「幕の内系」タグアーカイブ

羽田空港の空弁「なすび亭・お結び弁当(秋)2017」

2017/11/08
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルで入手したこちらの秋限定空弁です

「なすび亭・お結び弁当(秋)2017」1188円(税込)
HND-2017oct7-044-R
製造元は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
「日本エアポートデリカ様製造」ということは、基本的には羽田空港でしか売っていない空弁、ということになります。
空弁売り場には、羽田空港以外でも売っているお弁当(東京駅の駅弁やデパ地下のお弁当など)もありますので、必ず製造元をチェックしましょう(って私だけ?)。

ちなみにこのお弁当は、以前にレポートした「なすび亭・お結び弁当・春」の秋バージョンになります。
羽田空港の空弁「なすび亭おむすび弁当・春(2017)」

パッケージのデザインは春バージョンとほぼ同じですが「紅葉」や「赤とんぼ」が描かれているところが若干異なっています。

パッケージ側面には春バージョンと同様に「なすび亭」の説明があり。
HND-2017oct7-046-R
東京・恵比寿の人気の和食屋さんとのことで、今まで何度も説明しているので詳細は省略。

まずは2段重ね構成の下段から。
HND-2017oct7-002-R
一口サイズのおにぎりは5個。
春バージョンとは具材がすべて異なっていました。
中心にあるのがキノコのおにぎり。
シソと鮭のおにぎりが2つずつその周囲を取り囲んでいます。
ご飯はただの白ご飯ではなくて、栗ご飯だったり、バター醤油風味ご飯だったりと、非常に手が混んでいます。
しっかりと味がついているので、ついついおにぎりだけを食べ進んでしまい、おかずが取り残されそうになりました。

こちらが上段のおかずの部。
HND-2017oct7-004-R
こちらも春バージョンと内容が大きく異なります。
紅葉の形にあしらわれた麩漬けが秋の到来を感じさせてくれます。
煮物類や卵焼き、右下の「海老芋の海老はさみ揚げ」がサクっとした食感で、ほんのり柚子の香りが漂う海老の風味で美味。
わらび餅、茄子の和菓子も上品な甘さで美味しゅうございました。

というわけで、2段式になって秋バージョンに切り替わった「なすび亭・お結び弁当」のご紹介でした。
HND-2017oct7-008-R
一品一品、手が込んでいて色々な味が楽しめるお勧めの空弁です。
羽田空港ならではの美味しい空弁を頂きたい方は是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「皇居外苑・江戸かおりづめ」

2017/11/04
本日ご紹介する羽田空港空弁は第1ターミナル到着階1FのBLUE SKY様で偶然発見した、こちらのレア系空弁です。

「皇居外苑・江戸かおりづめ」1890円(税込み)
2017HND10a1006_R
製造元は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
落ち着いた感じの化粧箱です。
出発階の空弁売り場では見かけなかったため、流通量の少ないレア系空弁と思われます。

なにやらチラシが入っていました。
2017HND10a1018_R
国民公園協会・皇居外苑と東京ガスによる「EDO ECO」プロジェクトの一環なのだとか。

説明によると・・・

江戸城のあったこの地で「江戸」に焦点を当て、創意工夫で編み出された江戸庶民の味をエコ・クッキングを通じて再現し、食育及び環境教育に貢献することを目的としています。

とのこと。
この空弁が「エコ・クッキング」によって作られたものなのかはよく分かりませんが、まあ、そういうことのようです。

同梱されているお箸。
2017HND10a1012_R
割り箸ではなく、菊のご紋入りのしっかりとしたお箸です。
持ち帰って再利用しましょうとのこと。

では、蓋をオープン。
2017HND10a1024_R
3つの区画に隔てらえた色とりどりのおかずが顔をのぞかせます。
お値段の割に量は少なめの印象。

左から順に・・・

  • 牛肉・鶏肉・鯛のすき焼きご飯
  • 炊き合わせ、卵焼き、お漬物
  • 海老・穴子・こはだのこけら寿司

という構成。

左の牛肉・鶏肉・鯛のすき焼きは甘辛いタレとお肉の風味の組み合わせでご飯が進みます。
中央の煮物ははダシのお味がしっかり染みていて美味。
卵焼きも甘くて濃厚です。
一番右のちらし寿司は、酢飯のお酢の味がやや強めですが、穴子と錦糸卵との組み合わせがよいです。
お値段の割にはボリュウム感はないものの、色々な種類の江戸の美味しい具材が少しずつ楽しめる空弁でした。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「日本ばし大増・松茸ごはん折詰(2017)」

2017/10/25
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルの空弁工房様で入手した、こちらの秋限定空弁です。

「日本ばし大増・松茸ごはん折詰(2017)」1350円(税別)
hnd2017oct2028-R
製造元は東京都荒川区のNRE大増様。
毎年秋になると発売される季節限定のお弁当です。

ちなみに去年(2016年版)バージョンのレポートはこちら。
羽田空港の空弁「日本ばし大増・松茸ごはん折詰(2016)」

化粧紙は去年と似ていますが、若干色合いやデザインが異なっていますね。
去年頂いてとても美味しかった記憶があるので、今年も購入してみました。
果たして中身は2016年バージョンと何か違いがあるのだろーか。

お弁当は去年と同様に2段重ねになっており・・・。
hnd2017oct2034-R
一段目は松茸ごはんの部。
松茸のいい匂いが漂ってきます。
一体どこ産の松茸なのかは不明。
まさに秋の味覚を感じさせてくれるのは、2016年バージョンと同様。

こちらはおかずの部。
hnd2017oct2036-R
2016年バージョンには無かったエビや柿の形の和菓子が入っていたりと、去年と具材が異なっています。
ふーむ、毎年パッケージは同様でも、おかずの種類が変わっているとは・・・。
空弁の世界の奥深さを感じさせられました。

お品書きも同梱されています(クリックで拡大)
hnd2017oct2032-R
お品書きを見ながら、一品一品噛みしめるように頂きましょう。

去年と同様に煮物類は味が良く染みていて美味。
その他つくねや赤魚の白醤油焼、菜の花のおひたしなどなど、色々な味が楽しめます。
お肉類が少なくてヘルシーな品揃えですので、脂っこいものが苦手な方にも向いています。

お味だけでなく、見た目も美しくて芸術的。
hnd2017oct2038-R
ここまで洗練されたお弁当は、まさに日本ならではと言ってよいでしょう。
お値段はやや高めではありますが、お値段なりの満足感が得られるこの秋イチ押しの空弁です。
午後には品切れになってしまうことが多いので、午前中が狙い目です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「崎陽軒・おべんとう秋」

2017/10/11
秋が深まり肌寒くなってきた今日この頃。
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナル地下1階のANA FESTA様で入手した、こちらの秋限定のお弁当です。

「崎陽軒・おべんとう秋」 700円(税込)
HND-OCT-041_R
製造元は、東京都江東区の株式会社崎陽軒・東京工場様。
あのシウマイで有名な横浜の崎陽軒のお弁当の秋限定バージョンです。
おそらく羽田限定というわけではないと思われますが、羽田で入手できるお弁当ということで、空弁として認定させていただきます。

化粧紙を取り除くと・・・。
HND-OCT-044_R
香ばしいお弁当の香りが漂ってきて、旅情をかき立てられます。
紙の蓋がフニャフニャになっているのが、昔ながらの駅弁的な(空弁ですが)雰囲気を醸し出しています。

では、いただきまーす。
HND-OCT-046_R
左上の区画にあるのが「大学芋」。
サツマイモと甘~い飴の風味が秋の到来を感じさせてくれます。
鶏ときのこの炊き込みご飯も、やさしい味で美味。
紅葉の形の人参が秋の彩りを添えます。
右上の区画には、崎陽軒ご自慢のシウマイ2個もあり。
煮物類や焼鮭の他に、春雨の和え物などなど、シウマイの他にも色々な味を楽しめます。

最近は1000円を超える空弁が大半を占めている中「税込み700円」という良心的なお値段がウレシイですね。
お安く美味しい空弁で腹ごしらえをしたいという方にお勧めの空弁です。

初夏限定バージョンもあります。
羽田空港の空弁「崎陽軒・おべんとう初夏」

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「崎陽軒・おべんとう初夏」

2017/06/08
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナル(ANA側)の地下1階「ANA FESTA」で入手した、こちら。

「崎陽軒・おべんとう初夏」 700円(税込)
HND201706-065_R1
製造元は、東京都江東区の崎陽軒・東京工場様。
シウマイで有名な横浜の崎陽軒のお弁当が、羽田空港でも手に入れることができます。
もちろんかの有名な「シウマイ弁当」も販売していますが、今回は期間限定のレア弁当?と思われる「おべんとう初夏」を購入してみました。
朝顔の化粧包が夏らしいです。

では、蓋をオープン。
HND201706-004_R1
メインは、炊き込みおこわ。
シウマイが2個、カレイの揚げ物、煮物類、玉子焼き、鶏肉の煮物などなど。
「初夏」をイメージしてなのか、脂っこいものは控えめで、あっさり系の身体に優しい品ぞろえです。

では、シウマイからいただきまーす。
HND201706-005_R1
好物は一番最初に頂く派。
冷えていても、豚肉の濃厚な風味がして美味しいです。
さすがは伝統の崎陽軒のシウマイです。
モチッとした山菜おこわは、腹持ちがよく満腹感を与えてくれます。
その他の煮物類は、タケノコがやや硬かったものの、鶏肉、カレイの揚げ物等、一品一品味がよく染みていて美味しゅうございました。
お値段も700円と、空弁の中ではリーズナブル。
定番のシウマイ以外にも、色々な初夏の味を味わってみたい方にオススメの空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「まい泉・ヒレかつ弁当」

2017/03/29
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルの「空弁工房」様で入手した、こちら。

「まい泉・ヒレかつ弁当」 918円(税込)
HND_2017MAR-019_R6
製造元は、井筒まい泉・高津工場様。
あの「とんかつのまい泉」様によるトンカツ弁当です。
以前にレポートした、下記のお弁当と同じシリーズになります。

今回の「ヒレかつ弁当」で、羽田空港のまい泉様のお弁当・全5種類を制覇。
これで安心して(?)他の空弁を攻略できます。

では、早速フタをオープン。
HND_2017MAR-022_R6
お~、大きなヒレかつが4切れ。
特製ソースとからしの袋が1つずつ同梱されています。
ヒレかつは冷えていても柔らかく、上質なお肉の味が楽しめます。
右側のおかず類は「ロースかつ弁当」のものと同様で、甘めのきんぴらゴボウや、ひじき、野沢菜がよい箸休めになります。
お値段も1000円以下と、空弁の中ではコストパフォーマンス高いです。
上質なトンカツでお腹を満たしたい方にお勧めの空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「季節のおこわ弁当・竹」(2017)

2017/02/15
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルで入手したこちらの空弁です。

「季節のおこわ弁当・竹」 1202円(税込)
HND-2017FEB-033_R23
製造元は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
以前からあった「季節のおこわ弁当・竹」 のリニューアル版のようです。
先代の「季節のおこわ弁当・竹」 から、お弁当の容器が横長のタイプのものに変更されて、ややボリュウム・ダウン&値上げ(泣)。

蓋をオープン。
HND-2017FEB-002_R23
おこわは、赤飯、栗おこわ、梅おこわの3種類。
煮物類、焼き鮭、玉子焼き、豚ヒレカツなどなど、おかず類も充実しています。
特にゴボウの煮物は、シャキシャキした歯ごたえで、味がよく染みていて美味しゅうございました。
全体的に優しい味付けで、ヘルシーな感じです。
あっさり系の空弁が食べたい、という方にお勧めの空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「まい泉・幕ノ内弁当」

2017/02/02
今回ご紹介する羽田空港空弁は、羽田空港第2ターミナルの「空弁工房」様で入手した、こちらの空弁です。

「まい泉・幕ノ内弁当」 950円(税込)
HND_2017JAN-029_R04
製造元は、井筒まい泉様。
あの「とんかつのまい泉」のお弁当です。
トンカツ以外の食材を使ったお弁当も販売しているんですねえ。
まい泉のお弁当シリーズは、早朝に入荷するのみで、その後補充されないようなので、午後には売り切れてしまいます。
中でもこの「幕ノ内弁当」は、お値段がリーズナブルで、色々なおかずが楽しめるということで、早めに売り切れになっていることが多いです。
ご購入の際はお早目にどうぞ。

蓋をオープン。
HND_2017JAN-037_R04
豚ヒレカツと豆腐カツが一切れずつの他、サバの塩焼き、つくね、煮物、玉子焼き、稲荷ずし等々。
ソースとからしも1袋ずつついてきます。
「豆腐カツ」は、フィレオフィッシュのような食感で、思ったよりも食べ応えがあります。
冷えたご飯がやや固まり気味ではあるものの、トンカツの他にも色々なおかずのお味が楽しめます。
サバの塩焼きも、サッパリ風味で美味でした。
「トンカツは好きだけど、トンカツの他にも色々な物を味わいたい」という方にお勧めの空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「羽田空港発・復興支援弁当」

2016/01/18
今回ご紹介する羽田空港空弁は、国内線第2ターミナルで入手した、こちらのリニューアル版空弁です。

「羽田空港発・復興支援弁当」 1051円(税込)
HND_2017JAN-011_R05
製造元は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
かなり前にご紹介した「東北復興弁当」のリニューアル版と思われます。
2016年は熊本の大地震があったり、その後さまざまな災害があったことを受けてか、「東北」の文字がなくなりました。
第2ターミナルのみならず、第1ターミナルでもあちこちの空弁売り場で購入できます。

パッケージに記載されているように・・・。
image
「お弁当1個につき50円が被災地の復興支援活動に寄付されます」
とのこと。

では、蓋をオープン。
HND_2017JAN-014_R05
3種類のおこわ(赤飯、栗おこわ、高菜ちりめんおこわ)の他、おかずが種類と多彩なラインナップ。
左下の煮物の部は、レンコンやニンジンにしっかりと味が染みていて美味。
その他のホタテフライ、玉子焼き等も安定したやさしい美味しさです。
全体的にヘルシーな感じなので、脂っこいのが苦手な方で、かつ復興支援にも協力したい、という方にお勧めの空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港国際線の空弁「彩りだし御膳」

2016/12/14
今回ご紹介するのは、羽田空港国際線ターミナルのこちらのお店のお弁当です。

「だし場日本橋」
HND_2016OCT_026_R5
4Fの「おこのみ横丁」にある、テイクアウトのお店です。
国際線において、お弁当を取り扱っている数少ないお店の一つです。

このお店のメインは・・・。
HND_2016OCT_019_R5
自慢の「だし」を使った、お腹の底に染みわたる汁物類ですが・・・。

お昼前になると「彩りだし御膳 880円(税込)」なるお弁当が販売されます。
HND_2016OCT_017_R5
数量限定とのこと。
近くの多目的ホール「TIAT SKY HALL」でライブやイベントがある日は、沢山のお客さんに買い求められて、すぐ品切れになることもしばしばです。

蓋をオープン。
HND_2016OCT_022_R5
ホタテや鮭の他、煮物類や玉子焼きがギッシリ。
その名の通り彩り豊かです。
どのおかずも、ダシの味がよく染みていて美味。
おかずの下には、炊き込みご飯が敷き詰められていて、これもダシがよく染みています。
お弁当はやや小ぶりな大きさに見えますが、おかずと炊き込みご飯が高密度に詰まっていて、結構満腹になりました。
温かい汁物類と一緒に是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)