タグ別アーカイブ: ベトナム航空

羽田空港国際線「AIRLINE & AIRPLANE」に早くもニュージーランド航空登場の編

2017/08/06
早くもニュージーランド航空が登場!
HND2017JUL-017_FR1
「さわやか純白塗装」バージョンですね。
(*゚∀゚)=3 カッコイイ

こちらは羽田空港国際線5Fの「TIAT SKY ROAD」の「AIRLINE & AIRPLANE」コーナー。
HND2017JUL-021_FR1
現在羽田空港国際線に定期便(コードシェア除く)を就航させている航空各社のモデルプレーンが展示されているコーナーです。
先月(2017年7月21日)から、ニュージーランド航空が深夜定期便の運航を開始したのを受けて、そのモデルプレーンが追加されたというワケです。
いつもは就航開始後3カ月ぐらいたってからの設置でしたが、今回は就航後約2週間という短納期での登場でした。

もちろんネームプレートも登場。
HND2017JUL-019_FR1
ニュージーランド航空の2レターコードは、そのまんまの「NZ」。
展示機材は現在就航中の機材と同じボーイング787-9です。

これで史上最多の全39機体勢に。
HND2017JUL-020_FR1
かなりセパレーション(機体間距離)が短くなってきました。
ちなみに、ニュージーランド航空の英語名は「AIR NEW ZEALAND」なので、「AIR FRANCE」と「ANA」の間に配置されました。

さらに追加情報。
HND2017JUL-015_FR1
エアカナダのモデルプレーンが、新塗装のボーイング777-300ERに変わりましたね・・・。
パッと見、デルタ航空みたいな感じになりました。

というわけで、全39機の展示となってさらに賑やかになった、国際線5Fの「AIRLINE & AIRPLANE」コーナーでした。
就航中の機材や航空会社に合わせて、地味に展示機材が追加されたり、入れ替わったりしています。

あっ!
HND2017JUL-026_FR1
以前はエアバスA330-200だったベトナム航空も、2017/3/26から羽田-ハノイ線に投入された最新のエアバスA350-900に変わっていますね。
「AIRLINE & AIRPLANE」コーナー初の「A350」の登場です。
あやうく見逃すところだった・・・。
羽田空港国際線に来る機会が多い方は、展示機材の違いを毎回チェックしてみるのも面白いかと思います。

羽田空港国際線・ベトナム航空もA350-900を投入の編

2017/03/26
いよいよ今週から国際線の夏ダイヤがスタート。
HND_2017MAR-014_R34
「夏ダイヤ」とは言っても、外はあいにくの冷たい雨が降っていて寒かった・・・。

そんな寒空の下。
DSC09298
やっとキター。
寒いから、早く降りてきてー。

A滑走路(RWY34L)に着陸。
DSC09300
ハノイからはるばるご苦労様でした。

ぐおおおーーんと逆噴射。
DSC09303
やってきたのは、羽田初飛来のベトナム航空のA350-900 (VN-A890)。
2017年の夏ダイヤが始まる3/26から、ハノイ-羽田線(VN384/VN385)に投入された最新機材です。
A350を羽田の定期便に投入するのは、シンガポール航空に次いで、ベトナム航空が2社目です。
定刻は羽田着15:05ですが、この日は40分以上の早着で14:20到着でした。

折り返しのVN385便ハノイ行きは、定刻16:35発。
DSC09322
D滑走路から離陸するため、国際線ターミナルの目の前を横切っていくのを目撃することができました。
機体の形がややメタボ気味なのは、ボーイング787と似ていますが・・・

  • エンジンがギザギザしていない
  • 主翼の先っちょが大きくカールしている

あたりが787との違いになります。
最新のA350-900に、いつかは乗ってみたいものですねえ。

ちなみに、国際線ターミナル5Fのモデルプレーン展示コーナーのベトナム航空機はA330-200。
HND_2017MAR-076_R34
果たして、これがこの先A350-900に変わるのかどうかは不明。
今後の動向をチェックしていきたいと思います。

2015年夏至特別企画・24時間で羽田国際線に就航している全航空会社の飛行機を目撃できるか・その2

2015/06/21
24時間羽田空港国際線に滞在して、就航している全航空会社の飛行機を目撃するシリーズの後編です。
前回までに、6/20正午にスタートしてから約3時間で、全27社中13社まで制覇しました。

前回の記事はこちら
2015年夏至特別企画・24時間で羽田国際線に就航している全航空会社の飛行機を目撃できるか・その1

15:00~16:00の間は暫く動きがないため、空港のカフェで休憩します。
16:00ごろ、展望デッキに戻って活動再開。

各社の使用機材は2015/06当時のものです。

14社目・シンガポール航空SQ632・シンガポールからの到着便(16:02着)
HND_2015JUN_DSC09302_R
機材はボーイング777-200ER (9V-SQM)
午前便・午後便・深夜便の3便を毎日運航中です(2015/06現在)。

15社目・ベトナム航空VN385・ハノイ行き (16:27発)
HND_2015JUN_DSC09311_R
機材はエアバスA321-200 (VN-A606)
駐機場がサテライト棟の144番だったため、A滑走路を離陸するところを撮影。

16社目・キャセイパシフィック航空CX549・香港行き(16:36発)
HND_2015JUN_DSC09325_R
機材はボーイング777-300ER (B-KPP)
2015年夏ダイヤからキャセイの駐機場がサテライト棟側に移ったため、撮影しにくくなりました。

17社目・エールフランスAF274・パリからの到着便(18:26着)
HND_2015JUN_DSC09348_R
機材はボーイング777-200ER (F-GSPK)
ほぼ毎日2便を運航中(2015/06現在)
夏至なので、18:30を過ぎてもまだ十分撮影できるほど明るいです。

ここで、晩御飯へ(「つるとんたん」できつねうどん2玉で満腹)。
夜の部へと続きます。
夜は光量が足りなくてブレブレの写真を量産することになるので大変ですが、APS-Cのミラーレス一眼を使った流し撮りで頑張ります。

18社目・デルタ航空DL581 シアトルからの到着便 (22:06着)
HND_2015JUN_DSC09432_R
機材はボーイング767-300ER (N172DN)
デルタ航空は、このシアトル便とロスアンゼルス便の深夜便2便を毎日運航中(2015/06現在)
羽田では深夜にしかお目にかかることができない航空会社その1。

19社目・ハワイアン航空HA458・ホノルル行き (23:41発)
HND_2015JUN_DSC09602_R
機材はA330-200 (N370HA)
羽田では深夜にしかお目にかかれない航空会社その2。

20社目・エアアジアX・D7523・クアラルンプール行き (23:40発)
HND_2015JUN_DSC09620_R
機材はエアバスA330-300 (9M-XXB)
羽田では深夜にしかお目にかかれない航空会社その3。
B滑走路(RWY22)着陸→サテライト棟駐機→C滑走路(16L)離陸だったため、展望デッキの前の横断はなし。
展望デッキから遥か遠方のA滑走路横断時の様子を暗闇の光学望遠+デジタルズームで・・・。

21社目・香港ドラゴン航空KA396・香港からの到着便 (0:21着)
HND_2015JUN_DSC09630_R
機材はエアバスA320-200 (B-HSN)
羽田では深夜にしかお目にかかれない航空会社その4。
これもサテライト棟の駐機場利用ですが、D滑走路(RWY23)に着陸してくれたので展望デッキの前を通過するところを撮影できました。

22社目・カタール航空QR813・ドーハ行き (0:18発)
HND_2015JUN_DSC09708_R
機材はボーイング787-8 (A7-BCA)
羽田では深夜にしかお目にかかれない航空会社その5。
本館側のスポット利用なので、近くで撮影可。

23社目・エミレーツ航空EK313・ドバイ行き (0:18発)
HND_2015JUN_DSC09736_R
機材はボーイング777-200ER。機体番号は視認できず・・・。
羽田では深夜にしかお目にかかれない航空会社その6。
サテライト棟に駐機するため、展望デッキ前を横切らず・・・。

24社目・ユナイテッド航空UA876・サンフランシスコ行き (0:45発)
HND_2015JUN_DSC09766_R
機材はボーイング777-200ER (N791UA)
羽田では深夜にしかお目にかかれない航空会社その7。
これもサテライト棟に駐機するため、展望デッキからの撮影は困難。

深夜の1時ごろ、空港内のベンチにて就寝・・・。
疲れたので爆睡してしまいました。
そして朝6時ごろ起床。
うー眠い。
夏至なので既に外は明るく、今朝の一番機の香港エクスプレスが到着していました。

25社目・香港エクスプレス航空UO625・香港行き (6:05発)
HND_2015JUN_DSC09807_R
機材はエアバスA320-200 (B-LCG)
深夜便と早朝便の2便を毎日運航中(2015/06現在)
15分も前倒して出発したため、うっかり撮り逃すところでした。

26社目・ブリティッシュ・エアウェイズBA8・ロンドン行き (8:46発)
HND_2015JUN_DSC09911_R
機材はボーイング777-200ER (G-YMMO)
羽田では早朝にしか見られない貴重な機材です。

27社目・タイ国際航空TG683・バンコク行き (10:28発)
HND_2015JUN_DSC09928_R
機材はボーイング747-400 (HS-TGX)
午前便と深夜便の2便を毎日運航中。

というわけで空港で夜明かししつつ、何とか無事に全27社の機体の撮影をコンプリートしました。
いろいろな国の様々な機体をご紹介できて、非常に自己満足です。

「24時間・各航空会社の機体撮影マラソン」は24時間展望デッキがオープンしている羽田国際線だからこそできる挑戦です。
空港内の設備は快適ですし、シャワーも浴びられるし(有料)、レストランでは美味しいものも食べられます。

あと、2015/08からは、あのカンガルーな航空会社(オーストラリアのカンタス航空)も羽田便の就航を開始するとのこと。
コンプリートするのが好きな方?は是非チャレンジしてみて下さいませ。