「第2ターミナル」タグアーカイブ

羽田空港第2ターミナルのモノレール改札付近に吉野家がオープンしたので実食の編

2022年9月上旬のこと。
この日やってきたのは、羽田空港第2ターミナル(ANA側)地下のモノレール改札付近。
HNDWTB9AYW003R
2022/9/9(金)、ついに第2ターミナルにも吉野家がオープンしました\(^o^)/
今までは第1と第3ターミナルにだけあった吉野家が、ついに第2ターミナルにも進出。

ちなみにこの区画は・・・。
HNDWTB9AYW004R
かつてはJR系列の駅カフェ「BECKS」があったエリア。
「てんや」のお隣です。
モノレール改札が近いこともあって、結構人通りが多い場所。
もちろんテイクアウトもやっています。

早速入店してみます。
HNDWTB9AYW008R
オーダーはタッチパネルにて。
まるで投票所のように一席ずつパーティションで仕切られており、コロナ対策を意識した店内でした。
旅客よりも、空港で働いている方々のご利用が多い印象。

席の横には・・・。
HNDWTB9AYW009R
なんと充電コンセントもあり。
横にあるので、存在に気づかない人が多いかも。
牛丼をいただきながらスマホ等の充電ができます。

更新しておきました。
羽田空港第2ターミナルでPCやスマホを充電できる場所まとめ

で、今回は・・・。
HNDWTB9AYW014R
期間限定の「月見牛とじ丼並盛」646円 を頂きました。
すき焼き風味で美味しゅうございました。
並盛でも満腹。
店員さんも沢山いて、まあまあスムーズなオペレーションでした。

というわけで・・・。
HNDWTB9AYW031R
ついに第2ターミナルにもオープンした「吉野家」のレポートでした。
これで羽田空港のすべてのターミナルに吉野家が出そろったことになります。
第2ターミナルで、ササッとリーズナブルにお食事したい際にぜひどうぞ。

羽田空港第1ターミナルと第2ターミナルの間の地下通路を何やら工事中の編

2022年7月
久しぶりに羽田空港の第1ターミナルと第2ターミナルをつなぐ地下通路を通ってみたところ・・・。
HNDTTR7ZYS026R
ムムッ!(久しぶりにジョン・カビラ風)
なにやら工事が行われているようです。
以前は歩く歩道があった右側のエリアが、工事の仮囲いで囲われています。

こういう時は、工事の貼り紙をチェックするのが定石です。
tikaharigami
工事は2023年3月末までとのこと。
およそ1年間もかけて行われる長丁場の工事のようです。
どんなように新しくなるのかは不明・・・。

白い仮囲いには・・・。
HNDTTR7ZYS030R
こんなような動物の絵が描かれていて、殺風景にならないように配慮されています。

パンダの他にも・・・。
HNDTTR7ZYS033R
色々な動物の絵画があり。
あと、地面との境界にはLEDが光っていたり。
工事期間が長いので、色々と配慮がされているようです。

通路の途中からは、動く歩道以外の歩道が工事エリアになっていました。
HNDTTR7ZYS005R
いきなり全区間の動く歩道が使えなくなると不便なので、半分ずつに分けて工事しているようです。

さらに、その地上部分へ。
HND8USTW126R
以前は団体バスのりばだったあたりが工事中になっていました。
さきほどの地下の工事エリアの真上付近です。

地上の工事エリアに接近してみる。
HND8USTW129R
「地下に歩道を作っています」とのこと。
やはり、さっきの地下通路の工事と関係があるのかな?

工事の衝立には・・・。
HND8USTW130R
羽田空港の空撮写真の歴史が展示されていて興味深かったです。
「さらなる機能強化を目指して多数のプロジェクトが進行中」とのこと。
果たして「多数のプロジェクト」とは一体何なのか。
気になって夜しか眠れません。
何はともあれ、このT1/T2間の地下通路が今後どのように生まれ変わるのか、楽しみに待ちたいと思います。

羽田空港第1/第2ターミナルの出発ロビーにも充電ポールが設置されたの編

2022年7月。
この日やってきましたのは、羽田空港第1ターミナルの出発階2階の出発前エリア。
そういえば・・・。
HNDTTR7ZYS020R
今年(2022年)になったあたりから、第1/第2ターミナルの出発ロビー(2F)にも白い「充電ポール」が設置されました。
時計台や電光掲示板の周辺を中心に設置されていて、結構本数もあります。
素晴らしい~。

T1/T2では、以前までは・・・

  • 保安検査後の出発ゲートエリア
  • 到着階(1F)

に充電ポールが設置されていたものの、2階の出発前エリアにはありませんでした。
今回、ついに出発ロビーにも設置されて、さらに便利になりました。

それぞれの充電ポールには・・・。
cp1
ACコンセントとUSB-Aプラグがあり。
実際に充電されている方もたくさんおられました。
USB-Aを使っている方はほとんど居らず、ACコンセントを使って充電している方が多かったです。

第2ターミナルの出発ロビーにも・・・。
HTKS785QT957R
「充電ポール」が多数あり。
ただし、混雑している時間帯は椅子が満席になってしまいます。
保安検査を抜ければ、もっと潤沢に充電ポールがあります。
ターミナル内の色々な場所で充電ができるようになって、ますます便利になっていく羽田空港でした。

第1ターミナル(JAL側)の充電ポイントまとめはこちら。
羽田空港第1ターミナルでPCやスマホを充電できる場所まとめ

第2ターミナル(ANA側)の充電ポイントまとめはこちら
羽田空港第2ターミナルでPCやスマホを充電できる場所まとめ

羽田空港のアイスその5 ピエールエルメのソフトクリーム・マンゴーの編@T2

2022年7月某日のこと。
この日やってきたのは、羽田空港第2ターミナル。
HNDTWTTYTW035R
いよいよ夏本番ということで、暑くなってきましたねえ。
暑い夏にはソフトクリーム、ということで、かなり久しぶりに「羽田空港のアイス」シリーズをお送りします。
「シリーズ」とか言っておきながら、やっとこれで5回目ですが・・・。

今回も前回と同じく、第2ターミナル3階にある洋菓子店「ピエール・エルメ」様へ。
HNDTWTTYTW023R
マカロンなどの洋菓子の他に、ハイクオリティなソフトクリームも販売してございます。

この日、ソフトクリームのメニューをチェックしてみたところ・・・。
今までずっと売り切れ(完売?)表示だった「ソフトクリーム・マンゴー」が復活している!
夏期限定メニューなんでしょうかね。
(代わりに「抹茶」が完売になっていましたが)

その他の「バニラ」「チョコレート」「抹茶」は既に実食済。
あとは「マンゴー」を残すのみだったのですが、今までずっと完売状態で実食できなかったのでした。

というわけで、待望のマンゴー(イートイン)825円を購入。
HNDTWTTYTW027R
これでついにコンプリートできます (*°∀°)=3

ではいただきます。
おお~。
マンゴーが濃厚。
さわやかな甘い香りが口の中に広がります。
マンゴー好きにはたまらない一品です。
甘くないチョコレートとの相性もよく。
上品な甘さのマカロンは、口の中でサッと溶けます。
夏の暑い時期は、やはりマンゴーが一番おすすめかもしれません。
羽田空港の最高級ソフトクリームを体験してみたい方は是非どうぞ。

羽田空港のカレーその13 ANA Hanger Bay Kitchen の唐揚げカレー@T2 保安エリア

2022年6月某日。
この日は、ANA便で四国方面へお出かけするために羽田空港第2ターミナル保安エリアへ。
HTKS785QT002R
やや遅めの出発便だったため、いろいろなお店が営業していました。
今回は、この第2ターミナル保安エリアでしか頂くことができないカレーをご紹介いたします。

やってきたのは・・・。
HTKS785QT022R
第2ターミナル保安エリアのバスラウンジにある「ANA Hanger Bay Kitchen 」様。
バスラウンジからの出発が重なる時間帯は結構混みあいますので、時間に余裕をもって利用しましょう。

注目のカレーメニュー。
HTKS785QT010R
朝からガッツリと「唐揚げカレー」いってみます。

T2保安エリア内には、他にもカレーが頂けるお店が何店舗かありますが「唐揚げカレー」があるのはここだけだったと思います(2022年6月。当ブログ調べ)。

お店のまわりにはテーブルがいくつもあり・・・。
HTKS785QT009R
その場で頂くことができます。

そして、唐揚げカレー1120円をゲット。
HTKS785QT017R
カレーは、ほぼルーのみで潔いです。
でも、このルーが甘辛く、上品なお味で深い味わい。
最初は甘口な感じなのですが、後からジワジワと辛さが襲ってきます。
結構辛いので大人向けな感じです。
唐揚げとの相性も良く、美味しゅうございました。

まさに羽田空港から飛行機に乗るときにしか味わえない一皿。
羽田空港第2ターミナルからご出発の際に是非どうぞ。

羽田空港第2ターミナル・PCや液体物を取り出さなくても検査できる保安検査場「スマートレーン」が快適だったの編

2022年6月某日
この日やってきたのは、羽田空港第2ターミナル(ANA側)の保安検査場B。
HTKS785QT963R
ANA便に乗って、国内某所に旅に出るためにやってきました。

そういえば・・・。

2年ほど前(2020年)に、羽田空港T2の保安検査場「A」と「B」に「スマートレーン」なるものが導入されていたのを思い出しました。
HTKS785QT967R
検査場入口にある解説動画によると「パソコンやペットボトルの液体物をカバンから取り出さなくても検査可能です」とのこと。
検査にかかる時間を短縮して、検査場の混雑を少しでも緩和しようという取り組みの一環なのだそうな。

たしかに、荷物検査のときに毎回ノートPCやペットボトルを取り出すのは面倒です。
そんなに混雑していなかったので、今回はこの「スマートレーン」を通過してみることにしました。

検査場内は撮影禁止のため・・・。
smartlane
超適当に描いたイメージ図を恥ずかしげもなく公開。

左が従来のX線の検査機で、右がスマートレーンの検査機です。
第2ターミナルのスマートレーンの検査機は、従来のものより大きくて、丸みをおびた形をしています。
検査機は場所を食いますが、そのかわり、荷物の中にPCやペットボトルを入れたままでも検査ができるというスグレモノです。

やはり、ノートPCを取り出さなくてよいのは楽ちんでした。
混んでいなければ、上級会員専用の検査場よりも、こちらのほうが快適です(笑)。
ただ周囲を見回すと、今まで通り律儀にPCを取り出しておられる方もチラホラ・・・。

トレイが自動で流れていくのもスマートな感じです。
ただし上着を脱いだり、ポケット内のスマホや金属類を取り出す必要があるのは従来と同様。
(人間用の検査機は従来と同じなので)

羽田空港第2ターミナル国内線で、このスマートレーンが導入されているのは、検査場AとBのみです(2022年6月現在)。
それ以外の検査場は従来の検査機のままなので、PCを取り出さなければなりません。
上級会員専用の保安検査場も従来の検査機なので、是非スマートレーンにして欲しいところですが、マシーンがデカいのでスペース的にキビシイのかもしれません。

次回からは、特に混雑していなければスマートレーンを通過するようにしたいと思います。

羽田空港第2ターミナルで「世界の機内食」を販売していたので実際に購入してみたの編

2022年4月のこと。
この日やってきたのは、羽田空港第2ターミナル(ANA側)の「空弁工房」様。
HNDT2J4TWTT3022R
お客さんが増えてくるにつれて、空弁の品揃えもだんだん回復してまいりました。
新作空弁のリリースが楽しみです。

そんな空弁工房様のお店の傍らに・・・。
HNDT2J4TWTT3020R
冷凍の機内食弁当の販売コーナーが急に出現。
こ、これは・・・。
以前に、羽田空港のオンラインショップで販売していた、コスモ企業様の機内食と同じ品物のようです。

↓の過去記事を参照。
羽田空港のオンラインショップで機内食を購入して自宅で海外旅行気分に浸ってみたの編

コロナ禍で国際線に乗ることができなくなり、機内食を頂くことができなかった2021年。
自宅に居ながらにして国際線のエコノミークラス気分に浸れるということで、ANAや羽田空港のオンラインショップで冷凍機内食が販売され、大ヒットしました。
オンラインショップだと「12食」とか「6食」単位での販売でしたが、ここだと1食単位で購入できるとのこと。
これはお1人様にはアリガタイです。

というわけで、早速ご購入。
HNDT2J4TWTT3047R
新メニュー(?)らしい「コック・オー・ヴァン(鶏肉の赤ワイン煮)」にしてみました。
冷凍ものなので、保温バッグに入れての販売になります。
保冷剤も入って1食980円也。

中身をオープン。
HNDT2J4TWTT3052R
カッチカチに凍っています。
ひとまずは自宅の冷凍庫へ。

「お召し上がり方」の取説を熟読します。
HNDT2J4TWTT3054R
袋の一部をハサミで切り、電子レンジで加熱してくださいとのこと。

相変わらず、自宅に電子レンジがない人なので・・・(おい)。
後日、会社の電子レンジでチンさせて頂き、自宅に持ち帰って頂きます。

というわけで、頂きまーす。
HNDKNF3006R
鶏肉の下にあるのは、ご飯ではなくて、きしめんのようなパスタでした。
お味のほうは・・・美味しい!
鶏肉は柔らかく、ほんのりとワインの香りがして上品なお味。
エコノミーの機内食らしからぬ(失礼)美味しさでした。
ちょっと美味しすぎるのが想定外でしたが、国際線に乗った気分に浸ることができて良かったです。

そしてそして!
vmknsk
2022年6月上旬には、第2ターミナル1階に「世界の機内食自販機」が登場。
これで「空弁工房」様が閉店していても、こちらの自販機で機内食を購入することが可能となりました。

というわけで、飛行機に乗らなくても「機内食」が買えるようになった羽田空港第2ターミナルなのでした。

羽田空港のカレーその12 つきじ亭・ミニカレー丼セット@T2

2022年4月某日。
羽田空港のカレーシリーズ。
この日やってきたのは、第2ターミナル地下1階の「つきじ亭」様。
HNDCT2SB024R
立ち食いもできるお蕎麦屋さんです。
T2地下1階の端っこのあまり目立たないところにあり。
空港内にありながら、比較的リーズナブルな価格でお蕎麦が頂けるという貴重なお店です。

立て看板のメニューをチェックしていると・・・。
tkjmenu
おっ。
「カレー丼」なるメニューを発見。
羽田空港内のカレー全制覇を目論む(そうなの?)本ブログとしましては、これを見すごすわけには参りません。

食券券売機に単品の「カレー丼」が見つからなかったので・・・。
HNDCT2SB030R
ミニカレー丼セット(760円)を発注。
お店の奥のテーブル席に着席して頂きます。
お蕎麦は安定の美味しさでした。

では今回の目的である「ミニカレー丼」に着手。
HNDCT2SB031R
辛さは全くなくマイルド。
まさに「お蕎麦屋さんのカレー」の王道を行く、ノーマルなカレーでした。
こういうシンプルなカレーも落ち着きますねえ。
お手軽にお蕎麦とカレーを頂きたいときにオススメです。

羽田空港第2ターミナル到着階(1階)に個性的な自販機が増殖中の編

2022年4月某日。
この日やってきたのは、羽田空港第2ターミナル(ANA側)の1階。
HNDT2J4TWTT3005R
1階部分は、国内線の到着エリアになっています。

以前から、2階(出発側)に「全国ご当地自販機」が設置されて、テレビ等で話題になっていますね。
これで味をしめたのか(?)、最近は1階にも珍しい自販機が増えてきましたので、そのご紹介です。

まずは1階の北側の端っこへ。
HNDT2J4TWTT3055R
ここには、知る人ぞ知る24時間営業の「自販機レストラン」コーナーがあります。

その「自販機レストラン」内に・・・。
HNDT2J4TWTT3058R
2022年3月ぐらいから、YO-KAIという自販機が登場。

なんとこちらは、ラーメンを自動調理してくれる自販機。
インスタントではなくて、通常のアツアツのラーメンが作れるのだそうな。

残念ながら、訪問当時はちょうどメンテナンス中で体験することはできず・・・。
テレビ等でも紹介されていたせいか、私以外にもこの自販機を見に来た方?が何名かおられました。
もう少し落ち着いた頃に、また来たいと思います。

***

では引き続き、第2ターミナル1階の中央の吹き抜け付近へ移動。
HNDT2J4TWTT3064R
こちらにも、最近になって見慣れない自販機が2台。

  • 左側:冷凍ラーメン自販機(←勝手に命名)
  • 右側:冷凍レストラングルメ自販機

の2台。
両方とも、冷凍食品の自販機。

まずは右側のレストラングルメ自販機に注目。
HNDT2J4TWTT3067R
品揃えは以下の4種類。

  • うちのめんたい切子込(明太子) 1000円
  • ハングリータイガー ハンバーグセット (110g x 2枚 ソテーオニオン&ハンバーグソース付き) 1500円
  • らるきい監修 ぺぺたま。パスタソース 1人前 980円
  • 博多もつ鍋【あごたし醤油味】1人前 1500円

自宅で名店のお味が楽しめるというコンセプトのようです。
保冷剤も含んでいる(たぶん)ので、お値段はやや高めな印象ですが。

左側の冷凍ラーメン自販機。
HNDT2J4TWTT3068R
こちらは以下の5種類。

  • 一風堂 赤丸新味 1人前 1200円
  • 喜多方ラーメン 1人前 1000円
  • 金猫餃子 21個たれ付き 900円
  • いち豚 ガッツリ豚ラーメン 1人前1000円
  • 地鶏とハマグリ 塩のキラメキ 1人前1000円

唯一の餃子メニューの「金猫餃子」は、東京都大田区の大森駅前にある餃子の名店とのこと。
ラーメンは、一体どんな感じでパッケージングされているのか気になります。
いつか購入して試してみたいと思います。

冷凍食品自販機の近くの出入口付近にも、新型自販機があり。
HNDT2J4TWTT3041R
「おはなの自販機、はじめました」
とのこと。
「冷やし中華はじめました」的な。

品揃えを覗いてみると・・・。
HNDT2J4TWTT3011R
生のお花ではなくて、造花の自販機のようでした。
綺麗なお花がコンパクトにまとまっていて美しいです。
いろいろ考えますねえ。

というわけで、羽田空港第2ターミナル1階の個性派自販機たちのご紹介でした。
自販機マニヤの方は是非どうぞ。
果たして、再びブレイクすることになるのか、要注目です。

羽田空港のカレーその9 GGG Cafe・ほうれん草と豆のキーマカレープレート

2022年3月上旬
この日やってきたのは羽田空港第2ターミナル。
HDDHICMFR23W005R
冬休みと春休みの狭間ということで、人はやや少な目な印象でした。
こういう閑散期は、空弁の種類も少ないので、この日のお食事はカレーを頂くことに。

で、今回ご紹介する羽田空港のカレーは、上の写真の左側の一段上になっているエリアにあるお店から。

「GGG Cafe」というお店。
HDDHICMFR23W019R
2017年12月にオープンした、新鮮な野菜を使ったサラダプレートのお店です。
ここに「ほうれん草と豆のキーマカレープレート(1300円)」なるカレーメニューを発見。

早速注文してみました。
HDDHICMFR23W010R
キーマカレーは、思ったよりもしっかりとピリ辛くて美味。
ご飯と野菜が進みます。
見ての通り、カレーはサイドメニュー的な存在で、メインはたっぷり野菜のサラダです。

テーブルには塩・胡椒・オイルがあり。
HDDHICMFR23W012R
まずはこれらと一緒にサラダを頂くと、お野菜本来の甘みと旨味が感じられます。
相変わらず新鮮な野菜で美味しゅうございました。

カウンター席にはコンセントもあり。
HDDHICMFR23W018R
スマホやPCを充電できて便利でした。

というわけで、羽田空港第2ターミナル3階の「GGG Cafe」のカレーのご紹介でした。
カレーも食べたいけど、野菜もたっぷりと食べたいという方にオススメのお店です。