「新規就航」タグアーカイブ

羽田空港国際線・ニュージーランド航空のオークランド-羽田便就航開始の編

2017/07/23
「奥克蘭」と書いてオークランド。
image
2017/07/21から、ニュージーランド航空(NZ)のオークランド-羽田便が運航を開始しました。おめでとうございまする。

運航ダイヤは以下のとおり(2017/10/29まで)
NZ91 オークランド14:50→ 羽田 23:00 (水金日)
NZ92 羽田1:00 → オークランド14:40 (月木土)

久しぶりの羽田国際線の新規就航です。
その初便の就航の様子を見るために、(飛行機には乗らないけど)羽田空港国際線にやってきました。

この日のNZの搭乗カウンターはGカウンターを使用。
HND2017JUL-023_R71
NZはスターアライアンス陣営ですが、ワンワールド側にアサインされました。

そのGカウンター上の表示板には・・・。
HND2017JUL-026_R71
白バージョンと黒バージョンのニュージーランド航空のロゴを誇らしく表示。
黒バージョンの方がカッコイイです。

オークランド行きNZ92便の出発時刻の1:00AMに対して2時間半前の10:30PM。
HND2017JUL-027_R71
すでに搭乗手続き待ちのお客さんの列が出来ていました。
ラフな服装の日本人客が多いです。
夏休みを利用して、ニュージーランド旅行ですかね。
いいな~。

チェックインカウンター前に、立て看板は特になし。
HND2017JUL-030_R71
このようなシンプルな案内板のみでした。
そのうち他の航空会社のような立て看板が出現するのかもです。

お次は5Fの「TIAT SKY ROAD」へ。
HND2017JUL-049_R71
羽田に定期便を就航中の各航空会社のモデルプレーンが展示されているコーナーです。

ニュージーランド航空の模型は・・・。
HND2017JUL-051_R71
まだお取り寄せ中のようで、見当たらず。
全38機体制のまま変わらずでした。
かなりショーケースの中が混み合ってきましたが、少しずつ間隔を寄せればまだ追加できるはず。
そのうちNZの機体が追加されるのを楽しみに待つことにしましょう。

続いて、お外の展望デッキへ。
HND2017JUL-045_R71
このタッチパネル式の電光掲示板をチェックしなければなりますまい。

「あの飛行機はなんだろう」をタッチすると・・・。
HND2017JUL-047_R71
おっ。
NZの垂直尾翼表示が追加されているのを確認。
さすが、こちらは仕事が早いですね・・・。

電子式尾翼案内は、めでたく全39社体制となりました。
HND2017JUL-046_R71
「39社」は羽田国際線の最多タイ記録。
しかし、キャセイドラゴンが冬ダイヤ(10月最終週)から運休してしまいます・・・。
なかなか40社の壁を超えることができません。

11:10PMごろ。
HND2017JUL-011_R73
D滑走路のアプローチに、お迎えのNZ91便の初便が姿を現しました。
オークランドからはるばるご苦労様です。

駐機場は、サテライト側の148番スポット。
HND2017JUL-057_R73
国際線の展望デッキから、D滑走路からサテライトに向かうNZ91便の姿をとらまえることができました。
機材は最新型のボーイング787-9 (ZK-NZE)。
オールブラックスの特別塗装機です。
暗闇に溶け込む黒いボディはカメラマン泣かせではありますが、カッコイイです。

ちなみに148番スポットは、サテライト側の一番端っこなので・・・。
HND2017JUL-087_R73
国際線の駐車場から駐機中の機体を眺めることが可能。

一般道からも見えますが・・・。
HND2017JUL-101_R73
コンテナなどで、機体の一部が隠れてしまいます。
でも「AIR NEW ZEALAND」の文字が見れて満足。

AM0時ごろの到着ロビー。
HND2017JUL-005_R72
ニュージーランドからのお客さんをお出迎えしましょう。

しかし・・・。
image
同じ時間帯に、NZ以外の便も沢山到着したため、一体ダレがNZから来た人なのかよく分からず・・・。

すでに終電が終わりつつある時間帯なので・・・。
HND2017JUL-012_R72
深夜バスのチケットを買い求める訪日外国人の方の列が、徐々に長くなっていきます。
新宿行きの深夜バスは、早々に2時台発の便まで満員御礼になっていました。

AM1:35ごろ。
HND2017JUL-022_R75
定刻よりも30分以上遅れて、折り返しのNZ92便オークランド行きがプッシュバック開始。
いってらっしゃーい。
まだニュージーランドには一度も行ったことがないので、私もいつかは行ってみたいものです。

ちなみに羽田空港国際線では・・・。
HND2017JUL-038_R71
このニュージーランド航空の羽田就航を記念して「ニュージーランド・フェア」を絶賛開催中。
開催期間は7/22(土)~7/23(日)。
あのマオリ族の伝統舞踊「ハカ」の実演を、生で見ることができるとのことで楽しみです。
東京に居ながらにしてニュージーランドを体験してみたい方は是非どうぞ。

羽田空港国際線・山東航空がいつの間にか済南-羽田・深夜便を就航させていたの編

2016/09/03
とある夜の羽田空港国際線・展望デッキにて・・・。
HND_2016SEP_040_R2
エッ?山東航空?

これは国際線の展望デッキに設置されている電子案内板の表示。
HND_2016SEP_039_R2
羽田の国際線に定期便(コードシェア便を除く)を就航させている全航空会社の尾翼のマークが展示されています。
今まで全38社だったのが、知らない間に山東航空が追加されて39社に増えていました。
うう~しまった、最近チェックを怠っていたので、1社増えていることに気が付かなかった・・・。

羽田空港国際線の公式サイトの「月間フライトスケジュール」によると、山東航空(SC)のダイヤは以下とのこと (2016/8/19羽田着から就航)。

  • SC8887 済南23:45 → 羽田 3:00 (水金土)
  • SC8888 羽田4:30 → 済南7:20 (水金土)

週3便のみの運航ですが、羽田早朝4:30発という、これまたスゴいダイヤです。
でも、現状の羽田はこの時間帯しか発着枠に空きが無いので仕方がありません。
一体、どういうお客さんが利用するのだろうか・・・。

その前に、そもそも「済南」ってドコなの?韓国?という方は、こちら。
済南
いいえ、済南(ジーナン Jinan)は中国山東省西部(J)にある、山東省の省都です。
人口は約680万人。
チンタオビールで有名な青島と同じ山東省内にあります。
済南からは、山東航空が関西空港にも定期便を運航しています(2016/09時点)。

***

というわけで。
山東航空の就航の様子を観察すべく、金曜夜の会社帰りの終電で、羽田空港国際線ターミナルへやってきました。
(飛行機に乗る訳ではなくて、見るだけ)
HND_2016SEP_021_R2
深夜0:20ごろの出発ロビー。
すでに深夜時間帯の出発のピークは過ぎています。
しかし、早朝出発便や始発電車を待つ夜明かしの人々で一杯です。

まずは、4F「羽田食堂」にて・・・。
HND_2016SEP_065_R2
ジンジャーハイボール(550円)と、深夜メニュー・鮭おにぎり(180円)で、搭乗手続き開始を待ちます。

出発時刻4:30に対して、2時間20分前の深夜2:10ごろ。
HND_2016SEP_015_R5
「ピーンポーンパーンポーン♪」
日本語と英語のアナウンスと共に、SC8888便のチェックインが開始されました。
中国語アナウンスは無かったけど、ダイジョブかな?
この日は、出発ロビー端っこの「Aカウンター」を使用。
お客さんは、お金持ちそうな中国人が多く、普通な感じです。
以前の海南航空のときのような殺伐とした雰囲気はありません。
お客さんの数は少ない模様。

キャビンは2クラス構成の模様。
HND_2016SEP_012_R5
こちらは上級のファーストクラス「头等舱(頭等艙)」。
利用者は数名。

エコノミークラス「经济舱(経済艙)」はこちら。
HND_2016SEP_011_R5
あっ、「エコノミークラス」ではなくて「ツーリストクラス」なんですね。
これは失礼・・・。

眠い目をこすりながら、出発案内板をチェック。
image
かなり深夜便の便数が増えてきましたね・・・。
文字通りの24時間空港になってきました。
で、山東航空の使用スポットは111番スポットとのこと。
本館の真ん中なので、いい機体の写真が撮れそうです。

2:56AM。
HND_2016SEP_029_R5
A滑走路(34L)に山東航空SC8887便が着陸。
この便が折り返し、済南行きのSC8888便になります。

静まり返った丑三つ時の国際線111番スポットに到着。
HND_2016SEP_059_R5
機材はボーイング737-800(B-5543)。
機体の「SDA」の文字は、ShanDong(山東) Air の略と思われます。
この時間帯は発着便が少ないので、イミグレに近い良いスポットを使い放題。

3:30AMごろの到着ロビーに、済南からのお客さんが到着。
HND_2016SEP_072_R5
ようこそいらっしゃいました。 歓迎光臨。
お客さんの大半は、団体ツアー客だったご様子。
あらかじめチャーターしていた観光バスに乗って移動して行かれました。
この時間は公共交通手段が動いていないので、個人旅行だと始発まで待つしかないですからね・・・。

そして、4:15AMごろ。
HND_2016SEP_092_R5
定刻よりも15分前倒しで、SC8888便済南行きが出発。
お客さんが少なく、早めに全員が搭乗できたようです。
縁起の良い数字「8」が並んだ、まさに「福のフライト」SC8888便は、D滑走路(RWY05)から離陸していきました。
果たして、中華系航空会社の羽田深夜便就航はいつまで続くのか、今後の動向に注目です。

羽田空港国際線・台湾のLCC「Vエアー」深夜便就航の様子を見に行くの編

2016/03/20
今月の11日より、台湾のトランスアジア航空傘下のLCC「Vエアー(ZV)」が羽田国際線の深夜便に就航を開始したとのこと。
image
うう、気づかなかった・・・。
初便の就航開始の様子は逃したものの、3/19(土)の便の就航の様子を(乗らないのに)見に行ってみることに。

まずは、出発案内版を確認。
image
ななんと、ZV253は羽田発AM3:00という・・・。
この日の最終便(次の日の始発便?)となりました。
まさに24時間空港、といった感じのダイヤになってきました。

Vエアーのダイヤは下記の通り。
ZV253 東京羽田 3:00 → 台北桃園 6:00 (火木土)
ZV252 台北桃園 22:00 → 東京羽田 2:00 (火木土)

羽田に深夜2:00着だと、深夜バス(2:20最終)にも間に合わないのでキビシイですね・・。。

定刻出発時刻3:00に対して、0:25ごろ。
中国語のアナウンスと共に搭乗手続き開始。
HND_2016MAR_012_R3
搭乗手続きのカウンターは、ワンワールド側の「Iカウンター」を使用。
黒縁のメガネをかけた台湾人の若者客が多いです。
中国本土の旅客と比べると、ファッションも洗練されていて爆買いもしていません。
日本人客の姿もチラホラと見られました。

カウンターの上方にある液晶モニター。
image
このクマが、Vエアのマスコットキャラクター「台湾ツキノワグマ」。
熊本県の県民的人気キャラクターではありません。

手荷物の大きさを測る台にも・・・。
HND_2016MAR_015_R3
あらゆるところに、クマが描かれています。

ここにもいる・・・。
HND_2016MAR_033_R3
くどいようですが、熊本県の・・・(以下略)。

で、Vエアーはいつ到着するのか。
image
ぬおー、AM2:00定刻着に対して、AM2:53着に遅延。

24時間営業の「羽田食堂」にて、肉うどん(700円)を頂いて、到着を待つことにします。
HND_2016MAR_030_R3
豚肉がたっぷりで、やや薄目の味付け。
サッパリしていて美味です。
ね、眠い・・・。

そしてAM2:55ごろ。
HND_2016MAR_016_R6
ZV252便が約1時間遅れで到着。
機材はエアバスA321-200 (B-22610)。
やはり機体にはクマのキャラが描かれています。
D滑走路に着陸し、サテライト側の145番ゲートに向かう途中の姿をとらまえることが出来ました。

AM3:30ごろの到着ロビー。
HND_2016MAR_024_R6
台湾から到着した乗客の皆さまが右往左往しています。
既に電車もバスも動いていませんので、使えるのは高額なタクシーのみ。
殆どのお客さんは、朝5時台の電車・バスの始発まで夜を明かすため、ターミナル内の各所へと消えていきました。

というわけで、羽田の深夜早朝便ご利用の方はこちらの記事をご参考にどうぞ。
終電より後に羽田国際線に帰国した場合まとめ
始発より前に羽田空港国際線に到着する方法まとめ

羽田空港国際線・タイガーエア台湾と奥凱航空が羽田深夜便に就航の編

2016/01/11
前回レポートしました海南航空の北京~羽田深夜便の他にも

  • 「タイガーエア台湾」が台北桃園-羽田線
  • 「奥凱航空」が天津-羽田線

の羽田深夜便の運行を開始していた、とのことなので、その様子を伺いに行ってきました。

タイガーエア台湾が羽田深夜便でピーチに挑む

ウィキペディア先生によると、「タイガーエア台湾」は、シンガポール航空傘下のLCCタイガーエアとチャイナエアラインの合弁会社のLCCとのこと。
image
しかしその出資比率は。タイガーエアウェイズ・ホールディングス10%に対して、チャイナエアライン90%なので、資本的にはチャイナエアラインの子会社です。
コールサイン(航空機が管制官と無線通信するときの基地局名)は「スマートキャット」。
虎はネコ科だから?
運航ダイヤは以下の通り。

IT216 台北桃園 23:50 → 羽田 4:00 / 月,火,木,日
IT217 羽田 5:00 → 台北桃園 7:50 / 月,火,木,日
(曜日は羽田発着時)

ほぼ同じ時刻に、ピーチの羽田-台北桃園線が毎日運航しており、絶賛競合中です。
深夜便でも元気に活動できる若者客を中心に利用客数を伸ばせるかどうかですね。

「奥凱航空」は天津-羽田の深夜便に就航でOK

奥凱航空って、初めて聞く航空会社・・・。
image
ウィキペディア先生によると、天津をハブ空港とする中国のLCCで、通称「オッケー航空」とのこと。
コールサインは「オーケージェット」
「OK牧場」のガッツ石松氏との関係性は不明。
運航ダイヤは以下の通り。

BK2989 天津 23:25 → 羽田 3:25 / 木,土,日
BK2990 羽田 4:25 → 天津 7:25 / 水,土,日
(曜日は羽田発着時)

同様な時間帯の火水金日曜に、天津航空も羽田-天津の深夜便を運航しています。
実は2015年11月11日から運航していたのだとか。気づかなかった・・・。
そんなに天津線って需要があるのだろーか。
それに、羽田発4:25ってどうやって乗るんじゃ?
というわけで、実際にその様子を見に行ってみることにします。

実際に見に行ってみる

上記の運行ダイヤを見るに、土曜の深夜に取材に出かければ、両社の機体を見られるはず。
というわけで、1/9(土)深夜の羽田空港国際線へ。

出発案内板
image
4:25定刻の奥凱航空は、5:30発に遅延。
中国系の航空会社は定刻に飛ぶことのほうが少ないような・・・。

到着案内板
image
奥凱航空は3:25着ということで、羽田国際線も眠らない空港になってしまいました。
昨夜の海南航空のレポートに続いて2夜連続の徹夜取材はキツい・・・。

午前1:55ごろの奥凱航空のHカウンター。
HND_2016JAN_010_mn
奥凱航空BK2990 天津行きの搭乗手続きがOKとなりました。
4:25の定刻出発に対して、2時間半前に開くようです。
お客さんが極めて少ない・・・。
個人客が10人ぐらいで、団体さんも来ませんでした。
採算がOKなのか危ぶまれます。

午前2:30前後のタイガーエア台湾 Gカウンター。
HND_2016JAN_017_mn
タイガーエア台湾IT217 台北桃園行きの搭乗手続き開始。
日本好きな台湾女子グループと、台湾好きな日本女子グループ(マスク着用)が多いです。
前日の夜に羽田入りして待機していたものと思われます。
蒲田発の早朝バスを使っても、羽田到着は3:50ごろですからね・・・。

午前2:50ごろ。
HND_2016JAN_065_mn
天津からの奥凱航空 BK2989便が、110番スポットに到着OK。
機材はボーイング737-800 (B-5367)。
深夜便出発ラッシュが終わった後で駐機場がガラガラなので、イミグレに近い良い場所に駐機することができます。
機体には大きく「OK」の文字が描かれていますが、ボーディングブリッジを降りてくるお客さんの数が少ないです・・・。

続いて午前3:30ごろ。
HND_2016JAN_094_mn
台北からのタイガーエア台湾 IT216便が112番スポットに到着。
機材はエアバスA320-200 (B-50006)。
こちらは沢山の人々が降りてきている様子。

この日も出発ロビーの保安検査場がオープンしたのは、午前3時半。
HND_2016JAN_101_mn
それまではチェックインを済ませても、結局は出国エリアには入れず待たされることになります。

午前4:00ごろ。
HND_2016JAN_103_mn
到着ロビーには、台湾から到着した人々がチラホラと。
でも、始発の電車・バスは午前5時台まで待たなければなりません。
このあたりはまだまだ不便です。

午前4:50ごろ。
HND_2016JAN_115_mn
折り返し台北桃園行きのIT217便が、台湾女子グループと日本女子グループを沢山乗せて出発。
いってらっしゃーい。

続いて午前5:10ごろ。
HND_2016JAN_141_mn
折り返し天津行きのBK2990便が、10数名の乗客と日本の空気を乗せてプッシュバックOK。
C滑走路より飛び立っていきました。

というわけで、タイガーエア台湾と奥凱航空の深夜便就航の様子のレポートでした。
深夜の羽田国際線はLCC搭乗待ちの国内外のお客さん(若者中心)で賑わってきました。
そのため、閑散期にもかかわらず、国際線ターミナル内のベンチが満席に近い状態に。
ターミナル内に横になれるベンチやソファ(できればコンセント付き)をもっと増やした方がよいような・・・。

羽田空港国際線の深夜の過ごし方関連はこちらをどうぞ
終電より後に羽田国際線に帰国した場合まとめ
始発より前に羽田空港国際線に到着する方法まとめ

羽田空港国際線・海南航空が北京-羽田の深夜便に就航したのを興味本位で見に行くの編

2016/01/09
訪日ブームに乗って、交通の便の悪い深夜早朝時間帯までも新規路線の参入が相次いでいる羽田空港国際線。
2015/12/24から中国・海南航空が北京-羽田の深夜便の運航を開始したとのことなので、その様子を見に行ってみました。
久しぶりの羽田国際線・徹夜滞在型レポートです。
ウィキペディア先生によると、海南航空は、中国国際航空、中国東方航空、中国南方航空に次ぐ中国第4位の規模の航空会社とのこと。
2016/01時点のダイヤは以下のとおり。

HU7919 北京 0:15 → 羽田 4:10 / 月,木,土
HU7920 羽田 5:10 → 北京 8:25 / 月,木,土

羽田の深夜(というか早朝)に到着して、すぐに飛び立っていくという、実にレポートし辛いダイヤです。

それでも金曜の会社帰りの深夜11時ごろ、羽田空港国際線に到着。
HKG_2015OCT_062_R25
深夜発の便のお客さんで賑わっています。
海南航空が到着する、午前4:10までどうしようかなー。

到着階にある24時間営業のカフェ「ピスタ」でビールでも飲んでダラダラと過ごします。
HKG_2015OCT_020_R25
生ビール小・520円。シウマイは別途。
ういー、眠い。

やがて終電が終了。
HKG_2015OCT_021_R25
例によって、ターミナル内に取り残されます。

この日の海南航空のカウンターはIカウンターを使用。
HKG_2015OCT_042_R25
0:40ごろでは、まだ搭乗手続きは始まっていません。

で、海南航空HU7919の到着予定は・・・?
image
ありゃ、4:10定刻に対して、4:55着に遅延とのこと。
トラフィックの少ない深夜なのに遅れちゃいますか・・・。

さらにターミナル4Fにある24時間営業の吉野家で、ビールでも飲んでダラダラします。
HKG_2015OCT_010_R25
グラスは280円。ジョッキは380円。
おつまみのキムチは100円。
吉野家は羽田空港国際線において、もっともお安く生ビールが飲める場所です。
が、お客さんがどんどん来るので、あまり長居できないのが難点。

午前2時ごろ・・・。
HND_2016JAN_108_R9
すべてのフライトの搭乗手続きが終了し、束の間の眠りにつく国際線出発ロビー。

そして、その30分後の午前2時半ごろのこと。
HND_2016JAN_023_R9
突如、中国人の団体さんがゾロゾロと国際線に入場してきました。
3本線の入ったジャージを着た人や、例のダウンジャケットを羽織ったオバさんなどなど。
巨大なスーツケースのほかに、「爆買い」の成果物である段ボール箱をいくつも運搬している人もいます。
いきなりの中国内陸部な感じの人々の登場で、ターミナル内は異様な雰囲気に包まれました。

あっという間に、カウンターに列ができて、午前2:35ごろ搭乗手続き開始。
HND_2016JAN_025_R9
古代ギリシアのファランクスを思い起こさせる密集隊形。
寝静まった薄暗い出発ロビーの中で、この区画だけ異様に殺気立っています。
横入りされないように皆さん必死です。
エコノミーなのに、ビジネスクラスのカウンターに割って入ろうとする人もいます。
あと荷物が多かったり、乗り継ぎがあるのかないのかもよく分からないので、一人一人のチェックインに異常に時間がかかります。
でもまだ出発時刻(5:10が6:15に遅延)まであと4時間近くあるので大丈夫・・・。

黒いゴミ袋とセロハンテープを用いて、スーツケースをグルグル巻きにしているファミリー。
HND_2016JAN_031_R9
そこまでしますかねえ。

片隅に放置されている空気清浄器。
HND_2016JAN_035_R9
えーと、どなたのものでしょうか?

ついにそれぞれのカウンターにお客さんが殺到する形にw。
HND_2016JAN_036_R9
前に空間が空いていると、横入りされちゃうので。
カオスな状況です。

その様子を上から冷静に観察する、早朝便待ちの日本人客の姿もあり。
HND_2016JAN_027_R9
「爆買いだねー」
「そーだねー」

ただ、午前3時現在ではまだ保安検査場がオープンしていません。
HND_2016JAN_038_R9
先を争ってチェックインを済ませた人々も、結局はロビー内で待たされることになります。

東京税関のコーナー。
HND_2016JAN_043_R9
「カスタム君」と記念撮影をする人々あり。
なんだかとっても楽しそうです。

午前3時15分ごろ。
HND_2016JAN_046_R9
午前5時50発・台北行きのピーチMM1029便のカウンターで搭乗手続きが始まりました。
こちらは若い日本人の個人客中心で平和な雰囲気。
まだ早い時間なので、お客さんの数もまばらです。

午前3時30分ごろ。
HND_2016JAN_054_R9
保安検査場がオープン。
北京を目指すお客さんが続々と入場していきます。
またのご来日をお待ちしております。
以前は午前4時ごろオープンだったのですが、最近午前5時台の出発便が増えてきたのを受けて、時間が早まったようです。

そして午前5時11分ごろ。
HND_2016JAN_072_R9
北京からお迎えのHU7919便がA滑走路に着陸。
これが折り返し北京行きのHU7920便になります。
本館側113番ゲートに到着予定だったのが、遅延の影響でサテライト側の141番に変更になってしまいました。
そのため間近で機体を拝むことはできず・・・(涙)。

午前6時15分ごろ。
HND_2016JAN_102_R9
空が明るくなっていました。
それにしても、外は寒い・・・。
3分ぐらいで耐えられなくなってきます。

そんな中、北京行きのHU7920便が出発。
HND_2016JAN_099_R9
機材はボーイング737-800。
中国の人々と沢山のお土産を搭載して、C滑走路から寒空へと飛び立っていきました。
祝一路平安。
この後、猛烈な睡魔に襲われたので、速攻で帰宅・・・。

というわけで、海南航空の羽田就航の様子の徹夜レポートでした。
景気減速が囁かれる中国経済ですが、いつまでこの訪日ブームが続くのか注目です。
同時期にタイガーエア台湾(IT)の台北便、奥凱航空(BK)の天津便も羽田の深夜便に新規就航したとのこと。
これらのレポートはまた後日に・・・。

羽田空港国際線の深夜の過ごし方関連はこちらをどうぞ
終電より後に羽田国際線に帰国した場合まとめ
始発より前に羽田空港国際線に到着する方法まとめ

羽田空港国際線・中国南方航空の羽田-広州線就航の編

2015/11/01
今年も残すところあと2カ月。
10/25からは、いよいよ2015年の冬ダイヤが始まりました。
それに伴って、羽田空港国際線では中国南方航空(CZ)が、初の羽田定期便となる羽田-広州線の運航を開始しました。
これで、羽田国際線に定期便(コードシェア便を除く)を運航する航空会社は合計34社になります。

2015/11/01現在のダイヤは以下の通り。

CZ3008 羽田発10:45→広州着15:20(毎日)
CZ386 羽田発15:05→広州着19:30(毎日)

CZ385 広州発08:55→羽田着13:50(毎日)
CZ3007 広州発14:50→羽田着19:45(毎日)

なんと1日2便を毎日就航。

さらに同時にANAとJALもそれぞれ1往復ずつ羽田-広州便の運航を開始しました。

JL87 羽田発8:50→広州着13:05 (毎日)
JL88 広州発14:35→羽田着19:45(毎日)

NH923 羽田発9:25→広州着13:50(毎日)
NH924 広州発15:05→羽田着20:00(毎日)

これで中国からの爆買いのお客さんが大幅に増加することになりますね。

この日のCZのカウンターはHカウンターを使用。
HND_2015OCT_DSC02998_R
が、すでに出発1時間前に迫っていたため、爆買いのお客さんはもうゲートに向かわれた後のようです。

午後3時ごろ、CZ386便が出発。
HND_2015OCT_DSC03020_R
機材はエアバスA330-200(B-6515)。
この日はサテライト側145番ゲートに駐機していたため、プッシュバックするところは展望デッキから見えず。
離陸のためにD滑走路に向かう途中の姿を拝むことができました。
昔の全日空のような色合いです。

中国からの日本旅行人気に支えられて、中国路線の就航が相次いでいる羽田空港国際線でした。

羽田空港国際線・天津航空の天津-羽田深夜便就航の編

2015/08/16
8月に入ってから、羽田の深夜早朝枠を使った新規就航が相次いでいる羽田空港国際線。
この日の深夜は、羽田国際線通算32社目の定期便就航となる、中国の天津航空の初便が就航する日となっております。

■ダイヤ
GS7562 羽田発1:30→天津着3:50 (火水金日)
GS7561 天津発20:35→羽田着0:30 (火水金日)
最新ダイヤは航空会社のウェブサイトをご確認のこと

天津航空は中国・海南航空のグループ会社。
日本ではマイナーな感じですが、既に那覇、静岡、関空、千歳、函館に就航しているのだとか。

でも、そもそも天津ってどこ?という方は、こちらの地図をどうぞ。
天津
北京の近くの港町です。
近く、と言っても、北京からは80キロぐらい離れていますが・・・。

8/17(土)の午後11時ごろ。
HND_2015AUG_DSC01141_R
この日は出発ロビー端っこのLカウンターにて、羽田発天津行きGS7562便の初便の搭乗手続き開始。
ご注意:2015/08/16時点の情報です。航空会社の搭乗カウンターの位置は日々変わりますので、当日空港の案内板をご確認ください
やはりお客さんは、爆買い系中国人ファミリー中心。
でもお客さんが少ないような・・・。
ざっと数えて20~30人ぐらいしか並んでいない様子。

20分後。
HND_2015AUG_DSC01142_R
・・・。

この日の搭乗ゲートは本館側の109番ゲート。
HND_2015AUG_DSC01137_R
AM1:00台は深夜便の多くが出発した後なので、保安検査場に近いゲートも使いたい放題です。
ご注意:2015/08/16時点の情報です。航空会社の搭乗ゲートの位置は日々変わりますので、当日空港の案内板をご確認ください

お迎えの天津発羽田行きGS7561初便は、定刻0:30着に対して0:40ごろに到着。
折り返しの羽田発天津行きGS7562初便は、ほぼ定刻(AM1:30)に出発しました。
HND_2015AUG_DSC01173_R
機材はエアバスA320-200 (B-1658)。
海南航空グループなので、海南航空な感じの?赤い塗装です。
これからもっとお客さんが増えてくることを期待しましょう。

羽田空港国際線の深夜の過ごし方関連はこちらをどうぞ
終電より後に羽田国際線に帰国した場合まとめ
始発より前に羽田空港国際線に到着する方法まとめ

羽田空港国際線・吉祥航空の上海-羽田深夜便就航の編

2015/08/13
以前の記事「羽田空港国際線・中国・台湾方面の深夜便が続々と新規就航開始の編」でもお伝えしましたように、8/7から中国の吉祥航空が上海-羽田の深夜便の運航を開始しています。
ウィキペディア先生によると、吉祥航空(HO)とは上海浦東国際空港をハブ空港とする航空会社で、日本へは既に関空、沖縄、福岡に上海浦東便を就航させているとのこと。

■ダイヤ(2015/08現在)
HO1386 羽田発1:50 →上海浦東着4:00 (月水金)
HO1385 上海浦東発20:50 →羽田着1:00 (月水金)
最新ダイヤは航空会社のウェブサイトをご確認のこと

月水金の週3便の深夜運航のため、なかなか機体を目撃するのが難しいです。
が、今日はお盆休みを利用して就航の様子を見に行くことができました。

羽田発AM1:50に対して、2時間30分前のPM11:20ごろ。
HND_2015AUG_DSC00978_R
出発階のKカウンターにて搭乗手続きが開始されました。
炊飯器などのお土産を満載した爆買いの訪日中国人達で行列しています。
家族連れが多い印象。
日本人旅客はほとんどいない模様です。

こちらはAM1:10ごろの到着ロビーの様子。
HO1385便で上海から羽田にやってきた中国の旅客の方々が続々と到着。
HND_2015AUG_DSC01019_R
長旅お疲れ様です。
しかし残念ながら、既に終電は終わっています。
深夜バスもAM1:00ごろ発が最終ですので、残された交通手段はタクシーのみ。
多くの人々はターミナル内に宿泊し始発を待つことになるでしょう・・・。
AM2:00台羽田発の深夜バスの登場が望まれます。

・・・と思ったら。
HND_2015AUG_DSC01021_R
しっかりとバスをチャーターしている団体客あり。
パックツアーか何かでしょうか。

駐車場へと向かう人々あり。
HND_2015AUG_DSC01022_R
日本に知り合いがいる人々は、迎えに来てもらうことができます。

タクシーに向かう人々も結構沢山います。
HND_2015AUG_DSC01023_R
午後10時~朝5時の間は深夜料金が加算されます。

到着した人々を観察していると、到着後の交通手段がないことは織り込み済の様子。
案内カウンターに詰め寄る人もいなくて、皆さん淡々としています。

AM1:40ごろ。
HND_2015AUG_DSC01034_R
折り返しの吉祥航空・羽田発上海浦東行きHO1386便は、定刻よりも10分ほど早く出発。
機材はA320-200 (B-1871)。
使用ゲートは本館側の113番ゲートだったため、国際線の展望デッキから初めて吉祥航空の機体を間近に見ることができました。

中国との新路線の増加によって、今後さらに訪日客を増やしてくれることを期待しましょう。

羽田空港国際線の深夜の過ごし方関連はこちらをどうぞ
終電より後に羽田国際線に帰国した場合まとめ
始発より前に羽田空港国際線に到着する方法まとめ

羽田空港国際線・ピーチの羽田-台北桃園深夜便就航の編

2015/08/08
前回の記事でもお伝えしたように、8月に入ってから新規航空会社による羽田の深夜・早朝便の就航が相次いでいます。
その中でも最も日本のメディアに注目されているのが、業績好調で人気のある国内のLCC(ロー・コスト・キャリア)ピーチの羽田-台北桃園線の深夜便です。

しかしながら、本来の予定では8月8日のAM0:30に台北桃園を出発し、AM4:45に羽田に到着するはずのMM1028便の初便が、台湾に接近中の台風13号の影響で出発が大幅に遅延するというハプニングが発生。
そのMM1028便は11時間45分遅れの20:15に台北発となりました。

その影響で、折り返し運航するはずだったAM5:55羽田発のMM1029便の初便は、MM1028便の到着を待つのを断念。
急きょ代替の機体を関西空港からフェリーして10時間30分遅れの16:25羽田発となりました。
HND_2015AUG_DSC00744_R
記念すべき初便がまさかの大幅遅延です。
が、同日の関空発の台北桃園行きMM23便は欠航していたことを考えると、「絶対に羽田の初便は欠航させない!(マスコミが取材に来るし)」という執念が感じられます。

というわけで、8/8の13:53ごろ(出発予定時刻の2時間30分前)。
HND_2015AUG_DSC00769_R
一番端っこのLカウンターにて、ピーチMM1029便・羽田発台北桃園行き・初便の搭乗手続き開始。
お客さんは半分以上は日本人(だと思う)。
家族連れはほとんどいなくて、旅慣れた感じの若いお客さんが多いです。

マス・コミュニケーションの皆様が沢山来ていました。
HND_2015AUG_DSC00774_R
民放各局のクルーや「ZIP!」の取材班など、取材陣だけでも総勢50人ぐらいはいました。
ピーチの注目度の高さが伺えます。
台風で遅延したことで、かえって話題性が高まったような印象も。
あと、お客さんの中には、桃のコスプレ?をしたピーチ・ファンの方もいて、マスコミの格好の取材対象になっていました。

午後3時半ごろ。
HND_2015AUG_DSC00818_R
関空から急きょフェリーされて来た代替機(JA806P)が、関空の空気を乗せて羽田に到着。
通常は深夜便のため、昼間の羽田でピーチの機体が見れるのはレアケースです。
この日の搭乗ゲートはサテライト側の141番ゲートを使用。
建物の陰になるため、国際線の展望デッキからは駐機中のピーチの機体を見ることはできません。

そして午後4時半ごろ。
HND_2015AUG_DSC00857_R
定刻から10時間30分ほど遅れて、MM1029の初便が羽田を出発。
機材はエアバスA320-200(JA806P)。
派手目なカラーリングが特徴的です。
遅延したお陰で、昼間に機体を撮影することに成功しました。

この日の羽田空港は北東の風で比較的暑さが和らいでおり、滑走路は北風運用。
D滑走路(RWY05)から台北に向けて飛び立っていきました。

ピーチは私も以前に1度だけ香港→関西空港線を利用したことがあります。
当時の搭乗レポートはこちら
香港マカオ旅2014/07 香港昼発のピーチで関西空港に戻るの編

ピーチはWebの予約システムがしっかりしていて利用しやすかった印象です。
通常の予約はもちろん、便の変更や運賃の差額の精算などもweb上で簡単にできて便利でした。
(海外のLCCだとWebでチケットの予約・購入はできても、キャンセルや変更する場合は電話だったりとかします)
今回のピーチ羽田就航で、より安くお手軽に台湾に行けるようになったのは嬉しい限りです。

ピーチ以外の航空各社の8月新規就航に関する記事は以下
羽田空港国際線・中国・台湾方面の深夜便が続々と新規就航開始の編
羽田空港国際線・カンタス航空、羽田就航の編

AM5:55発のピーチに乗るにはどうやって羽田に行けばいいの?という方は以下の記事をご参考にどうぞ。
始発より前に羽田空港国際線に到着する方法まとめ

羽田空港国際線・中国・台湾方面の深夜便が続々と新規就航開始の編

2015/08/08
先週のオーストラリア・カンタス航空の羽田就航に続いて、8月に入ってから中国の航空会社による羽田の深夜便の新規就航が始まりました。
それに負けじとわが国のLCCピーチも羽田-台北桃園線の運航を開始しています。

羽田の深夜発着枠の中でも、特に午後11時をすぎて羽田に到着する時間帯は、その後の交通の便が悪いため、ここしばらく不人気でした。
また、同様に羽田の早朝出発枠、特に朝6時台までに羽田を出発する便も、周辺ホテルまたは国際線ターミナル内で前泊する必要があるため、まだまだ発着枠に余裕がある状態でした。
この時間帯は今までは香港エクスプレスが運航している程度だったのが、8月からは、春秋航空、上海航空、吉祥航空、ピーチアビエーション、天津航空の5社がこの時間帯への参入を開始するとのこと。
特に中国系航空会社の進出が目立ちますねえ。
これで羽田国際線に定期便を運航する航空会社は全部で32社に膨れ上がります。

そこで今回は、8/7金曜夜の会社帰りに羽田空港国際線に寄ってみて、これらの深夜便の就航の様子を探ってみることに・・・。

春秋航空

■ダイヤ(2015/08現在)
9C8516 羽田発1:30→上海浦東着3:30 (月火木土・8/6から運行)
9C8515 上海浦東発18:30→羽田着23:00(月水金日・8/5から運行)
(最新ダイヤは航空会社のウェブサイトをご確認のこと)

茨城空港などに就航している中国のLCC春秋航空が、ついに羽田にも新規参入。
上海虹橋ではなくて、上海浦東行きなのでご注意を。
夜行便なので土日を利用した弾丸旅行に使えそうですが、上海着3:30がちょっと早すぎる感があります。
あと23:00羽田着というのも終電に不安が残ります。
羽田到着後は近辺のホテルに宿泊してから出勤、という感じになりそうです。

この日(2015/08/07)の春秋航空の受付カウンターはCカウンター。
HND_2015AUG_IMG_03_R
1:30発に対して22:50ごろに搭乗手続きが開始されました。
お客さんはほとんどが中国系の人々の様子。
電化製品等のお土産を満載した「爆買い」の人々で一杯です。
日本旅行の人気ぶりが伺えます。

この日(2015/08/07)の9C8515便は、23:00羽田着予定に対して0:44着に遅延。
HND_2015AUG_DSC00700_R
それでも折り返しの9C8516便はほぼ定刻通り1:30ごろに羽田を出発。
結構無理している感じがしますが・・・。
機材はでっかいウイングレット付きのエアバスA320-200(B-9928)。
到着スポットは124番の沖止めでした。

上海航空

■ダイヤ(2015/08現在)
FM836 羽田発1:30 →上海浦東着4:00(月木土・8/5から運行)
FM835 上海発20:00→羽田着:23:55(水金日・8/5から運行)
(最新ダイヤは航空会社のウェブサイトをご確認のこと)

こちらも春秋航空とほぼ同様のダイヤ。
週3便というのがちょっと使いにくいかもです。
あと、羽田着が遅いので終電も厳しいです。
上海航空は昼間も上海線を以前から運航しています。

この日(2015/08/07)の上海航空・深夜便のカウンターはGカウンター。
HND_2015AUG_IMG_FM_R
こちらも中国系のお客さんが大半です。
こちらはフルサービスキャリアなだけのことはあって、お金持ちで落ち着いた感じのお客さんが多いように感じました。

使用スポットは沖止め。
HND_2015AUG_DSC00666_R
使用機材はボーイング737-800(B-5545)でした。
さすがに深夜便だと小型機にせざるを得ないようです。

吉祥航空

■ダイヤ(2015/08現在)
HO1386 羽田発1:50 →上海浦東着4:00 (月水金・8/7から運航)
HO1385 上海浦東発20:50 →羽田着1:00 (月水金・8/7羽田着から運航)
(最新ダイヤは航空会社のウェブサイトをご確認のこと)

土日運航しない&羽田着後の終電はおろか深夜バス(AM1:00ごろ最終)にも間に合わない、実に使いにくいマニヤックな便です。
この日(8/7夜)は運航日ではなかったため、取材はまた後日に・・・。

その後日の取材の記事はこちら
羽田空港国際線・吉祥航空の上海-羽田深夜便就航の編

天津航空

GS7562 羽田発1:30→天津着3:50 (火水金日・8/16から運航)
GS7561 天津発20:35→羽田着0:30 (火水金日・8/16羽田着から運航)
(最新ダイヤは航空会社のウェブサイトをご確認のこと)

これも羽田着後終電に間に合わない系のダイヤです。
天津航空ってあまり耳慣れない・・・と思いきや、日本へはすでに札幌や函館など多くの路線を運航しているのだとか。
こちらの就航は来週から。
今後、羽田国際線で夜明かしする中国系の人々が増えそうです。

ピーチアビエーション

■ダイヤ(2015/08現在)
MM1029 羽田発5:55 →台北桃園着8:30(月水木金土日・8/8から運航)
MM1028 台北桃園発0:30 →羽田着4:45(月水木金土日・8/8から運航)
(最新ダイヤは航空会社のウェブサイトをご確認のこと)

日本のLCC初の羽田国際線就航です。
羽田早朝5:55発がキビシイです。

  • 羽田国際線ターミナルに前日入りしてそのまま夜明かし
  • 蒲田のホテル or 漫画喫茶 or スパに滞在して、3:20蒲田駅発の深夜バスに乗って羽田へ

というパターンになりそうです。

この日の初便(8/8早朝4:45羽田着)を待ち構えていたものの・・・。
HND_2015AUG_DSC00743_R
残念、台風13号が台湾に接近のため、5:55羽田発だったMM1029便が16:25発に遅延するとのこと。
初便から10時間以上遅延、という波乱の船出となりました。
ううう、このピーチの初便が見たくてわざわざ空港にお泊りしたのに・・・。
もう眠いので始発の電車で帰宅して寝るです。

あくる日の午後の初便就航の様子はこちらの記事をどうぞ
羽田空港国際線・ピーチの羽田-台北桃園深夜便就航の編