「タリーズ」タグアーカイブ

羽田で朝ごはん・国際線到着階2Fのタリーズコーヒーでモーニングセットの編

2017/10/06
羽田空港国際線・到着階2Fに2017/7/21にオープンしたタリーズコーヒー。
HND_SEPG-018_R1
「Pista」時代と同様に、いつも空港利用者と関係者の方々で賑わっています。
海外でも有名なお店なので、以前よりも欧米系のお客さんが増えたような気がします。

最近始まったのが、こちらのモーニング・メニュー(11:30まで)。
HND_SEPG-005_R1
ホットドックやトースト類がメインです。

  • ボールパークドッグ・プレーン
  • ふわとろバニラフレンチ
  • オリジナルエッグサラダサンド
  • 厚切りパンのオープンサンド・ベーコンツナメルト

などがドリンク付きで680円とのこと。

「厚切りパンのオープンサンド・ベーコンツナメルト」のモーニングセット680円を購入。
HND_SEPG-007_R1
濃厚なチーズが乗ったカリッと香ばしいトーストは、アイスコーヒーとの組み合わせが抜群でした。
吹き抜けの広い空間の中にあるので、開放的な雰囲気で朝ごはんを頂けます。
朝の羽田国際線に到着した後の朝ごはんに是非どうぞ。

羽田空港国際線・到着階2Fの「タリーズ・コーヒー」オープンの編

2017/07/22
こちらは、羽田空港国際線・到着階2Fのシャワールームの隣にある旧「カフェ・ピスタ」跡地。
HND2017JUL-020_R71
ついに!

タリーズ・コーヒー羽田空港国際線店の営業が開始されました。
HND2017JUL-019_R71
開店祝いの花輪もありますね。
開業おめでとうございまする。
先代の「Pista」よりも、レジカウンターの面積が狭くなった分、客席が広くなりました。

レジ横には、サンドイッチ類やデザート類が色々。
HND2017JUL-095_R71
この他にも、ホットドックなどのメニューもあります。

奥にある「カフェ・ピスタ」時代の厨房は、そのままタリーズの厨房に改装。
HND2017JUL-006_R71
かなり広い厨房です。
ホットドック類の他、パスタ類も製造可能とのこと。
カレーはありません。
食べ物の種類に関しては、先代の「Pista」の方が充実していました。
あの肉うどんが懐かしい・・・。

早速「ホットドック・アボカド&タコス」530円を購入。
HND2017JUL-008_R71
アイスコーヒー・トールサイズは430円と、ややお高いです。
ホットドックはアツアツで、ウインナーはパリッとジューシー。
ビールが飲みたくなってきます。

・・・と。
tulys_craftbeer
レジのあたりに、クラフトビールのメニューを発見!
タリーズって、お酒も売ってたっけ?

この日のクラフトビールのラインナップは・・・。

  • 496 780円
  • アフターダーク 780円
  • オンザクラウド・ウィートエール 780円
  • よなよなエール・ベールエール 750円

の4種類。
国際線公式サイトの情報によると、羽田空港国際線限定メニューなのだとか。
これは買ってみるしかありません(←限定されると弱い)

ホットドックのせいで、ビールが欲しくてムズムズしてきたので・・・。
HND2017JUL-043_R72
やむなく「オンザクラウド・ウィートエール 780円」を購入。
お~、フルーティな口当たり。
最初はワインのようにフルーティなのに、徐々にしっかりとした苦みが感じられるようになる、という不思議なビールでした。

酔っぱらいながら、店内をウロウロして偵察するという不審な動きをしてみます。
HND2017JUL-013_R71
お水が無料で自由に頂けるのは、日本ならでは。

ガラスの柵沿いのカウンター席は、Pista時代のものをそのまま踏襲。
HND2017JUL-012_R71
椅子が新しいものに変わりました。
この椅子、結構座り心地がよいです。

このカウンター席の電源コンセントも健在。
HND2017JUL-007_R71
PCやスマホを充電できるという人気の座席です。
コンセントの真上にある謎の手すりが、何気にジャマです。
特に外国人の方は、コンセントに変換アダプタを噛ますので、この手すりと充電器が干渉してしまってコンセントが差せず、オーマイガー!という事案を何度か目撃したことがあり。

お店の中央には、さらにカウンター席を8席増設。
HND2017JUL-018_R72
こちらも電源つき。
PCを広げる人々で賑わっていました。
充電できるポイントが増えたのは、非常にウレシイ限りです。

この席の電源は・・・。
HND2017JUL-020_R72
ACコンセントの他、USBポートも装備。
USBは2Aまで対応しているので、スマホのみならず、タブレットも充電できそうです。
ただし今後、USBは「USB Type-C」に、徐々に置き換わっていくけど・・・。

2人向かい合わせ席もあり。
HND2017JUL-016_R71
こちらの丸テーブルとイスも新調したもの。
電源はありませんので悪しからず。

こちらは通路側の2人席。
HND2017JUL-017_R71
こちらはシックな感じの椅子となっています。
「Pista」時代は、4人掛けのテーブルが多かったのに対し、改装後のタリーズは2人掛けのテーブルが多めになった印象。
お一人様でも入りやすくなりました。

夜10時ごろの訪問でしたが、コーヒーを買い求める空港利用者の皆様で賑わっていました。
なお、先代の「Cafe Pista」時代に、お隣のシャワールーム利用時に貰えた「ドリンク無料券」の復活はない模様。

というわけで、国際線・到着ロビーに貴重な24時間営業のカフェが「タリーズ」となって復活。
今後も、このお店のお世話になる機会が増えそうです。

羽田空港国際線・到着階2Fの「Pista」跡地に「タリーズコーヒー」の店舗が姿を現すの編

2017/07/19
以前の記事でもお伝えした、羽田空港国際線・到着階2Fのカフェ「Pista」が閉店し、その後工事が行われていた件について。
羽田空港国際線・2F到着階の24時間営業カフェ「Pista」がいきなり閉店の編
羽田空港国際線・2FのCafe Pistaの跡地はタリーズコーヒー?求人情報を発見の編
羽田空港国際線・2F到着階「Cafe Pista」跡地の工事開始の編

先日、様子を見に行ってみたところ・・・。
YGJ2017JUL-003_R6
やはり「タリーズ」でしたか!

店舗内のテーブルは、Pista時代の四角いものから、丸いデザインのものに変更。
YGJ2017JUL-001_R6
まだ緑色の柵に覆われていて、営業は始まっていないようです。

お店の奥の中央付近には、コンセントを備えたカウンター席8席を増設。
image
充電できるポイントが増えてウレシイ限りです。
残りの席も全て電源つきにして欲しい・・・。
「Pista」時代の名残で、一番奥のガラスの柵際の電源付きカウンター席はそのままの状態で残っています。

貼り紙によりますと・・・。
YGJ2017JUL-002_R6
2017年7月21日 7:00~グランドオープン!とのこと。
夏休みの繁忙期にギリギリ間に合いそうですね。
開店を楽しみに待つことにしましょう。

羽田空港国際線・2FのCafe Pistaの跡地はタリーズコーヒー?求人情報を発見の編

2017/06/01
国際線2F到着階の24時間営業のカフェ「Pista」が突然閉店してしまったのは、以前の記事でお伝えした通り。
2017HND05-019_R1
その跡地は一体どうなるのか、夜も眠れないのでネットで色々調べてみることに。

この手の新店舗がオープンする場合、開店に先駆けてアルバイトの求人が行われることが多いので、色々なバイト求人サイトで「羽田空港国際線」を検索しまくってみました。

「タウンワーク」で検索してみたところ、早速それっぽい求人を発見。
inter2f-1
「7月中旬オープン! タリーズコーヒー 羽田空港国際線店(仮)」とのこと。
なぬお、タリーズと来ましたか!
先代のPistaと同様、24時間営業とのことなので、引き続き便利に使えそうです。
7月中旬のオープンを楽しみに待つことにしましょう。

ちなみに時給は1100円(5時~9時は1200円)。
深夜時間帯の募集もあり、そちらは時給1375円とのこと。
人手不足の影響もあってか、一昔前に比べると最近のバイトって結構時給高いっすねー。
ただ、深夜の国際線は、夜明かしのお客さんが長時間居座ったりするので、色々と気苦労が多そうですが。

会社住所は・・・。
inter2f-2
「羽田空港国際線ターミナルビル2階」とあるので、ほぼ間違いないでしょう。
タリーズの公式サイトには、本情報はまだ掲載されていませんでした(6/1現在)。

国際空港のカフェで働いてみたい~という方や、訪日外国人と色々な外国語でやりとりしてみたい~というフリーな方は、是非どうぞ。
求人情報の掲載は6/5 AM7:00までとのこと。