タグ別アーカイブ: AIRLINE&AIRPLANE

羽田空港国際線「AIRLINE & AIRPLANE」に早くもニュージーランド航空登場の編

2017/08/06
早くもニュージーランド航空が登場!
HND2017JUL-017_FR1
「さわやか純白塗装」バージョンですね。
(*゚∀゚)=3 カッコイイ

こちらは羽田空港国際線5Fの「TIAT SKY ROAD」の「AIRLINE & AIRPLANE」コーナー。
HND2017JUL-021_FR1
現在羽田空港国際線に定期便(コードシェア除く)を就航させている航空各社のモデルプレーンが展示されているコーナーです。
先月(2017年7月21日)から、ニュージーランド航空が深夜定期便の運航を開始したのを受けて、そのモデルプレーンが追加されたというワケです。
いつもは就航開始後3カ月ぐらいたってからの設置でしたが、今回は就航後約2週間という短納期での登場でした。

もちろんネームプレートも登場。
HND2017JUL-019_FR1
ニュージーランド航空の2レターコードは、そのまんまの「NZ」。
展示機材は現在就航中の機材と同じボーイング787-9です。

これで史上最多の全39機体勢に。
HND2017JUL-020_FR1
かなりセパレーション(機体間距離)が短くなってきました。
ちなみに、ニュージーランド航空の英語名は「AIR NEW ZEALAND」なので、「AIR FRANCE」と「ANA」の間に配置されました。

さらに追加情報。
HND2017JUL-015_FR1
エアカナダのモデルプレーンが、新塗装のボーイング777-300ERに変わりましたね・・・。
パッと見、デルタ航空みたいな感じになりました。

というわけで、全39機の展示となってさらに賑やかになった、国際線5Fの「AIRLINE & AIRPLANE」コーナーでした。
就航中の機材や航空会社に合わせて、地味に展示機材が追加されたり、入れ替わったりしています。

あっ!
HND2017JUL-026_FR1
以前はエアバスA330-200だったベトナム航空も、2017/3/26から羽田-ハノイ線に投入された最新のエアバスA350-900に変わっていますね。
「AIRLINE & AIRPLANE」コーナー初の「A350」の登場です。
あやうく見逃すところだった・・・。
羽田空港国際線に来る機会が多い方は、展示機材の違いを毎回チェックしてみるのも面白いかと思います。

今が見ごろ?羽田国際線就航全38社のモデルプレーンがついに勢揃いの編

2016/06/19
ついにコンプリートしました。
HND_2016JUN_041_S4
最後の1社、中国南方航空(CZ)のエアバスA330-200型機のモデルプレーン登場です。

ここは、羽田空港国際線5F「AIRLINE & AIRPLANE」コーナー。
HND_2016JUN_044_S4
これで羽田国際線就航中(コードシェア便除く)の航空会社・全38社のモデルプレーンが全て揃いました。
うーん、壮観です。

かなりの過密状態となりました。
HND_2016JUN_039_S4
ここに沢山の飛行機がある、ということは、それだけ日本を取り巻く航空業界が潤っているということ。
この展示は、単にマニヤな展示なだけではなく、世界経済の鏡でもあるわけです。

ちなみに、約2年前にこのコーナーが出来たばかりの頃は、こんな感じでした。
IMG_AA_20140828_R
当時は20社前後だったため、十分に余裕があり、スキスキスーでした。
ここ2年で、就航会社数がほぼ倍増したことになります。

今後は・・・。
今年の秋から羽田国際線の「米国枠」の運用が始まるものの、すでにAAもULもDLもHAも就航中ですので、新規の航空会社の就航にはならなさそうです。
また、今後の政治・経済の動向によっては、就航会社の数が減少する可能性もあります。
その場合、このコーナーに展示されている飛行機の数も減っていくことになるのだろうか。
撤去されたモデルプレーンは、「空の日」イベントでオークションにかけられる(想像)。
そうなると、ちょっとシュールな展示になるかも、ですね・・・。

羽田空港国際線「AIRLINE & AIRPLANE」にモデルプレーンが5機追加されるの編2016/06

2016/06/12
羽田空港国際線5Fの「TIAT SKY ROAD」にある「AIRLINE & AIRPLANE」コーナー。
HND_2016JUN_065_S2
羽田空港国際線に就航している航空各社のモデルプレーンを展示しようとしているコーナーです。
しかし、昨年末から今年の春にかけて新規就航が相次いでいたため、モデルプレーンの追加が追い付いていない状態が続いていました。

そんな中・・・。

ムムッ!(川平・・・以下略)
HND_2016JUN_066_S2
アメリカン航空(AA)の最新鋭機ボーイング787-8 (N812AA)が追加されているのを発見。

2015年12月を最後に、モデルプレーンの追加が止まっていたので、もう諦めたのかと思っていました。
実は秘密裏に発注作業が行われていたようです。
このアメリカン航空は、2016年の2月から羽田-ロサンゼルス線に再就航を開始しています。
このコーナーが設置された当時は羽田に就航していなかったため、今回初めてモデルプレーンが追加されました。

中国の海南航空(HU)も登場。
HND_2016JUN_024_S3
機材はボーイング737-800。
同じ海南航空系列の天津航空と似たような塗装です。
2015/12から北京-羽田の深夜便を運行中

中国のLCC、奥凱航空(BK)のボーイング737-800も追加OKです。
HND_2016JUN_068_S2
こんなマイナーなモデルプレーンまであるとは・・・。
この奥凱航空は、2016年1月から羽田-天津の深夜便に就航を開始しています。

台湾のLCC、タイガーエア台湾(IT)も登場。
HND_2016JUN_070_S2
機材はエアバスA320-200。
タイガーエア台湾も、奥凱航空とほぼ同時期の2016/01に羽田-台北桃園の深夜便に就航を開始しています。
黄色と黒のタイガーなデザインがカッコイイです。

同じく台湾のLCC「Vエア(ZV)」のモデルプレーンも登場。
HND_2016JUN_073_S2
機材はエアバスA321-200。
こちらは2016/3/11から、羽田-台北桃山の深夜便に就航を開始しています。
このVエアが、最も最近に就航を開始したエアラインで、羽田就航38社目になります。

これで全航空会社のモデルプレーンが揃ったかに思われましたが・・・。
羽田就航全38社に対して、モデルプレーンの総数を数えてみると37機。
あれ?
まだあと1機足りない・・・。

残る1社はこちら。
HND_2015OCT_DSC03020_R
2015年10月に羽田-広州線に就航した中国南方航空(CZ)
モデルプレーンの納期が遅れたのか、発注し忘れただけなのかは不明。

というわけで、かなり車間距離(機体間距離)が詰まってきました。
image
少しずつ詰めれば、まだあと数機は追加できそうです。
全38社コンプリートまであと少し。
楽しみに待つことにしましょう。