「ソフトクリーム」タグアーカイブ

羽田空港のアイスその4 羽田空港最高級?「Made in ピエール・エルメ」の高級ソフトクリーム@T2

2021/09/19
羽田空港で頂けるソフトクリームをご紹介するシリーズ第4弾。
今回は、羽田空港第2ターミナル3階の中央エスカレータ付近のお土産物エリア「FOOD PLAZA」にやってきました。
HNDTWTOSTW3021R
以前は、キハチのソフトクリーム屋さんだったエリアが、知らない間に改装されて、新しいお店になっていました。
ピエール・エルメ」というフランス・パリのお店とのこと。
マカロンでとても有名なお店で、日本でも10店舗以上展開しているのだそうな。

羽田空港のお店では、マカロンだけではなく・・・。
macmenu
4種類のソフトクリームも販売。
(やや狭いですが)店内のカウンター席で頂くことができますし、テイクアウトも可能です。
それにしても、825円(テイクアウトなら810円)とは・・・。
2021年10月現在、羽田空港で入手できる一番お高いソフトクリームと思われます(本ブログ調べ)。
でも、新しいお店が出来たからには試してみなければ。

というわけで、まずはシンプルに「バニラ」を選択。
HNDTWTOSTW3027R
高級感のある木材に乗せられて出てきました(高級感のない表現で失礼)。
結構ボリュウムがあります。
たっぷりのソフトクリームはかなり濃厚で上品な甘さ。
これはかなりのヒット!
薄いチョコはややビターな味わいで、よいアクセントになっていました。

さらに半分にカットされたマカロンが、いくつかトッピングされており・・・。
HNDTWTOSTW3030R
これも後味が残らない上品な甘さ。
サクサクした食感なのが、口の中でサッと溶けてなくなります。
思わず、その場でマカロンを買って帰りたくなりました・・・。

そして後日。
HNDTWTONVX096R
バニラがヒットしたので、チョコレート味も試してみました。
ベルギーチョコレートのような濃厚で上品な味わい。
このチョコレート味もまた素晴らしかったです。
他の2種類も後日試してみたいと思います。

というわけで、ややお高いですが、お値段に見合った満足感が味わえる(と思う)ピエール・エルメの高級ソフトクリームでした。
羽田空港第2ターミナルでアイスを食べたくなった際には、是非どうぞ。

羽田空港第2ターミナル「eggcellent BITES」にてX’mas 限定ソフトクリームを頂くの編

2017/12/22
早いもので今年も残るところあと10日を切りました。
HND-2017DECX-037-R
「スターウォーズ・最後のジェダイ」が先週から封切りされたのを記念して、羽田空港国際線にてANAの R2-D2ジェット(ボーイング787-9 登録記号 JA873A )を撮影。
まだ映画見てないけど・・・。

それはさておき・・・。
HND-2017DECX-047-R
羽田空港国内線側の各店舗では「クリスマス・フェア」を開催中。
毎年この時期になると、クリスマス期間限定の特別メニューやクリスマス・セールが行われます。

そんな中、目に止まったのはこちら。
HND-2017DECX-046-R
エッグタルトで有名な「eggcellent BITES」で「クリスマスツリーソフト」なるものを期間限定で販売中とのこと。
しかもソフトクリームなのに「756円」という破格のお値段。
国際線の「茶寮・伊藤園」のプレミアムソフトクリーム「クレミア」ですら「600円」なので、おそらく羽田空港史上最高額のソフトクリームと思われます(当社調べ)。

一体どんなソフトクリームなのか、気になって夜も眠れないので・・・。
HND-egg-2017-017-R
羽田空港第2ターミナルB1Fの「eggcellent BITES」様へ急行して実際に購入してみることにします。
こういうのは、勢いでやっつけないとね。

私「えと、クリスマスツリーソフト、ください」
店員さん「はーい。お飲み物はいかがですか?」
私「ではホットコーヒーで・・・」

カップに入れるか、クロワッサンのコーンに入れるかを選べましたが、ここはクロワッサンで行くしかないでしょう。

そして待つこと5分少々・・・。

「抹茶とWベリーのクリスマスツリーソフト」756円(税込)+ホットコーヒー(セット価格216円)登場。
HND-2017DECX-055-R
おお~メリー・クリスマス (*゚∀゚)=3
抹茶ソースの緑色とWベリーのピンク色で、見事にクリスマスツリー感を演出しています。
クリスマス気分が一人で盛り上がって参りました。

お味のほうは・・・。
ソフトクリームそのものに濃厚なミルク風味が感じられて美味。
抹茶ソースの香りと苦みにWベリーソースの甘みが加わって飽きさせません。

あと、何気に下層のクロワッサンも香ばしくて美味しいです。
クロワッサン内部にはナッツとカスタードクリームがたっぷり入っていて、これまた濃厚な味わい。
さすが羽田空港史上最高額ソフトクリームなだけのことはあります。

見た目のインパクトのみならず、お味のほうもゴージャスかつボリュウム(とカロリー)満点で、かなりお腹いっぱいになりました。
この週末(12/23,12/24)は、羽田空港では色々なクリスマス・イベントが行われる予定ですので、それらと合わせて是非どうぞ。

羽田空港第1ターミナル制限エリア・特別仕様のCREMIAソフトクリームを頂くの編

2016/06/04
前々回の記事:
羽田空港国際線・乗り継ぎじゃないけど国際線の乗り継ぎカウンターから国内線に乗ってみたの編
の続編です。

羽田空港国内線・第1ターミナル(JAL)の制限エリア内にやってきました。
滅多に来れない場所なので、ワクワク。

で、やってきたのは、第1ターミナルの南ウイングの「ISETAN HANEDA STORE」
HND_JUN_090_S3
以前に来たときは工事中だった区画です。

当時の記事はこちら。
羽田空港国内線第1ターミナルの制限エリアをウロウロするの編2014/05

どれどれ、どんな風に出来上がったのかな・・・。
HND_JUN_092_S3
高級感のある店内。
北ウイング側の「ISETAN HANEDA STORE」は紳士向けの品揃えなのに対し、こちらの南ウイング側は女性向けの品揃えとなっている模様。

で、その「ISETAN STORE」の端っこに、何やらハイソでオサレな感じのカフェを発見。

「Rose Bakery」
HND_JUN_096_S3
デザート類やサンドイッチなどの軽食類を販売中。

お店の立て看板を見ると・・・。
HND_JUN_094_S3
株式会社「日世」様の噂の高級ソフトクリーム「CREMIA」を500円で発売中。
最近、街中でもよく見かけます。
ちなみに、羽田国際線の「茶寮・伊藤園」では600円で販売しています。

で、注目はこちら。
image
ナッツの粉末がトッピングされている、特別仕様の「CREMIA」を発見。
Rose Bakeryオリジナル商品「ナッツ・プラリンヌ」(600円)とのこと。
お~、こんなのがあるとは、初耳です。
ここ羽田空港第1ターミナル・制限エリアでしか食べられない限定品のようです。

激しく購入。
HND_JUN_180_S3
羽田限定品となると、試してみないわけにはいきません。
香ばしいナッツの上品なしょっぱい風味が、CREMIAの濃厚な甘さを引き立ててくれます。
これはゴージャスな感じでウマし。
まあでも、トッピングのない素(す)のCREMIAでも十分美味しいですけどね・・・。

店内にはテーブル席あり。
HND_JUN_178_S3
ヒコーキを眺めながら、優雅にソフトクリームを頂くことができます。
もちろんテイクアウトも可能です。

ちなみに、北ウイング側のISETAN(紳士向け)でも、CREMIA 500円を取り扱い中。
HND_JUN_138_S3
しかし、こちらにはナッツがトッピングされた特別仕様品はナイようですのでご注意ください。

というわけで、ソフトクリーム・マニヤにはたまらない?羽田空港第1ターミナル・制限エリア・南ウイングのISETAN限定のCREMIA「ナッツ・プラリンヌ」のご紹介でした。
まさに、飛行機に乗るときにしか味わえない一品です。
羽田からJAL国内線やスカイマークをご利用の際には是非どうぞ。

羽田空港国際線・4F江戸小路の茶寮伊藤園のプレミアム生ソフトと学生時代の思い出

2015/04/26ごろのこと。
羽田空港国際線のこちらのお店「茶寮・伊藤園」にて。
HND_2015APL_S_DSC06999_R
新茶の季節ということで、お茶の試飲をやっていました。

ちょっと気になったのが、こちらのソフトクリーム。
HND_2015APL_S_DSC06997_R
写真中央の、なにやらプレミアム感がある感じのソレ。

お値段はななななんと、600円(税込)。
HND_2015APL_S_DSC06998_R
間違いなく羽田空港史上最高額のソフトクリームです。
庶民のデザート、ソフトクリームにまでプレミアム路線の波が押し寄せてきましたか・・・。

勇気を出して、購入!
HND_2015APL_S_DSC06994_R
ひと口食べると、濃厚な生クリームの風味が広がって、確かにプレミアム感が感じられます。
確かにお高いだけのことはあって、そんじょそこらの安いソフトクリームとは一線を画す、高級感のあるお味です。
ただ乳成分が多いためすぐに溶けてきますので、さっさと食べましょう。
・・・
ふとこのとき、ソフトクリームにまつわる学生時代の貧乏旅行の記憶を思い出しました。
北海道・富良野あたりを青春18切符でローカル線に乗って移動していたときのこと。
隣の地元のおじさんに急に声をかけられて、いろいろ話をしていました。
なんでも、東京の若者と話をしてみたかったのだという。
当時の私には理解しがたい状況でしたが、おっさんになった今となっては、このおじさんの気持ちが分からないでもないです。
美瑛駅あたりで一緒に電車を降りて、駅の前のお店でソフトクリームをおごってもらいました。

「ここのアイスは東京のものとは違って乳成分が多い本物のソフトクリームだよ。すぐに溶けてくるから急いで食べな」

濃厚な味のソフトクリームにするには、乳脂肪分を増やせばよいものの、その反面溶けやすくなってしまうのだとか。
確かにおじさんの言う通り、食べている間にソフトクリームがみるみる溶けてきて、手がベトベトになってしまいました。
でもアイスは超濃厚なミルクの風味がして、今まで味わったことのない豊かな風味のものでした。
・・・
さて話を羽田空港のプレミアムソフトに戻します。
この高級ソフトクリームは、ソフトクリームの老舗「日世株式会社」が開発した「CREMIA」という今話題の高級ソフトクリームの模様。
最近では東京ドームのラクーアなどのスパ施設でよく見かけるようになりました。
「CREMIA」で検索すると、開発秘話などが見れて興味深いです。

羽田空港からソフトクリームの話に脱線してしまいましたが、このワンランク上なソフトクリームに600円の価値があるかどうかを確かめてみたいという方、ぜひトライしてみてくださいませ。

羽田空港国際線・梅園の「どらソフト」

2015/03/15
今日はチビっ子連れのファミリーで賑わっている羽田空港国際線ターミナル。
HND_2015MAR-DSC06250_R
何ごとかありけん。

多目的ホール「TIAT SKY HALL」で、キッズ&ティーンズのダンスイベントがあるらしいです。
HND_2015MAR-DSC06247_R
入場料は当日券2800円+ドリンク代300円。
結構いいお値段ですねえ。

そんな中、4Fおこのみ横丁の甘物屋「梅園」に気になる商品を発見。
HND_2015MAR-DSC06235_R
店頭に展示されているその商品とは・・・。

「どらソフト」
HND_2015MAR-DSC06236_R
ソフトクリームをどら焼きの生地でくるんだものです。
お味はイチゴ・抹茶・ごま・バニラ・マロン・チョコの6種類。
「梅園」自慢のどら焼きとアイスが同時に楽しめて、お値段は税込で300円とリーズナブルです。
400円になったようです(2015/04/28追記)

早速購入。
HND_2015MAR-DSC06244_R
バニラアイスは標準的なお味。
どら焼きも、甘すぎず美味です。
が、アイスの冷たさで舌がマヒしてしまい、どら焼きの風味がやや分かりにくい・・・。
これから暖かくなってくると、さらに人気が出てくるかもしれません。