「空弁・国内線」タグアーカイブ

羽田空港の空弁「京料理たん熊北店・ちょっとぜいたくな京のいなり」

2018/01/17
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルにて購入したこちらの新作空弁です。

「京料理たん熊北店・ちょっとぜいたくな京のいなり」870円(税込)
HND-2018JAN-033R
製造元は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
以前にご紹介した「京料理たん熊北店・京の雅巻」と同時期の2017年の年末に登場した新作空弁です。
「京の雅巻」とセットでの購入を狙っているんでしょうかねえ。

では蓋をオープンして頂きまーす。
HND-2018JAN-039R
お稲荷さん6個とショウガ入りというシンプルな構成。
ゴボウやニンジンなどのシャキシャキとした食感もあり。
やや甘めのジューシーなお揚げが、やさしい風味の酢飯とよく合います。
時々ゆずの爽やかな香りが漂い、アクセントになっていました。

一人で完食すると、思ったよりお腹にたまりました。
6個入りなので、2人や3人で分け合って食べるのもよろしいかと思います。
お稲荷さんマニヤな方は是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「むすっこ」

2018/01/09
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルにて入手した、こちらの地味系レア空弁です。

「むすっこ」460円(税込)
HND-2017DECC-018-R
製造元は東京都荒川区のNRE大増様。
東京を中心に駅弁などのお弁当を作っている会社です。

この「むすっこ」は、羽田では午前中に少量が仕入れられて、午後には売り切れてしまうという流通量が少ないレアもの空弁。
ずっと前に一度見かけて以来、なかなか再び目にする機会が無く。
今回、売り場に1個だけ残っているのを発見したので、即ゲットしました。

では蓋をオープン。
HND-2017DECC-027-R
その名のとおり、やや小ぶりなおにぎり5個入りです。

それぞれ具材が違っていて・・・

  • タレ付海老天ぷら
  • 鮭ほぐし身
  • 玉子焼と昆布佃煮
  • 梅干
  • あさり佃煮

の5種となっています。

では頂きまーす。
HND-2017DECC-028-R
外側から具材がチラ見えするようになっています。
海苔はしっとりタイプ。
それぞれ味が異なるので、飽きずに食べ進めることができます。

地味なお弁当ではありますが、特筆すべきは税込で460円というお求めやすい価格でしょう。
これで5種類の味が楽しめるというのは、他の空弁と比べるとコストパフォーマンスが良いように感じました。
出発前にお安くお腹を満たしたい方は是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「皇居外苑・江戸のり笹巻」

2018/01/04
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第1ターミナル到着階1F「BLUE SKY」様で入手した、こちらのレア系空弁です。

「皇居外苑・江戸のり笹巻」1290円(税込)
HND-2017DECX-056-R
製造元は奈良県のゐざさ寿司 中谷本舗様。
販売元は安心と信頼の日本エアポートデリカ様。

以前にご紹介した「皇居外苑・江戸かおりづめ」と同じシリーズです。
これも、羽田の出発前エリアでは第1ターミナル「BLUE SKY」様でしか見かけないというレア系の空弁。

箱のふたをオープンすると・・・。
HND-2017DECX-006-R
笹のいい香りがほわーんと周囲に立ち込めます。
飛行機の中で食べるときは匂いにご注意。

「のり巻」じゃなくて「笹寿司」だったんですね・・・。
「江戸のり笹巻」という名前から、勝手に「のり巻」と勘違いしておりました。

笹寿司は6種類・6個入り。
sushi
お醤油がついてきますので、一つずつ笹を開封してお醤油を垂らして頂きます(ちょっと面倒)。
酢飯は程よいお味で、寿司ネタの風味を引き立てていました。
やはり「さば」が笹の香りとの相性が良く美味しかったです。
「さけ」はトラウトサーモン(マスの一種)ではなく本物の鮭。
サーモンの塩味が酢飯とよく合っていました。
お値段の割には量が少な目に感じてしまいましたが、笹寿司好きな方は是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「味よし・富山名産『極撰』 ますの寿し」

2018/01/01
あけましておめでとうございます。
新春恒例の?羽田空港高級空弁実食シリーズです。
今年の高級空弁は、羽田空港第2ターミナル2F出発階「空弁工房」様で入手した、こちら。

「味よし・富山名産『極撰』 ますの寿し」2138円(税込)
HND-2017DECG2-033R
製造元は富山県の味よし食品様。
以前にご紹介した「富山名産 ますの寿司 6貫入り」をはじめとする、ますの寿司シリーズの最高級バージョンになります。
大きな黄金色のパッケージが、空弁売り場において圧倒的な存在感を醸し出しています。
羽田空港で何年も前からずっとお店に並んでいるという、ロングラン空弁の一つです。

ちなみに羽田空港国内線で入手できる空弁としては・・・

に次ぐ、第3位の高額空弁になります(筆者調べ)。

「ますの寿し」に2000円以上も出すのはちょっとなぁ・・・と、今まで尻込みをしていたのですが、今回、思い切って購入してみることにしました。

で、商品を手に取ってみると、大きなパッケージでズッシリと重い。
コレ一人で食べきれるかな?と不安になりましたが、それは杞憂に終わるのでした。

まずは外側のパッケージを除去すると・・・。
HND-2017DECG2-039R
こんなような、特殊な容器が出現します。
容器は本物の木材でできており、4本の竹の棒と輪ゴムでもって強烈にプレスされている状態。
そのおかげで、食べる直前まで鱒の身の旨味がしっかりと酢飯に浸透させられるわけです。
たとえ容器でも手を抜かない、というこだわりが感じられます。
まさに「極撰」。

説明書その1。
HND-2017DECG2-037R
「白板昆布」が黒っぽく濃い深緑色になっていることがあるけど、無害なのでご安心ください、とのこと。
ふむふむ。

説明書その2。
HND-2017DECG2-038R
輪ゴムを外そうとするのではなく、竹の棒ごと横にスライドさせて外してね、とのこと。
強引に輪ゴムを外そうとすると、竹の棒がビヨ~ンってなって飛んでくることがあり危険らしい。
分かりやすい図入りの説明もありますので、指示に従いましょう。

説明書に従って、竹の棒をスライドさせて除去。
HND-2017DECG2-041R
特に力を掛ける必要はなく、簡単に取り外すことができました。
自分でこの竹の棒を取るときのワクワク感がたまりません。

器をひっくり返して・・・。
HND-2017DECG2-044R
いよいよ蓋をオープンします。

バーン!とますの寿司本体の登場。
HND-2017DECG2-046R
笹の葉のいい香りがあたりに立ち込めます。
若干薄緑色になっているのは、表面全体が「白板昆布」に覆われているため。
葉っぱがかなり面積を食うし、匂いもあるので、狭い機内で食べるのは諦めたほうがよいでしょう。

パッケージには、プラスチック製のナイフも同梱。
HND-2017DECG2-042R
こやつでもって、円形のますの寿司本体を切り分けて頂く、という段取りになります。

こんなような感じで、食べられる大きさに切って頂きます。
HND-2017DECG2-049R
表面を包んでいる薄い膜は「白板昆布」で、食用可能。
ビニールではないので、除去する必要はありません。

では、頂きまーす。
HND-2017DECG2-051R
これがかなりウマイ!
思ったよりも酢飯の味が抑えめで、鱒の味そのものをうまく引き出しています。
さらに、お寿司全体を包んでいる「白板昆布」の旨味と甘みのおかげで、全体としてまろやかな風味になっているため、一人で食べても食べ飽きません。

当初は「ますの寿司は味が単調だから、食べ飽きちゃうかも」と思っていたのですが、さにあらず。
一人でもどんどん食べ進むことができて、何の苦もなく完食してしまいました。
いい意味で期待を裏切られて衝撃的。
まさに「極撰」おそるべし、といった感じです。

というわけで、新春一発目の高級空弁「極撰・ますの寿し」のご紹介でした。
2000円以上もする高額空弁でありながら、今なおロングランを続けている理由が分かった気がします。
美味しい日本酒と一緒に頂くと、より一層幸せになれることでしょう。
お正月のお土産に是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「京料理たん熊北店・京の雅巻」

2017/12/27
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルで入手したこちらの新作空弁です。

「京料理たん熊北店・京の雅巻(みやびまき)」870円(税込)
HND-2017DECS1-014R
製造元は安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
久々の新作空弁リリースです。
年末年始の期間限定商品なのか、レギュラー商品なのかは不明。
もともとは「京料理たん熊北店」様の商品のようです。

横から覗いてみると・・・。
HND-2017DECS1-016R
かなり厚みのある包装で、幾重にも巻かれている美味しそうな海苔巻きが顔を覗かせます。

では蓋をオープン。
HND-2017DECS1-022R
お~、大口径の海苔巻き4切れが姿を現しました。
具沢山で鮮やかな断面に心が躍ります。

では、頂きまーす。
HND-2017DECS1-027R
しっかりと押し固められているので、崩れにくく食べやすいです。

むあっと一口かぶりつくと、まずはキュウリのシャキシャキした食感。
その後に、明太子の粒粒感と穴子の香りがやってきます。
玉子焼きや海苔の香りなどなど、色々な風味のバランスがよいです。
付属のお醤油を垂らさなくても、十分美味しく頂けました。

お正月の雰囲気にぴったりの空弁です。
この年末年始に、羽田から帰省される際に是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「ANA FESTA限定・築地おにぎり弁当」

2017/12/20
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルの「ANA FESTA」にて購入した、こちらの新作空弁です。

「築地おにぎり弁当」842円(税込)
HND-2017DECO-082-R
製造元は、大田区のグローバルサンドカンパニー様。
「一般社団法人おにぎり協会」監修のお弁当とのこと。
ANA FESTA限定販売とのことなので、第1ターミナル(JAL側)では買えないものと思われます。

ANA FESTAの売り場に書かれていた説明書きによると・・・。
HND-2017DECO-076-R
「築地場外市場の老舗8店舗が目利きした、厳選・こだわり食材がきゅっと詰まったお弁当」とのこと。

各食材のご担当は以下の通り。

  • 梅干担当:吉岡屋
  • あさり佃煮担当:築地江戸一
  • 玉子焼担当:松露
  • たたきごぼう担当:つきぢ味幸堂
  • 塩昆布担当:吹田商店
  • 鮭担当:昭和食品
  • からあげ担当:鳥藤
  • 牛すじ煮担当:近江屋

玉子焼担当の「松露」様は、ソロで「松露サンド」という卵焼きサンドを羽田で発売していたりします。

なにはともあれ、蓋をオープン。
HND-2017DECO-086-R
おにぎり3個とおかず入りです。
おにぎりは昆布、梅干し、ごはんのみの3種類。
おかずとご飯を楽しめるように、あえてごはんのみのおにぎりを用意したのだとか。
玉子焼きが甘くてジューシーで特に美味しかったです。
鮭、唐揚げ、あさりの佃煮などその他のおかず類も味付けがしっかりしていて、ご飯がどんどん進みます。
第2ターミナルご利用時に、東京ならではのおにぎり弁当を頂きたいときは是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「カフェ地球星・ぶた丼」

2017/12/07
先日、羽田空港第2ターミナル(ANA側)の地下2階にオープンしたばかりの「カフェ地球星」。
HND-2017NOVK-058-R
京急空港線の改札口付近という地味な場所にあります。

開店当時のレポートはこちら。
羽田空港第2ターミナルB2Fに「カフェ地球星」オープンの編

その後の様子はどうかな?と思って、ふと通りがかったところ・・・。
HND-2017NOVK-056-R
立て看板に「お弁当 500円」なるメニューを発見。
500円て、かなり安っ!
出発ロビー等で売っている羽田空港の空弁が1000円前後することを勘案すると、かなり戦略的なお値段。
以前は1500円だった「伝説の羽田カレー」も1000円に大幅値下げされています。
うーむ。

私「お弁当くださーい」
店員さん「本日の丼ぶり3種とパスタ2種の中から1つ、お選びください」

パスタまでテイクアウトできてしまうとは、なんという柔軟性。
どれにしようか迷いましたが、まずはオーソドックスに「ぶた丼」を選択してみました。

「カフェ地球星・ぶた丼」500円
HND-2017NOVK-102-R
出来立てホカホカです。
お弁当ができるまで5~10分ほど待ちました。

では蓋をオープンして、いただきまーす。
HND-2017NOVK-105-R
正確には「豚肉のあんかけ丼」でした。
柔らかな豚肉とキノコ類が、あつあつのあんかけと絡まってやさしい味わい。
それなりにボリュウムもあり、結構お腹が満たされました。
この内容で500円というのは、かなりコストパフォーマンスが高いですね・・・。
まさに羽田空港の穴場の空弁を発見、です。
第2ターミナルをご利用の際、出来立ての手作り弁当をリーズナブルに頂きたい、という方は是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「千疋屋総本店・フルーツサンドイッチ」

2017/11/29
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナル地下1Fの店舗販売系空弁です。

やってきたのはこちら。
HND-2017nov1-039-R
第2ターミナル地下1階の「千疋屋総本店」様。
本当の本店は東京の日本橋にあります。

この千疋屋は1834年に現在の埼玉県越谷市千疋出身の初代が日本橋で創業したという老舗の果実店。
フルーツの甘~い香りが漂う店内では、プレミアムなリンゴなどのフルーツの他、それらを使ったデザート類を販売しています。

このお店で販売しているお持ち帰り商品の一つが、こちらの「フルーツサンドイッチ」1100円(税込)
HND-2017nov2-037-R
製造元は千疋屋総本店・羽田空港店(第2ターミナル)様。
ここ羽田空港で最終的な製造が行われた品物のようです。
まさに羽田空港限定商品というわけで、以前から気になっていたのでした。
午後になると売り切れていることが多いので、確実に入手するには午前中が狙い目です。

保冷剤もつけて頂きました。
20171104_135923
保冷時間は2時間とのこと。
生ものですので、鮮度が落ちないうちに頂きましょう。

では早速フタをオープン。
HND-2017nov2-042-R
蓋を開けた途端、フルーツと生クリームの甘~い香りが漂ってきて、テンションが上がります。
色とりどりのフルーツが挟まっていて、見た目も美しいです。
全6切れ入りなので、2人でも3人でも均等にシェアできますね。

それでは頂きまーす。
果たして、甘いフルーツをサンドイッチにしたら一体どんな感じなのか?
HND-2017nov2-045-R
おお、なるほど!
これはケーキのようなお味ですね。
フォークを使わずに、手づかみで食べることができるケーキです。

パン生地はしっとりとしていて、控えめな感じ。
フルーツと生クリームの味がメインになっています。
フルーツはイチゴ、パイナップル、キウイ、メロンの4種類の存在を確認。
たっぷりのホイップクリームは、上品な甘みでフルーツそのもの風味を引き立てていました。
フルーツはどれも甘くて美味なのは、さすが千疋屋といった感じです。

1人で6切れを完食。
食べ進むにつれて、だんだんフルーツの酸味が際立ってくるため、やはり2~3人でシェアするのがよいかもしれません。
東京の老舗のフルーツパーラーが作る、羽田空港限定の絶品フルーツサンドを体験してみたい方は是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「eggcellent BITES・STAR DELI SORA-BEN 鮭・目玉焼き・野菜スティック」

2017/11/22
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナル地下1Fの「eggcellenct BITES」で販売している店舗販売系の空弁です。
HND-egg-2017-017-R
こちらがその「eggcellent BITES」。
「大田区のお土産100選」で2016年に優秀賞を獲得したという美味しいエッグタルトで有名なお店です。

以前から気になっていたのが・・・。
HND-egg-2017-018-R
「STAR DELI」を SORA-BEN(空弁)スタイルでテイクアウトすることができるというメニュー。
本ブログとしましても「空弁」と名の付くものには食いつかざるをえません。
というわけで実食してみることに。

「STAR DELI SORA-BEN」1058円(税込)
HND-egg-2017-001-R
飛行機の預け荷物のタグのようにデザインされたシールがイイ感じです。
羽田空港にキター感が盛り上がります。

この「STAR DELI」は、購入時にメインを1品とサイドメニューを2品選びます。
私が訪れたときは、メインは「鮭の味噌漬け」「トロトロ豚の角煮」の2種類、サイドは3~4種類ぐらいありました。

今回は、

  • メイン「鮭の味噌漬け」
  • サイド「黒富士農場の有機たまご目玉焼き」「ベジタブルスティック」

を選択。

では蓋を開けて頂きまーす。
HND-egg-2017-006-R
おお、野菜たっぷり。
左下のあたりにあるのが「鮭の味噌漬け」。
味噌の風味が焼き鮭によく染みていてご飯が進みます。
写真では隠れて見えませんが、卵焼きもフレッシュで美味でした。
「ベジタブルスティック」は、セロリとキュウリと人参でどれも新鮮。
ゴマドレッシングで美味しく頂きました。
ただ玄米ごはん?がややべっちょり気味ではありましたが・・・。

おそらく今まで食べた空弁の中で、最も野菜がたっぷり入っているお弁当です。
ヘルシーな空弁を頂きたい方は是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「なすび亭・お結び弁当(秋)2017」

2017/11/08
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルで入手したこちらの秋限定空弁です

「なすび亭・お結び弁当(秋)2017」1188円(税込)
HND-2017oct7-044-R
製造元は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
「日本エアポートデリカ様製造」ということは、基本的には羽田空港でしか売っていない空弁、ということになります。
空弁売り場には、羽田空港以外でも売っているお弁当(東京駅の駅弁やデパ地下のお弁当など)もありますので、必ず製造元をチェックしましょう(って私だけ?)。

ちなみにこのお弁当は、以前にレポートした「なすび亭・お結び弁当・春」の秋バージョンになります。
羽田空港の空弁「なすび亭おむすび弁当・春(2017)」

パッケージのデザインは春バージョンとほぼ同じですが「紅葉」や「赤とんぼ」が描かれているところが若干異なっています。

パッケージ側面には春バージョンと同様に「なすび亭」の説明があり。
HND-2017oct7-046-R
東京・恵比寿の人気の和食屋さんとのことで、今まで何度も説明しているので詳細は省略。

まずは2段重ね構成の下段から。
HND-2017oct7-002-R
一口サイズのおにぎりは5個。
春バージョンとは具材がすべて異なっていました。
中心にあるのがキノコのおにぎり。
シソと鮭のおにぎりが2つずつその周囲を取り囲んでいます。
ご飯はただの白ご飯ではなくて、栗ご飯だったり、バター醤油風味ご飯だったりと、非常に手が混んでいます。
しっかりと味がついているので、ついついおにぎりだけを食べ進んでしまい、おかずが取り残されそうになりました。

こちらが上段のおかずの部。
HND-2017oct7-004-R
こちらも春バージョンと内容が大きく異なります。
紅葉の形にあしらわれた麩漬けが秋の到来を感じさせてくれます。
煮物類や卵焼き、右下の「海老芋の海老はさみ揚げ」がサクっとした食感で、ほんのり柚子の香りが漂う海老の風味で美味。
わらび餅、茄子の和菓子も上品な甘さで美味しゅうございました。

というわけで、2段式になって秋バージョンに切り替わった「なすび亭・お結び弁当」のご紹介でした。
HND-2017oct7-008-R
一品一品、手が込んでいて色々な味が楽しめるお勧めの空弁です。
羽田空港ならではの美味しい空弁を頂きたい方は是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)