「第1ターミナル」タグアーカイブ

羽田空港第1ターミナル・羽田新名物?新店舗「フライ屋」の丸メンチの編

2022年9月
この日やってきたのは、羽田空港第1ターミナル(T1)。
HNDTTR6A7Q062R
国内線側はコロナ前なみに人が多かったです。

久しぶりにT1地下1階のフードコートを覗いてみたところ・・。
HNDTTR6A7Q061R
お?
「羽田新名物・手作り丸メンチ」と書かれた赤いのぼりを発見。
今まで見かけなかった「のぼり」です。
「羽田新名物」だと?
そう言われると、チェックせざるを得ません。

で、フードコートの端っこに目を向けると・・・。
HNDTTR6A7Q048R
ムムッ!(ここで川平慈英風に)。
以前は「やきそば」という名のやきそば屋さんだったところに「フライ屋」様という新しいお店ができていました!
い、いつの間に・・・。

メニューの看板によると・・・。
HNDTTR6A7Q047R
先ほどの「丸メンチ」の他に、クリスピーチキンやコロッケも販売しているご様子。
イイですねえ。

今回は「丸メンチ」200円を購入。
HNDTTR6A7Q049R
可愛らしいイラストの紙袋に入ってきました。
ソースつきです。
フードコートの席に着席して頂くことにします。

紙袋の中を覗いてみると・・・。
HNDTTR6A7Q055R
文字通りの「丸メンチ」の姿があり。
丸というか、球体(ボール)ですね。
ピンポン玉より2回りぐらい大きく、一口では食べられない大きさ。
確かにインパクトはありますが、ちと食べにくいです(笑)。

むわっと口をあけて、かじってみると・・・。
HNDTTR6A7Q059R
内部のメンチがメチャアツアツ。
口の中をヤケドしそうになりました。
やはり球体なので、コロンと袋の外に転がり出ないように食べるのがやや難しく。
ソースをかける余裕はありませんでした。
お味は、思ったよりも脂っこくなくて、手作り感が感じられるやさしい美味しさでした。
果たして「羽田新名物」として定着することになるのか、注目したいと思います。

羽田空港第1ターミナルと第2ターミナルの間の地下通路を何やら工事中の編

2022年7月
久しぶりに羽田空港の第1ターミナルと第2ターミナルをつなぐ地下通路を通ってみたところ・・・。
HNDTTR7ZYS026R
ムムッ!(久しぶりにジョン・カビラ風)
なにやら工事が行われているようです。
以前は歩く歩道があった右側のエリアが、工事の仮囲いで囲われています。

こういう時は、工事の貼り紙をチェックするのが定石です。
tikaharigami
工事は2023年3月末までとのこと。
およそ1年間もかけて行われる長丁場の工事のようです。
どんなように新しくなるのかは不明・・・。

白い仮囲いには・・・。
HNDTTR7ZYS030R
こんなような動物の絵が描かれていて、殺風景にならないように配慮されています。

パンダの他にも・・・。
HNDTTR7ZYS033R
色々な動物の絵画があり。
あと、地面との境界にはLEDが光っていたり。
工事期間が長いので、色々と配慮がされているようです。

通路の途中からは、動く歩道以外の歩道が工事エリアになっていました。
HNDTTR7ZYS005R
いきなり全区間の動く歩道が使えなくなると不便なので、半分ずつに分けて工事しているようです。

さらに、その地上部分へ。
HND8USTW126R
以前は団体バスのりばだったあたりが工事中になっていました。
さきほどの地下の工事エリアの真上付近です。

地上の工事エリアに接近してみる。
HND8USTW129R
「地下に歩道を作っています」とのこと。
やはり、さっきの地下通路の工事と関係があるのかな?

工事の衝立には・・・。
HND8USTW130R
羽田空港の空撮写真の歴史が展示されていて興味深かったです。
「さらなる機能強化を目指して多数のプロジェクトが進行中」とのこと。
果たして「多数のプロジェクト」とは一体何なのか。
気になって夜しか眠れません。
何はともあれ、このT1/T2間の地下通路が今後どのように生まれ変わるのか、楽しみに待ちたいと思います。

羽田空港第1/第2ターミナルの出発ロビーにも充電ポールが設置されたの編

2022年7月。
この日やってきましたのは、羽田空港第1ターミナルの出発階2階の出発前エリア。
そういえば・・・。
HNDTTR7ZYS020R
今年(2022年)になったあたりから、第1/第2ターミナルの出発ロビー(2F)にも白い「充電ポール」が設置されました。
時計台や電光掲示板の周辺を中心に設置されていて、結構本数もあります。
素晴らしい~。

T1/T2では、以前までは・・・

  • 保安検査後の出発ゲートエリア
  • 到着階(1F)

に充電ポールが設置されていたものの、2階の出発前エリアにはありませんでした。
今回、ついに出発ロビーにも設置されて、さらに便利になりました。

それぞれの充電ポールには・・・。
cp1
ACコンセントとUSB-Aプラグがあり。
実際に充電されている方もたくさんおられました。
USB-Aを使っている方はほとんど居らず、ACコンセントを使って充電している方が多かったです。

第2ターミナルの出発ロビーにも・・・。
HTKS785QT957R
「充電ポール」が多数あり。
ただし、混雑している時間帯は椅子が満席になってしまいます。
保安検査を抜ければ、もっと潤沢に充電ポールがあります。
ターミナル内の色々な場所で充電ができるようになって、ますます便利になっていく羽田空港でした。

第1ターミナル(JAL側)の充電ポイントまとめはこちら。
羽田空港第1ターミナルでPCやスマホを充電できる場所まとめ

第2ターミナル(ANA側)の充電ポイントまとめはこちら
羽田空港第2ターミナルでPCやスマホを充電できる場所まとめ

羽田空港のカレーその11 黄金色の豚・黒豚のカツカレー@T1

2022年4月某日。
羽田空港のカレーシリーズ。
HCKGB287031R
今回は第1ターミナル(JAL側)4階の「黄金色の豚」様にやってきました。
「ロイヤルホスト」のロイヤル様が運営するトンカツ屋さんです。
2018年11月にオープンした比較的新しいお店。
福岡空港の国内線ターミナルにもありますね。

A滑走路側の飛行機が見えるお店ですが・・・。
HCKGB287035R
晴れた日の午後は日光が差してくるので、ブラインドが降りていました。
飛行機を見ながらお食事するなら、お昼前の早い時間がオススメです。

この日は特別メニュー(?)のカツカレーがありました。
HCKGB287032R
「黒豚のかつカレー 2450円(税込)」
2000円超えですか・・・(汗)。
おそらくは2022年5月現在の羽田空港において、最高額のカレーなのではないかと思われます(たぶん)。
ロイヤル70周年記念メニューのひとつなのだそうな。

レギュラーメニューのカツカレーとしては、

  • SPF霧島純粋豚のカツカレー 1680円(税込)
  • 四元豚のカツカレー 1380円(税込)

もあります。
「四元豚のカツカレー」は、2018年11月のオープン当時は、1080円(税別)でしたが。
どんどん値上げされていきますね・・・。
ややお高いですが、私の中では、お気に入りの羽田空港カレーの一つです。

それでも奮発して、黒豚のかつカレー 2450円を発注。
HCKGB287039R
高級感のある漆黒のお皿に盛られてきました。
ご飯の大盛り無料とのことですが、普通盛りを選択。
それでも結構満腹になりました。
さらに、キャベツはお代わり自由とのこと\(^o^)/

黒豚トンカツの断面にズームイン。
HCKGB287041R
衣はサクサク、お肉は柔らかくてメチャうまでした。
上質な脂が感じられて、高級感のあるお味。

カレーはやや甘めでコクがあり、結構ガツンときます。
それでいてトンカツの風味を邪魔しない素晴らしいカレーでした。

当然のことながら、キャベツをお替わりします。
HCKGB287042R
メチャメチャ細かく千切りされていてフワフワでした。
こちらも美味。

キャベツ用のドレッシング(右)もあり。
HCKGB287044R
とうもろこしのドレッシングとのこと。
そんなにとうもろこし感が感じられなかったものの、ほどよい酸味と旨味があり。
虫のようにキャベツをバリバリ頂きました。

というわけで「黄金色の豚」様の(おそらく)期間限定メニュー「黒豚のカツカレー」のご紹介でした。
通常メニューのカツカレーやトンカツ定食も美味しいですので、オススメのお店です。

羽田空港にフジドリームエアラインズのチャーター機がやってきたの編

2022/05/15
この日やってきたのは、羽田空港第1ターミナル(JAL側)展望デッキ。
HUKOFA4E007R
曇り空ではありますが、デッキにはいつになく多くのカメラの人々で賑わっていました。
何か珍しい機体でもやってくるのかしらん?

皆様のお目当ては、こちらの機体。
HUKOFA4E202R
一番奥にいる緑色の機体です。

実はこれ、フジドリームエアラインズ(FDA)の機体。
2022年5月現在、FDAは羽田には定期便を運航していませんが、この日、初となる羽田発着のチャーター便を運航するとのこと。
FDAの公式ツイッターで事前に告知があったこともあって、多くの人々がその様子を見にやってきた、というわけです。
福岡空港とかなら毎日見れるFDAですが、羽田ではレアな存在なのです。

というわけで、正午ごろタキシングを開始。
HUKOFA4E215R
機材はエンブラエルE-175 (JA11FJ)。
この日は北風運用だったため、第1ターミナルの前を通過してD滑走路(RWY05)へと向かっていきました。
人は多かったものの、真横からとらまえることができて良かったです。

ちなみに行き先は隠岐空港とのこと。
確かに、羽田から乗り継ぎなしで隠岐に行けるのは便利かも?

レア機体の登場で大賑わいの羽田空港でした。

始発の東京モノレールに乗って朝5時台の羽田空港第1ターミナルに到着してみたの編

2022/05/04
ゴールデンウィーク半ばのこの日。
TYTJ22Y11161R
頑張って早起きして、朝5時前の東京モノレール浜松町駅にやって参りました。
朝6:30羽田発伊丹行きの便を予約してしまったので・・・。

始発の東京モノレール(浜松町4:59発)に乗っていきます。
TYTJ22Y11154R
これに乗ると5:15ごろに羽田空港に到達可能。
6:30出発の飛行機にも、ある程度余裕をもって乗ることができます。
早起きするのがかなりキツイですが・・・。

というわけで。
今回は久しぶり朝5時台の羽田空港第1ターミナルに行く機会がありましたので、その様子についてお伝えいたします。

モノレールは定刻どおりに出発。
TYTJ22Y1003R
進行方向左側の車窓から、レインボーブリッジごしに日の出が見れて綺麗でした。

そして5:16ごろ。
TYTJ22Y1043R
羽田空港第1ターミナルに到着。
さすがに始発のモノレールのお客さんは少なく。
空港の関係者っぽい方々が多かった印象です。

では2階の出発ロビーへ。
TYTJ22Y1049R
ゴールデンウィーク真っただ中ですが、朝5時ごろはさすがに人が少ないです。
が、これからどんどん人が増えてくることになります。

保安検査場も・・・。
TYTJ22Y1050R
5:20頃は、まだ行列ができていませんでした。
おそらくは、まだ開場して間もない時間と思われるので。
混雑する前に、さっさと保安検査場を通過してしまいます。

早速、第1ターミナルの保安エリアへ進出。
TYTJ22Y1059R
売店は6:00からなので、まだ営業が始まっておらず。
空弁の納品作業中。
うー、ハラヘッタ・・・。
どこか食料を調達できるところはないかのう。

こんなような自販機が稼働中。
TYTJ22Y1072R
パンやサンドイッチ等を売っていました。
うーむ・・・。

さらに保安エリア内をウロウロ。
TYTJ22Y1077R
誰もいない空港ターミナルは何故かワクワク。
あと、やはり5時台の保安エリアは、まだどこもお店が営業していないようでした(2022/05/04)。
タッチパネル式の案内板も電源が入っていない状態。

JGC会員の特典を行使して、JALサクララウンジへ。
TYTJ22Y1111R
こちらは朝5時台でもオープンしていました。
ありがたや~。

そしてついに食料をゲット。
TYTJ22Y1106R
お菓子類で当面の飢えをしのぎます。

出発案内板を見ていると・・・。
TYTJ22Y1069R
朝6:20発の熊本行きがこの日の始発便でした。
メチャ早いですね・・・。

この後は、6時10分頃から伊丹行きの機内へのご案内を開始。
ほぼ定刻通りに伊丹空港に到着し、伊丹空港で朝ごはんのタコ焼きを頂きました。
この時の近畿地方旅の模様は、後日の旅行ブログにてご紹介いたします。
(いつになることやら)

羽田空港のカレーその8 TOKYO CHEF’S KITCHEN 浅草ヨシカミのポークカレー@T1

2022/2/26
久しぶりに羽田空港のカレーシリーズです。
HNDFBTWTTU3008R
こちらは羽田空港第1ターミナルB1Fにある「TOKYO CHEF’S KITCHEN」。
和食や洋食、中華など色々なジャンルの飲食店が集まっているフードコートです。
かなり前からあるので、今までご利用になったことがある方も多いかと思います。

その中に・・・。
HNDFBTWTTU3009R
カレーメニューを発見。
このフードコート内にある「浅草・洋食ヨシカミ」様のメニューです。
羽田空港のカレーの制覇を目論む当ブログ(そうなの?)としては見過ごせません。

  • ポークカレー 880円
  • カツカレー 1110円
  • ビーフステーキカレー  1380円

の3種類がある模様。

フードコート形式なので・・・。
HNDFBTWTTU3018R
お店の窓口でお会計を先に済ませて、席で待ちます。
飲食スペースは結構広く。
お水はセルフサービスとなっております。

今回はポークカレー880円を頂きました。
HNDFBTWTTU3017R
マイルドなカレールーに豚肉がゴロゴロ。
具沢山で美味しゅうございました。
羽田空港内にありながら、1000円以下で頂ける貴重なカレーです。
羽田空港T1でお腹が空いたときに是非どうぞ。

羽田空港第1ターミナルの「北海道どさんこプラザ」でいろいろ実食してみたの編

2021年の7月から10月にかけての頃。
HNDTWTOT1YU058R
こちらは羽田空港第1ターミナルに、2021年6月にオープンした「北海道どさんこプラザ」。
北海道関係の物販の他、海鮮丼やソフトクリームなどの販売もあり。
今回は、こちらのお店でその場で頂ける色々なご当地メニューについて、まとめてお送りします。

階段を上がった2階部分はお食事処「ノースCAFE & BEER」。
HNDTWTS5R7102R
「エスカロップ」や「北海道産ソーセージ」など、北海道のご当地料理が多数あり。
何回か通ってみました。

こちらが代表的メニュー「エスカロップ」1000円。
HNDESCLHKD21005R
ピラフの上にロースかつをのせて、デミグラスソースをかけたもので、根室のご当地料理なのだとか。
ピラフ部分は「赤(ケチャップライス)」と「白(バターライス)」の2種類が選べます。
北海道の形のお皿がイイ感じですねえ。

今回は「白エスカ」を選択。
HNDESCLHKD21010R
ロースかつはサクサクでウマウマ。
デミグラスソースとバターライスとの組み合わせも良かったです。
看板メニューなだけあって、美味しゅうございました。

サッポロ・ソラチもあり。
HNDTWTOT1YU071R
初めて頂きました。
やや苦味が強めな感じでグビグビといけます。
エスカロップとの相性も良きでした。

***

そして後日。

道産ソーセージのホットドック 550円。
HNDTWTS5R7108R
ソーセージがなが~いです。
ソーセージは3種類あったようですが、どれを選んだかは失念(失礼)。
パリッと香ばしく、ビールが欲しくなります。

当時はお酒類が販売されていなかったので・・・。
HNDTWTS5R7105R
ノンアルコールのサッポロビールで乾杯。
ちょっと変わった香りのするノンアルでした。

***
さらに後日。

1階の佐藤水産様の物販コーナーの片隅に・・・。
HNDTWTOT1YU060R
厨房があり、海鮮丼をその場で作って頂けるコーナーがあります。
佐藤水産様の空弁の一部もここで製造されている模様。

  • いくら丼
  • ルイベ丼
  • いくら・ルイベ丼

の3種類があり。

今回は「いくら・ルイベ丼」1508円を選択。
HNDTWTOT1YU066R
2階のカフェに持ち込んで頂くことも可能。
フレッシュないくらとルイベが濃厚。
ご飯がどんどん進みました。
現地で食べたら、もっと美味しいんだろうなあ・・と思うと、無性に北海道に行きたくなりました。

北海層ソフトクリーム売り場もあり。
HNDTWTS5R7113R
手前のタッチパネルで注文して、窓口で受け取るシステム。

  • 北海道ミルク
  • 夕張メロン
  • ミックス

の3種類があります。

基本の「北海道ミルク」を購入。
HNDTWTS5R7114R
やや濃厚さが足りない感じがしましたが、普通に美味しゅうございました。
現地のあの濃厚なソフトクリームを食べに行きたくなります(笑)。

なお、お店の近くには・・・。
HNDTWTOT1YU080R
こんなようなサイドテーブル付きの特別仕様?の椅子があり。
テイクアウトしたお食事を頂くのに便利です。

というわけで・・・。
羽田空港第1ターミナル2階の「北海道どさんこプラザ」のお食事メニューのご紹介でした。
東京に居ながらにして北海道を体験してみたい方は是非どうぞ。

久しぶりに羽田空港第1ターミナル JAL国内線サクララウンジを利用するの編 2021/12

2021年12月初旬の某日。
久しぶりに羽田からJAL国内線に乗った際に、サクララウンジを利用したときのこと。
TYM2YTO1133R
例によって、ワクワク階段(勝手に命名)を上って、ラウンジの入口へ。
読み取り機にJGC会員のカードをタッチして、久しぶりにJGC会員特典を発動。
受付を済ませます。

で、早朝のJAL国内線サクララウンジ内へ。
TYM2YTO002R
12月初旬の閑散期ということもあってか、そんなにお客さんは多くない印象。
飛行機に乗ること自体が久しぶりでしたが、ラウンジ内はコロナ前からは大きく変わっていないようでした。

朝のホットコーヒーを頂きます。
TYM2YTO003R
生ビールサーバーも稼働していましたが、寝てしまいそうなので遠慮しておきます。

コーヒー以外にも・・・。
TYM2YTO004R
お湯と各種ティーバッグがあるので、紅茶や緑茶も作製可能。
抽出するのがメンドウなので、一度も利用したことはありませんが。

お菓子類と共に頂きます。
TYM2YTO012R
スナック菓子類は、

  • ハッピーターン
  • カレーせん
  • ソフトサラダ

の3種類になっていました。
以前はカレーせんかソフトサラダだけだったような?
貴重なラウンジ食の種類が増えたのはウレシイ限りです。

ラウンジの窓の外には・・・。
TYM2YTO006R
朝焼けの空の下、駐機しているJAL機たちを眺めることができます。

この日の早朝はよく晴れていたので・・・。
TYM2YTO031R
朝日のピンク色に染まる、キレイな富士山を眺めることができました。
素晴らしい眺めに遭遇することができて良かったです。
やはりラウンジからの眺めが良いと、気分が盛り上がりますね。

というわけで、久しぶりの羽田空港JAL国内線サクララウンジの訪問記でした。
国際線のラウンジを訪問できるようになるのはいつになることやら・・・。

羽田空港第1ターミナル保安エリアの「第1ベイサイド・生そば専門店」でじゃこ天そばの編

2021/12/某日
この日やってきたのは、羽田空港第1ターミナルの保安エリア。
TYM2YTO1104R
国内旅で、久しぶりにJAL便に乗る機会がありましたので、やってきました。
朝6時前の保安エリアは、まだオープンしていないお店が多いです。
朝ごはんを頂けるお店を求めてウロウロ。

そんな中・・・。
TYM2YTO1114R
営業しているお店を発見。\(^o^)/
北ウイング側の保安エリア内にある「第1ベイサイド 生そば専門店」。
飛行機に乗るときしか入れないお店なので、すかさず入店。

そばとうどんがメインのお店です。
TYM2YTO1121R
時短営業のお店が多い中、朝6時から営業している貴重なお店。

朝6時オープンしたてということで・・・。
TYM2YTO1119R
お客さんは少なく。
しかしお蕎麦を食べている間に、どんどんお客さんが入ってきました。
皆さん、温かい朝ごはんに飢えていらっしゃる?

じゃこ天そば 900円。
TYM2YTO1117R
やや甘めのスッキリしたお味のお出汁に癒されます。
おそばもコシがあって美味しゅうございました。
朝イチで頂く温かいお蕎麦は胃袋に染みますねえ。
羽田空港第1ターミナルから、早朝出発便をご利用の際に是非どうぞ。