「ホテル」タグアーカイブ

大鳥居に「リリーフプレミアム羽田空港」がオープンしたので早速宿泊してみたの編

2017/12/28
羽田空港からほど近い大鳥居にホテル「リリーフプレミアム羽田空港」が新規に開業したとの情報をキャッチ。
羽田午前発の台湾旅の前泊で、早速利用して参りました。

ざっくり感想としては・・・。

  • 木目調で落ち着いた感じの新築ホテル。やや部屋は狭いがキレイで快適。
  • 羽田空港への無料シャトルバスはあるものの、8人乗りで小さい・・・
  • 大鳥居は深夜・早朝バスの停留所があるため、始発が動くよりも前に羽田空港国際線に到達可能
  • ホテルの周りに夜遅くまでやっている飲食店やコンビニがあって便利

ということで、以下詳細。

最寄り駅は京急空港線・大鳥居駅

やってきたのは京急空港線の「大鳥居」駅。
Relief-HNDA-2017DEC-121R
羽田空港国際線からは3駅、京急蒲田からは2駅です。
「快特」は停車しませんのでご注意ください。

「リリーフプレミアム羽田空港」の場所はこちら。
Relief-HNDA-2017DEC-125R
大鳥居駅西口(現在地)から地上に出て、大通り(環八通り)を横断した先にあります。
駅から徒歩3分ぐらい。
(道路を横断するための信号待ちがほとんど)
駅に近いので、大きな荷物を持っていても楽にたどり着けます。

羽田空港から来る場合は、路線バス(蒲95シャトルバスや蒲31)が便利です。
Relief-HNDA-2017DEC-075R
「大鳥居」バス停で下車すれば、ホテルのすぐ近くで降りられます。
深夜バスも停車するので、終電後に羽田に帰ってきたときにも便利です。

ホテルは大通り(環八通り)に直接面しているわけではなく、やや奥まったところにあります。Relief-HNDA-2017DEC-001R
ホテルの最上階に「RELIEF PREMIUM」の文字が見えますので、それを目指しましょう。

で、こちらが「リリーフプレミアム羽田空港」。
Relief-HNDA-2017DEC-004R
2017/12/21に新規オープンしたばかりなのだとか。
閑静な住宅地の中にありため、静かです。
8階建て102室と、思ったよりも大きなホテルでした。

近くには強敵「東横イン羽田空港1/2」がある他、2018年にはあの「変なホテル・羽田空港」が開業予定。
大鳥居界隈も、ホテル競争が激しくなってきましたね。

木目調の温かいエントランスとレストラン

開業して間もないということで・・・。
Relief-HNDA-2017DEC-067R
エントランスの両脇には胡蝶蘭が飾られていて、華やかな雰囲気。

1Fのレストランはガラス張りになっていて開放的。
Relief-HNDA-2017DEC-070R
木目調のデザインになっていて、温かみがあります。
女性でも入りやすそうな感じです。

フロントでチェックインを済ませて、タッチ式のカードキーを受け取ります。

  • 朝食は6時から
  • 羽田空港行きの無料送りバスは8人乗り
  • 4:00AMから1時間毎に出発。
  • 出発30分前から整理券を配り、先着順。

とのこと。

送迎バスがあるのは有難いですが、8人乗りだと競争率が激しいような・・・。
このあたりは後ほど検証してみます。

今回は、朝6時にホテルを出発したため、朝食を頂けなったのが残念・・・。

カードキーを受け取ったら、これまた木目調のエレベータへ。
Relief-HNDA-2017DEC-065R
エレベータは2基あり。
カードキーをセンサーにタッチすると、呼べるようになります。
このあたりのセキュリティは万全。

ホテルの廊下は、新しくてキレイです。
Relief-HNDA-2017DEC-008R
新築のホテルの匂いがします。
やっぱり新しいホテルはいいね~。

先進的な設備を備えたキレイで快適な居室

そして自室に突入。
Relief-HNDA-2017DEC-009R
広さは13平米のダブルルーム。
やや狭さを感じるものの、日本のビジネスホテルの普通の広さです。
楽天トラベルで予約して、1泊8000円(税込)でした。

お部屋の中も木目調で落ち着いた雰囲気。
清掃が行き届いていて快適な空間です。
一泊するだけなら、少々狭くても問題ありません。

こちらがダブルのベッド。
Relief-HNDA-2017DEC-015R
お部屋のほとんどがベッドに占有される形ですが、快適に寝られれば問題なし。

ベッドの枕元には・・・。
Relief-HNDA-2017DEC-034R
読書灯とコンセントがあり。
ここにコンセントがあると、ベッドの上でスマホ充電ができるので非常にポイントが高いです。
(最近のホテルでは標準的な設備になりつつありますが)

スリッパもあり。
Relief-HNDA-2017DEC-013R
ワラのようなもので編まれていて、履き心地がよいです。
安いホテルのペラペラのスリッパではないところがポイント高いです。

クローゼットはないので・・・。
Relief-HNDA-2017DEC-011R
壁にハンガーがいくつか架かっていました。
ここに服を掛けてしまうと、そのまま忘れてしまう自信があるので使用せず。

窓からの眺望は・・・。
Relief-HNDA-2017DEC-021R
閑静な住宅地でした。
上層階ならもっと眺めがよいかもしれません。

これが空港への送迎バスと思われる。
Relief-HNDA-2017DEC-019R
小さいから、すぐに満席になってしまいそうな予感。

ベッドの横にはデスクがあり。
Relief-HNDA-2017DEC-049R
ノートPCを展開するのに十分な広さがありました。
椅子がちょっと窮屈ですが、ギリギリ普通に座れるので問題なし。
もちろん無料WI-Fiがバッチリ繋がります。

デスクの引き出しの中には・・・。
Relief-HNDA-2017DEC-046R
ドライヤーと鏡が入っていました。

ドライヤーは、またしてもパナソニックの「イオニティEH-NE18」。
東京の業務用ドライヤー業界をほぼ独占してますね・・・。

デスクの上には、こんなようなタブレット端末が常備されており・・・。
Relief-HNDA-2017DEC-027R
色々なことができるようになっています。

例えば・・・

  • 空調をコントロールして、お部屋の温度を調節できたり
  • 照明のON/OFFができたり
  • ホテル館内設備の説明が見れたり
  • アイロンなどの備品をリクエストできたり
  • レンタサイクルやヨガの受講申し込み(!)ができたり、らじばんだり

色々できます。
これは先進的。

実際のところ、ほとんど使いませんでしたが(笑)
こういう設備があるとワクワク感が高まりますねえ。
「これは最新設備のお部屋だ!」という感動があると、お部屋が狭くてもあまり気にならなくなってしまいます。

テレビの位置はやや変則的。
Relief-HNDA-2017DEC-032R
ベッドに仰向けに寝転がったときに、ちょうど足元方向に見る形になります。
なるほど、確かにこの位置のほうが見やすくて快適です。

テレビの手前には、スーツケース置き場を兼ねた台があり。
30リットルぐらいの小さめのスーツケースなら置けます。
ただ、スーツケースを開けると、テレビの下部に当たってしまいますが・・・。

ちなみにテレビはシャープ製の40インチ液晶テレビ。
Relief-HNDA-2017DEC-035R
ホテル館内の案内や、Wi-Fiのパスワードの情報があり。
羽田のフライト・インフォメーションの表示機能はありませんでした。

右側の棚の冷蔵庫の中身はからっぽ。
Relief-HNDA-2017DEC-040R
初期状態では、スイッチがOFFになっているので、使う時はONにしてね、とのこと。
音が気になって眠れない時はOFFにしましょう。

左側の棚には・・・。
Relief-HNDA-2017DEC-041R
部屋着と金庫があり。
部屋着は上下セパレートタイプになっていて実用的でした。

続いて水回りへ。
Relief-HNDA-2017DEC-054R
湯舟つきの3点ユニットバスです。
清掃が行き届いており、キレイで快適。

アメニティ類はかなり豊富にあり。
Relief-HNDA-2017DEC-057R
シャンプー、コンディショナー、リンス、歯ブラシセットや髭剃りセットはもちろん完備。
その他、おじさんにはあまり縁のないシャワーキャップや、モイスチャーなんたらなどもあり。

というわけで、先進的な設備を備えたオシャレなお部屋で、旅立ち前の一夜を快適に過ごすことができました。

ホテルのご近所にはコンビニや飲食店が色々

チェックイン後は、ホテルのご近所を探索。
Relief-HNDA-2017DEC-088R
ホテルの南側は閑静な住宅地で、ひっそりとしていますが・・・。

大鳥居の交差点方面は賑やかです。
Relief-HNDA-2017DEC-100R
夜遅くまでやっているお店やコンビニも近くにあるので、不自由はないでしょう。

産業道路を渡った先にあるローソン。
Relief-HNDA-2017DEC-079R
この他にもサンクス、ミニストップを含む3件のコンビニが、ホテルから同じぐらいの距離にあります。
深夜の買い出しに便利です。

ホテルから歩いて30秒ほどのところには「松屋」があり。
Relief-HNDA-2017DEC-074R
24時間営業(2017年12月現在)。
夜食に便利です。

大鳥居の交差点にある「ガスト」
Relief-HNDA-2017DEC-093R
こちらは深夜2時まで営業とのこと。

大鳥居駅の北側の大通り沿いには、本屋さんがあり。
Relief-HNDA-2017DEC-092R
かつては、羽田空港第1ターミナルの地下に支店を構えていた「ブックスフジ」本店があります。
平日は22時まで営業(日曜・祭日は20時まで)
買い忘れた旅行ガイドブックの調達も可能です。

その他にも、地元系の飲食店が色々あります。
Relief-HNDA-2017DEC-084R
よそ者には、ちょっと敷居が高いですが・・・。

今回、夜ごはんに立ち寄った地元系のお店はこちら。
Relief-HNDA-2017DEC-107R
「老舗の味・利久」様。
地元のおじ様方が集う飲み屋ですが、普通にお食事もできました。

生ビール・スーパドライ小 380円。
Relief-HNDA-2017DEC-109R
スパゲッティのお通しは200円でした。

やはり、スーパードライの生はウマイね!
日本のビールの最高傑作と言っていいでしょう。

メインディッシュは穴子丼 950円。
Relief-HNDA-2017DEC-116R
メニュー上の表記は「穴子丼」ですが、実際は「穴子の天ぷら丼」でした。

これがメチャうま。
大きな穴子がドーンと乗っていて、ボリュウム満点です。
かぼちゃとシソの天ぷらの他、たくわんと味噌汁つき。
サクサクで香ばしい穴子と甘辛いタレの相性がバツグンで、ごはんがドンドン進みます。
大鳥居ならではの美味しいお食事にありつけて、大満足の晩御飯となりました。

始発電車よりも早く羽田空港国際線に到達可能

ここ大鳥居から羽田空港へは、京急空港線と京急バスを利用可能。
ホテルの送迎バスは8人乗りで小さいため、公共交通機関の利用も考えておきましょう。

羽田空港行きのバス停は、東横インの対面近くにあります。
Relief-HNDA-2017DEC-095R
このバス停には、深夜・早朝バスも停車します。
これを使えば、始発電車よりも早く羽田空港国際線にたどり着くことができます。
冬の朝は寒いけど・・・。

大鳥居発・羽田空港行きの早朝バスの出発時刻は以下のとおり(2017/12/28現在)

  • 大鳥居 3:25発 → 国際線 3:38着 (深夜・早朝バス実証実験 2018/3/31まで)
  • 大鳥居 4:41発 → 国際線 4:53着 (深夜・早朝バス)
  • 大鳥居 4:43発 → 国際線 4:55着 (深夜・早朝バス)
  • 大鳥居 5:15発 → 国際線 5:28着 (JR蒲田駅発羽田空港行きシャトルバス)

早朝バスのダイヤの最新は京急バスの公式サイトの「路線バス」から頑張って検索してみてください。

京急空港線・大鳥居駅の羽田空港方面の始発は5:22です(2017/12/28現在)
朝6時を過ぎると本数が増えてくるので、電車を利用するのがよいでしょう。
京急のダイヤの最新は公式サイト(大鳥居駅)をどうぞ。

ホテルの詳細はこちら(楽天トラベル)
HOTEL RELIEF Premium 羽田空港(ホテルリリーフプレミアム)

その他の羽田空港周辺ホテルの宿泊体験記はこちら
羽田空港周辺の宿泊施設の体験記

京急EXイン羽田・宿泊体験記その3 ホテルの朝食と無料シャトルバス体験の編

2017/10/31
京急EXイン羽田・宿泊体験記の続きです。

前回までの記事はこちら
京急EXイン羽田・宿泊体験記その1 チェックインするの編
京急EXイン羽田・宿泊体験記その2 ホテル内施設とご近所をウロウロするの編

今回はホテルの朝食と羽田空港への送迎バスに乗ってみた編です。

飛行機を見ながら優雅に朝ごはん

一夜明けて、朝6時ごろ目を覚まします。
HND-EXINN4-2017-033-R
B滑走路脇の駐機場に、お泊りの機体が並んでいる様子が見えました。
天気はあいにくの雨模様・・・。

身なりを整えて、ホテル2階の朝食会場へ。
HND-EXINN4-2017-055-R
既に多くのお客さんがお食事中でした。

この京急EXイン羽田では、基本的に宿泊客全員が朝食付きとのこと。
朝食提供時間は5:00AMから10:00AMまで(最終入場は9:30AMまで)。
なので、早朝の便に乗る方は残念ながら朝食は間に合わないことになります。

朝食はバイキング形式ではなくて、配給方式(っていうのかな?)。
HND-EXINN4-2017-041-R
こちらのカウンターで朝食券を渡し、和食か洋食かを選びます。
朝食一式が乗ったお盆を受け取りましょう。

朝食を受領した後は、調味料コーナーへ。
HND-EXINN4-2017-036-R
お箸を忘れずにゲットします。
唐辛子などの調味料はお好みで。

お茶もセルフサービスです。
HND-EXINN4-2017-037-R
朝ごはんは基本的にすべてセルフサービスでした。

バイキング形式とは違って、すぐに朝食一式が出てくるので時間を節約できます。
ホテル側としても、配給方式のほうが人手がかからなくてよいのかもしれません。

朝食は「和食」を選択してみました。
HND-EXINN4-2017-044-R
左下の小鉢は納豆など数種類から1つを選べます。
切干大根が美味しゅうございました。
おふくろの味。
イワシの煮つけ?も味がよく染みていてご飯が進みます。
けんちん汁は薄味でヘルシーな感じでした。
バイキング形式のように食べ過ぎることはなく、丁度よい分量でした。

朝食会場のラウンジの窓からは・・・。
HND-EXINN4-2017-042-R
駐機場に沖止めされている飛行機たちが見えました。
カンタス航空のボーイング747の他、ANA,JAL,キャセイの機体もあり。
飛行機を見ながら朝食を頂けて旅行気分が盛り上がります(宿泊だけで旅行しないけど)。

ラウンジ内には新聞もあり。
HND-EXINN4-2017-048-R
これもありがたいです。

無料のホットコーヒーもあり。
HND-EXINN4-2017-054-R
朝だけでなく24時間頂くことができます。
これも嬉しいサービス。

朝食会場であるラウンジスペースは・・・。
HND-EXINN4-2017-053-R
各席に電源コンセントとUSBポートがあり。
まるで空港のラウンジのような雰囲気になっています。
朝食後はここで新聞を読みながら無料コーヒーを頂いてマッタリしました。

ホテルから羽田空港への無料シャトルバスに乗ってみる

羽田空港への送迎バス乗り場は地下1階にあります。
HND-EXINN2-2017-004-R
こんなような待合室があるという豪華仕様。

この自動ドアの向こう側にバスがやってきます。
HND-EXINN2-2017-006-R
車庫が屋根の下にあるため、雨の日でも濡れずにバスに乗り込むことができます。
初めから送迎バスの発着を想定して建物が設計されているわけですね。
これは素晴らしい。

チェックアウトはこのマシーンで自動で手続きできました。
HND-EXINN2-2017-005-R
画面の案内に従って、ルームカードキーを差し込むだけでチェックアウト完了。
2Fのフロントに寄らなくてもOKです。
ちなみにホテルのチェックアウトは10:00AMまで。

やがて空港シャトルバスがやってきたので乗車。
HND-EXINN4-2017-058-R
路線バスの車両の前左部分に荷物棚を追加した車両でした。
京急グループなので、バス車両とドライバーさんの調達はお手の物。
9:00AM発の便でしたが、席が全部埋まるぐらいお客さんが乗っていました。

ホテルから空港に向かうバスは・・・。

  • 始発便はホテル発4:00AM→国際線着4:08AM。
  • 最終便はホテル発9:30AM→国際線着9:38AM→2タミ着9:45AM→1タミ着9:50着。

全15便を運行中でした(2017/10現在)。
電車の始発が動くよりも前のAM4時台に国際線に到着できる手段がまた一つ増えて、便利になりました。
この無料シャトルバスの時刻表はホテルの公式サイトをどうぞ。
(スマホの Chromeで見ていて、ケータイ版サイトに行ってしまう場合は、Chromeの設定で「PC版サイトを見る」のチェックボックスにチェックを入れてから飛んでください)

この時は、ホテルから羽田空港国際線ターミナルまでは6分少々で到着。
HND-EXINN4-2017-060-R
国際線の1Fで下車します。
ここから国際線出発階3Fへはエレベータまたはエスカレータでどうぞ。
やはり空港までバスで送ってもらえると、とても楽です。

空港からホテルへの無料シャトルバスにも乗ってみた

時間はその前日の夜に遡り・・・。
羽田空港国際線発の京急EXイン羽田行きのシャトルバスも乗ってみました。

国際線2F到着階の「団体バス」のりばへ。
HND-EXINN3-2017-051-R
国際線到着口からひたすら真っ直ぐ突き進むと、この看板が見えます。
エスカレータまたはエレベータで1Fへ降りましょう。

ここが国際線の団体バス乗り場。
HND-EXINN3-2017-054-R
京急EXイン羽田の他にも、色々なホテルの送迎バスがひっきりなしにやってきます。

京急EXイン羽田のシャトルバスはこちら。
HND-EXINN3-2017-058-R
時間通りにやってきました。
バスの車体には、デカデカとホテルの名前が書かれていますので間違えることはないでしょう。

国内線からホテルに向かうバスは・・・。

  • 始発便:2タミ 18:20発 → 1タミ18:25発 → ホテル着18:35
  • 最終便:2タミ 23:40発 → 1タミ23:45発 → ホテル着23:55

の計11便とのこと(2017/10現在)。

国際線からホテルに向かうバスは・・・。

  • 始発便:国際線22:30発→ホテル着22:40
  • 最終便:国際線23:50発→ホテル着0:00

の計5便とのこと(2017/10現在)。
最新のシャトルバス時刻表は、京急EXインの公式サイトをご覧ください。
(スマホの Chromeで見ていて、ケータイ版サイトに行ってしまう場合は、Chromeの設定で「PC版サイトを見る」のチェックボックスにチェックを入れてから飛んでください)

国際線発23:50が最終というのは、ちょっと早いかもです。
終電後はタクシーでホテルに向かうことになるかと思いますが、深夜タクシーだと大体1300円ぐらいかかると思われます。

ご参考記事:
2017年1月タクシー運賃改訂後、羽田空港国際線からJR蒲田駅まで深夜タクシーで行ってみたの編

で、この時の利用者は私の他1名のみ。
HND-EXINN3-2017-060-R
夜の羽田空港を横目に見ながら、ホテルに向かって快適に疾走。

ホテル地下1階の発着場に到着。
HND-EXINN3-2017-073-R
この時は雨が降っていましたが、濡れずにホテルの建物内に入れるのは助かります。
ここからはエレベータで2Fのホテルフロントへどーぞ。

・・・というわけで、ホテルの朝食と羽田空港無料シャトルバスの乗車体験記でした。

  • 朝食はすぐに食べられる配給方式で、飛行機を見ながら朝ごはん可能。
  • 濡れずに乗り降りできる専用のシャトルバス乗り場

と、羽田空港利用時の前泊・後泊のお客さんのニーズにあわせて設計されているホテルなんだなーと感じました。

ホテルの詳細はこちら。
京急EXイン羽田 (楽天トラベル)

その他の羽田空港周辺ホテルの宿泊体験記はこちら
羽田空港周辺の宿泊施設の体験記

京急EXイン羽田・宿泊体験記その2 ホテル内施設とご近所をウロウロするの編

2017/10/29
京急EXイン羽田・宿泊体験記の続きです。

前回の記事はこちら
京急EXイン羽田・宿泊体験記その1 チェックインするの編

自販機は各階にあり。おつまみも販売。

無事にチェックインを終えた後は、ホテル内の設備を探索開始。
HND-EXINN2-2017-003-R
今週出来たばかりの新築ホテルなので、館内は新しくピカピカです。
お部屋の数は全313室。
近くにある老舗ホテルの「ホテルJALシティ羽田東京(308室)」とほぼ同じぐらい規模です。

各階のエレベーターホールの横には・・・。
HND-EXINN2-2017-159-R
自販機コーナーがあり。

ミネラルウォーターは120円より。
HND-EXINN2-2017-002-R
アサヒスーパードライ350mlは260円で販売。
近所のコンビニだと223円で売っていました。
よーく見ると「柿の種&落花生」350円も売っています。

写真右がその「柿の種&落花生」
HND-EXINN3-2017-079-R
缶ジュース型のプラスチック容器に入ったオツマミ。
これなら飲み物自販機でも販売できるというわけです。
なるほどー。
結構ボリュウムがあり食べ応えがありました。

飛行機が見える2Fラウンジ

こちらは2Fのラウンジ。
HND-EXINN-2017-037-R
窓際にカウンター席があり。
このラウンジは朝食会場も兼ねています。

窓の外には・・・。
HND-EXINN-2017-038-R
木と木の間から羽田空港と飛行機を眺めることができます。
海老取川に船が繋がれている様子や、地下から地上に上がってくる東京モノレールも見えたりと、見どころが色々あり。
明日の朝食が楽しみです。

ソファ席もあり。
HND-EXINN-2017-036-R
各席には充電用のコンセントやUSBポートもあり。
まるで空港のラウンジのような雰囲気になっていて、旅行気分が盛り上がります。

ラウンジ内には、セブンイレブンの自販機もあり。
HND-EXINN-2017-034-R
サンドイッチやおにぎり、カップラーメンやパン類もあり。
ホテル内にコンビニはないので、この自販機がその代役を務めているというわけです。
カップラーメンは人気で、早々に売り切れていました。

自販機の横には・・・。
HND-EXINN-2017-035-R
製氷機と無料のホットコーヒーサーバーがあり。
ここで飛行機を眺めながらコーヒーを頂いてダラダラすることも可能です。
カップラーメン用のお湯は、自室の電気ポットで沸かせます。

コインランドリーや電子レンジもあり

2Fのフロントを挟んで反対側のスペースへ。
HND-EXINN2-2017-012-R
コインランドリーが6基稼働中。
稼働状況は自室のテレビでも確認できて便利です。

コインランドリーの説明書。
HND-EXINN2-2017-013-R
洗濯と乾燥3kgまで(120分)で500円でした。
洗剤は自動的に投入されるので、別途購入は不要とのこと。

洗濯乾燥機の隣には・・・。
HND-EXINN2-2017-010-R
下着などを売っている自販機もあり。
色々な自販機がありますねえ。

コインランドリーと同じスペースに・・・。
HND-EXINN2-2017-009-R
電子レンジ2台と製氷機、貸出アイロンもありました。
部屋には電子レンジはないので、食べ物を温めたい場合はこちらへどうぞ。

コンビニが近くにあってあって便利

では、ロビーにてホテル周辺マップをゲットして・・・。
HND-EXINN2-2017-017-R
ご近所をウロウロしてみましょう。

ホテルから外に出ると・・・。
HND-EXINN2-2017-029-R
空港方面に「穴守橋」があり。
その向こう側にはB滑走路と国際線ターミナルが見えます。
そっち方面には京急とモノレールの天空橋駅あるのみで、お店はありません。

飲食店やコンビニへは・・・。
HND-EXINN2-2017-030-R
ホテル前の環八通りを空港の反対側に向かって歩きましょう。
穴守稲荷駅付近がちょっとした繁華街になっています。

やがて左手に集合住宅があり・・・。
HND-EXINN2-2017-035-R
いにしえのボーイング747のコクピットが展示されています。
興味のある方はどうぞ。

その集合住宅の1Fに最寄りのコンビニ「ファミリーマート」があり。
HND-EXINN2-2017-038-R
買い出しはこちらへ。
24時間営業なので助かります。

穴守稲荷駅周辺には飲食店も色々あり

コンビニを過ぎてさらに進むと・・・。
HND-EXINN2-2017-042-R
「ホテルマイステイズ羽田」があります。
このホテルの1Fに併設されている「トラベルカフェ」でお食事することも可能。
無料Wi-Fiが使え、電源のあるテーブルも何席かありお勧めです。

さらにその先には・・・。
HND-EXINN2-2017-043-R
地元系の「ラーメン紋蔵」があり。
ラーメン屋兼飲み屋のようなお店です。
営業時間は17:30-23:30で、日曜・祝日はお休み(2017/10現在)。

お腹が空いたので、ここで夕ご飯。
HND-EXINN2-2017-057-R
店内は地元の人々と、ホテルの宿泊客で賑わっていました。
欧米系の女性客の姿もあり。
新しいホテルが次々と開業している「インバウンド特需」おかげで、穴守稲荷界隈の経済が地味に潤っている様子が伺えます。

メニューは色々。
HND-EXINN2-2017-055-R
メインはラーメンのようですが、モツ煮や焼きそば、野菜炒め、餃子などもあり。
瓶ビールは500円。
各種焼酎の他、「獺祭」もありました。

もつ煮セット950円。
HND-EXINN2-2017-063-R
ラーメンともつ煮(小)とライスのセットです。
ラーメンは「揚げネギラーメン」を選択。
シンプルな醤油ラーメンで美味しゅうございました。
もつ煮も味がよく染みていて美味でした。

さらに穴守稲荷駅方面に向かって歩くと・・・。
HND-EXINN2-2017-046-R
ホテルJALシティの対面に「すき家」があり。
24時間営業なので頼りになりますね。

そのすき家の近くにある地元系居酒屋「九重」。
HND-EXINN3-2017-083-R
ここで軽くビールを一杯飲んでいくことに。

お店に入ると、奥の座敷で地元の人々がやんややんやの大宴会中でした。
一見さんにはやや敷居が高いかもです・・・。
カウンター席が空いていたので着席。

取りあえず生ビール(小)350円。
HND-EXINN3-2017-002-R
ぶはー!
今日一日の労をねぎらいます(特になにもしてないけど)。

おつまみはさつま揚げ 450円
HND-EXINN3-2017-005-R
焼きたてアツアツのホクホクで美味しゅうございました。
ビールのおつまみに最適です。
その他にも各種一品料理が色々ありました。

しばしビールを楽しんだあとは・・・。
HND-EXINN2-2017-049-R
歩いて京急空港線の穴守稲荷駅に到着。
このまわりは商店街になっていて、ドラッグストアやコンビニや飲み屋など色々あります。

次回はホテルの朝食と送迎バスに乗ってみるの編。

ホテルの詳細はこちら。
京急EXイン羽田 (楽天トラベル)

その他の羽田空港周辺ホテルの宿泊体験記はこちら
羽田空港周辺の宿泊施設の体験記

京急EXイン羽田・宿泊体験記その1 チェックインするの編

2017/10/29
天空橋から徒歩3分の場所に今月(2017年10月)にオープンした最新ホテル「京急EXイン羽田」。
(羽田から飛行機に乗る予定はないけど)早速宿泊して参りました。

  • 羽田空港への無料送迎バスあり
  • 設備が最新でキレイ
  • もちろん無料Wi-Fi利用可能
  • 飛行機が見える2階ラウンジで無料コーヒーを頂ける
  • コンビニも近くにあり
  • 宿泊者全員に無料朝食つき
  • 羽田空港に隣接しているので、お部屋によっては飛行機が見える

ということで、羽田空港の深夜早朝便利用時に、快適に前泊・後泊ができるホテルなのでした。

では、その宿泊体験記の始まりです。

やってきたのは、ホテル最寄り駅の京浜急行空港線「天空橋駅」
HND-EXINN-2017-005-R
駅構内では、全力で京急EXイン羽田の広告を掲示中でした。
さすが、力が入っていますねえ。
エスカレータのある「A2出口」がホテル最寄りの出口になります。

ちなみにこの「天空橋駅」は・・・。
HND-EXINN-2017-001-R
京急で行く場合は、「普通」「エアポート急行」「特急」にご乗車のこと。
「快特」「エアポート快特」は天空橋は通過してしまいますのでご注意ください。

同様に東京モノレールで行く場合は「普通」にご乗車のこと。
「区間快速」「空港快速」は天空橋に停車しませんのでご注意ください。

A2出口から出て川(海老取川)の方に出ると・・・。
HND-EXINN-2017-009-R
橋の上から川を挟んだ対岸にホテル「京急EXイン羽田」が見えます。

橋を渡って、徒歩3分ほどでホテルの入口に到着。
HND-EXINN-2017-016-R
出来たばかりの新築ホテルに入る時のワクワク感がたまりません。

1Fから入ると・・・。
HND-EXINN-2017-025-R
開業祝いの花輪や胡蝶蘭がズラリと並んでいました。
オープンおめでとうございまする。

エレベータで2Fに上がると・・・。
HND-EXINN2-2017-008-R
ロビーでも胡蝶蘭があり。
新しくて清潔なロビーです。

午後3時のチェックイン開始直後ということで・・・。
HND-EXINN-2017-033-R
チェックインのお客さんで列ができていました。
開業して間もないというのに、かなり賑わっていますねえ。
観光客よりも日本人ビジネスマンが多い印象。
外国人訪日客様の姿も見えました。
羽田空港の国際線の便が増えたことで、羽田空港周辺の宿泊需要が高まっていることを伺わせます。

チェックイン時には、タッチパネル式の液晶ディスプレイにタッチペンでサインします。
さすが最新ホテル。

ロビーにはアメニティ置き場があり。
HND-EXINN-2017-044-R
歯ブラシ、ヘアブラシ、安全カミソリ、シャンプーなどの必需品は各部屋にあります。
乳液など一部の人が使うアメニティはこちらでお取りくださいとのこと。
おじさんにはあまり縁のないシャワーキャップもここにありました。
おじさんとは縁の深いシェービングクリームもあったので持参していきます。
アメニティ類の詳細は公式サイトをどうぞ。

オープン記念で読売新聞と日経新聞が無料とのこと。(2017/11/30まで)
HND-EXINN2-2017-016-R
ありがたく頂いておきます。

ではエレベータで自分のお部屋へ・・・。
HND-EXINN-2017-027-R
下の赤丸のところにルームカードキーをかざすだけでOK。
自動的に自分の階のランプが点灯します。

ルームカードキーはタッチ式。
HND-EXINN2-2017-158-R
差し込むタイプではないので、読み取りエラーが少なくて快適です。

では自室へ突入。
HND-EXINN-2017-059-R
おお~、新築マンションのような香りがする。
今回は奮発して、ダブルのお部屋(21平米)にしてみました。
7月の予約開始直後に予約して1万5000円でした。
一番お安いお部屋「スタンダード・セミダブル(早割45)」は14平米で6000~14600円前後です。

入口から入って右手に荷物置き場があり。
HND-EXINN-2017-104-R
荷物が多い場合に、部屋が圧迫されなくて済むので助かります。

使い捨てスリッパも完備。
HND-EXINN-2017-071-R
そこそこ分厚くて問題ありません。

クローゼットはありませんが・・・。
HND-EXINN-2017-058-R
ハンガー多数と匂い消しスプレー、スーツケース台があります。
スペースが広いので大き目のスーツケースも置けそうです。

ダブルサイズのベッド。
HND-EXINN-2017-054-R
広々していて快適です。
自分的にはちと枕が低かった。

寝巻もあります。
HND-EXINN-2017-085-R
上下セパレートタイプで実用的。
デザイン的にはいかにも寝巻といった感じです。

ベッドの横にはコンセントと充電用のUSB Standard-A ポートがあり。
HND-EXINN-2017-084-R
ベッドで横になりながらスマホ充電できるので便利この上ないです。
ベッド横のコンセントは最近のホテルには必ずと言っていいほどある設備。
ただしUSBポートまであるのは初めてかもです。

そして窓からの風景は・・・。
HND-EXINN-2017-088-R
幸運にも空港がよく見える側のお部屋になりました!
やった~。
予約時には空港側の部屋なのか、市街地側の部屋なのかよく分からないんですよね・・・。

ホテルのとある階の平面図はこんな感じでした(へたくそな絵ですみません)

今回宿泊したのは緑色のお部屋の一つで、空港が良く見えるお部屋になります。
赤色のお部屋は右手の方に空港が見える感じになると思われます。
紫色のお部屋は住宅地側しか見えませんので悪しからず。
「ダブルルーム」の場合、緑色のお部屋と紫色のお部屋があり、どっちになるかは運次第?

ホテルの窓からは・・・。
HND-EXINN-2017-065-R
B滑走路の向こう側に、国際線のサテライト棟が見えます。
こちら側は国際線の展望デッキからは死角になって見えないエリアなので、マニヤにはたまりません。
昼間は米国の航空会社が駐機している様子がよく見えます。
しばらくサテライトを出入りする飛行機たちを眺めていました。

残念ながらこの日の滑走路は北風運用だったため、B滑走路は使用されておらず。
南風運用なら迫力の着陸シーンが見えることでしょう。
不運にも空港側のお部屋ではなかった場合でも、ホテル2階のラウンジの窓から空港側が少し見えます。

サテライトの右側には国際線ターミナルの建物も見えます。
HND-EXINN-2017-064-R
空港までの距離の近さを物語っています。
でも歩くにはかなりの距離の距離があるので、電車か送迎バスを利用するのが良いでしょう。

B滑走路の手前には、駐機場のNエリアがよく見えます。
HND-EXINN-2017-067-R
毎日お昼寝をしているカンタス航空のボーイング747を眺めることができます。
お金持ちのビジネスジェットがいらっしゃることもしばしば。

デスクは広々。
HND-EXINN-2017-075-R
ノートPCで作業するには十分の広さがあります。
Wi-Fiは各部屋ごとに異なるアクセスポイントになっています。
転送速度も速くてサクサクつながりました。

テレビはSHARPの50インチ大画面液晶(セミダブルのお部屋が40インチとのこと)
HND-EXINN-2017-125-R
最近お安くなってきたせいなのか、ホテルの液晶テレビも大画面化が進んでいます。
無料WI-Fiのパスワードも画面に表示されます。
訪日外国人向けにメニューは英語表示にも対応しているものの、中国語表示には非対応の模様。

メニュー画面はホテル用にカスタマイズされており・・・。
HND-EXINN-2017-128-R
羽田空港への送迎バスの時刻表も確認できます。
これは便利です。

2Fのコインランドリーの利用状況も表示可能。
HND-EXINN-2017-133-R
これもまた便利な機能。
さすが最新ホテルです。
この他にもYouTubeでニュースが見れたり、映画(有料)が見れたりと多機能です。

デスクにはドライヤーもあり。
HND-EXINN-2017-093-R
パナソニックのイオニティEH-NE18。
羽田空港のラウンジのシャワールームでよく見かけるやつです。
業務用ドライヤー業界を席巻しているパナソニック。

リモコンの数々。
HND-EXINN-2017-094-R
左のはダイキンのエアコン用のリモコン。
真ん中のはテレビのリモコンです。

冷蔵庫の中身はからっぽ。
HND-EXINN-2017-089-R
近所のコンビニで買い出ししてきたビール等を冷やしておけるので便利です。

デスクの引き出しには・・・。
HND-EXINN-2017-096-R
コップ・グラス類もあり。
電気ポットもあってお湯を沸かすこともできます。

金庫もあり。
HND-EXINN-2017-097-R
クローゼットが無いので、金庫は机の引き出しの中にあるという変則的な構成。

部屋の隅っこにはソファーがあり。
HND-EXINN-2017-069-R
部屋のくぼみにピッタリとはまっていますね。
特注品だろうか?

続いて水回りに突入。
HND-EXINN-2017-106-R
湯舟もあり。
広々としていてキレイでピカピカです。
洗面台はやや狭かった。

アメニティ類も色々。
HND-EXINN-2017-110-R
歯ブラシセット、安全カミソリ、ヘアブラシ、ボディタオルがあり。
カミソリがあっても、シェービングクリームはないので、2Fロビーから持ってきましょう。
歯ブラシはやや硬めでした。

湯舟の横には・・・。
HND-EXINN-2017-112-R
資生堂様ご提供によるシャンプー、コンディショナー、ボディソープの3兄弟も完備。
宿泊に必要な消耗品は一通り揃っています。

トイレはINAXのシャワートイレつき。
HND-EXINN-2017-115-R
日本のホテルならではですね。

というわけで、新しくオープンしたてのホテル「京急EXイン羽田」のダブルルームの紹介でした。
最新の設備で快適であるのに加えて、羽田空港が見える側に部屋になってラッキーでした。

ホテル内には売店やレストランはありませんが、2Fにセブンイレブンの自販機があり、おにぎりや菓子パン、カップラーメンとを販売しています。
(カップラーメンは早々に売り切れていましたが・・・)

最寄りのコンビニは、ホテルから空港と反対側に歩いて徒歩2分のところに24時間営業のファミリーマートがあります。

穴守稲荷駅近くまで行けば、夜遅くまでやっている飲み屋や24時間営業の「すき屋」もあり。

羽田空港利用時の前泊・後泊の際にはぜひどうぞ。
次回はホテル内の探検とホテルの近所をウロウロするの編
ホテルの朝食や送迎バスのレポートも後日登場します。

ホテルの詳細はこちら。
京急EXイン羽田 (楽天トラベル)

ホテルの送迎バスの時刻表はこちら(携帯サイトに行ってしまう場合はスマホのブラウザの設定でPCサイトを表示するようにしてみてください)
京急EXイン羽田の公式サイトの「アクセス」へ

京急EXイン羽田の宿泊体験記の続きはこちらへ、
京急EXイン羽田・宿泊体験記その2 ホテル内施設とご近所をウロウロするの編
京急EXイン羽田・宿泊体験記その3 ホテルの朝食と無料シャトルバス体験の編
京急EXイン羽田・宿泊体験記その4 羽田空港国際線のサテライト棟側が見える風景

その他の羽田空港周辺ホテルの宿泊体験記はこちら
羽田空港周辺の宿泊施設の体験記

羽田空港に一番近いホテル「京急EXイン羽田」いよいよ開業の編

2017/10/28
ついに開業!
HND-EXINN-2017-021-R
羽田空港に一番近いホテル(空港内にあるホテルを除く)「京急EXイン羽田」が2017/10/25に開業しました。
開業おめでとうございます。

ホテルの場所はこちら。
羽田ホテル

A : 京急EXイン羽田
H : 羽田空港国際線ターミナル

今まで空港に一番近いホテルだった「ホテルマイステイズ羽田」よりも、さらに空港寄りの場所にあります。
最寄り駅は天空橋駅。
モノレールでも京急空港線でもどちらでもアプローチできます。
気合を入れれれば、国際線ターミナルから徒歩で来ることも不可能ではありません。

注目ポイントは・・・

  • 深夜・早朝時間帯に羽田空港への無料送迎バスを運行。前泊・後泊に便利。
  • 空港の敷地のお隣に面しており、お部屋によっては羽田空港のB滑走路側を一望できる
  • 新築ホテルなので設備が最新で快適そう

といった点で、本ブログではホテルの建設が始まるよりも前に注目していたホテルです。

2015年12月当時の様子。
HND_2015NOV_048_R30
元々は京急バスの「羽田第2車庫」があった場所でした。
当時はここにホテルができるとは想像することもできず・・・。

当時の記事はこちら。
羽田空港周辺のホテル建設計画いろいろ

その約1年後・・・。
HND_2017JAN-006_R06
この地にホテルの建築工事が行われ、建物の骨組みが完成。
だんだんホテルの外形が分かるようになってきました。

当時の記事はこちら。
天空橋駅付近の京急バス車庫の跡地に「京急EXイン羽田(仮称)」の鉄骨が組みあがるの編

2017年6月には、建物の躯体部分がほぼ完成。

最近の建物は、あっという間に完成しますねえ。

当時の記事はこちら。
天空橋付近に建設中の京急EXイン羽田(仮称)の構造体がほぼ完成の編

今年(2017年)の7月からは宿泊予約を開始し・・・。
羽田空港最寄りの新ホテル「京急EXイン羽田」の宿泊予約受付開始の編

2017/09ごろには建物がほぼ完成。
HND_SEPG-026_R1
そして予定どおり2017/10/25の開業を迎えることになったのでした。
めでたしめでたし。
長年見守ってきた建物がオープンするというのは、何やら感慨深いものがあります。

じゃあ、元々あった京急バスの車庫はどうなったの?
(¬_¬) ← 誰?

お答えしましょう。
HND_2015NOV_050_R30
ホテルができる前の裏手の様子です。
京急バスの車両が出入りするだけのただの駐車場でしたが・・・。

ホテルが完成して、こんなような感じになりました。
HND-EXINN-2017-011-R
なんと、ホテルの建物の地下部分が京急バスの車庫になっています。
空港への送迎バスの発着場も兼ねています。
車庫の機能をキープしつつ、その上の空間にホテルを建てたわけですね。
何としてもここにホテルを作ってやるぞという、京急電鉄様の執念が感じられます。

空港利用者としては、羽田の深夜・早朝便利用時の前泊・後泊の選択肢が広がったということで、さらに便利になりますね。
本ブログでも近日中に宿泊体験記を予定しておりますので、お楽しみに。

羽田空港最寄りの新ホテル「京急EXイン羽田」の宿泊予約受付開始の編

2017/07/08
以前の記事でもご紹介した、羽田空港のお隣の天空橋に絶賛建設中の新ホテル「京急EXイン羽田」。
HND2017JUN-035_R1
3カ月後のオープンに先駆けて、このほど公式サイトがオープンしました。
京急EXイン羽田

公式サイトによると・・・。

  • ホテル名称は「京急EXイン羽田」でファイナルアンサー
  • 今年(2017年)の10月25日オープン
  • 深夜・早朝の無料シャトルバスを運行
  • 客室数313室
  • 無料朝食は朝5時から10時まで。和食と洋食を選択可

とのこと。
既に7/1から予約受付を開始しているとのことですが、開業日が10/25なので、もちろんそれ以降の予約しかできません。

深夜・早朝の無料送迎バスの正確な時刻表はまだ見つからずですが、公式サイトの予約ページの文言によると・・・。

  • 羽田国際線ターミナル発・ホテル行き 22:30~23:50 計5便
  • 羽田国内線第2ターミナル発・ホテル行き 18:20~23:40 計11便
  • 羽田国内線第1ターミナル発・ホテル行き 18:25~23:45 計11便
  • ホテル発・羽田国際線ターミナル行き 4:00~9:30 計15便
  • ホテル発・羽田国内線第1/第2ターミナル行き 5:00~9:30 計13便

とのこと(2017/07/08現在の情報)。
国際線からホテルへのバスの最終が23:50なのは、ちょっと早めな印象です。
これよりも遅い時間に羽田に到着する便を利用する場合は、タクシー利用(深夜料金で1300円ぐらい)になりそうです。

お部屋の種類と広さは下記(楽天トラベルより)。

  • 「スタンダードセミダブルType-A/Type-B」 14平米
  • 「EXセミダブルType-A/Type-B」 14平米
  • 「スタンダード・ダブル」 21平米
  • 「EXダブル」 24平米
  • 「スタンダード・ツイン」 27平米
  • 「EX・ツイン」 36平米

どれが羽田空港が見えるお部屋なのかは、よく分かりません・・・。
「スタンダードセミダブル」と「EXセミダブル」の違いも不明。
あと朝食は無料なので、すべての宿泊プランが朝食付きになっています。

公式サイトによると、宿泊料金は閑散期の最もお安いお部屋(スタンダードセミダブル)の「早割60」で7800円より。
概ね10000~15000円前後のようですが、混雑具合によって変動幅が大きいですので、ご予約はお早目にどうぞ。

というわけで、2017/10/25の開業が待ち遠しい「京急EXイン羽田」情報でした。

楽天トラベルでも予約受付中のようです。
京急EXイン羽田(楽天)

天空橋付近に建設中の京急EXイン羽田(仮称)の構造体がほぼ完成の編

2017/06/26
ここは羽田空港からほど近い、天空橋駅から徒歩4,5分の京急バスの駐車場があった場所。
HND2017JUN-032_R1
ここで「京急EXイン羽田空港(仮)」なる全313室(予定)のホテルの建設が進められているのは、過去記事でご紹介したとおり。
久しぶりに様子を見に行ってみたところ、まだ建物全体が幕のようなもので覆われている状況でした。

しかし裏手に回り込んでみると・・・。
HND2017JUN-035_R1
ほぼホテルの構造体が出来上がっているように見えます。
竣工予定は2017/09/30とのこと。
完成すれば、「ホテルマイステイズ羽田」を抜いて「羽田空港に最も近いホテル(空港内にあるホテルを除く)」第1位に躍り出ます。
立地から推測するに、空港に面したお部屋の窓からは、B滑走路と国際線ターミナルのサテライト側を遠くに見ることができるものと思われます。
ホテルの完成と営業開始を楽しみに待つことにしましょう。

天空橋駅付近の京急バス車庫の跡地に「京急EXイン羽田(仮称)」の鉄骨が組みあがるの編

2017/01/21
久しぶりに天空橋から穴守稲荷駅に向かって歩いていたところ・・・。
HND_2017JAN-006_R06
おお~、いつの間にかビルの鉄骨ができている!
最近の建物は、工事が進むのが速いですねえ。

この場所は、天空橋駅から穴守橋を渡ってすぐの、京急バスの寂れた車庫があった土地(A)です。
羽田ホテル
A : 京急EXイン羽田(仮)建設予定地
H : 羽田空港国際線ターミナル

京急はここに「京急EXイン羽田(仮)」なる新ホテルを建設して、一儲けしちゃおうという計画とのこと(プレスリリースはこちら)。
完成後は、他のホテルを抜いて「羽田空港に最も近いホテル(空港内にあるホテルを除く)」となります。

工事現場の掲示物によると・・・

  • 鉄骨造 地上10階・地下1階建て
  • 用途は「ホテル・飲食店・バス操車場およびバス停車場」
  • 2017年9月30日に工事完了予定

とのこと。
総客室数は313室(予定)で、ホテルJALシティ羽田本館(308室)と同じぐらいの規模の客室数。
この界隈のホテルとしては、結構デカい方の部類に入ります。
元々バスの車庫だったので「バス操車場およびバス停車場」も付帯できてしまうのがズルいところです。
なので、もちろん空港への無料送迎バスも運行される予定とのこと。

昨年(2016年)も、この穴守稲荷界隈に

が開業しました。
さらに、東京オリンピックが開催される2020年までには、国際線ターミナルに隣接する土地(第2ゾーン)に、巨大なホテル3棟を開業させる計画もあり、競争が激しくなりつつあります。
ホテルの供給過剰にならないように気を付けましょう(誰が?)。

最近は、羽田空港の深夜・早朝便の増加に伴って、羽田近辺の前泊・後泊需要が高まっています。
国際線ターミナルビル内で夜明かしする人も沢山いますが、最近は仮眠をとるための椅子を確保するのが困難になりつつあります。
今秋のホテル完成で、深夜の空港の混雑が少しでも緩和されると良いですね(あまり影響ないかもですが)。

ホテルの工事が始まる前の様子はこちらの過去記事をどうぞ。
羽田空港周辺のホテル建設計画いろいろ

ホテルJALシティ羽田東京ウエストウイング・ラウンジの朝食ビュッフェの編

2016/09/02
前回までの記事はこちら。
祝新規開業・ホテルJALシティ羽田東京ウエストウイングに宿泊してみたの編
ホテルJALシティ羽田東京・ウエストウイングへの行き方と周辺のお店の編

思ったよりも充実の朝食ビュッフェ

今回は、「ホテルJALシティ羽田東京ウエストウイング」の朝食ビュッフェについて。
1Fのラウンジが朝食会場になっています。
HND_2016SEP_010_R4
朝食の提供は、なんと朝4:00から。
早朝便の利用時でも朝食にありつけるようになっているのがアリガタイです。

サラダバーあり。
HND_2016SEP_001_R4
フルーツもあって、思ったよりも本格的です。

サンドイッチ、パン類もあります。
HND_2016SEP_002_R4
美味しそう。

ホットミール各種。
HND_2016SEP_003_R4
定番のウインナー、ベーコン、ハッシュポテト、スクランブルエッグもあり。

こちらがその西欧風朝食の数々。
HND_2016SEP_021_R4
欧米系外国人も安心です。

ご飯、カレー、味噌汁もあります。
HND_2016SEP_005_R4
JAL国際線サクララウンジの「JALカレー」と同じかどうかは不明。

ねぎとろ、玉子焼きの小鉢もあり。
HND_2016SEP_011_R4
こんなような和朝食を構成することも可能です。

こちらはカレーとサラダ、パン類。
HND_2016SEP_022_R4
タマネギ・スライスが甘くて美味。
カレーも上品なお味で美味しゅうございました。

デザートは柑橘類とヨーグルト。
HND_2016SEP_012_R4
朝からガッツリと、充実したお食事を頂くことができました。

1Fラウンジでは無料ドリンク・駄菓子サービスあり

ちなみに、この1Fのラウンジは・・・。
HND_2016SEP_017_R3
朝食以外の24時間、ソフトドリンクを無料で提供しています。

飲み物類は、お馴染みのラインナップ。
HND_2016SEP_010_R3
コーラ、ウーロン茶、ジンジャーエール、コーヒー類など。

日本が世界に誇る「駄菓子」も無料サービスとのこと。
HND_2016SEP_012_R3
最寄りのコンビニまでは少し距離があるので、ありがたいサービスです。

空港への無料シャトルバス

チェックアウトを済ませて、朝10:20発のシャトルバスに搭乗してみます。
HND_2016SEP_117_R5
シャトルバスの時刻表は公式サイトをご参照のこと。
紙の時刻表はホテルのフロントにも置いてあります。
羽田空港へのシャトルバスは、なんと朝3:50から運行しているとのこと。
朝4時ごろには羽田国際線に到達が可能なので、朝6時台の早朝出発便にも間に合いそうです。
朝5時台前半の便はギリギリですね・・・。

今回はマイクロバスでした。
HND_2016SEP_015_R4
乗る時に、ドライバーさんにどのターミナルに行くかを訊かれました。

出発後、羽田空港のB滑走路を左手に見ながら走行。
HND_2016SEP_118_R5
国際線→第1ターミナル→第2ターミナルの順に寄っていきます。

この日は第2ターミナルにて下車。
HND_2016SEP_121_R5
出発階で降ろしてもらえるので、手荷物カウンターまではスグです。
これは楽ちんです。

・・・というわけで、2016年9月1日に新規オープンした「ホテルJALシティ羽田東京ウエストウイング」の滞在記でした。

  • 設備が新しくてキレイ
  • 1階ラウンジのフリードリンク、フリー駄菓子がウレシイ
  • 思ったよりも充実の朝食ビュッフェ
  • 空港への無料シャトルバスもあり

ということで、早朝出発前の前泊や深夜到着後の後泊にピッタリの快適ホテルでした。

ホテル詳細・口コミ・ご予約はこちら(楽天トラベル)
ホテルJALシティ羽田東京 WEST WING

その他の羽田空港周辺ホテルの宿泊体験記はこちら
羽田空港周辺の宿泊施設の体験記

ホテルJALシティ羽田東京ウエストウイングへの行き方と周辺のお店の編

2016/09/02
9/1に新規にオープンした「ホテルJALシティ羽田東京 WEST WING」(楽天トラベル)。

前回記事の宿泊記はこちら
祝新規開業・ホテルJALシティ羽田東京ウエストウイングに宿泊してみたの編

今回は、ホテルへの行き方とホテル周辺のお店について。

羽田空港から無料シャトルバスを利用可能

羽田空港国際線からは「団体バス」乗り場から無料シャトルバスに乗れます。
国際線ターミナルの到着階2Fについたら、そのまま直進しましょう。
HND_2016SEP_116_R1
案内所の横を抜けて、さらに直進。

京急線のりばを右手に見ながら、直進。
HND_2016SEP_118_R1
路線バスのりばには降りずに、さらに直進。

こんなような「団体バス」の看板を目指しましょう。
HND_2016SEP_120_R1
エレベータ または エスカレータで乗り場のある地上へ降ります。

その団体バス乗り場がこちら。
HND_2016SEP_126_R1
深夜になると、各ホテル行きのバスや、団体ツアー客のチャーターバスで一杯になります。

HOTEL JAL CITYのバスを発見。
HND_2016SEP_124_R1
まだ乗れないのかな?

と思ったら、これはアシアナ航空のクルー用のバスでした。
HND_2016SEP_125_R1
このバスには乗れない模様・・・。
っていうか、「スターアライアンス・メンバー」やのに、JAL(ワンワールド)のホテルに泊まるんカーイ。

こちらが、本物の?ホテルJALシティのお迎えバス。
HND_2016SEP_129_R1
利用者が結構多いです。
羽田空港国際線からは、22:30~24:40の間、6便を運行(2016/09現在)。
もちろん国内線第1/第2ターミナルからも運行しています。
最新の時刻表や乗り場案内は、公式サイトをご参照ください。

路線バス・タイプでした(マイクロバスの場合もあり)
HND_2016SEP_033_R3
前の方に、スーツケースが置けるように棚が設置されています。

運転手さん 「この中で、新館に行かれる方、いますかー?」
私 「はーい」
乗客 「???」

「本館」=以前からある「ホテルJALシティ羽田東京」
「新館」=今回私が宿泊している、2016/9/1にオープンした「ホテルJALシティ羽田東京・ウエスト・ウイング」

なわけですが、ほとんどのお客さんは、2つの「ホテルJALシティ」があることをご存知でない様子。
自分の泊まるホテルが「新館」なのかどうか分からず調べ始めるお客さんもいました。
確かにちょっと紛らわしいかも、です。
無料送迎バスは、まず「本館」に寄ってから「新館」に行きます、とのこと。

車内が若干ザワつきながらも、シャトルバスが出発。
HND_2016SEP_132_R1
右手に深夜の空港を眺めながら、軽快に疾走します。

8分ほどで「本館」こと「ホテルJALシティ東京羽田」に到着。
HND_2016SEP_136_R1
国際線からは、あっという間に到着です。
私以外のお客さんは全員ここで下車・・・。

引き続き、私1人を乗せて、「新館」ことウエスト・ウイングへ走行開始。
HND_2016SEP_138_R1
ホテルの目の前の通りが左側通行な関係で、ホテルの北側をぐるっと迂回する形になります。

てなわけで、JALシティ羽田東京・ウエストウイング(新館)に到着しました。
HND_2016SEP_139_R1
空港を出てから、所要15分ほどでした。
荷物が少なければ、「本館」で下車して歩いた方が速いかも、です。

国際線からタクシーで

送迎バスも終電も終わっちゃったよー、という場合は素直にタクシーをお勧めします。
徒歩移動も物理的には可能ですが、ヘロヘロになるのでお勧めしません。
国際線からは「ホテルJALシティ本館まで」と言って本館前で降ろしてもらい、ウエストウイング(新館)まで自分で歩けばタクシー代を節約できます。
それでも深夜割り増し料金で1270円かかりました。
新館の前で降ろしてもらおうとすると、遠回りになってさらにお高いです。

駅から歩く場合

前泊の場合は、最寄り駅の京急空港線「穴守稲荷駅」から歩く場合が多いかと思います。
HND_2016SEP_105_R1
羽田空港国際線ターミナルから2駅です。
快速特急は停車しませんのでご注意ください。

地図はこちら。
ホテルJALシティ
赤いW:ホテルJALシティ羽田東京・ウエストウイング(今回ご紹介する新館)
青いJ:ホテルJALシティ羽田東京 (以前からある本館)
青いA:最寄駅の京浜急行空港線・穴守稲荷駅

穴守稲荷駅前には、セブンイレブンあり。
HND_2016SEP_005_R1
営業時間は6:00-23:00。
24時間営業ではないのでご注意。
シックス・イレブンですね。

駅前の通りを出たら、踏切とは反対方向へ進みます。
HND_2016SEP_009_R1
ローソンを右手に見ながら直進。
こちらのローソンは24時間営業です。

大通りには「すき家」もあり。
HND_2016SEP_011_R1
少し前に24時間営業に戻りました。

大通りに出て目の前にドーンと見えるのが・・・。
HND_2016SEP_018_R1
こちらは「ホテルJALシティ羽田東京」の本館です。
「ウエストウイング」はこちらではありません。

視線を左に向けると・・・。
HND_2016SEP_015_R1
やや小さめの「HOTEL JAL CITY」が見えます。
こちらが、今回宿泊する「ホテルJALシティ羽田東京・ウエストウイング」(新館)になります。
間違えやすいので、全く別の名前のホテルにしたほうが良かったかも、ですね。
まずは「本館」に向かう横断歩道を渡ってから「新館」に向かうのがよいです。

周辺のお店など

新館の最寄りの飲食店が、こちらの「ニュータンタンメン本舗」。
HND_2016SEP_096_R1
東京・横浜近辺でよく見かけるチェーン店です。
営業は夜23時まで(2016/09現在)。
あ~ハラヘッタので、寄っていこう・・・。

店内は地元の人々で賑わっていました。
HND_2016SEP_031_R3
今後は、ホテル客でも賑わうことになるでしょう。

主力メニューは、ニンニクたっぷりのタンタンメン(750円)なわけですが・・・。
HND_2016SEP_027_R3
今回は汁なしタイプの「まぜタン」800円を選択。
こちらもピリ辛風味で美味しゅうございました。
後で無性に喉が渇きますが。

エレガントなディナーをご所望の方は、歩いてすぐの「本館」併設のレストランがオススメです。
HND_2016SEP_019_R1
「HAKUHORO」
暗くてよく分からん写真で失礼・・・。
最近新装開店したばかりの新しいレストランとのこと。
営業時間は深夜2:00まで(1:30ラストオーダー)。

最寄りのコンビニは、本館の対面にある「サンクス」。
HND_2016SEP_102_R1
横断歩道を渡る必要がありますが、近いのでそんなに苦にはならないでしょう。
また、穴守稲荷駅周辺には飲み屋などが数店ありますので、飲んで騒ぎたい方はそちらへどうぞ。

というわけで、次回は「ホテルJALシティ羽田東京・ウエストウイング」の朝食ビュッフェの編

ホテル詳細・口コミ・ご予約はこちら(楽天トラベル)
ホテルJALシティ羽田東京 WEST WING

その他の羽田空港周辺ホテルの宿泊体験記はこちら
羽田空港周辺の宿泊施設の体験記