「日本エアポートデリカ」タグアーカイブ

羽田空港の空弁「うまい!豚肉生姜焼き弁当」

2018/09/27
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルの空弁工房様で発見した、こちらの空弁です。

「うまい!豚肉生姜焼き弁当」880円(税込)
HND2018SEPL001R
製造元は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
「うまい!」って、ストレートなネーミングのお弁当ですね・・・。
初めて見かけたお弁当ですが、私が購入した時は、特に「新製品」の表示は見当たらず、でした。

ではフタをオープン。
HND2018SEPL009R
豚肉生姜焼きがたっぷり。
お肉の下には、もちろんご飯が敷き詰められています。
付け合わせに、卵焼きとしば漬け・高菜漬けもあり。
日本エアポートデリカ様のお弁当としては、久々のこってりお肉系空弁です。

では、早速いただきまーす。
HND2018SEPL011R
豚肉生姜焼きは、やや濃いめの味付け。
そのおかげで、冷えていても美味しくいただけます。
ビールや日本酒にもよく合いそうです。
お肉系のお弁当がお好きな方は是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「おそらのおべんとう」

2018/09/19
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルで入手した、こちらのお子様向け空弁の新作です。

「おそらのおべんとう」1100円
HND2018SEPAG026R
製造元は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
3年ほど前にご紹介した「ブルーインパルス・お弁当パック」に次ぐ、お子様向け航空関連空弁の第2弾です。
ジェットエンジンを小脇に抱えた(!)愛らしい鳥のキャラクターが印象的。
お子様も大喜びの仕掛けが満載のお弁当です。

パッケージの側面には・・・。
HND2018SEPAG029R
黒板を用いた航空機の各部の解説があり。
「ふらっぷ」や「ぴとーかん」「すらすとりばーさー」等のマニヤックな説明は省略。

反対側の側面には・・・。
HND2018SEPAG002R
国際線ターミナル展望デッキから眺めた、羽田空港の特徴的な建物たちが描かれています。
新旧の管制塔の他、羽田エクセルホテル東急のオレンジ色の建物も忠実に再現。

実際の国際線ターミナル展望デッキからの景色はこちら。

先ほどのパッケージの絵が、かなりリアルに描かれていることがお分かり頂けるかと。
小さくて見にくいですが、矢印の先に離陸する飛行機が映っています。
パッケージの絵のように、管制塔より右側でC滑走路を離陸する飛行機を撮るのは無理でした。

第1または第2ターミナルでこのお弁当を買って、国際線ターミナルの展望デッキで、実際の風景と見比べながら頂くのがオススメです。

では蓋をオープン!
HND2018SEPAG005R
おお!
飛行機が飛び出してきました。
機材はエアバスA320っぽい?です。
同時に空港で働く特殊車両たちも飛び出してきます。
ワクワク感あふれる演出。

仕掛けは単純で・・・。
HND2018SEPAG011R
こんなような感じで、飛び出す部分が折り込まれているわけです。
お食事が終わった後も、おもちゃとして置いておける、というわけです。

左側の特殊車両は「トーイングカー」
HND2018SEPAG006R
各車両の説明書きがあります。
1万1040ccのエンジンを搭載しているってスゴイ。

こちらは燃料給油車。
HND2018SEPAG008R
高所作業車っぽい。
燃料タンクは搭載していません。

ではさらに蓋を開けて・・・。
HND2018SEPAG015R
丸いクリップを切り抜いて、右上部分に差し、蓋が閉じないように留めておきましょう。

いよいよ食料に着手。
HND2018SEPAG018R
サンドイッチの上を飛行機の形の卵焼きが飛んでいます。
ハムは、お日様の形をイメージしているのでしょうか。
空港って感じがして楽しいですねえ。

袋から取り出して、頂きまーす。
HND2018SEPAG021R
サンドイッチは、卵サンドとイチゴジャムサンドの2種類。
タコのウインナーと唐揚げつき。
柔らかくて、お子様でも安心して食べられそうです。
ウエットティッシュもついてきますので、手をよく拭いてからお召し上がりください。

お菓子も2種類同梱。
HND2018SEPAG019R
動物ビスケットとチョコのマシュマロでした。

空港のワクワク感を、そのままご家庭にお持ち帰りできる空弁「おそらのおべんとう」のご紹介でした。
ご家族で羽田空港を訪問したときの記念にどうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「つきじ丸武・親子サンド」

今回ご紹介する羽田空港空弁は、第1ターミナルにて購入したこちらのサンドイッチ系空弁です。

つきじ丸武・親子サンド 699円(税込)

製造元は安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
以前にご紹介した「つきじ丸武・玉子焼サンド」と同じシリーズの商品と思われます。

早速フタをオープンして、ビニールを開封。

玉子焼きサンドが3切れと、チキンカツサンドが3切れという構成。
なるほど、前回の「玉子焼きサンド」は玉子焼きのみだったので、チキンカツサンドも楽しめるようにしたわけですね。

では、そのチキンカツサンドを頂きまーす。

ややパンが多めの印象ですが、しっかりとしたソース味で美味しく頂けました。
甘くてジューシーな玉子焼サンドとの相性がなかなか良いです。
「玉子焼サンドも美味しそうだけど、それ以外のものも食べたい!」という欲張りな方は是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「羽田穴守・行楽おこわ弁当(2018夏)」

今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルで入手したこちらの空弁です。

「羽田穴守・行楽おこわ弁当(2018夏)」1030円(税込)
HND2018AUGT6003R
製造元は安心と信頼の日本エアポートデリカ様。

以前にご紹介した「羽田穴守・行楽おこわ弁当」の夏バージョンのようです。
「季節によって中身が変わる空弁シリーズ」がまた登場した予感。

ではでは早速蓋をオープンしてみます。
HND2018AUGT6009R
今回のおこわは「赤飯栗おこわ」と「山菜ちらしおこわ」の2種類。
あっさり系で美味しいです。
「赤魚塩焼」は、前回のバージョンと同じでした。
上中央の区画にあるのは、濃いめの味付けの「鶏の黒酢和え」と「玉子焼き」。
どこかで見たことがあるような、なすび型の和菓子もあり。
その他、よく味の染みたサツマイモやシイタケの煮物など、色々なお味が楽しめます。
おこわ好きな方は是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「魚介と肉のよくばり飯」

2018/08/22
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第1ターミナルで入手したこちらの新作空弁です。

魚介と肉のよくばり飯 1280円(税込)
HND2018AUGU2003R
製造元は安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
最近(2018/08ごろ)になって、あちこちの空弁売り場の目立つ場所に置かれ始めた、次期主力空弁(?)です。

では早速蓋をオープン。
HND2018AUGU2008R
見ての通り、左半分がお肉の部、右半分は魚介の部という構成。

では、お肉の部から頂きまーす。
HND2018AUGU2009R
お肉の部は、

  • 鶏肉のから揚げ
  • 豚の生姜焼き
  • 牛肉の甘露煮

という、まさにお肉のオールスターキャストとなっています。
どれもかなりコッテリとした味付けでご飯が進みます。

続いて魚介の部へと進行。
HND2018AUGU2012R
魚介の部は

  • 銀鮭のごま焼き
  • ちりめんじゃこ
  • 紅ズワイガニだし煮

という、こちらも3種類のお味が楽しめるという豪華な構成。
お肉の部と比べると、こちらはサッパリ系の味付けになっています。

魚介の部のご飯は・・・。
HND2018AUGU2013R
白いご飯ではなく「かつお醤油ご飯」になっていました。
ほんのりと醤油の香りが感じられて、ご飯だけでも美味しくいただけます。

さらに、たくわんや高菜漬などの漬物類も充実。
おかずが多いので、白いご飯をおかわりしたくなってしまいました。
まさに「美味しいものを色々食べてみたい!」という欲張りな方にお勧めの空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「京風黒毛和牛すき焼き弁当」

2018/08/01
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルにて購入したこちらの新作空弁です。

京風黒毛和牛すき焼き弁当 1300円(税込)
HND2018JULZ021R
製造元は安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
久々の新作空弁のリリースです。

京料理「たん熊」は昭和3年に京都に創業した老舗の和食屋さん。
阪神地方の他、東京にも支店があり。
そんな「京料理たん熊北店」とコラボした空弁のようです。

では蓋をオープン。
HND2018JULZ024R
おお~、お肉がいっぱい。
パッケージの説明によると「黒毛和牛を贅沢に使用したこだわりのひと品」とのこと。

お味のほうは・・・。
これはウマい!
柔らかな牛肉が甘めのすき焼きタレとよく絡み合っていて、文字通り頬っぺたが落ちそうになりました。
生タマゴの香りも若干感じられる、関西風のすき焼きの味です。
お肉の他、椎茸、ゴボウ、タマネギ、白滝(関西では糸こんにゃく)など色々な具材を楽しむことができました。
他の空弁に比べると、ややお値段は高めですが、お値段相当の満足感が得られる空弁です。
お肉系のお弁当が好きな方は是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「賛否両論・季節の二段重(夏)2018」

2018/07/18
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルにて入手したこちらの季節の空弁です。

「賛否両論・季節の二段重(夏)2018」税込み価格1620円
HND2018JULC026R
製造元は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
「賛否両論」は東京・恵比寿にある人気の日本料理屋さんとのこと。

以前に春バージョンを頂いたことがあります。
羽田空港の空弁「賛否両論・季節の二段重(春)2018」

今回は、季節によって何がどう変わるのかを調査すべく、夏バージョンを購入してみました。

「二段重」ですので、お弁当は二段式。
HND2018JULC032R
お弁当の蓋を開けるときのワクワク感を2度楽しむことができます。

こちらが下段のご飯の部。
HND2018JULC034R
春バージョンのご飯の部とは、かなり内容が異なります。
メインはひじきご飯に、鶏そぼろ、卵焼きそぼろをトッピングしたもの。
そら豆が入っているのが夏らしさを感じます。
ミニお結びには、ちりめんじゃことピーマンの炒め物、ツナなどが乗っています。
左上にある「いぶりがっこのチーズ載せ」は、春バージョンにも入っていました。

お味の方は・・・
メチャメチャ美味しいです(涙)。
ビジネスクラスの機内食に出てきてもおかしくないレベル。
おかずがなくても、ご飯の部だけでドンドンお箸が進んでしまいます。

続いて上段のおかずの部へ。
HND2018JULC033R
メインは中央の白身の焼き魚。
酒粕の香りが魚の味を引き立てていて、ご飯が進みます。
鶏のから揚げと玉葱の酢漬けの組み合わせ(右上)には「甘酢ジュレ」がまぶされていて、サッパリ風味に仕上がっていました。
その他、きんぴらゴボウや牛肉の甘露煮などなど、どれもこれも素晴らしく美味しいです。

冷めていても、これだけ美味しいものが作れる日本のお弁当技術って本当素晴らしい、と改めて思ったのでした。

というわけで・・・。
HND2018JULC035R
「賛否両論・季節の二段重」夏バージョンのご紹介でした。

お値段的にもクオリティ的にも、まさに日本エアポートデリカ様の空弁の最高峰。
羽田空港で東京の有名店の味を堪能してみたい方は是非どうぞ。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「なすび亭・お結び弁当(夏)2018」

2018/06/20
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルにて入手した、こちらの空弁です。

「なすび亭・お結び弁当(夏)2018」1188円(税込)
HNDJUNA144R
製造元は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
季節によって中身が変わるお弁当の「夏バージョン」です。

その他の季節のバージョンは以下をどうぞ。

これで、ついに春夏秋冬の全バージョンを制覇しました!(だから何?)

一見、どの季節も同じパッケージに見えますが・・・。
nasubi-onigiri-4seasons2
よーくみると、季節によってデザインが違います。
細かいですねえ。

化粧紙を取ると・・・。
HNDJUNA001R
チェック柄の8角形の2段重ねのお弁当箱が姿を現します。
この箱は、各季節で共通のものです。

蓋を取ると、こんなような感じで・・・。
HNDJUNA003R
上段がおかずの部、下段がおにぎりの部に分かれています。

ではまず下段のおにぎりの部から。
HNDJUNA008R
一口サイズのお結びが3種類5個。
お結びの種類は季節によって異なります。

夏バージョンは以下の三種でした

  • コーンとちりめんじゃこのお結び
  • 穴子のお結び
  • 鱧とねり梅のお結び

「コーンとちりめんじゃこ」「鱧とねり梅」というユニークな素材の組み合わせ。
これが意外とよくマッチしていて美味です。
穴子のお結びも、山椒のさわやかな香りがして良かったです。
毎回、どんな具材のお結びが登場するのか楽しみです。

続いて上段のおかずの部。
HNDJUNA010R
こちらも季節によって具材が変わります。
夏のお弁当のメインは、左側にある「冬瓜煮豚そぼろかけ」。
お出汁をたっぷりと吸い込んだジューシーな冬瓜と、甘辛い豚そぼろの組み合わせが素晴らしかったです。
椎茸の揚げ物や卵焼きも美味しゅうございました。
なすびの和菓子は各季節共通ですが、夏バージョンは抹茶のお菓子もついてきました。

というわけで・・・。
HNDJUNA005R
いつもハイクオリティで独創的な「なすび亭・お結び弁当」の夏バージョンのご紹介でした。
流通量が多く、羽田空港国内線第1・第2ターミナルの多くの空弁屋さんで入手できます。
量はやや少な目ではありますが、一品一品手が込んでいて、どれも美味しい。
お勧めの羽田空港空弁の一つです。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「鶏三昧・鶏そぼろと鶏照り重の弁当」

2018/05/30
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第2ターミナルで入手したこちらの新作空弁です。

「鶏三昧・鶏そぼろと鶏照り重の弁当」820円(税込)
HND2018MAYG080R
製造元は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。
日本エアポートデリカ様製造のお弁当ということは「羽田空港ならではの限定空弁」である可能性が高いです。

今まで見かけなかった空弁なので、新作の空弁と思われます。
第2ターミナルのみならず、第1ターミナルの空弁屋さんでも売っていましたので、かなり流通量は多いようです。

では蓋をオープン。
HND2018MAYG084R
いわゆる「鶏そぼろ弁当」。
真ん中にメインの焼き鳥がドーンと乗せられていて、鶏そぼろと玉子そぼろのエリアを2分しています。

焼き鳥は甘辛く、しっかりと味がしみていて美味。
ほわーんとワインのような香りも漂ってきて上品な味わいです。
やや味が濃いめなので、飲み物も一緒に入手すると良いでしょう。

鶏そぼろ、卵そぼろも安定の美味しさで、ご飯がよく進みました。
ビールや日本酒にもよく合いそうです。

全体的に量は少な目でしたので、出発前にちょこっとお腹を満たしたい方にお勧めの空弁です。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)

羽田空港の空弁「賛否両論・季節の二段重(春)2018」

2018/04/25
今回ご紹介する羽田空港空弁は、第1ターミナルにて入手したこちらの空弁です。

「賛否両論・季節の二段重(春)2018」 1620円(税込)
HND2018AD016R
製造元は、安心と信頼の日本エアポートデリカ様。

実は3年前に同じお弁当を購入したことがあります。
羽田空港の空弁・「賛否両論 季節の二段重」

前回も「春」バージョンのお弁当でした。
今回は、年によって中身が変わるかどうかを検証するために購入してみました(なんという物好きな)。
お弁当の見た目は、化粧紙も容器も3年前と同じで変わっていないようです。

では中身をオープン。
HND2018AD020R
2段重ねの上段は、おかずの部になっています。
器はスチロール製で軽いですが、黒く塗られていて高級感があります。

まずはこちらが上段のおかず。
HND2018AD026R
やはり中身は3年前と変わっているようです。
メインのおかずは鰆(さわら)の白味噌焼。
白味噌の香りがさっぱり風味の鰆とよく合っていました。

左上の区画は「豚角煮のからし添え」と「ジャーマンポテト」。
右上の区画は「鶏唐揚げ」と「玉葱梅酢漬け」。
やや意外な食材の組み合わせですが、これが絶妙なコンビネーションでメチャ美味しいです。

下段のごはんの部。
HND2018AD027R
こちらは、桜エビ入りのタケノコご飯(上段)と梅シソご飯(下段左)、青菜のご飯(下段右)。
ご飯も3年前のバージョンとは変わっているという奥深さ。

見た目も味も「春の到来」を感じさせてくれる内容になっています。
日本のお弁当技術はスゴイですねえ。
もはや芸術品の域に達しています。
ご飯だけでも美味しいので、おかずだけが余ってしまわないようにご注意ください。

普通の空弁ですと「あ、この煮物は、あの空弁のヤツと同じかな?」とか気付いてしまうものなのですが、このお弁当は、一品一品をこのお弁当専用に作りこんでいるような感じがします(推測ですが)。

お値段は1620円とお高めではありますが、お値段に見合ったクオリティを感じることができる空弁でした。

その他の羽田空弁はこちら
羽田空港の空弁一覧(画像つき)