タグ別アーカイブ: 羽田食堂

羽田空港国際線・羽田食堂で「まぐろ丼」を喰らうの編

2017/07/28
1カ月ほど前から、羽田空港国際線の「羽田食堂」に登場した季節限定メニューがあります。
HND2017JUL-069_R35
その名も「まぐろ丼」。
お味噌汁とお新香つきで1380円とのこと。

限定メニューには弱い性分なので、早速実食してみることに。
HND2017JUL-002_R35
おお~。

マグロの切り身がたっぷり。
HND2017JUL-001_R35
ゴハンの部分が見えないぐらいまで敷き詰められています。
思っていたよりも、なかなかゴージャスではありませんか。

まずは、ワサビ醤油を作製。
HND2017JUL-003_R35
お醤油のボトルも一緒に配布されますので、お好きなだけどうぞ。

マグロの上から、ダーッ!と醤油をかけちゃいましょう。
HND2017JUL-004_R35
おお、美味しそう。
マグロの刺身は、かなりフレッシュで食べ応えあり。
白い部分の切り身は、びんちょう鮪っぽい感じで口の中で溶けるような上品な味わいでした。
海外への出発前に、新鮮な日本の海鮮系料理を食べておきたい、という方にオススメのメニューです。

羽田空港国際線・秋の味覚「新さんまの塩焼き」登場の編2016

2016/09/23
羽田空港国際線4Fの「はねだ日本橋」登り口近くにある「和カフェ・羽田食堂」
HND_2016SEP_018_R9
最近は、密かに「焼き魚定食」を始めたりして、出発前の日本人客の心をガッチリと掴んでいます。

そんな羽田食堂に「秋の味覚」登場。
HND_2016SEP_017_R9
「新・秋刀魚の塩焼き」定食 1180円。
やっぱり、秋はニュー・サンマですよねえ。
ただし最近はサンマの漁獲量が減っていて、お値段が高騰しているのだとか・・・。

これ以上お値段が上がらないうちに、頂いておくことにします。
HND_2016SEP_011_R8
ご飯と味噌汁とお新香つき。
おお~さすが、サンマは脂が乗っていてウマいです。
サッパリ大根おろしとの相性も抜群で、ゴハンが進みます。
「日本の秋」を感じられます。

ちなみにこの週末(9/24)の羽田空港では・・・。
HND_2016SEP_011_R9
「空の日」の各種お楽しみイベントを実施、とのこと。
イベントついでにサンマを食べに、羽田空港国際線へどーぞ。
東京ビックサイトのツーリズムEXPO(旅行博)も行きたい・・・。

<お知らせ>
本ブログタイトル横の検索窓にてブログ内を検索後、表示されたブログタイトルをクリックした際に「ページは機能していません」と表示されていた不具合(再読み込みで表示できる)を修正しました (9/23)。

羽田空港国際線・お魚定食始めました@羽田食堂

2016/04/10
羽田空港国際線4F・はねだ日本橋の上り口にあるレストラン「羽田食堂」にて。
HND_2016APL_005_R2
冷やし中華ではなく、「お魚定食始めました」とのこと。
シブい路線で攻めてきましたねえ。
確かに、国際線で焼き魚が食べられるところは少ないかもです。

横の立て看板に詳細メニューあり。
HND_2016APL_006_R2
この日の魚定食メニューは以下とのこと。

  • 「脂がのってます」鯖の塩焼き定食 1180円
  • 「宮城県産」鯖の味噌煮定食 1080円
  • 「千葉県銚子港水揚げ」イワシのフライ定食 1180円

お魚好きにはたまりません。
これから海外に出発する日本人をターゲットにしているものと思われます。

早速、お昼ご飯がてら「鯖の塩焼き定食」1180円を発注してみる。
HND_2016APL_018_R2
ご飯、味噌汁、お漬物付きで来ました。
ごれぞユネスコ無形文化遺産「和食」。

店頭の謳い文句通り、脂ののった鯖です。
HND_2016APL_019_R2
大根おろしを、鯖の上に乗せて・・・。

醤油を上から垂らして頂きます。
HND_2016APL_021_R2
最近よくレストランで見かける、容器が凹むタイプのキッコーマンのお醤油。
香ばしい鯖の塩焼きと、サッパリした大根おろし醤油の組み合わせが最高です。
焼き鯖の後、ガッと白いご飯をかき込む。
日本人に生まれて良かったと感じられる瞬間です。

海外へ出発する前の最後の日本食として頂くもよし、海外から帰国後の「和食欠乏症」を解消するために頂くもよしです。
この「羽田食堂」は24時間営業ですが、このお魚定食の提供時間は10:00~22:00とのこと。
店内には、電源コンセントのある座席もあり。
スマホやノートPCの充電もできる快適空間で、焼き魚を是非ご堪能くださいませ。