「その他系」タグアーカイブ

羽田空港の空弁「東京厚切りトースト・小倉&玉子サラダ」

2019/12/04
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルで入手したこちらの新作空弁です。

東京厚切りトースト・小倉&玉子サラダ 680円(税込)
HND2019NOVD053R
製造元は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。

1か月ぐらい前から空弁売場に姿を現し始めた、野心的な(?)新作空弁。
ご飯ではなく「トースト」がメインな空弁です。
カツサンドとか、サンドイッチ系の空弁は沢山あるので、パンを空弁の素材に使うことは珍しくありません。

ではオープン。
HND2019NOVD059R
パッケージの中には、紙に包まれたトースト本体と、小倉あん、卵のペースト、お手拭きが。

さらにオープンすると・・・。
HND2019NOVD062R
6つに切られた厚切りトースト本体が姿を現します。

小さなスプーンが2つついてきますので、これであんことタマゴをトーストに塗り塗りして頂く、という趣向のようです。
揺れる飛行機の中では、やや食べにくいかも、ですが。

まずはタマゴペーストから。
HND2019NOVD065R
パンの上にみっちりと塗布することにこだわらない派です。

案の定、トーストは冷えていて、ややパサつき感がありますが・・・。
タマゴペーストは美味しゅうございました。

お次は、小倉あん。
HND2019NOVD066R
ねっとりとした濃厚な甘さのアンコがイイ感じでした。
でもやはり、トーストはカリカリのホカホカであって欲しいのが正直なところ。
うーむ・・・。

というわけで、新感覚空弁「東京厚切りトースト」のご紹介でした。
新ジャンルの空弁に果敢にトライした意欲作です。
普通の空弁に飽きてしまって、変わった空弁にご興味のある方は是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「おつまみプチ弁当」

2019/11/13
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナル1Fの「ANA FESTA」で入手した、こちらの新作?空弁です。

おつまみプチ弁当 550円(税込)
HND2019NOVF185R
製造元は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
今まで見かけなかったので、おそらくは新作の空弁と思われます。
「おつまみプチ弁当」ということで、フルスペックのお弁当ではなく、ビール等のおつまみ需要を狙った少量系空弁のようです。

早速蓋をオープン。
HND2019NOVF002R
一口サイズのプチおむすび3個と、つくね、カマボコ、いぶりがっこのチーズ添え、という構成。
一口おむすびは、牛焼肉、トンカツ、ちりめんマヨの3種類。
味がしっかりしていて、ビールや日本酒のお供に良さそうです。
いぶりがっこは、あの高級空弁「賛否両論・季節の二段重」に使われているものと同じもののような?
量はかなり少な目ですが、ビール1杯のおつまみには丁度よい分量でした。
満腹にはなりたくないけど、少しだけ美味しいおつまみが欲しい、というときにオススメの空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「三っちゃん大玉」

2019/08/14
今回ご紹介する羽田空港空弁は・・・。
HND2019AUGA015R
第1ターミナルに新規オープンしたお好み焼き店「三っちゃん」の、テイクアウト商品です。

「三っちゃん大玉」626円(税込)
HND2019AUGA022R
要するに、たこ焼き6個入り。
もちろんテイクアウトのみではなく、お店でその場で頂くこともできます。
ちょうど混雑していた時間だったようで、10分ほど待ちました。
その代わり、焼き立てのアツアツです。

では蓋をオープンして、頂きまーす。
HND2019AUGA025R
外がカリッとしているところが、銀だこに似ている印象。
濃厚なマヨネーズとソースたっぷりで、美味しゅうございました。
ああ、ビール飲みたい・・・。
羽田空港に居ながらにして、関西の粉もんを堪能したい方は是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「つきじ厳選・まぐろづくし弁当」

2016/01/25
今回ご紹介する羽田空港空弁は、国内線第2ターミナルで入手したこちらの新作空弁です。

つきじ厳選・まぐろづくし弁当 1080円(税別)
HND_2017JAN_022_R01
製造元は、安心と信頼の日本エアポート・デリカ様。
今まで見かけなかったものなので、新作の空弁と思われます。
パッケージのまぐろの画がインパクトありますね。

ではフタをオープン。
HND_2017JAN_026_R01
パッと見、トンカツ・唐揚げ弁当のような見た目ではありますが。
よーく見ると、マグロの切り身の焼き物などの姿が見えます。
原材料表示によると、トンカツに見えるのはマグロのフライで、唐揚げに見えるのはマグロの唐揚げ。
ご飯の上にかかっている鶏そぼろ的なものも、「鮪そぼろ」なのだとか。

では、いただきまーす。
HND_2017JAN_030_R01
マグロの唐揚げから頂きます。
食感と味付けが鶏のから揚げと似ているので、マグロと言われなければ気づかないかも、です。
タルタルソースつきなので、チキン南蛮的な感じです。
鶏肉と比べると、油分が少なくサッパリしていてヘルシーな感じがしました。
マグロそぼろ、マグロフライも、しっかりとした味付けでご飯が進みます。
日持ちの関係なのか、マグロのお刺身はなしでしたが、色々な風味のマグロを楽しめるという独創的な空弁でした。
マグロ好きな方は是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「そらたまくん」

2016/09/10
今回ご紹介する羽田空港空弁は、羽田空港第2ターミナルの空弁工房さんで購入した、こちらの小物系空弁。

「そらたまくん」 299円(税込)
HND_CTS_201608_025_R1
販売元は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
製造元は、愛知県豊橋市のタマゴ加工業者・中日本株式会社様。
「味付くんせい玉子2個入り」とのこと。
お弁当ではなくて、単品モノの空弁?です。

蓋をオープン。
HND_CTS_201608_027_R1
ツヤツヤの燻製タマゴです。

カラ剥き用の紙ナプキン付き。
HND_CTS_201608_028_R1
「お客様へのお願い」が記載されています。
「カラを剥いたときの表面の白い斑点は、くんせいのシミですので安心してお召し上がりください」
など。

カラを剥いてみると・・・。
HND_CTS_201608_029_R1
茶褐色の白身が登場します。
中身までよくスモークされてそうです。
カラ剥きが必要なので、機内で食べるには適さない感じです。

パクッと一口。
HND_CTS_201608_031_R1
おー、濃厚な卵の風味が感じられて美味。
香ばしい燻製の香りが、内部までよく浸透しています。
ゆでたまごマニヤにはたまりません。
カラを剥いてゆでたまごを食べるのが好きな方にお勧めの一品です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「やまじゅう・筍煮と塩焼鶏」

2016/06/08
今回ご紹介する羽田空港空弁は、国内線第2ターミナルで入手した、こちらのオツマミ系空弁。

やまじゅう・筍煮と塩焼鶏 580円(税込)
HND_2016MAY_004_sora2
製造元は、安心と信頼の日本エアポート・デリカ様。
以前にご紹介した、やまじゅうのオツマミ系空弁:

と同じ、鰹節の「やまじゅう」様とのコラボ・シリーズになります。
以前にご紹介したのは「筍煮と焼鶏」
今回の「焼鶏」で、ついに全3種類をコンプリートしました。

というわけで、蓋をオープン。
HND_2016MAY_009_sora2
焼き鳥が、塩味になっていること以外は「筍煮と焼鶏」と同じ構成です。
さっぱり塩味でありながら、鶏肉の旨みを存分に堪能できて、ビールのオツマミに最適です。
鰹節風味のタケノコ煮、卵焼き、丸いやや大きめの「つくね」も美味しゅうございました。
ゴハンは入っていないので、付属の緑色の楊枝一本でつついて頂けるという手軽さが良いです。
出発前のビールのお供に、是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「やまじゅう・筍煮と焼鶏」

2016/04/28
本日ご紹介する羽田空港空弁は、やや小さめのパッケージのお酒のオツマミ系空弁。

「やまじゅう・筍煮と焼鶏」 580円(税込)
HND_2016APL_019_R3
製造元は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
鰹節の老舗「かつおぶしのやまじゅう」様とのコラボ商品です。
以前にご紹介した「やまじゅう・筍煮と唐揚げ」と同じシリーズになります。

早速フタをオープン。
HND_2016APL_022_R3
お箸は付属していなくて、緑色の大き目の楊枝が入っているのみ。
ご飯は入って無いので、気軽につまむことができるのがイイです。
メインは、写真中央のやや大ぶりな焼き鳥。
濃厚で甘辛い味付けのタレと、香ばしい鶏肉の風味。
サッパリ風味の筍煮は、自慢の鰹節の旨味がしっかりと凝縮されていて美味です。
ああ、無性にビールか日本酒が欲しくなる・・・。
出発前のビールのおつまみに是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「やまじゅう・筍煮と唐揚げ」

2015/10/03
今回ご紹介する羽田空港空弁は、国内線第2ターミナルで入手したこちらのオツマミ系空弁。

やまじゅう・筍煮と唐揚げ550円(税込)
HND_2015OCT_DSC01851_R
製造元は安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
「やまじゅう」は、以前にご紹介した空弁「籠かつお飯」 をプロデュースしたかつおぶしの製造メーカーです。
写真だと大きさ感が分かりにくいですが、パッケージはかなり小さ目で軽いです。

中身をオープン。
HND_2015OCT_DSC01854_R
唐揚げの他に、卵焼きと筍煮が少々。
右下の器の中には「生姜ディップ」が入っています。
このマヨネーズ風味のソースに唐揚げを漬けて頂く、という趣向のようです。
唐揚げはしっかりと味がついていて、生姜ディップと共に豊かな味わいを楽しめます。
うー、ビール飲みたい。
量は少な目ですので、お酒のおつまみにちょっと美味しいものが欲しい、というときにオススメの空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「浅草ヨシカミ・ロースカツサンド&ヨネスケのこだわり天むす」

2015/09/13
今回ご紹介する羽田空港空弁は、国内線第2ターミナルで入手したこちらの新作空弁です。

「羽田最強タッグ!浅草ヨシカミ・ロースカツサンド&ヨネスケのこだわり天むす」 800円(税込)
HND_2015SEP_021_R
製造元は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
その名の通り、「浅草ヨシカミのロースカツサンド」と「ヨネスケのこだわり天むす」をセットにした商品です。

上下二段構成になっている器をオープン。
HND_2015SEP_025_R
内容物は、ロースカツサンド3切れと天むす3個。
ヨシカミのロースカツサンドは、以前のレビューでもお伝えしましたように、キャベツが入っている優しい風味が特徴。
数あるカツサンド系空弁の中でも、私もおすすめの商品です。
ヨネスケの天むすは、鶏・ゴボウ・海老の天ぷらが各1個ずつ。
おむすびの内部には、天つゆの「ジュレ」が入っていて味わい深いです。

「炭水化物同士をセットにしちゃうって、どうなのよ?」と最初は思いましたが、案外味の変化を楽しむことができて満足度は高かったです。
「それぞれの品物をそれぞれ購入した場合とどっちがお得なの?」という疑問が気になるアナタは、以下の過去記事の情報を元に計算してみてくださいませ。

羽田空港の空弁「浅草ヨシカミ・ロースカツサンド」
羽田空港の空弁「ヨネスケのこだわり天むす」

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「ハラルsora弁・シシケバブチキン弁当」

2015/04/11
栄えある通算100食目となる記念すべき羽田空港の空弁は、羽田空港国内線第2ターミナル・出発エリア3Fのこちらのお店で購入。

「ミセス・イスタンブール」
HND_2015APL_PIC002_R
フードコート「UPPER DECK TOKYO」の一角にある、トルコ料理のお店です。
のびーるアイス「どんどるまん」のパフォーマンスが有名です。

店頭の掲示で以前から気になっていたのが、こちらの空弁。
HND_2015APL_PIC003_R
なんと「ハラルsora弁・シシケバブチキン弁当」とのこと。
国内線なのにハラル食(イスラムの戒律を守った料理)ときましたか。
なぜゆえに「sora」弁、と「空」だけがアルファベットになっているのか、気になって夜も眠れません。

お店のレジにて、「ハラル空弁」を購入したい旨を申し出ます。
店員さんによると、シシケバブチキン以外のメニューもすべてハラル食でお弁当にできるとのこと。
でも当方、あまりトルコ料理の知識がないため、そのまま「シシケバブチキン弁当」にしました。
先にレジで料金を支払って、出来上がるまで7~10分ほど待ちます。

できあがったお弁当がこちら。
シシケバブチキン弁当・1620円
HND_2015APL_DSC06835_R
アツアツの作り立てです。
トルコ・イスパルタ産のミネラルウォーター「aysu(アイス)」つきです。

フタをオープン。
HND_2015APL_DSC06836_R
鶏肉のグリルや、ピラフ、サラダ類などなど、本場のトルコ料理が色々詰まっています。
左上のピラフは、一見普通の白い御飯に見えますが、香ばしい香りのピラフです。
トルコ独特のスパイスを使った香ばしいチキンのグリルとよく合います。
右上の区画にあるのが、日本人にはあまり馴染みのない、マニヤックなトルコ料理の数々です。

  1. 葉っぱにくるまったご飯(ネットで調べたところ「ヤプラック・サルマス」であると推測)
  2. サモサのように見えるけど実は甘いパイ生地のお菓子(バクラバ)
  3. やたら辛い赤いペースト状のもの

の3品。
1.の付属物として、レモンがついてきますが、葉っぱの中身はやや酸味のあるピラフという感じであまり口にあわず。
2.はサモサのようなカレー味かと思いきや、メチャメチャ甘くてビックリ。
3.はかなり辛いので、単品で頂くことは不可能。
たぶんピラフかチキンと一緒に頂くものと思われます。
が、3.の存在に気付いたときには、既にピラフもチキンも大半を実食した後だったため、残さざるをえないという悲劇が発生。
というわけで、初めて食べる本場のトルコ料理の味に翻弄されるのでした・・・。
お値段はやや高めですが、トルコマニヤの方には(たぶん)オススメの空弁だと思います。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)