羽田空港の空弁「カラダ想いの低糖質弁当」

2019/11/27
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルで入手したこちらのヘルシー系新作空弁です。

カラダ想いの低糖質弁当 990円(税込)
HND2019NOVF007R
製造元は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。

最近リリースされた「大豆ミートの焼肉風弁当」「大豆ミートのからあげ弁当」と同様のヘルシー空弁シリーズと思われます。
ご飯部分は「カリフラワーライス」使用により糖質30%オフ、お弁当全体の糖質は32.5gとのこと。

では、早速蓋をオープン。
HND2019NOVF016R
左上:ちらし寿司(カリフラワーライス)
右上:玉葱マリネ、ボイル野菜など
左下:豚しゃぶ胡麻ドレッシングがけ
右下:鶏からあげ

という構成。

カリフラワーライス使用のちらし寿司は、普通にサッパリとした酢飯の味でした。
からあげもあっさり目で、全体としてヘルシーな印象。
「低糖質」かどうかは、味ではよく分かりませんが、たぶんそういうことなのでしょう。
抵糖質ダイエット中な方は是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港国際線・サテライトの搭乗ゲート番号が変わったの編

2019/11/24
こちらは羽田空港国際線ターミナル・展望デッキ。
HND2019NOVD076R
昨日までの寒さが和らぎ、雨もあがって幾分過ごしやすい陽気でした。

国際線のサテライトに絶賛増築中の新しい搭乗ゲートは・・・。
HND2019NOVD022R
工事の足場が撤去され、外観上はほぼ完成したように見えます。
(内部はまだ工事中みたい)
増築の増築ではありますが、なかなかカッコイイ建物。

以前は、沖止めの駐機場だった115, 116番スポットが、PBB(Passenger Boarding Bridge 旅客搭乗橋)つきの搭乗ゲートに改修されつつあります。
国際線ターミナル本館の増築エリアと同様、2019/12末ぐらいに供用開始予定?と思われます。

その一方で。

国際線ターミナル公式サイトによると「11月中旬から国際線の搭乗ゲートの番号が変わります」とのこと。

どう変わったのかというと・・・。
gateold
↑は変更前の搭乗ゲート番号の割り当て。
左のサテライト側は、上から順に141~148番が割り振られていました。

で、こちらが変更後(2019/11/24現在)のゲート番号割り当て。
gate201911neo
左のサテライト側は、上から順に142~149番に変更されました。

何故に番号を変更したのか。
もうお分かりですね。

冒頭にご紹介した2つのPBBがもうすぐ増えるから、と思われます。
gate201911neo3
新しいPBBには、140番と141番が割り当てられるものと予想されます。
どっちが140でどっちが141かは不明。

これによって「140番台の搭乗口はサテライトの法則」が守られるわけです。
115番、116番を割り当てるよりも、140番台に揃えたほうが分かりやすいね、ということなのでしょう(たぶん)。
なるほど~。

出発案内板を見てみると・・・。
HND2019NOVD082R
早速「149番」(旧148番)が使われていました。

搭乗ゲートの番号と位置を覚えている方は少ないと思われるので、戸惑う方はほとんどいないと思われますが。
空港の紙パンフレットなど、表記がまだ古いままのところがありますので、お気を付けくださいませ。

羽田空港国際線の空弁「だし場日本橋・和風しょうゆチキン弁当」

2019/05/05
今回ご紹介する羽田空港空弁は、国際線ターミナル・おこのみ横丁の「だし場日本橋」様で入手した、こちらの空弁です。

だし場日本橋・和風しょうゆチキン弁当 1080円(税込)
HND2019NOVC001R
製造元は、川崎の株式会社にんべん神奈川キッチン様。

食べ損ねてしまったかと思った「和風しょうゆチキン弁当」でしたが、まだ販売していました。
日によってお弁当のラインナップが色々変わるみたいですね。

ではフタをオープン。
HND2019NOVC005R
チキンのボリュウムが凄い。
しっかりと「和風しょうゆ」の味が染みていて、ご飯が進みます。
やや味濃いめですので、飲み物があったほうがよいでしょう。
その他のポテサラや煮物類、だし炊き込みご飯も、他のお弁当と同様に美味しゅうございました。

同梱されている、どろっとしたタレ。
HND2019NOVC006R
まろやかなダシの風味で、何にかけても美味しくいただけます。

国際線ターミナルで、ササッと満腹になりたい、という方にオススメの空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港第1・第2ターミナルにクリスマスツリー出現の編2019

2019/11/17
こちらは羽田空港第1ターミナル(JAL側)の地下1階。
HND2019NOVC080R
リニューアル工事が最近完成して、白い感じになりました(漠然とした表現ですみません)。
「Terminal 1」の文字の下には、早くもクリスマスの飾りつけが。
これはひょっとして・・。

やはりそうでした。
HND2019NOVC087R
出発階中央のマーケットプレイスに、毎年恒例のクリスマスツリーが出現。
はあ、もうクリスマスですか・・・。

吹き抜けの空間には・・・。
HND2019NOVC089R
去年と同様、雪のようなキラキラが吊り下げられています。
幻想的な雰囲気になっていました。

つづいて、第2ターミナル(ANA側)へ。
HND2019NOVC094R
こちらも、エレベータ付近にクリスマスの飾りつけが登場。

そしてこちらにも・・・
HND2019NOVC109R
例年どおり、巨大クリスマスツリーが登場。
青色が使われていて、ANA仕様になっています。

飾りつけをよーく見てみると・・・。
HND2019NOVC099R
今年は色々な哺乳類のぬいぐるみが飾られていました。
ほのぼのとした感じのツリーとなっています。

というわけで・・・。
HND2019NOVC108R
早くもクリスマス仕様に切り替わった羽田空港第1/第2ターミナルでした。
一足先にクリスマス気分を味わいたい方(っていらっしゃるのか不明ですが)は是非どうぞ。

羽田空港の空弁「おつまみプチ弁当」

2019/11/13
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナル1Fの「ANA FESTA」で入手した、こちらの新作?空弁です。

おつまみプチ弁当 550円(税込)
HND2019NOVF185R
製造元は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
今まで見かけなかったので、おそらくは新作の空弁と思われます。
「おつまみプチ弁当」ということで、フルスペックのお弁当ではなく、ビール等のおつまみ需要を狙った少量系空弁のようです。

早速蓋をオープン。
HND2019NOVF002R
一口サイズのプチおむすび3個と、つくね、カマボコ、いぶりがっこのチーズ添え、という構成。
一口おむすびは、牛焼肉、トンカツ、ちりめんマヨの3種類。
味がしっかりしていて、ビールや日本酒のお供に良さそうです。
いぶりがっこは、あの高級空弁「賛否両論・季節の二段重」に使われているものと同じもののような?
量はかなり少な目ですが、ビール1杯のおつまみには丁度よい分量でした。
満腹にはなりたくないけど、少しだけ美味しいおつまみが欲しい、というときにオススメの空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

「羽田空港跡地第1ゾーン」改め「羽田イノベーションシティ」の工事が進んでいたの編2019/11

2019/11/09
こちらは羽田空港国際線ターミナルから、モノレールで1駅の天空橋駅。
HND2019NOVF094R
天空橋駅の地上出口付近は「羽田空港跡地第1ゾーン」と呼ばれ、2020年に向けて再開発が行われています。
既に、駅出口の向こう側に高い建物が出来ていました。
最近の建物は出来上がるのが早いですねえ。

ちなみに、この羽田空港跡地第1ゾーンは「HANEDA INNOVATION CITY」という名称になったとのこと。
公式サイトはこちら

さらにこの場所には、京急電鉄様が「京急EXイン 羽田イノベーションシティ」なる新しいホテルを2020年夏に開業する予定とのこと。
プレスリリースはこちら

これで、京急EXインは、

  • 京急EXイン羽田空港(2017/10/27開業)
  • 京急EXイン羽田・穴守稲荷駅前(旧タマディアホテル)
  • 京急EXイン 羽田イノベーションシティ(2020年夏開業予定)

の3棟を羽田に構えることになります。
ホテルがどんどん増えていきますねえ。

で、天空橋駅前の通りには・・・。
HND2019NOVF098R
「あのときの、羽田」と題して、昔の羽田空港の写真の展示が行われていました。
1931年に開港した「東京飛行場」当時のターミナルの写真など、非常に興味深い写真が多数です。

さらに、空港ターミナルに向かって進むと・・・。
HND2019NOVF117R
5か月前は鉄骨が組まれただけだった建物が完成していました。

前回の様子はこちら。
羽田空港跡地第1ゾーンから羽田空港国際線まで歩いてみたの編

ただし・・・。
HND2019NOVF118R
周囲の建物はまだ足場が組まれて建築中の部分が多いです。

B滑走路の延長線上に近付くにつれて・・・
HND2019NOVF124R
建物の高さが低くなっていきます。
高さ制限があるような感じです。

というわけで・・・。
HND2019NOVF128R
ここ数カ月で、急速に建物の建設が進んできた「羽田空港跡地第1ゾーン」改め「羽田イノベーションシティ」の様子でした。
どんな風に完成するのか、楽しみに待つことにしましょう。

ここまで来たついでに・・・。
HND2019NOVF130R
2019年4月に出来たばかりの「ソラムナード羽田緑地」へ。

この季節になると・・・。
HND2019NOVF133R
北風運用の場合が多いので、B滑走路の離発着はほとんどありません。
公園内には、お散歩をする方々の姿がチラホラあるのみです。

遠くには・・・。
HND2019NOVF137R
2020年春に向けて、大絶賛建造中の羽田空港跡地第2ゾーンの巨大ホテル群が見えました。
あれが出来ると、このあたりも人々で賑わうことになるのだろーか。

多摩川には・・・。
HND2019NOVF146R
対岸の川崎市殿町地区とを結ぶ橋「羽田連絡道路」の建設中の様子が見えます。
一部、橋脚と橋脚を結ぶように道路部分が出来ていました。

ただし川崎市の発表によると、工事の完成時期は「2020年内」から「2020年度内」にずれ込む見込みとのこと。

こちらが橋の接続ポイント。
HND2019NOVF169R
橋の入口は高架になっているという変わった構造。
橋と接続される部分だけ、まだスキマが空いている状況でした。
この橋が完成すれば、対岸の川崎市も羽田空港にグッと近くなりますね。
(対岸は工場が多いけど・・・)
こちらも工事の完成が楽しみです。

その他の羽田空港拡張工事の情報は以下をどうぞ。
2020年に向けての羽田空港拡張工事の様子を改めてまとめてみた

羽田空港の空弁「日本ばし大増・松茸ごはん折詰(2019)」

2019/11/6
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルの空弁工房様で入手した、こちらの季節限定空弁です。

「日本ばし大増・松茸ご飯折詰(2019)」1404円(税込)
HND2019NOVC006R
製造元は、東京都荒川区の日本ばし大増様。
毎年秋になると登場する季節限定の空弁です。

2年前に、2017年バージョンを実食したことがあり。
羽田空港の空弁「日本ばし大増・松茸ごはん折詰(2017)」

2段式のお弁当なのは例年同様ですが、パッケージのデザインは毎年変わるようです。
こういう、ちょっとした変化点を見つけるのも、空弁の醍醐味だったりします。

今年(令和元年)のお品書きはこちら。
HND2019NOVC018R
一品一品、食材を確認しながら頂くことができます。

メインはこちらの松茸ご飯の段。
HND2019NOVC011R
こちらは例年通りっぽいです。
ぷぅ~んと松茸のいい香りが広がって、気分が盛り上がります。
紅葉の人参も、秋っぽさが感じられますね。

そしておかずの部。
HND2019NOVC014R
こちらの内容は毎年異なるようです。
煮物類は相変わらず味がよーく染みていて、安定の美味しさ。
銀杏の実は好き嫌いが分かれるところかもしれません。
サツマイモも甘くてほっこりします。
味だけではなく、見た目の美しさ・秋らしさも楽しめる素晴らしい空弁でした。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港国際線・ベトジェットエアの羽田-ダナン線が就航していたの編

2019/11/02
久しぶりに深夜の羽田空港国際線。
HND2019NOVA227R
「岘港」と書いて「ダナン」らしいです。

ベトナムのLCC・ベトジェットエアの羽田-ダナン便が、2019/10/30ぐらいから深夜便の就航を開始したとのこと。
久しぶりに、その様子を見に行ってみることに。
飛行機に乗るわけではなくて、見るだけです。

ダイヤは下記。
VJ936 ダナン18:10 → 羽田 1:00 +1
VJ937 羽田 2:30 → ダナン 6:40

VJ936は羽田1:00AM着なので、終電には間に合いません・・・。
定刻通り到着すれば、2:00AM台の深夜バスなら間に合いそうです。

深夜23:30ごろには・・・
HND2019NOVA219R
既にLカウンターにて、搭乗手続きが始まっていました。
旅慣れた感じの日本人のお客さんが多い印象。

Lカウンターの表示板にも・・・。
HND2019NOVA220R
ベトジェットエア・ドットコムのロゴが表示されました。
新規就航おめでとうございます。

では、しばらくの間・・・。
HND2019NOVA230R
1Fのローソンにて、焼き鳥とスーパードライを購入し、飛行機の到着を待ちます。
うう、酔っぱらうと眠気が・・・。

AM1:00ごろ。
HND2019NOVA254R
ベトジェットエアがA滑走路(34L)のアプローチに姿を現しました。

着陸~。
vetjet_arrival
羽田で初めてみるベトジェットエアのA321型機です。
暗くて登録記号は判読できず・・・。
1型コンデジだとこれぐらいが限界でした。
やっぱり、ミラーレス一眼を持ってくるべきだったか。

駐機スポットは141番。
間近に機体を見ることはできず、サテライトの裏側へと隠れてしまいました。

では・・・。
HND2019NOVA186R
出発までの間、国際線の展望デッキにあるタッチパネルの尾翼解説コーナーをチェックしてみましょう。

ええと・・・?
HND2019NOVA188R
おお!

4列目に「ベトジェットエア」が追加されていました。
HND2019NOVA189R
さすが仕事が早いですね。
素晴らしい。

しかし、モデルプレーン展示コーナーには・・・。
HND2019NOVA193R
まだベトジェットのモデルプレーンはいませんでした。
そのうち追加されることに期待。

メチャメチャ眠いけど・・・。
HND2019NOVA160R
イルミネーションの試験点灯を眺めたりしながら、どうにか睡魔に対抗します。

そして、3:00AM前。
HND2019NOVA137R
定刻より、およそ25分ほど遅れて折り返しのダナン行きVJ937便が出発。
ゆっくりとD滑走路へ向かう途中の姿を、何とかとらまえることができました。
いってらっしゃーい。
いつかはベトナム・ダナンにも行ってみたいものです。
この後は、猛烈な睡魔に襲われ、始発電車で帰宅・・・。