タグ別アーカイブ: PCデスク

PC作業用のコンセント付きシンプルデスク「山善 MCPE-1256H」をAmazonで購入してみたの編

2017/04/04
今回は、自宅でブログを執筆するときの「机」のお話です。

机が欲しくなったキッカケ

今まで自宅でブログを書くときは・・・。
Kagu-004_R
こんなような「座卓」で作業をしておりました。
脚が痺れるし、猫背になって背中がバキバキに痛くなるしで、1時間ぐらいの作業で限界がやってきます。

そんなとき、ふとしたキッカケで行ってみたのがこちら。
「パセラのコワーク 東新宿店」
DESK-2017APR-004_R
東新宿にあるコワーキング・スペースです。
有料ですが(5時間利用で1500円 etc)静かに作業できる席が沢山あって、ブログ執筆作業がメチャはかどりました。
PCディスプレイも借りられて、ノートPCを持ち込めば、デュアル・ディスプレイ環境で快適にブログ書きができます。
まさに天国のような空間でした。

そこで利用させてもらったのが、この机。
DESK-2017APR-006_R
この机が、メチャ快適。
4~5時間ほどノートPCで作業をしても、肩や背中が凝ることが殆んどありませんでした。
この机の高さが、私の身長(173cmです)にとって、ちょうど良い感じなのです。
猫背にもならず、見上げるカンジにもならず、絶妙。
後日、こっそりメジャーで高さを計ってみたところ「高さ76cm」でした。
この机、欲しいな~。
てかこのコワーキングスペース、机と椅子の宣伝効果絶大ですよ。
(そういうつもりはないのでしょうけど・・・)

そしてさらに後日、自宅でAmazonを探しまくったところ・・・。

全く同じ机を発見!

山善の「MCPE-1256H」という商品とのこと。
お値段は8490円(当時)と、思ったよりもリーズナブル。
色はホワイトとダークブラウンがあるようですが、ホワイトは売り切れでした。
他にも同様なデスクをAmazonで取り扱っていましたが、「高さ76cm」はこの机しか見つからず。
この手の机は「高さ70cm」のモノが多いみたいです。
小柄な方や女性なら、「高さ70cm」ぐらいが丁度よいのかもしれませんが、私の場合は猫背になってしまうので却下。
早速「高さ76cm」の「MCPE-1256H」のダークブラウンをクリックして購入したのでした。

ちなみに「自分に最適な机の高さを知りたいー」という方は、赤坂にあるオカムラのガーデンコート・ショールームに行ってみるのがお勧めです。
「Swift」という、電動で高さを変えられる机が展示されていて、自分で好きなように高さをいじって体験することができます。
机の高さを表示できる机もありますので、そこで椅子に座りながら高さを色々変えて、自分に最適な机の高さを探ってみましょう。

実物が届いて開封の儀

「MCPE-1256H」は、注文してから3日ぐらいで配達可能とのことでした。
しかし平日は家にいないので、土曜日の午前中に配達して頂きました。
DESK-2017APR-007_R
デカイ!
佐川急便で届きました。
あれ? 佐川ってAmazonから撤退しなんじゃなかったっけ。
まあいいか。
Amazonの書き込みによると「保存状態が悪い」みたいなコメントがあって、やや不安でしたが、箱には特に損傷は無さそうでした。

では、開封。
DESK-2017APR-009_R
机の横幅は120cm。
梱包している箱を含めると150cmぐらいあります。
組み立てるのに十分なスペースの確保が必要です。

箱の中に、さらに巨大な箱が入っていて・・・。
DESK-2017APR-020_R
この中に天板が入っている模様。
この箱にも特に損傷は見当たらず。

天板を箱から出してみます。
DESK-2017APR-025_R
結構重いです。
上面にも特に傷らしきものは見当たらず。
特に問題無さそうでホッとしました。
たまたま運が良かっただけなのか、Amazonに悪口を書かれたから業者さんが改善したのかは不明。

天板のコンセント部分には・・・。
DESK-2017APR-022_R
すでに電源コードがついているので、自分でつける必要はありません。
多少引っ張っても大丈夫なように、コードがしっかりとビスで固定されています。

机のフレーム類。
DESK-2017APR-014_R
こちらは金属製。
指を挟んだりしないように気を付けましょう。

テーブルの脚の先には、アジャスター付き。
DESK-2017APR-016_R
直径は4cmぐらいです。
フローリングを傷つけたくない場合は、ホームセンターで何か下に敷くものを買ってくるのがよいでしょう。

組み立て式なので、ねじ類ももちろん同梱。
DESK-2017APR-015_R
長さの異なる3種類のネジと、予備のネジもあり。
コンセント部のプラスチック・カバーもあります。

続いて組み立ての儀

まずは組み立て説明書を読んで、作戦を考えます。
DESK-2017APR-010_R
まずはフレームから組み立てるのね。
ふむふむ。

ネジの頭はこんな形状。
DESK-2017APR-028_R
取説によると「プラスボルトの取り付けには、マイナスドライバーをご用意ください」とのこと。
Amazonの書き込みにも「小さなプラスドライバーでネジ山をつぶしてしまった」とのコメントがあったので、指示通り大き目のマイナスドライバを用意します。
(工具類は付属していないのでご注意)

では、組み立て開始。
DESK-2017APR-031_R
まずは、横棒に対して両サイドの足を取り付けます。

片足だけネジを差し込んで、ゆるく仮止め。
DESK-2017APR-037_R
手を放しても自立して立ちました。
これなら一人でも組み立てできそうです。

両足を取り付けた後の状態。
DESK-2017APR-040_R
フローリングを傷つけないように、段ボールの上で組み立てました。

さらに、天板を下に敷いて・・・。
DESK-2017APR-041_R
ネジ穴の位置を合わせて、緩くネジ止めします。
左上をネジ止めした後は、右下をネジ止め・・・と対角線状に仮止めしていきます。

そして、筋交い(クロスバー)を取り付け。
DESK-2017APR-050_R
クロスバーを固定する用のネジ穴が手前にくるように脚を取り付けると、作業がやりやすいです。
これで一通り完成。

クロスしている部分は、最初からくっついていました。
DESK-2017APR-049_R
脚にねじ止めするだけなので、カンタンです。

一通り組みあがったら・・・。
DESK-2017APR-053_R
ねじを強めに増し締めします。
あまり強く締めすぎると、引っ越しするときに分解するのが大変そうなので、そこそこの力で締めておきます。
30分ほどで、組み立て作業は完了。
ふう、疲れた(後日、筋肉痛になりました・・・)

では、お部屋の隅っこに設置。
DESK-2017APR-068_R
テーブルのサイズは、奥行き56センチ、横幅120センチで超広々。ワーイ。
ノートPCも余裕で置けます。
PC作業しながら、ゴハンを食べるスペースも十分にあります。
PCモニタも、そのうち買ってくることにしましょう。
フローリングを傷つけないように、とりあえず下に毛布を敷いておきました。
後日、ホームセンターで、何か脚の下に敷くものを買ってくることにします。

実際にテーブルの高さを計測。
DESK-2017APR-061_R
だいたい75.5cmぐらいでした。
まあ、5ミリぐらいは誤差の範囲内。

天板のコンセント部分。
DESK-2017APR-066_R
少しゆがんだ感じで取り付けられていますが・・・。

プラスチック・カバーを、ぱちっとハメます。
DESK-2017APR-067_R
キレイなカンジになりました。
これで完成。

テーブルは完成したものの・・・。
DESK-2017APR-073_R
肝心の「椅子」は、まだ取り寄せ中。
とりあえず、レジャー用の折りたたみ椅子を、本を重ねた上に暫定で置いてみました(笑)
しかしケツが痛くて、これでは使い物になりません・・・。
早く椅子、届かないかな~。

というわけで、身長173cmぐらいの方向けの、高さが高めのパソコンデスク「山善 MCPE-1256H」の購入体験記でした。
思ったよりも商品の状態は良く、しっかりとした造りだったので、買って良かったと思っています。

パソコンデスク「山善 MCPE-1256H」の詳細はこちら。

「椅子」については、また長いお話がありますので、後日の別記事で購入記をお届けしたいと思います。