「充電ポイント」タグアーカイブ

羽田空港国際線・早くも藤棚が登場して、出国前エリアの充電ポイント増殖の編

2017/04/09
東京地方は桜が満開を迎え、桜の名所が花見客で賑わったこの週末。
羽田空港国際線も、桜が満開・・・と思いきや。
HND-2017APR-091_R21
あれ?
もう「藤棚」に変わっている。
今年は桜の開花が遅かったせいで、「藤棚」への切り替わりが早めに感じでしまいますね。
さらに、今まではここに無かった「椅子」が3脚ほど設置されています。

江戸小路のお店の軒先にも・・・。
HND-2017APR-011_R21
例年通り「藤棚」が垂れ下がっています。

歌川広重御大の絵画も登場。
HND-2017APR-006_R21
江戸時代の雰囲気が漂って、いい感じです。

4Fおこのみ横丁にも「藤棚」。
HND-2017APR-014_R21
こちらも昨年と同様です。

この「藤棚」は、実物ではなく・・・。
HND-2017APR-016_R21
造花ではありますが、かなり精巧に出来ていて見ごたえがあります。

5Fお祭り広場には、植木鉢サイズの藤棚を配備。
HND-2017APR-024_R21
色々なバージョンがありますねえ。

そしてターミナルの天井には「屋根より低い鯉のぼり」も登場。
HND-2017APR-031_R21
昨年と同様、およそ50匹の鯉が天に向かって泳いでいます。
うーむ、もう端午の節句かー。

***

一方こちらは、同じく国際線2Fの到着階。
HND-2017APR-043_R21
「充電できる椅子」が増殖した(今まで気づかなかっただけかもしれませんが)ようです。
以前にお伝えしたエリア以外にも、モノレールのりば側の椅子や、バスチケット券売機横の椅子にも、充電できるポールが設置されました。
どんどん充電できるところが増えて、ウレシイです。

あれ?ひょっとして、3F出発階にもあったりする?と思って見に行ってみると・・・。
HND-2017APR-049_R21-2
なんと、ありました!
いつの間に設置されたんだろう・・・。
まだ数は少ないものの、出発階の出国前エリアにも充電ポールを10本ほど確認。
お店に入らなくても、ロビーの椅子で充電ができるようになるのは便利です。
今後、さらに充電できる椅子が増えていくかどうか、注目していきたいと思います。

***

最後は国際線のイベント情報。
今年(2017年)の5月の「はねだ江戸まつり」は・・・。
HND-2017APR-090_R21
「ごーるでんうぃーく」ではなく「母上感謝祭」という変化球(笑)。
今年は母の日を含む「5/12(金)~5/14(日)開催」とのこと。
これなら、ゴールデンウィークに旅行に出かける予定の方も参加できますね。

というわけで、四季の装飾あり、充電ポイントが豊富にあり、イベントありで色々楽しめる羽田空港国際線でした。

羽田空港国際線・出国エリア本館110番~105番ゲート付近をウロウロするの編2016

2016/07/16
海の日の3連休を利用して、羽田から香港に行ってきました。
HKG_201607_006_s1
その際、羽田空港国際線の出国エリアを体験する機会に恵まれましたので、そのときのレポートです。

今回の重点攻略ポイントは

  1. 出国エリア本館側110番~105番ゲート付近の探索
  2. 久々に本館側ANAラウンジに潜入捜査

の2点。
まず本記事では(1)についてお届けしようと思います。

今回の探索ルートはこちら。
image
中央出国保安検査場から入ります。
入ってすぐのところに、110番ゲートがあります。
ここから右手方向に進み、端っこの105番搭乗口まで探索します。

というわけで、金曜の夜19:30ごろ。
HKG_201607_011_s1
仕事を早々に切り上げ、喜び勇んで羽田空港国際線へ。
速攻で出国審査を抜け、ヨダレを垂らしながら保安エリアにやってきました。
搭乗するANAの香港行き夜行便のNH839は深夜1:25発。
出発まであと6時間もありますワーイ。

夜7時台の出国エリアは、まだお客さんはまばら・・・。
HKG_201607_013_s1
早く到着しすぎたかな。
イヤイヤ、こういう時間だからこそ、じっくりと保安エリアを堪能させて頂くことができます。

主力免税品店こと「TIAT DUTY FREE SHOP」
HKG_201607_012_s1
香水のいい匂いが、旅行気分を盛り上げてくれます。
ただし当方は小市民のため、今までこの「免税品店」でお買い物をしたことは一度もありません。
お高いお酒やブランド物がメインで、庶民の私には手の届かないものばかり・・・。

でも、こういう空港直営の店舗って、儲かっているの?
(¬_¬) ← よく分かってない人

はい、ガッチリ儲かっているようです。
東京国際空港ターミナル(TIAT)公式サイトの「企業情報」に激しくアクセスしてみましょう。
最新の「第10期(2015年度)事業報告」のデータを基に、営業収入の内訳を円グラフにしてみます。
image
2015年度の営業収益合計は708億円。
なんとその6割近く(422億円)が「商品売上収入」、つまり空港直営の物販店の売り上げで占められています。
2015年度は「爆買い」効果もあり、特に物販部門が好調だったとのこと。
航空券を買うときのドサクサに紛れて徴収される「施設利用料収入」をはるかに上回っています。
空港のメインの収入源って物販だったんですねえ。

それはさておき、出国エリア内の探索を続行。
HKG_201607_018_s1
110番搭乗口では、ソウル金浦行きNH867便の最終の搭乗案内を致しております。
トランシーバーを持って走り回るANAの職員の方の姿もあり。
空港にキター感が感じられます。

飲食店「HOKKAIDO KITCHEN」
HKG_201607_021_s1
店舗の外にもテーブルと椅子が設置されました。
利用者が増えて来て、混雑時はテーブルが足りなくなってきたんでしょうかね。

そこかしこにACコンセントが潤沢にあります。
HKG_201607_041_s1
飛行機を待つ間、充電し放題で大変便利な神設備です。

「Udon」の文字を発見。
HKG_201607_030_s1
うどん店「うららか」。
各種うどんの他に、親子丼、鳥そぼろ丼も取り扱っています。

うどん屋「うららか」の利用方法の説明書きあり。
HKG_201607_028_s1
英語、中国語、ハングル、日本語の4か国語表記。
イラストつきで分かりやすいです。
食べ終わったら、自分で容器を返却口に持っていく、というのは日本独特。
海外のお客さんの扱いに慣れてきた様子です。

さらに奥へと進行。
HKG_201607_036_s1
夜8時台は、まだ出発便の数が少ないため、お客さんの姿もまばら。

107番搭乗口を過ぎたところに・・・。
HKG_201607_037_s1
最南端の売店「BOOKS AND DRUGS」あり。
この先に売店はないので、お買い物はここで済ませましょう。
店内には「地球の歩き方」など各種ガイドブックもあります。

そしてこの先は・・・。
HKG_201607_040_s1
ひたすら椅子が並んでいます。
・・・と、思いきや。

ムムッ!(川平慈英風に)
HKG_201607_039_s1
セパレートされた空間を2つ発見。

最近になって導入された「リクライニング・チェア」です。
HKG_201607_044_s1
コンセントもあるので、仮眠しながら充電もできるという神設備。

少し離れたところに、もう2つあり。
HKG_201607_043_s1
ということは、出国エリア内には、

  • 本館側106番ゲートと107番ゲートの間に、2脚 x 2箇所 = 4脚
  • フードコートとサテライト棟の間に9脚
  • サテライトの143番ゲート付近に4脚

の合計17脚のリクライニング・チェアが設置されていることが確認されました(2016/7/16)。
数はあまり多くはないものの、早朝便利用の方には便利かも、です。
ただし寝過ごさないようにご注意ください。

そして、ゴール地点の105番搭乗口に到達。
HKG_201607_049_s1
特に何もありません。
どん詰まりまで行きつかないと気が済まない性格なもので・・・。

というわけで、羽田空港国際線・保安エリアの南半分(110~105番ゲート)の探索レポートでした。
少しずつコンセントの増設やリクライニング・チェアの設置など、成田に負けじと地味に施設が充実してきています。
今後ますます便利になってくれることに期待しましょう。

前回(2016/05)利用時の国際線出国エリアのレポート群はこちらをどうぞ。
羽田空港国際線・久しぶりに制限エリアを探索2016 その1
羽田空港国際線・久しぶりに制限エリアを探索2016 その2
羽田空港国際線・JALサクララウンジの朝メニューにも「JALカレー」登場したので実食
羽田空港国際線・朝のキャセイラウンジでフレンチトーストを実食してみるの編