「閉店」タグアーカイブ

羽田空港第1ターミナル5Fの「AVION」が閉店していたの編

2018/4/28
こちらは、羽田空港第1ターミナル(JAL側)の5F。
HND2018APLA023R
おおっと。
ついに工事区画になってしまいましたか。

この区画は・・・。
HKG2017NOVE035R
以前は「AVION」というレストランだった区画です。

3/31当時に貼られていた貼り紙によると・・・。
HKG2017NOVE034R
2018/3/31に閉店する、とのことでした。

実はこの5Fの「AVION」は、今年(2018年)の1月に「エアターミナル・グリル・キハチ」の跡地にオープンしたばかりの新しいお店でした。
開業からおよそ2か月余で閉店してしまったことになります。
(第1ターミナルの地下にあるカレー屋のAVIONは健在です)

この5Fの「AVION」がオープンして間もない頃に、カレーを頂いたレポートはこちら。
羽田空港第1ターミナル5F「KIHACHI」の跡地に「AVION」オープンの編

ややお値段はお高かったものの、飛行機を見ながら優雅にお食事ができるお店でした。
昭和の頃の「AVION」の人気メニューだった「クラッシック・ビーフカレー」が美味しかっただけに残念・・・。
(地下のカレー屋のAVIONで食べられますが)
お疲れ様でした。

ちなみにこの工事区画はかなり広く・・・。
HND2018APLA022R
A滑走路に離発着する飛行機や、国際線ターミナルの駐機場も眺められるという「かなりいい場所」が工事に入ったことになります。
この第1ターミナルの一等地に、一体何が出来るんでしょうかねえ。

  • また飛行機が見える高級レストランができる?
  • お隣のコワーキングスペース「Regus Express」が店舗拡大?
  • 展望デッキ的なものになる?

などなど、色々な妄想が膨らみます。

何はともあれ、工事の完成を楽しみに待つことにしましょう。

羽田空港第2ターミナル「広東家菜」跡地に「のっけご飯と中華そば95」オープンの編

2017/11/10
いきなり新店舗オープン!
HND-2017nov1-013-R
こちらは羽田空港第2ターミナル(ANA側)の3F。
出発ロビーを見下ろせる場所にある飲食店の一角です。

以前は、タンタン麺などを提供していた「譚料理長の広東家菜」だった場所ですが・・・。
hnd2017aut081-R
2017/9/30をもって閉店し、工事中となっていました。
結局、このお店には一度も行くことなく閉店してしまった(涙)。

そして今回、リニューアル工事が完了し・・・。
HND-2017nov1-070-R
晴れて「のっけご飯と中華そば95」新装開店と相成ったわけです。
開店おめでとうございます。
なぜ故に「95」なのかは不明・・・。

お店の入口にはタッチパネル式の食券販売機があり。
HND-2017nov1-003-R
写真つきでわかりやすいです。
英語や中国語表示にも切り替えられるので、訪日外国人客対応も万全。
先にここで食券を買って、店員さんに渡してお食事を待つシステムです。

主力メニューは「中華そば」と「のっけご飯」のセットのようです。
ラーメンはチャーシュー麺やワンタン麺など、トッピングの種類によってお値段が異なります。
そのお値段が軒並み1000円を超えてしまうのは、空港価格だから致し方のないところ。

お店に入って左側には・・・。
HND-2017nov1-004-R
カウンター席があり。
お一人様客でも気兼ねなく利用できます。

お店に入って右側奥にはテーブル席。
HND-2017nov1-006-R
ファミリー客でも4人掛けのテーブルで一緒に頂くことが可能となっています。
なかなか広い店内(全50席)。

中華そば(醤油)+炙りチャーシューご飯 1240円。
HND-2017nov1-012-R
ラーメンは、高級な感じの大きなどんぶりに盛られてきました。
鶏ベースの醤油味のスープが、コシのある細めの麺とよく絡みます。
昔ながらの懐かしいお味の中華そばでありながら、上品で洗練されたお味でした。

炙りチャーシューは、ホカホカで香ばしくてかなり美味。
厨房でバーナーをゴーゴーやる音がしたので、炙りたてなのでしょう。
このチャーシュー丼をメインでガッツリ食べたくなりました。

他にも塩ラーメンやおつまみのシュウマイなどもあり。
出発前に、洗練された中華そばとチャーシューご飯を頂きたい方は是非どうぞ。
営業時間は9:00-20:30 (ラストオーダー20:00)とのこと (2017/11/10現在)

***

おまけ情報。

ここ羽田空港第2ターミナル3Fの飲食店ストリートでは、最近になって店舗の入れ替え工事が活発化しています。
HND-2017nov1-024-R
以前はホットドックやサンドイッチ、ビールを売っていた「ウエストパーク・エクスプレス」が2017/10/31をもって閉店しました。
第2ターミナル中央の目立つ場所にあるので、利用されたことのある方も多いはず。

この場所にやってくる新店舗の案内もあり。
HND-2017nov1-022-R
「2017/11/17から新しいスタイルのスタンドカフェ」がオープンするとのこと。
一体どんなお店に生まれ変わるのか、楽しみです。

さらにさらに。
HND-2017nov1-019-R
その奥にある「ウエストパーク・カフェ」も2017/10/31をもって閉店してしまいました。
ボリュウミーでアメリカンな美味しいハンバーガーが食べられるお店でした。
私も何度か頂いたことがあるだけに、ちょっと残念。
展望デッキにあった「ウエストパークカフェ」の売店も先日「空ガーデン」に変わってしまいましたので、これで羽田空港の「ウエストパーク」店舗シリーズはすべて閉店したことになります。

こちらには・・・。
HND-2017nov1-017-R
2017/12/1から「GGG CAFE」なるお店がオープンするとのこと。
お店の写真によると「GGG」は「Good Green Garden」 の略のようです。
お野菜がメインのお店なのだろーか。
こちらも、どんなお店が出来るのか楽しみに待つことにしましょう。

というわけで・・・。
HND-2017nov1-027-R
着々と飲食店のリニューアルが進みつつある羽田空港第2ターミナル3F南側でした。

2020年の東京オリンピックを見据えての動きなのかどうかは不明ですが、最近になってお店の入れ替わりが増えてきた印象です。
第1ターミナル側にもリニューアル工事中のエリアがありますので、また後日レポートしたいと思います。

羽田空港国際線4F・おこのみ横丁の「浅草・梅園」閉店の編

2017/09/09
先週の羽田空港国際線4F「おこのみ横丁」。
HND2017SEP-007_R1
テイクアウトのお店が立ち並んでいて、いつも人々で賑わっているゾーンです。

その一番奥のエリアに通りがかったところ・・・。
HND2017SEP-008_R1
あれ?閉店?
ここはかつて甘味処「浅草梅園」があった場所。

いつものごとく貼り紙を確認。
HND2017SEP-010_R1
貼り紙によると・・・

「浅草梅園」は勝手ながら平成29年8月31日を以て閉店いたしました。
長らくご愛顧賜りまして、誠にありがとうございました。
今後ともご高配賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

とのこと。

この「浅草梅園」は、2014年8月の「はねだ日本橋」エリア開業の時から出店していた、オリジナル店舗の一つでした。
「おこのみ横丁」全6店舗の中で最大の店舗面積を誇り、唯一「客席」を備えていました。
開店当時の様子はこちら。
羽田空港国際線・おこのみ横丁にオープンした「浅草・梅園」でお雑煮を食らうの編

2015年3月には、のちの看板商品となる「どらソフト」の開発に成功。
どら焼きの生地を使ったソフトクリーム、という独創的なアイデアで話題を集めました。
羽田空港国際線・梅園の「どらソフト」
発売当初は1個300円でしたが、その後すぐに400円に値上げ(←余計な情報)。

そして開業からちょうど3年目を迎えた今回、閉店となりました。
いつか食べようと思っていた「茶そば」を食べられずに終わってしまったのが、唯一の心残りです。

少し前に、パン屋の「木村屋」様も閉店してしまったので・・・。
HND2017SEP-006_R1
「おこのみ横丁」は全6店舗中2店舗が閉店中となっています(2017/09/09現在)。
果たして次はどんなお店が入店するのか、楽しみに待つことにしましょう。

羽田空港国際線・4Fおこのみ横丁に「テーブル」登場。そして木村屋閉店の編

2017/08/18
羽田空港国際線は、朝顔の装飾で夏の装いです。
HND2017JUL2-397_HF2
今年も去年と同様、4F江戸小路を中心に朝顔(造花)が沢山飾られました。
「風鈴」も飾られていて、涼し気な音色がチリンチリンと響き渡っています。

涼し気な音色・・・?
HND2017JUL2-399_HF2
屋内だから、風は吹いていないけど。
一体どこから聞こえてくるのだろう?

あった!
HND2017JUL2-400_HF2
なんと、朝顔の下に隠されたスピーカーとプレーヤーから「チリン、チリン♪」という音を奏でていたのでした。
去年は送風機を使って、風鈴に風を当てて鳴らしていましたが、今年は電子的な手法で来ましたね。
こちらのほうが、風鈴を傷めずに済む?ということなのだろーか。

こちらは同じく国際線4Fのおこのみ横丁。
HND2017JUL2-417_HF2
ここも朝顔と風鈴の装飾が多数配備されており、華やかで涼しげな雰囲気となっております。

で、ここ「おこのみ横丁」には・・・。
HND2017JUL-037_FR1
2017年7月下旬ごろから、待望の「テーブル」が設置されました。
このおかげで、近くのテイクアウトのお店で買ったものを「テーブル」の上に置いて落ち着いて頂くことができます。
これはアリガタイです。
今までは赤い椅子しか無く、体をよじるようにして「だし場日本橋」のお味噌汁を頂いたりしていましたからねえ。

ただし、訪日外国人客の皆様におかれましては・・・。
HND2017JUL-035_FR1
食べ終わった器を処分するという習慣がないのが課題です。
定期的に誰かがテーブルの上をキレイにしてあげなければなりませぬ。
ちなみにこの椅子の赤い布は、定期的に取り換えて洗濯しているのだとか(って交換係?のおじさんが言っていた)。

おこのみ横丁の端っこにも・・・。
HND2017JUL2-414_HF2
立ち食い用の小型テーブルが設置されました。
テーブルがあるだけでも助かります。
これで、少しでもお店の売り上げが延びることを期待しましょう。

しかしながら・・・。
HND2017JUL-033_FR1
おこのみ横丁の店舗の一つ「木村屋」さんにシャッターが。
なんということでしょう。

こういう時は、シャッターの貼り紙をチェックするのが鉄則。
HND2017JUL-032_FR1
貼り紙によりますと・・・

「銀座木村屋」閉店のお知らせ
「銀座木村屋」は、勝手ながら平成29年7月31日を以って閉店いたしました。
長らくご愛顧賜りまして、誠にありがとうございました。
出国エリア内「OKASHIKOBO」では、引き続き「銀座木村屋」のパンを販売しております。
今後ともご高配賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます

とのこと(涙)。

「木村屋」は銀座に本店を構える、「あんぱん」が有名な老舗のパン屋さん。
ホイップクリームの入ったあんぱんが美味しかったのですが・・・。
ともあれ、次はどんなお店が入店するのか、楽しみに待つことにしましょう。

羽田空港第1ターミナル「ブックスフジ羽田空港店」が閉店していたの編

2017/06/16
こちらは羽田空港国内線第1ターミナル(JAL側)・B1Fの京急線のりば付近。
ドトールコーヒーのお隣の区画です。
HND201706-034_R12
あら?
小さな本屋さんだった場所にシャッターが降りています。

貼り紙を確認してみると・・・。
HND201706-035_R12
以前ここにあった本屋さん「ブックスフジ」が2017/05/20をもって閉店しました、とのこと。
航空関連の書籍を多く扱っていた昔ながらの本屋さんで、私も何度か立ち寄ったことがあります。

貼り紙の内容は以下の通り。

閉店のお知らせ
ブックスフジ羽田空港店は平成29年5月20日を持ちまして閉店させていただきました。
ブックスフジ羽田空港店は昭和49年4月開店以来43年間、航空ファンの方々を始めとした、たくさんの方にご来店いただき、長年のご愛顧を賜りましたことを心より感謝申し上げます。
誠にありがとうございました。
株式会社ブックスフジ羽田空港店

旧ターミナル時代からあったお店だったのですね・・・。
公式サイトによると、閉店前にはNHKの取材もあったのだとか。
引き続き大鳥居店は営業中とのこと。
長い間お疲れさまでした。

2016年6月の羽田空港いろいろ

2016/06/18
梅雨に入ったとは言え、雨が少ない今日この頃。
羽田空港国内線第2ターミナルは・・・
HND_2016JUN_004_S2
お客さんの少ない閑散期。

今回は、2016年6月の羽田空港小ネタ集です。

おおた博覧会2016 in 羽田空港

第2ターミナルの展望デッキのあるフロアでは、先週「おおた博覧会」が開催されました。
HND_2016JUN_039_S2
羽田空港の地元・大田区の町工場や特産品などをご紹介するイベントです。
去年もやってましたね。
羽田空港国内線第2ターミナル・おおた博覧会2015開催の編

「オーちゃん」がお出迎え。
HND_2016JUN_014_S2
大田区だからオーちゃん。
わかりやすいネーミングです。

今年も去年に引き続き、大田区の地元企業・団体が参加。
HND_2016JUN_022_S2
地味に盛り上がっています。

空気入れをシュコシュコやると、プラレールが走る仕組み。
HND_2016JUN_033_S2
町工場の人々の作品がいくつか展示されている体験コーナーです。
ものづくりの楽しさを伝えよう、という企画。
頑張りすぎるとカーブを曲がり切れずに脱線(笑)。
その他、3Dプリンターの展示などもあって興味深かったです

蒲田の温泉・銭湯のご紹介もあり。
HND_2016JUN_029_S2
日本に2人しかいない銭湯画家の絵画パフォーマンスもあったとのこと。
羽田空港にも温泉を作れば、外国人にもウケそうです。

「一心堂本舗・羽田空港国際線店」が閉店

羽田空港国際線4F「おこのみ横丁」にて。
HND_2016JUN_051_S2
紫陽花が見ごろです。

テイクアウトのお店の一つ「一心堂本舗」のシャッターが下りていました。
HND_2016JUN_050_S2
各種おかき類や、磯辺焼きを販売していたお店です。
今年のお正月に、磯辺焼きを頂いたことがあります。
羽田空港国際線のお正月2016

いつものごとく、貼り紙を見てみると・・・。
harigami_001_S3
2016/5/31をもって閉店しました、とのこと。
最近の「根津とうふ屋須田」閉店→「ずんだ茶寮」の登場、など、お好み横丁のお店の入れ替わりが最近活発です。
次にどんなお店が登場するのか、楽しみに待つことにしましょう。

国際線で「紫陽花」展示中。紫陽花の配布もあるよ

羽田空港国際線では、随所に「紫陽花」を展示中。
HND_2016JUN_062_S2
外国人旅客をはじめ、沢山の人々が記念撮影しています。

「TIAT あじさいマップ」のパネル
HND_2016JUN_063_S2
国際線館内の「紫陽花」展示ポイントが案内されています。

ん?
image
ビミョーに、パネルの写真が新しくなっている??

たしか、以前に見たときは・・・
image-5g
合成写真(笑)だったのに。
今年の紫陽花の写真を使ったパネルに入れ替えたのですね。
こ、細かい・・・。

というわけで、この「紫陽花」展示は6/26(日)まで。
image
最終日の6/26(日)は展示されている紫陽花のプレゼントがある、とのこと(たぶん夕方)。
そういえば、去年も展示されていた「ほうずき」を配布していたのを見たことがあります。
さすがTIAT様、太っ腹です。
プロが育てた立派な紫陽花をゲットしたい!という方は是非羽田空港国際線へ。

羽田空港国際線・おこのみ横丁の「根津とうふ屋須田」が閉店していたの編

2015/11/29
久しぶりに羽田空港国際線4Fのおこのみ横丁前を通りがかったところ・・・。
HND_2015NOV_011_R30
あれ?閉店?
しかも2店舗も?

いつものごとく、まずは手前のお店の貼り紙を確認。
HND_2015NOV_012_R30
2015/10/31をもって、「根津とうふ屋須田」は閉店したとのこと。
この「おこのみ横丁」は、「はねだ日本橋」と共に2014年8月にオープンしたばかりの出国前エリアの新しい商業ゾーンです。
出国前のお客さんで結構賑わっているのですが、残念ながら撤退とのこと。
賃料が高いのでしょうかねえ。
稲荷弁当とか、とうふ入りメンチカツサンドとか美味しかったのに・・・。

ありし頃の「根津とうふ屋須田」のレポートはこちら。
羽田空港国際線・4F拡張エリアに新名所「はねだ日本橋」がオープンしたので早速行ってみたの編
羽田空港国際線の空弁・根津とうふ屋須田「とうふ入りメンチカツサンド」

その奥のパン屋さん「銀座・木村屋」のほうは・・・?
HND_2015NOV_013_R30
製造工場の機械が故障のため、納品が遅れているとのこと(2015/11/29現在)。
こちらは閉店したわけではなさそうです。
一刻も早い復旧をお祈りいたします。

閉店してしまった「根津とうふ屋須田」の次は、どんなお店が出来るのかに期待です。

京急の羽田空港国際線ターミナル駅3Fのお店が次々と閉店の編

2015/08/30
以前の記事で「羽田空港国際線・上島咖啡店が2015/08/26に閉店予定」でお伝えしましたように、3Fのセブンイレブン隣の「上島咖啡店」の閉店を確認しました。
HND_2015AUG_menuDSC01187_R
奥に見える、お隣のセブンイレブンは絶賛営業中。
うーん、残念。
貴重な充電できるカフェを一軒失ってしまった・・・。

ふと、京急駅の同じ3Fの奥のほうに目をやってみると・・・。
HND_2015AUG_menuDSC01186_R
あれ?なんか寂しい。

親子丼ととんかつのお店「玉ひで・あんず」が閉店しているではないですか・・・。
HND_2015AUG_menuDSC01183_R
看板が取り外されてシャッターが降りています。

貼り紙によると・・・
HND_2015AUG_menuDSC01184_R
2015/8/15を持って閉店したとのこと。
お昼の間は「玉ひで」として、プレミアムな親子丼を提供。
夜は博多のとんかつ屋「あんず」として営業していました。
美味しかった記憶があるので、これも残念。
その、ありし頃のレポートはこちら
羽田空港国際線・「人形町玉ひで」の親子丼

その対面にあった、クイック&リラクゼーション「西洋館」も閉店。
HND_2015AUG_menuDSC01182_R
こちらもシャッターが降りています。

そしてその貼り紙。
HND_2015AUG_menuDSC01181_R
こちらは2015/07/17に既に閉店していたとのこと。
このあたりはあまり足を運ばないので、気が付きませんでした・・・。

やはりここも立地が厳しいです。
上島咖啡、あんず玉秀、西洋館のある一角は、京急空港線の国際線ターミナル駅の真上の部分の建物に位置しているため、「空港」の一部ではなく「空港駅」の一部、という扱いのようです。
なので、羽田空港国際線(TIAT)公式サイトの「フロアマップ」にも、空港内の案内板にも、これらの店舗の案内は載っていなかったのです・・・。
セブンイレブンは割と目につく場所にあるものの、これらの店舗はさらに奥まったところにあるので、羽田国際線に行ったことがある方でもお店の存在にすら気づかない人も多いのではないでしょうか。

ともあれ、これらの閉鎖店舗の一角が今後どのように生まれ変わっていくのか、注目したいと思います。

羽田空港国内線第2ターミナルの端っこにあったカフェが人知れず閉店していたの編

2014/04/28
羽田国内線に関する細かい情報シリーズです。
先ごろ、羽田第2ターミナル(ANA側)の端っこにあったカフェが閉店していたことに気が付きました。
HND_2015APL_B_DSC06933_R
第2ターミナルの、羽田エクセルホテル東急があるのとは反対側の端っこです。
「羽田ミュージアム」のちょうど真下にある店舗スペース。
以前は、エメラルドグリーンに彩られた、お高い感じのカフェがあった(お店の名前失念)のですが、ひっそりと閉店していた模様。
貼り紙なども特に残っていないので、結構前に閉店していたようです。

いつも使われていない、45番カウンターの正面付近。
HND_2015APL_B_DSC06937_R
人通りが少ないので、立地的に厳しいものがありますねえ。
次なる店舗(が入ってくるかどうか分かりませんが)に期待です。