スマホ充電:SONYの10000mAhモバイルバッテリーCP-F10LSAVP 充電編

2013/05/19
2013年4月末に発売されたソニーの大容量モバイルバッテリー。
今回は実際に充電してみました。
まずは、バッテリ本体の充電です。
充電(DC IN 5V)と書かれたMicro USB端子と付属のACアダプタを、付属のUSBケーブルで接続します。
IMAG4694.jpg
ACアダプタと接続すると接続すると、上の写真のようにオレンジ色のLEDが点灯しました。
一晩放置しておくと、LEDが消灯しており、充電が終わったことが分かります。
パッケージ裏面の記載によると、本体バッテリの充電時間は
・付属ACアダプタ使用時:約7時間
・標準USBポート使用時:約23時間
とのこと。
購入時に既にある程度充電されているようで、最初の1回目は上記ほど時間はかかりませんでした。
バッテリが空っぽの状態からの充電時間は次回試してみます・・・。
バッテリー0%になったiphone 3GSを充電してみます。
iphone用のケーブルは本体に付属していませんので、ihpone付属のものを使います。
IMAG4696.jpg
単につないだだけでは充電を開始しません。
一番左のボタンを押すと、緑LEDが点灯して、iphoneの充電を開始します。
IMAG4697.jpg
また、ボタンを押すと、左の緑LEDは点灯したままになり、同時に右端のオレンジLEDが、残容量に応じて点滅します。
(写真では消灯していますが)
今は満充電状態ですので、オレンジLEDは3回点滅を数回繰り返して、その後消灯します。
2回点滅だと、残容量中、1回点滅だと残容量わずか、の3段階で残容量が分かります。
ちなみに、購入時は2回点滅でした。
・充電1回目
開始から2時間後。
iphoneの充電率は98%になっていました。
バッテリ本体はほとんど熱をもっていません。
iphoneはほんのり暖かくなっています。
2時間10分ほどで、100%になったので、充電終了。
モバイルバッテリの残量を確認すると、まだ3回点滅状態でした。
・充電2回目
iphone 3GSを使い倒して、起動できないくらいまでバッテリ残量を減らします。
今度は、充電したまま3時間ほど放置。
ふと気がつくと、緑の充電ランプが消灯していました。
iphoneは100%充電完了。
なんと、コイツは充電完了すると、緑のLEDが消える=スマホ側が満充電になったかどうかを検出しているようです。
さらに、モバイルバッテリの残量を確認すると、まだ3回点滅状態。
スゴイぜ、ソニー!
・充電3回目
またもiphone 3GSを満充電完了。
緑の充電ランプも自動的に消灯しました。
ただ、モバイルバッテリの残量は2回点滅状態に減りました。
・充電4回目。
それでもiphone 3GSを再度満充電完了。
ただし、今回は緑の充電ランプは点灯したままでした。
そのため、100%充電完了したあとも、しばらくは充電し続けていたかもしれません。
モバイルバッテリの残量は1回点滅状態に・・・。
もうダメかな?
・充電5回目
iphone 3GSを25%まで充電したところで、充電ストップです。
オレンジLEDが点滅して、緑LEDも消灯しました。
というわけで、iphone 3GSは4回と25%充電できた、という結果になりました。
ただし、充電時の温度やスマホの状態によって、充電可能回数などは変動しますので、上記の結果はあくまでも参考程度で考えてくださいませ。