タグ別アーカイブ: カレーライス

羽田空港国際線ターミナルの最高額カレー記録更新「PORT-SIDE KITCHEN」のポークフィレカツカレーの編

2017/07/07
今年も七夕飾りが鮮やかな羽田空港国際線ターミナル。
HND2017JUL-008_R25
4F江戸舞台には、毎年恒例の仙台七夕まつりの吹き流しが展示されています。

七夕の装飾中は、江戸小路の看板の装飾はナシ。
HND2017JUL-010_R25
例年ですと七夕が過ぎると「朝顔」で装飾されることになる見込み。
何も装飾がないのは、ある意味貴重な期間なのかもしれません。

で、本題に入ります。

なにげなく江戸小路の「PORT-SIDE KITCHEN グリル満点星・麻布十番」を通りがかると・・・。
HND2017JUL-034_R25
おっ、カレーライス発見。
以前に羽田空港の最高額カレーライスを調べて回ったことがあるだけに、カレーのお値段にはかなり敏感になっております。

ムムッ!(久しぶりに川平慈英風)
image
ポークフィレカツカレー 1700円+税?
つまりトータルで1830円。

以前の記事で「羽田空港国際線・最高額カレー(羽田空港では第3位)」としてご紹介した「TAIL WIND」のカレーは税込で1700円。
なんと、こちらのカレーのほうがお高いではないですか。
しまった、私としたことが、見落としていた・・・。

これはイカン!(何が?)、というわけで、早速実食。
HND2017C-009_R1
以下の過去記事の「第3位」を、こちらのカレーに修正しましたので、カレーの感想はこちらの記事をどうぞ・・・。
羽田空港最高額カレーはどこのお店?TOP4を実食してみたの編

羽田空港最高額カレーはどこのお店?TOP4を実食してみたの編

2017/06/24投稿 2017/07/06更新
とある日の羽田空港国際線の吉野家前にて・・・。
HND2017063-020_R1
「黒カレー並盛」 350円かぁ・・・。
安いな~。
もしかすると羽田空港で一番お安いカレーかもしれないね。
・・・と思っていたその時、ふとある疑問が頭をよぎりました。

「じゃあ、羽田空港で一番お高いカレーって、一体どこのカレーだろう?」

ぶっちゃけどこでもいいワケですが、一度気になり始めると調べずにはいられない性分。
なので、第1,第2,国際線の3つのターミナルの出発前エリアを歩き回って、独自に価格を調査。
頑張って羽田空港の最高額カレーTOP4を実食してみたレポートです。
(2017年7月現在。保安エリア内は未調査)

第1位:第2ターミナル「FLYER’S TABLE」のビーフカレー

いきなりの結論から。
栄えある羽田空港最高額カレー第1位は・・・。
HNDCurry2017JUN-002_R1
羽田空港国内線第2ターミナル(ANA側)併設・羽田エクセルホテル東急内のレストラン「FLAYER’S TABLE」にありました。

ディナーメニューを参照。
HNDCurry2017JUN-004_R1
ここで見つけた驚愕の最高級カレーのお値段は・・・。

「ビーフカレー」 1950円(税込)
image
凄っ!
さすがは高級ホテルのカレーです。
それにしても、1皿2000円近くもするカレーって一体・・・。

き、きっと凄いカレーに違いない・・・ということで、清水の舞台から飛び降りる気持ちで実食してみることに。
HNDCurry2017JUN-006_R1
着席する時に、スタッフーさんが椅子を引いてくれます。
あ、いや、どうもすみませんね・・・。

周りのお客さんは皆さん、お金持ちそうです。
私のような小市民が来るような場所ではなさそうな雰囲気・・・。

テーブルの上には・・・。
HNDCurry2017JUN-005_R1
ナプキンが王冠のように折られています。
だからと言って頭にかぶってはいけません。

おしぼりが、金属のお皿の上に置かれて出てくるところもブルジョワな感じです。
HNDCurry2017JUN-008_R1
お水は、少しでも水位が下がると、すぐに注ぎ足してくれます。
さすが高級レストラン。

そして、いよいよ「ビーフカレー」 1950円の登場!
HNDCurry2017JUN-009_R1
おお~、セパレート・タイプで来ました。
やはり高級レストランのカレーは、こうでないと。

陶器のような器に盛られたカレールーからは・・・。
HNDCurry2017JUN-010_R1
コクのあるカレーの香りが漂ってきます。
ううう、美味しそう。
こりゃタマラン。

折角、カレールーが分離されているわけですが・・・。
HNDCurry2017JUN-013_R1
小市民的にはガッツリと食べたいので、速攻でゴハンに全部かけさせて頂きます。
お味は、中辛と甘口の間ぐらいで、若干酸味があり。
深いコクがあって、まさに高級レストランの堂々たるカレーのお味。
カレールーの中には、ゴロゴロと牛肉の塊が沢山入っています。
牛肉はスプーンで簡単に切れるぐらい、ほろほろになるまで柔らかく煮込まれています。
お口の中で、牛肉がカレーの中に溶けていく・・・。

こちらは同時に供された付け合わせ。
HNDCurry2017JUN-012_R1
粉チーズ、ピクルス、福神漬、茶色いパラパラしたもの(名前が思い出せない)。
途中からカレーの味に変化をつけることができて、飽きさせません。

ついでに、このお店の名物と言われる、ベイクト・チーズケーキ(650円)も頂きました。
HNDCurry2017JUN-014_R1
しっとりとしていて濃厚。
上品な甘みのチーズの風味が凝縮されていて、これもメチャうまでした。

カレーの話に戻しますと・・・。
やはり1950円のカレー、ということで、お味のほうは素晴らしいものがありました。
スタッフー様のご対応も素晴らしく、これらのサービスも含めてトータルでこのお値段なんだろう、と思いました。

第2位:第1ターミナル5F 「KIHACHI」の揚げたてカツカレー

第2位は、第1ターミナル5Fにあるこちらのお店のカレー。
「AIR TERMINAL GRILL KIHACHI」
HND2017JUN-025_R34
A滑走路側に面していて、窓際席からは飛行機が眺められるという高級レストランです。

しかし窓際席は「ご予約席」になっていて、飛び込みのお1人様は座りづらい雰囲気。
HND2017JUN-011_R34
お店の奥の席に案内されました。
店内は、お金持ちそうなファミリーで賑わっています。

2017年6月現在、羽田空港で2番目にお高いカレーは・・・。
image
揚げたてカツカレー 1910円(税込)
第1ターミナルの最高額カレーでもあります(当ブログ調べ)。
先ほどの第1位で、既に清水の舞台から飛び降り済なので普通に注文(←麻痺している)。

そして、その「揚げたてカツカレー」登場。
HND2017JUN-006_R34
エビフライのように見えるのが、短冊状に切って揚げたトンカツです。
文字通り「揚げたて」でアツアツでカリッと香ばしく、メチャうまいです。
カレールーは、やや酸味があるエスニック風。
赤ピーマン、ナス、さやえんどうが彩りを添えます。
立体感のある盛り付けで見た目も美しく、まさに第1ターミナル最高額カレーたるに相応しいカレーでした。

第3位:国際線ターミナル「PORT-SIDE KITCHEN」のポークフィレカツカレー

2017/07/06追記
第3位は、国際線ターミナル4F江戸小路にある「PORT-SIDE KITCHEN by グリル満点星・麻生十番」様から。
HND2017JUL-035_R25
ロイヤルパークホテル・ザ羽田のレストラン「TAIL WIND」の1700円(税込)カレーよりもお高いカレーを偶然発見してしまいました。
そのため今回第3位に緊急ランクインです。

入店して、ディナーメニューを激しく確認。
HND2017C-005_R1
高級ホテルのカレーライスをも凌ぐ、国際線ターミナル最高額カレーって一体・・・。

ポークフィレカツカレー
1700円+税=1830円
image
「TAIL WIND」のカレーは、税込みで1700円でしたので、こちらのほうが一枚上手です。

臆することなく注文(←もう金銭感覚がマヒしている)
20170702_190832
おお~、セパレート・タイプできました。
出てくるまでやや時間がかかりましたが、かなり高級感があります。

でも、例によって小市民なので・・・。
20170702_190926
カレーを先にドバーっとやっちゃいます。

お味のほうは・・・。
カレーはややピリ辛風味で、濃厚なカレールーとなっています。
揚げたてのポークフィレカツは、アツアツでサクサク。
カツだけでも美味しいので、どんどんゴハンが進みます。
もちろん高級感のあるカレールーと、サクサクのトンカツの相性は抜群。
ああ、もっと食べたい・・・。
国際線ターミナル最高額カレーは、揚げたてホクホクのトンカツがクセになる絶品カレーなのでした。

第4位:国際線ターミナル「TAIL WIND」のビーフカレー

そして第4位は、国際線ターミナル併設「ロイヤルパークホテル・ザ羽田」のレストラン「TAIL WIND」様から。
HNDCurry2017JUN-002_R2
やはり空港ホテルのレストランのカレーが上位を占めることになりました。

こちらが「ビーフカレー」 1700円(税込)
HNDCurry2017JUN-006_R2
高級そうなお皿の窪みからハミ出さないように、キレイにルーが盛られているところに高級感を感じます。
お味は甘口。
何とも言えない上品なコクがあって、これまた高級感が感じられます。
大きな牛肉が3つも入っていて、柔らかでした。
JAL国際線のサクララウンジで食べられる「JALカレー」のお味と、かなりよく似ている印象。
個人的には、この「TAIL WIND」のカレーが一番好みのお味でした。
ああ、思い出すとまた食べたくなってきた・・・。

というわけで、羽田空港の最高額カレーTOP4のレポートでした。
以上のような高級カレーの他にも・・・
hnd_curry
空港内にはもっとお安い普通のカレーのお店が沢山あります。

羽田空港第1ターミナルの到着階のカレー臭が弱めになった?の編
羽田空港国内線第1ターミナル「羽田カレー」を実食してみたの編

羽田空港でカレーを出すお店が多いのは、カレーならお客さんをあまり待たせずに提供できるから、なのでしょう(たぶん)。
今回かなり散財してしまったので、しばらくの間はモヤシを食べて生活していきたいと思います・・・。

羽田空港国内線第1ターミナル「羽田カレー」を実食してみたの編

2015/02/01
以前から気になっていた羽田国内線第1ターミナル(JAL側)のとあるお店に行ってみました。

「羽田カレー」
HKG_2015_0201a-DSC05098_R
お店の名前は「Cafe & Restaurant Sky Room」です。
第1ターミナルの南ウィングの端っこのほう(スターフライヤーのカウンター付近)にあります。
羽田カレーの他、ホットドックなど軽食を販売中。

で、この、ここ羽田でしか食べることができない「羽田カレー」。
「羽田」と名前がついているからには、試してみないわけにはいきません。
早速購入してみます。

「羽田カレー」 590円(税込)
HKG_2015_0201a-DSC05099_R
何の変哲もない、普通の甘口のカレーでした(笑)。
「羽田カレー」という名前の普通のカレーです。
まあ、そりゃそうか。
ちなみに+80円でチーズトッピング、+100円でご飯大盛り、+180円でセットドリンク付とのこと。

あと、この近くには「羽田ラーメン」もありますので、いつか試してみなければ。

羽田空港第1ターミナルの到着階のカレー臭が弱めになった?の編

2014/08/03
羽田空港第1ターミナル(JAL側)の到着階といえば、あの強烈なカレーの匂いを思い出す方も多いのではないでしょうか。

久しぶりに行ってみると、新しいカレーのお店ができていました。
IMG_20140727_094322_R
「カレースマイル (Curry Smile)」というお店。
最近新装開店したばかりのようで、お祝いの花輪が並んでいました。

入口にある2台のタッチパネル式の食券販売機。
IMG_20140803_115229_R
4か国語(日、英、中、韓)に対応というグローバル仕様になりました。
今後増加する外国人観光客を取り込むためには重要です。
店内に吸気ダクトを設けたせいなのかどうかはか分かりませんが、以前よりはお店の外にカレー臭があまり漏れないようになった印象です。

せっかくなので、入店してカレーを頂くことにします。
IMG_20140803_120015_R
長いカウンター席。
新しくて明るい店内で気持ちがよいです。

ポークと野菜のカレー800円
IMG_20140803_115733_R
味はやや甘口。
ポークが柔らかくて美味しゅうございました。

器は皿ではなく、底の浅い丼ぶりのような容器なのが特徴的です。
IMG_20140803_115753_R
そのため、お皿の場合よりもカレールーがたっぷり入っているように思いました。

福神漬け、らっきょうはご自由に。IMG_20140803_115555_R
お好みで辛くする調味料も投入可能となっております。
結構満腹になりました。
羽田に到着後、お手軽にお腹を満たしたいときにどうぞ。