タグ別アーカイブ: サンドイッチ系

羽田空港の空弁「肉の万世・ヒレかつサンド」

2017/09/06
今回ご紹介する羽田空港空弁は、羽田空港第2ターミナルで入手した、こちらのカツサンド系空弁。

「肉の万世・ヒレかつサンド」 650円(税込)
HND2017JUL-114_R31
製造元は、東京都千代田区の株式会社万世様。
かなーり前にご紹介した「肉の万世・万かつサンド」「肉の万世・ハンバーグサンド」と同じ系列の商品になります。
久しぶりのカツサンド系空弁のレポートです。
カツサンド系空弁は、似たようなのが沢山あって、どれがレポート済みなのかよく分からなくなってきました・・・。

蓋をオープン。
HND2017JUL-004_R31
まずはお手拭きが登場。
サンドイッチ本体は紙のようなもので包まれています。

さらにその紙をオープン。
HND2017JUL-006_R31
ひれカツサンド本体が姿を現しました。
全4切れ入り。
ソースのいいにおいが漂ってきます。

では、いただきまーす。
HND2017JUL-008_R31
お肉がやわらかい!
冷えていても、ふんわりとした歯触りのひれカツに驚きです。
明らかに普通のカツとの違いが感じられました。
その柔らかいヒレカツと、特製ソース、しっとりとしたパンが、お口のなかで美味しく混ざり合います。
ソースのお味がやや濃いめなので、無性にビールが欲しくなりました。
出発前に上質なカツサンドを味わってみたい、という方にお勧めの空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「ANAのおいしいコレクション・スモークサーモンとクリームチーズのクロワッサンサンド」

2017/08/30
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナル到着階1Fの「ANA FESTA」で購入した、こちらの空弁です。

「ANAのおいしいコレクション・スモークサーモンとクリームチーズのクロワッサンサンド」 648円(税込)
soraben2017-001_R1
製造元は、ANAの機内食の製造を行っているANAケータリングサービス様。
商品名がやたらと長いです。
以前にご紹介した「タンドリーチキンのフォカッチャサンド」「ソフトサラミとタマゴサラダのフォカッチャサンド」と同じシリーズです。
これでようやく「ANAのおいしいコレクション」全3種類を制覇。

では蓋をオープン。
soraben2017-004_R1
前回までの2種類はいずれも「フォカッチャサンド」だったのに対し、本商品のみ「クロワッサンサンド」となっています。
箱の横幅が、他のものに比べてやや広めなので、ちょっとお買い得な感じです。

クロワッサンを少し広げてみると・・・。
soraben2017-005_R1
挟まっているのは、スモークサーモンのみではなく、クリームチーズも挟まっているのが分かります。
お味のほうは・・・。
クロワッサンがしっとりとしていて、冷えていても香ばしくて上品なお味。
スモークサーモンもよく味が染みていて美味です。
クリームチーズとの味のバランスもよく、どんどん食べられました。
「ANAのおいしいコレクション」シリーズ3部作の中で、一番のヒット作でした。
トースター等で温めてから頂けば、まさに「ファーストクラス」の味を再現できるかもしれません。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「ANAのおいしいコレクション・ソフトサラミとタマゴサラダのフォカッチャサンド」

2017/08/02
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナル到着階1Fの「ANA FESTA」様で入手した、こちらのサンドイッチ。

「ANAのおいしいコレクション・ソフトサラミとタマゴサラダのフォカッチャサンド」 540円(税込)
20170626_200134
製造元は、ANAケータリングサービス様。
以前にご紹介した「ANAのおいしいコレクション・タンドリーチキンのフォカッチャサンド」と同じシリーズです。
ANAのファーストクラスで使われているパンを使ったのがウリのサンドイッチです。
3種類あるラインナップの中で、一番お安い商品になります。

では、早速中身をオープン。
20170626_200228
パンにはさまれているのは、サンドイッチの名称どおり、ソフトサラミとタマゴです。
タマゴはコクがありサラミは柔らかくて香ばしく、高級感のあるお味。
冷えていても、具材はいい感じなのですが、冷えたパンはやはりイマイチ感がぬぐえません。
電子レンジで温めてから食べれば美味しく頂けそうですが、我が家には電子レンジがありません(←似非ミニマリスト)。
次回の「ANAのおいしいコレクション」実食時は、どうにかしてレンジでチンしてから食べられるように、考えてみたいと思います・・・。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「まい泉特製・ミニヒレかつバーガー」

2016/09/13
今回ご紹介する羽田空港空弁は、国内線第2ターミナルの空弁工房様でゲットした、こちらのバーガー系空弁です。

まい泉特製・ミニヒレかつバーガー 248円(税込)
HND_CTS_201608_034_R1
製造元は、井筒まい泉株式会社様。
とんかつで有名な「まい泉」様プロディースのヒレかつバーガーです。
羽田空港での流通量はあまり多くはない印象です。
以前にご紹介した「まい泉特製・黒豚ミニメンチカツバーガー」と同じシリーズの商品です。

写真だとあまりよく分かりませんが、「ミニバーガー」ですのでそんなに大きくはありません。
HND_CTS_201608_035_R1
かといって、ひと口で食べるには不可能な大きさです。
やわらかくて香ばしいヒレかつの風味がたまりません。
ソース味もやや濃いめなので、ビールが欲しくなります。
出発前の空き時間に、ちょっとした朝食を摂りたいときにお勧めの一品です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「ゲンカツ・キムカツ カツサンド【ちーず】」

2016/06/15
今回ご紹介する羽田空港空弁は、国内線第2ターミナルで入手した、こちら。

ゲンカツ・キムカツ カツサンド【ちーず】 700円(税込)
HND_28MAY_021_S
製造元は、(株)インテグレーションJAD様。
「キムカツ」は恵比寿に本店をおく、人気のとんかつダイニング店とのこと。
本ブログで3年ほど前にレポートした「ゲンカツ・キムカツ カツさんど」のチーズ味版になります。
カツサンド系空弁は、多くの種類が販売されており、羽田空弁の大激戦区。
そんな中、チーズ入りのカツサンドは初めてかもです。

「カツさんど」と同様に、路線バスのデザインになっています。
HND_28MAY_023_S
チーズ味なので、ボディカラーは黄色。

プレートナンバーが「1129」=「いい肉」なのも同様です。
HND_28MAY_024_S
本店のある恵比寿と東京2号店のある銀座の間を運行している模様。

箱をオープン。
HND_28MAY_027_S
分厚いサンドが2切れ入っています。
カツの中にさらにチーズがサンドされている様子が見えます。

いただきまーす。
HND_28MAY_029_S
むあっと口を大きく開けてパクつきましょう。
やわらかいトンカツの中に、チーズの濃厚な風味が広がります。
なかなか食べ応えあり。
やや味が濃い目なので、ビールが欲しくなりました。
普通のカツサンドでは物足りない、という空弁リピーターの方(っているのかな)におすすめの一品です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「アベ鳥取堂・鳥取のカレーメンチカツサンド」

2015/05/04
本日ご紹介する羽田空港空弁は、国内線第2ターミナルで入手した、こちらの新作空弁。

「鳥取のカレーメンチカツサンド」600円(税込)
HND_2016APL_027_R5

製造元は、カニ飯で有名な鳥取県のアベ鳥取堂様。
今回は「カニ」ではなくて、メンチカツサンドの新商品を空弁として投入、のようです。

早速フタをオープン。
HND_2016APL_031_R5
肉厚なメンチカツのサンドが3切れ入り。
ビニールでパッキングされているので、匂いが漏れない設計になっています。
「おてふき」が同梱されています。
フタに「辛味スパイスつき」との記載があったものの、辛味スパイスは同梱されていなかった・・・。

では、いただきまーす
HND_2016APL_033_R5
柔らかなメンチカツの風味が、香ばしいカレー味でより一層引き立ちます。
ややカレー味が濃いめな感じなので、無性にビールが欲しくなってきました。
ビールのおつまみにお勧めの一品です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「天のや・玉子サンドイッチ」

2016/04/20
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナル到着階1Fの「トラベルアイル」で見つけた、こちらの玉子焼きサンドです。

「天のや・玉子サンドイッチ」 700円(税込)
HND_2016APL_015_R3
製造元は、麻布十番にある創業70年の甘味処「天のや」様。
どういうわけか、玉子サンドがテレビ等で紹介されて人気なのだとか。
羽田空港で取り扱っている店舗は少なく、流通量は少ない様子。

箱をオープン。
HND_2016APL_017_R3
全部で6切れ入り。
ビニール袋にパッケージングされていて、液漏れしないようになっています。

では、いただきまーす。
HND_2016APL_018_R3
ダシがよく染みた玉子焼きの風味と共に、からしマヨネースのワサビのような辛さが鼻にツーンと来ます。
玉子焼きは甘すぎず、シンプルな味わいでありながら、深みのある味。
以前にご紹介した競合商品「つきぢの味・松露サンド」よりも甘味は控えめです。
高密度な玉子焼きがたっぷりなので、見た目よりも結構お腹いっぱいになりました。
少しずつ「プレミアムな玉子焼きサンド」が増えてきた羽田空弁市場。
「カツサンド」に次ぐヒット商品になるのか要注目です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「たいめいけん・ヒレかつ/タルタルエビかつサンド」

2016/02/17
今回ご紹介する羽田空港空弁は、国内線第1ターミナルで入手した、こちらのカツサンド系空弁。

たいめいけん・ヒレかつ/タルタルエビかつサンド 860円(税込)
HND_2016JAN_006_R31
製造元は、たいめいけんHMT様。
久しぶりにカツサンド系空弁を食べたくなったので・・・。

「たいめいけん」は日本橋にある昭和6年創業の洋食屋の老舗。
創業当時は「泰明軒」だったのだとか。
以前に、「牛メンチカツサンド」「ヒレかつサンド」をレポートしたことがあります。

羽田空港の空弁「たいめいけん・牛メンチカツサンド」
羽田空港の空弁「たいめいけん・ヒレかつサンド」

で、今回なにげに新作「ヒレかつ/タルタルエビかつサンド」がリリースされているのを発見しましたので、購入してみたのでした。

ちょっとあけにくい蓋をオープン。
HND_2016JAN_009_R31
左の2切れが「ヒレかつサンド」で、右の2切れが「タルタルエビかつサンド」。
それぞれが、さらにビニールでパッキングされています。

ビニール袋を撤去して、いただきまーす。
HND_2016JAN_010_R31
まずは新作の「タルタルエビかつサンド」は、マヨネーズ風味のタルタルソースとエビの風味がよく合っていて美味です。
「ヒレかつサンド」のほうは、甘辛いソースで味付けされた、やわらかくて肉厚のヒレ肉の風味が存分に堪能できます。
やや味は濃い目で飲み物が欲しくなるものの、2種類の味を交互に楽しめるので、飽きることなく完食できました。
1種類だけだと飽きてしまうので、ソース味とマヨネーズ味の2種類のお味を1つのパッケージにしたのはいいアイデアだと思いました。
カツサンド好きな方にお勧めの空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「つきぢの味・松露サンド」

2016/02/09
たまには、空弁売り場ではあまり取り扱っていないようなのも食べてみよー、というわけでやってきたのはこちら。

国内線第2ターミナル(ANA側)出発階・1番時計付近の「東京食賓館」。
HND_2016JAN_001_X
全国各地から厳選された名物お土産を各種絶賛販売中。
そこで見つけた気になる食品がこちら。

「つきぢの味・松露サンド」 648円(税込)
HND_2016JAN_003_X
「しょうろサンド」と読むらしい。
製造元はつきぢ松露株式会社様。
「松露」は築地にある「卵焼き専門店」とのこと。
元々は江戸前寿司のお店だったのが、戦時中に寿司ネタが入手困難となったため、店先で卵焼きを作り始めたのだという。
するとその卵焼きが評判になり、昭和21年に卵焼き専門店として創業したとのこと(お店のHPより)。
東京駅などでも販売しているようですが、羽田でも購入可能ということで、「空弁」として紹介させて頂きます。

プラスチック容器を突破。
HND_2016JAN_007_X
ビニールに包まれているため、ジューシーな卵焼きから液漏れしない設計になっています。

ビニールを広げて中身に到達。
HND_2016JAN_008_X
見た目的には、やや素っ気ない感じです。

では頂きまーす。
HND_2016JAN_009_X
見た目は地味ではあるものの、実際に食べてみると、期待以上に美味でビックリ。
ダシの味がよく染みたほんのり甘い卵焼きと、ほどよい分量のマヨネーズの組み合わせが秀逸です。
さすが専門店というだけあって、卵焼きの完成度がメチャ高く、あっという間に完食してしまいました。
2切れでも、高密度な卵焼きですので、結構お腹いっぱいにもなります。

東京・築地の「究極の卵焼き」を味わってみたい方、是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「まい泉特製・黒豚ミニメンチカツバーガー」

2015/06/14
本日ご紹介する羽田空港の空弁は、国内線第2ターミナルの「空弁工房」さんで入手した、こちらのサンドイッチ系空弁です。

まい泉特製・黒豚ミニメンチカツバーガー 205円(税込)
HND_2015MAY_DSC08838_R
製造元は、井筒まい泉高津工場様。
カツサンドで有名な「まい泉」プロデュースの小ぶりのメンチカツバーガーです。

中身を取り出してみる。
HND_2015MAY_DSC08840_R
205円というだけのことはあって、大きさはかなり小ぶりです。
ジューシーで柔らかいメンチカツが美味。
甘辛い濃厚なソースの風味が口の中いっぱいに広がります。
旅行の合間にちょこっと美味しいものをつまみたいとき(ってあるのか?)にオススメです。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)