあり
  • 5Fに羽田空港を一望できるレストランあり
  • 羽田空港の夜景を堪能
  • タクシーで羽田空港へ

については、次回の記事「その2」へ続きます。

ホテルの詳細はこちら。

楽天トラベル
川崎キングスカイフロント東急REIホテル(2018年6月1日新規オープン)

公式サイト
KAWASAKI KING SKY FRONT TOKYU REI HOTEL

その他の羽田空港周辺のホテル宿泊記はこちら
羽田周辺のお宿体験記

羽田空港第2ターミナル・展望デッキにて「SORA GARDEN」が営業を再開していたの編

2018/07/21
こちらは羽田空港国際線第2ターミナルの展望デッキ。
HND2018JULC047R
今日も暑い~。
暑すぎて人影もまばらです。

展望デッキ入口には・・・。
HND2018JULC048R
「熱中症にご注意!」の注意書きがあり。
あまり長時間外に出ないようにしましょう。

そんな展望デッキ北側に・・・。
HND2018JULC057R
むっ。
かき氷屋さん登場。

このお店は「SORA GARDEN」。
かき氷の他、ビール類も売っているようです。

去年の夏ぐらいに一度オープンしたものの、最近は店を畳んでいました。
夏休みが近づいて来て、お客さんが増えてきたとみるや否や、再び営業を再開したようです。

展望デッキのテーブルは・・・。
HND2018JULC058R
天井に「日よけ」がありますが、暑いことに変わりなし。

天井からは、ノズルから霧がシューっと噴霧されていますが・・・。
HND2018JULC059R
全く効き目がありません。

しばらく外にいただけで汗だくになってきました。
暑すぎて、かき氷を買うまでに至らず退散・・・。

皆さまにおかれましても、熱中症にはくれぐれもご注意くださいませ。

羽田空港の空弁「賛否両論・季節の二段重(夏)2018」

2018/07/18
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルにて入手したこちらの季節の空弁です。

「賛否両論・季節の二段重(夏)2018」税込み価格1620円
HND2018JULC026R
製造元は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
「賛否両論」は東京・恵比寿にある人気の日本料理屋さんとのこと。

以前に春バージョンを頂いたことがあります。
羽田空港の空弁「賛否両論・季節の二段重(春)2018」

今回は、季節によって何がどう変わるのかを調査すべく、夏バージョンを購入してみました。

「二段重」ですので、お弁当は二段式。
HND2018JULC032R
お弁当の蓋を開けるときのワクワク感を2度楽しむことができます。

こちらが下段のご飯の部。
HND2018JULC034R
春バージョンのご飯の部とは、かなり内容が異なります。
メインはひじきご飯に、鶏そぼろ、卵焼きそぼろをトッピングしたもの。
そら豆が入っているのが夏らしさを感じます。
ミニお結びには、ちりめんじゃことピーマンの炒め物、ツナなどが乗っています。
左上にある「いぶりがっこのチーズ載せ」は、春バージョンにも入っていました。

お味の方は・・・
メチャメチャ美味しいです(涙)。
ビジネスクラスの機内食に出てきてもおかしくないレベル。
おかずがなくても、ご飯の部だけでドンドンお箸が進んでしまいます。

続いて上段のおかずの部へ。
HND2018JULC033R
メインは中央の白身の焼き魚。
酒粕の香りが魚の味を引き立てていて、ご飯が進みます。
鶏のから揚げと玉葱の酢漬けの組み合わせ(右上)には「甘酢ジュレ」がまぶされていて、サッパリ風味に仕上がっていました。
その他、きんぴらゴボウや牛肉の甘露煮などなど、どれもこれも素晴らしく美味しいです。

冷めていても、これだけ美味しいものが作れる日本のお弁当技術って本当素晴らしい、と改めて思ったのでした。

というわけで・・・。
HND2018JULC035R
「賛否両論・季節の二段重」夏バージョンのご紹介でした。

お値段的にもクオリティ的にも、まさに日本エアポートデリカ様の空弁の最高峰。
羽田空港で東京の有名店の味を堪能してみたい方は是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港国際線・今年も「ほおずき」と「朝顔」が登場して山東航空さようならの編2018

2018/07/15
めちゃめちゃ暑い、海の日の3連休。
HND2018JULD006R
羽田空港国際線展望デッキも猛烈な暑さでした。

でもターミナル内は空調が効いていて涼しい♪
HND2018JULD019R
暑さをしのぎに国際線ターミナルにやってきました。

七夕後の羽田空港国際線には・・・。
HND2018JULD014R
例年どおり「ほおずき」が登場しました。
緑と赤が鮮やかに映えますねえ。

造花ではなくて本物。
HND2018JULC071R
近付くと、ぷうんと甘酸っぱい匂いがします。

鉢植えタイプもあり。
HND2018JULC072R
まだ緑色の「ほうずき」も、徐々に赤く染まっていくことでしょう。

4F江戸小路には・・・。
HND2018JULC075R
こちらも例年通り、朝顔の装飾が登場。
「江戸小路」の看板の周囲に巻き付いているのがソレです。
こちらは生花ではなくて造花。

軒先にも・・・。
HND2018JULC073R
朝顔が発生しました。
こちらも造花なので、メンテナンスフリーです。

4Fおこのみ横丁にも、朝顔のついたてが登場
HND2018JULC102R
一気に夏らしくなりましたねえ。
まだ「風鈴」はついていません。

足元の通気口からは・・・。
HND2018JULC104R
冷た~い空気が噴き出しています。
ひゃー涼しい。

展望デッキのある5Fにも・・・。
HND2018JULC078R
「朝顔タワー」が登場しました。
去年までは、さらに夏が深まると朝顔に「風鈴」が備え付けられていましたが、今年もそうなるのかどうか、楽しみに待つことにしましょう。

そして、おまけ情報。

こちらは国際線5Fのモデルプレーン展示コーナー「AIRLINE & AIRPLANE」。
HND2018JULC086R
久しぶりに機体の数をカウントしてみると・・・。
この間まで39機あったモデルプレーンが、1機減って38機になっている!
どこの航空会社のが無くなったんだろう?

5分ぐらい考えた結果。
HND2018JULC084R
「山東航空」のモデルプレーンが無くなっていることが判明。
確かカタール航空と上海航空の間にいたはず。

山東航空は、2016年8月から羽田~済南線の深夜便(SC8887/SC8888)を運航していました。
深夜便でかつ週3便のみ運航という地味路線でした。
羽田空港国際線・山東航空がいつの間にか済南-羽田・深夜便を就航させていたの編

いつの間にか撤退していたんですね・・・。
またいつか羽田に来てくれることを願いましょう。

というわけで・・・。
HND2018JULC101R
夏真っ盛りでも館内は涼しい羽田空港国際線でした。

暑さをしのぎに?是非どうぞ。

羽田空港国際線・インドネシアフェアを開催していたのを思い出したの編

2018/07/14
そういえば1週間前の7/7のこと。
HND2018JULYA075R
羽田空港国際線ターミナルでは、7/6(金)~7/8(日)の3日間にわたって「インドネシア・フェア」を開催していたのでした。
記事にするのをすっかり忘れていた・・・。

今年(2018年)は・・・。
HND2018JULYA090R
日本インドネシア国交樹立60周年とのこと。
それを記念してインドネシアフェア開催、ということのようです。

メイン会場の4F広小路では・・・。
HND2018JULYA079R
インドネシア各地の観光スポットの美しい写真を多数掲示。
以前に訪れたことのある世界遺産「ボロブドゥール」の写真もあって、気分が盛り上がります。

ガルーダ・インドネシア航空様のブースもありました。
HND2018JULYA100R
羽田空港国際線から、ジャカルタ行きの直行便を毎日1便運航中。
今回ANAのブースはありませんでしたが、ANAは羽田-ジャカルタを1日2便運航しており、両社合わせて毎日3便が羽田-ジャカルタ間を往復しています。

ガルーダの羽田-ジャカルタ線の機材は・・・。
HND2018JULYA003R
ボーイング777-300ERとのこと。
機内食はナシゴレンなのだろうか(←偏見)。
まだ乗ったことがないので、いつかは乗ってみたいものです。

今回は「ヌサ・トゥンガラ諸島」推しらしい。
HND2018JULYA006R
左端にあるのがバリ島。
そのバリ島の東側に広がる島々がヌサ・トゥンガラ諸島。
「コモドドラゴン」を擁する世界遺産・コモド国立公園が有名です。
手つかずの自然が多く残っているとのことで、是非とも1度は行ってみたいところ。

「コモドドラゴン」って何?という方のために・・・。
HND2018JULYB009R
ガルーダ航空のブースの対面には、コモドドラゴン(コモドオオトカゲ)の実物大写真があります。
かなりデカイ(体長200センチ)。
(((((( ;゚Д゚))))))
噛みつかれたらヤバそうです。

ガルーダ航空のブースでアンケートに答えて、ガラガラ抽選に挑戦。
HND2018JULYA101R
末等のティッシュでした。ざんねん。
今度インドネシアに行ったときに、有難く使わせて頂きます。

ガルーダ航空の「ガルーダ」って何?という方のために・・・。
HND2018JULYA011R
「ガルーダ」の置物がありました。
ややグロテスクな感じです。

説明書きによると、ガルーダとは・・・

インド神話に登場する、炎のように光り輝き熱を発する神鳥。
鷲の頭とくちばし、翼と爪、脚を持ち、顔は白く、翼は赤く、全身は金色に輝いています。

とのこと。
日本でいうところの「火の鳥」?

で、4F江戸舞台では・・・。
HND2018JULYA091R
インドネシア民族音楽のイベントなどがあり。
竹で作られたインドネシアの楽器「アンクルン」の演奏をやっていました。
カラカラカラ・・・と、涼しげな音色で「Departure」などを演奏。
素晴らしい。

5FのE>DO HALL(イードゥ・ホール)では・・・。
HND2018JULYA104R
インドネシア関連のワークショップや昆虫グッズの販売などがあり。

先ほどの楽器「アンクルン」をいぢれるコーナーもありました。
HND2018JULYA127R
縦の棒を左右に揺すると、縦の竹の棒が矢印の方向に揺れて、下の棒とぶつかり合うことによって音が出ます。
言葉だけでは説明がムズカシイ。

縦の竹の棒の長さによって、音程が変わるという仕組み。
HND2018JULYA001R
左から順に、ドレミファソラシド~の8種類の音階を鳴らすことができます。
なるほど~。
昔の人はよく考えましたねえ。

というわけで・・・。
HND2018JULYA099R
2018/7/6~7/8にかけて行われた「インドネシア・フェア」のご紹介でした。

展示エリアが4Fの広小路・江戸舞台・5Fの EDO HALLのみ、とややこじんまりとしたイベントでしたが、羽田に居ながらにしてインドネシアを感じることができました。
果たして次はどの国のイベントが行われるのか、楽しみです。

羽田空港の空弁「崎陽軒・おべんとう夏」

2018/07/11
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナル地下1FのANA FESTAにて入手した、こちらの期間限定空弁です。

崎陽軒・おべんとう夏 700円(税込)
HND2018JULYB002R
製造元は、横浜市西区の崎陽軒様。
崎陽軒の季節のお弁当シリーズの夏バージョンです。

その他の季節のバージョンはこちら。

今回の「おべんとう夏」で、ついに5種類全制覇となりました。
\( ̄▽ ̄)/

では蓋をオープン。
HND2018JULYB008R
お弁当の容器と仕切りは各季節で共通ですが、具材が異なります。
夏バージョンのごはんは、葉大根とちりめんじゃこのご飯でした。
サッパリとした葉大根の風味が、夏の暑さを忘れさせてくれます。
鯵のフライはややこってりですが、それ以外のコンニャク煮、酢の物、枝豆のしんじょう煮などのおかずはサッパリとしたヘルシー系。
お馴染みのシュウマイ2個も入っていて700円(税込)という、非常にコストパフォーマンスの高いお弁当です。
第2ターミナル(ANA側)からご出発の際には是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)