「国際線」タグアーカイブ

2019年6月の羽田空港国際線いろいろの編

2019/06/09
いよいよ令和最初の梅雨入りとなった羽田空港。
HND2019JUNC182R
今回は、2019年6月の国際線の様子について、非常に細かい話題をお送りします。

展望デッキのあちらこちらを地味に改修中

こちらは展望デッキの中央部分。
HND2019JUNC193R
今まで囲いに覆われていた展望デッキ中央付近の工事が終わっていました。

どこが新しくなったのかというと・・・。
HND2019JUNC179R
・・・?
う~ん、よく分かりません。

工事の貼り紙には「床デッキ更新および足元灯増設」みたいなことが書かれていたので・・・。
HND2019JUNC197R
この足元灯の数が増えたとか?

さすがに私をもってしても、そこまでマニヤックな記録はないので、正確なことはよく分かりませぬ。
<(_ _)>

いずれにしても、そんなに大規模なリニューアル工事ではないように見えます。
こういう地味なメンテナンスも大事ですよね。

こちらは「EXPASA CAFE羽田」付近。
HND2019JUNC181R
お次は、このあたりが囲いに覆われて改修工事中となっていました。
お店の中から外が見えない状態となっています。
工事完了までの間、しばらく我慢。

反対側のプラネタリウム付近も・・・。
HND2019JUNC196R
地味に囲われていました。
結構広い面積が囲われています。
こちらも補修レベルの改修工事?なのだろーか。

2010年10月のオープンからおよそ8年半が経過し、メンテナンスが必要な時期になってきたっぽい羽田空港国際線の展望デッキなのでした。

4F江戸小路の「EDO食賓館(名産館)」が閉店

こちらは4F江戸小路のお土産物屋さんの「EDO食賓館(名産館)」。
HND2019JUNC201R
あれ、閉店?

と言っても、江戸小路のお土産屋さんの全てが閉店したわけではなくて・・・。
HND2019JUNC204R
江戸舞台に向かって右側半分の店舗(名産館)のみの閉店のようです。
残る左側半分は絶賛営業中。

「EDO食賓館」の文字も撤去されて・・・。
HND2019JUNC202R
お約束の貼り紙がありました。

貼り紙によると「誠に勝手ながら、EDO食賓館(名産館)は、2019年5月12日をもって閉店いたしました」とのこと。
閉店したほうの区画は「名産館」という名前だったんですね!(そっちかい)
次にどんなお店がやってくるのか、楽しみに待つことにしましょう。

元の場所の団体バス乗り場が稼働開始

以前にお伝えしましたように・・・。
HND2019JUNC127R
国際線の団体バスのりばが、元の場所に帰ってきました。
無事の復活おめでとうございます。
巷ではほとんど話題になっていませんが。

こんなような感じで・・・。
HND2019JUNC131R
第2ゾーンとを結ぶ通路の一部「白い三角の建物」に、上空を覆われる形になりました。
3Dな構造になりましたねえ。

先週まで使われていた、仮設の団体バスのりばはどうなったのかというと・・・。
HND2019JUNC102R
速攻で取り壊されていました。早っ(笑)。
今後の工事の展開を楽しみに見守ることにしましょう。

というわけで、2019/06の羽田空港国際線の話題いろいろでした。

羽田空港国際線の団体バス乗り場が元の位置に戻って来るの編

2019/06/02
こちらは羽田空港国際線ターミナルの・・・。
HND2019JUNA044R
現在絶賛工事中の空中歩道の工事現場です。
この白い三角屋根の建物は、その空中歩道の一部の建物なのですが、まだ工事中のため、建物内に入ることはできません。

将来的には・・・。
HND2019JUNA045R
この黄色い矢印の方向に、空中歩道橋を伸ばして、お隣の「第2ゾーン」に建設中のホテル群に接続する計画となっています。

しかしながら、この矢印の延長線上には・・・
HND2019JUNA051R
2018/08/31に移設した「暫定団体バスのりば」があるため、まだ工事に着手できていません。

この暫定団体バスのりばは、先ほどの白い三角屋根の建物を建設するために移設したものです。
団体バスの他、羽田空港周辺のホテルの送迎バスの発着にも使われているので、利用したことがある方も少なくないはず。
しかし「白い三角屋根」が完成した今となっては、逆に工事の邪魔になってしまっている状況です。

そんな中・・・。
HND2019JUNA074R
先ほどの三角屋根の下に、バスの駐車場らしきスペースが地味に完成しているのを発見。
いよいよか?(なにが?)

というわけで、元の団体バスのりばへ行ってみると・・・。
HND2019JUNB098R
おお!
バスのりばが復活している。
(*゚∀゚)=3 ←地味に興奮

以前は、工事の仮囲いに覆われていたのが、取り払われてフェンスになっていました。
その向こうには、真新しいアスファルト上にフレッシュな白線が引かれ、大型バス8台分の駐車スぺースが出来上がっています。
いつの間にやら、今すぐにでも運用可能な状態になっていました。

そして「お知らせ」の貼り紙を発見。
HND2019JUNB101R
貼り紙によると「令和元年(2019年)6月3日(月)午前10時より、暫定バス乗り場への移設が解除され、元の団体バス乗り場が利用可能になります」とのこと。
こんなに早いタイミングで戻ってくるとは予想外。

「案内図」を使って図解。
danda-bus-noribe
現在、少し離れた場所にある「暫定団体バスのりば」が、約9か月ぶりに「元の団体バスのりば」に戻ってくることになります。
2F到着階に近い場所になるので、利用者にとっては元の便利な状態に戻る形になります。

折角なので・・・。
HND2019JUNB104R
最後の暫定団体バスのりばを見に行ってみることに(←物好きな人)。

後ろを振り返ると・・・。
HND2019JUNB002R
三角屋根の建物の端っこに、ぽっかりと四角い穴が開いていて、空中歩道が延長されるのを待っている姿を見ることができました。

この先に空中歩道を作って・・・。
HND2019JUNB009R
あの建設中の巨大ホテルに接続する計画になっているわけです。
どんな感じで繋がるのか、楽しみですねえ。

その工事のために・・・。
HND2019JUNB007R
こちらの暫定団体バス乗り場は、約9か月の役目を終えたのでした。
ご苦労様でした。

団体バスのりばが、今までよりも近い場所に戻るだけなので、そんなに迷うことはないかと思われますが、ホテル送迎バスご利用の際は、各ホテルのウェブサイトの案内をよく確認しましょう。

羽田空港国際線「AIRLINE & AIRPLANE」からニュージーランド航空がいなくなるの編

2019/06/01
こちらは羽田空港国際線5F・TIAT SKY ROADの「AIRLINE & AIRPLANE」コーナー。
HND2019MAYV196R
羽田空港国際線に就航している航空各社のモデルプレーンが展示されています。

先週(2019/5/25)通りがかったところ・・・。
HND2019MAYV197R
むむっ。
いつも先頭を飛んでいた「エアアジアX」の位置が違うッ

総機数をカウントしてみると、今まで38機だったのが、37機に減っています。
このところ、ずっと変化が無かったので、油断しておりました。
うーむ、一体どの航空会社が密かに脱落したのだろうか・・・。
追加された場合はすぐ分かるのですが、「何が減ったか」を割り出すのには時間がかかります。

5分ほど考えて、ようやく消滅した航空会社が判明。
HND2019MAYV202R
以前は赤丸のポジションにいた「AIR NEWZEALAND(ニュージーランド航空)」がいなくなったようです。

確かに、ゴールデンウィーク明けまで運休だったはずが、休みを明けても運航を再開しないので、気になっていたところです。
モデルプレーンが撤去された、ということは、ついに羽田から撤退したということなんでしょうかねえ。
このモデルプレーンコーナーから撤退した航空会社は、台湾の「V-Air」、中国の「山東航空」に次いで3社目になります。

で、ここでひとつ気になることが。

以前は・・・

  1. AIR ASIA X (上段)
  2. AIR CANADA (下段)
  3. AIR CHINA (上段)
  4. AIR FRANCE(下段)
  5. AIR NEWZEALAND(上段)
  6. ANA(下段)

と、キレイに英語の航空会社名のアルファベット順に並んでいましたが。
今回「AIR NEWZEALAND」を撤去し、上段の「AIR ASIA X」と「AIR CHINA」を一つずつ後ろにずらしてしまった結果・・・

  1. AIR CANADA(下段)
  2. AIR ASIA X(上段)
  3. AIR FRANCE(下段)
  4. AIR CHINA(上段)
  5. ANA(下段)

と、順番が乱れてしまいましたね。
(¬_¬)  ←細かい人

でもまあ、私以外にこんなことに気付く人はいないと思われるので、問題ないでしょう(笑)。

というわけで、37機体制となった国際線5Fの「AIRLINE & AIRPLANE」コーナーでした。

羽田空港国際線に紫陽花の季節到来の編2019

2019/05/26
こちらは羽田空港国際線の出発ロビー中央付近。
HND2019MAYV154R
今年も紫陽花(あじさい)の季節がやってきました。
今年(2019年)は、3F出発ロビー中央にも生花の紫陽花を設置。

説明書きによると、紫陽花は英語で「hydrangea(ハイドランジャ)」。
中国語で「八仙花(ばーしえんふわー)」とのこと。

チェックインカウンターの端っこにも・・・。
HND2019MAYV159R
紫陽花が登場。
ただしこちらのものは造花と思われる。

メイン会場は、4F広小路の一帯。
HND2019MAYV170R
茶寮伊藤園の周辺も、色とりどりの紫陽花で彩られました。
記念撮影をする外国人観光客様が多数。

今年(2019年)から新たに登場したオブジェクトがこちら。
HND2019MAYV164R
「TOKYO HANEDA INTERNATIONAL AIRPORT」の看板です。
確かに、これと一緒に撮れば、後でどこで撮った写真なのかが明確になります。

あと、この台座の部分。
HND2019MAYV171R
ややカラフルなデザインになって、清涼感が出ましたね。
これも去年からの変化点です。

ちなみに、去年(2018年)の紫陽花はこちら。
羽田空港国際線・紫陽花の季節がやってきたの編2018

4F江戸舞台にも。
HND2019MAYV175R
見事な紫陽花の飾りつけが登場しました。
今年は、和傘は無くて、丸や四角の和紙?の飾りでした。

その近くに・・・。
HND2019MAYV173R
いつの間にやら、5Fに設置されている「ポケモンスタンド」のPRオブジェが登場。
「ポケモンスタンド」は、国際線の出国後エリアにも1台設置されています。

4Fおこのみ横丁には・・・。
HND2019MAYV212R
こちらも、去年とは異なるタイプの紫陽花の鉢植えが登場。

台の上に乗っているので・・・。
HND2019MAYV215R
こんな感じで、しゃがまなくても、〇ンスタ映えする写真が撮れるようになりました。
細かいところに配慮しますねえ。

5Fのお祭り広場へ。
HND2019MAYV204R
紫陽花が出現。
こちらは例年どおりです。

というわけで、今年の紫陽花は、台座部分や「TOKYO HANEDA INTERNATIONAL AIRPORT」の看板など、細かいところがバージョンアップした印象。
一足先に梅雨入り?した羽田空港国際線でした。

羽田空港国際線・平成最後の保安エリアいろいろの編2019/04

2019/04/27
「平成→令和10連休」初日の羽田空港国際線は・・・。
FHN2019APLU019R
朝6時ごろのオープン前のANAのカウンターは長蛇の列でした。
ビジネスクラスですらこんなに並んでいるのは、初めてかも。

そんな羽田空港国際線から、私も海外に出かける機会がありましたので、平成最後の保安エリアの様子についてお伝えしたいと思います。

保安エリア中央の免税品店と両替店がリニューアルオープン

朝6:40頃。
FHN2019APLU027R
チェックインが終わるや否や、速攻で保安検査場を抜けて保安エリアへ。
保安検査場が混雑する前に通過出来て良かったです。

出国審査は、日本人のみ顔認識自動化ゲートになっているのは以前にお伝えした通り。
各ゲートに2,3人ほど並んでいましたが、すぐに通過できました。

自動化ゲートを抜けた後に、出国スタンプを押してほしい人用の有人カウンターがあります。
スタンプが不要な人は素通りして良いのですが、そうとは知らずそこに並んでしまう人が続出。
スタッフの方が「スタンプが不要な方は並ばなくて結構でーす!」と何度も案内しておられました。
いろいろと大変ですねえ。

さて、約半年ぶりにやってきた保安エリアは・・・
FHN2019APLU028R
中央の免税品店のリニューアル工事が終わっていました。
あまりお買い物しない人なので、以前と比べてどうなったのかはよく分かりませんが、きっと広くなった?のでしょう(テキトーですみません)。

さらにその奥には・・・。
FHN2019APLU030R
外貨両替コーナーが復活していました。

ここでユーロに両替しようとしたものの。

スタッフ様「あいにく今、ユーロは切らしておりまして・・・」
私「えっ」

とのことで、別のお店で両替しました。
まさかもうユーロが枯渇しているとは、10連休恐るべしです。

さらに保安エリアをウロウロ。
FHN2019APLU040R
充電ポールが潤沢に生えていて、スマホ充電し放題なのは以前から変わらず。

まだ、ところどころ工事中の区画がありました。
FHN2019APLU034R
気が付かない間に、地味にリニューアルされていくので油断してはいけません(何を?)。

保安エリアのフードコートのお店が2店舗入れ替わっていた

24時間営業のフードコートへ。
FHN2019APLU044R
朝早い時間であるにもかかわらず、既に多くのお客さんで賑わっていました。
皆さん早起きですねえ。

お店のラインナップをチェック。
FHN2019APLU047R
むっ。
2店舗が入れ替わっています。

以前にハラルカレーを提供していた「ドンピエールジェット」が・・・。
FHN2019APLU049R
天ぷら屋「さき亭」に変わっていました。
おこのみ横丁にある「天ぷらたかはし」と同系列のお店のようです。
天ぷらの他にも、お蕎麦などもあり。

以前はハンバーグ&ステーキ店「POUND YA」だったところは・・・。
FHN2019APLU053R
「MEAT STARS 29」になりました。
なんで「29」なのかと思ったら、「肉」だから「29」なんですね・・・。
メニューは先代のお店と同じような感じです。

モーニング・セットメニューもありました。
FHN2019APLU056R
今までここでお食事したことがないので、ここで朝ごはんにしようかな・・・。

スタッフ様「申し訳ございません、モーニングセットは品切れでして・・・」
私「えっ」

朝6時半ごろ時点で、もう朝メニューが品切れ(準備中?)とは、10連休恐るべし。
諦めてANAラウンジで朝ご飯にすることにします。

141番ゲート付近のPBB増設工事の様子

ANAラウンジへ行く前に・・・。
gate2
現在PBBの増設工事が行われている141番ゲート付近の様子を見に行ってみることに。

PBB増築部分は・・・。
FHN2019APLU069R
かなり出来上がってきました。
思ったよりも増築部分の面積が広いです。

その根元の部分の様子がこちら。
FHN2019APLU104R
ガラス張り部分の一部が工事の仮囲いに覆われています。
工事が完成すれば、ここに新しい増築建屋への入口ができることになります。
このゲートから出発するお客さんだけが入れるエリアなのか、誰でも入れるエリアなのかが気になるところ・・・。

107~108番ゲートの間にも「ポケモンスタンド」登場

さらに戻って、107と108番ゲートの間のエリアへ。
FHN2019APLU132R
ここにも「ポケモンスタンド」があるのを発見しました。
すごいところに設置しましたね。

これで・・・。

国際線ターミナルの出発前エリア5F
羽田空港国際線5Fに「ポケモンスタンド」なる自販機がいきなり登場の編

第1ターミナルのはしっこ
羽田空港第1ターミナルの端っこにも「ポケモンスタンド」自販機が設置されていたの編

と合わせて、合計3台が稼働しているのを確認しました(2019/04当時)。

一応お値段を確認してみます。
FHN2019APLU139R
羽田限定の「パイロットピカチュウ」1730円「CAピカチュウ」1730円など。
免税価格ではなく、出発前エリアの自販機と同じお値段でした。
レアな品物があるかどうかは、詳しくないのでよく分かりません(笑)。
帰国間際の訪日客様が、余った日本円で買ってくれることに期待しましょう。

10連休初日の朝の本館側ANAラウンジは大混雑

一通り保安エリアの巡回(何者?)が終わったところで。
FHN2019APLU149R
朝ごはんを頂きに、SFC特典を行使して本館側のANAラウンジへ。
あちこち歩き回って腹が減った・・・。

やはり10連休初日ということで、朝のラウンジはお客さんで充満。
FHN2019APLU178R
お食事コーナーが修羅場と化していました。
まさに10連休恐るべし、です。
スタッフ様も、食料の補充でメチャ忙しそうでした。
ご苦労さまです・・・。

では、朝っぱらから。
FHN2019APLU176R
うどんと唐揚げとビールでカンパーイして、経由地の香港へと旅立ったのでした。
この時の旅行の様子は、後日旅行ブログにて(半年後ぐらい?)。

というわけで、2019年ゴールデンウィーク初日で大賑わいの羽田空港国際線・保安エリアのレポートでした。
繁忙期に国際線をご利用の方は、チェックインカウンターや保安検査場が混雑しますので、空港へはお早めに。

羽田空港国際線屈指の朝ごはん・銀座おぐ羅の「漁師ダレ真鯛茶漬け」が最高の編

少し前の2019年1月の朝5時ごろ。
SHN2019JANW012R
上海からピーチの深夜便で、夜明け前の羽田空港国際線に帰ってきたときのこと。
うう、眠いし疲れた。

今回は、そんな旅の疲れを癒してくれる、羽田空港国際線屈指の朝ごはんをご紹介します。

到着後、寝ぼけ眼で国際線4F 江戸前横丁の「銀座おぐ羅」様へ。
SHN2019JANW016R
2018年から24時間営業になったおでん屋さん。
こんな朝早い時間でも開いているというのは、大変ありがたいです。

上海では、焼き小籠包(生煎)ばかり食べていたので、和食な朝ごはんが無性に食べたい・・・。

朝限定メニュー「おでん屋のだし茶漬け」をやっていました。
SHN2019JANW019R
こういう寝不足で疲れている朝は、胃にやさしいお茶漬けに限るね。

一番人気と思われる「漁師ダレ真鯛茶漬け」1200円(税別)。
SHN2019JANW021R
お茶漬け以外にも、お漬物や小鉢類がついてくるのがウレシイです。

朝9時ぐらいになると、この「漁師ダレ真鯛茶漬け」だけが売り切れになっていることが多く、以前から気になっていたのでした。
まさに知る人ぞ知る、羽田空港国際線ターミナル屈指の人気朝メニューなのです。

「漁師ダレ真鯛茶漬け」本体にズームイン。
SHN2019JANW022R
茶飯の上にフレッシュな真鯛が乗っています。
これに、あられやワサビなどの薬味を乗せ、アツアツのおでんのお出汁をかけて頂くわけですが、コレがめちゃめちゃ美味しい!

タレがよく絡んだ新鮮な真鯛には、素材そのものの甘みが感じられ、深~い旨味のおでん出汁の組み合わせが最高です。
おでんのお出汁が大変美味しく、一滴残らず飲み干しました。
日本に生まれて良かった~と思える瞬間です。
まさに、羽田空港最強の「5つ星朝ごはん」と言ってよいでしょう。

早朝の羽田空港国際線にご到着の際には、是非どうぞ。

羽田空港国際線のトイレあれこれ

2019/05/04
まずは「羽田空港国際線のトイレあるある」から。

大きなトイレがしたくなり、国際線のトイレに駆け込んだ時・・・。
HND2019HND055R
げげっ!和式トイレ?
ううう、どうしよう。
ガマンしよう。
なんてな経験をされた方も多いのではないでしょうか(私だけ?)。

様々な最新設備が導入されている国際線ターミナルですが、まだ相当数の「和式トイレ」があります。
各トイレに少なくとも1か所は「和式」がある印象。
洋式トイレ世代にとっては、足がシビれたりてしんどいです。
「いやいや、ワシは和式派じゃ!」という方もまだいらっしゃるかとは思いますが。

そんな中、羽田空港国際線公式サイトにて、こんなような告知があり。
toilet
「トイレの洋式化を進めています!」とのこと。
おお~。

告知によると・・・。

  • 国際線ターミナル内の45か所のトイレに、合計82台の和式トイレがあった。
  • 2019年度までにこのうちの66台を洋式化する
  • 残りの16台は和式のまま残す

とのこと。

最近のトイレの洋式化の進行と、外国人訪日客の増加に伴って、和式トイレの洋式化を進めるのだそうな。
時代に合わせて設備を更新していくのは重要なことです。
でもまだ「和式」のニーズが根強くあるんですね・・・。

そういえば最近、国際線のトイレの手を乾かすところに。
HND2019HND033R
こんなようなタッチパネルが出現したのに気が付きました。

このタッチパネル、何かというと・・・。
toilet-touch-panel
トイレの清潔さアンケートのようです。

  • きれい
  • ふつう
  • きたない

の3択で、4か国語に対応。
いつもキレイなので「きれい」をタッチしまくりましょう(キレイな手で)。

そういえば、シンガポールのチャンギ国際空港のトイレにも似た設備がありますよね。
あの「SKYTRAX社 World’s Best Airport 2019」で、7年連続第1位を獲得したチャンギ国際空港様を追い抜いて、第1位を奪取したい!という「ハネダの野望」がひしひしと感じられます。
果たしてどうなることやら。

羽田空港国際線のトイレの便利設備といえば・・・。
HND2019HND054R
こういう「着替え台」が装備されているトイレもあります。
季節が異なる東南アジアへ行く際、服を着替えるのに便利です。

この他にも、全ての大トイレがシャワートイレ対応だし、広くてキレイだし、点字の表記もあったりして、まさに万人にとって快適で使いやすいトイレになっています。

ちなみに国際線1階には・・・。
HND2019HND020R
「ほじょ犬」用のトイレもあります。
月に1回開催されている「国際線ターミナル見学ツアー」に参加すると、内部を見学させてもらえたりします。
人間のみならず、補助犬にとっても快適なトイレ環境となっているわけです。

・・・というわけで。

日本が世界に誇るトイレ文化の粋を結集した羽田空港国際線のトイレあれこれでした。
果たして、2020年にあのチャンギ国際空港を超えられるかどうか、今後に要注目です。

羽田空港国際線・平成最後にして令和最初の鯉のぼり登場の編2019

2019/04/14
さて、平成も残すところあと2週間余りとなった今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

そんな羽田空港第2ターミナル1FのANA FESTAにて。
HND2019HND193R
ついに出た!

「令和紅白まんじゅう」648円(税込)
HND2019APLI002R
いやいや、こんな単純な誘惑に引っかかるわけがないでしょ!

引っかかってしまいました(笑)。
HND2019APLI011R
中身は、普通に美味しいこしあん入りのお饅頭でした。
まんまと「元号ビジネス」の罠に引っかかってしもうた・・・。
「ありがとう平成まんじゅう」とセットでどうぞ。

では気を取り直して(?)国際線ターミナルへ。
HND2019APLH039R
平成最後にして令和最初の「鯉のぼり」と「藤棚」の季節になりました。

去年(2018年)の様子はこちら。
羽田空港国際線・今年も五月人形と藤棚と鯉のぼり登場の編2018

今年(2019年)の鯉のぼりも・・・。
HND2019APLH044R
例年通り「50匹」で増減なしでした。

広小路の藤棚も例年どおり。
HND2019APLH048R
鮮やかな紫色が映えますねえ。

江戸小路の軒先にも、藤棚の装飾(造花)が登場。
HND2019HND160R
これまでの一年間、この藤たちは一体どこに保管されていたのだろうか。

こちらは生花のようです。
HND2019HND238R
藤の鉢植えがあるとは・・・。
初めて見ました。

4Fおこのみ横丁にも・・・。
HND2019HND154R
藤棚(造花)が登場していました。
紫色がキレイです。

ただし・・・。
HND2019HND131R
絶賛工事中のはねだ日本橋の登り口付近は、今年は装飾なし。
そりゃそうか。

3F出発ロビーにも・・・。
HND2019HND155R
藤の鉢植えが登場。
これは去年は無かった新しい装飾です。
4Fに行かずに、とっとと出国エリアに行ってしまうお客さんにも、季節の装飾を見てもらおう、ということなんでしょうかねえ。

同じく出発ロビー中央には・・・。
HND2019HND156R
端午の節句の鎧兜が登場。
こちらは、人形~の久月~♪様のではなくて、吉徳大光様ご提供のものとのこと。

江戸舞台にも、5月人形と鎧兜登場。
HND2019HND185R
こちらは人形~の久月~♪様のものでした。
あのテレビCMのメロディーが頭から離れません。

この日の羽田空港は快晴。
HND2019HND043R
国際線の展望デッキは、一部改修工事中でした。
掲示物によると「床デッキ更新および足元灯増設」の改修工事らしく、工事期間は2019/4/8~2019/5/18とのこと。
飛行機が見える場所は、特に影響なしのようでした。
どのように改修されるのか楽しみです。

続いて2F到着階へ。
HND2019APLD085R
国内線乗り継ぎカウンター近辺は、ターミナル増設工事の影響で多くの区画が工事の仮囲いに覆われています。
そんな中、Air Bic Cameraは逞しく営業を続けているという状況。

そのAir Bic Cameraの店頭にて・・・。
HND2019HND202R
「令和おめでとう 平成ありがとう」セールを発見。
伊藤園のウーロン茶500mlペットボトルが、なんと48円(税別)!
爆安です。
れイイわ~(座布団一枚)。

というわけで、「令和元年」の端午の節句に向けて、準備が整いつつある羽田空港国際線でした。

羽田空港国際線再増築工事・屋根の天窓部分を組み立て中の編

2019/04/07
こちらは2020年に向けて絶賛増築工事中の羽田空港国際線ターミナル。
HND2019APLD200R
イイ感じに屋根が反りあがって来ましたね~。
屋根を支えていた仮設の櫓のようなものは除去されました。

前回の様子はこちら。
羽田空港国際線再増築工事・屋根が組みあがってきたの編

よーく見ると・・・。
HND2019APLD074R
屋根の一部にスキマがあいています。
そのスキマ部分を埋めるように、三角形の天窓を取り付けているようです。

別角度から見てみると・・・。
HND2019APLD058R
巨大クレーンでもって、白い三角形の枠をまとめて乗せている様子が見えました。
この後、この枠にガラスをはめ込んでいくものと思われます。
まさに建設途中の空港ターミナルマニヤにはたまらない光景。

さらに、地上部分では・・・。
HND2019APLD076R
歩道の屋根の部分の延長工事が始まりました。
確かに、ここも伸ばさないとね。

そのため・・・。
HND2019APLD077R
お外の歩道の一部が仮設通路になっていました。
工事が完成するまでの間は、気を付けて通行しましょう。

「サテライトのサテライト」増築工事

で、一方こちらは・・・。
HND2019APLD317R
国際線サテライトに増築中の「サテライトのサテライト」。
新たに2つのPBB(旅客搭乗橋)を設置しようとしています。
こちらも、かなり形が分かるようになってきました。
果たして、これらの搭乗口から乗らない人でも入れるエリアになるのかどうか、気になるところです。

ちなみに、この羽田空港「国際線ターミナル」は・・・。

令和2年(2020年)3月から「第3ターミナル」に改称されます!
(「令和」って言ってみたかっただけ)
まだ「令和」に慣れていないので、江戸時代のような感じがしますが・・・。

第2ゾーンとの連絡通路の工事状況

で、こちらは・・・。
HND2019APLD025R
国際線ターミナルと第2ゾーンのホテル群とを接続する連絡通路部分。
以前、団体バス乗り場があった場所です。
三角屋根の構造物の鉄骨の密度が出来上がってきました。

前回の様子はこちら。
羽田空港国際線・団体バス乗り場跡地に三角屋根の鉄骨が出現の編

まだ、それに続く連絡通路の組み立ては行われていないようでした。
HND2019APLD032R
近いうちに、このあたりを左右に往来できるよう、空中に通路が作られれるものと思われます。

羽田空港跡地「第2ゾーン」開発工事

さらに多摩川寄りのエリアの「第2ゾーン」の状況はこちら。
HND2019APLD039R
かなり出来上がってきました。
奥の建物の鉄骨はほぼ完成に近くなり、手前の建物の鉄骨の組み上げが行われています。
手前のは、かなり横に長~い建物です。
全体としては、V字型の建物になるようですね。

その「V字」の頂点の部分。
HND2019APLD055R
この部分も鉄骨を組み上げて建物を建設中。
完成予想図によると、この建物の屋上に「温浴施設」ができるように見えます。
こちらも完成が楽しみです。

第2ゾーンの工事の詳細はこちらをどうぞ(住友不動産様のサイト)
「羽田空港プロジェクト」のwebサイト

ホテル3棟や温浴施設の他、飲食店、バスターミナル、イベントホールなど様々な施設ができる予定。
これが完成すれば、深夜の国際線ターミナルのベンチの混雑が、少しは緩和されるかも?

というわけで、鉄骨の組み立てが進んで、徐々に工事の全体像が見えつつある羽田空港国際線ターミナルとその近辺の工事状況のレポートでした。
令和2年3月(←まだ言ってる)の完成を楽しみに待ちたいと思います。

羽田空港国際線近くに新撮影スポット誕生?多摩川沿いに「ソラムナード羽田緑地」オープンの編

2019/04/06
こちらは羽田空港国際線近くの多摩川沿いのエリア。
HND2019APLD210R
ホテルなどの建設工事が行われている「羽田空港跡地第2ゾーン」の一部です。

今まで工事中だった川沿いの場所に・・・。
HND2019APLD211R
2019/4/1より、「ソラムナード羽田緑地」なる公園が新しくオープンしました。
こんなに早くオープンする予定だったっけ?

多摩川沿いに作られた堤防の上には・・・。
HND2019APLD215R
遊歩道が整備されています。
これからの季節のピクニックに最適。

で、注目のスポットはこちら。
HND2019APLD222R
小高い場所に展望台が出来ました。

・・・ということは!
HND2019APLD281R
あの邪魔なフェンスを越えて、B滑走路を眺めることができます。
\( ^o^)/
航空機撮影マニヤにはたまりません。

ただし、かなーり遠いです・・・。
HND2019APLD415R
南風運用になると、B滑走路(RWY22)にひっきりなしに降りてくる着陸機を、ほぼ真正面から眺めることができます。
今までとは異なるアングルで撮影できて新鮮です。
かなりの望遠が必要ですが。
北風運用だとつまらないかも。

Panasonic TX1で、目一杯ズームして撮影。
HND2019APLD540R
実際はかなり遠いので、スラストリバーサーの音もほとんど聞こえないです。

こんなような、真横からのスポッター写真も撮影可能。
HND2019APLD485R
ただしチャンスは一瞬ですが。

148番スポットのアメリカン航空は・・・。
HND2019APLD488R
残念ながら、色々な物体に遮られてしまい、機体の上半分しか見えませぬ。

絶賛お昼寝中のカンタス航空のボーイング747-400。
HND2019APLD388R
こちらはフェンスを越えて撮影できました。

モノレールが地下に潜る様子も見えます。
HND2019APLD492R
その後ろには、絶賛増築工事中の国際線ターミナルを眺めることができました。

堤防の上には、同様な展望台が3か所あり。
HND2019APLD238R
B滑走路がよく見えるのは、一番西側にある1か所のみです。

東の方に歩いていくと・・・。
HND2019APLD389R
サテライトに駐機している米国系航空会社の垂直尾翼が、仲良く並んでいるのが見えました。
いかにも国際空港って感じがしてイイですねえ。

何やら無機質なコンクリートの構造物あり。
HND2019APLD247R
これは、現在建設中の「羽田連絡道路」の橋桁。

ここから、多摩川に橋を架けて・・・。
HND2019APLD243R
対岸の川崎市とを結ぶ橋を作ろうとしています。
これが完成すれば、ここから歩いて神奈川県に入県可能に。

工事の詳細はこちら。
多摩川に架かる「羽田連絡道路」の完成予想図を見つけたの編

公園内には「羽田空港船着場」もあり。
HND2019APLD278R
時々、羽田空港の近海を周遊するクルーズ船が運航されていたりします。
いつかはここから船旅をしてみたい。

さらに陸側に目を向けると・・・。
HND2019APLD254R
現在建設中の第2ゾーンのホテルを眺めることができました。
かなり出来上がってきましたね・・・。
豪華客船みたいな形に見えます。

東の方に歩いて歩いて・・・。
HND2019APLD268R
端っこに到達しました。
ここから先はまだ工事中のようです。
こういうのは、行けるところまで行ってみないと気が済まない性質なので。

公園の西端には、トイレもあり。
HND2019APLD214R
出来たばかりなので、キレイでピカピカでした。

というわけで・・・。
HND2019APLD272R
2019/4/1にオープンしたばかりの「ソラムナード羽田緑地」の場所はこちら。
羽田空港国際線から徒歩10分ぐらいです。
天空橋からも徒歩10分ぐらい?

そんなに歩くのはイヤ!という方は、国際線ターミナルから蒲田行きの路線バス(シャトルバスじゃないやつ)に乗って、1つ目の停留所「空港2丁目交差点」で下車すぐです。

お天気のよい日に、お散歩がてら是非どうぞ。

詳細はこちら(大田区公式サイト)
「羽田空港跡地第2ゾーン」内に、「ソラムナード羽田緑地」が開園しました。(平成31年4月1日開園)