「出発ロビー」タグアーカイブ

羽田空港国際線3F・出発ロビーに大型のデジタル看板完成の編

2018/03/31
こちらは羽田空港国際線・到着階3F中央のEカウンター拡張部付近。
HKG2017NOVE011R
ついに完成。

え?何が完成したの?
(¬_¬)

という方はこちら。

Eカウンター拡張部の後ろの櫓のようなところの上部に、デジタル看板が完成したのでした。

このデジタル看板は、今年の2月ぐらい?から工事が行われていたものです。
工事中の時の記事はこちら。
羽田空港国際線・3F出発階のEカウンタ拡張部付近でまたまた工事中の編

で、このデジタル看板には・・・。
HKG2017NOVE019R
空港内のイベントの情報が映し出されたり。

空港そのものの紹介映像が流れたり。
HKG2017NOVE017R
静止画のみならず動画も表示できます。

こんなような季節を感じさせる空港内の景色が映し出されたり。
HKG2017NOVE015R
2つの面を使って1つの横長映像を表示することも可能なようです。
なかなかやりますねえ。

今後どのように活用されていくのか、じっくりと見守ることにしましょう。

羽田空港国際線・3F出発階のEカウンタ拡張部付近でまたまた工事中の編

2018/03/18
こちらは羽田空港国際線3Fの出発ロビー中央付近。
HND2018MARX008R
Eカウンタ拡張部の付近で、とある異変に気が付きました。

「むむっ!(皆様ご一緒に)」

何が「むむっ!」なの?という方はこちら。
HND2018MARX008R2
Eカウンタの後方にある高い構造物に灰色のカバーが掛けられています。

別の角度から眺めてみると・・・
HND2018MARX002R
構造物の足元の部分が白色の仮囲いに覆われている様子。
何やら工事が行われているようです。

こういう時は、工事の貼り紙を確認しにいくのが鉄則。
HND2018MARX010R
「利便性向上のため、案内サイネージを新設する工事を行っています」
とのこと。
なるほど~。

でも、何の案内板が出来るのだろう?
出発ロビーのど真ん中にあるので、確かに目立つ場所ではあるけれど。
「楽しい4F江戸小路へどうぞ!」的なものなのか「中央出国審査場は混雑してるから北側の審査場へ!」的なものなのか、色々妄想してしまいますが、何なのかは不明。

「その前にさー、そもそもこの高い構造物は一体何だったの?」
(¬_¬)  ← 誰?

ということに気づいた貴方は鋭い人。

この構造物は、元々は出発階3Fから4Fに上がるエレベータでした。
image
しかし、2016年12月にこのエレベータの出入口を塞ぐ形でEカウンタの拡張部分が作られてしまったため、エレベータは封印されてしまったのでした。
これはモッタイナイ。

でも逆に言うと、エレベータ1基を使用不能にしてまでも、チェックインカウンターを増やさねばならなかった、という状況だったのでしょう・・・。

それ以来、この開かずのエレベータは1年以上の間、謎設備としてひっそりと封印され続け・・・。
それが今回、いよいよ工事が行われて、何らかの形で有効活用されることになる?ということのようです。
良かったですねえ。

「2018年3月末完成予定」とのことなので、一体どのように生まれ変わるのか、静かに見守ることにしましょう。

ちなみに工事が行われる前はどんな感じだったのか、については、以下の記事をどうぞ。
羽田空港国際線・3F出発階にチェックインカウンターが増設されても番号はズレなかったの編

朝5時台の羽田空港国際線出発前エリアをウロウロしてみたの編2017

2018/01/21
#2017/12/27当時の様子です。
この日、朝8:25発の台北松山行きJAL便に搭乗すべく、朝5時ごろに羽田空港国際線にやってきました(早すぎ?)のでその時のレポートです。
いつも人々で賑わっている昼間の国際線とは違った、早朝の国際線の様子をお伝えします。

国際線の出発ロビーにやってきたのは、朝5:16。
image
ああ、眠い。
この時間、まだANAもJALも搭乗手続きが始まっていません。

朝6時~7時台に出発便があるアシアナ航空、香港エクスプレス、中国国際航空、チャイナエアラインは絶賛搭乗手続き中でした。

ピーチの台北桃園行きはは5:50AM発なのでは既に搭乗手続きは終わっていました。
朝5:50発て。
鬼のようなスケジュールですね・・・。

これから搭乗するJALのチェックインカウンター。
HND-2018NY-028R
まだ準備中でした。
搭乗手続き開始は6:00AM前後とのこと。
自動チェックイン機は稼働中ですが、搭乗手続きが始まらないと、スーツケースの預け入れができません。
うーむ、早く来すぎたか・・・。

いつもは賑やかなANAのカウンターも静まり返っています。
HND-2018NY-026R
搭乗手続き開始は6:25ごろとのこと。
ANAの始発便は8:50発のソウル金浦行きNH861便(JALの始発便は8:25発のソウル金浦行きJL91便)。
JALよりも始発便の出発時刻が遅いため、カウンターが開くのもJALより遅いわけです。

中央出国検査場は2か所だけ稼働中でした。
HND-2018NY-033R
6時・7時台発の早朝便のお客さんが並んでいます。
団体のお客さんで一時的に混雑している模様。

上級会員専用の保安検査場入口(赤絨毯)は・・・。
HND-2018NY-032R
クローズ中。
こちらがオープンするのも朝6時ごろでした。
早く中に入りたいよー。

しかしながらJALのチェックインが始まるまであと30分以上あるので・・・。
久々に早朝の国際線をウロウロしてみることにします。

4F江戸小路の様子。
HND-2018NY-042R
まだすべてのお店が閉店中・・・。
人影もまばらです。
誰もいない空港というのは、なんだか妙にワクワクしますね(私だけ?)。

誰もいない展望デッキから、夜明け前の駐機場の様子を展望してみます。
HND-2018NY-047R
ほぼANAだらけでした。
うう、寒い。
すぐに中に入ります。

4Fの吉野家前広場(←勝手に命名)の様子。
HND-2018NY-048R
24時間牛丼のいい匂いが充満しているエリア。
テーブルがいっぱいあり、お客さんでほぼ満席です。

朝から牛丼をかっ食らっている人、スマホゲームに興じている人、疲れて寝ている人などなど。
皆さん思い思いに過ごしています。

この時間帯になると、既に香港エクスプレスの搭乗手続きが始まっているため、黒縁メガネの香港若者軍団の姿はありませんでした。

4Fおこのみ横丁へ。
HND-2018NY-053R
朝5時台は全店舗がお休み中のため、静まり返っていました。
営業は朝7時から。
この日(2017/12/27)は、椅子で寝ているお客さんは少なかったです。

こちらは「茶寮・伊藤園」の飲食スペース。
HND-2018NY-060R
テーブルが撤去されてお掃除中でした。
これも、深夜・早朝時間帯でしか見ることができない光景です。

そして6:00AMごろ。
HND-2018NY-063R
ようやくJALの搭乗手続きが始まりました。
荷物を預けて搭乗券をゲットして、楽しい出発後エリアへ!

というわけで、次回は出発後エリアの様子の編。

羽田空港国際線・3F出発階の中央保安検査場付近の改修工事が再び始まるの編

2017/06/18
この日の羽田空港国際線は、カラッと爽やかな晴天に包まれました。
HND2017JUN-018_R1
でももうすぐ梅雨前線がやってきて、ジメジメした日々がやってくることでしょう・・・。

そんな中、国際線3F出発ロビーの中央エスカレータ横では・・・。
HND2017JUN-001_R1
ムムッ! (゚Д゚;)
また工事開始?
以前はベンチが置いてあったエリアが工事の仮囲いで覆われています。
少し前に海外旅行保険のカウンターの移転工事が終わって、これで完成したものと思っておりましたが。
まだ続編があったのですね・・・。

別の角度から眺めてみる。
HND2017JUN-004_R1
右方向が出国保安検査場です。
JALのチェックインカウンター側から、保安検査場の向かい側あたりまで、工事区画が逆L字型に回り込んでいます。
結構広いエリアを工事している模様。
一体何が出来るのか、気になって夜も眠れない事案がまた1つ増えました。
JALのカウンターが増設されるのか、はたまた海外旅行保険のカウンターが戻ってくるのか、どーなるのか不明。
貼り紙によると、完成予定は「2017年10月末」とのこと。
4カ月以上に及ぶ大工事の完成を楽しみに待つことにしましょう。

おまけ情報。
HND2017JUN-027_R1
羽田空港国際線では沢山の「紫陽花(あじさい)」が絶賛展示中です。

これらの紫陽花の展示期間は6/25(日)までなのですが・・・。
HND2017JUN-010_R1
最終日の6/25(日)には、展示が終わった紫陽花のプレゼントが行われるとのこと。
毎年恒例のイベントです。
何時から何処で配布が始まるか等の詳細は現時点では不明。
おそらくはそのうち羽田空港国際線の公式Facebookページで告知されるものと思われます。
何としても紫陽花を手に入れたい方は、朝から国際線に行って張り付きましょう(笑)。

羽田空港国際線・3F出発階の2箇所で工事が始まったの編

2017/01/23
国際線3Fの2箇所で新たに工事が始まりました。
image5
黄色で囲った2箇所です(小さくて分かりにくいですが)。
B,Cカウンター付近と、H,Iカウンター付近の区画で、以前は荷物預かり所だった場所です。

2015年の4月に、現在の荷物一時預かり所(下の写真)に移転
HND_2017JAN-028_R182
その後、ずっと空きスペースになっていたところに、今回何かが作られようとしているわけです。

B,Cカウンター付近の区画の工事の様子。
HND_2017JAN-012_R182
売店とトイレの間の狭い区画です。
ATMぐらいなら作れそうなスペースではありますが、何が出来るのかは不明・・・。

こちらはもう1箇所のH,Iカウンター付近の区画。
HND_2017JAN-013_R182
こちらのほうが間口が広いです。
頑張れば、売店とか作れそうな感じですが、こちらも何ができるのかは不明・・・。
モバイルWifiの貸し出し所とかかな?
一体何ができるのか、来月(2017年2月)の完成を楽しみに待つことにしましょう。

羽田空港国際線・出発階3Fに増設されたEカウンターは早朝に稼働していたの編

2017/01/22
いよいよ今週は中華圏の「春節」。
HND_2017JAN-031_R18
早い人は、この週末から1週間お休みをとる人もいるのだとか。
お昼の1時頃の羽田空港国際線・到着階は、中国や台湾、香港からのお客さんで、いつもよりも多めに賑わっていました。

では本題に入ります・・・。

去年(2016年)の12月に、突然の増設工事によって出現した、出発階3FのEカウンター拡張部。
HND_2017JAN-001_R04
上の写真の黄色い丸の部分です。
もちろん、その位置関係からANAのチェックインカウンターとして稼働が始まりました。

主に午前中の出発ラッシュ時を中心に稼働しているようです。
HND_2017JAN-003_R04
昼間は稼働していなかったので、「なんだ、せっかく作ったのに使われてないじゃん」と思っていましたが、朝の早い時間帯に稼働していたんですね。

ビジネスクラス(およびスターアライアンス・ゴールド以上の方々)専用のカウンターとして運用されていました。
HND_2017JAN-004_R04
ただし・・・。

手荷物のお預けがないお客様専用です。
image
荷物を運ぶベルト・コンベアの設備がないカウンターなので。
預け荷物が無いお客さんは少数派のため、窓口に並ぶ人は少なく空いていました。
逆に言うと、預け荷物が無い上級会員の方々にとっては、このカウンターを使えば、ほぼ並ばずにチェックインができてよいかもです。

というわけで、少しずつ機能強化を進めている羽田空港国際線でした。

羽田空港国際線・一足早い紅葉と、謎の改修作業が始まるの編2016

2016/09/10
お~、もう紅葉ですか。
HND_2016SEP_052_R7
今年も一足早く、羽田空港国際線に「紅葉」の季節がやってきました。

売店の軒先にも、紅葉(造花)がびっしりです。
HND_2016SEP_051_R7
秋めいてきましたねえ。

「お好み横丁」も紅葉。
HND_2016SEP_053_R7
天窓から差し込む日光に照らされて、色鮮やかに浮かび上がっていました。

造花ではありますが・・・。
HND_2016SEP_056_R7
細部まで細かく作りこまれています。

「はねだ日本橋」の両脇も。
HND_2016SEP_057_R7
昨年と同様、鮮やかな赤色で彩られました。

5Fのお祭り広場にも、しっかりと設置。
HND_2016SEP_066_R7
去年の紅葉とほぼ同様な感じの装飾となっています。

昨年(2015年)の国際線の紅葉の様子はこちら
羽田空港国際線の紅葉とワールドオープンけん玉フェスタ2015の編

***

その一方、国際線3Fの出発ロビーでは・・・。

ムムッ!(久しぶりに川平慈英風に)
HND_2016SEP_042_R7
チェックイン・カウンターのアルファベット表示板の周囲に、櫓が組まれています。
謎の改修工事。
何事かありけん?

全てのカウンターの表示板に櫓が組まれ始めています。
HND_2016SEP_048_R7
中でも一番奥の「Lカウンター」が一番工事が進んでいるっぽいです。

その「Lカウンター」の様子を見てみます。
HND_2016SEP_045_R7
逆光で映りがよくないですが、

  • アルファベットの背景が白色から薄い緑色に変更
  • アルファベットの下に液晶モニタ設置?

・・・的な改修が行われている模様。
何かもっと、インテリジェントな表示ができるようになるのでしょうかねえ。

ちなみに、お客さんの少ない深夜になると・・・。
HND_2016SEP_160_R5
高所作業車が登場して、本格的な作業が行われているようです。
一体どんな感じに出来上がるのか、気になって夜も眠れないほどではないですが(冷静)、完成を楽しみに待つことにしましょう。

羽田空港第2ターミナルが、この春にどう生まれ変わるのか気になるの編

2016/01/16
こちらは羽田空港国内線・第2ターミナル(ANA側)の出発階で見かけた、気になる掲示。
HND_2016JAN_018_Y
「2016年春、羽田空港は生まれ変わります」

これは、第2ターミナルの中央部付近で行われている改装工事の仮囲いに書かれているメッセージ。
HND_2016JAN_020_Y
羽田空港全体が生まれ変わる、という感じではなさそうですが。
ANAの出発カウンターの一部の改修工事が完了して生まれ変わります、ということだろーか。

その工事区画の様子を上から覗いてみる。
HND_2016JAN_014_Y
既存の什器が取り除かれて、何もない状態。
一体何ができるのか、気になって夜も眠れません。

既にこの区画以外の場所では・・・。
HND_2016JAN_015_Y
有人だった手荷物カウンターが、ドラえもんの未来道具的「自動荷物預け機」に代わっています。

有人チェックインカウンターも・・・。
HND_2016JAN_016_Y
その大部分が新型の自動チェックイン機に取って代わられました。
そもそもANAの国内線なら「SKIP」サービスを利用すれば、空港でチェックイン手続きする必要もないですからねえ。

それでも有人カウンターが完全に無くなったワケではありません。
HND_2016JAN_017_Y
ロビーの端っこのほうに行くと、有人の手荷物カウンターやチェックインカウンターが健在です。
「自動荷物預け機」で扱えないような大きな荷物やベビーカーを預ける場合は、ここで預けることになります。
すべて「全自動」というわけにはいかないのが難しいところ。
それでも、従来に比べると大幅に人件費を抑えられるということなのでしょう。
最後の工事区画が一体どのようになるのか、完成が楽しみです。

あとはオマケ記事。

第2ターミナルではこの日、富山の観光PRイベントがありました。
HND_2016JAN_022_Y
「富山で休もう」とのことで、富山の観光名所や美味しいものを紹介しています。
羽田空港出発階で、時々行われている地方PRイベントの一環。

富山のゆるキャラその1 「きときと君」
HND_2016JAN_001_Y
Google先生で調査したところ、「きときと」は、富山弁で「新鮮」「いきいき」の意味とのこと。
元気の良さそうなキャラです。

ゆるキャラその2 「利長くん」
image
こちらは富山県高山市のマスコットキャラクター。
モデルは高岡城を築城した前田利長とのこと。
頭が長~いですねえ。
死後400年以上経って、こんな形でいじられることになるとは思いもよらなかったことでしょう。

ブース内では、こんなような「立山の雪のカベ」を背景に記念写真を撮影可能。
HND_2016JAN_002_Y
撮影した方は、ホテルの宿泊券などが当たる抽選会に参加することができるという企画。

「富山湾寿司」のPR展示もあり。
HND_2016JAN_004_Y
富山のお寿司も美味しそう・・・。
去年の「松山旅」に続いて、久しぶりに国内旅行に行ってみたくなってきた・・・。

2015年2月の松山旅行記の記事は、姉妹ブログの下記をどうぞ
松山旅行記2014/02