「カレー」タグアーカイブ

羽田空港のカレー「CURRY SMILE・三元豚の黒胡麻カツカレー」

2020/02/07
今回は趣向を変えて、羽田空港のカレーを紹介してみるコーナーです。

こちらは羽田空港第1ターミナルの到着階1F。
hndntdecz191R
JALの国内線で羽田に帰ってくると、ぷぅ~~んとカレーのいい香りが漂いますよね。
その美味しそうな香りに釣られて、ついついお店に吸い込まれてしまう皆様も多いのではないでしょうか。

そのカレー臭の発生源がこちら。
hndntdecz192R
カレー専門店「CURRY SMILE」。
まさに羽田空港第1ターミナルを代表するカレー店の1つです。

メインのカレーは6種類。
hndntdecz195R
先に食券を購入してから着席します。

三元豚の黒胡麻カツカレー 1040円(税込)
hndntdecz200R
最もお高いハイエンドメニューです。
揚げたてアツアツのトンカツは、スプーンで簡単に切れるぐらい柔らか。
ガツンと来る濃厚なカレールーとの相性が抜群で、どんどんご飯が進みます。
そこそこボリュウムもあり。

辛さはそんなに強くはないので・・・。
hndntdecz197R
お好みで赤い液体を投入して辛くすることもできます。
もちろん、福神漬け・らっきょうもフリーです。
私は福伸漬け派。

というわけで、もはや羽田空港名物の一つになりつつある「CURRY SMILE」のカレーのご紹介でした。
JAL国内線で到着後、お腹が空いた際には是非どうぞ。

羽田空港国際線の保安エリア内にて羽田空港最高額カレー記録更新の編

2018/04/07
今年のお正月休みに羽田国際線を利用したときに、記事にし忘れていた羽田空港のカレーネタです。

去年(2017年)「羽田空港で一番お高いカレーはどこのカレーか?」という記事を書きました。
羽田空港最高額カレーはどこのお店?TOP4を実食してみたの編

当時は保安エリア内に入れなかったので、第2ターミナルの羽田エクセルホテル東急のレストラン「FLYER’S TABLE」の「ビーフカレー」1950円(税込)が最高額カレーであるという調査結果でした。

ところがこの日の羽田空港国際線の保安エリアにて・・・。
SGN-2018JAN-037R
えっ、マジ?

ハラル・カレー 「2200円(税込)」を発見。
image
羽田空港最高額カレーの記録更新です(当ブログ調べ)。
うーむ、国際線の保安エリアに、こんなお高いカレーがあったとは・・・。

このカレーを提供しているお店は・・・。
SGN-2018JAN-047R
国際線保安エリア内の24時間営業のフードコート内にある「ドンピエール・ジェット」というお店。
銀座に本店を構えるフレンチのお店「レストラン・ドンピエール」の羽田空港支店とのこと。

ハラルカレーの他にも・・・

  • トンカツカレー 1200円(当時の特別価格っぽい)
  • チキンティッカ・スパイシーカレー 1000円
  • スペシャル・ビーフカレー 1900円
  • ベジタブルカレー 1520円

など、色々なカレーを提供していました。

しかし「ハラルカレー2200円」を見つけてしまった今となっては、これを体験しないわけにはいきません。

というわけで、エイヤとハラルカレー(バターチキン&マトン)2200円を購入!
SGN-2018JAN-044R
アツアツのナンとご飯付き。
このナンが香ばしくてウマイです。

こちらがバターチキンカレー。
SGN-2018JAN-045R
野菜の甘みが感じられる、マイルドで深みのあるお味でした。
チキンも美味しく頂きました。

こちらはマトンカレー。
SGN-2018JAN-046R
マトンはほとんど臭みが無く、柔らかかったです。
こちらのほうがややスパイシーで、ほんのりとショウガの香りがしました。

両カレーとも、ホカホカのマトンとの相性は抜群で、あっという間に完食。
で、2200円分の高級感が感じられるのかというと、正直やや微妙な感じではあります(笑)。
おそらくは空港の保安検査内でハラル食材を使用、ということで、高めのお値段設定なのだと思われます。

ともあれ、今度こそ羽田空港の最高額カレー(たぶん)を体験できて満足のディナーとなりました。
保安エリア内にあるお店のため、これから海外に出発するお客さんしか利用ができませんのでご注意ください。
羽田空港は国際線のみならず、国内線側にも色々なカレーのお店がありますので、カレーマニヤな方は是非どうぞ。

羽田空港国際線・JALサクララウンジの朝メニューにも「JALカレー」登場したので実食

2016/5/2
ゴールデンウィークを利用して、羽田から香港へ向かうべく、朝の羽田空港国際線をウロウロ中。

朝ごはんを頂くべく、国際線の別館側のJALサクララウンジ(SKY VIEW)へ。
HND_2016MAY_116_R2
本館側のJALラウンジよりも面積は狭いものの、眺めはこっちのほうがよいです。
(ラウンジへの入場はJALまたはワンワールド系航空会社の上級会員資格が必要です)

5Fからの眺めは素晴らしいです。
HND_2016MAY_124_R2
こんなような、ヒコーキを眺めながらダラダラできる椅子があってサイコーです。

ダラダラする前にメシ。
HND_2016MAY_031_R3
まだお客さんが少ないので・・・。

人が増える前に、がっつりと朝食をいただきます。
HND_2016MAY_120_R2
黄色で囲ったのが、今回朝メニューに初登場のJALカレー。
今まではお昼以降に提供されていたのが、今年の4月から朝にも登場とのこと。
甘口で上品なコクのあるカレーで、メチャウマです。

従来の明太子と焼き魚も健在です。
HND_2016MAY_026_R3
朝は和食派の方は、こちらも必食です。

サラダバーでビタミンと繊維質を補給可。
HND_2016MAY_024_R3
このあたりは以前と変わっていません。

お粥のジャーもあります。
HND_2016MAY_025_R3
「お粥カレー」を作ることも物理的には可能。
試さないけど。

コーンポタージュの冷製スープ。
HND_2016MAY_021_R3
これも甘くてコーンの香りが濃厚でメチャウマでした。
今回も充実の朝ごはんで満足です。

飛行機を眺めながら、ダラダラ。
HND_2016MAY_127_R2
極上の時間です。

この別館側JALラウンジのレポートは、以下の過去記事も併せてどうぞ。
羽田空港国際線・新設されたJALラウンジ「SKY VIEW」に入ってみたの編

このあと、さらに朝のキャセイ・ラウンジに突入するの編につづく。