「第3ターミナル」タグアーカイブ

羽田空港第3ターミナル・江戸小路の「焼肉チャンピオン」が営業再開したので「焼肉御膳」を頂くの編

2022年8月上旬のこと。
ついに夏休みシーズン到来。
HND8UIT32017R
またまた羽田空港第3ターミナル展望デッキにやってきました。
やはり夏休みということで、かなりの数のファミリー客で賑わっていました。
これだけの人で賑わうのは、コロナ禍に入ってから初めてかも。
曇りがちのお天気ですが、日差しが遮られてやや涼しめでした。

さてさて、いつものごとく第3ターミナルの営業店舗チェック。
HND8UIT32052R
おっ。
2022年8月に入ってから、今度は「焼肉チャンピオン」様が営業を再開したようです。
少しずつ営業店舗が増えてくるのは喜ばしい限り。

では早速、4F江戸小路の焼肉チャンピオン様へ。
HND8UIT32053R
お~、確かに営業再開しています。
お祝いの花輪もあり。
営業再開おめでとうございます(勝手に祝福)。

では、今回も営業再開を祝して入店!
HND8UIT32057R
カウンター席が満席だったため、テーブル席を案内されました。
お1人様でも快く引き受けて頂いて感謝。
この日は休日ということもあってか、店内はかなり賑わっていました。

もっともポピュラーなメニューと思われる「焼肉御膳」2400円を発注。
HND8UIT32060R
サラダ付きです。
レタスがフレッシュでパリパリしていて美味しゅうございました。
ボリュウムもあって、なかなか良いです。

そしてお肉のセットが到着。
HND8UIT32002R
スープもついてきます。
キムチが思っていたよりもボリュウミー。
結構満足度高いです。

そして、このお肉\(^o^)/
HND8UIT32003R
こ、これはいいお肉に違いない。
脂身の入りかたが美しいです。
こういう高級な焼肉のお店でも、お肉の量が思ったよりも多かったのがウレシイです。

では早速、焼き工程へ。
HND8UIT32010R
1切れずつ、丁寧にじっくりと焼いていきましょう。
ロースター内に強力な吸気口があるので、服に焼肉の匂いがほとんどつきません。

こんがりと焼けところで・・。
HND8UIT32011R
専用の焼肉タレにつけて・・・。

OTR (On The Rice) して頂きます。
HND8UIT32012R
めっちゃウマ\(^o^)/
上品な脂身が、お口の中でサッと溶けてなくなりました。
これ以上の幸せがあるだろうか。
お肉は、ややレアめに焼いたほうが美味しかったです。

じっくりと、夢中で高級焼肉を堪能させていただきました。
サラダやキムチもたっぷりなので、2400円でこの内容は、なかなかコスパがよいように感じました。
羽田空港第3ターミナルで、高級焼肉を堪能したい方は是非どうぞ。

羽田空港第3ターミナル・江戸小路の「かつ仙」が営業再開したので「ひれかつ膳・竹」を頂くの編

2022年7月のこと。
この日やってきましたのは、羽田空港第3ターミナル(国際線)。
HND8USTW050R
少しずつですが、お客さんが増えてきて、若干ザワザワした感じになってきた印象。
国内線はほぼコロナ前の賑わいに戻った感がありますが、国際線はまだ全盛期の15%ぐらい?な感じです。

第3ターミナル内で営業しているお店の一覧 (2022/07)。
HND8USTW016R
おっ。
最近になって、江戸小路の「かつ仙」様が営業を再開したようです。

では再開を祝して早速入店!
HND8USTW043R
まだ準備中だったので、少し待ってから入店します。
いやあ、メチャメチャお久しぶりです。
前回ここの店内でお食事をしたのは、2010年の第3ターミナル(当時は国際線ターミナル)開館直後だったような。
もしそうだとすると、約12年ぶりの訪問ということになります。

「ひれかつ膳・竹」1900円
HND8USTW084R
ご飯はお代わりできますとのこと、だったと思います(うろ覚え)。

テーブルにあるゴマドレッシングとソースを投入。
HND8USTW094R
千切りキャベツがフワフワで、スッと胃袋に吸収されました。

ひれかつはサックサク。
HND8USTW092R
ヒレ肉はサッパリジューシーで、大変美味しゅうございました。
日本が世界に誇るジャパニーズ・トンカツは最高ですね。
早くコロナが収まって、また世界中の旅行者様に味わって頂きたいものです。

美味しいトンカツでお腹を満たした後は・・・。
HND8USTW041R
江戸小路をウロウロ。
「かつ仙」様が営業を再開したとは言え、まだほとんどのお店は休業中です。
果たしてこの先どうなることやら。

というわけで・・・。
HND8USTW102R
少しずつスーツケースを転がす人の姿が増えつつある羽田空港第3ターミナルでした。

羽田空港第3ターミナルにタイ航空、大韓航空、アシアナ航空、中華航空が戻ってきたの編

2022年7月。
この日やってきたのは、羽田空港第3ターミナル展望デッキ。
HND8USTW018R
午前中から30℃越えで暑い~。
すっかり夏の気候になって参りました。

展望デッキ左手には・・・。
HND8USTW025R
JALのボーイング777-300ERが並んでいました。
そういえば、コロナ前はいつも777-300ER祭りだったな~。
お久しぶりな光景です。

右手方向にはANAのボーイング777-300ERと787たち。
HND8USTW028R
少し前まで閑散としていた第3ターミナルの駐機場も、徐々に飛行機が増えてきました。
少しずつコロナ前の景色が戻りつつあります。

そんな中・・・。
HND8USTW171R
タイ航空のボーイング787-8がバンコクへ向けて出発。
羽田でタイ航空を見るのはかなり久しぶりです。
おかえりなさいませ。

ほぼ同時に・・・。
HND8USTW158R
アシアナ航空のエアバスA330-300も到着。
こちらもお久しぶりです。

アシアナ航空は、110番スポットのANA機の出発が遅れたため・・・。
HND8USTW178R
駐機場に入れず、しばらく待たされていました。

そうこうしている間に、お久しぶりの大韓航空のエアバス機も到着。
HND8USTW194R
こちらが駐機予定の109番スポットのANA機もまだ出発していません。
ややカオスな状況となって参りました。

で、どーなるかと思いましたが・・・。
HND8USTW211R
ここで109と110番スポットのANA機がプッシュバック開始。
空いたスポットに、奥で待たされていたアシアナと大韓航空がササーッと滑り込みました。
なんかカッコイイ。

というわけで・・・。
HND8USTW227R
韓国の飛行機が横並びで無事到着。
お疲れ様でした。

さらに・・・。
HND8USTW263R
台湾のチャイナエアラインも復活していました。
こちらもお久しぶりです。
チャイナエアラインのA321neo(B-18106)を見るのは初めてかもです。

コロナ禍になってからは、昼間やってくる外国の飛行機といえば、デルタ、ガルーダインドネシア、ルフトハンザ+α ぐらいでしたが。
お久しぶりの航空会社が戻ってくると、なんだかウレシイです。
コロナ前に比べるとまだまだですが、少しずつコロナ前の光景が戻りつつある羽田空港第3ターミナル展望デッキでした。

羽田空港の空弁「銀座おぐ羅・ネギトロしらす丼」

2022年5月某日。
この日やってきましたのは、羽田空港第3ターミナル4階の「銀座おぐ羅」様。
HNDYUW6Y039R
美味しいおでんが有名なお店です。
コロナ禍を機にテイクアウトもできるようになりました。

以前は定食メニューから100円引きでお弁当をテイクアウトできましたが。
この時は、お弁当専用の新しいメニューになってました。

  • 穴子の羽田弁当 1100円
  • 生姜焼き弁当 850円
  • チキン南蛮弁当 900円
  • からあげ弁当 900円

などなど。
以前からあるメニューも含めて、全部で10種類ぐらいありました。

今回は「ネギトロしらす丼 1100円」にしてみます。

お弁当ができるまで10分ほどかかります、とのことなので・・・。
HNDYUW6Y040R
お店の近くの江戸小路をウロウロ。
相変わらず、ほとんどのお店が閉店したままです。
これから外国との往来が増えてくれば、この光景もそろそろ見納めになるのでしょうかねえ。

というわけで、ネギトロしらず丼をゲット。
HNDYUW6Y049R
おお~具沢山。
たっぷりのネギトロしらすに加えて「おくら」も入っていてヘルシーな感じです。
作り立てなので、ご飯がホカホカなのもウレシイです。
お醤油は2袋ついてきました。

ワサビ醤油を合成するための小皿がなかったので・・・。
HNDYUW6Y056R
お箸で少しずつワサビを展開して、お醤油を全投入。
お醤油が足りるかどうか心配でしたが、丁度よい量でした。

ネギトロが美味しい~。
ご飯とネギトロの間に仕込まれた「刻み海苔」がいい味を出しています。
シラスはうま味が凝縮されていて、ねばねばオクラとよく合いました。
羽田空港第3ターミナル4階「銀座おぐ羅」様の作り立ての空弁のご紹介でした。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港のカレーその10 カフェカーディナル・チキンカレーセット@T3

2022/04/17
久々に「羽田空港のカレー」シリーズ・第10弾をお送りします。
この日やってきたのは、第3ターミナル4階のカフェ・カーディナル様。
HNDT3APTWTT3W006R
最近はお休みの日が多かった印象。
コロナ前は24時間営業のお店だったのですが・・・。

この日の営業時間は・・・。
HNDT3APTWTT3W007R
午前中(8:00-12:00)のみの営業でした。
最新の営業時間は、羽田空港の公式サイトをご確認ください。
営業時間以外でも、椅子とテーブルは開放されているので、自由に利用可。

で、このお店の看板メニューといえば・・・。
HNDT3APTWTT3W011R
こちらのチキンカレーセット。
まさに羽田空港第3ターミナルを代表するカレーと言ってよいでしょう。

というわけで、久しぶりにチキンカレーセット(1200円)を獲得。
HNDT3APTWTT3W013R
カレー本体は1000円。
プラス200円でドリンクセットにできます。
大きなナンはホカホカのアツアツ。
一見、量がありそうに見えますが、そんなに生地が分厚くないのでほどよい分量。
ライスもありますが、この日はライス売り切れでした。

こちらがカレールー。
HNDT3APTWTT3W017R
ピリ辛くてやや甘口。
ガツンと濃厚な風味でナンがどんどん無くなっていきます。
柔らかいチキンが入っていて、美味しゅうございました。
ビーフやポークではなくチキンカレーなのは、色々な国籍や宗教のお客さんに対応できるからなのでしょうかねえ。
久しぶりにカーディナルのカレーを頂くことが出来て良かったです。
第3ターミナルにお越しの際は是非どうぞ。

羽田空港第3ターミナルのいろいろ2022年4月

2022/04/27
この日、久しぶりにやってきたのは羽田空港第3ターミナル。
HNDT3APTWTT3W003R
ついにコロナ禍3年目に突入した第3ターミナルの雑多な話題についてお届けいたします。

そういえば・・・。
2020年3月14日に「国際線ターミナル」から「第3ターミナル」に改称されてから、もう2年が経過したことになります。
「3タミ」と呼ぶことにも、だんだん違和感が無くなってきました。

そんな「3タミ」4階の広小路へ。
HNDT3APTWTT3W002R
このあたりは、コロナ前は藤棚やアジサイで彩られていたこのエリア。
「3タミ」に名称変更されて以来、何も装飾がない状況が続いております。

第3ターミナルの営業中店舗は相変わらず少ないです。
HNDT3APTWTT3W005R
が、少しずつ営業時間が長くなってきている印象。
そんな中「つきじ宮川本廛」様は、コロナ禍中もほとんどお休みすることなく営業を続けていてスゴイです。

4Fの「カフェ・カーディナル」様。
HNDT3APTWTT3W006R
長らくの間休業していましたが、最近になって営業を再開した模様。
コロナ前は24時間営業でしたが、このときは短縮営業でした。
羽田空港内の飲食店や店舗の営業状況の最新情報は、羽田空港公式サイトの「トピックス」をご確認ください。

***

5Fの展望デッキへ。
HNDT3APTWTT3W029R
この日はまあまあ良い天気。
写真には写っておりませんが、飛行機を見に来ている人々も結構多いです。

駐機場には・・・。
HNDT3APTWTT3W032R
少しだけ運行されているANAとJALの国際線機材が見られました。
早くコロナ前のように、色々な国の航空会社の機体が見られるようになると良いですねえ。

同じく5階にあるフライトシミュレータのコーナー。
HNDT3APTWTT3W034R
こちらもずっと営業休止中です。
営業再開が待ち遠しいところ。

久しぶりに登場のモデルプレーン展示コーナー「AIRLINES & AIRPLANES」。
HNDT3APTWTT3W021R
コロナ前は、海外の航空会社が新たに定期便を就航開始するたびに、新しいモデルプレーンが追加されて盛り上がっていました。
何もかも皆懐かしい。
最近はずっと、コロナ前の37機体制(だったかな)のままとなっております。

***

2階の到着階へ。
HNDT3APTWTT3W045R
東京オリパラ前の改装工事で、このあたりのサイネージ類がデジタル化されました。
天井からぶら下がっている案内表示は、以前は普通の看板だったのが、複数の言語の案内が変わるがわる表示されるシステムになっています。
このあたり、地味に進化していますねえ。

その2階から駐車場へ向かう通路の途中には・・・。
HNDT3APTWTT3W053R
住友不動産様の巨大複合施設「羽田エアポートガーデン」への入口があります。
が、開業延期中のため、まだ一度もこのシャッターが開いたのを見たことがありません。
多摩川と飛行機が見えるらしい「泉天空の湯」の露天風呂に早く入ってみたいです。

というわけで・・・。
国内線側(第1第2ターミナル)は賑わいが戻りつつあるものの、まだまだ静かな状態が続いている第3ターミナルでした。
今年度こそは、コロナが落ち着いて「第3ターミナル」に賑わいがやってきますことをお祈りいたします。

ソラムナード羽田緑地から開通間近の「多摩川スカイブリッジ」を眺めるの編

2022/2/26
この日、モノレールで羽田空港に向かっていると・・・。
HNDHICFEBR2Q1095R
おっと。
多摩川で建設中の「羽田連絡道路」改め「多摩川スカイブリッジ」を人が沢山歩いているのが見えました。
2022/2/26時点では、まだ正式に開通はしていないので、何かのイベントが行われているようです。

この多摩川スカイブリッジは・・・。

羽田空港第3ターミナル付近と、多摩川を挟んで対岸の川崎市殿町地区(キングスカイフロント)とを結ぶ橋。
2022年3月12日(土)午後3時に開通予定とのこと。
この橋が開通すれば、キングスカイフロントにある「東急REIホテル」などから徒歩(20分以上かかりそうだけど)や自転車で容易に羽田空港第3ターミナルまでアクセスできるようになります。
もともとは東京オリパラ前の2020年春に開通させる計画でしたが、難工事とコロナ影響で完成が2年ほど遅れ、ようやく開通することになりました。
良かったですねえ。

では早速、第3ターミナルから歩いて橋の近くの「ソラムナード羽田緑地」へ。
HNDHICFEBR2Q1152R
おお~。
キレイな橋が完成しています。
そしてなかなかスタイリッシュなデザイン。
お天気が良く、橋の上の皆様も気持ち良さそうです。

羽田空港側の橋の接続点は・・・。
HNDHICFEBR2Q1002R
高架部分に、信号機があるT字路に接続される、という変わった構造になっています。
歩道もあるようで、歩行者用の階段やエレベータもありました。

ただし・・・。
HNDHICFEBR2Q1006R
2022/02/26時点では、まだ開通していないため、羽田側の出入口はすべて封鎖されている状態。
橋の上の人々は、川崎側から入ってきているようでした。
自分も橋の上に行きたかったけど、今から川崎側へ行くのは時間的に間に合わないので断念。
このイベントの様子は、トラベルWatch様の記事をご参照くださいませ。
開通前の多摩川スカイブリッジを歩いてきた! 羽田・川崎・東京湾・房総を望む開放感抜群の675m

橋の真下から眺めてみる。
HNDHICFEBR2Q1014R
おお~。
だからどうということはありませんが。

東側からの登り坂。
HNDHICFEBR2Q1016R
奥に見える大きな建物は、住友不動産様の「羽田エアポートガーデン」の巨大ホテルです。
こちらも東京オリパラ前に開業予定でしたが、2022/02時点ではまだ開業予定は未定のまま・・・。

その「羽田エアポートガーデン」からは・・・。
HNDHICFEBR2Q1017R
多摩川スカイブリッジに向かって、空中遊歩道が伸びています。
川崎市側から歩いて、地上に降りずにそのまま羽田エアポートガーデンに行けるようになっています。
が、この通路が使われるようになるのは、いつになることやら・・・。

多摩川スカイブリッジに上がる車道部分には・・・。
HNDHICFEBR2Q1060R
青色の衝立で封鎖されている状態。
3/12 15:00の開通が楽しみですねえ。
ここが開通したら、羽田イノベーションシティでレンタル自転車を借りて、橋を渡ってみたいと思います。

***

せっかくここまで来たので「ソラムナード羽田緑地」を散歩。
HNDHICFEBR2Q1024R
ちょうど南風運用だったため、B滑走路から離陸する飛行機を眺めることができました。
青空に飛行機が映えます。

お天気が良いので・・・。
HNDHICFEBR2Q1055R
滑走路を眺められる高台には、カメラを携えたギャラリーが多め。
飛行機からはやや離れているので、皆さん巨大な望遠レンズをお持ちでした。

多摩川沿いを歩くと・・・。
HNDHICFEBR2Q1027R
岸辺にはプラスチックごみが沢山・・・。
ゴミの投げ捨てはいけませんなー。

多摩川スカイブリッジから、羽田イノベーションシティの方へと歩きます。
HNDHICFEBR2Q1045R
多摩川の岸にスロープのようなものが出来ていました。
が、まだこの先は工事中で入れない様子。
ここがオープンすれば、さらにお散歩スポットとして賑わいそうな予感。
コロナ禍にあっても、少しずつ開発が進んでいる羽田空港周辺エリアなのでした。

2021年12月の羽田空港第3ターミナルいろいろ

2021/12/12
この日、久しぶりにやってきたのは、羽田空港第3ターミナル。
TWHNDTODT3006R
相変わらず大半の国際線が欠航している状況。
が、この時は、そこそこ人がいてザワザワしていました。

4階の広小路へ。
TWHNDTODT3013R
例年なら、冬のイルミネーションが設置されていた時期ですが、去年(2020年)と同様に今年(2021年)も何もなし。
来年こそはイルミネーションが見られるとよいですね。
・・・と去年も同じようなことを書いたような。

3階の出発階には・・・。
TWHNDTODT3039R
TWHNDTODT3042R
TWHNDTODT3040R
いろいろな備品が整然とキレイに並べられており。
芸術作品になっていました(^o^)

第3ターミナル併設のロイヤルパークホテルの方へ行ってみると・・・。
TWHNDTODT3048R
立派なクリスマスツリーがあり。
第1・第2ターミナルのものほど大きくはないですが、第3ターミナルでも、ささやかながらクリスマス気分に浸れます。

2階到着階へ。
TWHNDTODT3053R
こちらは駐車場に向かう途中にある、三井不動産様の巨大複合施設「羽田エアポートガーデン」の入口。
残念ながら、依然としてシャッターで閉ざされたままです。

本来なら2020年春に開業する予定だった「羽田エアポートガーデン」ですが・・・。
HNDTOTWCY8J041R
施設が完成してから1年半以上が経った今も、開業予定は未定の状況。
いつかはこの巨大豪華ホテルに泊まって、併設の天然温泉にも入ってみたいものです。

最後は、第3ターミナル5階の展望デッキへ。
TWHNDTODT3020R
この日は穏やかな晴天ということで、多くの方々が見学に来ておられました。
皆さまの憩いの場として定着しつつあります。

この日のルフトハンザは・・・。
TWHNDTODT3023R
スターアライアンス塗装のA340でした。
これを目撃するのは初めてかも。
そろそろ出発の時間のようなので、お見送りしよう。

んが、しかし・・・。
TWHNDTODT3097R
出発の時間を過ぎてもなかなか出発せず。
なにやらコンテナを引っ張り出して、スーツケースを取り出していました。
誰かお客さんが乗れなかったんですかね・・・。
先が長そうだったので、出発を見届けることなく展望デッキを後にしました。

というわけで・・・。
TWHNDTODT3034R
まだまだコロナ前の状態へ戻るまでの道のりが長そうな羽田空港第3ターミナルでした。

羽田空港第3ターミナル・サテライトに新しいビジネスジェット専用ゲートが出来ていたの編

2021/11/06
この日は久しぶりにモノレールに乗って羽田空港へ。
モノレールの窓から、第3ターミナルのサテライトを眺めていると・・・。
HNDTWTOYUS002R
久しぶりに、ムムッ!(川平慈英風に)

この黄色い楕円で囲った部分に、なにやら建築物ができているのに気づきました。
HNDTWTOYUS002R2
以前はカマボコの断面のようになっていた部分で、こんな建物は無かったような・・・。
いつの間に出来上がったのだろう?

過去の写真を調べてみると・・・。
HNDTWTOYUS077R
2021年4月ごろに、既に増築工事が行われていたようです。
うーむ、気づかなかった。

TIAT様のウェブサイトを調べてみたところ・・・。
この建物は「ビジネスジェット専用ゲート」で、2021/07/15に供用が開始されたとのこと。
東京五輪よりも前に完成していたんですね・・・。
私としたことが、今までまったく気が付きませんでした(笑)。

以前は、第3ターミナルのホテルの1階部分にビジネスジェット専用の出入口がありましたが、新しいのができたのですね。
以前の出入口がどうなったのかは不明・・・。

早速現地へ急行してみます。
HNDTWTOYUS018R
第3ターミナルサテライトの西の端っこ(149番ゲート付近)から、ニョキっと銀色の通路が伸びており、その先の建物に接続されています。
この建物の中に、ビジネスジェット利用者様専用のCIQ施設や待合室等があるのだそうな。

さらにこの建物の先には・・・。
HNDTWTOYUS022R
専用の車寄せがあり。
ガードマンの方が目を光らせていました。
ビジネスジェットでやってきたブルジョワな方々は、こちらからもこっそりと出てこれる、ということのようです。
ちなみに1回の利用料は30万円(税抜)とのこと。
我々のような一般庶民にはあまり縁が無さそうな場所ではありますが。
東京オリパラを経て、地味に成長を続ける羽田空港なのでした。

2021年10月の羽田空港第3ターミナルいろいろ

2021/10/10
この日やってきたのは、羽田空港第3ターミナル展望デッキ。
HNDTWTOCTA3T112R
日なたにいると、ちょっと汗ばむ陽気でした。

日陰は過ごしやすいので・・・。
HNDTWTOCTA3T106R
日陰のテーブル席は満席御礼でした。
Expasa Cafe羽田も絶賛営業中なので、お食事やドリンクを片手に飛行機を眺めながらのんびりするのは最高です。
楽しそうにしている家族連れを見ていると、空港は皆さんに喜びや希望を与えているのだなぁと思いました。

最近のルフトハンザ LH717便フランクフルト行きは・・・。
HNDTWTONVX077R
エアバスA340-300型機での運航になっているようです。
今や絶滅危惧種になりつつある4発エンジン機。
しっかりと目に焼き付けておきます。

では2階の到着階へ。
HNDTWTOCTA3T145R
東京オリパラが終わって、ボランティアの方々もいなくなり。
元の静かな到着ロビーに戻りました。
いや、本当はもっと賑やかなはずなのですが・・・。

コカ・コーラ様による東京2020展示ブースも・・・。
HNDTWTOCTA3T136R
綺麗に撤去されて、空きスペースとなりました。

その近くにある国内線への乗り継ぎカウンターは引き続き閉鎖中。
HNDTWTOCTA3T137R
乗り継ぎのお客さんが増えるまでは、先ほどの空きスペースの出番はなさそうです・・・。

続いて到着ロビーへ。
HNDTWTOCTA3T122R
出発便の便数は増えてはいないものの、お客さんの数は徐々に増えつつある印象。
それでも全盛期に比べると、まだまだ閑散としています。

4階江戸小路へ。
HNDTWTOCTA3T104R
最近になって、てぃしゃつ屋さんが再オープンしたものの、ほとんどのお店が休業中。
お休みの日は、見学に来た方々の姿が見られるようになりました。

一部のお店は・・・。
HNDTWTOCTA3T105R
看板が取り外されてしまったお店もあり。
一時休業ではなく、撤退してしまったのだろうか・・・。

というわけで、緊急事態宣言が明けて、1週間余りが経過した羽田空港第3ターミナルの近況でした。
早く以前のような賑わいが戻って来ますことをお祈りいたします。