羽田空港の空弁「肉の万世・万かつサンド」

2013/09/12
今回ご紹介する羽田空弁は、こちらのカツサンド系。

「万かつサンド」680円
IMAG6191.jpg
見た目小さそうに見えましたが、持ってみると結構重いです。
最近は、お箸を使わずに待合室の椅子などで手軽に食べられる空弁が人気のよう。
カツサンド空弁も、いろいろなメーカーから同じようなカツサンドがたくさん発売されています。

上フタを開けると、ウンチクと、電話注文のご案内。
IMAG6192.jpg
少しでも追加の収益を上げるべく、包装が工夫されています。

フタをオープン。
IMAG6194.jpg
カツサンド全体は、油とり紙のようなのに包まれているだけですので、サンドイッチにアクセスしやすいです。
全6切れ入り。
肉厚のカツサンドがギッシリでテンションが上がります。
お味のほうは、やはりちょっとソースが濃い目で、結構のどが渇きます。
一人で全部食べると、ちょっとくどい感じがしました。
2人ぐらいでシェアするのがよいかもしれません。
結構満腹に近くなりますので、食べ盛りの若者にはよいかもしれません。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)


祝・2020年東京五輪開催決定!と羽田空港

2013/09/08
午前5時20分ごろ。
「トウキョー」
tokyo.jpg
・・・というわけで、早速羽田空港の様子を見て参りました。
まずは国内線第2ターミナル出発ロビー。
IMAG6141.jpg
おおー、巨大な垂れ幕が出現!
合計6枚ほどが掲示されていました。
もし落選していたら、日の目を見なかったのでしょうね・・・。
IMAG6138.jpg
おめでとうございます。
ただ、卓球の福原愛選手の等身大マネキンや、オリンピックのトリックアート「Enjoy! Photo Park」は撤去されていました・・・。
東京に決まったんだから、撤去しなくてもよいような気が。
一方、こちらは国内線第1ターミナルの様子。
IMAG6170.jpg
こちらはかなりシンプルなデザインの垂れ幕ですね。
突貫で作ったのでしょうか?
一応JALな感じの色使いになっています。
IMAG6165.jpg
北ウイングと南ウイングの合計2箇所に掲示されていました。
2013/09/08 AM10:30ごろ。羽田国際線ターミナルは・・・。
IMAG6149.jpg
特に変化ありません。
まあ、事前に色々準備しても、無駄になってしまうかもしれなかったので、仕方がないですが・・・。
もうちょっと何か喜びを表現したほうがよいような。(準備中?)
2014年の国際線拡張の後、さらに2020年のオリンピックに向けて、羽田空港がますます便利になっていくとよいですね。
2013/09の羽田国際線ターミナル拡張工事の状況はこちら

続きを読む 祝・2020年東京五輪開催決定!と羽田空港


羽田空港の空弁「たいめいけん・洋食やハンバーグ弁当」

2013/09/08
今回ご紹介する空弁は、第二ターミナル出発ロビーの空弁屋さんで見つけた、こちら。

たいめいけん・洋食やハンバーグ弁当 900円
IMAG6102.jpg
製造元は、カツサンドの空弁も作っている、たいめいけんHM様。
カツサンドのほうが有名なので、こちらのお弁当の取り扱いは比較的少ないです。
お店の少し奥まったところにあることが多いです。

中身はこのような感じ。

やはりハンバーグが美味しいです。
コクがあるというか、なんとも高級な味わい。
それ以外のご飯、パスタ、ジャガイモなどは普通です。
量的には、空弁としてはまあまあ多い方かもしれません。
ハンバーグ・マニアな方にオススメの一品です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)




羽田国際線拡張工事2013/09・本館増床部の屋根の部分の骨組み現る

2013/09/01
月イチ恒例、羽田空港国際線拡張工事の様子です。
先月(8月)の状況はこちら。
まず、完成予想図はこちら。2014/3月末 供用開始予定。
IMG_7581w.jpg
今回も上の図の(1)~(6)の視点でお楽しみください。
(1) まずはサテライト棟西端から。
IMAG6065.jpg
ガラス張り作業はほとんど終了したように見えます。
先月からの差分として、屋根の部分に足場が組まれているのが分かります。
天井の足場部分をズームアップ。
IMAG6064.jpg
天井部分のなにかを工事している様子ですが、見えないのでよく分かりません。
猛暑の中、作業ご苦労様です。
ボーディングブリッジの骨組みの状態は、先月とほぼ変わらず。
IMAG6066.jpg
お盆休みを挟んでいるせいか、そんなに変化が見られません。
本館とサテライト棟の接続部分の建物。
IMAG6067.jpg
最上階の部分の天井の骨組みが組まれました。
これで骨組みはほぼ完成?
(2) 本館とサテライト棟の間のホテル棟と思われる部分。
IMAG6063.jpg
このあたりは先月同様、特に見た目上の変化なし
(3) 本館増床部分。
IMAG6062.jpg
このあたりの骨組み建設作業が最近ホットな状態です。
ちょっと分かりにくいですが、曲線状の屋根の骨組みが写真左のあたりから徐々に組み立てられつつあります。
もう少し近寄って観察してみる。
IMAG6071.jpg
曲線状の構造物なので、足場の組まれ方も特別な感じです。
(4) 国際線の展望デッキから、サテライト棟東半分の様子。
IMAG6082.jpg
左のほうから順番にガラスのはめ込み作業が進んでいます。
(5) 空港内巡回バスから、上のサテライト棟東端部分。
IMAG6059.jpg
まだ天井も出来ていないのは、先月からあまり変化なしです。
足場で囲われてる部分が増えてきました。
(6) 本館との接続部分に近づくにつれて・・・
IMAG6060.jpg
ガラスのはめ込みが終わっている状態になります。
お盆を挟んだせいか、または、ほぼ鉄骨の組み立てが終わりつつあるせいか、全体的に先月からの変化は少なかったです。
拡張オープンまであと7ヶ月!
2013/9/13追加
もう1視点を追加。
IMG_7581addd.jpg
無料巡回バスより、本館増床部の屋根の状況がよく分かる視点を発見しました。
こんな感じで、本館の屋根が増築されています。
IMAG6164.jpg
写真の右に向かって伸ばしている様子が分かります。
オリンピックの東京開催決定を受けて、今後どのように発展していくのか、羽田空港から目が離せません。




羽田空港の空弁「プルコギ弁当!」

2013/09/02
今回は、「新作」マークがついていたこちらの空弁をご紹介します。

「プルコギ弁当!」1050円
IMAG6089.jpg
羽田空港国内線第二ターミナルにて購入。(第一ターミナルでも入手可能)
製造者は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
赤い包蔵にデカデカと書かれた「プルコギ」の文字が目を引きます。

フタをあけるとこんな感じ。
IMAG6091.jpg
辺りにプルコギのいいにおいが立ち込めます。
そのため、機内で食べるにはちょっと恥ずかしいかも、です。
お味のほうは、家庭的な感じの甘辛さで非常に美味しいです。
ビールが飲みたくなりますが、そんなに味が濃くなくて丁度良い具合の味付けのように感じました。
プルコギの下にはもちろんご飯が隠れていて、タレがよく染みていて美味しく食べ応えあります。
量はそんなに多くないですが、パンチの効いたお弁当が欲しいときにオススメの一品です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)




羽田国際線3Fのみずほ銀行・AUショップ・テレコムスクエア、仮店舗から元の位置に戻る

2013/09/01
羽田国際線拡張工事の関係で、出発ロビーの仮店舗で営業していたみずほ銀行・AUショップ・テレコムスクエアが元の場所に戻りました。
こちらが仮店舗。
IMAG6077.jpg
いかにも仮、といった感じの箱の中での営業でした。
ちょうどこのお店の裏側で、本館の増床工事が行われています。
このあと、これらの仮店舗は撤去されるものと予想されます。
話題から外れますが、テレコムスクエアの貼り紙。
IMAG6076.jpg
最近大人気のWiFiルーターレンタル。
売り切れになっている日も珍しくありません。
事前に予約しておくことをオススメします。
こちらがが移転先。(というか、元の場所)
IMAG6074.jpg
羽田食堂の真下部分です。
いつの間にか、ちゃっかり羽田食堂の広告が張り出されています。
着々と拡張工事が進められている羽田空港国際線でした。




羽田空港の空弁「全国ご当地グルメ」

2013/09/01
今回の空弁は、羽田国内線第二ターミナルで購入したこちら。

「全国ご当地グルメ」880円
IMAG6054.jpg
製造者は(株)マコト様。
空弁売り場ならどこにでも置いてある感があるほど、よく見かける空弁のひとつです。
結構大きな箱なわりに、お値段は800円台と、一見お値打ち感がありますが・・・。

中にご飯が詰まっているわけではないので、そんなにボリュウムはありません。
IMAG6056.jpg
日本全国津々浦々12箇所の名物を集めたお弁当です。
・あさり煮ひとくち昆布巻き(東京)甘辛くておいしい。ゴハンが欲しくなります
・たこ焼き(大阪)タコはあまり大きくないが、ソースが美味。
・野沢菜ご飯(長野)野沢菜とゴマの風味がサッパリしてて大変おいしい。
・カキブライタルタルソース(広島)フニャフニャだが、しっかり味がついていてまあまあ
・赤カブ鶏団子笹かまぼこミニ醤油(仙台)鶏団子はちょっとパサパサ。笹かまぼこは安定した美味しさ
・じゃこ黑七味ご飯(京都)七味の味が分からず。普通の炊き込みご飯
・厚焼き玉子・はじかみ・カレイ明太子焼き(福岡)カレイうまい。もっと量が欲しい。
・そばめし紅生姜(神戸)焼きぞはとゴハンの混合物。ソースがウマイ。実物を食べに神戸に行きたくなります。
・鮭イクラご飯(北海道)イクラ3粒のみ。鮭も少ないので、ふつうの白ゴハン
・エビチリブロッコリー(横浜)ピリ辛くてうまい。味が濃いいのでビールが欲しくなる
・味噌カツ(名古屋)フニャフニャでカツはややパサパサ。
・大学芋(埼玉)甘くてうまい
ちょっとずつ色々なものを食べてみたい方にオススメです。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)




羽田空港お土産・富士山ミニチュアクランチチョコレート

2013/08/31
羽田国内線第2ターミナルを歩いていると、こんなようなお菓子売り場を発見。
IMAG5494.jpg
富士山が世界遺産に登録されたのを記念して、富士山のお土産が増殖中です。
「富士山ミニチュアクランチチョコレート」8個入り 525円
IMAG5999.jpg
実物の富士山の18万分の1の大きさとのことです。
羽田空港限定というわけではないですが、ちょっと面白そうなので購入してみました。
8個入りで一つ一つが袋に入っています。
IMAG6000.jpg
8個入りは一番小さいサイズで、他ににも12個入りとか24個入りとかあります。
もちろん、チョコの形は富士山のような円錐形状です。
IMAG6001.jpg
頂上部分には、ホワイトチョコが。
さずがに大沢崩れや、宝永火口などは再現されておりません。
サクサクとした食感で、味はそんなに甘すぎず、上品な甘さで食べやすいです。
訪問先での話題作りにもなりますので、東京(日本)お土産としておすすめです。




羽田国際線到着ロビーに悟空&ベジータ出現

2013/08/24
羽田空港国際線の到着階に行ってみると・・・
IMAG6051.jpg
なぜかドラゴンボールの悟空とベジータの等身大人形が絶賛陳列中。
一緒に写真撮影ができるとのことで、到着したお客さんにご好評の様子。
等身大の悟空。
IMAG6050.jpg
結構腕が太いですなあ。
それでいてウエストの引き締まり具合が半端ないです。
これぐらい逞しくないと、アニメで主役は張れません。
ベジータ。
IMAG6049.jpg
暑い中、こんなに着込んで暑そうです?
近くでは、こんなステッカーを配布していました。
IMAG6052.jpg
ドラゴンボール・マニヤにはたまりませんね。
日本が世界に誇るアニメ文化を、少しでも世界中の人々に感じでもらえるとよいですね。
展示期間は2013/08/20~2013/08/31とのことです。




羽田空港の空弁「羽田空港ひとくちおこわ・期間限定特別セット」

2013/08/25
羽田空港のあちらこちらの空弁売り場で精力的に販売中の「羽田空港ひとくちおこわ」。
今回、200万個販売記念、ということで「期間限定特別セット」なるものを発見しました。
「期間限定」と言われると弱いので、早速購入です。

「羽田空港ひとくちおこわ・期間限定特別セット」650円
IMAG6008.jpg
製造元は寿徳庵・大森工場様。
包装がピンク色なのは、全4個中2個がお赤飯になっているからだと思われます。

中身は全4個いり。
IMAG6010.jpg
左の2個は通常の松坂牛のおこわ。
右の2個が今回特別メニューである、「丹波大納言小豆」のお赤飯です。
「丹波大納言小豆」が何者かはGoogle先生にお問い合わせください。

まずは、通常の松坂牛のおこわ。
IMAG6015.jpg
前回レポートしたように、放送を縦に破くと、ちょうとよい具合に一口で食べられるように開封できます。
お箸がなくても、パクッと食べられるので、狭い機内でも簡単に食べられます。

続いて、「丹波大納言小豆」のお赤飯。
IMAG6014.jpg
こちらは、ほんのりとした塩味でシンプルな味わいです。
そのため、小豆そのものの旨みが感じられておいしいです。
量的には、とても満腹には程遠い感がありますが、飛行機に乗る前とか、機内とか、ちょっとした待ち時間につまめる食料としてよいのではないかと思います。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)




羽田空港に関するお役立ち情報、ラウンジ情報、空弁実食情報、深夜の過ごし方など