「空弁・国際線」タグアーカイブ

羽田空港国際線の空弁「だし場日本橋・まぐろのハンバーグ弁当」

2019/01/22
今回ご紹介する羽田空港空弁は、国際線ターミナル4Fおこのみ横丁にて入手した、こちらの新作空弁です。

だし場日本橋・まぐろのハンバーグ弁当 780円(税込)
HND2020JAND043R
製造元は、神奈川県川崎市の株式会社にんべん神奈川キッチン様。
国際線で空弁を販売している数少ないお店の一つ「だし場日本橋」様の新作空弁です。
パッケージは、既存のものを流用した形。

では、蓋をオープン。
HND2020JAND048R
メインは、右の区画の「まぐろのハンバーグ」。
冷えていてやや固めではありますが、風味は普通にハンバーグそのもの。
「まぐろ」であることの説明が無ければ、普通のハンバーグだと思ってしまうことでしょう。
チーズとパプリカがトッピングされていて、美味しくいただきました。
だし炊き込みご飯や煮物類は、相変わらず安定の美味しさでした。
リーズナブルにお腹を満たしたい方にオススメの空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港国際線の空弁「だし場日本橋・和風しょうゆチキン弁当」

2019/05/05
今回ご紹介する羽田空港空弁は、国際線ターミナル・おこのみ横丁の「だし場日本橋」様で入手した、こちらの空弁です。

だし場日本橋・和風しょうゆチキン弁当 1080円(税込)
HND2019NOVC001R
製造元は、川崎の株式会社にんべん神奈川キッチン様。

食べ損ねてしまったかと思った「和風しょうゆチキン弁当」でしたが、まだ販売していました。
日によってお弁当のラインナップが色々変わるみたいですね。

ではフタをオープン。
HND2019NOVC005R
チキンのボリュウムが凄い。
しっかりと「和風しょうゆ」の味が染みていて、ご飯が進みます。
やや味濃いめですので、飲み物があったほうがよいでしょう。
その他のポテサラや煮物類、だし炊き込みご飯も、他のお弁当と同様に美味しゅうございました。

同梱されている、どろっとしたタレ。
HND2019NOVC006R
まろやかなダシの風味で、何にかけても美味しくいただけます。

国際線ターミナルで、ササッと満腹になりたい、という方にオススメの空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港国際線の空弁「だし場日本橋・おぼろ豆腐バーグ弁当」

2019/10/23
今回ご紹介する羽田空港空弁は、国際線ターミナル4F・おこのみ横丁で入手した、こちらの空弁です。

「だし場日本橋・おぼろ豆腐バーグ弁当」980円(税込)
HND2019OCTH025R
製造元は、川崎の株式会社にんべん神奈川キッチン様。
おこのみ横丁のテイクアウト店「だし場日本橋」で販売しているお弁当のひとつです。
まだ未実食のお弁当が数種類あるので、当分の間はネタ切れにならずに済みそうです(笑)。

では蓋をオープン。
HND2019OCTH031R
左区画に、お馴染みのだし炊き込みご飯。
中央のポテトサラダ、小松菜きのこ和えはいつも通り。
メインは、右区画の大きな「おぼろ豆腐バーグ」です。

どろっとしたタレのようなもの(だしあん)をかけて、頂きまーす。
HND2019OCTH033R
お豆腐で作られたらしいハンバーグ。
味がしっかりと染みていて、冷えていても美味しくいただけました。
タレには出汁の旨味が感じられ、豆腐バーグの旨味を引き立ててくれます。
この「だし場日本橋」様のお弁当シリーズはやさしい味付けでイイですね。
空港を見学に来たときに、ササッとお腹を満たしたいときにどうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港国際線の空弁「だし場日本橋・豚テキ弁当」

2019/10/09
今回ご紹介する羽田空港空弁は、国際線ターミナル4F・おこのみ横丁の「だし場日本橋」様で購入した、こちらの新作空弁です。

「豚テキ弁当」1080円(税込)
HND2019OCTA017R
製造元は、川崎市の株式会社にんべん神奈川キッチン様。

最近になって、色々な種類の空弁を販売するようになった「だし場日本橋」。
久しぶりに覗いてみると、お弁当のラインナップが全面的に変わっていました。
しまった「和風しょうゆチキン弁当」を食べ損ねてしまった・・・。

気を取り直して、蓋をオープン。
HND2019OCTA024R
だし炊き込みご飯、ポテトサラダ、小松菜のきのこ和えは、以前のサバ味噌煮弁当(もう売っていなかった・・・)と同様。
豚テキは肉厚でたっぷり。
お肉に味がよーく染みていて、食べ応えありました。
煮物も美味しい。
ガッツリと豚肉を堪能したいときにオススメのお弁当です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港国際線の空弁「だし場日本橋・さば味噌煮弁当(ごま入り)」

2019/09/18
今回ご紹介する空弁は・・・。
HND2019SEPB017R
羽田空港国際線4Fおこのみ横丁のテイクアウト店「だし場・日本橋」様で購入した、こちらのお弁当です。

だし場日本橋・さば味噌煮弁当(ごま入り) 980円
HND2019SEPB021R
製造元は川崎市の株式会社にんべん神奈川キッチン様。

「だし場・日本橋」様は、最近になって、空弁ラインナップを拡充。

の4種類の新作空弁のうちの1つになります。

では蓋をオープンして、頂きまーす。
HND2019SEPB027R
鯖が柔らかくて、めちゃくちゃ美味!
やや甘めのやさしいお味噌と出汁の風味が、しっっかりと染み込んでいて、サバの臭みがほとんどありません。
だし炊き込みご飯との相性も抜群で、どんどん食が進みます。
やや地味ではありますが、これは国際線の新名物空弁誕生!かもです。
鯖好きな方は是非是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港国際線の空弁「だし場日本橋・幕の内弁当【かじき西京焼き】」

2019/09/04
今回ご紹介する羽田空港空弁は、国際線ターミナル4Fおこのみ横丁の「だし場日本橋」で入手した、こちらの店舗系空弁です。

だし場日本橋・幕の内弁当【かじき西京焼き】 880円。
HND2019AUGQ058R
最近になって販売が始まった(羽田空港空弁としては)新作の空弁です。
880円というお値段は、空港のお弁当屋さんとしては割とリーズナボーなお値段。

第1・第2ターミナルとは違って、国際線ターミナルは空弁売場が少ないです。
国際線は、国内線よりも保安検査が厳しいし、フルサービスキャリアなら機内食が出たりするので、そもそもお弁当の需要が少ないからと思われます。

でも、最近の国際線利用者増に伴って・・・。

  • レストランが混んでいるときに、すぐに何か食べたい人
  • TIAT SKY HALLのイベント目当てで来た人
  • 空港の関係者様
  • 用もないのに空港に来る人(私だけ?)

向けに、最近はお弁当がよく売れているような感じがしています。

では、蓋をオープン。
HND2019AUGQ060R
だし場日本橋(にんべん)ご自慢のだし炊き込みご飯と、おかずがたっぷり。
かじき西京焼きは、酒粕の風味がよく染みていて美味。
煮物類も安定の美味しさでした。
ボリュウムも結構あり、リーズナブルにお腹を満たせる国際線空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港国際線の空弁「だし場日本橋・サーモンタルタルフライ弁当」

2019/08/21
今回ご紹介するのは、羽田空港国際線ターミナル4Fおこのみ横丁「だし場日本橋」で入手した、こちらの空弁です。

だし場日本橋・サーモンタルタルフライ弁当 880円(税込)
HND2019AUGD074R
だし場日本橋では、これまで「だし炊き込み二段弁当」がメインでしたが、今回は「二段弁当」の姿はなく。

その代わり、以下の4種類の空弁が売られていました。

  • サーモンタルタルフライ弁当 880円
  • さば味噌煮弁当(ごま入り)980円
  • 幕の内弁当 かじき西京焼き 880円
  • 和風しょうゆチキン弁当 1080円

国際線で買えるお弁当のバリエーションが増えてウレシイです。

では、蓋をオープン。
HND2019AUGD078R
だし炊き込みご飯(左側)とサーモン・タルタルフライ(右側)。
その他、ポテトサラダやお新香や卵焼きなど。
サーモンタルタルフライの上には、パプリカが乗っているだけで、タルタルソースの姿が見えませんが、はて?

フライをかじってみると・・・。
HND2019AUGD079R
なんと、フライの中のサーモンと共に、タルタルソースが内蔵されていました。
なーるほどー。
このタルタルソースの風味がサーモンと相まって、とても美味しゅうございました。
だし炊き込みご飯との相性も抜群です。
国際線ターミナルの出発前エリアで、サクッとお腹を満たしたいときにオススメの空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港国際線の空弁「吉野家・鰻重1枚盛り」

2019/07/31
今回ご紹介する羽田空港空弁は・・・。
HND2019JUNW035R
国際線ターミナル4Fの吉野家のテイクアウト弁当です。
羽田空港内の吉野家は、ここ国際線の他に、第1ターミナルのスターフライヤーのカウンター近くにもありますね。

この日は土用の丑の日ということで・・・。
HND2019JUNW037R
鰻重を絶賛発売中でした。
もちろん羽田空港でなくても購入可能ですが、空港で入手できるお弁当ということで、羽田空港空弁としてご紹介させて頂きます。

羽田空港国際線の鰻屋さんといえば、4Fおこのみ横丁の「宮川本廛」ですが、かなりお高い・・・。
今年はお安くウナギが食べたい、ということで、吉野家の鰻重を頂くことに。

10分ほど待って購入。890円(税込)なり
HND2019JUNW042R
テイクアウトコーナーも、海外からのお客さんで行列が出来ていて大盛況。

では、容器を袋から取り出します。
HND2019JUNW044R
やや高級感のある発泡スチロール容器。
山椒付きでした。

では、蓋をオープンして、山椒をトッピング!
HND2019JUNW046R
おお~、うなぎだ~。
蒲焼の香りが、周囲にぷうんと立ち込めて、若干注目を浴びます。

うなぎは思ったよりも柔らかで美味。
甘辛い蒲焼のタレも素晴らしく、ご飯がどんどん進みます。
うなぎが無くても、このタレだけで満足できそうです。
宮川のうな丼には手が出せないけど、出発前に日本のうな丼を堪能したい、という方にオススメの空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港国際線の空弁・期間限定?「江戸前佃煮海苔弁当【まぐろ角煮】」

2019/05/29
こちらは羽田空港国際線4F・お好み横丁の「だし場日本橋」様。
HND2019MAYK133R
地味にリニューアルされて、お弁当売り場のような棚が出来ていました。
今回ご紹介する羽田空港空弁は、そんなテイクアウト専門店の「だし場日本橋」で入手したこちらの空弁です。

江戸前佃煮海苔弁当【まぐろ角煮】 600円(税込)
HND2019MAYK148R
製造元は、川崎市の株式会社にんべん神奈川キッチン様。
空弁でありながら、600円という価格破壊級のお値段が画期的です。
TIAT SKY HALLでイベントがあるときは、売り切れるほど大繁盛しています。

早速蓋をオープン。
HND2019MAYK154R
マグロの角煮(左)の他、煮物類、そぼろたまご、きんぴらごぼうなど。
どれも味がよく染みていて、安定の美味しさです。
特に、マグロの角煮は甘辛くしっかりとした味付けで、ご飯が進みました。

具材の下には、もちろんご飯が敷き詰められています。
HND2019MAYK156R
上げ底か?と思いきや、しっかりとご飯が詰まっていました。

お弁当の近くに「リニューアルOPEN記念限定販売」と書かれていたので、今はもう売っていないかもしれません。
レギュラー空弁の「日本橋だし場二段弁当」や「彩りだし御膳」もリーズナブルでオススメです。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港国際線の空弁「焼肉チャンピオンロール」

2019/05/01
「令和元年」の一発目にご紹介する羽田空港空弁は・・・
HND2019APLD158R
国際線ターミナル4F・江戸小路の「焼肉チャンピオン」様で入手した、こちらの名物空弁です。

「焼肉チャンピオンロール」1400円(税込)
HND2019APLD177R
以前は「江戸前焼肉ロール」という名称で販売されていた、羽田空港国際線の名物お土産の一つです。

かなり前に「江戸前焼肉ロール」から「焼肉チャンピオンロール」に改名されたのに伴い、お値段も1260円(税込)から1400円(税込)に値上げされてしまいました(涙)。
お値段以外に何か変化点があるのかどうかを確認するため、今回、久しぶりに購入。

ではオープン。
HND2019APLD178R
竹の皮でくるまれたロールは8つにカットされています。
かなりボリュウム感あります。

断面を観察。
HND2019APLD183R
外側はたっぴりの胡麻でコーティングされていて、外国の方でも食べやすいように、黒い海苔が内側に内蔵されています。
中身の具材の内容も「江戸前焼肉ロール」時代と同じもののようです。

んでは、いただきまーす。
HND2019APLD186R
柔らかい焼肉がたっぷりで、安定の美味しさ。
さらにキムチ、マヨネーズ、ゴマ、海苔などの色々な味が主張しあい、食べ応えがあり。
やや味が濃いめなので、無性にビールが飲みたくなって来ます。
ううう!

こうなることが予想できたので・・・。
HND2019APLD172R
おこのみ横丁の「天ぷらたかはし」様にて「COEDOピール・瑠璃」450円も購入しておきました。
焼肉ロール → ビール → 焼肉ロール・・・の無限ループに陥ります。
ああ極上。

ちなみに同梱のマニュアルによると・・・。
HND2019APLD167R
食べる前に電子レンジで加熱することをお勧めします、とのこと。
確かに、温かいと更に美味しく頂けるかもしれませんね。

羽田空港国際線のお土産に是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)