「吉野家」タグアーカイブ

羽田空港国際線にてサッカー日本代表・ロシアW杯出場決定の編

2017/08/31
サッカー日本代表、ロシアワールドカップ出場決定!
image
ヤッター!\(^o^)/
おめでとうございまする。

で。
それが羽田空港国際線と何の関係があるのかというと・・・。

8/31(木)の夜の羽田空港国際線4F「TIAT SKY HALL」では・・・。
HND2017AUG-055_R31
サッカー日本代表のロシアW杯アジア最終予選「日本 vs オーストラリア」のパブリックビューイングを実施。
しかも飲食物の持ち込み可能。
なんて素敵な企画なんでしょう。
この試合に勝てば、ロシアW杯本戦への出場が決まるという重要な1戦です。
これは是非とも見に行かねば!ということで、仕事をそっちのけで羽田空港国際線までやってきたのでした。

TIAT SKY HALLに到着したのは、午後8時前。
もうすでに前半戦が始まっています。
HND2017AUG-008_R31
え?立ち見の人がいるの?
入れるかな・・・。

なんと会場内は満員御礼。
HND2017AUG-010_R31
国際線の公式Facebookなどで事前に告知していたせいか、予想以上に賑わっています。
勤務を終えた空港関係者の皆さまの他、スーツケースを携えた旅行者の方やご近所の方々(推測)で一杯です。
スコアはまだ0-0。
皆さん食い入るように試合に見入っています。

マス・コミュニケーションの皆様もいらっしゃいました。
HND2017AUG-011_R31
実際にスポーツニュースで採用されるかどうかは、お客さんのリアクションの取れ高次第です。

会場の後方では・・・。
HND2017AUG-023_R31
なんと冷たい缶ビール、チューハイ、ソフトドリンクの販売コーナーがあり。
細かく稼ぎにきましたねえ。
前方の椅子に座って見ている人々にも、売り子さんが売り歩いていたりと、まるで野球場のような状態。
やはりお酒が買えるとなると、いやがおうにも盛り上がります。

・・・と、前半41分。
HND2017AUG-013_R31
長友のクロスに浅野があわせて先制ゴール!
大人しかった会場が、一気にヒートアップして大盛り上がりです。
やっぱり大勢で見ると楽しい♪

前半は1-0で日本リードのまま終了し、ハーフタイム。
HND2017AUG-019_R31
TIAT SKY HALL近くの吉野家で晩御飯。
ご飯を食べずに空港に来たのでお腹がペコペコです。
ここならグラスの生ビールが280円で飲めます♪

観客の皆さまには、応援グッズを配布。
HND2017AUG-048_R31
みずほ銀行様ご提供のW杯うちわです。
記念に持ち帰ろう。

ほろ酔い気分の後半37分。
HND2017AUG-027_R31
井手口のミドルシュートで追加点!
この時も大いに盛り上がりました。
これで2-0となり、日本のリードは2点に広がりました。
これで勝利はほぼ間違いないね。

ロスタイムは3分。
image
ワクワクしながら、その時を待ちます。

そして2-0のまま試合終了。
HND2017AUG-033_R31
勝利の喜びに沸く会場。
アジア予選グループBのトップでロシアW杯出場を決めました。
実に気持ちの良い勝ち試合を見ることができて、めでたしめでたし。

というわけで・・・
HND2017AUG-047_R31
日本代表の気持ちの良い快勝で、パブリックビューイングは終了。
仕事をほったらかして、はるばる空港まで見に来た甲斐がありました。
記念すべき勝利の喜びを、沢山の人と分かち合えて楽しかったです。
24時間オープンの羽田空港国際線なら、どんなに時差がある試合でもパブリックビューイングできそうですね。
今後のTIAT SKY HALLでのイベントにも期待したいと思います。

吉野家の羽田空港国際線限定メニュー「牛重」を今更ながら食してみたの編

2017/05/20
こちらは羽田空港国際線の24時間営業の吉野家。
HND_2017MAY-075_R2
2014年9月にオープンして以来、多くのお客さんに利用されています。
特に深夜になると、香港エクスプレスの深夜・早朝便を待つ香港の若者で、周囲のテーブルが埋め尽くされます。

この吉野家・羽田空港国際線店のスペシャルメニューがこちらの「牛重」 1240円(税込)。
HND_2017MAY-073_R2
この「牛重」、贅沢にも本物の「和牛」を惜しげなく使用した牛丼で、吉野家マニヤなら知る人ぞ知る、羽田空港国際線店限定メニューなのだとか。
実は国会議事堂の内部にも、この「牛重」を提供する吉野家があるらしいのですが、そこは一般人は入れないとのこと。
なので、この羽田空港国際線の吉野家が、一般人が「牛重」を食べられる唯一のお店、ということになります。
私も今までこの「牛重」の存在そのものは知っていたものの、「なんかやたら高い牛丼売ってるな~」ぐらいの認識でした。
今更ながらそのようなプレミアムな存在だったことを知ったので、今回実食してみることに。

というわけでこの日、激しく注文。
HND_2017MAY-076_R2
お新香と味噌汁つきで、厳かな重箱に盛られて出て来ました。
さすが高級感があります。
ジューシーな太いネギもついてきて、すき焼き風な感じです。
和牛のお肉は、柔らかくて、牛肉の風味が存分に感じられて食べ応えあり。
さすが、いつもの牛丼のお肉とは明らかにレベルが違います。
これは確かにプレミアム感あり、ですね~。

しかしお値段のほうもプレミアム価格・・・。
HND_2017MAY-079_R2
それでもこのメニュー、海外のお客さんにも人気のようで、私が食べている間にも数個の「牛重」が外国の方に売れていました・・・。
本物の「和牛」を使った「牛重」は、世界的に見ても憧れの存在のようです。
というわけで、羽田空港国際線限定の「牛重」、海外への出発前に体験してみたい方は是非どうぞ。

羽田空港国内線・第1ターミナルに突如「吉野家」が出現したので早速行ってみるの編

2016/09/10
こちらは羽田空港国内線・第1ターミナル(JAL側)の出発階2F。
HND_2016SEP_102_R7
東京オリンピック関連の掲示が増えてきました。

やってきたのは、その出発階2Fの端っこにある「CHEF’S DECK」
HND_2016SEP_103_R7
スターフライヤーのカウンターに近い、ターミナルの端っこのレストラン街です。
人通りが少ない場所なので、今までいくつもの飲食店が現れては閉店し・・・を繰り返してきたエリア。

そんな高難易度のエリアに、9/7に突如出現したのが、こちら。
HND_2016SEP_106_R7
日本が世界に誇る牛丼チェーン店「吉野家」です。
国際線ターミナルには2年ほど前からありますが、国内線に出店するのは今回が初。
吉野家は最近JAL様の機内食を提供したりと、仲がよろしいようです。

かなり奥まった所にあるので、お店の場所が分かりにくいです。
HND_2016SEP_014_R7
まずは「羽田カレー」横の階段またはエスカレータを上り・・・。

羽田ラーメン」のさらに奥のほうに進みます。
HND_2016SEP_012_R7
すると、今まで工事の仮囲いで覆われていた区画に、今回新規オープンした「吉野家」が見えてきます。

お店に到着。
HND_2016SEP_107_R7
思ったよりも地味な佇まいです。
早速、開店の情報を聞きつけた空港関係者っぽい方々で賑わっていました。
もちろん、お持ち帰りも可。
立地的には最悪な場所ですが、「吉野家」のブランド力があれば、あと10年は戦えるということなのでしょう。

オープン記念キャンペーンを実施中。
HND_2016SEP_001_R7
スピードくじに当たると、吉野家オリジナル茶碗が当たる、とのこと(9/7~9/11まで)。
吉野家マニヤにはたまらない一品です。

開店したてということで、店内は新しくてキレイです。
HND_2016SEP_007_R7
明るいので女性でも入りやすい雰囲気です。
さっさとゴハンを食べる場所なので、充電コンセントはありません。

豚丼並盛(330円)とポテトサラダ(130円)を発注。
HND_2016SEP_003_R7
「豚丼」・・・懐かしい味です。
あの「肉骨粉」騒ぎ以来かも。

お値段、メニューは街中の吉野家と同じです。
ただし、

  • 先にレジでお会計するシステム
  • お冷 or お茶はセルフサービス

ということで、少し戸惑ってしまいました。

オレンジの三角形のスピードくじを開封。
HND_2016SEP_009_R7
残念、ハズレでした。
「ハズレ」とも何とも書かれていないという、容赦のないガッカリ感。
その代わり30円割引券(このお店でだけ有効)が貰えました。

というわけで、第1ターミナルの出発口A付近の3Fに新規オープンした「吉野家」のレポートでした。
HND_2016SEP_018_R7
営業時間は8:00-21:00とのこと。
朝食メニューもありますので、ご出発前にお安くお食事を済ませたい方は是非どうぞ。