「国際線ターミナル再増改築工事」タグアーカイブ

羽田空港国際線保安エリア・新しく出来たサテライト140/141番ゲート内部を見て来たの編

2020/01/18
少し前のお話ですが、お正月休みに羽田からシンガポールへと旅して参りました。
SIN2020JANA1588R
あまりがっかり感がなくなったマーライオン様。

その際に、羽田空港国際線サテライトの増築部分(140/141番ゲート)の様子を見ることができましたので、そのレポートをお送りします。

サテライトの増築部分とは、この140/141番ゲートの部分。
hnd2020jb004R
この部分が、2019/12/5から供用が始まったのは、以前の記事でもお知らせした通り。

国際線の展望デッキからも見えます。
HND2020JANB048R
ついに、この新築部分の内部に足を踏み入れることに成功いたしました。

ちなみに、この増築部分・・・。
hnd2020jb005R
中央出国審査場を抜けてから735メートルの場所にあります。
結構遠いよ・・・、ハアハア。

10分ぐらい歩いて到着。
hnd2020ja051R
おお~、ついに入口が!
前回来たときは、まだ封鎖されていましたが。

内部を覗いてみる。
hnd2020ja053R
この先は、一般道を跨ぐ屋根付きの橋を経て、増築された別棟へとつながっています。
では、お邪魔しまーす。
ワクワク。

橋の上は・・・。
hnd2020ja067R
短い距離ではありますが、動く歩道がありました。
ここまで歩いてきて疲れているので、短い距離でもあると助かります。
出国した後で、一般道の上にいるという不思議な気分。

そして、別棟に潜入。
hnd2020ja069R
おお~、緑が豊かな感じ。
まるでシンガポール・チャンギ国際空港のような。
新築の建物の匂いがします!

エスカレータで1つ下の階に下りて・・・。
hnd2020ja074R
左と右にそれぞれ141番、140番ゲートがある形になります。
エレベータもあり。

その別棟内部の様子。
hnd2020ja092R
おお~。
屋根が高くて開放的。
出来立てホヤホヤなので、どこもピカピカです。
もっと簡素な感じかと思いきや、意外とデザインが凝っていてゴージャスですねえ。
長い距離を歩いてきた甲斐があります。

椅子に注目。
hnd2020ja083R
他のエリアにある椅子とはデザインが異っていて、オシャレな感じ。
第2ターミナルのサテライトにあるのと似ています。
座面はやや固めですが。

そしてさらに!
hnd2020ja100R
リクライニングチェアもあり。
140番、141番ゲートそれぞれに6脚ずつありました。
出発ギリギリまで、ここで寝ていられます(笑)。

そしてそして。
hnd2020ja104R
期待の充電ポールも潤沢に生えていました。
ほとんどすべての椅子の近くにあります。
これは素晴らしい。

建物の外周は・・・。
hnd2020ja109R
ガラスで隔てられた先は到着エリアになっていて、赤い絨毯が敷かれていました。
ここからイミグレまで700メートル以上歩くことになりますが・・・。

別棟内には、もちろんトイレもあり。
hnd2020ja110R
ここにもトイレがないと不便ですからねえ。

自販機もあり。
hnd2020ja111R
売店はありません。

左側の自販機は・・・。
hnd2020ja112R
スナック類も販売していました。
プリングルスやアルフォートなど。
機内でのおやつにどうぞ。

エスカレータの横には・・・。
hnd2020ja121R
他の搭乗ゲートと同様に「TIAT STATION」コーナーがあり。

その内部には、有料マッサージ椅子「快王II」があり。
hnd2020ja118R
「ご搭乗前にツーコインの癒し」とのこと。
10分200円でした。
凝り症な方はどうぞ。

ちなみにこの時は・・・。
hnd2020ja087R
140番ゲートは香港エクスプレスに割り当てられていました。
LCC専用というわけではなく、JALやANAに割り当てられることもあるようです。

というわけで、増築された140/141番ゲートの潜入レポートでした。
出国検査場からは、やや離れているものの、最新型のイスと潤沢な充電設備を備えた快適空間でした。
無事の完成おめでとうございます。

羽田空港国際線ターミナルの増築部分の供用が始まるの編

2019/12/30
今年も残すところあと1日。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

こちらは羽田空港国際線ターミナル。
hndntdecz041R
公式サイトによると、ついに2019/12/26から増築部分の供用が始まったとのこと。
予定通りの完成、おめでとうございます。
外観上は、どこが増築されたのか分からないぐらいにキレイに仕上がりましたね。

しかし、バスのりば側からよーく観察してみると・・・。
hndntdecz071R
1Fの屋根の部分の色がビミョーに違っているところがあり。
ここが増築部と既存の部分の際(きわ)になっています。

3F出発階の増築エリア

では、3F出発ロビーへ。
hndntdecz077R
おお~、ついに拡張エリアに入れるようになりました!
「N」「M」カウンターの文字板も稼働を開始しています。
特に、パンパカパ~ン♪的なセレモニーもなく、地味に供用が始まりましたね・・・。

では、増築エリアにお邪魔させて頂きます!
(*゚∀゚)=3

Lカウンターの裏側に新造されたピカピカのMカウンター。
hndntdecz087R
この時はまだ使われていませんでした。

その奥に新造されたホヤホヤのNカウンター。
hndntdecz090R
こちらもまだ使われておらず。

公式サイトの「フライト情報」を見ても、まだ「M」「N」は割り当てられていないようでした(2019/12/30当時)。
そのうち使用されることでしょう・・・。

そして、Nカウンター裏の窓際のエリアには・・・。
hndntdecz095R
椅子が潤沢にあり!
これはウレしいです。

座席配置は3-3。
hndntdecz098R
「アームレストなし椅子」と「あり椅子」を半々に配置。
深夜になると、寝床にしやすい「アームレストなし椅子」を巡って、激しい争奪戦が繰り広げられることでしょう。
ただし「充電ポール」は設置されていないようですので、今後の設置に期待です。

増築エリアの隅っこには・・・。
hndntdecz093R
謎の箱区画があり。
ここに一体何ができるのかは不明。

そして、新たに出来た3基のエレベータ。
hndntdecz085R
既に絶賛稼働中でした。

おこのみ横丁(4F)より、上から3Fの増築エリアを眺めてみる。
hndntdecz132R
一体、どこからどこまでが今回増築されたエリアでしょう?
心を無にして、よーく見ると境界が分かります(大袈裟な)。

補助線を引いてみました。
hndntdecz131R
ビミョーに床のタイルの色が違っているのが分かります。
ここが、増築エリアの際(きわ)の部分。

「この部分、床の色が違っているよね。ここから右側が東京オリンピックに向けて新たに増築されたエリアなんだよ」

と語ることができれば、かなりの羽田空港マニアです(笑)。

2F到着階の増築エリア

新しく出来たエレベータで2階へ。
hndntdecz056R
写真左側が、国内線乗り継ぎカウンター。

工事期間中、乗り継ぎカウンターと大型荷物検査場は、元の場所で通常に稼働し続けたまま、工事の完成を迎えることになりました。

そのエレベータを出てすぐのところには・・・。
hndntdecz066R
白いシャッターが降りた区画があり。
ここも、何が出来るかは不明。

そしてその奥には・・・。
hndntdecz059R
以前の記事でもご紹介したように、シャワールームっぽいエリアがあるものの・・・。
残念ながら、まだ営業は始まっていないっぽいです。
営業が始まる日を楽しみに待つことにしましょう。

1Fエントランスプラザの増築エリア

最後は1Fへ。
hndntdecz043R
車寄せの近くに、新たな入口ができました。
ここも、今回の増築に伴って新たに出来た部分。

では内部へと突入(*゚∀゚)=3
hndntdecz052R
案内板があるだけで、特に何もありません。
新しい建物の匂いがしました。

入って左側に・・・。
hndntdecz053R
エレベータが3基あり。

このエレベーターは・・・。
hndntdecz046R
1F~3Fの増築エリアを垂直に移動できます。
主に、1Fの車寄せに到着した団体バスのお客さんが出発階に上がるのに使う用でしょう。
これで、1Fのエレベータ待ちの人々の混雑が緩和されるとよいですね。

というわけで、予定通りに供用が始まった羽田空港国際線増築部の様子でした。
増築部のシャワールーム等は、順次営業開始とのことですので、営業が始まり次第使ってみたいと思います。

そして、来年(2020年)はいよいよ東京オリンピックの年。

2020年3月には、

  1. 「国際線ターミナル」→「第3ターミナル」に改称
  2. 第2ターミナルの国際線施設の供用開始
  3. 国際線が大幅増便

に加えて、「羽田エアポートガーデン(旧・羽田空港跡地第2ゾーン)」の開業(2020年春予定)など、ビッグなイベントが目白押しとなっております。

では皆様よいお年を ( ^o^)/

羽田空港国際線・増築部分の供用開始が近づいてきたの編

2019/12/25
こちらは羽田空港国際線・出発階の案内板。
HND2019DECY097R
むむっ。
「チェックインカウンターのご案内」の表示が新しくなりました!

え?何が変わったの?という方はこちら。
HND2019DECY097R2
左端に、今まで無かった「N」「M」カウンターの表示が追加されました。
ただし、まだ使用は始まっていないようです(12/25時点)
「2019年12月末完成予定」なので、まもなく使用が始まるものと思われます。

増築エリアとの境界は・・・。
HND2019DECY105R
三角パイロンとポールが置かれているだけの状態に。
あとはこれをどけるだけ。

新規に作られたチェックインカウンター。
HND2019DECY104R
一通り工事が終わっているように見えます。

そしてこちらは国際線3Fの案内図。
HND2019DECY100R
こちらも、増築後のバージョンに更新されました。

え?何が変わったの?という方はこちら。
3fext
黄色で囲った部分が、増築されたエリア。
M、Nカウンターと、新造されたエレベータの部分が黒く覆い隠されています。
いつ使用が始まるかはまだ分かりませんが、その時は目前に迫っていそうな感じです。

続いて、2F到着階へ。
HND2019DECY135R
以前、Air Bic Cameraがあったあたりの工事の仮囲いが無くなっていました。
壁になっただけでした・・・。

その奥の方には・・・。
HND2019DECY136R
新しくタバコ部屋が作られていました。
最近少なくなりましたからねえ。

さらにその奥の方には・・・。
HND2019DECY138R
右に曲がって、国内線乗り継ぎ用の保安検査場へと続きます。

ん?
何か出来ている・・・?

こちらにも「SHOWER ROOMS」の文字が登場。
HND2019DECY137R
\( ^o^)/

到着階2Fに、もう1か所シャワールームが出来るんですね。
今のシャワールームは、夜になると2時間待ちはザラなので、増えると助かります!

2Fの案内図も更新されており・・。
HND2019DECY141R
新しいShower Roomsの場所はこちら。
今のShower Roomsの反対側の端っこになります。
これで、少しでもシャワー渋滞が解消されるといいですね。
完成したら、すぐにシャワーを浴びに行こう!(←おかしな人)。

1Fの案内板も地味に更新されていました。
HND2019DECY144R
左下部分に、エレベーター乗り場ができるようです。
ローソンがあるメインのエリアとはつながらないみたいです。

というわけで、いよいよ増築部分の供用開始が目前に迫りつつある羽田空港国際線でした。

羽田空港国際線再増築工事で「Nカウンター」が姿を現すの編

2019/12/07
こちらは増築工事中の羽田空港国際線ターミナル。
HND2019DECC079R
むむっ!!

今まで、工事の囲いに覆われていたところが抜けている!
(*゚∀゚)=3

こ、これはもしや・・・。

早速、すたたたたた、と駆け寄ってみると・・・。
HND2019DECC081R
ついに囲いの一部が撤去され、増築中のエリアが見えるようになりました!
ただし、増築部の周囲は壁に囲われているため、まだ内部へは入れません。

増築部分の境界に立ってみる。
HND2019DECC119R
左半分が従来から稼働中のLカウンター
右半分が増築中の区画です。
まだ床が茶色い部分があって、絶賛工事中のようですねー。

では本邦初公開?の増築エリアの様子。
HND2019DECC093R
窓側に「Nカウンター」が建設中の様子。
あれ「O」カウンターは見当たらない・・・。

以前の記事にて、増築後にチェックインカウンターがいくつ増えるか?について予測したことがありました。

羽田空港国際線・再拡張工事後にチェックインカウンターがいくつ増えるか地味に考察してみたの編

当時の私の予測では「M,N,Oカウンターが増えるのでは?」でしたが。

正解は・・・
「M,Nカウンターが増える」
でした。

はい、ハズれました(笑)。
思ったよりも、増築面積が小さかったようです(←言い訳)。

Nカウンターの裏側は・・・。
HND2019DECC099R
謎の凹凸構造があり。

建物の端っこまでの間に、中途半端な広さのスペースが広がっています。
確かに、ここに「Oカウンター」を作るにはビミョーに狭い感じでした。

増築エリアの奥の方をよーく見てみると・・・。
HND2019DECC090R
エレベーターらしきものを作り中のようです。
たしかに、ここらあたりにも作っておかないと、ぐるっと迂回してこないといけないですからねえ。

増築部の端っこから、従来のエリアを望む。
HND2019DECC100R
H,I,J,K,L・・・チェックインカウンターのアルファベットがズラリと並ぶ光景は壮観。
2010年10月の開館時と比べると、随分と広くなりましたねえ(遠い目)。

吉野家前広場(←勝手に命名)周辺の様子。
HND2019DECC110R
左側を覆い隠していた壁が無くなって、さらに開放的な空間になりました。
かなり広々~\( ^o^)/
・・・と喜んでいるのは私だけですが。

国際線ターミナル1Fに新たな入口が登場

そしてさらにお外へ。
HND2019DECC180R
工事の足場が取り払われて、後は「国際線」と書かれた白い囲いが残るのみ。

1階の車寄せ部分も・・・。
HND2019DECC168R
一部、工事の囲いが無くなりました。
工事期間中は狭くて、団体バスを降りたお客さんで通路が詰まっていましたが、これで広々。

そして!
HND2019DECC183R
1F部分に新たなエントランスが出来ているのを発見。
まだ工事中なので、中には入れないようですが。
位置関係から予想するに、さっきの増設されたエレベータ経由で3F出発階(2Fも?)に上がれるようになると思われます。
この増築された1F部分も、どんなような感じになるのか楽しみです。

サテライトの新140,141番ゲート稼働開始

お次は展望デッキへ。
HND2019DECC053R
公式サイトによると、以前の記事でお伝えしたサテライト増築部分(140,141番ゲート)が2019/12/5から供用を開始したとのこと。
思っていたよりも早く稼働が始まりましたねえ。おめでとうございます。
この時は、JALのボーイング777-200ER (JL37 シンガポール行き。写真右端のJAL機)が141番を使用していました。

さらに、駐機場の番号にも注目。
HND2019NOVD076R
このあたりの地面に駐機場の番号が書かれています。

以前は「115」と書かれていたのが・・・
parkingNo
供用開始後は「140」に書き換わっていました。
駐機場の番号も、搭乗ゲートの番号と同じになるように変わったようです。

いつかあの増築部分の内部を見に行くために・・・。
HND2019DECC039R
羽田から海外へ行かねば!(←おかしな人)。

というわけで・・・。
HND2019DECC133R
いよいよ、増築部分の供用開始が迫りつつある羽田空港国際線ターミナルでした。
完成の日を楽しみに待ちたいと思います。

久々に羽田空港国際線の保安エリアをウロウロしてサテライト増築工事の様子を眺めるの編

2019/12/01
つい先日のこと。
TSA2019NOVG052R
羽田午前発のANA便で台湾へ旅に出る機会があり。
久しぶりに、国際線ターミナルの保安エリアをウロウロすることができました。

以前の記事で、サテライト側の搭乗ゲート番号が変わったことをご紹介しましたが、保安エリア側はどう変わったのかを確認すべく、ウロウロしてみたレポートです。

ということで、まずは・・・。
TSA2019NOVG047R
保安エリア内の案内板をチェックしましょう。

サテライト側は・・・。
TSA2019NOVG045R
142~149の新しい番号に変わっていました。
そして「黒い台形」に隠された謎エリアがあり。
スケて見えないように、しっかりと黒くなっています。
ここに間もなく140, 141番ゲートが新しく出来るわけです。

ゲートの案内板も・・・。
TSA2019NOVG060R
今までは「148」までだったのが「149」までに書き換わっています。
保安エリア側の表示はすべて書き換え済のようです。

では、サテライト側へと移動・・・。
TSA2019NOVG064R
朝早い時間のため、まだお客さんは少ない様子。

テクテクと歩いてサテライト側へ。
TSA2019NOVG084R
「140-146→」の看板に注目。

「140」がフライング気味に登場していました。
140番と141番ゲートはまだ稼働していない(2019/11当時)ので、この時点では「142-146」とすべきなんでしょうけど、こまめに作り変えるのも勿体ないですからねえ。

以前は「148」だった、サテライトの端っこの搭乗口は・・・。
TSA2019NOVG095R
149番に変わっていました。
そしてエレベータの横にソファがさりげなく登場。

149番ゲートへ行く途中に・・・。
TSA2019NOVG088R
おや、何か黄色いものが。

なんとここにもポケモン自販機(ポケモンスタンド)が出現していました。
TSA2019NOVG089R
以前にご紹介した107番ゲート付近のポケモンスタンドと合わせて、国際線保安エリア内に2台目の登場です。
ポケモンの勢いはスゴイですね~。

で、話を元に戻して。

サテライト増築工事の様子を内側から見てみるべく・・・。
TSA2019NOVG102R
サテライトの反対側の端っこ(142番ゲート方面)へ。

サテライト増築部分への入口は・・・。
TSA2019NOVG136R
まだ封鎖中でした。
が、既に工事の仮囲いは除去されていて「もうすぐ使えるようになりそう感」が漂っています。

前回見に来た時の様子はこちら。
羽田空港国際線・平成最後の保安エリアいろいろの編2019/04

果たして、この先に出来るのは・・・。

  • 搭乗ゲートだけなのか
  • 売店やトイレはあるのか
  • 充電ポールは何本あるのか(←細かい)

楽しみです。

増築部分につながる橋の部分をよーく見てみると。
TSA2019NOVG128R
上層が出発エリア、下層が到着エリアの2層構造になっていました。
建物と橋そのものは、既にほぼ完成しているように見えます。

朝日の逆光になって見にくい増築部分。
TSA2019NOVG118R
駐機場に飛び出た形になっているので、見晴らしが良さそうです。

本館に近い側のPBBは・・・。
gate140
140番ゲートのようでした。

ということは!
TSA2019NOVG099R
こんなような感じに140番、141番ゲートが出来上がるものと思われます。
供用が始まるのを楽しみに待つことにしましょう。

羽田空港国際線・サテライトの搭乗ゲート番号が変わったの編

2019/11/24
こちらは羽田空港国際線ターミナル・展望デッキ。
HND2019NOVD076R
昨日までの寒さが和らぎ、雨もあがって幾分過ごしやすい陽気でした。

国際線のサテライトに絶賛増築中の新しい搭乗ゲートは・・・。
HND2019NOVD022R
工事の足場が撤去され、外観上はほぼ完成したように見えます。
(内部はまだ工事中みたい)
増築の増築ではありますが、なかなかカッコイイ建物。

以前は、沖止めの駐機場だった115, 116番スポットが、PBB(Passenger Boarding Bridge 旅客搭乗橋)つきの搭乗ゲートに改修されつつあります。
国際線ターミナル本館の増築エリアと同様、2019/12末ぐらいに供用開始予定?と思われます。

その一方で。

国際線ターミナル公式サイトによると「11月中旬から国際線の搭乗ゲートの番号が変わります」とのこと。

どう変わったのかというと・・・。
gateold
↑は変更前の搭乗ゲート番号の割り当て。
左のサテライト側は、上から順に141~148番が割り振られていました。

で、こちらが変更後(2019/11/24現在)のゲート番号割り当て。
gate201911neo
左のサテライト側は、上から順に142~149番に変更されました。

何故に番号を変更したのか。
もうお分かりですね。

冒頭にご紹介した2つのPBBがもうすぐ増えるから、と思われます。
gate201911neo3
新しいPBBには、140番と141番が割り当てられるものと予想されます。
どっちが140でどっちが141かは不明。

これによって「140番台の搭乗口はサテライトの法則」が守られるわけです。
115番、116番を割り当てるよりも、140番台に揃えたほうが分かりやすいね、ということなのでしょう(たぶん)。
なるほど~。

出発案内板を見てみると・・・。
HND2019NOVD082R
早速「149番」(旧148番)が使われていました。

搭乗ゲートの番号と位置を覚えている方は少ないと思われるので、戸惑う方はほとんどいないと思われますが。
空港の紙パンフレットなど、表記がまだ古いままのところがありますので、お気を付けくださいませ。

羽田空港国際線再増築工事・はねだ日本橋の階段の封鎖が解除されるの編

2019/10/06
こちらは、絶賛再増築工事中の羽田空港国際線。
HND2019OCTA048R
ついに工事の足場が殆んど取り外されました。
外見からは、もう「増築工事してる感」が感じられなくなりつつあります。

では国際線ターミナルの内側へ。
HND2019OCTA044R
まだ工事の仮囲いの壁が立ちはだかっており、工事の様子は見えません。
この壁の向こうでは、まだ出発ロビーの内装工事が行われているものと思われます。

そんな中・・・。
HND2019OCTA031R
今まで封鎖中だった、はねだ日本橋の上り口が開通しました!
\( ^o^)/
およそ10ケ月ぶりぐらい?

今まで、仮設の低い屋根に覆われていた吉野家前広場ですが・・・。
HND2019OCTA037R
ついに仮設の低い屋根がなくなり、増築部分の高い屋根が姿を現しました!
\( ^o^)/
天井が高くなって、元の開放的な雰囲気に。
やはり、建物の外部構造は完成していたんですね。

ただし、まだ工事の仮囲いが存在するため、テイクアウト飲食用テーブル達は、依然として日本橋の下にある状況です。

TIAT SKY HALLの出入口付近も・・・。
HND2019SEPG012R
仮設の屋根がなくなり、沢山あった工事の柱が除去されました!
\( ^o^)/
イベント待ちのお客さんの障害物がなくなって良かったですねえ。
いよいよ3か月後に迫った増築部の完成が待ち遠しいです。

一方、こちらは同じく国際線4Fの広小路。
HND2019OCTA007R
早くもハロウィンのフォトスポットが登場していました。
撮影用のスマホ置き台も設置されていて、至れり尽くせり。

こちらは「HANEDA TOKYO AIRPORT」バージョン。
HND2019OCTA015R
こちらの装飾も今年初デビューの新作です。

茶寮伊藤園の入口にも・・・。
HND2019OCTA009R
ハロウィンの装飾あり。
去年よりも、ハロウィン装飾に力が入っている印象です。

というわけで、秋の深まりと共に、増築工事の完成が近くなってきた羽田空港国際線でした。

羽田空港国際線「Mカウンター」の看板が登場の編

2019/09/22
こちらは羽田空港国際線3F 出発ロビーのLカウンター付近。
HND2019SEPC032R
むっ。
「L・M・L」?
ポテトのサイズではありません。

別角度から。
HND2019SEPC030R
一番右の「M」と真ん中の「L」が、今回新しく出来た表示板です。
今まで工事の囲いに覆われていたのが、今回、地味にお披露目(?)されました。
完成おめでとうございます。

羽田空港国際線では、2020年に向けてチェックインカウンターを増やすための増築工事が行われています。
今までのA~Lカウンターに加えて、新たに「Mカウンター」が増えるため、その看板部分が一足先に完成したという状況。

上の写真の一番左の「L」は仮設の表示板。
新しく出来た「L」と「M」はまだ稼働していないため、9/21現在は、まだ仮設の「L」が暫定的に運用されていました。

このへんの工事の様子を眺めるため、はねだ日本橋に上ってみましょう。
HND2019SEPC037R
Lカウンターの裏側(写真右側)に、新しく「Mカウンター」を作っている様子が分かります。
壁の向こう側では、ターミナル増築工事が絶賛進行中。
2019年末完成予定の増築工事が終われば、この壁が取り払われて「Mカウンター」の運用が始まると思われます。
この壁の先に、さらに「Nカウンター」があるかどうかは、完成してからのお楽しみ・・・。
いよいよ、増築工事の完成が近づいてキター感が盛り上がって参りました。

ちなみに、この日の「はねだ日本橋」では・・・。
HND2019SEPC038R
ARアプリを使った「徳川綱吉を探せ!」的なイベントをやっていました。

その場でお借りしたタブレットを通してみると、江戸の町の模型が登場したり、江戸図屏風の絵が動いたり。
ARのグラフィックスが、結構画面にフィットしていて、完成度高かったです。
タブレットが重くて手が疲れたけど、なかなか面白かったです。

博物館とかで、訪日外国人向けに、外国語の説明を追加したりするのに使おうとしているのだそうな。
なーるほど~。
色々な言語に対応できるとイイかもです。

というわけで、2020年に向けての準備が着々と進行中の羽田空港国際線でした。

羽田空港国際線に紅葉が訪れるの編2019

2019/09/08
こちらは羽田空港国際線3F出発ロビー中央付近。
HND2019SEPA009R
先週ぐらいから、早くも紅葉の装飾(造花)が始まっていました。
(本記事は9/1当時の状況)
まだまだ蒸し暑い日が続きますが・・・。
国際線ターミナル内の季節は、1か月ぐらい前倒しで進行します。

装飾の中央には・・・。
HND2019SEPA008R
「HANEDA TOKYO INTERNATIONAL AIRPORT」の文字があり。
これは今年初登場の装飾。
今年の季節の装飾は「HANEDA」の文字が入るように意識している感じです。

3Fチェックインカウンターの端っこにも。
HND2019SEPA072R
紅葉の装飾が登場。
4Fの江戸小路を見て回る時間の無い方でも、3Fで秋を感じることができます。

続いて、4F 江戸小路へ。
HND2019SEPA074R
広小路には装飾はなく、広々。

屋根の軒先にも・・・。
HND2019SEPA079R
びっしりと紅葉が登場。
これは例年通りの装飾です。

同じく4Fの江戸小路へ。
HND2019SEPA081R
こちらも、江戸小路の看板の装飾が紅葉に変わっています。
日本の秋。

5Fお祭り広場へ。
HND2019SEPA087R
やぐらの下に、紅葉のフォトスポットが登場していました。
こちらも「TOKYO HANEDA」の文字が。
「HANEDA」の名前が世界に広まるといいですね。

こちらは、4Fおこのみ横丁の通路。
HND2019SEPA092R
こちらも、例年通り紅葉が列をなして登場。
写真を撮っている人も沢山いました。

ちなみにこちらは・・・。
HND2019SEPA095R
国際線ターミナル増築工事の現場に近い、端っこのLカウンターの様子。
白いやぐらのような構造物が2つあるのが見えます。
おそらくは、ここに「L」の文字と「M」の文字の表示板が登場するものと思われます。

というわけで・・・。
HND2019SEPA099R
秋の訪れと並行して、拡張工事も進みつつある羽田空港国際線ターミナルでした。

去年の様子はこちら。
羽田空港国際線で一足先に紅葉が始まって、ターミナル増築工事進行中の編2018

羽田空港国際線増築工事・国内線乗り継ぎ用の保安検査場が地味に移転していたの編

2019/08/17
こちらは羽田空港国際線展望デッキ。
HND2019AUGD055R
本日の東京の最高気温は34.5℃とのこと。
灼熱です。

展望デッキの朝顔は・・・。
HND2019AUGD048R
花はすっかり無くなって、葉っぱが激しく増殖していました。
まるで甲子園球場のツタのような。
もはや朝顔なのか何なのかよく分かりませんが、緑の壁が涼し気な雰囲気を醸し出していました。

で、久しぶりに羽田空港国際線の増築工事の様子を観察。
HND2019AUGD003R
ガラスのはめ込み作業も終わり、外から見える部分はほぼ出来上がった感じがします。
まだガラス壁の部分に「国際線」の文字は掲げられていませんが。

ちなみに前回の様子はこちら。
羽田空港国際線増築工事「暫定Lカウンター」登場の編

さらにこちらは、羽田空港国際線2F到着階の国内線乗り継ぎカウンター付近。
HND2019AUGA045R
久しぶりに来てみると、アレ?
なんかいつもより奥行き感があるような。

乗り継ぎカウンターの奥へ行ってみると・・・。
HND2019AUGA043R
おおっ。
今まで工事中だった奥のエリアの一部が開放されています。
床が白っぽくなっている奥のエリアが、新しく増築された部分。
この右側の奥に、国内線乗り継ぎ用の保安検査場が移転していました。

今までは・・・。
domes_sec1
こんな感じで乗り継ぎ用保安検査場があったのが。

こんな感じに変わりました。
domes_sec2
今までの検査場は工事中になり。
新しく増築されたエリアの右奥に移転した感じです。
なるほど~。
果たして、この周りの工事中のエリアには今後何ができるのか、完成が楽しみです。

一方こちらは・・・。
HND2019AUGD012R
現在ホテルを建築中の「羽田空港跡地・第2ゾーン」と国際線ターミナルとを結ぶ連絡通路の建設現場。
白い三角屋根の建物は既に(外観上は)完成しており、さらにその先を伸ばそうとしています。

よーく見ると・・・。
HND2019AUGD013R
三角屋根の建物から、茶色い鉄骨が伸びてきている様子が分かります。
いよいよ始まりましたかー。

さらにこちらは・・・。
HND2019AUGD027R
「羽田空港跡地・第2ゾーン」に建設中の巨大ホテル。
外壁部分もほぼ出来上がりつつあります。

ただし、一番左の手前の部分は・・・。
HND2019AUGD030R
まだ外壁部分はできていないものの、だいたいホテルの大きさ感は分かってきました。
12階建てということで、思っていたよりも高い建物になりましたね。

ホテルの2階部分からは・・・。
HND2019AUGD019R
一般道を跨ぐようにして、空中歩道が作られつつある様子が分かります。
この部分と、さっきの白い三角屋根の建物とを連絡通路で接続しようとしているわけです。

その連絡通路部分は・・・。
HND2019AUGD015R
いよいよ、これから地上部分が作られようとしているように見えます。
一体どんなような感じに出来上がるのか、楽しみです。

その他の2020年に向けての羽田空港拡張工事の内容については、こちらの記事をどうぞ。
2020年に向けての羽田空港拡張工事の様子を改めてまとめてみた